1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. デビットカードが使える格安SIM・MVNO比較

デビットカードが使える格安SIM・MVNO比較

MVNO比較

デビットカードが使える格安SIM・MVNOを徹底比較しています。「クレジットカードを持っていないからMVNOの格安SIMは使えない」と思い込んでいませんか?クレジットカードを作れない未成年、高齢者などでも「デビットカード」を使うことによって同じように料金を支払うことが出来るんです。

MVNOで格安SIMの契約をする際、月々の料金を支払う手段としてクレジットカードが必要になることが多いです。ほぼ全てのMVNOでクレジットカード払いには対応していますが、逆にクレジットカード以外の支払い方法に対応しているところはほとんどありません。では「クレジットカードを持っていないと格安SIMは持てないのか」というと実はそうでもありません。


加入時の審査がなく、18歳未満でも所有出来るVISAデビットカードで格安SIMの契約を出来る場合があります。とは言え、どのMVNOでもデビットカードが使えるというわけではなく、対応はまちまちとなっているのが実情です。そこで、「デビットカードが使える格安SIM・MVNO」を大調査。一覧にしてまとめてみました。

VISAデビットカードのあらまし

「デビットカード」という言葉にあまり耳馴染みがないかもしれませんので、ここでは、デビットカードの代表格である、VISAデビットカードの概要についてご紹介します。なお、よくお店の店頭で看板を見る「J-Debit」とは全くの別物であることに注意して下さい(J-Debitはあくまでも「キャッシュカードで支払いが出来る」というものです)。

VISAデビットカードとは

そもそも「デビットカード」とは、銀行の預金口座と紐付けされた即時決済取引用のカードのことです。銀行などの金融機関が口座所有者に対して発行するもので、利用者は買い物などの取引の際にデビットカードを利用すると原則として即時に利用代金が紐付けされている銀行口座から引き落とされる、という仕組みになっています。そのため、「利用限度額=口座に入っている金額」ということになります。VISAデビットはデビットカードの種類の中でも「ブランドデビット」という種類に分類されるもので、他には「JCBデビット」などが存在します。J-Debitもデビットカードの一類型ではありますが、前述のように「キャッシュカードで支払いが出来る」というサービス自体の総称です。格安SIMの月々の料金の支払いには使えません。本記事で取り上げているのはあくまでも「VISAデビットカード」のみです。

VISAデビット
出典:VISA

JCBデビット

出典:JCB

VISAデビットカードは「VISA」という名前が入ってはいますが、あくまでもデビットカードであり、クレジットカードではありません。そのため原則として審査はなく、年齢や信用の問題でクレジットカードの取得が困難な人でも持つことが可能です。一方でVISAマークがついているお店では一部の例外を除いて世界中で決済が可能なため、クレジットカード的な使い方が出来るという利便性もあります。

前述のようにVISAデビットカードは銀行の預金口座と紐付けされたものなので、カード発行元は銀行になります。これらの銀行で口座を開設し、VISAデビット機能付きのカードを発行してもらうことになります。2015年3月現在、日本国内の金融機関でVISAデビットカードの発行を行っているのは以下の通りです。

VISAデビットカードの発行を行っている銀行
イオン銀行
あおぞら銀行
りそな銀行
ジャパンネット銀行
スルガ銀行
楽天銀行
三菱東京UFJ銀行
近畿大阪銀行
埼玉りそな銀行
ソニー銀行

なお、発行元の銀行によってはVISAデビットの発行に際して独自の審査を行っているところもあるため、どこでも無条件でVISAデビットカードが発行されるとは限りません。

月次決済対応のVISAデビットカードを選ぶべき

VISAデビットカードはクレジットカードではないものの、VISAの決済システムを利用しているので「ほぼクレジットカード」として利用することが出来ます。そのためクレジットカード決済が原則のMVNOの格安SIMの決済にも使える場合があります。

しかしながら「どこのMVNOでも」「どこの銀行のVISAデビットカードでも」使えるわけではありません。どのMVNOでどのVISAデビットカードが使えるのか、については後述しますが、正直なところMVNO各社に直接問い合わせても、VISAデビットカードを発行している銀行に問い合わせても中々正確な回答を得ることが出来ませんでした。「●●銀行のVISAデビットカードは確実に使えますが、それ以外の銀行のものはわかりません」や「VISAデビットカード自体はシステム上利用出来ますが、どこの銀行のものが使えるかはわかりかねます」といった具合です。

ただ、「月次決済に対応しているVISAデビット」なら比較的使えるケースが多いようです。

月次決済とは電気・水道・ガス・電話などの公共料金など、毎月決まった日に決まった月額基本料プラスアルファがVISAデビット決済されることを指します。月次決済への利用が可能なことをサイト上で大々的に公言しているのは、楽天銀行とジャパンネット銀行、スルガ銀行ですので、この3行のVISAデビットカードであれば比較的使えるMVNOが多いと思います。

楽天銀行VISAデビットカード

出典:楽天銀行

ジャパンネット銀行VISAデビットカード

出典:ジャパンネット銀行

スルガ銀行VISAデビットカード

出典:スルガ銀行

VISAデビットカードが使える格安SIM・MVNOと使えない格安SIM・MVNO

ここではSIMチェンジ編集部が独自に調査を行った結果についてご紹介します(2015年3月時点)。最新の対応状況はMVNO各社、VISAデビットカードを発行している銀行の両方に問い合わせるようにして下さい。

VISAデビットカードを使えない格安SIM・MVNO

ここに挙げたMVNOは、VISAデビットカードが使えないことをFAQに明記しているところ、カスタマーセンターに問い合わせをした際、明確に「VISAデビットカードは使えません」という回答を頂いたところです。

VISAデビットカードを使えない格安SIM・MVNO
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)(カスタマーセンターに問い合わせ)
ServersMan(カスタマーセンターに問い合わせ)
So-net モバイル LTE(ソネット)(FAQに明記)
b-mobile(ビーモバイル)(FAQに明記)
NifMo(ニフモ)(カスタマーセンターに問い合わせ)
ぷららモバイルLTE(カスタマーセンターに問い合わせ)
ぷらら会員で、すでにデビットカードでの支払いをしている場合は可能なケースもあり
IIJmio(FAQに明記)
以前は一部のカードが利用できましたが、現在は利用できません
UQ mobile(ユーキューモバイル)(カスタマーセンターに確認)
以前は利用できましたが、現在は利用できません
DTI SIM(カスタマーセンターに確認)

一部のVISAデビットカードが使える格安SIM・MVNO

ここに挙げたMVNOは、特定の、もしくは何らかのVISAデビットカードが使えることがFAQに明記されているところ、カスタマーセンターで確認出来たところ、編集部で実際に確認したところです。

一部のVISAデビットカードが使える格安SIM・MVNO
OCN モバイル ONE(カスタマーセンターに確認)
申し込み前(契約前)にカスタマーズフロントへの相談が必要とのこと。
DMM mobile(カスタマーセンターに確認)
使えるが、一部使えないものもあるので登録を試してみて欲しい、とのこと

mineo(カスタマーセンターに確認)
デビットカードでの支払いは可能だが、登録不可のカードもある、とのこと。
楽天モバイル(カスタマーセンターに確認)
楽天銀行のVISAデビットカードと、スルガ銀行のVISAデビットカードは使える、とのこと

デビットカードが使える格安SIM・MVNOを徹底比較!

デビットカードが使える格安SIM・MVNOがわかったところで、各社のプランを詳しく見てみましょう。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、NTTコミュニケーションズ株式会社が運営する格安SIMです。格安SIM市場においてトップクラスのシェア。NTT系ということで回線速度などの品質の高さには定評があり、各種メディアのユーザー満足度調査でも好成績を記録することが多いです。2015年7月27日からは「050 plus」など同社が提供するアプリの利用で発生するパケット通信量を各コースで規定されている通信容量には含めない「パケットフリー機能」の提供も始まり、ますます使いやすいMVNOとなっています。

「OCN モバイル ONE」では事前にカスタマーズフロントへの相談が必要。申し込み前に相談の連絡をお願いしているとのことです。(カスタマーセンターに確認)。

OCNモバイルONE月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
音声対応SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
110MB/日コース972円1,728円110MB/日262.5Mbps最大5枚
170MB/日コース1,490円2,246円170MB/日262.5Mbps最大5枚
3GB/月コース1,188円1,944円3GB/月262.5Mbps最大5枚
6GB/月コース1,566円2,322円6GB/月262.5Mbps最大5枚
10GB/月コース2,484円3,240円10GB/月262.5Mbps最大5枚
20GB/月コース4,482円5,238円20GB/月262.5Mbps最大5枚
30GB/月コース6,534円7,290円30GB/月262.5Mbps最大5枚
500Kbpsコース
(15GB/月)
1,944円2,700円15GB/月500Kbps最大5枚
OCN モバイル ONEのおすすめポイント
  • NTT系であるNTTコミュニケーションズが運営しているという安心感
  • IP電話アプリ「050 plus」のデータ通信量が「カウントフリー」
  • 「日次プラン」「月次プラン」「プリペイド」など多彩なプランが存在
  • 音声対応SIMの即日受渡カウンターが全国展開中
  • 「SURUGA Visaデビット」が使える
公式サイト
OCN モバイル ONE

DMM mobile(DMMモバイル)

DMM mobile(DMMモバイル)は、デジタルコンテンツ配信サービスなどを手掛ける株式会社DMM.comが運営する格安SIMです。料金プランの数は業界トップクラスで、音声プラン合計28にも及びます。また過去には「業界最安値宣言」をしており、ライバル他社がDMM mobileよりも安い料金を打ち出せばその数日後には更に安い料金を設定して即日適用するなどの動きも見せていました。「安く使いたい」方にはDMM mobileの利用がおすすめです。

「DMM mobile」によると、デビットカードは「使えるが、一部使えないものもあるので登録を試してみて欲しい」とのことでした(カスタマーセンターに確認)。何かしらのデビッドカードが使えることは確かなようです。

DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン475円637円1,231円-最大200Kbps1枚
1GBプラン518円680円1,360円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン831円993円1,490円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン918円1,080円1,620円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,306円1,468円2,062円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン2,008円2,170円2,764円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン2,138円2,300円2,894円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,365円2,527円3,121円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,542円3,704円4,298円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,298円4,460円5,054円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
DMM mobileのおすすめポイント
  • 業界最安水準
  • 料金プランが豊富なため、自分に合ったものが見つかりやすい
  • SIMとセットで買える端末もタブレットやルーターも含めて豊富
  • 時間帯を問わず「通信安定度」が比較的高い
  • 「何かしらの」デビットカードは使える模様
公式サイト
DMM mobile

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は、関西を中心に光ファイバー通信サービスを展開する株式会社ケイ・オプティコムが運営する格安SIMです。「UQ mobile」と並んでauの回線をMVNOとして提供する数少ないMVNOですが2015年9月からはドコモのMVNO事業も開始する予定となっており、エンドユーザー向けとしては日本で初めての「マルチキャリアMVNO」として新たなスタートを切ることになっています。

「mineo」によると、デビットカードは「デビットカードでの支払いは可能だが、登録不可のカードもある」とのことでした(カスタマーセンターに確認)。何かしらのデビッドカードが使えることは確かなようです。

mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
500MB756円1,414円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
1GB864円1,522円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
3GB972円1,630円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
6GB1,706円2,365円6GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
10GB2,721円3,380円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
20GB4,298円4,957円20GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
30GB6,372円7,030円30GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚

mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
500MB756円1,512円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
1GB864円1,620円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
3GB972円1,728円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
6GB1,706円2,462円6GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
10GB2,721円3,477円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
20GB4,298円5,054円20GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
30GB6,372円7,128円30GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚

mineoのおすすめポイント
  • 「UQ mobile」と並んで数少ないau回線を使ったMVNO
  • 通信速度制限は「UQ mobile」と同様「直近3日で6GB」
  • テザリングが使える
  • 「最低利用期間」を撤廃
  • チャットを利用してオペレーターに質問出来るなど、オンラインでのサポート体制が充実
  • 「何かしらの」デビットカードは使える模様
公式サイト
mineo

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天株式会社が運営する格安SIMです。月々の料金の支払い100円ごとに1ポイントが「楽天スーパーポイント」として付与されたり、音声SIMの契約期間中は楽天市場でのショッピングで付与される「楽天スーパーポイント」が通常の2倍になったりと楽天グループの一員であるメリットを生かしたサービスが1つの特徴です。ASUSのZenFoneシリーズなど人気の格安SIMフリー端末が他社よりも比較的早くSIMとセット販売されたり、他社には供給されないモデルを独占販売したりと端末販売に強い一面もあります。

「楽天モバイル」で確実に使えるデビットカードは「楽天銀行デビットカード(Visa)」(楽天銀行のVISAデビットカード)と「SURUGA Visaデビット」(スルガ銀行のVISAデビットカード)です(カスタマーセンターに確認)。

楽天モバイル月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ベーシックプラン567円696円1,350円-最大200Kbps1枚
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
楽天モバイルのおすすめポイント
  • 「楽天スーパーポイント」が月々の料金支払い100円につき1ポイント付与
  • 音声SIMの契約期間中は「楽天市場」でショッピングをするとポイントが2倍付与
  • 「ZenFone2 Laser 8GBモデル」など、楽天モバイル独占販売の端末がある
  • 料金は全体的に安く、DMM mobileに匹敵する
  • 「楽天銀行デビットカード(Visa)」と「SURUGA Visaデビット」が使える
公式サイト
楽天モバイル

デビットカードが使える格安SIM・MVNO比較まとめ

このように、クレジットカードを持たずに月々の料金の支払いにデビットカードを使用可能な格安SIM・MVNOは確実に存在します。クレジットカードを持っていないから、という理由でMVNOの格安SIMを使うことを諦める必要はない、ということです。

ただし使えるMVNOと、使えるVISAデビットカードがある程度限定されてしまう(楽天モバイルなど)ので、VISAデビットカードを格安SIMの契約のためにを作る場合、MVNO側と銀行側の両方のカスタマーセンターに必ず問い合わせて、確実に使えることを確認した上でVISAデビットカードを作るようにして下さい。

また、今現在既にどこかの銀行から発行されたVISAデビットカードを持っている場合は、契約を希望するMVNOやカード発行元の銀行に確認をすることと共に、実際にオンラインで契約手続きを進めてみて、クレジットカードの登録ではじかれずに手続きが終えられるかどうかを試してみる、という方法もあります。対応していないVISAデビットカードであれば手続きを終了することが出来ないはずだからです。