1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2017年9月】b-mobile(ビーモバイル)徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も

b-mobile(ビーモバイル)に関する記事

56件の記事があります

MVNOとして格安SIMを販売する「b-mobile(ビーモバイル)」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、b-mobile(ビーモバイル)の記事をまとめています。

b-mobile(ビーモバイル)に関する記事の一覧を見る

b-mobile(ビーモバイル)の格安SIM料金プランのおすすめポイントと注意点

日本通信が提供する格安SIM、b-mobile(ビーモバイル)では、大容量高速通信25GB定額を提供しています。「おかわりSIM」で5段階定額の使い方もでき、通信量節約家の方にとって注目の格安SIMとなっています。25GB定額は動画をたくさん見る方にとても喜ばれるプラン、おかわりSIMはできるだけ通信料金を安くしたいと考える方、容量が足らなくなった時に毎回チャージするのが面倒な方に喜ばれる最適なプランです。b-mobileではSIMフリーiPhone・iPadについても問い合わせ出来る「bモバイル・ヘルプデスク」が設置されており、人気のiPhoneを使う場合にサポートも受けられます。チャージも100MBから容量の追加対応でき、通信量が足りなくなってしまっても簡単に追加可能です。

b-mobileはNTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適に使えますし、音声通話SIMではMNPにも対応しています。

公式サイト:b-mobile

b-mobile(ビーモバイル)の格安SIM料金プラン

これまで高速定額プランを特徴にしていたb-mobileですが、新たに「b-mobileSIM 25GB定額」と呼ばれる大容量プランが登場しました。無制限通信プランにおいてライバルであるU-mobile(ユーモバイル)に対抗したプランと言えます。一方で節約した通信をする方や通信容量チャージが面倒な方、月の通信容量が決まっておらず毎月使用量がバラバラな方には「b-mobile おかわりSIM」がオススメです。

なお、これまで提供していた「b-mobile SIM 高速定額」「b-mobile SIM ライトプラン」の新規申し込み受付は終了しました。通信使い放題の高速定額で動画を主に楽しむ方や、自宅にインターネット回線を引けない方、通信量がとても多い方に「b-mobile 高速定額」は人気のプランでした。

b-mobile S 開幕SIM、b-mobile S スマホ電話SIMはSoftBank系の回線を利用したSIMです。開幕SIMはデータ通信のみ、スマホ電話SIMは音声通話に対応しています。スマホ電話SIMは月に使ったデータ量によって基本料金が変わり、最大5GBまで高速通信を使うことができます。

5GBを超過した場合、追加料金は発生することなく、上り下りともに最大200kbpsの低速通信に切り替わります。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile 高速定額

b-mobile SIM 高速定額月額料金 データSIM月額料金 SMS付き月額料金 音声SIM高速通信容量通信速度SIM枚数
b-mobile SIM 25GB2,570円2,710円3,434円25GB/月制限なし1枚

b-mobile おかわりSIM

b-mobile
おかわりSIM
月額料金
データ通信専用
月額料金
SMS付き
月額料金
音声付き
高速通信容量通信速度SIM枚数
1GBまで540円680円1,404円1GB/月制限なし1枚
2GBまで810円950円1,674円2GB/月制限なし1枚
3GBまで1,080円1,220円1,944円3GB/月制限なし1枚
4GBまで1,350円1,490円2,214円4GB/月制限なし1枚
5GBまで1,620円1,760円2,484円5GB/月制限なし1枚

b-mobile S 開幕SIM

b-mobile S 開幕SIM月額料金 データ通信専用月額料金 SMS付き月額料金 音声付き通信速度SIM枚数
1GB950円--非公開1枚
3GB1,706円--非公開1枚
7GB3,218円--非公開1枚
30GB5,378円--非公開1枚

b-mobile S スマホ電話SIM

b-mobile
S スマホ電話SIM
月額料金
データ通信専用
月額料金
SMS付き
月額料金
音声付き
高速通信容量通信速度SIM枚数
1GBまで--2,646円1GB/月制限なし1枚
2GBまで--3,024円2GB/月制限なし1枚
3GBまで--3,402円3GB/月制限なし1枚
4GBまで--3,780円4GB/月制限なし1枚
5GBまで--4,158円5GB/月制限なし1枚

そのほか、お試し用としてSoftBankのiPhone・iPad用プリペイドSIM(データ専用)もあり、こちらは1GB・15日で980円、7GB・25日で2,980円となっています。また、ドコモ回線のプリペイドSIMは5GB/1ヶ月間で3,650円、5GB/1ヶ月間 x 6ヶ月で18,700円、5GB/1ヶ月間 x 12ヶ月で31,800円のものが用意されています。

また、音声通話にかかる料金を抑えるために「b-mobile電話」の「通話定額オプション(540円/月)」への加入がおすすめです。「通話定額オプション」ではドコモ回線SIMでは3分の通話が50回/日まで、ソフトバンク回線SIMでは5分以内の通話が1日何回でも無料になるオプションで、電話にかかる料金を半額以下に抑えることも可能です。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)のおすすめポイント

b-mobileの主なおすすめポイントは、やはり大容量高速通信「25GB定額」と、5段階定額の「b-mobile おかわりSIM」でしょう。「b-mobileSIM 25GB定額」は他社の大容量プランよりも料金が安くなっています。他社MVNOでは20GBの音声付きプランで4,000円~5,000円くらいの料金となっていますが、b-mobileSIM 25GB定額は音声付きで3,434円とかなり価格が抑えられています。

新登場の「b-mobileSIM 25GB定額」
大容量なのに2,570円~となっており、コストパフォーマンスもよいです。
おかわりSIMで5段階定額
5GBまでの通信が可能で、1GB 540円から使う事ができます。1GB 540円~5GB 1,620円(データSIMの場合)の中で使った分だけ支払うプランなので、思わぬ通信が発生した場合にも便利です。
iPhoneを使う際も安心!フリーコールセンター
b-mobileではSIMフリーiPhoneを使う方や分からないことがあった場合のために「bモバイル・ヘルプデスク」があり、設定やiPhoneなどに関する質問を受け付け、サポートしてくれます。
100MBから容量の追加対応
月間使用量をオーバーしてしまった場合にはTurbo Charge。100MB 324円、500MB 1,296円で通信容量を追加購入できます。
NTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適利用
日本全国のNTTdocomo通信エリアでFOMA、Xiの通信ができます。b-mobileはNTTdocomoの通信を使っているので、圏外が少なく快適に使えます。
MNPにも対応
090、080、070番号からの乗り換えに対応します。携帯番号をそのまま格安SIMでも使えます。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)で注意したい事

b-mobileで注意したい点は以下の通りです。

通信速度があまり早くない
b-mobileのデータ通信速度の評判はあまりよくありません。破格の安さの代償といえるかもしれませんね。
速度制限(帯域制限)されることがある
大容量ファイルのダウンロードやファイル交換アプリケーションなど、一定期間に大量の通信をすると速度が制限される場合があるようです。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

b-mobileの格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

b-mobile(ビーモバイル)の速度などの評価・評判

b-mobileでは人気のプランが二つあります。「b-mobile SIM 25GB定額」と「おかわりSIM」です。b-mobile SIM 25GB定額はとにかくたくさんの通信をして動画やテザリングでのパソコン通信、ファイルのアップロードやダウンロードを必要とする方にオススメ。主にビジネスに使う人などでしょうか。YouTubeで学習をしている方や、Skypeなどで英会話を勉強している方もこのb-mobile SIM 25GB定額はおすすめです。

おかわりSIMはたくさん使うというよりも、節約した通信の使い方をしたい場合にオススメです。学生さん、スマホを使う機会が少ない方、主婦の方に良いでしょう。月ごとに使用する通信容量が定まっていない方、通信容量の追加チャージが面倒な方にもオススメです。iPhoneを得意とするb-mobileですので、iPhoneで主に使いたいと考える方にもオススメです。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)の特徴と他の格安SIMとの比較

何度も出てきていますが、「b-mobile SIM 25GB定額」と「b-mobile おかわりSIM」の存在は他社と比べて大きな特徴と言えそうです。特に25GB定額はコスパがよく、例えばDMMモバイルOCN モバイル ONE(OCN SIM)の10GBプランと比べてもb-mobileの25GB定額の方が200~300円ほど高い程度で済みますので(音声SIMの場合)、もしも月に10GB前後使うことがあるのであれば「b-mobileSIM 25GB定額」はかなりおトクと言えそうです。

ちなみにU-mobileも「b-mobileSIM 25GB定額」と似たプランを提供していますが、月額料金は300円ほどU-mobileの方が安いです。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)で買えるおすすめの格安スマホ

b-mobileは他社と比べて、格安スマホとのセットにはあまり力を入れていません。以前はVAIO Phone VA-10Jを購入出来たのですが、現在は新規販売終了となっているようです。

b-mobile(ビーモバイル)のキャンペーン

現在b-mobileでは特にキャンペーンを行っていません。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)