1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルで2台目のスマホもお得に利用するための4つのポイント

楽天モバイルで2台目のスマホもお得に利用するための4つのポイント

更新日:2017.11.24

今楽天モバイルを契約中の方が、自身の2台目のスマホ用、あるいは家族のスマホ用としてもう1回線契約をしたい、という場合に確認しておきたい注意事項をまとめました。複数契約時に利用したい様々なキャンペーンの情報もご紹介しています。

楽天モバイルは2017年9月にMMD研究所が行った「2017年9月格安SIMサービスの利用動向調査」において、「メインで利用している格安SIMサービス」1位に輝くなど格安SIM利用者の間では非常に高い人気を誇っています。既に楽天モバイルを利用している方も多いと思いますが、今回は「楽天モバイルで2台目以降のスマホやタブレットの契約を検討中」という方のために、楽天モバイルで2台目を契約する際に確認しておきたい点や、契約時に実施の有無をチェックしておきたいキャンペーンについてご紹介したいと思います。

楽天モバイル2台目

楽天モバイルで2台目以降の契約をする際に押さえたい4つのポイント

まず最初に楽天モバイルで2台目以降の端末で使うSIMカードを契約する際に押さえておきたい4つのポイントからご紹介します。

楽天モバイルは「1契約1回線」「1人5回線まで」しか契約できない

楽天モバイルは「1契約1回線」しか利用することができません。これは音声SIMであれ、データSIMであれ同じです。

「1つの契約で複数枚のSIMカードが発行され、月々利用可能な高速データ通信容量をシェアできる」というものが他社にはありますが、楽天モバイルの場合は必ず発行されるSIMカードごとに契約を結ぶ必要があります。

つまり2台目以降のスマホやタブレットなどで楽天モバイルを使いたい、という場合は端末の台数に応じて2回線目、3回線目、といった具合に契約をする必要がある、ということです。

そして同一名義で契約可能な回線数は5回線まで、となっています。

「仕事用とプライベート用で2回線」「通話SIMとデータSIMで2回線」、あるいは「仕事用とプライベート用の通話SIMと仕事用とプライベート用のデータSIMで4回線」というパターンくらいまでであれば対応可能なので、あまり問題はないと思います。

楽天モバイルでは複数契約間での「データシェア」ができる

楽天モバイルには「データシェア」というオプションが用意されています(月100円)。

これは月々の高速データ通信容量の前月繰り越し分を翌月にあらかじめ登録した複数契約間(最大5回線)で分け合える、というものです。

ここでいう「複数契約間」とは「同一名義の複数回線」はもちろんのこと、「家族名義同士の複数回線」や「友人や知人の名義同士の複数回線」でもOKです。つまり楽天モバイルの契約者であれば誰でもよい、ということになります。


出典:Rakuten, Inc.

このデータシェアを使う事によってそれぞれの契約で余った高速データ通信容量を無駄なく他の契約間で分け合えることになるので、料金プランの組み合わせによってはとてもお得に使うことができるようになります。

楽天モバイルには、いわゆる「家族割引」のような制度はない

楽天モバイルは仮に家族全員が契約をしていたとしても、基本使用料や通話料が割引になるいわゆる「家族割引」のような制度はありません。

同じMVNOの格安SIMでも例えばIIJmioなどは「ファミリーシェアプラン」というものを用意していて、家族間の通話が最大で60%割引になったりします。


出典:Internet Initiative Japan Inc.

公式サイト:IIJmio

またau系のMVNOであるUQモバイル(ユーキューモバイル)では家族で対象料金プランを複数回線契約すると2回線目以降の基本使用料を月々500円割り引く「UQ家族割」というサービスを実施しています。


出典:UQ Communications Inc.

公式サイト:UQモバイル(ユーキューモバイル)

これらのMVNOの格安SIMに比べると、楽天モバイルは「家族で利用する」という点においてはやや不利と言わざるを得ません。

また三大キャリアでもドコモでは「ファミリー割引」や「ファミ割MAX50」、auでは「家族割」、ソフトバンクでは「ホワイト家族24」といった家族間の通話や通信が割引もしくは無料になるオプションが存在します。


出典:NTT DOCOMO, INC.

三大キャリアは通話定額プランの利用が一般的になっているので、かつてに比べると相対的に家族割引のメリットは低下しています。

しかしながら、家族間の通話や通信でこれらのオプションのメリットを享受している場合、基本使用料が安いからといった楽天モバイルに乗り換えるのは必ずしもお得にならない場合もあります。十分に注意して下さい。

「契約者」と「利用者」が違う場合は「利用者登録」をすることで契約可能

ご自身が楽天モバイルを使ってみたら非常に使い勝手が良く、奥さんや子供、ご両親などにも使わせたい、と考えることもあると思います。

このような場合には奥さん、子供、ご両親などがそれぞれの名義で契約をするのが最もスムーズですが、「請求は自分名義で一本化したい」「子供が自分名義の銀行口座やクレジットカードを持っていない」という場合もあるでしょう。

そのような場合は「利用者登録」というものを行うことで、ご主人名義の契約でご家族に楽天モバイルを使わせることができるようになります。


出典:Rakuten, Inc.

ただ注意が必要なのは、利用者登録を使って契約をされた回線も前述の「1人5回線まで」に含まれるという点です。

「1人5回線まで」という縛りはあくまでも契約者の名義でカウントをします。仮に利用者が異なったとしても「契約者が契約している1回線」と見なされてしまいます。

つまり既に「仕事用とプライベート用の通話SIMと仕事用とプライベート用のデータSIMで4回線」という契約をしている場合、自分名義で家族を利用者登録して使わせられる枠は残り1つ、ということになります。

楽天モバイルはキャンペーンを最大限に活用すれば2台目以降をお得に契約できる!

前章でご紹介した注意点を踏まえた上で、ここからは楽天モバイルで2台目以降のスマホやタブレットなどに使うSIMカードを契約するにあたって見逃すことのできないキャンペーンについてご紹介しましょう。

楽天モバイルは毎月さまざまなキャンペーンを実施しています。その中には終了日未定で継続的に行われているもの、あらかじめ期間限定で行われているものの両方が存在します。

そのためよりお得に契約をするにはキャンペーンの実施状況を常時チェックしておく必要があります。

家族・自分にもう1回線!3ヶ月無料キャンペーン


出典:Rakuten, Inc.

これは楽天モバイルの通話SIMを利用中の方、これから申し込む方が2回線目を申し込んだ場合、事務手数料(初期費用)の3,394円と月額基本料3ヶ月分が無料になる、というものです。

このキャンペーンを適用することによって最大で18,334円お得になります。ただし「20GBプラン」と「30GBプラン」は適用対象外です。

公式サイト:楽天モバイル

お友達紹介キャンペーン


出典:Rakuten, Inc.

こちらは楽天モバイルの通話SIMを利用中の方の紹介で対象の料金プランが契約されると、紹介した方には1人紹介するごとに最大3,000ポイント分の楽天ポイントが、紹介された方には料金プランに応じて最大1,500ポイント分の楽天ポイントがプレゼントされる、というものです。

紹介する方はご家族でなくても友人や知人でも大丈夫ですが、自分自身が2回線目を契約する場合は対象とはなりません。つまり「自分で自分を紹介する」という形は不可能ということになります。

対象の料金プランと紹介した方、紹介された方がもらえる楽天ポイントは以下の通りです。


出典:Rakuten, Inc.

「組み合わせプラン」というのは「ベーシックプラン」「3.1GBプラン」「5GBプラン」「10GBプラン」「20GBプラン」「30GBプラン」のことです。

なお、紹介された方が平日に楽天モバイルのショップで契約をした場合はさらに1,000ポイントがプラスして付与されます。

楽天モバイルショップは店員が常駐しているのでサービスについて詳しく聞けるのはもちろんのこと、スマホもセットで購入したい場合は実機に直接触って使い心地を試すことができます。

楽天モバイルショップ

家電量販店の店頭やショッピングモールの中などへ積極的に店舗を増やしており、今やその数は100店舗以上にのぼります。

1,000ポイント分を余分にもらえるという点も含めて、お近くに楽天モバイルショップがある方は積極的に活用されるとよいでしょう。

楽天ポイントは楽天モバイルの端末代金や料金の支払い、楽天市場での通販で使うことができるほか、楽天ポイントカードを持つ、あるいはスマホに楽天ポイントアプリを入れておけば、マクドナルドやミスタードーナツ、しゃぶしゃぶ温野菜のような実店舗でも使うことができます。


出典:Rakuten, Inc.

紹介した方と紹介された方が家族同士で、なおかつ紹介された方がショップで契約すれば家族全体で最大5,500ポイントを得ることができますので、中々使い甲斐があるといえるのではないでしょうか。

公式サイト:楽天モバイル

1人契約するともう1人無料!キャンペーン


出典:Rakuten, Inc.

こちらのキャンペーンは「お友達紹介キャンペーン」とは違い、「無料」になる2回線目は家族や友人、知人だけでなく自分自身の2回線目でも適用されます。

また1回線目は通話SIMで、なおかつ「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」もしくは「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」をオプション契約している必要があり、契約している料金プランによって2回線目で受けられるキャンペーン特典が変わってきます。


出典:Rakuten, Inc.

例えば1回線目が5GBプランの場合、2回線目は「ベーシックプラン相当分」が半年無料になるわけですが、これは2回線目が通話SIMであればベーシックプランの通話SIMの半年分(1,250円×半年分)が無料になるということです。

同様に2回線目が050データSIMならベーシックプランの050データSIMの半年分(645円×半年分)が、データSIMならベーシックプランのデータSIMの半年分(525円×半年分)が無料になります。


出典:Rakuten, Inc.

1回線目が30GBプランで2回線目も30GBの通話SIMを契約する場合は、10GBプランの通話SIMの半年分(2,960円×半年分)、なんと17,760円分も無料になってしまいます。

こちらも実施されている場合は要チェックとキャンペーンです。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルで2台目以降のスマホもお得に契約して賢く使おう!

以上、「楽天モバイルで2台目以降のスマホやタブレットの契約を検討中」という方に向けて、楽天モバイルで2台目を契約する際に確認しておきたい点や、契約時に実施の有無をチェックしておきたいキャンペーンについてご紹介しました。

楽天モバイルは「同一名義で複数契約をする場合」あるいは「家族別々の名義で複数契約をする場合」のいずれも、大きなメリットがあるとはいえません。

この点、単純にメリットだけを追求するのであれば本文中にご紹介したIIJmio(みおふぉん)
UQモバイル(ユーキューモバイル)の方が有利だと思います。

ただし楽天モバイルは全MVNOの中でも1、2を争うほど多彩なキャンペーンを実施しています。タイミングよく複数契約がお得にできるキャンペーンが実施されていればラッキーだと言えます。

当サイトでは楽天モバイルのキャンペーンについてもこまめにフォローしていきますので、ぜひともブックマークしておいていただければ幸いです。

また、簡単な質問に回答するだけであなたにとって最適な格安SIMをご案内する「おすすめ格安SIM比較診断」も行っています。こちらもぜひ試してみてください。

公式サイト:楽天モバイル

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい