1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2022年】格安スマホのおすすめ10社を比較|人気MVNO・機種ランキング

【2022年】格安スマホのおすすめ10社を比較|人気MVNO・機種ランキング

更新日:2022.04.27

格安スマホには、たくさんの会社がありどこを選べばよいのか悩む人は多いでしょう。大手キャリアに比べて、サービス内容や料金などがどうなのか気になる人もいるでしょう。この記事では格安スマホを徹底比較し紹介しているので選ぶときの参考にしてください。

この記事の目次

格安SIM・格安スマホを調べていても、「どの格安スマホを選べばよいのかわからない……」という人は多いのではないでしょうか。

格安スマホの会社は数が多く、それぞれ独自のサービスを提供しており、どの会社がお得なのかわからない場合があります。

また、格安スマホと大手キャリアと比べると、不安に感じる部分もあるでしょう。

ここでは、格安スマホの特徴や大手キャリアとの違い、おすすめの格安スマホを解説しているので、格安スマホへ乗り換える際の参考にしてください。

編集部おすすめの格安SIM・格安スマホ10社ランキング

それではさっそく、人気の格安SIMについてご紹介していきたいと思います。

こちらは、低容量から安く使いたい方に向けてSIM CHANGE編集部がランキングを作成しましたので、ぜひ参考にしてください。

1位.【PR】mineo|コミュニティーが充実

出典:mineo

mineoは、au、ドコモ、ソフトバンクの3キャリアに対応しているため乗り換えが簡単にできます。

料金プランはシンプルな4つのコースなので迷うことなく、自分の使用量にあわせて選択できます。

mineoでは「マイネ王」というコミュニティサイトがあり、mineoのサービスや端末などユーザーのリアルな感想がわかるので安心です。

データ容量がすくなったときには、ユーザー同士でわけあえるフリータンクや家族や友達から分けてもらえるパケットギフトなどを利用すると、データ容量が復活します。

【mineo】詳細はこちら

mineoの料金プラン

デュアルタイプ(データ通信のみ)
auプランドコモプランソフトバンクプラン
1GB1,298円(税込)
5GB1,518円(税込)
10GB1,958円(税込)
20GB2,178円(税込)

シングルタイプ(データ通信のみ)
auプランドコモプランソフトバンクプラン
1GB880円(税込)
5GB1,265円(税込)
10GB1,705円(税込)
20GB1,925円(税込)

【〜5/31】月額料金割引キャンペーン「マイ割」

  • 2022年2月1日(火)
    ~2022年5月31日(火)

期間中にmineoでデュアルタイプ(音声通話SIM+データ通信SIM)を申し込むと、月額料金1,188円(税込)割引されるキャンペーンを実施中です。

しかも1,188円(税込)の割引が3ヶ月間続くので、合計3,564円(税込)割引されます。

デュアルタイプには1GB・5GB・10GB・20GBの4種類のデータ容量がありますが、どの容量でも割引が適用されるんです。

データ容量月額料金
(税込)
キャンペーン適用
料金(税込)
1GB1,298円110円
5GB1,518円330円
10GB1,958円770円
20GB2,178円990円

1GBのプランはなんと110円(税込)、20GBのプランでも990円(税込)と、破格の料金となっています。

mineoがお得になるこの機会に、ぜひキャンペーンを使ってお得に契約しましょう。

【mineo】詳細はこちら

こちらの記事では、mineoのキャンペーンについて詳しく説明していますので、あわせて参考にしてください。

2位.楽天モバイル|3ヶ月間無料キャンペーン中!5Gも使える

出典:楽天モバイル

第4のキャリアとして生まれ変わった楽天モバイル。その特徴はなんといっても5G通信が可能・~1GBまでなら月額料金が無料で利用できる「Rakuten UN-LIMIT VI」です。

また、月額料金2,980円が3ヶ月間無料になる「3ヶ月無料キャンペーン」も実施中!

ただし、基地局整備の関係で5Gのサービスエリアは東京都・神奈川県・埼玉県・北海道・大阪府・兵庫県の一部地域のみ。エリアも限定的となっているため、都市部に住んでいる人にのみおすすめです!

3ヶ月間無料という圧倒的なメリットが存在する楽天モバイル。今後は基地局の整備が進み、全国で快適な通信が楽しめる可能性も。詳しい料金プランや実施中のキャンペーンを確認してみましょう!

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイルの料金プラン|4月1日から「Rakuten UN-LIMIT VI」開始

【Rakuten UN-LIMIT VI】
月額料金/データ容量0~1GB未満無料(0円)
※7月より1,078円
1GB~3GB未満1,078円
3GB~20GB未満2,178円
20GB3,278円


iPhone乗り換えで最大35,000円相当還元

  • 期間:2022年4月1日~2022年5月11日
  • 特典:楽天ポイント最大35,000ポイントプレゼント
  • 条件:他社から乗り換え(MNP)・新規契約と同時に対象機種を「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入する

楽天モバイルでは、最新のiPhone 13シリーズをはじめ人気のiPhoneを販売しています。

今なら、他社から乗り換え(MNP)・新規契約・プラン変更と同時に対象のiPhoneを購入すると、楽天ポイント最大30,000ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

さらに、10分(標準)通話かけ放題を初めて申し込むと、5,000ポイントがプレゼントされます。

還元されるポイントは、購入する機種や契約方法によって異なります。それぞれの還元ポイントは、以下の通りです。

iPhone 13シリーズ購入iPhone 12シリーズ購入
初めての申し込み5,000ポイント5,000ポイント
対象機種の購入20,000ポイント15,000ポイント
iPhoneアップグレードプログラム5,000ポイント5,000ポイント
10分(標準)通話かけ放題初めての申し込み最大5,000ポイント最大5,000ポイント
合計還元ポイント35,000ポイント30,000ポイント

特典のポイントは、1ポイント=1円として普段のお買物に利用できます。ポイントを受け取るためには、楽天モバイルのプラン利用開始後にRakuten Linkアプリで通話をしてください。

ポイントは、Rakuten Linkアプリを利用した翌々月末実頃に期間限定ポイントとして付与されます。普段から楽天ポイントを利用している方や、最新iPhoneをお得に手に入れたい方におすすめのキャンペーンです。

【楽天モバイル】詳細はこちら

Androidを同時購入で最大30,000円相当還元

  • 期間:2022年4月1日~5月11日8:59
  • 特典:楽天ポイント最大30,000ポイントプレゼント
  • 条件:Rakuten UN-LIMIT VIを新規契約と同時に対象機種を購入する

Rakuten UN-LIMIT VIの申し込みと同時に楽天モバイルで販売中の端末を購入すると、最大20,000円の値引き+10,000円相当のポイントが還元されるキャンペーンです。

対象機種および割引額は、以下の通りです。なお、時期によって端末が在庫切れになっている場合があるので、詳しくは楽天モバイル公式サイトを確認してください。

割引額対象機種
20,000円割引Rakuten BIG s
Rakuten Hand 5G
OPPO A55s 5G
OPPO Reno5 A
Xperia 10 III Lite
15,000円割引AQUOS wish
AQUOS sense6
AQUOS zero6
7,980円割引Rakuten Hand

セットで申し込むと人気の機種がお得に購入できるので、機種変更を検討している方はぜひチェックしてみてください。

【楽天モバイル】詳細はこちら

▼他にも楽天モバイルではたくさんのお得なキャンペーンが実施中です。以下記事で詳しく解説しています!

3位.HISモバイル|ライトユーザーにおすすめのお得なプラン

出典:HISモバイル

HISモバイルは、大手旅行会社エイチ・アイ・エスが提供している格安SIMです。他社にはない旅行会社ならではのサービスが充実しており、国内用・海外用SIMを用意しています。

国内用SIMは料金プランの種類が多く、利用用途に合わせて自由に選べることも魅力の1つ。定額制プラン・従量制プランからかけ放題付きプランまで選択できます。

HISモバイルで利用できる回線は、ドコモ回線とソフトバンク回線です。プランによって選べる回線が異なるので、申し込み時に確認しましょう。

【HISモバイル】詳細はこちら

HISモバイルの料金プラン

HISモバイルで提供している料金プランは、以下の8種類です。

  • 格安ステッププラン
  • 格安弐拾プラン
  • 格安かけ放題プラン
  • ビタッ!プラン
  • ビタッ!プラン(データ通信専用)
  • データステッププラン・SMSデータステッププラン
  • データ通信専用プリペイドSIM
  • 【海外用】変なSIM

今回は、ライトユーザーにおすすめの「格安ステッププラン」の月額料金を見ていきましょう。

データ容量月額料金(税込)
1GBプラン590円
3GBスタート790円
5GBスタート1,190円
7GBスタート1,490円
10GBスタート1,790円
以降1GBごと
(最大100GB)
275円

格安ステッププランは、利用するデータ容量をあらかじめ設定することであとからデータを追加するよりも料金がお得になるプランです。

ドコモ回線を利用しており、データ容量は1GB・3GB・5GB・7GB・10GBから選択できます。事前にデータ容量を設定すると「ずーっと割引」が適用されて、この割引により月の途中でデータ容量を追加するよりも安くなる仕組みです。

たとえば、格安ステッププランで1GBプランを契約して2GB分のデータ容量を追加した場合、月額料金590円(税込)+データ追加550円(税込)で1,140円(税込)の料金がかかります。

しかし、あらかじめ3GBスタートに設定しておくと月額料金が790円(税込)なので、350円(税込)得する計算です。

データ容量は、My HISモバイルより設定が可能です。毎月変更できるので、利用用途に合わせたデータ容量を申し込んでみましょう。

オンライン世界一周ツアーご招待


出典:HISモバイル

  • 特典:HISのオンライン世界一周ツアーに無料で招待
  • 対象プラン:格安ステッププラン / 格安弐拾プラン / 格安かけ放題プラン / ビタッ!プラン

HISモバイルの対象プランに新規契約をした方を対象に、HISのオンライン体験ツアーで大人気の「世界一周ツアー」に無料で参加できるキャンペーンです。オンライン世界一周ツアーのコースは、以下の2種類から選択できます。

コース催行時間(日本時間)
世界一周ツアー第1弾
~ハワイ→ケニア→インド→トルコ→ラスベガス/ケアンズ~
13:00開始
(所要時間:約90分)
世界一周ツアー第2弾
~スペイン→シンガポール→イグアスの滝→ペルー(クスコ)/アメリカ(ニューヨーク)→メキシコ~
20:45開始
(所要時間:約90分)

お申し込みフォーム」でコースを選択し必要事項を入力後、希望の催行日を選択してください。HISモバイルの確認ができ次第、参加の手配が行われます。

また、申し込みは1回線につき1回までです。新規契約をする方が対象のため、すでにHISモバイルを利用している方やプラン変更などの場合は対象になりません。

こちらのキャンペーンは先着1,000名様なので、早めの申し込みをおすすめします。海外旅行が難しいご時世ですが、HISのオンライン世界一周ツアーで旅行気分を味わいましょう。

【HISモバイル】詳細はこちら

▼HISモバイルのサービス内容を詳しく知りたい方は、HISモバイルってどんな格安SIMなのか解説している以下の記事をあわせてご一読ください。

4位.OCNモバイルONE|低容量プランが豊富

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはドコモ回線を使用し、安定した通信環境で利用可能です。

データの使用量や使い方に応じて、1カ月に1回コースの変更ができて、前月に余ったデータ容量は翌月に繰り越せるので、無駄なくデータを利用できます。

OCNモバイルONEの料金プランは、「音声対応SIMカード」「SMS対応SIMカード」「データ通信専用SIMカード」の3種類から毎月のデータ使用量に選択できます。

【OCNモバイルONE】詳細はこちら

OCNモバイルONEの月額料金プラン

通信量・コース名音声対応SIMSMS対応SIMデータ通信専用SIM
1GB770円(税込)
3GB990円(税込)990円(税込)858円(税込)
6GB1,320円(税込)1,320円(税込)1,188円(税込)
10GB1,760円(税込)1,760円(税込)1,628円(税込)

スマホセットで15,000円引き

出典:OCNモバイルONE
  • 期間:2021年9月7日~
  • 特典:対象商品で使用できる15,000円クーポンプレゼント
  • 条件:「OCNKAIKAE」を入力して買取サービスを申し込む

「みんなのすまほ」でスマホを下取りに出すと、対象商品で使用できる15,000円分のクーポンがもらえます。「みんなのすまほ」とは、株式会社携帯市場が提供しているスマホの買取サービスです。

Webで申し込み手続きができて送料も無料。さらに、振り込みは最短で当日中に対応してくれます。iPhoneをはじめ幅広い機種に対応しているので、スマホを下取りに出してお得に機種変更したい方におすすめです。

下取りの申し込みから特典受け取りまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. キャンペーンページの「買取を申し込む」ボタンをクリックする
  2. 「みんなのすまほ」から買取の申し込みをする
  3. 申し込み手続きの「2.商品情報の入力 キャンペーンコード」の入力枠で「OCNKAIKAE」を入力する
  4. 「みんなのすまほ」から送付されるメールにてスマホセット購入時に使用できるクーポンおよび購入先URLを確認する

キャンペーンを利用するためには、キャンペーンコードの入力が必要です。キャンペーンコードを入力せずに買取サービスを申し込むと、特典の対象外となるので注意しましょう。

【OCNモバイルONE】詳細はこちら

こちらの記事では、OCNモバイルONEのキャンペーンについて詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてください。

5位.BIGLOBEモバイル|エンタメフリーオプション

出典:BIGLOBEモバイル

知名度のあるプロバイダーのBIGLOBEが運営をしていることから、BIGLOBEモバイルSIMの信頼度は高いです。

ただ、人気の理由はそれだけではありません。BIGLOBEモバイルSIMには、独自のサービスや特徴があることがポイントです。

とくに注目されているのは次の3点です。

  • たくさん使う人向けに大容量の30GBプランがある
  • 動画や音楽などのサービスを使用する場合にカウントフリーになる「エンタメフリーオプション」がある
  • 6GB以上のプラン契約で使える無料Wi-fiスポット

これらの特徴により、とくにYouTube、AbemaTVなどの動画を見る機会が多い方にとっては、利用するメリットは大きいと言えます。

他にもオプションはあるので、お得になりそうなものがないかチェックしましょう。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

BIGLOBEモバイルの料金プラン

音声通話SIM月額料金(タイプA・タイプD)
1GB1,078円
3GB1,320円
6GB1,870円
12GB3,740円
20GB5,720円
30GB8,195円

データSIMSMS付き(タイプA・タイプD)SMSなし(タイプD)
3GB1,122円990円
6GB1,727円1,595円
12GB3,102円2,970円
20GB5,082円4,950円
30GB7,557円7,425円


エンタメフリー・オプション最大6か月無料

  • 期間:2022年4月1日~
  • 特典:エンタメフリー・オプションの月額料金が6か月間無料
  • 条件:BIGLOBEモバイル音声通話SIMを申し込みまたは利用中の方で、エンタメフリー・オプションを初めて申し込むこと

BIGLOBEモバイルでは、YouTubeなど対象21サービスの通信量がノーカウントになるオプションサービス「エンタメフリー・オプション」を提供しています。

オプションに加入しているとデータ容量を超えて通信速度にかかっても、対象サービスは速度制限されることなく快適に楽しむことが可能です。

今なら、このエンタメフリー・オプションを最大6か月間無料で利用できるキャンペーンを実施しています。動画・音楽・電子書籍をお得に楽しみたい方は、ぜひこの機会に申し込んでみてください。

6位.IIJmio|データ容量をシェアできる

出典:IIJmio

IIJmioは、余ったデータは翌月に繰り越せることと、複数のSIMカードでデータ量をシェアでき、複数のスマホやタブレットでデータを効率的に使えることが特徴です。

シェアSIMを導入しているMVNOの中でも最多枚数の10枚をシェアできます。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

IIJmioの料金プラン


出典:IIJmio

IIJmioは、2021年4月1日より1人でもお得に利用できる新料金プラン「ギガプラン」の提供を開始します。データ容量に応じて5つのプランから選べるギガプランの月額料金を見ていきましょう。

ギガプラン
データ容量
音声通話SIMSMS付きデータSIMデータ専用SIMeSIM
2GB858円(税込)825円(税込)748円(税込)440円(税込)
4GB1,078円(税込)1,045円(税込)968円(税込)660円(税込)
8GB1,518円(税込)1,485円(税込)1,408円(税込)1,100円(税込)
15GB1,848円(税込)1,815円(税込)1,738円(税込)1,430円(税込)
20GB2,068円(税込)2,035円(税込)1,958円(税込)1,650円(税込)

ギガプランは、音声通話SIM・SMS付きデータSIM・データ専用SIM・eSIMが用意されており、すべてデータ容量2GB・4GB・8GB・15GB・20GBから選択できます。

他社ではあまり見かけない2GBプランを選べるので、1GBでは少し足りないという方にもおすすめの格安SIMです。

スマホ大特価セール

  • 期間:2022年4月1日~2022年5月31日
  • 特典:対象端末の販売価格から割引
  • 条件:ギガプランの音声通話機能付きSIMをMNP転入かつ対象端末をセットで申し込む

IIJmioは格安SIMの中でも取り扱い端末のラインナップが豊富なので、乗り換えと同時に機種変更をしたい方におすすめです。

今なら、音声通話機能付きSIMをMNP転入で申し込むと同時に対象端末を購入すると、端末代金から割引されるキャンペーンを実施しています。

人気のiPhone・Androidが対象となっており、中には110円(税込)で購入できる機種もあるので、スマホを安く手に入れたいという方は必見です。キャンペーン対象端末と割引後の価格は、以下を参考にしてください。

対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
Redmi 9T 110円 5円
moto e7 power 110円 5円
moto e7 110円 5円
OPPO A73 110円 5円
iPhone 8 [64GB] 110円 5円
もっと見る
対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
moto g31 500円 23円
Redmi Note 11 980円 42円
OPPO A55s 5G 1,980円 83円
moto g50 5G 4,980円 211円
iPhone SE(第2世代)
[64GB](美品)
5,980円 250円
AQUOS sense4 plus 6,480円 271円
AQUOS wish 6,980円 291円
Redmi Note 10T 8,980円 375円
OPPO Reno5 A 9,600円 401円
Galaxy S10 SC-03L
(docomo版)
12,900円 539円
Galaxy S10 SCV41
(au版)
12,900円 539円
motorola edge
20 fusion
13,900円 583円
AQUOS sense6
[4GB/64GB]
15,900円 671円
Mi 11 Lite 5G 16,100円 682円
AQUOS sense5G 16,380円 693円
AQUOS sense6
[6GB/128GB]
17,900円 748円
iPhone SE(第2世代)
[64GB](未使用品)
17,900円 748円
motorola edge 20 21,000円 880円
Xperia 10 III Lite 22,100円 924円
Xiaomi 11T 25,950円 1,083円
iPhone 11 [64GB] 30,900円 1,342円
iPhone 11 [128GB] 35,900円 1,501円
Xiaomi 11T Pro 36,900円 1,540円
Zenfone 8
[8GB/128GB]
38,900円 1,622円
Zenfone 8 Flip
[8GB/128GB]
44,900円 1,875円
iPhone 12 mini [64GB] 46,900円 1,958円
Zenfone 8
[8GB/256GB]
49,900円 2,084円
Zenfone 8 Flip
[8GB/256GB]
54,980円 2,291円
Zenfone 8
[16GB/256GB]
62,900円 2,623円
iPhone 12 [64GB] 62,900円 2,623円
iPhone 12 [128GB] 70,100円 2,926円
AQUOS R6 88,100円 3,674円
razr 5G 129,900円 5,417円

キャンペーンは、1契約者(mioID)あたり1台まで適用されます。人気の機種は売り切れになることがあるので、欲しいスマホがある方は早めの購入がおすすめです。

【IIJmio】詳細はこちら

IIJmioで実施中の全キャンペーンは以下記事で解説しています。

7位.イオンモバイル|最適なプランが見つかる

>出典:イオンモバイル

イオンモバイルでは、NTTドコモ回線とau回線のマルチキャリアに対応しており、利用する端末や電波状況にあわせて選択できます。

料金プランは、低容量の0.5GBから大容量の50GBのプランまで幅広いので、自分にあったプランが見つかるでしょう。

全国イオン200店舗以上にてイオンモバイルの申し込みや料金プランの変更、修理の受付など行っているので、直接対応してもらえて安心です。

【イオンモバイル】詳細はこちら

イオンモバイルの料金プラン

データ容量音声プランシェアプランデータプラン
0.5GB803円(税込)
1GB858円(税込)528円(税込)
5GB1,298円(税込)1,628円(税込)1,078円(税込)
10GB1,848円(税込)2,178円(税込)1,628円(税込)
50GB6,358円(税込)6,688円(税込)6,138円(税込)

イオンモバイル新料金&乗り換えキャンペーン


出典:イオンモバイル

  • 期間:2021年10月1日~11月30日
  • 特典:5,000WAONポイント贈呈
  • 条件:他社からの乗り換えで音声プランまたはシェア音声プランを契約

他社からの乗り換えで音声プランまたはシェア音声プラン1件につき、5,000WAONポイントが贈呈されます。

シェア音声プランの場合、乗り換えの人数に関わらず全体で5,000WAONポイントの贈呈となります。

全国のイオンモバイル取扱店舗またはインターネットからの申し込みが可能です。

【イオンモバイル】詳細はこちら

イオンモバイル紹介トク


出典:イオンモバイル

  • 期間:2020年11月3日~
  • 特典:紹介した方 3,000WAONポイント 紹介された方 1,000WAONポイント
  • 条件:イオンモバイル契約者が紹介した方が音声プランまたはシェア音声プランを契約

イオンモバイルに契約中の方が対象で、紹介した方が音声プランまたはシェア音声プランに契約することで、紹介した方は3,000WAONポイントがもらえます。

紹介すればするほどWAONポイントがもらえるので、たくさん紹介するとお得です。

また、紹介された方も1,000WAONポイントがもらえます。

さらに、紹介した方、紹介された方どちらとも有効期限が最大6カ月の1GBクーポンが贈呈されます。

好きなときに利用できて、上限はありません。

【イオンモバイル】詳細はこちら

こちらの記事では、イオンモバイルのキャンペーンについて詳しく説明していますので、あわせて参考にしてください。

注目!
注目!
格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?
現在、月々のスマホ代が だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
3GBプランの安値上位10社の平均値
をもとに算出
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

8位.QTモバイル|九州電力グループの通信事業者が提供

出典:QTモバイル

QTモバイルは、九州電力グループの通信会社「QTnet」が運営しています。

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線から選択できるので、キャリアからの乗り換えも安心です。

また、通話料が気になる方におすすめの「かけ放題」オプションや端末が壊れてしまったときの「端末補償サービス」などオプションも充実しています。

さらに「BBIQ光インターネット]や「九州電力」を利用している方は、月額料金が割引されてお得に利用できます。

【QTモバイル】詳細はこちら

QTモバイルの料金プラン

データ+通話コースドコモ回線au回線ソフトバンク回線
2GB1,100円(税込)1,100円(税込)
3GB1,540円(税込)1,540円(税込)~6カ月目1,364円(税込) 7カ月目~1,980円(税込)
10GB1,980円(税込)1,980円(税込)~6カ月目3,234円(税込) 7カ月目~3,850円(税込)
20GB2,200円(税込)2,200円(税込)~6カ月目5,379円(税込) 7カ月目~5,610円(税込)
30GB3,300円(税込)3,300円(税込)~6カ月目7,579円(税込) 7カ月目~7,810円(税込)

対象端末購入で20,000円キャッシュバック

  • 期間:2022年5月1日~2022年6月30日
  • 特典:20,000円キャッシュバック
  • 条件:他社からの乗り換え(MNP転入)で対象端末を購入する

QTモバイルでは、人気の端末を多数取り扱っています。今なら、AQUOSの対象製品を購入すると20,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しているので、機種変更を検討している方は必見です。

特典を受け取るためには、他社からの乗り換え(MNP)で対象端末を購入することが条件となっています。対象端末は、以下の通りです。

本体価格
(税込)
1回払い24回払い
AQUOS wish33,000円1,375円/回
AQUOS sense644,352円1,848円/回
AQUOS sense4 plus48,840円2,035円/回

いずれもコストパフォーマンスに優れた人気のスマホなので、お得に購入できるこの機会にぜひチェックしてみてください。

【QTモバイル】詳細はこちら

BBIQ×QTモバイルセット割

出典:QTモバイル
  • 特典:月額料金から毎月最大220円(税込)割引
  • 条件:QTモバイルとBBIQをセットで利用する

「BBIQ×QTモバイルセット割」は、QTモバイルと光インターネットサービス「BBIQ」をセットで利用すると、スマホの月額料金から最大220円(税込)/月割引になるサービスです。

割引額は利用中のプランによって異なり、2GBプランが110円(税込)/月割引、3GB~30GBが220円(税込)/月割引となっています。また、QTモバイルは「データ+通話」コース、BBIQはホームタイプ・マンションタイプ・プラスタイプが割引対象です。

契約者の家族も割引の適用対象となるので、家族でスマホをお得に使いたい方に適しています。「九電グループまとめてあんしん割」も併用できるため、条件を満たす方は最大330円(税込)/月割引されます。

こちらのキャンペーンは、契約者本人が利用する場合は割引が自動適用となるので申し込みは不要です。ただし、家族名義のQTモバイルに適用する場合は申し込みが必要なので確認しましょう。

【QTモバイル】詳細はこちら

こちらの記事では、QTモバイルのキャンペーンについて詳しく説明していますので、あわせて参考にしてください。

9位.UQモバイル|auのサブブランド!キャッシュバックも魅力

出典:UQモバイル

UQモバイルは、大手キャリアau傘下の格安SIMです。CMで一度はUQ三姉妹やガチャピン・ムックを見かけたことがあるのではないでしょうか?

大手キャリアのサブブランドなので、高速通信と安定した通信環境が魅力の格安SIMです。大手キャリアと格安SIMの中間のような位置付けなので、はじめて格安SIMに乗り換える方にもおすすめできます。

回線はauのみで、速度は下り最大150Mbps上り最大25Mbpsです。

UQモバイルの公式サイト内には、簡単な質問に答えるだけで最適な料金プランと製品を見つけてくれる「ぴったり診断」と「料金シミュレーション」サービスがあります。ぜひこれらも活用してみてください。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイルの料金プラン

プラン名データ容量月額料金
くりこしプランS3GB1,628円
くりこしプランM15GB2,728円
くりこしプランL25GB3,828円
データ無制限プラン無制限1,078円
データ高速プラン3GB2,178円

最大10,000円相当還元

  • 期間:2021年9月2日~
  • 特典:最大10,000円相当のau PAY残高還元
  • 条件:UQモバイルオンラインショップでSIMのみを購入すると同時にくりこしプラン +5G(S/M/L)を契約する

UQモバイルオンラインショップでは、SIMのみを契約する方を対象に最大10,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施しています。

こちらのキャンペーンは、SIMのみを購入すると同時にくりこしプラン +5G(S/M/L)を契約することが条件です。au PAY残高の還元額は、契約方法・プランによって異なるので下記の表を確認してください。

au PAY残高還元額
新規契約3,000円相当
MNP
(au/povoからの乗り換えを除く)
増量オプションII
加入の場合:10,000円相当
未加入の場合:6,000円相当
eSIM契約の場合3,000円相当増額

「増量オプション II」は、月額550円(税込)でデータ容量が最大5GB/月増量されるオプションです。今ならオプション料金が13か月間無料になるキャンペーンを実施しているので、キャッシュバックを多くもらいたい場合は加入してみましょう。

特典は新規契約・乗り換え(MNP)の際に適用されますが、auまたはpovo 1.0/2.0からの乗り換えは対象外です。またた、端末とセットで購入する場合は適用されないので注意しましょう。

eSIM対応スマホでオンラインショップからeSIMを契約すると、還元されるau PAY残高が3,000円相当増額されます。

使用しているスマホそのままでUQモバイルに乗り換えたい方は、ぜひこの機会に申し込みましょう。なお、au PAY残高還元時点でau PAYアプリ(旧au WALLETアプリ)を有効にしておく必要があるので、忘れずに登録してください。

【UQモバイル】詳細はこちら

現在実施中のUQモバイルのキャンペーンについては以下記事で詳しく解説しています。お得に契約したい方はぜひチェックしてみてください!

10位.ワイモバイル|ソフトバンクのサブブランド

ymobile出典:ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクが提供するMNO(自社回線網を使用して通信サービスを提供する事業者)です。独自の回線網を使用していることもあり、速度が安定していると評判です。

スマホプランはS、M、Rの3つのプランがあり、それぞれ10分以内の通話ならかけ放題が付いています。また、スマホとセットで契約できてお得な値段で使えることが特徴です。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルの料金プラン

プランデータ容量料金制限時速度
シンプルS3GB2,178円最大128kbps
シンプルM15GB3,278円最大1Mbps
シンプルL25GB4,158円最大1Mbps

最大7,000円相当のPayPayボーナス

  • 期間:2022年4月1日~
  • 特典:プラン申し込みでPayPayボーナス進呈
    (シンプルS:3,000円相当 / シンプルM:5,000円相当 / シンプルL:7,000円相当)

ワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」に申し込むと、もれなくPayPayボーナスが受け取れるキャンペーンを実施中です。申し込むプランによって、PayPayボーナスをもらえる額が異なるので確認しましょう。

特典の適用は1回線につき1回限りとなっています。特典を受け取るための条件、以下を参考にしてください。

  • 新規・他社からの乗り換えでワイモバイルのSIMの申し込みが完了していること
  • 本サイトからYahoo!JAPAN IDでログインして申し込みをしていること
  • シンプルS/M/Lの申し込みであること
  • 申し込み後、ワイモバイルの契約が完了していること
  • 対象の契約の支払いに滞りがないこと

PayPayボーナスは、申し込み日の翌々月の月末に付与される予定です。付与時期までに、エントリーしたYahoo!JAPAN IDとPayPayアカウントの連携を完了してください。

該当プランに申し込めば最大7,000円相当のPayPayボーナスが貰えるチャンス。ぜひこの機会に申し込んでみましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

【オンライン限定】端末割引キャンペーン

  • 特典:対象端末が最大36,000円割引
  • 条件:対象機種の購入

ワイモバイルでは、端末代金から最大36,000円(税込)値引きされるキャンペーンを実施しています。また、オンラインストアで購入した場合事務手数料が無料です。

値引きの対象端末は時期によって異なります。以下の情報は2022年5月現在のものなので、詳しくはワイモバイルの公式サイトを確認してください。

割引対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
Xperia 10 III 54,000円
18,000円
iPhone SE(第3世代) 67,680円
46,080円
Libero 5G II 21,960円
1円
OPPO Reno5 A(eSIM) 31,680円
10,080円
AQUOS wish 21,960円
10,080円
かんたんスマホ2 25,920円
7,920円

人気の機種をお得に購入できるチャンスなので、希望の端末がある場合は早めに申し込みましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

こちらの記事では、ワイモバイルのキャンペーンについて紹介していますので、あわせて参考にしてください。

格安SIM・格安スマホを比較し選ぶ時の4つチェックポイント

格安SIMを選ぶ際には、以下の点が重要です。

格安SIM 比較 選び方

プラン|SIMの種類や料金を確認

格安SIMは料金プランが豊富なので、どのプランが自分に合っているのかを見極めることが大切です。

ほとんどの料金プランでは一月に使えるデータ容量が決まっており、その上限を超えると通信速度が制限されてしまいます。

自分が月にどれくらいデータ通信量を使うのかを確認してプランを選びましょう。契約中の携帯会社の「マイページ」からデータ使用量が確認できます。

スマホの使い方別におすすめのデータ容量をまとめてみました。

  • ~1GB/月:メール・LINEのメッセージ程度しかスマホを使わない人におすすめ
  • ~3GB/月:TwitterなどのSNSや音声通話がしたい人におすすめ
  • ~6GB/月:Instagramなど画像・動画SNSをよく見る人におすすめ
  • ~20GB:YouTubeなどの動画視聴をよく行う人におすすめ

ただし、ポケットWiFiなどを利用していれば大容量のプランを契約しなくてもデータは十分足りるでしょう

また、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」など特定のSNSがデータカウントフリーになるオプションもあります。

自分がスマホをどのように使っているかをよく考えて契約しましょう。

音声SIM・データSIMのどちらを選ぶべき?

また、格安SIMの料金プランには電話ができる「音声SIM」と、データ通信専用の「データSIM」の2種類があります。

キャンペーンなどを行っていない限り、音声SIMのほうが月額料金は高いです。データSIMでもLINEなどのメッセンジャーアプリでの通話は利用できるので、料金を抑えたい方はデータSIMを契約するのがよいでしょう。

通信速度|時間帯による繋がりやすさを比較

格安SIMはサービスによって速度が変わるので注意しましょう。

速度に差が出る理由は、格安SIM会社が提供元(ドコモ・au・ソフトバンク)から借りている、回線の数や使用している人数による影響です。多くの人が利用する昼間の時間帯などは通信速度が遅くなりがちなので注意してください。

格安SIM 通信速度 比較

SIMチェンジでは20社以上の格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測する「格安SIMスピードチェッカー」をご用意しています。

時間帯別に格安SIMの通信速度をチェックできるので、ぜひ契約を検討する際にご利用ください!

格安SIMの通信速度をチェックする

また、いわゆる「サブブランド」(大手キャリアが運営する格安SIMサービス)は通信速度が安定しやすいと言われています。

そのため、通信品質を重視したい方は「Y!mobile」(ソフトバンクのサブブランド)・「UQモバイル」(auのサブブランド)がおすすめです!

回線|どこのキャリアの回線をしようしているか確認

格安SIMを運営する会社は大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に回線を借りています。そのため、料金プランに「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」と記載されていることがあります。

3大キャリアから購入したスマホには「SIMロック」がかかっている場合があります。SIMロックがかかっていると、スマホ購入した回線以外の格安SIMが使えません。

そのため、同じ回線を使用している格安SIMを選ぶか、SIMロックを解除する必要があります。キャリアでスマホを購入した方は注意してください。

▼以下記事ではSIMロックの解除方法を解説しています。

キャンペーン|キャッシュバックや割引はあるのか確認

「料金プランやオプションの確認」「通信速度のチェック」「どこの回線を使用しているか」をすべてチェックしたら、ある程度候補が絞られてくることでしょう。

最後に、最新のキャンペーン情報もチェックすることがポイントです

格安SIM会社では、乗り換えの際に月額料金割引キャッシュバックキャンペーンなどのお得なキャンペーンを実施していることが多いです。

月額料金の差がそれほどないと、最終的にどこを選ぶか決め手がありません。その場合はキャンペーンやその他のお得な特典で選ぶ方法もおすすめです。

なお、キャンペーンの内容は毎月のように変わります。必ず最新のキャンペーン情報をチェックし、お得なキャンペーンを見つけたら早めに申し込みましょう。

▼SIMチェンジでは現在開催中の格安SIMのキャンペーンをまとめてご紹介しています。ぜひご確認ください!

実施中の格安SIMのキャンペーン一覧をチェック

格安スマホのメリットやデメリットは

ここまでおすすめの格安SIMを紹介してきましたが、格安SIMを利用するメリットやデメリットはあるのでしょうか。

それぞれメリットとデメリットを確認しましょう。

格安スマホのメリット

はじめに格安SIMを利用するメリットを紹介します。

月額料金が安い

格安SIMの最大の特徴は価格の安さです。大手キャリアに比べると月額料金が安く設定されています。

大手キャリアと格安SIMの3GBのプランを比較すると、3,000円も安くなる場合があります。

格安SIMを見ると、3GBのプランは月額料金は2,000円以内に収まるものが多いです。

しかし、大手キャリアだと1GBで3,000円弱の料金設定です。このように、格安SIMは大手キャリアに比べて格段に安い月額料金でスマホが利用できます。

料金プランがシンプル

キャリアでは割引やオプションがさまざまあり料金プランが難しく感じます。

しかし、格安SIMの料金プランは、シンプルでわかりやすいものが多いという特徴があります。

格安SIMの料金プランは、基本的にSIMの種類とデータ容量を選択するものが多いので、自分の使用量に応じて適切なプランを利用可能です。

必要なSIMが選べる

格安SIMでは、SIMの種類が選べるというメリットがあります。

通話が必要であるかや、SMSが必要であるかなどを使用する端末ごとに合わせてSIMが選択可能です。

タブレットのために、データ専用SIMを選んで契約することもできますし、手持ちのスマホに通話SIMを選んで契約することもできます。

このように格安SIMでは、自分に必要な機能をもつSIMを選んで契約できます。

SIMのみを買ってスマホは別で安く購入すればさらにお得になるでしょう。格安スマホ本体のみを安く購入する方法は以下の記事で解説していますので、気になった方はあわせてお読みくださいね。

必要に応じたプラン設定が可能

格安SIMの会社は多く、それぞれが多彩な料金プランを提供しています。

そして、格安SIMの料金プランは、容量が細かく設定されているものが多く、自分が必要な容量にぴったり合ったプランが選びやすいのが特徴です。

大容量プランがある格安SIM、データ容量が細かく設定されている格安SIMなど、自分に合った格安SIMを見つけて、自分にぴったりの料金プランを選べます。

格安スマホのデメリット

続いて格安SIMのデメリットを紹介します。

キャリアメールが使えない

キャリアで契約したスマホを使っている場合、キャリアが提供するメールアドレスが使えます。

しかし、格安スマホに乗り換えると、キャリアメールは使えなくなります。

また、大手キャリアの場合、通話料は定額になっている場合が多く、その料金が月額料金に含まれていることが多いです。

しかし、格安スマホだとデータ通信容量で月額料金が設定されていて、音声通話は必要であれば付けることもできますし、かけ放題のオプションが設定されていてより自分の通話料に合ったプランが選べるようになっています。

通話料金も少なく済む場合が多く、節約できるのですが、格安スマホで通話料を安くするには専用のアプリでの通話が必要な場合があります。

そのため、うっかりこのアプリで通話するのを忘れて、普通にかけてしまわないように注意しなければなりません。

店舗がキャリアに比べて少ない

格安スマホは実店舗があるサービスが少なく、契約から解除、トラブルの際もすべてネット上で行うことがほとんどです。

それに対して大手キャリアでは、3大キャリアそれぞれ2,000店舗以上あるので、最寄りの駅や街中で見かけることも多いでしょう。

スマホの設定やトラブルの際に、対面で対応してほしい人は、大手キャリアの方が安心です。

格安スマホだとネットでの問い合わせになり、なかなか解決できないこともあります。そのため、スマホの使用がまったくはじめての人には、格安スマホは向いていません。

通信速度が安定しない

格安SIMの通信速度は、利用者で混雑する時間の通信速度が下がる傾向にあります。

お昼時や通勤通学時間は利用者が増えるため、通信速度が遅くなる場合があります。

格安スマホのおすすめ人気端末ランキング

続いては、格安スマホの人気端末ランキングを紹介していきます。

各メーカーから出している格安スマホは、スペックもデザインもさまざまです。

どの格安スマホにするか悩むなら、ぜひランキングを参考に選んでみてください。

第1位 AQUOS sense5G


出典:SHARP

大容量のバッテリーと省エネIGZOの相乗効果により、約1週間の電池持ちなので安心して利用できます。

また、濡れていても操作ができる防水機能を搭載しているのでお風呂場でも快適に操作可能です。

除菌シートでも拭けるので、清潔に使用できます。

ゲーミングメニューには、不要な動作や通知をブロックする機能があるので、ゲームを快適に集中できます。

OSAndroid 11
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G mobile platform
2.0GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ/記憶容量4GB
バッテリー5,000mAh
ディスプレイサイズ約5.8インチ
カラーバリエーションライトカッパー、ブラック、オリーブシルバー

【UQモバイル】でAQUOS sense5Gを購入する

第2位 OPPO Reno 5A


出典:OPPO

最大6,400万画素の4眼カメラはどれも個性が異なり、シーンに適した写真撮影ができます。

AIハイライトビデオによりAIが周囲の光を識別して自動で最適化されるので、夜景や暗い場所でも明るくクリアに撮影できます。

また、4,000mAh² の大容量バッテリーを搭載しているため、長時間でも安心して利用できますし、充電がなくなったとしても急速充電対応なので、素早く充電できます。

OSColorOS 11 based on Android™ 11
CPUQualcomm® Snapdragon™ 765G
メモリ/記憶容量6GB
バッテリー4,000mAh
ディスプレイサイズ約6.5インチ
カラーバリエーションシルバーブラック、アイスブルー

【楽天モバイル】でOPPO Reno 5Aを購入する

第3位 Xiaomi Remitd 9T


出典:Xiaomi

4,800万画素のAI 4眼カメラを搭載し、どんなシーンでもプロ級の写真が誰でも撮影できます。

バッテリーは6,000mAhの大容量で、モバイルチャージなしでも長時間の使用が可能です。

スピーカーには、デュアルスピーカーを搭載し、最高の音質がスマートフォンから直接楽しめます。

OSMIUI 12
CPUQualcomm® Snapdragon™ 662
メモリ/記憶容量4GB/64GB、128GB
バッテリー6,000mAh
ディスプレイサイズ約6.53インチ
カラーバリエーションオーシャングリーン、カーボングレー

【BIGLOBEモバイル】でXiaomi Remitd 9Tを購入する

第4位 iPhone 12


出典:Apple

どんなスマートフォンのガラスよりも頑丈なCeramic Shieldを採用しています。

また、高速でパワフルなチップのA14 Bionicを搭載しゲームや写真編集もスムーズに行えます。

さらに大容量のバッテリーで最大17時間のビデオ再生が可能になりました。

5Gの速さが必要でないときはLTEに切り替えれば、バッテリーを節約するスマートモードにもできます。

OSiOS 15
CPUA14 Bionicチップ
記憶容量64GB、128GB、256GB
ディスプレイサイズ約6.1インチ
カラーバリエーションブラック、ホワイト、PRODUCTレッド、グリーン、ブルー、パープル

【ワイモバイル】でiPhone 12を購入する

第5位 iPhone SE(第2世代)


出典:Apple

A13 Bionicチップにより、ポートレートシステムが使用できるようになりました。

誰かを撮るときでも、セルフィーでも背景をぼかして被写体を際立たせます。

本体にはホームボタンが付いており、Touch IDを使えばiPhoneのロック解除が安全に素早くできます。

OSiOS 15
CPUA13 Bionicチップ
記憶容量64GB、128GB
ディスプレイサイズ約4.7インチ
カラーバリエーションブラック、ホワイト、PRODUCTレッド

【ワイモバイル】でiPhone SE(第2世代)を購入する

サービスを確認して格安スマホに乗り換えよう

格安スマホは、プランもたくさんあり自分に合ったプランが見つけやすくなっています。

また、大手キャリアに比べて月額料金が大きく抑えられます。通信速度やサービスなどもチェックしながら、格安スマホを選びましょう。

格安スマホを選ぶときに、格安スマホの特徴からあなたにぴったりの格安スマホがピックアップされる「格安スマホ比較診断」が便利です。

月々の利用料金を見直して格安スマホへ乗り換えましょう。

こちらの記事では、格安SIMへの乗り換え手順を紹介していますので、乗り換える際に参考にしてください。

SHARE!!

あわせて読みたい