1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【キャリアVS格安SIM】キャッシュバック付きMNP乗り換えを比較!

【キャリアVS格安SIM】キャッシュバック付きMNP乗り換えを比較!

更新日:2018.05.07

MNP(ナンバーポータビリティ)で乗り換えしてキャッシュバックがもらえるキャリアと格安SIMではどちらがお得になるのか、iPhone 7を元に比べてみます。キャッシュバックはキャンペーンによって様々ですが、今現在の情報を元に比べます。

MNP(ナンバーポータビリティ)で乗り換えてキャッシュバックがあるキャリアと格安SIMではどちらがお得になるのか比べてみます。キャッシュバックはキャンペーンによって変わりますが現在実施されているキャッシュバックを元に比べてみたいと思います。

スマホ乗り換え

MNP(ナンバーポータビリティ)乗り換えでキャッシュバックはもらえるの?

総務省のガイドラインが厳しくなり、docomo、au、SoftBankではキャッシュバックや端末一括0円キャンペーンが実施しづらくなりました。このようなキャンペーンはまだ行われているのでしょうか。実際にみていきましょう。

docomo(ドコモ)

docomoの場合はキャッシュバックキャンペーンはしていないようです。dポイントがもらえたりするキャンペーンや、手元にあるiPhoneを下取りしてくれる「下取りプログラム」はありますが、かなりおトクといえるようなキャンペーンはありません。

公式サイト:docomo

au

auの場合、auオンラインショップ等でキャンペーンや一括0円などの宣伝はしていません。今まで使っていた端末を下取りに出すことで端末代金か月々の利用料金が割引されるキャンペーンはあります。

SoftBank(ソフトバンク)

SoftBankにおいても、他のキャリアと同様に一括0円キャンペーンなどの大幅割引のキャンペーンは行われていません。今まで使用していた端末を下取りに出すことで、月額料金が割り引きされるサービスはあるようです。

公式サイト:SoftBank

格安SIMのキャッシュバック

格安SIMの場合はキャッシュバックをしているところがあります。2018年5月31日まではNifMo(ニフモ)、2018年6月3日までBIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)でキャンペーンがあり、SIMカードのみの契約でもキャッシュバックが貰えます。

  • NifMo 最大2万1,000円キャッシュバック 2018年5月31日まで
  • BIGLOBEモバイル 最大2万400円キャッシュバック 2018年6月3日まで

3大キャリアにはキャッシュバックキャンペーンがない

残念ながら、3大キャリアには基本的にキャッシュバックキャンペーンがありません。ですが、使っていた端末を下取りに出すことで月額料金を安くすることができます。古い端末が不要であれば、下取りに出してしまっても良いかもしれません。

格安SIMと比べてみよう

MNPをしてauからdocomoに乗り換え、iPhone 7 を契約した場合の2年間の総額と、SIMフリーiPhone 7を買ってBIGLOBEモバイルに乗り換えた場合の2年間の総額を比べてみます。

docomo(ドコモ)の2年間総額

まず、docomoでの2年間総額の料金を計算しましょう。シミュレーションは、基本プランがカケホーダイライトプラン、パケットパックがデータMパック(5GB)で行っています。更新月以外でのMNPを行い、下取りプログラムは利用していません。

docomoで契約する場合の費用と月額料金
auに支払うMNP転出手数料 3,240円
auから乗り換える際の違約金 1万260円
事務手数料 3,240円
月額7,992円 (iPhone 7 32GB 月額432円含む)
2年総額 20万8,548円

計算すると2年間の総額は20万8,548円になりました。

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)の2年間総額

次にBIGLOBEモバイルでの2年間総額を計算してみます。こちらもauからのMNPを想定し、更新月以外でのMNP転出を行います。

BIGLOBEモバイルで契約する場合の費用と月額料金
キャッシュバック 1万5,600円
auに支払うMNP転出手数料 3,240円
auから乗り換える際の違約金1万260円
初期費用(SIMカード準備費用含む) 3,665円
BIGLOBE 音声SIM 6GB 2,322円
SIMフリーiPhone 7 6万6,744円(Appleストア)
2年間総額 12万4,037円

BIGLOBEモバイルで2年間使った場合の総額は12万4,037円です。BIGLOBEモバイルの方が断然安いですね。

しかし、BIGLOBEモバイルの方は、docomoの通話定額ライトのように5分の通話料が安くなるプランではありません。かけ放題をつける場合、オプションの「BIGLOBEでんわ 10分かけ放題」を導入することになります。すると毎月867円がかかるようになり、2年間では2万808円が上乗せになり、BIGLOBEモバイルでは14万4,845円になります。かけ放題をつけてもBIGLOBEモバイルの方が安いですね。

MNPで乗り換えキャッシュバックを狙うならBIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)がお得

MNPをし、キャッシュバックを貰えるBIGLOBEモバイルの方が安いという結果になりました。これからiPhone 7に乗り換えたいという方はSIMフリーのiPhone 7をアップルストアで購入してBIGLOBEモバイルに乗り換えて、MNP特典のキャッシュバックを貰いましょう。これが一番お得になります。

BIGLOBEモバイルとソフトバンクを比べた場合、BIGLOBEモバイルの方が動画用のカウントフリーサービスもあるので便利といえるでしょう。BIGLOBEモバイルのキャンペーンが使えるうちに乗り換えましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい