1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2017年9月】LIBMO(リブモ) 徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も

LIBMO(リブモ)に関する記事

10件の記事があります

MVNOとして格安SIMを販売するLIBMO(リブモ)料金プランを始め、速度や評判、キャンペーン情報についてわかりやすく解説。他MVNOとの比較も。格安SIM比較サイト「SIMチェンジ」は、格安SIMカードを比較することで、あなたにぴったりのSIM選びをサポートするサイトです。

LIBMO(リブモ)に関する記事の一覧を見る

LIBMO(リブモ)の格安SIM料金プランのおすすめポイントと注意点

LIBMO(リブモ)とは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営するMVNOです。株式会社TOKAIコミュニケーションズはTOKAIネットワーククラブという、静岡県内シェア上位のインターネットサービスプロバイダも運営しているので品質には期待が持てますね。

今回はそんなLIBMOについて解説していきます。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)の格安SIM料金プラン

LIBMOは他のMVNOと同じくデータ通信のみ、データ通信+SMS、データ通信+音声通話+SMSの3つのサービスがあり、料金プランはライト、3GB、6GB、10GBの4つから選ぶことができます。

2017年8月から「10分かけ放題」サービスの提供が開始されました。月々918円で国内への通話が10分間かけ放題になるというサービスです。音声通話SIMを契約し、通話パック30を申し込んでいないということがサービス加入条件です。「0035でんわ」アプリを経由して電話をかけるか、「003545」を電話番号の頭につけて発信することで10分かけ放題を適用することができます。1回の通話が10分を超過した場合、10.8円/30秒の通話料が発生しますが、通常の通話料金(21.6円/30秒)の半額で利用することができます。1回の通話が10分以内で、月に21分30秒以上通話するのであれば、10分かけ放題に加入した方がお得になります。

LIBMO(リブモ)の料金プラン
LIBMO(リブモ)月額料金
データ専用SIM
月額料金
データ専用
+SMS対応SIM
月額料金
音声通話付きSIM
通信速度高速通信容量SIM枚数
ライトプラン
(最大通信速度200Kbps)
518円669円1,274円最大200Kbps-1枚
3GBプラン950円1,101円1,706円下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
3GB/月3枚
6GBプラン1,598円1,749円2,354円下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
6GB/月3枚
10GBプラン2,462円2,613円3,218円下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
10GB/月3枚

公式サイト:LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)のおすすめポイント

LIBMOのおすすめポイントを以下に挙げてみました。価格の面からみても、付帯サービスの面からみてもおすすめできるポイントがあります。

月額料金が最安級
業界最安のMVNOと言われるDMM mobile(DMMモバイル)と比べてみても、引けを取らない価格設定となっています。
データ容量の繰り越しができる
余ったデータ容量は翌月末まで繰り越しができるので、余った月も安心です。
TLCポイントが貯まる
WAONやLuLuCaポイント、Amebaの.moneyなど、各種電子マネーなどと交換できるTLCポイントを貯めることができます。
TOKAI SAFEが1年間(12ヶ月間)無料で利用できる
TOKAI SAFEというセキュリティサービスが1年間(12ヶ月間)無料で利用できます。(2017年9月30日まで)Webフィルタリングやデバイスの位置情報を把握することができ、お子様に持たせる場合も安心です。
既にLIBMOを利用中でTOKAI SAFEを追加申込みする場合、無料期間は最大6ヶ月になります。
安心の端末補償
LIBMOには端末補償のサービスがあります。落下・動作不良・水のトラブルに対応可能。初期不良・紛失・盗難・改造(部品の交換、塗装等)は補償対象外となっています。LIBMOの端末購入時のみ加入でき、37か月目に自動解約される点に注意が必要です。また、同種類の端末であっても自分で用意した端末である場合、端末補償に加入することはできません。

LIBMO(リブモ) 端末補償

端末購入方法月額利用料端末交換・修理代金補償対象
LIBMO(リブモ)で端末を購入410円1回目:5,400円
2回目:8,640円
3回目以降:端末代金相当額
落下、動作不良、水のトラブル
自分で端末を用意サービス対象外サービス対象外サービス対象外
iPhone6を格安で利用可能
LIBMOは「かりスマ」というスマホ貸出サービスを提供しており、なんとiPhone6(16GB・スペースグレイ)を1,620円/月で借りられます。(今ならキャンペーン中のため、6ヶ月間は1,188円/月)
充電用ケーブル、ACアダプターも付属。使われなくなった中古スマホを整備してリユースすることで格安価格を実現している、なんとも新しいサービスですね。初期設定済で、届いたらSIMカードを差し込むだけで利用出来るのもうれしいポイント。もちろん購入代金は必要ありません。ただし2年間ではないものの最低利用期間が6ヶ月あり、解約金は10,260円です。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)で注意したいこと

docomo(ドコモ)回線を利用
docomo回線を利用しているため、docomo端末以外はSIMロック解除していないと利用できません。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)の速度など評価・評判と他MVNOとの比較

いろいろなサービスがあるLIBMOですが、評価・評判はどうなのでしょうか?また、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

LIBMO(リブモ)の速度などの評価・評判

静岡県のユーザーから好評です

docomo回線を利用しているだけあって通信速度には安定感があるようです。静岡のユーザーからは、他のMVNOよりも早かったという声も。また、静岡県を拠点に活動しているアイドルグループ「ROSARIO+CROSS(ロザリオクロス)」がCMを行っていることもあり、東海地方では注目を集めているようです。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)の特徴と他のMVNOの格安SIMとの比較

今回はプラン体系が似ているDTI SIMと比較してみます。

LIBMO(リブモ)とDTI SIMの比較

料金体系だけで比べてみると、どのプランでもDTI SIMのほうがわずかに安いという結果に。ただし、ポイントがたまる点や、セキュリティサービスなどオプションが豊富な点がLIBMOの魅力です。価格にとても大きな差というのはないので、オプションや特典、使い方に合わせて選ぶのがおすすめと言えるでしょう。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)で買えるおすすめの格安スマホ

LIBMOでもSIMフリースマホと格安SIMのセット購入・利用ができます。格安スマホと一緒にSIMを使いたい人は要チェック。

端末購入はLIBMO契約者、支払い方法がクレジットカードまたはISPまとめて請求の方に限られます。

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 liteはHUAWEIから販売された格安スマホ。画面サイズは5.2インチと大画面で見やすく、メインカメラは1,300万画素、、サブカメラは800万画素と高画素。バッテリーも3,000mAhと大容量です。いまのスマホには欠かせない指紋認証機能もついていてとても便利な一台です。
LIBMOでは端末料金1,134円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

メーカー
HUAWEI
端末料金
27,216円
端末分割支払金
1,134円/月
支払期間
24か月
CPU
HUAWEI Kirin650 オクタコア
(4×2.0GHz+4×1.7GHz)
画面サイズ
約5.2インチ

arrows M03

arrows M03

arrows M03はFUJITSUの国産スマホ。おサイフケータイやワンセグ機能にも対応しています。また、メインカメラは1,310万画素、サブカメラは500万画素と高画素。防水・防塵機能が備わっているのも国産ならではですね◎
LIBMOでは端末料金1,485円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

メーカー
FUJITSU
端末料金
35,640円
端末分割支払金
1,485円/月
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm Snapdragon410 1.2GHz Quad Core
画面サイズ
約5.0インチ

Zenfone 3 Max

Zenfone 3 Max

Zenfone 3 MaxはASUSから販売された格安スマホ。高級感のあふれるメタルボディーに加え、バッテリー容量4,100mAhの超長時間駆動バッテリーも搭載。指紋認証機能もついているのでプライバシーの管理にも問題なしです。
LIBMOでは端末料金891円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

メーカー
ASUS
端末料金
21,384円
端末分割支払金
891円/月
支払期間
24ヵ月
CPU
MediaTek MT6737M(クアッドコアCPU)
画面サイズ
約5.2インチ

Priori 4

Priori 4

Priori 4はFREETELから販売された格安スマホ。6色のバックカバーが標準付属なので、その日の気分によって変えることが出来ます。バッテリー容量も4,000mAhと大容量で電池の減りを気にしなくでも大丈夫。1万円台で買えるスマホとしては高コスパな一台です。
LIBMOでは端末料金648円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

メーカー
FREETEL
端末料金
15,552円
端末分割支払金
648円/月
支払期間
24か月
CPU
MT6737 Quad Core(4×1.3GHz)
画面サイズ
約5.0インチ

g07

g07

g07はデュアルSIMデュアルスタンバイ対応のスマホ。5.5インチと大画面でありつつも、1,300万画素の高画質カメラや指紋認証を搭載。3万円以下で購入できる端末としては高評価です◎
LIBMOでは端末料金1,134円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:LIBMO(リブモ)

メーカー
covia
端末料金
27,216円
端末分割支払金
1,134円/月
支払期間
24か月
CPU
MT6750T オクタコア
画面サイズ
5.5インチ

LIBMO(リブモ)のキャンペーン

LIBMOで実施中のキャンペーンは以下の通りです。

【SIMチェンジ限定】特別キャンペーン

出典:LIBMO(リブモ)

キャンペーン内容
契約事務手数料(3,240円)が無料になります。
キャンペーン対象
SIMチェンジからLIBMOにお申込みの方限定です。ただし、利用開始月に解約すると、キャンペーンの対象外となります。
キャンペーン期間
終了日未定

公式サイト:LIBMO(リブモ)

秋得キャンペーン
キャンペーン内容
音声通話機能付きSIMの申込で、12ヶ月間月額利用料から432円割引
キャンペーン対象
音声通話機能付きSIMを申し込んだ方。データシェアを除く全プランで適用
キャンペーン期間
2017年9月1日~2017年11月30日
お電話応援プログラム
キャンペーン内容
10分かけ放題を申し込むと、1年間月額利用料金(918円)から594円割引
キャンペーン対象
新規申込と同時に10分かけ放題を申し込んだ方、LIBMOユーザーで、10分かけ放題を追加申込した方
キャンペーン期間
利用開始から1年間

公式サイト:LIBMO(リブモ)