1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMの解約金はいくら?|違約金なし・負担してくれるところも?おすすめMVNOを比較

格安SIMの解約金はいくら?|違約金なし・負担してくれるところも?おすすめMVNOを比較

更新日:2020.12.24

格安SIMを検討している方は、2年縛りについて気になるのではないでしょうか。そこで、格安SIMの解約時の違約金を、音声通話付きとデータ通信用プランに分けて一覧にしました。短期間で解約しても違約金がかからない格安SIMも紹介します。契約前にしっかり確認して、自分に合うプランを選びましょう!

格安SIMを使ってみたいけれど、もしも解約することになったら違約金がかかるのでは?と迷っている方も多いのではないでしょうか。気になる違約金や縛り(最低利用期間)を徹底比較しました。音声通話付き、データ通信用のそれぞれで違約金なしの格安SIMを紹介するので、契約時の参考にしてみてください。


▼SIMチェンジではおすすめの格安スマホ・格安SIMを比較しご紹介しています。ぜひご一読ください。

解約金・違約金なしの格安SIMはある?

格安SIMでも、最低利用期間内に解約をすると違約金が発生します。ただし、大手キャリアと比較すると、格安SIMの契約は自由度が高く解約条件等がわかりやすいです。

また、最低利用期間や解約違約金がない格安SIMも多いため、そのような格安SIMを選ぶと契約しやすいでしょう。

JCOMモバイル

SIMカードタイプによって条件が異なる

格安SIMの場合、SIMカードのタイプが「音声通話付きSIM」「SNS付きデータ通信SIM」「データ通信専用SIM」の3種類あります。

最低利用期間や解約違約金の有無は、このSIMカードタイプによって異なります

SMS付きを含むデータ通信用のSIMは、最低利用期間がないことが多く、いつ解約しても違約金が発生しません。

一方、音声通話付きSIMの場合は、最低利用期間が6か月~1年間設けられていることが多く、その期間中に解約すると違約金が発生します。違約金は、基本的に1,000円~1万円前後となっています。

格安SIMの最低利用期間

前述したように、音声通話付きSIMの場合最低利用期間内に解約すると違約金がかかります。しかし、あくまでも最低利用期間であるだけで、自動更新されるわけではありません

大手キャリアの場合、何年契約を続けていても更新月を逃してしまうと、解約の際に違約金が発生しますが、格安SIMの場合は最低利用期間が過ぎればいつ解約しても料金が発生しないのです。

このように、格安SIMは大手キャリアよりも解約しやすいため、気軽にお試し感覚で契約できます。

格安SIMの最低利用期間については以下記事で詳しく解説しています。ぜひご一読ください。

格安SIMの解約違約金の仕組み

格安SIMの解約違約金は、決まった金額が請求される一律制と、利用期間が長くなればその分安くなる減額制の2種類があります。

例えば、nuroモバイルは、最低利用期間が12か月で、契約月に解約すると12,000円の違約金が発生します。しかし、使い続けると毎月1,000円ずつ減額されていくため、契約から6か月目に解約すると違約金は6,000円です。

長く使い続けるか、早めに解約したいかによって、どちらのタイプの格安SIMを選ぶか決めましょう。

音声通話付きはMNP転出手数料がかかる

解約違約金とは異なりますが、解約時には「MNP転出手数料」が発生することも頭に入れておきましょう。

MNP転出手数料とは、今使っている携帯電話番号をそのまま他の格安SIMやキャリアで利用したい場合に発生する手数料のことです。

一般的に、MNP転出手数料は3,000円程度です。そのため、格安SIMを解約する際には、解約違約金+3,000円がかかると考えてください

格安SIMの解約違約金一覧

格安SIMを解約するときに発生する違約金を一覧です。なお、今回紹介する格安SIMの中で、以下の5社はどのSIMカードタイプを選んでも解約違約金が発生しません。

  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル
  • y.umobile
  • mineo
  • NifMo

音声通話付き格安SIM

音声通話付きSIMを契約した場合、多くの格安SIMでは最低利用期間が設けられて、期間内に解約すると違約金が発生します。

それぞれの最低利用期間と違約金を一覧にまとめました。

格安SIM最低利用期間違約金
LINEモバイル12か月1,000円
UQモバイルおしゃべりプラン・ぴったりプラン(新規受付終了):契約期間2年9,500円
BIGLOBEモバイル12か月8,000円
OCNモバイルONE6か月1,000円
J:COM MOBILESIMカードのみ:12か月
スマホセット:24か月(自動更新)
SIMカード:最大8,400円
スマホセット:最大8,500円
b-mobile4か月8,000円
LIBMO12か月9,500円
エキサイトモバイル12か月9,500円
DTI SIM12か月9,800円

データ通信専用格安SIM

本記事で紹介している格安SIMの場合、データ専用SIMには最低利用期間や違約金がありません。

ただし、一部の格安SIMでは、データ専用SIMにも最低利用期間および違約金の制度を設けている場合があるので、事前に確認しておきましょう。

格安SIMを解約する方法

最低利用期間を確認した上で、格安SIMの解約を行いたい場合は以下の手順で進めてみましょう。

解約に必要なもの

ネット上で格安SIMを解約するために準備しなければならないものは以下の通りです。

  • 「ユーザーページ」にログインするためのID・パスワード
  • SIMカード本体

ユーザーページにログインするためのID・パスワードを忘れてしまっている場合でも、問い合わせフォームやカスタマーサービスに連絡すれば解約手続きは可能です。

また、登録しているメールアドレスには解約完了の通知がきます。解約して見れなくなってしまうアドレスを設定している場合は、事前に変更しておくことをおすすめします。

解約手順

具体的な解約の手順を見ていきましょう。

格安SIMのユーザーページにログインする

契約している格安SIMのユーザーページにアクセスしてログインしましょう。

ログインの際に必要になるのが、IDとパスワードです。忘れてしまってもカスタマーサポートなどに連絡すればログイン可能です。

解約手続きを行なう

解約するための項目を選択して、手続きを進めていきます。

必要事項への入力・返答が必要なります。必要事項では、即日もしくは月末での解約を選択したり、解約する理由を聞いたりするものなどがあります。

最後の確認の上で、「解約する」などの項目を選択すれば解約手続きは完了です。

格安SIMの解約方法については以下記事でより詳しく解説しています。

【音声通話付き・データ通信専用】解約違約金なしの格安SIM

どの料金プランを選んでも解約違約金がかからない格安SIMをまとめました。

【PR】mineo


出典:mineo

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクの回線に対応しているため、今使っているスマホをそのまま利用しやすい格安SIMです。

500MBから30GBまで幅広いプランが用意されているので、必要なデータ容量だけを契約できます。さらに、基本データ容量は、毎月25日までであれば無料で変更することも可能です。

どのプランを契約しても解約違約金が発生しないことや、基本料金300円から利用できるお試しコースもあるため、気軽に始めやすいことが特徴です。

mineoの料金プラン

mineo出典:mineo

mineoの料金プランは数が多く、少し複雑です。データSIMと音声通話SIMの他に、データ容量・通信速度・回線を選ぶ必要があります。

  • SIMタイプ:シングルタイプ・デュアルタイプ
  • データ容量:6種類
  • 通信速度:通常コース・エココース
  • 回線:ドコモ・au・ソフトバンク

シングルタイプはデータ通信SIM、デュアルタイプは音声通話SIMのことです。呼び方が違うだけで、できることは他の格安SIMを変わりません。

通信速度は、通常コースの他に「エココース」があります。エココースは、最大速度が制限される代わりに料金が安いプランです。

月曜〜金曜までは最大速度が200kbpsになり、土日は通常速度で使えます。さらに、ギガを使い切ったあとも最大200kbpsが維持されるので、通信制限でイライラすることもありません。

通常プランに比べ、月額料金は450円安くなります。年間で5400円も安くなるので、かなりお得ですね。

SIMタイプ・データ容量・速度を選んだら、あとは回線だけです。ドコモ・au・ソフトバンク回線で月額料金が違っており、ドコモが最も安くなっています。

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB700円790円
3GB900円990円
6GB1580円1670円
10GB2520円2610円
20GB3980円4070円
30GB5900円5990円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB1310円1400円1750円
3GB1510円1600円1950円
6GB2190円2280円2630円
10GB3130円3220円3570円
20GB4590円4680円5030円
30GB6510円6600円6950円

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB
3GB850円940円
6GB1480円1570円
10GB2370円2460円
20GB3680円3770円
30GB5450円5540円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB
3GB1460円1550円1900円
6GB2090円2180円2530円
10GB2980円3070円3420円
20GB4290円4380円4730円
30GB6060円6150円6500円


電子マネーギフトプレゼントキャンペーン

出典:mineo

mineoでは、対象のOPPO製スマートフォンを購入すると、EJOICAセレクトギフト2,000円分がプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

新規申し込み・機種変更どちらでも対象のキャンペーンです。EJOICAセレクトギフトは、Amazonギフト券・nanaco・WAONポイント・楽天Edyなど様々な電子マネーと交換できます。

  • 期間:2020年12月1日~2021年1月31日
  • 対象端末:OPPO Reno3 A / OPPO A73

対象端末のOPPO Reno3 AとOPPO A73は、コストパフォーマンスに優れたモデルで、機能性も抜群です。人気の高いスマホなので、お得に購入できるキャンペーンを利用して手に入れましょう。

【mineo】最新キャンペーンはこちら

mineoで実施中のキャンペーンは以下記事で詳しく解説しています。

楽天モバイル

楽天モバイル
出典:楽天モバイル

5Gサービスの提供を開始した楽天モバイルも解約違約金が発生しません。

楽天モバイルの料金プランは、月額基本料金2,980円の「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」の1つだけなのでシンプルでわかりやすいことが特徴です。

楽天回線エリアなら、高速通信で4Gも5Gもデータ使い放題。さらに、Rakuten LINKアプリを利用すると国内通話がかkr放題とお得なプランです。

現在、1年間月額基本料金が無料になるキャンペーンを実施しているので、今のうちに申し込みをしてみましょう。

プラン料金1年間無料キャンペーン

楽天モバイル出典:楽天モバイル
  • [Web]2020年3月3日16:00~終了日未定
    [店舗(楽天モバイルショップ)]2020年3月4日開店~終了日未定

Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーンでは、新規契約・他社MNP・楽天モバイルからのプラン変更で、月2,980円の利用料金が1年間無料になります。

単純計算で、月額プラン料金2,980円×12ヵ月で35,760円お得になるチャンスです。申し込みが300万名に達し次第終了ということで、見逃さないようにしましょう。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

Rakuten UNLIMIT V加入+Rakuten linkの使用で5,000ポイント

出典:楽天モバイル

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」に新規申し込み・乗り換え(MNP)・プラン変更した方を対象に楽天ポイントが5,000ポイントプレゼントされるキャンペーンです。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」加入後に、キャンペーン対象製品で「Rakuten Link」を使用すると適用されます。対象製品は、楽天モバイルの公式サイトから確認してください。

5,000ポイントを受け取るための流れは、以下の通りです。

  1. 利用しているスマホが楽天モバイルで使えるか確認する
  2. 楽天モバイルに申し込む
  3. 製品の初期設定を行う
  4. Rakuten Linkアプリを使う

還元されるポイントは、Rakuten UN-LIMIT Ⅴの開通およびRakuten Linkの利用が確認された月の翌々月末日までに付与されます。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

対象端末購入で最大20,000ポイント

出典:楽天モバイル

「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」契約時に対象端末を購入すると、さらに最大20,000円相当のポイントがもらえます

対象製品は人気のAQUOSやGalaxyなど、かなり幅広い端末から選べます。乗り換えと同時に機種変更を考えている方も多いので、ありがたいキャンペーンですね。

キャンペーンの対象機種と還元ポイントは、以下の通りです。

端末
20,000ポイントOPPO Reno3 A
AQUOS sense3 lite
AQUOS sense3 plus
Galaxy Note10+
15,000ポイントRakuten mini
AQUOS R5G
Galaxy A7

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

▼他にも楽天モバイルではたくさんのお得なキャンペーンが実施中です。以下記事で詳しく解説しています!

イオンモバイル


出典:イオンモバイル

イオンモバイルの大きなメリットは全国200店舗以上あるイオンの店頭でSIMやスマホを購入でき、サポートも受けられること。

キャリアと違って実店舗が少ない格安SIMですが、イオンモバイルであれば近くの店舗に相談ができるため安心して利用できるでしょう。回線はドコモ系で通信設備はIIJと安定した通信品質も魅力です。

サポート体制が充実しているので、スマホデビューの方やシニアの方にもおすすめの格安SIMです。

y.u mobile


出典:y.u mobile

y.u mobileは、1人で使うか家族でシェアするかを選ぶだけなので、わかりやすくシンプルな料金プランです。

1GBにつき300円でチャージできるので、データ容量が足りなくなってしまった月も安心。また、シェアプランはデータ容量が20GB/月で最大4枚までSIMカードを追加できます。

解約違約金がかからないので、気軽に試せるのも嬉しいポイントです。

y.u mobileの料金プラン

料金プランSIMタイプ料金ギガ数
シングルプランデータSIM900円3GB
データSIM(SMS付き)1120円
音声通話SIM1690円
シェアプラン音声通話SIM5990円20GB

y.u mobileの料金プランは、大きく分けて2つです。月3GBまで使える「シングルプラン」と、20GBまで使える「シェアプラン」から選べます。

「3GBだと少なすぎるし、20GBだと多すぎる」と思われるかもしれません。ですが、そんな心配は無用です。

y.u mobileは1GBたったの300円でチャージできるので、3GBに1GBづつ必要な分だけギガを追加することができます。大手キャリアでは1GBチャージに1,000円前後もかかるので、y.u mobileは格安といえるでしょう。

また、シェアプランはその名の通り、最大4人でギガを分け合って使うことができます。そのため、スマホとタブレット2台で使ったり、家族と一緒に使ったりすることが可能です。

シングルプランはデータSIM・データSIM(SMS付き)・音声通話SIMの3種類、シェアプランは音声通話SIMの1種類があります。

【y.u mobile】最新キャンペーンはこちら

NifMo(ニフモ)


出典:NifMo

NIFTYの提供するNifMoでは容量別で3GB~50GBの5つのプランを提供しています。

格安SIMではめずらしい30GBや50GBの大容量プランもあるので、自宅にネット環境がない方や外出時にスマホを使う方におすすめです。

音声通話付きSIMを含め、2019年10月1日よりすべてのプランで最低利用期間および解約違約金の制度が撤廃されました。

家族での利用や、@nifty光回線サービスとセットで利用すると、より多くの通信容量を使えるので、この機会にぜひ検討してみましょう。

【データ通信専用】解約違約金なしの格安SIM

データ通信用格安SIMでは、ほとんどのサービスで解約時の違約金なし、最低利用期間もありません。

また、データ通信用のプランは同じ電話番号を引き継いだまま他社に乗り換えるMNPを利用できないため、MNP転出手数料の設定はありません。短期間だけ格安SIMが必要な場合にも利用しやすい料金体系となっています。

ただし、最低利用期間の設定がない格安SIMであっても月額料金が日割り計算にならないサービスが多いため、1カ月未満の利用の場合も1カ月分の月額料金は発生すると考えておいたほうが良さそうです。

LINEモバイル


出典:LINEモバイル

LINEモバイルは、コミュニケーションツールアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社が提供しているドコモ系の格安SIMサービスです。

SNSが使い放題になるデータフリーオプションが充実しているので、SNSや音楽をよく利用する方におすすめです。

音声通話付きSIMを2019年10月1日以降に契約した場合、課金開始日を含む月を1か月目として12か月目の末日までに解約すると、解約違約金が1,000円発生します。

LINEモバイルの月額料金

SIMタイプデータ容量月額料金
データSIM(SMS付き)500MB600円
3GB980円
6GB1700円
12GB2700円
音声通話SIM500MB1100円
3GB1480円
6GB2200円
12GB3200円

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しており、料金はどの回線でも同じです。

料金プランは、(1)SIMタイプ、(2)データ容量、(3)データフリーオプションの3段階で選んでいきます。

  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

SIMタイプは、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。

データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。

どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

データSIMを選んだら次はデータ容量です。データ容量は、500MB・3GB・6GB・12GBの4種類から選びます。

データSIM(SMS付き)で最も少ない500MBを選んだ場合、月額料金はたったの600円です。(3)データフリーオプションで詳しくご紹介しますが、LINEモバイルの全料金プランにはLINE使い放題が付いています。

そのため、LINEをメインに使っている方なら500MBでも十分足りるのです。その他、SNS使い放題のオプションもあるため、データ容量はオプションと合わせて選んだ方が良いでしょう。

  • LINEデータフリー:0円
  • SNSデータフリー:+280円/月
  • SNS音楽データフリー:+480円/月

最後は、3種類の中からデータフリーオプションを決めます。

「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。

「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。

SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。


月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

出典:LINEモバイル

LINEモバイルでは、2020年8月26日から音声通話SIMを3GB以上のベーシックプランを契約すると月額基本利用料から3ヶ月間980円割引されるキャンペーンを実施しています。

  • 2020/8/26(水)〜 終了日未定

データSIM(SMS付き)やベーシックプラン500MBはキャンペーン対象外のためご注意ください。また、初月の月額基本利用料は日割り計算となります。

ベーシックプランで契約する際は、データフリーオプションを選ぶ必要があります。

ここでは、月額0円のLINEデータフリーオプションを選んだ場合のキャンペーン適用時の料金を紹介します。

データ容量初月2~4ヶ月目5ヶ月目以降
3GB初月の月額基本料金は 日割り計算500円1,480円
6GB1,220円2,200円
12GB2,220円3,200円

※すべて税抜価格です。

データフリーオプションは、LINEデータフリー・月額280円のSNSデータフリー・月額480円のSNS音楽データフリーの3つの中から選択できますが、どのオプションでもこのキャンペーンは適用されます。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

冬のモトローラSALE

出典:LINEモバイル

LINEモバイルでは、「moto g9 play」の販売を記念して、モトローラの2機種が今だけセール価格で販売されています。

  • 期間:2020年11月20日~2021年1月27日
  • 対象端末:moto g9 play / moto g8 plus

10月30日に発売されたmoto g9 playは、4,800万画素のトリプルカメラとLEDフラッシュを搭載しており、夜景シーンでも明るく鮮明な写真を撮影できます。

また、1回の充電で2日以上の駆動が可能な5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、充電切れの心配がありません。

moto g8 plusも、映画やゲームを圧倒的な臨場感で楽しめる6.4インチの大型ディスプレイを採用。さらにドルビーオーディオにも対応しているため、没入型エンターテインメントを体験できます。

それぞれのセール価格(税抜)はこちらです。

moto g9 playmoto g8 plus
一括払い14,800円24,000円
分割払い(24回)616円~1,000円

こちらのキャンペーンは、新規契約・機種変更どちらの場合でも適用されますが、機種変更の場合は一括払いを選択した方のみセール価格で購入できます。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイルで実施中のキャンペーンは以下記事で解説しています。

UQモバイル


出典:UQモバイル

UQモバイルは数少ないau系格安SIMの1つで、UQコミュニケーションズ株式会社が提供しています。データ専用SIMのプランはとってもシンプルで、制限つき(3GBまで)の高速通信プランと容量無制限のプランの2種類です。

共にSMSとテザリング付きのプランで、SMSに関しては海外や他事業者からの受信をブロックする機能が提供されています。データ容量を節約できるターボ機能と容量の繰り越し機能があるので、利用シーンにあわせて最適な設定ができます。

UQモバイルで現在提供されているプランでは、最低利用期間および違約金はありませんが、2019年9月30日に新規受付が終了した「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」では契約解除料が発生します。

上記2つのプランは契約期間が2年間定められていて、契約更新月に解約を申し出ない場合はさらに2年間の契約として自動更新されます。

また、契約更新月以外に解約手続きを行った場合、9,500円の契約解除料がかかるため注意しましょう。

UQモバイルの料金プラン

SIMタイププラン名データ容量月額料金速度
音声通話SIMスマホプランS3GB1980円節約モード時 最大300kbps
スマホプランR10GB2980円節約モード時 最大1Mbps
データ無制限プラン無制限980円受信最大225Mbps 送信最大25Mbps
データSIMデータ高速プラン3GB1980円送受信最大500kbps

UQモバイルは音声通話SIMで3種類、データSIMで1種類の料金プランがあります。

他社格安SIMと違い、「節約モード」や送受信で最大速度が異なるのが特徴です。

音声通話SIMは、スマホプランS・スマホプランR・データ無制限プランの3種類です。スマホプランS・Rは、どちらも「節約モード」という機能があります。

節約モードでは、最大通信速度が制限される代わりにどれだけ使ってもデータが消費されません。つまり、節約モードの時はネット使い放題ということです。

スマホプランSは最大300kbps、スマホプランRは最大1Mbpsまで速度が出ます。最大300kbpsの場合、動画視聴や画像の多いSNSの使用は難しいですが、テキストメインのネット閲覧やメールの送受信は問題ありません。

一方最大1Mbpsまで出る場合は、YouTubeの標準画質の動画視聴も可能です。

「データ無制限プラン」は、文字通りデータ通信量無制限で使えるプランとなっています。送受信最大500kbpsという速度制限はありますが、月々1,980円で使い放題なのは格安といえるでしょう。

データSIMは、「データ高速プラン」の1種類です。月間3GBで980円という破格の料金となっています。

音声通話SIM同様、データ高速プランにも通信速度の制限があります。

月間3GBまでは、受信最大225Mbps、送信最大25Mbpsの通信速度です。3GBを超えた場合は、送受信最大200kbpsに制限されます。

一般的な通信制限は最大128kbpsなので、速度制限時よりも若干速いようです。


最大10,000円キャッシュバック

出典:UQモバイル
  • 開催期間:2020年3月13日(金)~
  • 新規契約:3,000円 / 乗り換え(MNP):10,000円のキャッシュバック

UQモバイルでは現在、最大10,000円の現金キャッシュバックを実施中です。

新規契約で3,000円、他社からUQモバイルへの乗り換えで10,000円がもらえます。

格安SIMで現金キャッシュバックを行っている会社は珍しいので、乗り換え先に悩んでいるならUQモバイルを選ぶとお得です。キャッシュバックの対象は、SIMカードのみでスマホプランS・Rを契約した方となっています。

契約月の翌々月、申し込み時に登録したメールアドレスにキャッシュバック案内メールが届きます。

あとはメールに記載のURLページから、指定の振込口座を入力するだけです。入力した口座番号に不備があった場合、キャッシュバック金額を受け取ることができないので注意してください。

キャッシュバックは最短翌日に受け取れるので、UQモバイルからメールが届いたらすぐに登録を行いましょう!

【UQモバイル】限定キャッシュバックはこちら

スマホプラン データ増量キャンペーン

出典:UQモバイル
  • 開催期間:2019/11/29~
  • 最大13ヶ月間スマホプランのデータ容量が最大3GB増量

「スマホプラン データ増量キャンペーン」はなんと最大13ヶ月間、データ容量を3GBも増量することが可能なキャンペーン。

なんと13ヶ月×3GB=最大26GBのデータがプラスされる超お得なキャンペーンですが、その利用条件・適用条件は少し複雑です。

出典:UQモバイル

スマホプランSは1GB、スマホプランM/Lは3GBの増量が可能なのですが、自動的にデータが追加されるわけではなく、自身でデータチャージを行う必要があるので注意しましょう。

データチャージを行うとチャージ購入額が表示されてしまいますが、請求時には割引されているのでご安心ください。

また、適用条件も少々複雑。「スマホプラン データ増量キャンペーン」を利用するためには、以下の条件を満たさなければいけません。

データ増量キャンペーン適用条件

  • 「スマホプラン」への加入(※)
  • UQモバイルの電話番号で「au ID」を登録

※ 「かけ放題(24時間いつでも)」「かけ放題(10分/回)」「通話パック(60分/月)」いずれかのオプション加入が必要です。

条件の中で特に注意しなければならないのが、UQモバイルの通話オプションに必ず加入しなければいけない点。とはいえ、26GBのデータ増量にかかる金額を考えるとまだまだお得といえるでしょう。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

現在実施中のUQモバイルのキャンペーンについては以下記事で詳しく解説しています。お得に契約したい方はぜひチェックしてみてください!

BIGLOBEモバイル


出典:BIGLOBEモバイル

音楽や動画を楽しみたい方におすすめしたいのが、BIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは、YouTubeやSpotifyなどの対象サービスをどれだけ使っても通信量としてカウントされません。

データ専用SIMの場合月額980円、ですが、スマホで動画をよく見る方はぜひBIGLOBEモバイルを検討してみてください。

BIGLOBEモバイルの音声通話付きSIMには、12か月間の最低利用期間があり、利用開始月から翌月を1か月目として、12か月目が終了するまでに解約する場合、8,000円の解約違約金が発生します。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

  • SIMの種類:3種類
  • データ容量:6種類
  • 回線の種類:2種類

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIM・データSIM(SMS付き)・データSIM(SMSなし)の3種類のプランがあります。

SMS付きだと、電話番号宛にくるショートメッセージの送受信が可能です。SMSはGmailやアプリの認証でよく使うので、あった方が便利です。

3つのSIMタイプから選んだら、あとはデータ容量と回線の種類を選びます。データ容量は1GB〜30GBまでの6種類、回線はau回線・ドコモ回線の2種類です。

音声通話SIM月額料金(タイプA・タイプD)
1GB1400円
3GB1600円
6GB2150円
12GB3400円
20GB5200円
30GB7450円

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは、月額1400円〜7450円までの6種類です。低容量プランが主流な中、20GBや30GBといった大容量プランがあるのは珍しいですね。

ネットもSNSも十分使えてコスパの高い、6GBプランが最も人気なようです。

データSIMSMS付き(タイプA・タイプD)SMSなし(タイプD)
1GB
3GB1020円900円
6GB1570円1450円
12GB2820円2700円
20GB4620円4500円
30GB6870円6750円

データSIMは、SM付きとSMSなしの2種類があります。SMS付きはau回線・ドコモ回線どちらも選べますが、SMSなしはドコモ回線のみです。

また、データ容量は3GB〜30GBの5種類となっています。1GBは音声通話SIM限定で、データSIMでの契約はできないので注意してください。


月額料金値引き特典|6か月間月額400円~!

出典:BIGLOBEモバイル
  • 2020年11月4日 〜 終了日未定

BIGLOBEモバイルの音声通話SIM特典を利用すると、音声通話SIMのプランが6か月間月額料金1200円割引されます。

キャンペーンが適用された月額基本料金を見てみましょう。

プラン1~6か月目(初月無料)7か月目以降
3ギガ400 円1,600円
6ギガ950 円2,150円
12ギガ2,200円3,400円
20ギガ4,000円5,200円
30ギガ6,250円7,450円

この割引に加えて、今ならエンタメフリーオプションとセキュリティセット・プレミアムが最大6か月無料に!お得な特典が盛り沢山なので、この機会にBIGLOBEモバイルを契約しましょう。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

BIGLOBEモバイルで実施中のキャンペーンは以下記事でまとめて解説しています。

OCN モバイル ONE


出典:OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEには2種類の料金プランがあり、新プラン以外の旧プランでは、月間のデータ通信量のほかに1日の通信量が選択できるプランがあります。通信量の繰り越しにも対応しているので、無駄なく利用できます。

新コースのプランを選択した場合、最低利用期間がなく違約金も発生しません。

旧コースの音声通話付きSIMを選択した場合は、本人確認書類の確認が完了した日を含む月を1か月目として6か月目までの期間に解約すると、解約違約金として1,000円かかります。

OCN モバイル ONEの月額料金

OCN モバイル ONEには、新コース以外の「旧コース」と、2段階の通信制限がある「新コース」の2種類の料金プランがあります。表記されている価格は、すべて税抜き価格です。

旧コースの料金プラン

通信容量・コース名音声対応SIMカードSMS対応SIMカードデータ通信専用SIMカード
110MB/日コース1,600円1,020円900円
170MB/日コース2,080円1,500円1,380円
3GB/月コース1,800円1,220円1,100円
6GB/月コース2,150円1,570円1,450円
10GB/月コース3,000円2,420円2,300円
20GB/月コース4,850円4,270円4,150円
30GB/月コース6,750円6,170円6,050円

旧コースは、日ごとの通信量で選ぶコースと、月ごとの通信量で選ぶコースから選択できます。

毎月1回コースを変更することが可能なので、データ使用量にバラつきがある方でも、自分に合ったプランを選べることがメリットです。

SIMカードタイプは3種類ありますが、音声対応SIMカードのみ最低利用期間が6か月に定められています。最低利用期間内に解約する場合、2019年10月以降に契約した方は1,000円、2019年9月以前に契約した方は8,000円の違約金が発生するので注意してください。

また、旧コースの場合は、データ通信容量の上限に達すると通信速度が最大200kbpsまで制限されます。この最大200kbpsの通信制限速度は、無制限で利用することが可能です。

新コースの料金プラン

通信容量・コース名音声対応SIMカードSMS対応SIMカードデータ通信専用SIMカード
1GB/月コース1,180円
3GB/月コース1,480円1,000円880円
6GB/月コース1,980円1,500円1,380円
10GB/月コース2,880円2,400円2,280円
20GB/月コース4,400円3,920円3,800円
30GB/月コース5,980円5,500円5,380円

新コースは、旧コースのように日ごとの通信量で選ぶコースがなく、月ごとの通信量で選ぶ6つのコースから選択します。月額料金は旧コースよりも安く、他社と比較しても安いことが特徴です。

こちらは、どのSIMカードタイプを選んでも最低利用期間がなく、違約金も発生しません

新コースでは、2段階の通信制限を設けています。まず、データ通信容量の上限に達すると通信速度が最大200kbpsまで制限されます。

その後、低速通信での通信容量が基本通信容量の半分を超えると200kbpsを下回る速度に制限されてしまいます。

つまり、3GB/月のコースで契約した場合、最大200kbpsの低速通信で1.5GBを利用すると、それ以降はさらに低速になるということです。

ただし、専用アプリからデータ容量を追加する「容量追加オプション」で追加の手続きをすると、1GB500円で購入できます。旧コースの場合やアプリ以外の手続きだと0.5GB500円なので、通常よりも安いことがメリットです。

【OCNモバイルONE】最新キャンペーンはこちら!

電話とネットセットで月額料金980円~


出典:OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEでは現在、電話とネットをセットで申し込むと月額料金から毎月200円割引されるキャンペーンを実施しています。

こちらのキャンペーンは、新コース・旧コースともに利用できますが、音声対応SIMカードのみ対象です。

OCN モバイル ONEの利用を検討している方は、自宅のネット環境もOCNの光サービスにした方がお得になるので、この機会にぜひチェックしてみてください。

J:COMモバイル


出典:J:COMモバイル

J:COMモバイルは、端末代コミで980円から使えるお得な格安SIMです。2020年9月17日よりサービス内容が刷新されて、速度制限後でも通信速度が最大1Mbpsになるなど、より利用しやすくなりました。

データ容量は、1GB・5GB・10GB・20GBの4タイプあり、余った分は翌月に繰り越せるので無駄がありません。

J:COMモバイルではドコモとauの回線を利用できますが、どちらのを契約しても音声通話付きSIMの場合、最低利用期間内に解約すると違約金が発生します。

b-mobile(ビーモバイル)

日本通信が提供する格安SIM、b-mobileには月額206円(税別190円)から利用できるデータ通信専用SIM「190 Pad SIM」があります。いつでもデータ量上限設定が自分で出来るので、たくさん通信を使う方もそうでない方も選びやすいサービスです。

ソフトバンクの回線を利用した格安SIMやプリペイドタイプのSIMなど選べるサービスが豊富ですので、手持ちの機種や利用期間に合わせて選ぶと良いでしょう。

音声通話付きSIMの場合、開通日から4か月以内に解約すると、解約違約金として8,000円かかります。

b-mobileの料金プラン

  • 合理的かけほプラン(音声通話SIM)
  • 990ジャストフィットSIM(音声通話SIM)
  • START SIM(音声通話SIM)
  • 190PadSIM(データSIM)

b-mobileの料金プランは、音声通話SIMが3種類、データSIMが1種類です。回線は、ドコモ・ソフトバンクに対応しています。

音声通話SIMは、「合理的かけほプラン」「990ジャストフィットSIM」「START SIM」の3つがあります。

出典:b-mobile

「合理的かけほプラン」は、名前の通り通話かけ放題がついた料金プランです。

データ容量3GB+24時間通話かけ放題がついて、なんと月額2,480円となっています。格安SIMでかけ放題が使えること自体珍しい上、料金も格安です。

出典:b-mobile

実際、大手キャリアと比べて最大5,000円も安いことがわかっています。

かけ放題を使いたいがために、キャリアを契約していた方も多いでしょう。b-mobileなら、データ料金を抑えながら通話かけ放題も使えるんです。

3GBだと足りないという方は、1GB250円でデータ容量の追加もできます。キャリアなら1GB1,000円かかるので、ギガの追加も格安ですね。

出典:b-mobile

「990ジャストフィットSIM」は、b-mobileで最も人気の料金プランです。毎月1GB単位でギガ数を決めることができるので、ギガを余らせることなく使えます。

データ利用量の上限設定もできるため、使いすぎも防止できます。ここまで細かくデータ容量を設定できるのは、格安SIMの中でもb-mobileだけではないでしょうか。

990ジャストフィットSIM料金
1GBまで990円
2GBまで1190円
3GBまで1390円
4GBまで1590円
5GBまで1790円
6GBまで1990円
7GBまで2190円
8GBまで2390円
9GBまで2590円
10GBまで2790円
11GBまで2990円
12GBまで3190円
13GBまで3390円
14GBまで3590円
15GBまで3790円
16GBまで3990円
17GBまで4190円
18GBまで4390円
19GBまで4590円
20GBまで4790円

「START SIM」は、最低利用期間と解約金がない料金プランです。スタートという名前の通り、月間1.5GBまでのお試しプランとなっています。

出典:b-mobile

データSIMは、「190PadSIM」という料金プランです。SMS付きプランとSMSなしプランの2種類から選べます。

「990ジャストフィットSIM」と同じように、月額料金は使ったデータ量に応じて変動します。あまり使わない月・使う月によって必要な分だけ使えるので、無駄がありません。

最も少ない100MBまでなら、月額190円で契約できます

190iPadSIMSMSなし
(ドコモ・ソフトバンク)
SMS付き
(ドコモ)
100MBまで190円320円
1GBまで480円610円
3GBまで850円980円
6GBまで1450円1580円
10GBまで2190円2320円
15GBまで3280円3410円

LIBMO(リブモ)

LIBMOの料金プランはライト、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBの6つから選択できます。ライトプランであれば480円からと月額料金が安価で、残った通信量の繰越も可能です。WAONやLuLuCaポイント、Amebaの.moneyなど、各種電子マネーなどと交換できるTLCポイントを貯められます。

LIBMOで音声通話付きSIMを契約した場合、課金開始日から1年以内に解約すると、音声通話機能解除料として9,500円がかかります。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルには、10GBまで毎月使った分だけ支払う「従量制プラン」と、毎月一定額を支払う3つの「定額制プラン」があります。

従量制プランは、毎月のデータ使用量にバラつきのある方でも無駄なく利用できます。また、1回10分まで無料で通話できるので、データはあまり使わないけど電話はよく使うという方におすすめです。

35GBの大容量プランもあるので、自分の利用用途に合ったプランを選びましょう。

音声通話付きSIMの場合、利用開始日から12か月後の月末日までの解約すると、解約事務手数料として9,500円が発生します。

DTI SIM

DTI SIMのは、月ごとの通信量による料金プランと、毎日1.4ギガ使い切りプランがあります。データ通信用SIMの10GBプランは、月額基本料金が2,200円と他社と比較しても安いことが特徴です。

初めてDTI SIMを利用する方におすすめしたいのは「データ半年お試しプラン3GB」。なんと半年間基本使用料がかからないのです。

もちろんデータ通信用格安SIMなら解約の違約金も無し!初回しか利用できないので、初めてであれば必ず検討したいプランです。

音声通話付きSIMは最低利用期間を設けているため、申し込みから12か月以内に解約すると9,800円の解約違約金がかかります。

▼SIMチェンジではおすすめのデータSIMを比較しご紹介しています。ぜひご一読ください。

解約違約金を負担してくれる格安SIMはある?

解約違約金を負担してくれる格安SIMはありませんが、キャッシュバック特典を利用することで解約違約金を実質負担する金額を受け取れます。

ここでは、キャッシュバックキャンペーンを実施している格安SIMを3社紹介します。

UQモバイル|MNPで1万円キャッシュバック


出典:UQモバイル

UQモバイルでは、オンラインショップよりSIMのみを購入すると同時にスマホプラン(S/R)を契約すると、契約方法に応じた金額がキャッシュバックされます

  • 新規契約:3,000円
  • のりかえ(MNP)契約:10,000円

契約後4か月目に届くメールに添付されているURLから、キャッシュバック特典の申し込みをします。翌営業日には入力した口座にて受け取りが可能です。

格安SIMの解約違約金は、高くても1万円かからないくらいなので、UQモバイルでMNP契約をして違約金を実質負担してもらいましょう!

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

IIJmio|MNPで最大15,000円キャッシュバック


出典:IIJmio

IIJmioでは、MNP乗り換えでもれなく最大15,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

キャンペーン対象プランとキャッシュバックの提供条件は以下の通りです。

  • ミニマムスタートプラン:最大6,000円(2回線まで)
  • ライトスタートプラン:最大6,000円(2回線まで)
  • ファミリーシェアプラン:最大15,000円(5回線まで)
  • 従量制プラン:最大9,000円(3回線まで)

期間は、2020年11月4日までなので早めに申し込むことをおすすめします。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

LIBMO(リブモ)|最大20,000円キャッシュバック


出典:LIBMO

LIBMOでは、契約したプランに応じて最大20,000円キャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

機能・プランに応じたキャッシュバック金額は以下の通りです。

音声通話付きSIM

  • ライトプラン:8,000円
  • 3GBプラン:14,000円
  • 6GBプラン:17,000円
  • 10GBプラン:17,000円
  • 20GBプラン:20,000円
  • 30GBプラン:20,000円

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM

  • ライトプラン:3,000円
  • 3GBプラン:5,000円
  • 6GBプラン:7,000円
  • 10GBプラン:7,000円
  • 20GBプラン:10,000円
  • 30GBプラン:10,000円

キャッシュバック特典は、申し込み完了月を1か月目として7か月目の月末に指定の口座に振り込まれます。

【LIBMO】最新キャンペーンはこちら

格安SIM契約前に解約時の違約金を確認しよう

今回は、違約金なしで解約できる格安SIMについてまとめてご紹介しました。

格安SIMへの乗り換え時には、違約金や最低利用期間はもちろん、契約手数料、月額料金やオプション、キャンペーン、サービス内容などもしっかりと比較して自分にピッタリでお得なプランを選びましょう。

たくさんありすぎて難しいという方はぜひ簡単におすすめプランが見つかるプラン診断にチャレンジしてみてください。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい