1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルの料金プラン・評判・キャンペーン徹底解説|格安端末セットも‐SIMチェンジ

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランや口コミ・評判、通信速度を徹底解説します。格安SIM「楽天モバイル」のキャッシュバックキャンペーンやiPhoneといった人気端末、速度や口コミ・評判をまとめました。楽天モバイルを安く契約したい方必見です。

この記事の目次

楽天モバイルのキャンペーン最新情報

楽天モバイルで実施されているキャンペーンは以下のとおりです。詳しくは楽天モバイル公式ホームページをご覧ください。

スーパーホーダイのプランM・L・LLが初月割引

出典:楽天モバイル

月額料金プランを「スーパーホーダイ」で新規ご契約の場合、初月の月額基本料がプランMの場合1,000円、プランLの場合3,000円、プランLLの場合4,000円が割引になります。

どれくらいお得になるのか、表でまとめてみました。

プラン名適用前適用後差額
M3,980円2,980円1,000円
L5,980円3,000円
LL6,980円4,000円

さらに、楽天会員の場合は月額基本料がよりお得になります! こちらも以下の表をご覧ください。

楽天会員でない方月額2,980円
楽天会員の方月額1,480円
ダイヤモンド会員の方月額980円

なんとプランLLに申し込み+ダイヤモンド会員であれば合計で6,000円でお得になります。

2か月目からは通常料金になりますが、初月がプランSと同じになることで、選択の幅が増えるのは嬉しいことですね。

最初はプランLLを申し込んで、翌月以降にプラン変更するのもおすすめです。スーパーホーダイが気になっていた方は、これを機会に申し込んでみましょう!

楽天モバイルを契約する!

お友達紹介キャンペーン

出典:楽天モバイル

楽天モバイルをお友達に紹介すると、一人につき最大2,000円相当の楽天ポイントが手に入るキャンペーンを実施しています。

楽天モバイルの通話SIM契約者が対象となっており、紹介した人は最大5人まで最大2,000ポイントもらえるので、楽天モバイルの支払いに使えばよりお得に使えます。

紹介された方にもポイントが入るとてもお得なキャンペーンなので、積極的に活用していきましょう。

楽天モバイルを契約する!

家族の回線をまとめておトク!プラス割

出典:楽天モバイル

楽天モバイルで2回線目以降を申し込むと、通話SIMは5,000円キャッシュバック、データSIMは3,000円キャッシュバックキャンペーンが適用されます。

音声通話SIMの場合

  • SIMのみ:5,000円キャッシュバック
  • スマホセット:本体から5,000円割引

データSIMの場合

  • SIMのみ:3,000円キャッシュバック
  • スマホセット:本体から3,000円割引
  • SIMカードのみの契約の場合、3,000~5,000円キャッシュバック、スマホセットで申し込むとスマホ本体が3,000~5,000円割引になります。

    楽天モバイルで購入したスマホはすべて対象端末となるので、家族で携帯を新しくするのもいいですね。

    楽天モバイルを契約する!

    楽天モバイルで購入できるおススメ格安スマホ

    楽天モバイルでは、iPhoneでの利用だけでなく、他のMVNOと同様に、SIMフリースマホと格安SIMのセット購入・利用ができます。おすすめの格安スマホをみてみましょう。

    端末料金は2019年10月時点のものです。また、ご覧いただくタイミングによっては在庫切れになっている場合もございます。在庫詳細は公式サイトにてご確認ください。

    AQUOS sense3 plus

    出典:楽天モバイル

    • 本格的な映像と音楽を楽しめる大画面とステレオスピーカー
    • サクサク動作かつ大容量バッテリーでストレスフリー

    AQUOS sense3 plusは人気モデル「AQUOS sense3」の上位機にあたるモデルで、6.0インチの大画面とDolby Atoms対応の臨場感あるステレオサウンドが特徴です。またバッテリーやOSの性能も大幅にアップし、スペックと使いやすさを両立したスマホです。

    楽天モバイルでAQUOS sense3 plusに機種変更する

    メーカー
    SHARP
    端末料金
    40,728円
    端末分割支払金
    1,866円/月+分割手数料
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 636/オクタコア 1.8GHz + 1.6GHz
    画面サイズ
    約6インチ

    本格的な映像と音楽を楽しめる大画面とステレオスピーカー

    出典:楽天モバイル

    AQUOS sense3 plusは6.0インチのIGZOディスプレイが採用されており、大画面かつ高画質で映画やテレビを楽しむ事ができます。

    またスピーカーは「Dolby Atmos」対応のステレオスピーカーを搭載しており、より迫力のあるサウンドを楽しむ事ができます。

    高画質の大画面ディスプレイと迫力のあるスピーカーで、スマホでより良い映像体験、音楽体験を楽しみたい!とい方におすすめのモデルです。

    サクサク動作かつ大容量バッテリーでストレスフリー

    出典:楽天モバイル

    AQUOS sense3 plusは従来機種AQUOS sense plus SH-M07と比べてCPUが約40%向上、6GBのRAMメモリを搭載しておりハイエンドモデルに匹敵する処理能力を誇っています。そのためSNSなどはもちろん3Dグラフィックを使用したゲームも快適に楽しめます。

    また4000mAhの大容量バッテリーと温度や電圧など電池の状態によって充電速度などを細かく制御し、電池の寿命を長持ちさせるインテリジェントチャージを搭載しており、サクサク動作を一日中思う存分楽しむ事ができます。

    更にIGZOディスプレイは高画質でありながら省エネにも優れており、電池残量を気にせず映画やゲームを長時間楽しみたい!という人におすすめです。

    楽天モバイルでAQUOS sense3 plusに機種変更する

    Galaxy S10

    出典:楽天モバイル

    • どこまでも広がるフルスクリーン
    • 最新機能を詰め込んだ圧倒的なスペック

    Galaxy S10は人気シリーズGalaxyの最新機種です。最大の特徴はカメラホールを埋め込みスマホ前面すべてがディスプレイ化され没入感のあるフルスクリーンの映像を楽しめる点です。その他にも背面のトリプルカメラ、ワイヤレス電力供給など圧倒的なスペックが魅力のスマホになっています。

    メーカー
    Galaxy
    端末料金
    81,637円
    端末分割支払金
    3,741円/月+分割手数料
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™855 / オクタコア 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
    画面サイズ
    約6.1インチ

    楽天モバイルでGalaxy S10に機種変更する

    どこまでも広がるフルスクリーン

    出典:楽天モバイル

    Galaxy S10はカメラホールを埋め込み、スマートフォン前面全てをディスプレイ化することで、没入感のあるフルスクリーンを実現しています。

    ディスプレイにはダイナミック有機ELを採用し、日差しが強い屋外でもはっきりとした映像を楽しむことができます。

    またディスプレイの中に超音波指紋センサーを搭載しており、既存の指紋によるロックよりも強固なセキュリティを実現しています。

    楽天モバイルでGalaxy S10に機種変更する

    最新機能を詰め込んだ圧倒的なスペック

    Galaxy S10は人気モデルであるGalaxyシリーズの最新機種なだけあって、様々な最新機能が搭載されています。

    出典:楽天モバイル

    様々な機能のひとつに、背面のトリプルカメラがあります。背面のトリプルカメラは、望遠撮影やワイド撮影だけではなく、人間の視野角とほぼ同じ広さの123度の超広角撮影が可能です。周囲の明るさを認識して絞りを調節するデュアルアパチャー機能で明るい所でも暗い所でも最適な写真に仕上がります。

    出典:楽天モバイル

    Galaxy S10はユーザーの行動パターンを分析し、アプリの使用頻度や本体の設定状況を踏まえ、バックグラウンドアクティビティを制限し、より効果的にバッテリーを使います。また、端末を重ねるだけでスマホやウェアラブルデバイスへのワイヤレス電力供給が可能です。

    Galaxy S10はその他にも様々な機能を搭載しており、まさに時代の最先端のスマホです。一段上のスマホ生活を体験したいという方は是非Galaxy S10を検討してみてください。

    楽天モバイルでGalaxy S10に機種変更する

    Galaxy Note10+

    出典:楽天モバイル

    • タブレットとスマホの中間のような使い心地
    • ビジネスにも普段使いにも長けた扱いやすさ

    Galaxy Note10+は256GBの大容量と専用タッチペン「Sペン」を利用した便利な手書きメモ機能、ジェスチャーによる操作が特徴です。また画面サイズは6.8インチと大画面でありながら重さ約197g、薄さ約7.9㎜に抑えられており、持ちやすさにもこだわったスマホです。

    メーカー
    Galaxy
    端末料金
    107,091円
    端末分割支払金
    4,908/月+分割手数料
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 855 / オクタコア 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
    画面サイズ
    約6.8インチ

    楽天モバイルでGalaxy Note10+に機種変更する

    タブレットとスマホの中間のような使い心地

    出典:楽天モバイル

    Galaxy Note10+は約6.8インチの大画面ディスプレイを搭載しており、同梱の専用タッチペン「Sペン」を駆使した直感的な操作が特徴です。

    Sペンで書き溜めた手書きメモはテキストデータに変換され、Wordデータとして共有することができます。

    またRAM12GB、256GBのROMに加えmicroSDカードで1TBの追加も可能という大容量ハードディスクと最新(2019年10月現在)のCPUを搭載しており、データの編集、保存もストレスフリーに行えます。ビジネスやクリエイティブな作業にもスマホを活用したいという方におすすめのスマホです。

    楽天モバイルでGalaxy Note10+に機種変更する

    ビジネスにも普段使いにも長けた丁度いいスペック

    出典:楽天モバイル

    Galaxy Note10+は約6.8インチという大画面、大容量でありながら人間工学に基づいた快適な操作と握りやすさ、そして驚くべき軽さを実現しており、片手で楽に操作することが出来ます。

    またバッテリーに関しても4,300mAhの大容量と最新のインテリジェントバッテリーを組み合わせ圧倒的な電池持ちを実現しています。ユーザーの行動パターンを自動分析しアプリの使用頻度によってバックグラウンドアクティビティを制限するため、より効果的にバッテリーを使います。

    また3段階のカメラが搭載されており、より簡単に綺麗な写真を撮る事ができます。

    このようにGalaxy Note10+はビジネスにも活用出来るスペックを持ちながら普段使いにも丁度いい扱いやすさを両立させたスマホであると言えるでしょう。

    楽天モバイルでGalaxy Note10+に機種変更する

    OPPO A5 2020

    出典:楽天モバイル

    • 4眼カメラ+高画質インカメラ搭載
    • 5000mAhの大容量バッテリー

    OPPO A5 2020は3万円を下回る低価格でありながら大容量バッテリーとポートレート機能、Dolby Atoms対応スピーカーを搭載しており、非常に高いコストパフォーマンスが魅力のスマホです。

    メーカー
    OPPO
    端末料金
    26,182円
    端末分割支払金
    1,200円/月+分割手数料
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 665/オクタコア 2.0GHz + 1.8GHz
    画面サイズ
    約6.5インチ

    出典:楽天モバイル

    4眼カメラ+高画質インカメラ搭載


    出典:OPPO

    OPPO A5 2020の特徴は、なんといっても4眼カメラでしょう。超広角・広角・ポートレート・モノクロレンズの4つのレンズを搭載し、シーンに合わせた写真が撮影できます。

    超広角レンズを使えば、東京駅やスカイツリー等の縦横に広い建物もしっかりレンズに収めることが可能です。被写体を際立たせるポートレートや、プロっぽく撮れるモノクロレンズもあるので、簡単に綺麗な写真が撮影できます。

    簡単に綺麗な写真を撮りたい方、ペットや旅の思い出に写真を残したい方におすすめのスマホです。

    楽天モバイルでOPPO A5 2020に機種変更する

    5000mAhの大容量バッテリー


    出典:OPPO

    OPPO A5 2020は、5000mAhというハイエンドモデル並みの大容量バッテリーを備えています。HDビデオを連続11時間以上視聴できる等、かなりヘビーな使い方をしても電池が切れません。

    さらにOPPO A5 2020には、「リバース充電」という機能があります。この機能を使うと、OPPO A5 2020の充電を他の端末に分けることが可能です。

    携帯を2台持ちしている方や、災害時等の万が一にとてもありがたい機能ですね。

    楽天モバイルでOPPO A5 2020に機種変更する

    AQUOS sense3 lite

    出典:楽天モバイル

    • 映画・動画が高画質で視聴できる
    • 1週間の電池持ちでストレスフリー

    AQUOS sense3 liteは電池残量を気にせず使え、持ちやすいデザインのスマホです。前機種のAQUOS sense2 SH-M08と比べても性能が大幅にアップしサクサク動きます。

    UQモバイルでAQUOS sense3に機種変更する

    メーカー
    SHARP
    端末料金
    2万7,819円
    端末分割支払金
    1,159円/月+分割手数料
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 630/オクタコア 2.2GHz + 1.8GHz
    画面サイズ
    約5.5インチIGZOディスプレイ

    映画・動画が高画質で視聴できる


    出典:SHARP

    AQUOS sense3は、SHARPの液晶テレビの技術を応用した「フルHD+IGZOディスプレイ」を搭載しています。

    写真や動画が色鮮やかに映るので、動画・映画視聴はもちろん、写真撮影も楽しくなること間違いなしです。

    画面が綺麗なだけでなく、屋内・屋外で明るさを調整してくれるので、外で画面が見ずらいなんてことがありません。使いやすさにこだわった一台です。

    UQモバイルでAQUOS sense3に機種変更する

    1週間の電池持ちでストレスフリー

    AQUOS sense3は、4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。エントリー~ミドルレンジスマホは大体3000mAhが平均なので、AQUOS sense3はかなり電池持ちが良いです。

    さらにIGZOディスプレイが省エネに優れている点も、電池持ちが良い理由の1つとなっています。AIがバッテリーの劣化を防ぎながら充電してくれるので、スマホを長く大切に使うことが可能です。

    UQモバイルでAQUOS sense3に機種変更する

    Xperia Ace

    出典:楽天モバイル

    Xperia Aceは手のひらサイズのコンパクトなボディで超広角セルフィーカメラを搭載しています。防水仕様なので手が濡れていても使えます。

    メーカー
    Sony Mobile Communications
    端末料金
    4万9,819円
    端末分割支払金
    2,075円/月+分割手数料(初回のみ2,083円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 630 / オクタコア 2.2GHz + 1.8GHz
    画面サイズ
    約5インチFull HD+

    Galaxy A7

    出典:楽天モバイル

    トリプルカメラを採用し、カメラをかざすだけでシーンを判別してぴったりの設定を選びます。ガラス素材で、薄さ7.5mmのスタイリッシュなデザインです。

    メーカー
    Galaxy
    端末料金
    3万8,000円
    端末分割支払金
    1,583円/月+分割手数料(初回のみ1,597円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Samsung® Exynos™ 7885 / オクタコア 2.2GHz + 1.6GHz
    画面サイズ
    約6インチSuper AMOLED(有機EL)

    OPPO Reno A 128GB

    出典:楽天モバイル

    大容量メモリーで写真や動画も撮り放題、ゲームも余裕です。おサイフケータイ、ブースト機能が搭載されています。楽天モバイル限定でROMが128GBあります。

    メーカー
    OPPO
    端末料金
    3万5,273円
    端末分割支払金
    1,469円/月+分割手数料(初回のみ1,484円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 710/オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
    画面サイズ
    約6.4インチ

    arrows RX

    出典:楽天モバイル

    防水・防塵・耐衝撃、大きくて読みやすい文字で操作も簡単でシニアの方も安心。おサイフケータイもついてます。

    メーカー
    FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIES
    端末料金
    2万6,819円
    端末分割支払金
    1,117円/月+分割手数料(初回のみ1,121円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 450/オクタコア 1.8GHz
    画面サイズ
    約5.84インチ

    HUAWEI P30 lite

    出典:楽天モバイル

    HUAWEI P30 liteはトリプルカメラで画角120°の超広角レンズを搭載しており、風景や集合写真もダイナミックで美しく撮影できます。その他の機能も大変充実しており、価格も比較的お手頃なので、コスパの良い1台と言えるでしょう。

    メーカー
    HUAWEI
    端末料金
    2万9,819円
    端末分割支払金
    1,242円/月+分割手数料(初回のみ1,256円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    HUAWEI Kirin 710/オクタコア(2.2GHz/4+1.7GHz/4)
    画面サイズ
    約6.15インチ FHD+(2,312×1,080ピクセル) TFT

    OPPO Reno 10x Zoom

    出典:楽天モバイル

    OPPO Reno 10x Zoomはその名前のとおり、10倍ハイブリッドズームを搭載し、4,800万画素+800万画素+1,300万画素のトリプルアウトカメラ、インカメラも1,600万画素とカメラ機能がかなりの高性能。RAM:8GB/ROM:256GB、ハイスペックなCPUはゲーミングにも適しており、4,065mAhの大容量バッテリーに急速充電対応、DSDS対応、というようにハイエンドモデルとなっています。

    メーカー
    OPPO
    端末料金
    9万5,880円
    端末分割支払金
    3,995円/月+分割手数料(初回のみ4,005円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™ 855 オクタコアCPU(1×2.8GHz+3×2.4GHz+4×1.7GHz)
    画面サイズ
    約6.65インチ FHD+ 2,340×1,080、AMOLED(有機EL)、Corning® Gorilla®Glass 6

    AQUOS zero SH-M10

    出典:楽天モバイル

    AQUOS zero SH-M10は6.2インチの大画面ながら、世界最軽量を謳っているAQUOSの2019年4月発売の最新モデルです。それだけでなく、高性能なCPU、3,130mAhの大容量バッテリーや2,260万画素のカメラ、防水防塵機能、おサイフケータイ対応、など至れり尽くせりの内容となっています。

    メーカー
    SHARP
    端末料金
    7万9,980円
    端末分割支払金
    3,332円/月+分割手数料(初回のみ3,348円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm Snapdragon 845
    画面サイズ
    6.2インチ 有機EL WQHD+(1,440×2,992ドット)

    AQUOS R2 compact SH-M09

    出典:楽天モバイル

    手のひらにフィットするコンパクトなボデイながら、AQUOSシリーズには欠かせないIGZOディスプレイを搭載し、高繊細で迫力ある大画面を実現しています。以前のR compactと比べ処理能力は約1.5倍、ROM容量は2倍となり、サクサクと快適に動作するでしょう。メインカメラは2,260万画素、フロントカメラは800万画素と申し分ないカメラ性能です。

    メーカー
    SHARP
    端末料金
    6万2,800円
    端末分割支払金
    2,616円/月+分割手数料(初回のみ2,624円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm® Snapdragon™845 / オクタコア 2.6GHz + 1.7GHz
    画面サイズ
    約5.2インチ/ハイスピードIGZO/2,280×1,080 ドット FHD+

    HUAWEI nova lite 3

    出典:楽天モバイル

    HUAWEI nova lite 3は2019年2月1日販売の最新スマホ。ノッチのサイズを極限まで小さくしたことで、大迫力の約6.21インチの高精細画面を楽しむことができます。デュアル4G/デュアルVoLTEのため、海外の旅行や出張でも使えるコスパの良い機種です。

    楽天モバイルでは販売価格1万7,258円、端末分割支払金719円/月+分割手数料(初回のみ721円)で購入できます。

    メーカー
    HUAWEI
    端末料金
    1万5,980円
    端末分割支払金
    665円/月+分割手数料(初回のみ675円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    HUAWEI Kirin 710/ オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
    画面サイズ
    約6.21インチ/TFT/2,340 x 1,080 ドット FHD+

    AQUOS sense2 SH-M08

    これまでのAQUOSシリーズと同様に高繊細なIGZOディスプレイ、防水・防塵、おサイフケータイ、指紋認証・顔認証、急速充電対応と欲しい機能が揃っています。片手で操作しやすいサイズ感も◎
    楽天モバイル限定色のカーディナルレッドも販売中です!

    楽天モバイルでは販売価格3万2,184円、端末分割支払金1,341円/月+分割手数料で購入可能です。

    メーカー
    SHARP
    端末料金
    2万4,800円
    端末分割支払金
    1,033円/月+分割手数料(初回のみ1,047円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm Snapdragon 450
    画面サイズ
    5.5インチ フルHD+(2,160×1,080)IGZO

    AX7

    出典:楽天モバイル

    AX7は見やすい6.2インチの水滴型ノッチスクリーンを採用しているスマホ。1日中使っても安心の4,230mAhバッテリーを搭載。大人の落ち着いた色味を持つゴールドとブルーの2色展開で高級感のあるボディに仕上がっています。

    メーカー
    OPPO
    端末料金
    2万5,880円
    端末分割支払金
    1,078円/月+分割手数料(初回のみ1,082円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm Snapdragon 450
    画面サイズ
    約6.2インチ TFT 1,520×720ドット HD+

    Find X

    出典:楽天モバイル

    Find XはSnapdragon 845、ROM:256GB/RAM:8GBと、パフォーマンスにたいへん優れた機種です。画面占有率93.8%の有機ELパノラマアークスクリーンは壮大なパノラマ画面とより美しい色彩表現を可能にしています。また、スライド式ステルス3DカメラはA.Iインテリジェントを搭載、端末上部から自動でリフトアップするのでフロント・リアにカメラがまったく見えないデザインとなっています。3,400mAhの大容量バッテリーも搭載しており、急速充電にも対応しています。

    メーカー
    OPPO
    端末料金
    9万9,880円
    端末分割支払金
    4,161円/月+分割手数料(初回のみ4,179円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    Qualcomm Snapdragon 845/オクタコア 2.8GHz
    画面サイズ
    6.4インチ/AMOLED/2,340×1,080ドット FHD+

    AQUOS sense plus SH-M07

    出典:楽天モバイル

    AQUOS sense plus SH-M07はSHARPならではのこだわり機能満載のスマホ。国産スマホならではのおサイフケータイはもちろん、安心の防水・防塵機能でシーンを選ばず活躍します。

    楽天モバイルでは販売価格3万5,424円、端末分割支払金1,476円/月+分割手数料で購入可能です。

    メーカー
    SHARP
    端末料金
    3万2,800円
    端末分割支払金
    1,366円/月+分割手数料(初回のみ1,374円)
    支払期間
    24カ月
    CPU
    クアルコム Snapdragon 630 オクタコア(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
    画面サイズ
    約5.5インチ IGZO 2,160×1,080ドット フルHD+

    楽天モバイルの通信速度

    楽天モバイルは、楽天株式会社による格安SIMサービスです。格安スマホの代名詞とも言える高質なスマホセット・音声通話付SIM料金プランを提供しています。

    楽天モバイルの格安SIM料金プランはシンプルでわかりやすく、それでいて必要なものはそろっている初心者にもおすすめできる格安SIMです。通信速度を抑える安さ重視のプラン、30GB/月の大容量データプランなど豊富に揃っています。

    まずは、気になる楽天モバイルの通信速度について紹介していきます。理論値だけでなく、実効速度も測定していますのでぜひ参考にしてみてください。

    楽天モバイルの理論値(ベストエフォート)と実効速度

    楽天モバイルの公式サイトで発表されている理論値は以下のとおりです。

    楽天モバイル 理論値

    • 下り最大500Mbps
    • 上り最大50Mbps
    • 組み合わせプラン ベーシックプランの場合:上り下り最大200Kbps
    • スーパーホーダイで高速通信容量を使い切った場合:上り下り最大1Mbps(12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbps)

    では一方の実効速度はどうなのでしょうか。以下がこれまでのSIMチェンジでの測定結果となります。

    楽天モバイル(docomo回線) 実効速度

    日付1日平均朝8時台昼12時台夕方18時台夜間21時台深夜0時台
    9月第5週下り:3.36下り:1.66下り:0.78下り:1.93下り:3.44下り:8.99
    11月第2週下り:4.77下り:4.49下り:2.38下り:2.33下り:2.13下り:6.83
    12月第2週下り:5.09下り:5.25下り:2.31下り:2.74下り:2.09下り:9.30
    19年1月第2週下り:5.26下り:5.57下り:2.74下り:3.72下り:5.13下り:8.72
    2月第2週下り:5.04下り:4.94下り:2.56下り:2.43下り:2.93下り:8.65
    3月第2週下り:4.69下り:5.04下り:2.51下り:2.43下り:1.53下り:7.49
    4月第1週下り:4.24下り:4.31下り:1.77下り:1.96下り:2.41下り:6.13
    5月第2週下り:4.75下り:5.3下り:2.25下り:1.55下り:1.80下り:7.4
    6月第1週下り:4.45下り:3.54下り:1.72下り:1.66下り:1.85下り:7.17
    7月第1週下り:6.07下り:5.42下り:2.79下り:2.29下り:2.26下り:8.75

    1日の平均速度を見ていただければわかると思いますが、とりわけ速い速度が出ているというわけでもなく、そうかといって遅すぎるという印象も受けないような状況です。

    ただ、楽天モバイルは利用者の数が多い分、回線に負担がかかっていることは否めません。また、お昼の時間帯はほとんどの格安SIMで速度が遅くなる傾向にあるので、楽天モバイルだけが昼につながりにくいということにはならないので安心してください。

    楽天モバイルの通信制限について

    楽天モバイルでは、1カ月間の合計通信量が「高速通信容量」を超えると通信速度が最大200kbpsに制限されます。

    スーパーホーダイの場合は1カ月間の合計通信量が「高速通信容量」を超えても、通信速度は最大1Mbpsにしか制限されません(ただし、12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbpsに制限)。あくまでこの制限速度は理論値なので、この速度で通信可能とは限らないので注意してください。

    楽天モバイルと他MVNOの通信速度比較

    楽天モバイルの通信速度は他の格安SIMと比較してどうなのでしょうか。今回は比較対象に、同じdocomo回線の格安SIMで利用者の多い「IIJmio タイプD」と比較してみました。

    楽天モバイル IIJmio タイプD 速度比較

    測定日時楽天モバイル(docomo回線) 下り平均速度(Mbps)IIJmio タイプD 下り平均速度(Mbps)
    9月第5週3.363.37
    11月第2週4.774.81
    12月第2週5.094.86
    19年1月第2週5.264.80
    2月第2週5.045.08
    3月第2週4.695.32
    4月第1週4.244.99
    5月第2週4.755.07
    6月第1週4.454.91
    7月第1週6.076.51

    これまでの計測結果を見てみると、両者甲乙つけがたい状態といえます。IIJmioは定期的に設備増強を行っているので、その影響かもしれませんね。とはいえ、測定日によって速度はまちまちなので、これだけを見て判断するのは少し難しいかもしれません。

    楽天モバイルのおすすめポイントや注意点、評価・評判

    楽天モバイルのメリット・デメリット、どんな人におすすめの格安SIMなのかなどを中心にまとめていきます。

    楽天モバイルのおすすめポイント・メリット

    楽天モバイルのおすすめポイントとしては、大手キャリアに引けをとらないハイスペックな機種が手に入ることやキャンペーンが豊富であること、楽天スーパーポイントを利用できることなどさまざまです。以下にまとめてみました。

    電話番号そのままで通話料が半額
    楽天でんわアプリを利用すれば番号そのままで通話料が半額になります。さらに通話料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイントもらえます
    楽天カフェ、楽天モバイルショップで端末を試してみたり、プランの相談もできる
    全国にある実店舗を利用すれば、スタッフと対面で相談ができるだけでなく実際に端末を触って試せます。また、SIMカード、端末の当日受け渡しが可能で、MNPの手続きも当日に完了できます。
    実店舗に行くことができない人でも、電話やメールだけでなく、チャットによるサポートデスクも完備しており、サービスについて詳しく聞けます。
    楽天スーパーポイントが貯まる、使える
    月額料金の支払い100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、月額料金の支払いの際に楽天スーパーポイントを利用できます。楽天市場での買い物で貯まったポイントで支払ったり、逆に楽天モバイルの支払いで貯まったポイントをネットショッピングに使ったりとさまざまな使い方ができるようになります。
    「楽天でんわ」のかけ放題がおトク
    10分かけ放題オプションが月額850円で利用できます。スーパーホーダイであれば10分かけ放題オプションが月額料金に含まれています。
    扱う端末が豊富
    格安SIMとセットで購入できる端末の種類が豊富です。エントリーモデルからハイエンドモデル、最新機種まで様々なSIMフリー端末を取り扱っています。定期的にキャンペーンも行っているので、目が離せません!

    以上から、楽天モバイルは楽天ユーザーの方はもちろんのこと、短い通話をよくする人やいろいろな端末を選びたいという方にぴったりの格安SIMといえます。

    楽天モバイルの注意点・デメリット

    逆に楽天モバイルで注意しなければならない点やデメリットは何なのでしょうか。デメリットまで把握してこそ、後悔のない乗り換えができるでしょう。

    3G専用端末では使えない
    2015年10月6日以降に申し込んだSIMカードは、3G専用端末では利用できません。
    docomo端末の一部でテザリングが利用できない
    docomoで購入した端末の一部に楽天モバイルのSIMを挿入しても、テザリングは利用できません。
    docomoから端末を継続利用して乗り換えようと考えている方は注意が必要ですね。
    スーパーホーダイプランで割引されるのは1年間のみ
    2年目以降は割引のない通常価格での契約となりますので注意が必要です。

    楽天モバイルの口コミ・評判

    50人の楽天モバイル利用者に5点満点で楽天モバイルを評価してもらったところ、平均点は3.82。同時に調査したUQモバイルは3.8、Y!mobileは3.54でした。人気の他格安SIMブランドと比べても楽天モバイルは利用者に高く評価されているようです。

    昼の通信速度やサポート体制については厳しい声もあがっていますが、料金や速度の安定性については高評価でした。

    楽天モバイルでiPhoneを使うなら知っておきたいこと

    楽天モバイルとの契約を検討中の方で、iPhoneをお使いの方、もしくはiPhoneを使おうと思っている方は多いのではないでしょうか。楽天モバイルであれば、SIMフリー端末はもちろんのこと、docomoで契約したiPhoneなら、そのまま利用できることが大きなメリットとして挙げられます。

    ここでは、楽天モバイルでiPhoneを使うときに知っておきたいことを紹介します。

    楽天モバイルで契約するためにはどのiPhoneを使うべきか

    楽天モバイルで契約するためには、どのiPhoneを購入するのが良いのでしょうか。

    新規購入して楽天モバイルで契約するならSIMフリーのiPhoneがおすすめ

    基本的にdocomoやau、SoftBankといったキャリアで契約したiPhoneには、そのキャリアのSIMカードでしか利用できないようにSIMロックがかけられています。したがって、そういったキャリアで契約した端末に、楽天モバイルの格安SIMカードを挿入したところで利用できません。

    格安SIMでiPhoneを新規購入して使うなら、SIMフリーのiPhoneを購入するのがおすすめの方法です。iPhoneの製造元であるAppleのストアから購入できるほか、Amazonなどのインターネット上のショッピングサイト、また中古端末であれば店頭やオークションサイトなどからも購入可能です。ただし、利用できない機種もあるため、動作確認端末一覧は確認しておきましょう。

    楽天モバイルはdocomo(ドコモ)のiPhoneでも利用できる

    キャリアのiPhoneは格安SIMをそのまま利用できないと説明しましたが、楽天モバイルはdocomo回線を利用しているため、既にdocomoで契約したiPhoneを持っている場合はSIMカードを交換するだけでそのまま利用が可能になります。これは、docomoユーザーには大きなメリットと言えるでしょう。

    楽天モバイルで契約するためにiPhoneのSIMロック解除を行う

    他の方法として、キャリアによってかけられたSIMロックを解除するという方法もあります。SIMロック解除の方法はいくつかのやり方が存在しますが、中には一部のキャリアや機種にしか対応していないものもあります。

    キャリアによってかけられたSIMロックは、iPhone 6s以降であればキャリアに頼めば解除できます。PC申し込みなら無料、ショップに頼むと大体3,000円ほど手数料がかかるので注意しておきましょう。各キャリアのSIMロック解除手続きについては公式ページで詳しく記載されていますので、そちらを確認してみてください。

    楽天モバイルの格安SIMで利用可能なiPhone一覧

    楽天モバイルの格安SIMで利用できるiPhoneについて見ていきましょう。以下で紹介する機種は、楽天モバイルが動作確認済み端末としてホームページ上で公式に発表している機種になります。au版とSoftBank版の端末はSIMロック解除が必要なので、注意しましょう。

    iPhone XR
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone XS
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone XS Max
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone X
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone 8/iPhone 8 Plus
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone 7/iPhone 7 Plus
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone SE
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone 6s/iPhone 6s Plus
    SIMフリー版/docomo版/au版/SoftBank版で動作確認済み
    iPhone 6/iPhone 6 Plus
    SIMフリー版とdocomo版で動作確認済み
    ※docomo回線のみ利用可
    iPhone 5s
    SIMフリー版とdocomo版で動作確認済み
    ※docomo回線のみ利用可
    iPhone 5c
    SIMフリー版とdocomo版で動作確認済み
    ※docomo回線のみ利用可
    iPhone 5
    SIMフリー版で動作確認済み
    ※docomo回線のみ利用可

    au回線ではテザリングを利用できません。

    楽天モバイルの料金プランや月額費用

    楽天モバイルはライトユーザーからヘビーユーザーまで、幅広い層のニーズに応える多彩なプランが魅力のMVNOです。それでは実際の料金プランや月額費用について見ていきましょう。

    楽天モバイルの格安SIM料金プラン

    楽天モバイルが用意しているプランは9つで、それぞれ音声通話SIMに対応しています。いずれのプランも、余ったデータ通信量は翌月に繰り越しが可能です。

    なお、楽天モバイルで提供していたSMS付きの「050データSIM」プランは2019年3月14日より「データSIM(SMSあり)」となりました。「050データSIM」はViberアプリと提携していて、名前のとおり050から始まる番号を無料でもらえましたが、「データSIM(SMSあり)」は050の番号付与がありません(Viberアプリは利用可)。

    料金体系は変更ありません。また、2019年3月14日10:00までに「050データSIM」を契約している方は引き続き050番号を利用できます。

    また、2016年12月よりデータシェア(100円/月)が開始されました。一度に契約できるSIM枚数に変更はないのですが、高速通信容量(データ通信量)の前月繰越分を最大5回線まで、楽天モバイルの契約者間で翌月にシェアすることができます。

    楽天モバイルのプランについては、2015年10月6日に「ベーシック」から「ベーシックプラン」に、「3.1GBパック」から「3.1GBプラン」に、「5GBパック」から「5GBプラン」に、「10GBパック」から「10GBプラン」に変更になりました。

    楽天モバイル 組み合わせプラン料金表(docomo回線/au回線)

    楽天モバイル月額料金
    データSIM
    (SMSなし)
    月額料金
    データSIM
    (SMSあり)
    月額料金
    通話SIM
    SIM枚数
    ベーシックプラン525円645円1,250円1枚
    3.1GBプラン900円1,020円1,600円1枚
    5GBプラン1,450円1,570円2,150円1枚
    10GBプラン2,260円2,380円2,960円1枚
    20GBプラン4,050円4,170円4,750円1枚
    30GBプラン5,450円5,520円6,150円1枚
    ベーシックプラン高速通信容量は送受信最大200kbpsで無制限

    2018年10月1日よりau回線の提供がスタートし、docomo回線とのマルチキャリアMVNOとなりました。au回線は組み合わせプランのみ利用でき、SMSなしのデータSIMの提供はありません。また、au回線はデータシェアができませんので、ご注意ください。

    さらに、2017年9月1日より「スーパーホーダイ」が提供されています。このプランでは、用意された高速通信容量を使い切っても通信速度が最大1Mbps使い放題+国内通話10分かけ放題になります。2019年10月1日よりプランが刷新され、初月は全プラン1,480円で「最低利用期間なし・契約解除料なし」になりました。楽天会員向けのサービスもあり、楽天会員は月額基本料が1年間1,500円割引、ダイヤモンド会員はさらに1年間500円割引になります。

    かけ放題を適用するためには、「楽天でんわアプリ」を使用して通話するか、音声通話の発信時に番号の先頭に「003768」をつける必要があります。10分以降の通話料金は10円/30秒です。

    1MbpsあればWebサイト閲覧やある程度の動画閲覧も可能です。しかし、通信の混みあう12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbpsになる点は注意が必要です。

    楽天モバイル スーパーホーダイ料金表(docomo回線のみ)

    プラン名月額基本料データ容量
    プランS2,980円2GB
    プランM3,980円6GB
    プランL4,480円14GB
    プランLL6,980円24GB

    楽天モバイルのオプション料金

    楽天モバイルで提供されている各種オプションの月額料金と内容について紹介します。

    楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル【850円/月】
    1回の通話時間が10分までという制約がついたものです。1回の通話が10分を超えた場合、10分超過分につき10円/30秒の通話料が別途かかります。「スーパーホーダイ」プランを申し込んだ方は、このオプションが月額料金に含まれています。
    スマホ交換保証【500円/月】
    利用中の端末が破損・自然故障などした場合に、一律6,000円で新品同等の同一機種と交換できます。
    つながる端末保証 by 楽天モバイル【500円/月】
    楽天モバイルのSIMカードを利用し通話・通信を行っている端末が自然故障、破損・全損、水没した際に、無償修理または低価格にて有償交換できるオプションです。SIMのみの契約の方も利用できます。iPhone、iPadは楽天モバイル指定の正規修理サービス店舗に持ち込んで修理が可能。
    楽天モバイルWiFi by エコネクト【362円/月・最大2カ月無料】
    全国に約6万9,000以上あるBBモバイルポイント、Wi2 300のWiFiスポットを利用できるようになります。
    データ復旧サービス・マカフィーR マルチ アクセスパック【500円/月・最大2カ月無料】
    通常軽度な論理障害で3万円以上、物理障害で10万円以上かかることもあるデータ復旧サービスが一律5,000円になる「データ復旧サービス(300円/月)」と、セキュリティソフトのマカフィーが利用できる「マカフィーR マルチ アクセス(300円/月)」の2つがセットになったオプションです。単体で申し込むよりもおトクに利用できます。
    i-フィルター for マルチデバイス【300円/月】
    家庭でも外出先でも、スマートフォン・タブレット利用の安全を見守ることができる安心・便利なオプションです。有害サイトフィルタリングはもちろんアプリフィルタリングや利用状況の確認・制限も可能です。
    アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン【1万1,000円/回】
    新しい端末に変えたけれど、アドレス帳・写真データの移行は難しくて苦手、プロに任せたいという方の自宅まで専門スタッフが訪問し、代わりに設定を行ってくれるサービスです。時間帯や移行元の容量によって追加料金が発生することがあるので注意が必要です。
    スマート留守電【290円/月・初月無料】
    留守電の音声を文字に変換し、伝言メッセージを「読んで、聞ける」留守番電話サービスです。
    留守番電話サービス【300円/月】
    通常の留守番電話サービスとなります。
    キャッチホンサービス(docomo回線)/割込通話サービス(au回線)【200円/月】
    通話中の電話を保留にして、新たにかかってきた電話に出られます。
    転送電話サービス【無料】
    かかってきた電話を転送します。呼出時間やガイダンスの設定もできます。
    データシェア【100円/月】 ※docomo回線のみ
    高速通信容量(データ通信量)の前月繰越分を、翌月に契約者間で分けあえるサービスです。本人や家族に限らず、「楽天モバイル」の契約者であれば誰とでも最大5回線まで設定可能です。

    その他楽天モバイルにかかる各種費用

    基本利用料金のほかにかかる費用についてご紹介します。

    契約事務手数料
    docomo回線:3,394円
    au回線:3,406円
    SIMカード再発行・サイズ変更・交換
    SIMカード1枚につき3,000円
    MNP転出料
    1電話番号につき3,000円
    通話料
    20円/30秒(楽天でんわアプリの利用で10円/30秒)
    SMS送受信料(docomo回線)
    受信:0円/通
    国内から国内への送信:3円/通
    国内から海外への送信:50円/通
    SMS送受信料(au回線)
    受信:0円/通
    国内から国内への送信:3~30円/通
    国内から海外への送信:100円/通
    データ容量追加
    300円/100MB
    550円/500MB
    980円/1GB

    楽天モバイルと他MVNOの料金比較

    楽天モバイルの料金プランは他のMVNOの格安SIMプランと比較しておトクなのでしょうか。今回、比較対象には楽天モバイルと似た料金プランを展開しているmineo(マイネオ)のDプランを選びました。楽天モバイルのスーパーホーダイは特殊なプランなので、今回は組み合わせプランで比較しています。

    楽天モバイル 組み合わせプラン料金表

    楽天モバイル月額料金
    データSIM
    (SMSなし)
    月額料金
    データSIM
    (SMSあり)
    月額料金
    通話SIM
    SIM枚数
    ベーシックプラン525円645円1,250円1枚
    3.1GBプラン900円1,020円1,600円1枚
    5GBプラン1,450円1,570円2,150円1枚
    10GBプラン2,260円2,380円2,960円1枚
    20GBプラン4,050円4,170円4,750円1枚
    30GBプラン5,450円5,520円6,150円1枚
    ベーシックプラン高速通信容量は送受信最大200kbpsで無制限

    mineo Dプラン料金表

    mineo
    ドコモプラン(Dプラン)
    月額料金
    シングルタイプ
    データ通信専用SIM
    月額料金
    シングルタイプ
    データ+SMS
    月額料金
    デュアルタイプ
    音声対応SIM
    高速通信容量SIM枚数
    500MB700円820円1,400円500MB/月1枚
    3GB900円1,020円1,600円3GB/月1枚
    6GB1,580円1700円2,280円6GB/月1枚
    10GB2,520円2,640円3,220円10GB/月1枚
    20GB3,980円4,100円4,680円20GB/月1枚
    30GB5,900円6,020円6,600円30GB/月1枚

    楽天モバイルの方が3GB(3.1GB)、10GB、30GBで安いという状況になっています。mineoは20GBが楽天モバイルよりも安いので、20GB程度を利用したいという方はmineoを選択するとよいでしょう。とはいえ、大容量プランが必要ないという方にとっては楽天モバイルの方がベターな選択肢と言えます。

    楽天モバイルの料金については、別の記事でさらに詳しく解説しています。

    楽天モバイルの申し込み方法、APN設定、解約方法

    申し込みを行う場合に必要となる手続きや開通作業、解約についてなどをまとめます。

    楽天モバイルの申し込み方法

    ここで紹介しているものはWEBでの申し込みになります。まず、楽天モバイルに申し込む前に、事前に準備するものを紹介します。

    • 本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証+補助書類、日本国パスポート、住民基本台帳カード+補助書類、身体障がい者手帳(+補助書類)、精神障がい者保健福祉手帳、特別永住者証明書、外国人登録証明書、在留カードのうちいずれか1点・1セット)
    • 補助書類は公共料金領収書、住民票、届出避難場所証明書のいずれか

    • 楽天会員ログイン用のユーザIDとパスワード(持っていない方は新規会員登録)
    • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ方のみ)
    • MNP予約番号の取得方法などはこちらを参照

    楽天モバイルでは、利用料金の支払いを「クレジットカード/デビットカード払い」と「口座振替」のどちらかから選べます。クレジットカード支払いの場合は契約者本人名義のクレジットカード(もしくは楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカード)を、口座振替の場合は契約者本人名義のキャッシュカードおよび金融機関指定の口座確認に必要な項目に記載の内容を準備してください。また、上限30,000ポイントまでは楽天スーパーポイントで全額/一部を支払い可能です。(端末/ アクセサリーの分割払いは不可)

    これらが準備できたら、公式サイトの申し込みフォームにしたがって申し込みをします。

    1. 申し込みタイプ(端末+SIM or SIMのみ)の選択
    2. 端末の選択と補償オプションの利用の有無の確認(SIMのみの場合はオプション選択のみ)
    3. SIMタイプ(通話、データ専用)の選択
    4. 料金プランの選択
    5. 端末を購入する場合はカラー選択
    6. 各種オプションの選択
    7. 各種アクセサリーの選択
    8. お客様情報入力(楽天会員ログイン)
    9. 利用規約確認

    申し込みから1時間前後で登録メールアドレスに「ご契約者 本人確認書類提出のご案内」メールが届くため、記載されたURLにアクセスし、スマートフォンなどで撮影した本人確認書類のデータを手順に従ってアップロードしましょう。

    楽天モバイルのAPN設定方法

    SIMが手元に届いた後、端末をネットにつなぐために必要なAPN設定について説明します。Android端末とiOS端末で設定方法が異なるのでお手持ちの端末を確認してから設定しましょう。この設定は端末のモバイルネットワーク設定から行います。

    Android端末 APN設定

    名前任意の名称(ex.楽天モバイルなど)
    APNrmobile.jp
    ユーザー名rm
    パスワード0000
    認証タイプPAPまたはCHAP

    以下は必要に応じて入力してください。利用の端末によって表示されない場合があります。

    接続方法(PDP Type)IP接続
    MCC440
    MNC10

    iOS端末 APN設定

    こちらのページからAPN構成プロファイルをダウンロードしてください。

    楽天モバイルの利用明細の確認とマイページ

    楽天モバイルの利用者マイページは「メンバーズステーション」というものになります。

    利用明細の確認はメンバーズステーションの会員メニューから「利用明細」のタブを選択すると閲覧でき、過去12カ月分の各月利用明細が表示できます。請求内容は毎月10日頃までに確定します。

    マイページの使い勝手としては、PCで見ると会員メニューが下のほうに表示されるのでスクロールをしなければならないというのが欠点としてあげられます。楽天モバイルのサービスのPRも多く、一見するとマイページに見えないこともあるので注意してください。

    楽天モバイルの解約について

    契約しているSIMタイプによって解約方法が異なるので確認しましょう。

    通話SIMを解約する場合

    SIMカード台紙裏面に記載されている15桁のSIM番号、または契約中のSIM電話番号を用意した上で、楽天モバイルカスタマーセンター(0800-600-4444)に連絡してください。

    解約締日は毎月15日です。当月16日~翌月15日までの受付分が、翌月末日に解約となります。上記期間内であれば、解約されるタイミングは同一となります。

    また、スーパーホーダイは契約したタイミングで契約解除料が異なりますので注意が必要です。
    2018年6月14日の20時より前にスーパーホーダイを契約した方の契約解除料は以下のとおりです。

    長期優待ボーナス無し
    最低利用期間:1年
    1年以内で解約:9,800円
    長期優待ボーナス有り(2年を選んだ方)
    最低利用期間:2年
    12カ月目以内で解約:1万9,800円
    13カ月目~24カ月目以内で解約:9,800円
    長期優待ボーナス有り(3年を選んだ方)
    最低利用期間:3年
    12カ月目以内で解約:2万9,800円
    13カ月目~24カ月目以内で解約:1万9,800円
    25カ月目~36カ月目以内で解約:9,800円

    2018年6月14日の20時〜2019年9月30日21:59にスーパーホーダイを契約した方の最低利用期間内の契約解除料は以下のとおりです。

    全プラン一律
    9,800円

    2019年10月1日00:00以降に申し込みした方は最低利用期間・契約解除料なしです。

    なお、その他のプランの契約解除料については公式サイトをご覧ください。

    データSIMを解約する場合

    楽天モバイルの会員サポートページ「メンバーズステーション」でのみ手続きが行なえます。メンバーズステーションの【会員メニュー】→【登録情報・設定変更】→【楽天モバイル解約申請】から手続きをしてください。

    解約締日は毎月15日です。当月16日~翌月15日までの受付分が、翌月末日に解約となります。上記期間内であれば、解約されるタイミングは同一となります。

    オプション・サービスのみを解約する場合

    楽天モバイルの会員サポートページ「メンバーズステーション」でのみ行なえます。メンバーズステーションの【会員メニュー】→【オプションサービスの申し込み】→【オプション解約申請】から手続きをしてください。

    解約締日は毎月25日です。当月26日~翌月25日までの受付分が、翌月末日に解約となります。上記期間内であれば、解約されるタイミングは同一となります。

    MNP転出する場合

    楽天モバイルから、他社へのMNP(電話番号乗り換え)は、「メンバーズステーション」の【会員メニュー】→【登録情報・設定変更】→【MNP予約番号発行・確認】から手続きをしてください。また、MNP転出には1電話番号につき3,000円の手数料が発生します。

    解約以外の質問や契約内容の変更、その他困ったときは楽天のモバイルのサポート窓口を利用してみましょう。

    楽天モバイルに関する新着記事