1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMでテザリング、5つのおすすめMVNO

格安SIMでテザリング、5つのおすすめMVNO

更新日:2019.08.20

格安SIMでテザリングができるって知っていますか?もし、これからテザリングをするなら知っておきたい点があります。今回は、格安SIMのテザリングについて紹介。おすすめのMVNOも紹介するので、これからテザリングを利用したいならぜひ本記事で詳細を確認してみてください!

テザリングでお得にスマホをに使いたい!そんな方におすすめなのが格安SIMを使ったテザリングです。今回は、格安SIMでテザリングする上で知っておきたいこと、そしてテザリング運用におすすめのMVNO5つを紹介します。これから、格安SIMでテザリングしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください!

name

格安SIMでテザリングはできる?

外出先でパソコンやタブレットを使うために格安SIMでテザリングしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。スマホでテザリングできれば、モバイルルーターを持ち歩く必要がなく便利です。でも格安SIMでテザリングはできるのだろうかと不安な方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、ずばり格安SIMでもテザリングは可能です。今回は、テザリングの意味やメリット、利用する条件や使用方法などを中心に紹介します。最後には、テザリングにおすすめの格安SIMも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

テザリングのことをおさらい

テザリング(tethering)は、端末をルーターのように用いて、別の端末のネットワークをつなげる仕組みです。パソコンやタブレットを外出中に使いたい場合、テザリング機能の付いたスマホを使えば、スマホをルーター代わりにしてインターネットに接続できます。さっそく、テザリングにはどのような種類があるのか確認していきましょう。

テザリングの種類メリットデメリット
WiFiテザリング手軽にできる一般的なテザリングスマホのバッテリー消費が激しい
Bluetoothテザリングバッテリー持ちがよく接続がラク通信速度が遅くストレスが溜まる
USBテザリング通信が速くバッテリーも問題ないUSBケーブルでの接続が必須

テザリングは大きく3つの種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。一般的に格安SIMを使ってスマホ経由でテザリングする場合は、WiFiテザリングを行います。そこで今回は、格安SIMで行うWiFiテザリングのメリット・デメリットなどをご紹介します。

格安SIMでテザリングするメリット

格安でテザリングできる
格安SIMでテザリングする最大のメリットは費用が安いこと。モバイルルーターの運用に比べて月額料金を安く抑えられ、格安でテザリングを使った運用が可能です。数年前では大容量プランを用意している格安SIMはあまりありませんでしたが、最近では多くの格安SIMで20GBを超えるような大容量プランを安く提供しており、安心して契約可能です。
いつでもどこでもテザリングできる
毎日持ち歩くスマホを使ってテザリングできるので、外出中すぐにパソコンやタブレットをネットに接続できます。無料WiFiスポットを探したりしなくても、いつでもどこでもネット接続が可能になります。
外での作業時に荷物を減らせる
モバイルルーター代わりにスマホを利用すれば、ルーターとスマホをまとめられるので手荷物を減らせうことができます。パソコンやタブレットを持ち出すと、荷物は重くかさばりがちですが、スマホをルーター代わりにすることで荷物をスッキリさせることができます。

実際に格安SIMでテザリングしてみよう!

格安SIMのテザリングについて理解したところで、実際に格安SIMでテザリングするにはどうしたらいいのか確認していきましょう。格安SIMでテザリングするための条件や手順、おすすめのプラン、注意点をまとめて紹介するので参考にしてみてください。

格安SIMでテザリングするための条件とは?

まずはテザリングするための条件を確認しましょう。MVNOの提供している回線の種類によって、テザリングができる条件は異なります。

docomo回線でテザリングする場合

 docomo端末au端末SoftBank端末SIMフリー端末
docomoの格安SIM可能可能※1可能※1可能

※1 SIMロック解除後に動作確認がとれている端末のみ

これまで、docomo回線のスマホではテザリングができない仕様になっていました。テザリングできない原因は、テザリングを行う際に接続するAPN設定の存在です。

docomo回線の格安SIMで通信を利用するときは、「spmode.ne.jp」というAPN設定になります。このAPN設定に対応しているMVNOなら問題なくインターネットにつなげます。しかし、docomo回線のスマホでテザリングするときには、別の「dcmtrg.ne.jp」というAPN設定に自動で切り替わる仕組みになります。

実は、このAPN設定はdocomo端末によって、キャリアでのみ使用できる制限がかかっているため、これまで一部端末をのぞいてテザリングができませんでした。

現在は、この状況が改善されたことで、2016年春夏以降の端末及び、それ以前の一部の端末でテザリング可能です。そのため、docomoから端末を引き継いでMNPする方にとって、障壁だったテザリング問題は現在改善されています。

docomo回線の格安SIMは、au端末及びSoftBank端末でもテザリング可能です。ただしそれは、SIMロック解除を行った上で、動作確認がとれている端末に限ります。スマホによっては一部機能に制限がかかることもあるので、利用したいMVNOの公式サイトで必ず確認しましょう。

iPhoneの場合は?

 docomoのiPhoneauのiPhoneSoftBankのiPhoneSIMフリーのiPhone
docomoの格安SIM可能可能※1可能※1可能

※1 SIMロック解除が必要

docomo回線のMVNOなら、iPhone 6s以降のSIMロック解除対象のiPhoneはすべてテザリングが可能です。auとSoftBankのiPhoneに限り、SIMロック解除後に使えるようになるので、SIMロック解除を行ってください。

au回線でテザリングを契約する場合

 au端末docomo端末SoftBank端末SIMフリー端末
auの格安SIM可能※1可能※1可能※1可能

※1 SIMロック解除後に動作確認がとれている端末のみ

au端末の場合、MVNOのau回線で利用するときにSIMロック解除が必要かどうかは端末によって異なります。docomo端末やSoftBank端末に関しても、SIMロック解除後に動作確認が取れている端末であればテザリング可能です。SIMフリー端末は、基本的にSIMロック解除なしで利用できますが、au回線のバンドの対応していない場合、利用できないことがあるので注意しましょう。

au回線の格安SIMは、端末との相性が重要になります。端末によっては一部操作ができなかったり、テザリングができなかったりとトラブルも多いです。MVNOの公式サイトで動作確認端末を確認した上で契約しましょう。

iPhoneの場合は?

 auのiPhonedocomoのiPhoneSoftBankのiPhoneSIMフリーのiPhone
auの格安SIM一部可能一部可能一部可能一部可能

au系の格安SIMでは、「nano SIM」「micro SIM」と「VoLTE SIM」の2種類のSIMカードが用意されており、それぞれ対応しているiPhoneが異なります。SIMロック解除をしなくても使える場合もあれば、SIMロック解除後にテザリングが可能になる場合もあるので、自分のiPhoneが使えるか動作確認一覧を見て把握してください。

au系格安SIMとその他の組み合わせでも、UQモバイルやBIGLOBEモバイルなど一部のMVNOでテザリングが可能です。こちらも各社の動作確認端末を見てからテザリングを使ってください。

また、2018年6月6日に総務省がテザリングの早期実現についてKDDIに対して行政指導を行いました。現在、一部のMVNOだけがテザリングできる対象となっているため、モバイル市場の公正競争促進に関する検討会によってこの状況が疑問視されていました。今後、au系の格安SIMでもより自由にテザリングできる日は近いのかもしれません。

SoftBank回線でテザリングする場合

 SoftBank端末docomo端末au端末SIMフリー端末
SoftBankの格安SIM一部可能不可能不可能一部可能

SoftBank回線のMVNOは、多くがiPhoneやiPad向けのSIMとして提供されており、それ以外の端末は動作確認がとれていないものも多い状態です。しかし最近ではLINEモバイルやmineoが回線の提供を発表したことにより注目を集めており、対応状況も変わってきています。上述のLINEでモバイルやmineoの場合、SIMフリー端末に関しては、一部の端末を除いて多くの端末でテザリングの利用が可能となっています。使用する端末とMVNOが決まっている場合は、事前に動作確認端末をチェックしておきましょう。

iPhoneの場合は?

 SoftBankのiPhonedocomoのiPhoneauのiPhoneSIMフリーのiPhone
SoftBankの格安SIM可能一部可能一部可能可能

SoftBank回線のSIMは、SoftBankのiPhoneであればSIMロック解除なしで使えます。また、SIMフリーのiPhoneも使えることが多いです。一方、docomoやauのいPhoneは動作確認がとれていなかったり、SIMロック解除が必要だったりするため、MVNOの公式サイトの動作確認端末をチェックしたり、チャットで問い合わせたりして、確認してから契約しましょう。

格安スマホでテザリングする手順を紹介

次に、格安スマホテザリングを行う手順について知っておきましょう。MVNOの端末セットで購入したスマホの場合、ほとんどがテザリング可能です。キャリアで使っていたスマホやAmazonやメーカーサイトなどで別途購入したSIMフリー端末を利用したい場合は、MVNOで動作確認がとれているか確認しましょう。

iPhoneでテザリングする手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「WiFi」「モバイルデータ通信」をONにする
  3. 「インターネット共有」でネットワーク名とWiFiのパスワードを確認
  4. 接続したい端末にネットワーク名とWiFiのパスワードを入力して完了

iPhoneでテザリングしたいときは、設定から行いましょう。インターネット共有からネットワーク名とパスワードを控えて、子機側から接続すればテザリングできます。テザリングを解除したい場合は、インターネット共有をOFFにすれば解除可能です。

Androidでテザリングする手順

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「無線とネットワーク」をタップ
  3. 「テザリングとポータブルアクセス」をタップ
  4. 「ポータブルWiFiアクセスポイント」からWiFiをONに
  5. 「WiFiアクセスポイントを設定」からネットワーク名とパスワードを確認
  6. 接続したい端末にネットワーク名とWiFiのパスワードを入力して完了

Androidの場合は設定アプリから行います。WiFiの設定が完了したら、「WiFiアクセスポイントを設定」からネットワーク名とパスワードを控えておいて子機側から接続すれば完了です。テザリングを解除したい場合は、「ポータブルWiFiアクセスポイント」をOFFにするか、ホーム画面のコントロールパネルから接続を解除してください。

MVNOのテザリングに向いているプラン/向いていないプラン

向いているプラン
10GB以上のプランまたは使い放題プラン
向いていないプラン
3GB以下のプラン

格安SIMでテザリングを利用するなら、10GB以上または使い放題プランがおすすめです。低通信量のプランで頻繁にテザリングを行うと、すぐに通信制限がかかってしまうため、快適にパソコンやタブレットが使えません。少なくとも10GB以上のプランまたは使い放題プランを契約しましょう。

MVNOでデザリングする際の注意点は?

スマホのバッテリー消費が著しい
スマホでテザリングする際のデメリットはバッテリー消費が著しいこと。上で説明した3つのテザリング方法の中でもWiFi接続によるテザリングバッテリー消費は激しいです。最近は、大容量バッテリーを積んだスマホも登場しているので、テザリングしたいのであれば、意識的にこうしたスマホを選びましょう。
端末によってはテザリングが利用できないことも
基本的に、現行のスマホは動作確認さえ取れていればテザリング可能です。しかし、発売してから時間が経っているスマホの場合、テザリングができないこともあるので、格安SIMの公式サイトにある「動作確認端末」を確認してください。
利用方法によって通信量の消費が激しい
パソコンやタブレットは、スマホに比べると圧倒的な量の画像や動画を読み込めます。スマホと同じ感覚で使っていると、プランによってはすぐに通信制限がかかってしまうかもしれません。通信制限を回避したいなら、できるだけ通信量の多い格安SIMのプランを契約しましょう。

格安SIMでテザリングするならおすすめのMVNO5選!

最後に、格安SIMでテザリングする方におすすめのMVNOを紹介します。どんなMVNOがあるのか確認してから、契約を考えてみてください。また、同時にMVNOで契約できるテザリング機能を搭載したスマホも紹介するので、テザリングを利用したい方は端末セットで購入しましょう。

テザリングを利用するならデータSIM? 音声SIM?

月額料金を安くしたいなら
データSIM
スマホとして通話利用もしたいなら
音声SIM

格安スマホでテザリングを利用するなら、データSIMなのか? 音声SIMなのか?どちらを契約すればよいのか迷う方は多いでしょう。簡単にそれぞれのおすすめをまとめてみました。

データSIMは、音声SIMに比べて月額料金が安いので、できるだけお得に使いたい方におすすめです。一方、ルーターとしてだけではなくスマホとしても使いたいなら通話もできる音声SIMがぴったりです。どちらに当てはまるかよく考えて格安SIMを契約しましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルは、幅広いプランと豊富な端末セットが人気のMVNOです。また、楽天スーパーポイントに対応しているので、楽天関連サービスと一緒に使うことで、よりお得に格安スマホが使えます。

テザリングに適したプランは?

このプランがおすすめ!
データSIM 20GBプラン:月額 4,374円

楽天モバイルでは、大容量プランが10、20、30GBと段階的に用意されており、テザリングに向いています。この中で、おすすめなのが同通信容量の中でも最安クラスの20GBプランです。パソコンやタブレットで動画やゲーム、アプリを楽しんでも問題なく使えます。10GB以上のプランが3つ用意されているので、通信量が足りなかったり余ったりした場合は、別のプランへの変更を検討してみてください。

楽天モバイルでテザリングするならこの端末!


出典:楽天モバイル Reno 10x Zoom

  • 4,065mAhの大容量バッテリーでテザリングができる!
  • 高速充電システムVOOC 3.0
  • ディスプレイは耐久性の高い第6世代ゴリラガラス

楽天モバイルでテザリングするなら、Reno 10x Zoomがおすすめです。大容量4,065mAhのバッテリーでテザリング中のバッテリー消耗も気になりません。

また、バッテリーが切れてもVOOC 3.0で高速充電が可能に。使用中に充電しても熱くなすぎないのも嬉しいポイント。さらには耐久性の高い第6世代ゴリラガラスを採用しているので、万一落としてしまってもディスプレイが割れる不安を軽減してくれます。

2019.9.12 9:59まで
LUCKY SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン
人気の14機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

DMM mobile(DMMモバイル)

DMM mobile(DMMモバイル)は、どのプランも業界最安クラスで提供しているMVNOです。最大20GBまで細かくプランが提供されているので、ちょっとしたテザリングの利用にも適しています。端末セットで購入する場合も、豊富な端末からテザリング用のスマホを選べるのでおすすめです。

テザリングに適したプランは?

このプランがおすすめ!
データSIM 10GBプラン:月額 2,365円

DMM mobileでテザリングするならデータSIMの10GBプランがおすすめです。月額3,000円以下で、外出中にテザリングができるので、初めてテザリングを利用する方にぴったり。ただ、パソコンやテザリングで毎日作業する方にとっては、10GBプランでは足りなくなる可能性が高いので15GBプランまたは20GBプランを契約するのがおすすめです。10GBプランは、外出中にパソコンやタブレットをたまに利用する方に適しています。完全にモバイルルーターとして使う訳ではなく、スマホとしても使いたい方は少し割高になりますが、通話SIMを選択するとよいでしょう。

DMM mobileでテザリングするならこの端末!


出典:DMM mobile HUAWEI Mate 20 Pro

  • 4,200mAhの大容量バッテリーでテザリングも問題なし!
  • 浜辺や雨の中でも安心の耐水・防塵機能!
  • ハイスペックでスマホとしてもメインで使える!

DMM mobileで契約するならHUAWEI Mate 20 Proがおすすめです。バッテリーは4,200mAhあるので、テザリング利用に問題はないです。浜辺や雨でも大丈夫な耐水・防塵機能なので、いろいろな場所で使いたい人にも安心です。

また、ハイスペックなスマホなので、モバイルルーターとしてではなくメインのスマホとしてもガツガツ利用できます。HUAWEI Mate 20 Proは、新たなスマホの購入を考えていて、モバイルルーターとしても利用したい方におすすめです。

2019.08.26まで
最大14,000円分ギフト券プレゼント
【SIMチェンジ限定】で最大14,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!
今なら新規契約手数料3,240円も0円
詳細をチェック
公式サイトへ

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、最大30GBのプランを用意しているMVNOです。テザリングする頻度に合わせてプランが選べるので、よく使う方もそうでない方も契約しやすいのが特徴。OCN モバイル ONE自体は、安定した通信と速度を実現しているので、テザリングを利用する際もストレスをためることなく使えます。

テザリングに適したプランは?

このプランがおすすめ!
データSIM 10GBプラン:月額 2,484円

OCN モバイル ONEならデータSIMの10GBプランがおすすめです。先ほどの、DMM mobileとほとんど変わらない価格で利用できます。テザリングを毎日使う方には向いていませんが、頻度が少ない方ならスマホとして一緒に使っても通信制限がかかりにくい通信量といえるでしょう。OCN モバイル ONEで販売されている低価格のスマホと合わせれば、毎月安くテザリングができますよ。

OCN モバイル ONEでテザリングするならこの端末!


出典:OCN モバイル ONE moto g7 power

  • 1万7,064円で購入できる!
  • 低価格ながら5,000mAhのバッテリーを搭載!
  • 1,200万画素、高速フォーカスカメラ!

OCN モバイルでテザリングをするならmoto g7 powerがおすすめです。端末とSIMがセットになった「格安スマホセット」で契約すれば、一括なら1万7,064円ので購入できます。

1万円台のスマホながら5,000mAhのバッテリーを搭載しているのでテザリングも問題ありません。メモリやストレージは、RAM4GB、ROM64GBあるのでサブ機としての利用も可能です!

終了日未定
オプション同時加入割引申し込みで端末価格最大3,240円OFF
ZenFone Max Pro(M2)など対象のスマホセット購入時にOCNでんわ 10分かけ放題+マイセキュア(5ライセンス)同時加入で端末価格最大3,240円が割引になります。 詳細をチェック
公式サイトへ

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)では、「エンタメフリー・オプション」を提供しています。普段、スマホやタブレット、パソコンで動画やストリミングサービスを利用する方に、こちらのオプションはおすすめです。

エンタメフリー・オプションは、対象サービスの通信量が発生しなくなるカウントフリーのオプションです。YouTubeやAbemaTVといったコンテンツを利用している方は入っておきたいオプションのひとつです。

こちらのオプションは、テザリングした端末でも利用できるので、通信量を大幅に節約できます。タブレットやパソコンで動画や音楽を楽しみたいならエンタメフリー・オプションに加入しましょう。

テザリングに適したプランは?

このプランがおすすめ!
データSIM タイプD 6ギガプラン:月額 1,566円

BIGLOBEモバイルは、マルチキャリア対応のMVNOです。docomo回線のタイプD、au回線のタイプAの2種類の回線を用意しています。その中でも、タイプDの6ギガプランがおすすめ。一見、テザリングをするには通信容量の少ないプランに思えますが、BIGLOBEモバイルの6GB以上のプランでは「BIGLOBE Wi-Fi」というWiFiスポットが無料で使えます。外出中はこちらのWiFiスポットをメインに使えば毎月の通信容量を節約でき十分まかなえるケースも多いでしょう。

BIGLOBEモバイルでテザリングするならこの端末!


出典:BIGLOBEモバイル ASUS ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)

  • バランスの取れたハイスペックスマホ!
  • デュアルSIMデュアルVoLTEに対応で切り替えながら利用できる!
  • 大容量5,000mAhのバッテリーでテザリングも快適!

BIGLOBEモバイルでテザリングするならASUS ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)がおすすめです。ルーターとしてではなくメイン機として使えるハイスペックスマホ。大容量メモリ&AIテクノロジー搭載なので使い勝手が抜群です。

デュアルSIMなので、プライベート用のSIMとテザリング用のSIMを使い分けて利用できます。また、大容量5,000mAhのバッテリーを搭載しているので、長時間のテザリングでも問題ありません。

2019.9.1まで
BIGLOBEモバイルなら\特典総額最大2万1,522円/
月額料金値引きキャンペーン&Gポイントプレゼント&SIMチェンジ限定特典で最大2万1,522円お得!
SIMチェンジ限定の4,000円キャッシュバックを受けるには、クーポンコード「EFC」を申し込み時に入力してください!!
エンタメフリー・オプションに音声通話SIMと同時に申し込むとオプション月額料金最大3カ月間無料のキャンペーンも実施中!
詳細をチェック
公式サイトへ

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)は、数少ない使い放題プランを用意しているMVNOです。通信量を気にせず利用できるのでテザリングに向いたプランといえるでしょう。毎日、パソコンやタブレットでテザリングを利用する方はU-mobileがおすすめです。

テザリングに適したプランは?

このプランがおすすめ!
データSIM LTE 使い放題:月額 2,678円

U-mobileでおすすめしたのはLTE使い放題プラン。月額3,000円以下でLTEの高速通信が使い放題で利用できるプランで大変お得です。テザリングで通信制限を気にせず使いたい方はこちらのプランを契約するのがおすすめです。

U-mobileでテザリングするならこの端末!


出典:U-mobile EveryPhone PW

  • 驚異の6,000mAhバッテリーを搭載!
  • 大容量バッテリーでメイン機としても利用できる!
  • バランスの取れたスペックなので利用しやすい!

U-mobileでおすすめしたいのが、EveryPhoneシリーズのEveryPhone PWです。格安スマホとしては、驚異的な6,000mAhのバッテリーを搭載しています。大容量バッテリーなので、メイン機としてもルーターとしても快適に利用できます。スマホ自体もバランスの取れたスペックで使いやすいのが特徴的です。

使い放題!
LTE使いたい放題プランで快適インターネット!
U-mobileのLTE使い放題プランなら、容量を気にせずインターネットが使い放題 詳細をチェック
公式サイトへ

格安SIMでテザリング利用して快適に使おう!

格安SIMのテザリングについて紹介しました。格安SIMでテザリングを行えば、快適にパソコンやタブレットが使えます。これから、格安スマホでテザリングを利用したい方は、本記事を参考にスマホやSIMを選んでみてください。

今回紹介した中では、EveryPhone PWがもっとも大容量のバッテリーを搭載しています。長時間のテザリングも楽々できるので、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい