1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 毎月のスマホ料金の平均金額|スマホ代を下げる方法・おすすめ格安SIMを紹介

毎月のスマホ料金の平均金額|スマホ代を下げる方法・おすすめ格安SIMを紹介

更新日:2020.12.20

「スマホ代の平均金額ってどのくらいだろう…スマホ料金を下げる方法が知りたい」と疑問に感じている方に、スマホ料金1カ月の平均金額やスマホ料金を下げる方法、おすすめの格安SIM会社をまとめています。

「スマホ代の平均金額っていくらなんだろう…」と疑問に感じている方。

スマホ料金の平均はドコモ・au・ソフトバンクのキャリアを利用している場合、1回線あたり6,000〜8,000円です。

今のスマホ代がこの金額より高いのなら、利用状況を見直したほうがよいでしょう。

この記事でわかること

  • スマホ料金の1カ月の平均金額
  • 月々のスマホ料金を下げる方法
  • おすすめ格安SIM会社の通話料金プラン

「スマホ料金を安くするのはハードルが高そう…」と感じるかもしれませんが、おさえるべきポイントはそれほど難しくありません。

▼SIMチェンジではおすすめの格安スマホ・格安SIMを比較しご紹介しています。ぜひご一読ください。

スマホ料金の内訳

スマホ料金を安くするためには、まずスマホ料金の内訳を把握することが大切です。

スマホ料金の主な内訳

  • データ通信利用料
  • 音声通話料
  • オプションサービス利用料
  • 端末の分割料金
JCOMモバイル

データ通信利用料

スマホ料金において、データ通信利用料は最も割合が高いです。

なぜなら、動画やゲームなどのサービスはデータ通信を多く利用するからです。

動画をよく見たり、データ通信量の多いゲームを遊んだりしている方は料金プランの見直しを行うとよいでしょう。

音声通話料

LINEやSkypeなどのサービスは通話回線を利用しないため、これまでより音声通話料の割合は少なくなっています。

ほとんど音声通話を利用しない方は、料金プランの見直しをしたほうがよいでしょう。

オプションサービス利用料

オプションサービス利用料はスマホ料金で占める割合は高くありません。

しかし、利用しているオプションサービスを見直して、不要なサービスを解約すると簡単にスマホ料金を下げられます。

端末の分割料金

スマホ料金の半分近くを端末の分割料金が占めている方も多いでしょう。

端末の料金が無料や格安になっている料金プランは、端末の分割料金が月々のスマホ料金に含まれていることが多くあります。

さらに、端末の分割料金を支払い終わる前に別のキャリアに乗り換えると、解約料金が発生するデメリットも。

スマホ料金を下げるためには、「端末を中古品で買う」「一括で購入する」などの対策が必要になるでしょう。

スマホ料金の1カ月の平均金額

スマホ料金の1カ月の平均金額は「キャリア」と「格安SIM」によって異なります。

それぞれの平均金額をみていきましょう。

キャリア利用の場合の平均金額

キャリア利用の場合、スマホ料金の平均金額は1回線あたり6,000〜8,000円です。

ドコモ・au・ソフトバンクの一般的な利用料金

キャリア名利用料金
ドコモ基本料金4,980円+5分通話無料オプション700円=5,680円
au基本料金5,480円+5分通話無料オプション700円=6,180円
ソフトバンク基本料金6,480円+5分通話無料オプション800円=7,280円

利用料金を平均すると、約6,000円です。そして、端末の分割料金が約2,000〜3,000円プラスされます。

キャリア利用では基本料金が高いため、1カ月の利用料金も割高になる傾向が強いです。

格安SIM利用の場合の平均金額

格安SIM利用の場合、スマホ料金の平均金額は1回線あたり2,000〜4,000円

キャリア利用よりもお得になるケースがほとんどです。

格安SIM「ワイモバイル・UQモバイル・LINEモバイル」の一般的な利用料金

格安SIM利用料金
ワイモバイルSプラン(3GB)2,680円+10分通話無料=2,680円
UQモバイルSプラン(3GB)1,980円+10分通話無料オプション700円=2,680円
LINEモバイル音声通話SIM(3GB)1,480円+10分通話無料オプション880円=2,360円

利用料金を平均すると、約2,500円です。格安SIM会社では、利用料金がさらに割引になるキャンペーンを実施しているため、上記金額より安くなることも。

現在、キャリア利用をしている方は格安SIM会社に乗り換えるだけで、スマホ料金を半額近くまで安くできるでしょう。

月々のスマホ料金を下げる方法

月々のスマホ料金を下げる方法として、5つ紹介します。

  • 料金プラン・通話オプションの見直し
  • 不要なオプションを解約する
  • Wi-Fiを併用する
  • 無料通話アプリを使う
  • キャリアから格安SIMに乗り換える

料金プラン・通話オプションの見直し

大容量プランや使い放題プランを選択している方は、現在利用している通信量の見直しをしましょう。

データ通信量が少ない方は少ない利用量のプランに切り替えるだけで、スマホ料金を下げられます。

また、LINEやSkypeを普段から利用している方でキャリアの回線をほとんど使わない方は、通話オプションを解約してもよいでしょう。

反対にスマホ料金の中で通話料金が高額な方は、かけ放題の通話オプションに切り替えることをおすすめします。

不要なオプションを解約する

普段利用していないオプションを長い間そのまま契約している方も多いでしょう。

そのため、一度すべての契約内容を見直してみましょう。

キャリアに連絡しなくても、自身でオプションを解約できることがほとんどなので、簡単にスマホ料金を下げられます。

Wi-Fiを併用する

一般的にデータ通信量が多くなるほど、スマホの料金が高くなります。

そのため、スマホのデータ通信プランは最も安いプランを選択して、Wi-Fiを併用するとよいでしょう。

無料通話アプリを使う

スマホ料金の中で通話料金が高額になる方は、無料通話アプリを使いましょう。LINEやSkypeなどの無料通話アプリであれば、何時間話しても無料で利用可能です。

キャリアには「かけ放題プラン」が用意されていますが、追加料金が発生します。

無料通話アプリを利用するのであれば「かけ放題プラン」は不要になり、スマホ料金を下げられるはずです。

LINE

LINE
無料
posted withアプリーチ
Skype for iPad

Skype for iPad
無料
posted withアプリーチ

キャリアから格安SIMに乗り換える

毎月のスマホ料金を大幅に下げたい方は、キャリアから格安SIMに乗り換えることがおすすめです。

格安SIMの料金は1回線あたり2,000円〜4,000円です。そのため、月々のスマホ料金が半額近く下げられることも。

格安SIMが利用している回線はキャリアと同じ回線を利用しているので、料金が安くても問題ありません。

格安SIM会社の通話料金プラン比較一覧

5社の格安SIMにおける通話料金プランを紹介していきます。

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • y.u mobile
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル

ワイモバイル


出典:ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用した格安SIM会社です。

全国の家電量販店などのワイモバイルショップなどで取り扱っており、対面で契約できることも嬉しいポイント。

また、1回10分以内であれば国内通話は無料で利用できます。

ワイモバイルの料金プラン

プランデータ容量料金制限時速度
S3GB2680円最大128kbps
M10GB3680円最大1Mbps
R14GB4680円最大1Mbps

ワイモバイルの料金プランは、スマホベーシックプランS/M/Rの3種類です。シンプルに3つしかないので、月にどのくらいギガを使うかで選ぶことができます。

スマホベーシックプランS/M/Rで共通しているのは、(1)「新規割」が適用される点と、(2)10分通話かけ放題がついている点です。

契約から半年間は、「新規割」で月700円割引されます。プランSは月額2,680円なので、新規割を適用すると1,980円で利用可能です。

さらに、全ての料金プランに10分以内の通話かけ放題がついています。普通10分かけ放題は別料金のオプションとなっていることが多いので、無料でついているのはありがたいですね。

プランSとM/Rで異なっているのは、通信制限時の速度です。

通信制限時は最大128kbpsが一般的ですが、プランMとRのみ最大1Mbpsまで速度が出ます。最大1Mbpsあれば、YouTubeの標準画質の動画が視聴可能です。

言い換えると、ギガを使い切っても最大1Mbpsで使い放題になるということです。最大1Mbpsまで出れば色々なことができると思うので、通信制限でイライラすることもなくなりそうですね。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイル


出典:UQモバイル

UQモバイルはauの回線を利用した格安SIM会社です。

auで購入したスマホを利用していると、そのままSIMカードを入れ替えるだけで乗り換えられます。

通話プランは通話料に応じて3種類から追加が可能です。

UQモバイルの料金プラン

SIMタイププラン名データ容量月額料金速度
音声通話SIMスマホプランS3GB1980円節約モード時 最大300kbps
スマホプランR10GB2980円節約モード時 最大1Mbps
データ無制限プラン無制限980円受信最大225Mbps 送信最大25Mbps
データSIMデータ高速プラン3GB1980円送受信最大500kbps

UQモバイルは音声通話SIMで3種類、データSIMで1種類の料金プランがあります。

他社格安SIMと違い、「節約モード」や送受信で最大速度が異なるのが特徴です。

音声通話SIMは、スマホプランS・スマホプランR・データ無制限プランの3種類です。スマホプランS・Rは、どちらも「節約モード」という機能があります。

節約モードでは、最大通信速度が制限される代わりにどれだけ使ってもデータが消費されません。つまり、節約モードの時はネット使い放題ということです。

スマホプランSは最大300kbps、スマホプランRは最大1Mbpsまで速度が出ます。最大300kbpsの場合、動画視聴や画像の多いSNSの使用は難しいですが、テキストメインのネット閲覧やメールの送受信は問題ありません。

一方最大1Mbpsまで出る場合は、YouTubeの標準画質の動画視聴も可能です。

「データ無制限プラン」は、文字通りデータ通信量無制限で使えるプランとなっています。送受信最大500kbpsという速度制限はありますが、月々1,980円で使い放題なのは格安といえるでしょう。

データSIMは、「データ高速プラン」の1種類です。月間3GBで980円という破格の料金となっています。

音声通話SIM同様、データ高速プランにも通信速度の制限があります。

月間3GBまでは、受信最大225Mbps、送信最大25Mbpsの通信速度です。3GBを超えた場合は、送受信最大200kbpsに制限されます。

一般的な通信制限は最大128kbpsなので、速度制限時よりも若干速いようです。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

y.u mobile

y.umobileはドコモの回線を利用した格安SIMです。

料金プランは「シングルプラン」と「シェアプラン」の2種類のみ。シェアプランでは最大4人まで通信量をシェアできます。

また、シェアプランではU-NEXTが無料で利用できることも特徴です。

さらに足りなくなったデータ容量を追加する際には、1GBあたり330円で追加できます。

オプションとして「10分かけ放題」と「無料かけ放題」が用意されています。専用のアプリから電話をすると通話料が半額になるため、通話をたくさん利用する方にもおすすめです。

y.u mobileの料金プラン

料金プランSIMタイプ料金ギガ数
シングルプランデータSIM900円3GB
データSIM(SMS付き)1120円
音声通話SIM1690円
シェアプラン音声通話SIM5990円20GB

y.u mobileの料金プランは、大きく分けて2つです。月3GBまで使える「シングルプラン」と、20GBまで使える「シェアプラン」から選べます。

「3GBだと少なすぎるし、20GBだと多すぎる」と思われるかもしれません。ですが、そんな心配は無用です。

y.u mobileは1GBたったの300円でチャージできるので、3GBに1GBづつ必要な分だけギガを追加することができます。大手キャリアでは1GBチャージに1,000円前後もかかるので、y.u mobileは格安といえるでしょう。

また、シェアプランはその名の通り、最大4人でギガを分け合って使うことができます。そのため、スマホとタブレット2台で使ったり、家族と一緒に使ったりすることが可能です。

シングルプランはデータSIM・データSIM(SMS付き)・音声通話SIMの3種類、シェアプランは音声通話SIMの1種類があります。

【y.u mobile】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル


出典:LINEモバイル

LINEモバイルはその名のとおり、LINEが提供している格安SIMサービスです。

キャリアはドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応

LINEや主要SNSなどのデータ容量が無制限で使える「データフリーオプション」が最大の特徴です。

LINEモバイルの月額料金

SIMタイプデータ容量月額料金
データSIM(SMS付き)500MB600円
3GB980円
6GB1700円
12GB2700円
音声通話SIM500MB1100円
3GB1480円
6GB2200円
12GB3200円

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しており、料金はどの回線でも同じです。

料金プランは、(1)SIMタイプ、(2)データ容量、(3)データフリーオプションの3段階で選んでいきます。

  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

SIMタイプは、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。

データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。

どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

データSIMを選んだら次はデータ容量です。データ容量は、500MB・3GB・6GB・12GBの4種類から選びます。

データSIM(SMS付き)で最も少ない500MBを選んだ場合、月額料金はたったの600円です。(3)データフリーオプションで詳しくご紹介しますが、LINEモバイルの全料金プランにはLINE使い放題が付いています。

そのため、LINEをメインに使っている方なら500MBでも十分足りるのです。その他、SNS使い放題のオプションもあるため、データ容量はオプションと合わせて選んだ方が良いでしょう。

  • LINEデータフリー:0円
  • SNSデータフリー:+280円/月
  • SNS音楽データフリー:+480円/月

最後は、3種類の中からデータフリーオプションを決めます。

「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。

「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。

SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイル

楽天モバイル
出典:楽天モバイル

楽天モバイルは格安SIMサービスを提供していましたが、楽天の自社回線を利用したキャリアサービス「Rakuten UN-LIMIT」を開始しています。

楽天モバイルを契約すると、楽天市場での買い物で楽天ポイントが「+1倍」になるため、楽天のサービスをよく利用している方におすすめです。

料金プランは月額2,980円の1つのみ。

楽天回線エリアであればデータを無制限で利用可能です。また、専用アプリ「Rakuten Linkアプリ」を利用すれば国内通話は使い放題です。

楽天モバイルの料金プラン

Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)2,980円/月

Rakuten UN-LIMIT Vは「UN-LIMIT」という名前の通り、データ容量無制限の使い放題プラン。

楽天回線エリアであれば、「毎月〇GBまで」といった制限がなく、使いたいだけインターネットが使えます。

楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)では、月間5GBまで利用可能です。さらに、5GBを超えた後は、最大1Mbpsでデータ容量使い放題になります。

最大1Mbpsというのは、YouTubeの標準画質の動画が視聴できる速度です。動画が視聴できる速度なら、大抵のSNSやネット閲覧も問題ないでしょう。

月額料金も2,980円/月と格安で、契約年数が経っても料金は変わりません。一律2,980円で使い続けることが可能です。

さらに、月額2,980円の中には国内通話かけ放題も入っています。

「Rakuten Linkアプリ」経由で電話をかけると、楽天モバイルユーザー以外への発信・受信も無料になるのです。

大手キャリアの場合かけ放題だけで1,500~1,700円かかるので、2,980円でギガ使い放題・通話し放題がいかに安いのかがわかります。

楽天モバイルの料金プランについては以下記事でさらに詳しく解説しています。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

まとめ

スマホ代の平均金額についてご紹介しました。

スマホ代の平均金額について重要なポイント

  • ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアの平均金額は6,000〜8,000円
  • 格安SIMを利用すると利用料金は2,000〜4,000円まで下げられる
  • スマホ料金の中で「データ通信利用料」が大きな割合を占めるため、料金プランの見直しが必要

また、スマホ料金を下げる方法として、5つ紹介しました。

スマホ料金を下げる方法

  • 料金プラン・通話オプションの見直し
  • 不要なオプションを解約する
  • Wi-Fiを併用する
  • 無料通話アプリを使う
  • キャリアから格安SIMに乗り換える

キャリアから乗り換える際はおすすめの格安SIMを参考にしてください。

SHARE!!

あわせて読みたい