音声通話対応の格安SIM・MVNO比較

音声通話対応の格安SIM・MVNOを徹底比較しています。格安SIMにはデータ通信だけの契約もあり、格安SIMは電話が使えないと思っている人も多いのですが、実は090、080、070の電話番号を使った通常の電話が使える格安SIMはたくさんあるのです。

音声通話対応の格安SIM徹底比較!

格安SIMには090、080、070の電話番号を使った通常の電話が使えるプランが数多くあります。音声通話対応の格安SIMを利用するなら、どのMVNOを選べばよいのか各社を比較していきましょう。(比較データは2017年10月現在のものです)

まずは、どのMVNOから音声通話対応の格安SIMが提供されているか紹介します。

MVNO名称
イオンモバイル
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
DMM mobile(DMMモバイル)
DTI SIM
エキサイトモバイル
FREETEL(フリーテル)
G-call SIM
IIJmio(みおふぉん)
b-mobile(ビーモバイル)
J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)
mineo(マイネオ)
LINEモバイル(ラインモバイル)
NifMo(ニフモ)
OCN モバイル ONE
楽天モバイル
nuromobile(nuroモバイル)
@モバイルくん。
LIBMO(リブモ)
U-mobile(ユーモバイル)
UQモバイル(ユーキューモバイル)

データ容量やオプションの有無も含めると、実にたくさんの格安SIMがあることが分かります。以下では、具体的にプランを比較していきます。

基本料金で比較

この章では、データ容量ごとの月額基本料金を比較します。自分の使うデータ容量に合わせた音声通話対応の格安SIM選びの参考にしてみてください。また、音声通話は090/080/070の番号を利用した場合で比較しています。

データ容量1GBの比較

まずは1GBでの比較です。通話はするけれど、データ通信はほとんど利用しないという方やとにかく利用料金を抑えたいという方の比較検討にお使いください。

音声通話対応SIM 基本料金比較(1GB)

MVNO名称料金
FREETEL(フリーテル)1,294円(使った分だけ安心プラン、定額プラン)
DTI SIM1,296円(音声1GBプラン)
LINEモバイル(ラインモバイル)1,296円(LINEフリープラン)
DMM mobile(DMMモバイル)1,360円(シングルコース音声1GBプラン)
イオンモバイル1,382円(音声1GBプラン)
b-mobile(ビーモバイル)1,404円(おかわりSIM 1GB)
2,646円(スマホ電話SIM 1GB)
NifMo(ニフモ)1,447円(1.1GBプラン)
G-call SIM1,458円(音声1GBプラン)
エキサイトモバイル1,468円(最適料金プラン~1GB)
1,479円(定額プラン1GB)
BIGLOBE SIM(ビッグローブ SIM)1,512円(タイプA・タイプD)
mineo(マイネオ)1,522円(Aプラン)
1,620円(Dプラン)

FREETELの1,294円が最安値となっています。通話メインでスマホを利用している方には良心的な値段といえます。また、ソフトバンク系の格安SIMは珍しいためか、b-mobile Sのスマホ電話SIMは割高になっていますね。

データ容量1GBの安値ベスト3のMVNOをチェック!

データ容量3GBの比較

ここではほとんどのMVNOが提供している3GBのデータ容量の音声通話対応SIMの価格を比較します。3GBのプランが用意されていない場合は、それに近い容量または追加容量購入で3GB使用したと仮定します。

音声通話対応SIM 基本料金比較(3GB)

MVNO名称3GBプラン 料金
DTI SIM1,609円(音声3GBプラン)
DMM mobile(DMMモバイル)1,620円(シングルコース音声3GBプラン)
OCN モバイル ONE1,944円(音声3GBコース)
mineo(マイネオ)1,630円(Aプラン)
1,728円(Dプラン)
エキサイトモバイル1,706円(最適料金プラン~3GB)
1,728円(定額3GB)
G-call SIM1,706円(音声3GBプラン)
LIBMO(リブモ)1,706円(音声3GBプラン)
U-mobile(ユーモバイル)1,706円(通話プラス3GB)
1,922円(ダブルフィックス1GB~3GB)
BIGLOBE SIM(ビッグローブ SIM)1,728円(タイプA・タイプD)
FREETEL(フリーテル)1,728円(定額プラン3GB、使った分だけ安心プラン~3GB)
IIJmio(みおふぉん)1,728円(ミニマムスタートプラン、タイプA・タイプD)
J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)1,728円(SIMカード[Dプラン])
2,138円(スマホセットプラン長期契約タイプ・スタート割適用時/1年間)
3,974円(スマホセットプラン標準契約タイプ)
NifMo(ニフモ)1,728円(音声3GBプラン)
nuromobile(nuroモバイル)1,728円(音声3GBプラン)
楽天モバイル1,728円(3.1GBプラン)
3,196円(スーパーホーダイプランS[2GB]・楽天会員割1年目+1GBリチャージ)
UQモバイル(ユーキューモバイル)1,814円(データ高速+音声通話プラン)
3,218円(おしゃべり/ぴったりプランS[2GB]+1GB追加購入
(14ヵ月以降は基本料金が3,218円[2GB]、26ヵ月以降は基本容量が1GB)
LINEモバイル(ラインモバイル)1,825円(コミュニケーションフリープラン)
2,581円(MUSIC+プラン)
イオンモバイル(イオンスマホ)2,008円(音声2GBプラン+1GB追加購入)
@モバイルくん。3,564円(もっと使ったぶ~んだけプラン3GB)

1GBのmineo Dプランよりも低価格で3GBのデータ容量を利用することが可能なDTI SIM(1,609円)が1位にランクイン。au回線のMVNOで人気のmineoは、Aプラン(3GB)では最安級のDMM mobileより10円しか価格差がない結果となりました。auユーザーにはうれしい限りですね。

データ容量3GBの安値ベスト3のMVNOをチェック!

データ容量5、6GBの比較

MVNOによっては5GBに対応していないので、6GBも含めて比較しています。グラフでは1GB当たりの料金を概算して表示しています。

音声通話対応SIM 基本料金比較(5GB、6GB)

MVNO名称料金
DMM mobile(DMMモバイル)2,062円(5GB)
DTI SIM2,073円(5GB)
イオンモバイル(イオンスマホ)2,138円(6GB)
U-mobile(ユーモバイル)2,138円(5GB)
nuromobile(nuroモバイル)2,160円(5GB)
J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)2,268円(SIMカード[Dプラン 5GB])
3,218円(スマホセットプラン長期契約タイプ[5GB]・スタート割適用時/1年間)
5,054円(スマホセットプラン標準契約タイプ[5GB])
BIGLOBE SIM(ビッグローブ SIM)2,322円(6GB・タイプA/D)
エキサイトモバイル2,322円(最適料金プラン~5GB)
2,484円(最適料金プラン~6GB)
OCN モバイル ONE2,322円(6GB)
楽天モバイル2,322円(5GB)
3,218円(スーパーホーダイプランM[6GB]・楽天会員割・1年目)
LIBMO(リブモ)2,354円(6GB)
mineo(マイネオ)2,365円(Aプラン[6GB])
2,462円(Dプラン[6GB])
FREETEL(フリーテル)2,397円(使った分だけ安心プラン[5GB]、定額プラン[5GB])
G-call SIM2,376円(5GB)
IIJmio(みおふぉん)2,397円(タイプA・D 6GB)
LINEモバイル(ラインモバイル)2,397円(コミュニケーションフリープラン[5GB])
2,937円(MUSIC+プラン[5GB])
UQモバイル(ユーキューモバイル)3,218円(おしゃべり/ぴったりプランM[6GB])
(14ヵ月以降:4,298円、26ヵ月以降:3GB)
@モバイルくん。4,860円(もっと使ったぶ~んだけプラン5GB)

1GBあたりの料金で見ると、10分かけ放題のオプションがあるイオンモバイルが最も安い価格ですね。次いでBIGLOBE SIMとOCN モバイル ONEが同価格で2位と3位になっています。

データ容量5、6GBの安値ベスト3のMVNOをチェック!

データ容量10GB以上20GB未満の比較

ここでは10GB~20GBのデータ容量の格安SIMを比較します。それぞれ1GB当たりの料金も算出しています。

音声通話対応SIM 基本料金比較(10GB以上20GB未満)

MVNO名称料金
DTI SIM3,024円(10GB)
4,644円(15GB)
エキサイトモバイル3,326円(最適料金プラン~10GB)
OCN モバイル ONE3,240円(10GB)
DMM mobile(DMMモバイル)3,121円(10GB)
4,298円(15GB)
楽天モバイル3,196円(10GB)
5,378円(スーパーホーダイプランL[14GB]・楽天会員割・1年目)
LIBMO(リブモ)3,218円(10GB)
nuromobile(nuroモバイル)3,240円(10GB)
J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)3,348円(SIMカード[Dプラン 10GB])
5,378円(スマホセットプラン長期契約タイプ[10GB]・スタート割適用時/1年間)
7,214円(スマホセットプラン標準契約タイプ[10GB])
mineo(マイネオ)3,380円(Aプラン[10GB])
3,477円(Dプラン[10GB])
FREETEL(フリーテル)3,423円(使った分だけ安心プラン[10GB]、定額プラン[10GB])
4,730円(使った分だけ安心プラン[15GB]、定額プラン[15GB])
LINEモバイル(ラインモバイル)3,477円(コミュニケーションフリープラン[10GB])
3,801円(MUSIC+プラン[10GB])
G-call SIM3,520円(10GB)
IIJmio(みおふぉん)3,520円(タイプA・D 10GB)
イオンモバイル(イオンスマホ)3,542円(12GB)
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)3,672円(12GB・タイプA/D)
NifMo(ニフモ)3,780円(13GB)
UQモバイル(ユーキューモバイル)5,378円(おしゃべり/ぴったりプランL[14GB])
(14ヵ月以降:6,458円、26ヵ月以降:7GB)
@モバイルくん。5,400円(通話もできる10GBプラン)

10GB以上20GB未満のプランでは、安さを売りにしたDMM mobileが最安値。とはいうものの、続くNifMo、イオンモバイルとの差はわずか数円なので、ここまでくると価格よりも容量シェアのしやすさやサービス面でMVNOを選ぶ方がいいでしょう。

データ容量10GB以上20GB未満の安値ベスト3のMVNOをチェック!

データ容量20GB以上の比較

ここでは、データ容量20GB以上の大容量使用を想定している方のための比較を行っています。それぞれ1GB当たりの料金も載せています。

音声通話対応SIM 基本料金比較(20GB以上)

MVNO名称料金
U-mobile(ユーモバイル)3,110円(U-mobile MAX[25GB])
b-mobile(ビーモバイル)3,434円(25GB定額)
mineo(マイネオ)4,957円(Aプラン[20GB])
5,054円(Dプラン[20GB])
7,030円(Aプラン[30GB])
7,128円(Dプラン[30GB])
IIJmio(みおふぉん)5,076円(3GB+データオプション20GB・タイプA/D)
7,128円(3GB+データオプション30GB・タイプA/D)
エキサイトモバイル5,054円(定額20GB)
7,214円(定額30GB)
9,374円(定額40GB)
11,750円(定額50GB)
楽天モバイル5,130円(20GB)
6,642円(30GB)
イオンモバイル5,054円(20GB)
6,566円(30GB)
8,618円(40GB)
11,664円(50GB)
DMM mobile(DMMモバイル)5,054円(20GB)
OCN モバイル ONE5,238円(20GB)
7,290円(30GB)
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)5,616円(20GB・タイプA/D)
8,046円(30GB・タイプA/D)
DTI SIM5,994円(20GB)
FREETEL(フリーテル)6,015円(使った分だけ安心プラン・定額プラン[20GB])
8,294円(定額プラン[30GB])
10,908円(定額プラン[40GB])
13,500円(定額プラン[50GB])
G-call SIM6,134円(20GB)
8,294円(30GB)

U-mobile MAXプランが1GB当たりの料金も含めて最安値(3,110円)となっています。また2位のb-mobileも1GBあたり137円と、20GB以上のプランになると1GBあたりの割安感が顕著に現れます。

データ容量20GB以上の安値ベスト3のMVNOをチェック!

データ容量無制限プランの比較

ここでは、データ通信量無制限の格安SIMを比較します。なお最大通信速度は理論値であり、常にこの値で通信可能であるというわけではないので注意が必要です。

音声通話対応SIM 基本料金比較(データ通信量無制限)

MVNO名称料金
DMM mobile ライトプラン(最大通信速度200Kbps)1,231円
LIBMO ライトプラン(最大通信速度200Kbps)1,274円
G-call SIM 0GB(最大通信速度200Kbps)1,296円
楽天モバイル ベーシックプラン(最大通信速度200Kbps)1,350円
nuromobile 深夜割プラン(1:00~6:00は最大375Mbps、時間外は200Kbps)2,376円
UQモバイル(最大通信速度500Kbps)2,894円
U-mobile 通話プラス[LTE使い放題2](最大通信速度375Mbps)2,948円
DTI SIM(最大通信速度370Mbps)
3,132円
U-mobile 通話プラス[LTE使い放題](最大通信速度375Mbps)3,218円
U-mobile for iPhone (最大通信速度375Mbps)3,218円
U-mobile USEN MUSIC SIM(最大通信速度375Mbps)3,218円
nuromobile 5時間プラン(毎日5時間まで最大375Mbps、超過後200Kbps)3,456円

通信速度を考慮しなければ、DMM mobileのライトプランが最安値(1,231円)となっています。また、このプランに加えてLIBMOのライトプラン(1,274円)も、データ容量1GBの最安値であるFREETELの1,294円よりも安くなっています。通信速度にこだわりがないのであれば、データ通信量無制限のプランはお得です。

なお、YouTubeやNetflixなどの動画を快適に視聴したいのであれば、U-mobile 通話プラス(LTE使い放題・LTE使い放題2)への申込がおすすめです。高速データ通信に対応した容量無制限の格安SIMの中では最も安いからです。グラフ上のDMM mobileからUQモバイルまでが安い料金なのは低速通信(200-500Kbps)しか利用できないためで、快適なインターネット生活を送るにはやはり高速通信に対応している必要があります。もしくはDTI 見放題 SIM(2,624円/月)であれば、YouTubeとTwitterの通信量はカウントフリーとなるのでこちらもオススメです。

データ通信量無制限プランの安値ベスト2のMVNOをチェック!

かけ放題オプションの比較

ここからは、各MVNOが提供している電話かけ放題オプションについて説明・比較していきます。

MVNOの提供するかけ放題サービスは、一定時間の通話が無料になるというもので、1分、3分、5分、10分、無制限と様々に時間が設定されています。この制限時間内であれば、基本的に1日に何回通話しても通話料金が発生しません。

かけ放題の機能を利用するためには、基本的に各MVNOが提供している電話アプリをダウンロードし、アプリから発信する必要があります。サービスによっては緊急通報が利用できない場合もあるので注意が必要です。

今回は利用者が多いと思われる3分、5分、10分のかけ放題を中心とし、いろんな無料通話オプション料金を比較してみました。

3分かけ放題の比較

では、実際にどのMVNOがどんなかけ放題オプションを提供しているのかを紹介し、基本料金を比較していきます。まずは3分かけ放題オプションの比較です。

3分かけ放題の料金比較

MVNO月額料金
b-mobile(ビーモバイル)(ドコモ回線SIMのみ・1日50回までの制限あり)540円(時間超過分は10.8円/30秒)
U-mobile(ユーモバイル)(U-mobile MAXのみ・1日50回までの制限あり)540円(時間超過分は10.8円/30秒)
IIJmio(みおふぉん)
同一mioID間なら10分かけ放題になります
648円(時間超過分は10.8円/30秒)
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)650円(時間超過分は10円/30秒)

最安値のb-mobile、U-mobileの540円は、かけ放題オプションや通話アプリの利用なしで合計12.5分通話したときと同じ値段となります。(43.2円/分で計算)

たった5回(15分)通話しただけで元が取れてしまうお得なオプションであるといえます。

3分かけ放題オプション安値ベスト3のMVNOをチェック!

5分かけ放題の比較

3分の通話ではちょっと物足りないという方は5分かけ放題が向いているかもしれません。以下が5分かけ放題オプションを提供しているMVNOとその料金になります。

5分かけ放題の料金比較

MVNO月額料金
b-mobile(ビーモバイル)(ソフトバンク回線SIMのみ)540円(時間超過分は10.8円/30秒)
FREETEL(フリーテル)907円(時間超過分は10.8円/30秒)
J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)918円(時間超過分は21.6円/30秒)
楽天モバイル918円(時間超過分は10.8円/30秒)

5分かけ放題を提供していたMVNOの中には10分かけ放題にシフトしたものもあり、5分かけ放題自体が希少になってきています。最安値はb-mobileの540円となっていますが、こちらはソフトバンク回線SIM(スマホ電話SIM)のみとなるのでちょっと特殊ですね。他の5分かけ放題オプションと比べると安いのですが、その代わりSIMの月額料金自体が割高です。次点のFREETELは、かけ放題オプションなしでは約21分の通話料金です。こちらも4回(20分)の通話で元が取れてしまうので、お得であるといえます。

選択するデータ容量によっては、オプションを付けるよりもプランにかけ放題が付いているUQモバイルの「おしゃべりプラン」や楽天モバイルの「スーパーホーダイ」の方がおトクかもしれません。また、J:COM MOBILEは、時間超過分の料金が21.6円/30秒と他社の倍になっているので注意しましょう。

5分かけ放題オプション安値ベスト3のMVNOをチェック!

10分かけ放題の比較

ついつい長電話してしまうという方には10分かけ放題オプションがおすすめです。以下が10分かけ放題オプションを提供しているMVNOとその料金になります。

10分かけ放題の料金比較

MVNO月額料金
nuromobile(nuroモバイル)864円(時間超過分は10.8円/30秒)
DTI SIM885円(時間超過分は10.8円/30秒)
NifMo(ニフモ)896円(時間超過分は10.8円/30秒)
IIJmio(みおふぉん)
同一mioID間なら30分かけ放題になります
896円(時間超過分は10.8円/30秒)
イオンモバイル(イオンスマホ)918円(時間超過分は10.8円/30秒)
mineo(マイネオ)918円(時間超過分は10円(免税)/30秒)
DMM mobile(DMMモバイル)918円(時間超過分は10.8円/30秒)
OCN モバイル ONE918円(時間超過分は10.8円/30秒)
LINEモバイル(ラインモバイル)950円(時間超過分は10.8円/30秒)
@モバイルくん。1,080円(時間超過分は10.8円/30秒)
FREETEL(フリーテル)1,618円(時間超過分は10.8円/30秒)

最安値のnuromobileの864円、次いでDTI SIMとNifMoは、5分かけ放題で2番目に安いFREETELの907円よりも安い値段となっています。5分以内で電話を切る自信がない方は、10分かけ放題オプションの方が安くなるかもしれません。ちなみに、nuromobileの864円はかけ放題オプションなしで約20分の通話料金となります。つまり3分・5分のオプションよりも少ないたった2回(20分)の利用で元が取れてしまいます。

10分かけ放題オプション安値ベスト3のMVNOをチェック!

その他かけ放題

1回の通話で全く長電話しない方や、逆に10分では収まらないほど長電話をする方は、下記のかけ放題オプションを参考にしてみてはいかがでしょうか。

その他かけ放題の料金

MVNO料金
FREETEL 1分かけ放題322円(時間超過分は10.8円/30秒)
BIGLOBE SIM 通話パック60(最大60分)650円(時間超過分は10円/30秒)
U-mobile でんわパック60(最大60分)800円(時間超過分は10.8円/30秒)
mineo 通話定額30(最大30分)907円(時間超過分は21.6円/30秒)
イオンモバイル 050かけ放題
IP電話
1,620円
mineo 通話定額60(最大60分)1,814円(時間超過分は21.6円/30秒)
楽天モバイル 通話時間・回数無制限のかけ放題2,570円

利用する日によって通話時間は変化するものであるので、一概にどのプランが一番お得ということは断言できません。ここまでの比較表やグラフを参考にしながら、自分に合った格安SIMを選んでみてください。

1日1回3分通話した時の月額料金シミュレーション

ここで気になるのは、1分、3分、5分、10分、無制限の各かけ放題プランの中で、どれが最も安く利用できるかということです。お得なかけ放題プランを見つけ出すためには、1日あたりの通話時間・通話回数を元に、月額料金を算出する必要があります。

総務省の『通信量からみた我が国の音声通信利用状況【平成 25 年度】』によると、日本における1日の通話時間平均は約3分で、1日約1回音声通話を利用しているというデータがあります。

1日1回3分通話をしたと仮定した場合の月額料金を計算した結果は以下のグラフの通りです。

かけ放題

かけ放題なしの通話料金は21.6円/30秒で計算、かけ放題の制限時間を過ぎた分の通話料金は各社の規定に合わせて計算

b-mobileを筆頭に3分かけ放題プランが最も安く、かけ放題なしのプランが最も高いという結果になりました。最大で約7倍もの開きになるのは少し意外な結果ですよね。もちろん、国内全体における平均通話時間・回数で計算しているので、職種や年齢、性別等での結果のバラつきは考えられます。普段の生活を思い出し、お得なプランで契約しましょう。

1日1回3分通話したときの安値ベスト3のMVNOをチェック!

音声通話対応の格安SIMで、通話料金を節約しよう

ここまで、音声通話対応の格安SIMを比較してきました。ご自身のライフスタイルに合った格安SIMは見つかりましたでしょうか?通話料金を節約したい方はぜひ格安SIMを利用してみてください。


MVNO・格安SIMを25タイプ別に徹底比較!

月額料金がお得なSIM、LTEなどの高速通信量が多いSIM、音声通話機能付きのSIM、支払い方法が多様なSIMなど、世の中には様々な格安SIMがあります。SIMチェンジでは、MVNOが出す格安SIMカードプランについて、多様な比較軸で掲載しています。


SIMチェンジとは

格安SIM比較サイト「SIMチェンジ」では、このように複雑多岐にわたるMVNOの格安SIMカードの中から、皆さんに最適なSIMプランを選んでもらうために設立されました。

「SIMチェンジ」は、以下の4つのジャンルの記事を通して、SIMをお得にする方法を皆さまに発信しています。

また、各MVNOが出す格安SIMを様々な側面から比較したり、各MVNOの格安SIM情報や評判一覧もまとめております。


おすすめ格安SIM比較診断を試そう!

SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断は、簡単な6つの質問に答えるだけで通信料金のシミュレーションを行い、あなた自身にぴったりなSIMプランをご案内いたします。もちろん、無料でご利用いただけます。

格安SIM診断比較を試そう
おすすめ格安SIM比較診断