1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルでタブレットを格安で運用しよう!取り扱い端末や料金プランを紹介

楽天モバイルでタブレットを格安で運用しよう!取り扱い端末や料金プランを紹介

更新日:2018.09.18

タブレットはスマホよりも画面のサイズが大きく見やすいので、長時間、Webサイトや動画を見る方におすすめです。楽天モバイルではタブレットの取り扱いがあり、楽天モバイルのデータSIMとタブレットを組み合わせると、格安で運用することが可能です!今回は楽天モバイルの取り扱いタブレットやおすすめ料金プランを解説します。

楽天モバイルではSIMフリースマホのほかにタブレットを取り扱っています。タブレットは格安SIMで運用でき、今お持ちのタブレットに楽天モバイルのデータSIMを挿して使ったり、楽天モバイルへの乗り換えと同時にタブレットの購入・契約をしたり、さらには楽天モバイルを契約中の方がタブレットを追加契約したりできます。今回は楽天モバイルのタブレットについて紹介。取り扱い端末からタブレットと一緒に契約したいプランまで解説していきます。


楽天モバイルではタブレットも契約できる!そのメリットは?

楽天モバイルはスマホセットの種類が豊富なMVNOです。その数はMVNOの中でもトップクラス。そしてさらに、スマホだけでなくタブレットを取り扱っていることをご存知でしょうか?

楽天モバイルでは現在3種類のタブレットを取り扱っています。スマホに比べて大きなサイズのタブレットはネットサーフィンや動画鑑賞に向いています。それでは具体的にタブレットのメリットについて見ていきましょう。

タブレットのメリット

さまざまなコンテンツが大画面で利用できる
タブレット最大のメリットはコンテンツが大画面で利用できること。タブレットの画面サイズは小さいものでも7~8インチ以上なのでスマホに比べると大画面ですよね。スマホの画面が小さいと感じている方はタブレットと2台持ちにすればさまざまな作業がストレスなく行えるでしょう。
キーボードで作業できる
タブレットにキーボードを接続すればちょっとしたパソコン代わりに使えます。外出中にノートパソコンを持ち運ぶのが面倒な方はタブレットとの2台持ちがおすすめ。ノートパソコンの半分程度の重量でサイズも小さいのでほかの荷物があってもかさばらないでしょう。
サブモニターとして使える
タブレットはパソコンのサブモニターとしても使えます。自宅のパソコンのディスプレイが1つだけで、もう少し快適に作業したい方はタブレットをサブモニターとして使ってみましょう。デュアルモニター導入のお試しとしてタブレットを使ってもいいかもしれません。

楽天モバイルでタブレットを運用する方法について解説!

それでは楽天モバイルで取り扱っているタブレットの種類やタブレットで利用できる料金プランを紹介していきます。最後には注意点もお伝えするので参考にしてください。

取り扱いタブレット一覧

  • HUAWEI MediaPad M3 Lite
  • HUAWEI MediaPad M3 Lite 10
  • MediaPad T1 7.0 LTE

楽天モバイルでは現在3種類のタブレットを扱っています(2018年9月現在)。すべてHUAWEI製のタブレットですがそれぞれ特徴が違うので確認しておきましょう。

HUAWEI MediaPad M3 Lite


出典:HUAWEI MediaPad M3 Lite 製品ページ

ディスプレイサイズ
約8.0インチ IPS 1,920×1,200ドット (WUXGA)
プラットフォーム
Android 7.0
プロセッサ
Qualcomm MSM8940 オクタコア(1.4GHz + 1.1GHz)
メインメモリ(RAM)
3GB
ストレージ(ROM)
32GB
価格
分割払い:1,341円+分割手数料
一括払い:3万2,184円
特徴
緩やかなカーブを施した持ちやすいメタリックボディ
高精細ディスプレイでコンテンツが見やすい
4,800mAhの大容量バッテリーで丸1日楽しめる

HUAWEI MediaPad M3 LiteはHUAWEI製のタブレット。約8インチは標準的なサイズで、1,920×1,200ドットのIPS液晶で綺麗な画面でコンテンツが楽しめます。

タブレットは大きくて持ちにくいイメージがありますが、このHUAWI MediaPad M3 Liteは緩やかなカーブを多用したデザインにより持ちやすく設計されています。高級感のあるメタリックボディはプライベートはもちろん、ビジネスシーンの利用でも最適です。セキュリティに配慮した指紋認証も嬉しいポイントです。

バッテリーはスマホに比べ格段に大容量。4,800mAhのバッテリーなら外出中に長時間利用しても問題なく使えるでしょう。

2019.9.12 9:59まで
LUCKY SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン
人気の14機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10


出典:HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 製品ページ

ディスプレイサイズ
10.1インチ IPS 1,920×1,200ドット (WUXGA)
プラットフォーム
Android 7.0
プロセッサ
Qualcomm MSM8940 オクタコア(1.4GHz + 1.1GHz)
メインメモリ(RAM)
3GB
ストレージ(ROM)
32GB
価格
分割払い:1,611円+分割手数料
一括払い:3万8,664円
特徴
10.1インチ液晶の迫力ある映像で映画などを楽しめる
4つのスピーカーと独自のサラウンドシステムを搭載
MicroSoft Office Mobileアプリ標準搭載でビジネスにも最適

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10はタブレットの中でも大きな画面が特徴的なモデルです。10.1インチの液晶なら一般的な動画はもちろん映画にも適したサイズ感。スマホで動画をよく見る方は、タブレットの大画面を試してみましょう。

またコンテンツを支えるのは4つのスピーカーと独自のサラウンドシステム。タブレットの中でもトップクラスの音響が整っているので、自宅でも外出先でも、臨場感たっぷりで映画やアニメが見られるでしょう。

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10はMicrosoft Office Mobileアプリを標準搭載していおり、ビジネスシーンでの利用にも向いています。6,660mAhの大容量バッテリーで長時間の仕事も安心してできるでしょう。

2019.9.12 9:59まで
LUCKY SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン
人気の14機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

MediaPad T1 7.0 LTE


出典:MediaPad T1 7.0 LTE 製品ページ

ディスプレイサイズ
約7型 IPS液晶 600×1,024ドット
プラットフォーム
Android 6.0/EMUI 4.0
プロセッサ
SC9830I A7 クアッドコア 1.5GHz
メインメモリ(RAM)
1GB
ストレージ(ROM)
8GB
価格
分割払い:494円+分割手数料(初回のみ496円)
一括払い:1万1,858円
特徴
片手で持てるコンパクトな7インチのディスプレイ
シンプルなフルメタルボディで飽きのこないデザイン
リバースチャージ機能でモバイルバッテリーとしても使える

タブレットというと大きくて持ちにくいイメージがありますが、MediaPad T1 7.0 LTEは約7インチとコンパクトなタブレットです。片手で持てるサイズ感で通勤・通学時にも使いやすいでしょう。小さめのバッグにも収まるので持ち運びに便利です。

デザインはシンプルなフルメタルボディ。個性的なデザインではないので長い間飽きがこないです。カラーバリエーションはシルバーのみとなります。

普段からスマホのほかにモバイルバッテリーを持ち運んでいる方にMediaPad T1 7.0 LTEはおすすめです。リバースチャージ機能を搭載しているのでスマホなどのモバイル端末を充電できます。タブレットとの2台持ちにはなりますが、モバイルバッテリーを別で持つ必要がなくなります。

2019.9.12 9:59まで
LUCKY SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン
人気の14機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

タブレットの料金プランと選び方

楽天モバイル スーパーホーダイ料金表

プラン名最低利用期間ダイヤモンド会員
(1年目・対象月のみ)
楽天会員
(1~2年目)
非会員
(1~2年目)
25カ月目以降
プランS
(2GB)
3年1,059円/月1,599円/月2,139円/月3,219円/月
2年1,599円/月2,139円/月2,679円/月
1年2,139円/月2,679円/月3,219円/月
プランM
(6GB)
3年2,139円/月2,679円/月3,219円/月4,299円/月
2年2,679円/月3,219円/月3,759円/月
1年3,219円/月3,759円/月4,299円/月
プランL
(14GB)
3年4,299円/月4,839円/月5,379円/月6,459円/月
2年4,839円/月5,379円/月5,919円/月
1年5,379円/月5,919円/月6,459円/月
プランLL
(24GB)
3年5,379円/月5,919円/月6,459円/月7,539円/月
2年5,919円/月6,459円/月6,999円/月
1年6,459円/月6,999円/月7,539円/月

楽天モバイル 組み合わせプラン料金表

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
高速通信容量SIM枚数
ベーシックプラン567円697円1,350円送受信最大200kbpsで無制限1枚
3.1GBプラン972円1,102円1,728円3.1GB/月1枚
5GBプラン1,566円1,696円2,322円5GB/月1枚
10GBプラン2,441円2,571円3,197円10GB/月1枚
20GBプラン4,374円4,504円5,130円20GB/月1枚
30GBプラン5,886円5,962円6,642円30GB/月1枚

楽天モバイルにはタブレット専用の料金プランは用意されていませんが、2018年9月現在、楽天モバイルで提供している上記3つのタブレットは、すべて音声通話SIMに対応している端末のため、スマホの料金プランと同じく「スーパーホーダイ」か「組み合わせプラン」が契約できます

スマホと2台持ちでタブレットはデータ通信専用にする場合は組み合わせプランのデータ専用SIMを選ぶなど、料金プランはご自身の利用スタイルにあわせて選びましょう。下記に利用スタイル別のおすすめプランをまとめたので参考にしてください。

普段それほどタブレットを使わない
データSIM 3.1GBプラン:月額972円
コンテンツを思う存分楽しみたい
データSIM 20GBプラン:月額4,374円
スマホと2台持ちで運用する予定
データSIM 5GBプラン:月額1,566円
タブレットで通話も通信も行いたい
スーパーホーダイ プランL(14GB):月額4,839円(3年契約/楽天会員の場合)

楽天モバイルは、契約後にプラン変更可能です。最初に契約した料金プランが自分にあわなければプランを変更しましょう。プラン変更は毎月1日から月末までの間に一度だけ行えます。

また、音声SIMはデータSIMに比べると最低利用期間を含めて縛りが多いです。契約前によく確認してから契約してください。

タブレットを契約する手順

用意するもの
本人確認書類
クレジットカード

楽天モバイルのタブレットを契約する場合に用意するものをまとめました。基本的にスマホを契約する場合と用意するものは変わりません。もし、現在お使いのスマホやガラケーからタブレットに電話番号をそのままで乗り換える場合は、MNP予約番号を発行してください。

楽天モバイルではクレジットカードのほかにもデビットカード、口座振替での支払いに対応しています。ほかの支払い方法がいい方は各手続きに必要なものを準備してください。

  1. 楽天モバイルの公式サイトにアクセスする
  2. トップページの「お申し込み」を選択
  3. 「今すぐWebでお申し込み」を選択
  4. 「端末+SIMセット」を選択
  5. 購入したいタブレットを選択
  6. オプションや料金プランなどを選択
  7. 個人情報を入力して申し込み完了
  8. SIMとタブレットが発送されるのを待つ
  9. 到着したらSIMを挿し込んで起動

楽天モバイルでタブレットを申し込む流れをまとめました。楽天モバイルの公式サイトにアクセスしたらタブレットを選択して、プランやオプションなど各項目を入力していきます。最後に個人情報を入力すれば申し込み完了。SIMとタブレットが発送されるのを待ちましょう。

商品が到着したらSIMを挿し込んで起動してください。タブレットセットの場合はすでに初期設定完了済みなのでSIMを挿してすぐ使えます。

基本的にWebでの申し込みになりますが、タブレットを見たりスタッフに疑問点を聞いたりしたい場合は店舗でも契約できます。契約の際に必要なものを持って最寄りの楽天モバイルショップに足を運びましょう。

タブレットをすでにお持ちの方は「端末+SIMセット」ではなく「SIMのみ」を選択します。端末で利用できるSIMのサイズは決まっているので、「SIMサイズ選択へ進む」の項目では間違えないようにしましょう。また、初期設定が必要な端末は設定をしてください。

お持ちのタブレットが楽天モバイルで利用できるかどうか、契約前に必ず確認しましょう。こちらの「楽天モバイル 動作確認済み端末」をご利用ください。

楽天モバイルではスマホと契約するともっとお得!

2回線目から超おトク!プラス割


出典:楽天モバイル 2回線目から超おトク!プラス割

特典
  • 2回線目の「事務手数料」が無料
  • 2回線目の「月額料金が3カ月間」無料
  • 2回線目の「端末代金」が割引

楽天モバイルのプラス割なら2回線目以降の契約がお得になります。楽天モバイルを契約中の方、これから楽天モバイルを契約しようとしている方はプラス割で上記の特典が受けられます。

例えば2回線目にタブレット購入・契約する場合、事務手数料(3,666円)と3カ月間の月額料金が無料になり、さらにタブレット端末代金が割引になります。

  • HUAWEI MediaPad M3 lite:3万2,184円2万1,384円
  • HUAWEI MediaPad M3 lite 10:3万8,664円2万7,864円
  • MediaPad T1 7.0 LTE:1万1,858円1,058円

WEBから申し込んだ場合

MediaPad T1 7.0 LTEはプラス割で1,000円程度になるので、たいへんお得ですね。

この特典には適用条件があるので、確認しましょう

  • 通話SIM1回線に対して1回のみ適用されます。もう1回線目が通話SIMの場合、その回線を1回線目として、さらにもう1回線目を申し込みできます。
  • 2回線目の端末代金が割引になるのは、2回線目を通話SIMで契約し、対象端末を購入する場合のみです。データSIMでの運用を前提にタブレットを購入する場合は割引にはなりませんので要注意です。
  • 組み合わせプランの20GB/30GBは特典対象外です。
  • 開通月を1カ月目として、3カ月目までの月額基本料が無料になります。

データシェアで分け合える


出典:楽天モバイル データシェア

料金
月額:108円
内容
前月繰越分を翌月に最大5回線で分けあえる

楽天モバイルのデータシェアを使えば前月に余ったデータ通信量を翌月に繰り越し、最大5回線で分けあえます。タブレットを契約して2台持ちになった場合、どちらかで余った分を翌月利用できるのでデータ通信量を無駄なく使えます。

2019.9.12 9:59まで
LUCKY SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン
人気の14機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルでタブレットをお得に運用しよう!

楽天モバイルでタブレットを格安で運用する方法を紹介しました。タブレットはスマホと2台持ちすることの多い端末です。スマホもタブレットも楽天モバイルで運用すれば、キャリアよりも月額料金を安くできるでしょう。楽天モバイルのプラス割を利用すれば初期費用を抑えてタブレットを持ち始められますし、データシェアに加入すれば余ったデータ通信量をスマホとタブレットで分けあえるので、お得に運用したい方には断然おすすめですよ。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい