1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 大手3キャリア・格安SIMの携帯料金を徹底比較【2021年】|どこがいい?安いのは?

大手3キャリア・格安SIMの携帯料金を徹底比較【2021年】|どこがいい?安いのは?

2021年3月に大手キャリアから新プランも発表され、変化を見せているスマホの料金プラン。大手キャリアの新プラン以外にも既存プランや格安SIMなど、料金プランは多く存在します。今回は、大手キャリアの既存プラン・新プラン・格安SIMの携帯料金について徹底比較。

2021年3月に大手キャリアから新プランも発表され、変化を見せているスマホの料金プラン。

大手キャリアの新プラン以外にも既存プランや格安SIMなど、料金プランは多く存在します。

実際に契約するならどのプランがいいのかと困っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな悩みを解決すべく、大手キャリアの既存プラン・新プラン・格安SIMの携帯料金について徹底比較します。

タイプ別のおすすめプランも紹介していますので、あなたに合ったプラン選びに役立ててください。

大手キャリア・格安SIM・新プランはどう選べばいい?

ahamo
出典:ahamo公式サイト

携帯料金は大きく分けて、大手キャリア・格安SIM・新プランの3つに分類されます。

料金の違いはもちろんですが、それ以外にもさまざまな違いがあることを理解しておきましょう。

それぞれの携帯料金がおすすめの人は以下になります。

キャリアの新プランがおすすめの人

  • キャリアメールを使用しない人
  • 自力でオンラインでの手続きができる人

格安SIM(MVNO)がおすすめの人

  • 安い料金を求めている
  • 比較的自身で物事を解決できる
  • より最適なプランを利用したい

大手キャリアがおすすめの人

  • 店舗でのサポートを受けたい人
  • 高品質な通信・通話を利用したい人
  • インターネット通信を多く利用したい人

ここからは各携帯料金について比較をしていきます。

上記の特徴を踏まえつつ、自身に合った料金プランを検討していきましょう。

大手キャリアが発表した新プランの概要


出典:povo

大手キャリアが発表・提供開始をした新プランですが、新プランへの切り替えを検討している人も多いのではないでしょうか?

新プランも概要を理解しておくことで、大手キャリアや格安SIM同様、後悔しない料金選択ができることに違いはありません。

まずは下記の表で概要を確認しましょう。

ahamopovoLINEMO
月額料金2,970円2,728円2,728円
通話料金
通話オプション
5分間無料
超過後22円/30秒

通話かけ放題
+1,100円
22円/30秒

5分以内通話かけ放題
550円

通話かけ放題
1,650円
22円/30秒

5分以内通話かけ放題
550円

通話かけ放題
1,650円
各種割引情報
割引適用後の料金2,970円2,728円2,728円
備考20GB上限超過後
速度制限
1Mbps
20GB上限超過後
速度制限
1Mbps
20GB上限超過後
速度制限
1MbpsLINEはギガフリー

キャリアの新プランのメリット・デメリット

大手キャリアが提供している新プランは、各キャリアのサブブランドとして扱われています。

既存のプランとはさまざまな違いが出てきますので、それぞれの特徴をしっかりと押さえておきましょう。

新プランのメリットとデメリット

大手キャリアの提供している新プランではありますが、大手キャリアとの違いはさまざまです。

変更することでメリットばかり生まれるわけではありませんので、新プランのメリットとデメリットについても理解をしておきましょう。

新プランのメリット

新プランの料金形態は1つだけですが、20GBを格安で使用できるプランとなっているため、通常の利用であればまず困ることはないでしょう。

万が一新プランが気に入らなかった際にも、契約期間の縛りがないほか、手数料がかからないことで切り替えがしやすいことも安心できる点といえます。

速度制限にかかってしまったとしても、メッセージの送受信や画像の少ないサイトを開くことなどに支障は出ません。

  • 20GBを格安で使用できる
  • 契約期間の縛りはなく、転出時の手数料は不要
  • 万が一速度制限にかかっても、通常の利用に支障が出ない

新プランのデメリット

普段からキャリアメールを使用している方は、新プランに変える際に注意が必要です。

新プランではキャリアメール(@docomo.ne.jpなど)が使用できません。

Gmailなどのフリーメールをメインとして使用していく必要があります。

登録しているサイトのメールアドレス変更が必要になりますので、この点は必ず覚えておきましょう。

また、家族割やインターネットのセット割が使用できなくなります。

自身の料金が下がることで、他の家族の料金が上がる可能性も出てきますので、切り替えの際には料金をしっかり計算して、どちらが得になるのかを見極めましょう。

  • キャリアメールの使用ができない
  • 家族割やインターネットのセット割が使えない

既存の料金プランとの違い

既存の料金プランと新プランとの違いは以下の表を参考にしてください。

既存プラン新プラン
GB数超過時の通信速度128kbps1Mbps
申込・サポート方法店舗、オンラインオンラインのみ
キャリアサービス利用可否キャリアメール/可
キャリア決済/可
キャリアメール/不可
キャリア決済/不可

それぞれの違いの詳細を確認していきましょう。

1.GB数超過時の通信速度

1点目の違いは、GB数超過時の通信速度です。

GB数超過時には既存プランは128kbps、新プランは1Mbpsに速度制限がかかります。

新プランの速度制限は先ほど説明した通り、通常の使い方であれば問題ありませんが、既存プランの場合にはほとんど何もできなくなるという点を覚えておきましょう。

2.申込やサポートの方法

2点目は申込やサポートの方法。

既存の料金プランの場合は大手キャリアがサポートをするため、オンラインでの手続きはもちろん、不明点が出た場合には店舗でのサポートを受けることができます。

新プランは申込やサポートについて、すべてオンラインでの手続きとなっています。店舗では新プランのサポートは行っていませんので、注意しましょう。

3.キャリアサービスの利用可否

3点目はキャリアサービスの利用可否です。

まず、大手キャリアの提供する既存の料金プランの場合には、キャリアメールが利用できますが、新プランの場合にはキャリアメールが利用できません。普段からキャリアメールを使用している場合には注意してください。

また「ahamo」と「LINEMO」に関しては、キャリア決済も使用できなくなりますので、こちらを利用している場合には、キャリア決済が利用できなくなることを覚えておきましょう。

▼以下記事ではより詳しくahamo/povo/LINEMOを比較し、どれがおすすめかを紹介しています。ぜひご一読ください。

格安SIMの料金プラン概要

格安SIMは提供会社によって、料金プランの概要が大きく変わります。

今回は、人気のある格安SIM会社を3社抜粋して下記の表にまとめました。

格安SIMは、大手キャリア以上に内容を理解することが大切ですので、まずは内容をしっかりと見ていきましょう。

Y!mobileUQモバイルmineo
プラン名シンプルS/M/LくりこしプランS/M/Lデュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
月額料金S/2,178円(3GB)
M/3,278円(15GB)
L/4,158円(25GB)
S/1,628円(3GB)
M/2,728円(15GB)
L/3,828円(25GB)
1GB/1,298円
5GB/1,518円
10GB/1,958円
20GB/2,178円
通話料金
通話オプション
22円/30秒

だれとでも定額(10分/回)
770円

スーパーだれとでも定額(24時間いつでも)
1,870円
22円/30秒

通話パック(60分/月)
550円

かけ放題(10分/回)
770円

かけ放題(24時間いつでも)
1,870円
22円/30秒

mineoでんわ
10分かけ放題
935円/月
(10分超過後10円/30秒)

通話定額30/60
924円/1,848円
各種割引情報家族2回線目以降
▲1,188円
割引適用後の料金S/990円(3GB)
M/2,090円(15GB)
L/2,970円(25GB)
S/1,628円(3GB)
M/2,728円(15GB)
L/3,828円(25GB)
1GB/1,298円
5GB/1,518円
10GB/1,958円
20GB/2,178円
備考GB超過後
S/128kbps
M,L/1Mbps
にて速度制限
余ったGBは繰越可
GB超過後
S/300kbps
M,L/1Mbps
にて速度制限
5G通信利用時
+220円

Y!mobile


出典:ワイモバイル

Y!mobileは、ソフトバンクの回線を使用しているキャリアで、格安SIMとキャリアのいいとこどりをしたような携帯会社です。

Y!mobileは大手キャリア同様、キャリアアグリゲーションを採用しているため、大手キャリアと変わらない通信品質を提供しています。

あわせて大手キャリアと比較した際に料金が安く、店舗に訪問してスタッフとの相談やサポートを受けることができるため、双方のいいところを生かしたいという方にはぴったり。

また、家族でまとめることで2回線目以降は1,188円引きとなるため、複数契約をすることでよりメリットを感じることができるでしょう。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイル


出典:UQモバイル

auの回線を利用しているUQモバイルの最大の特徴は、余ったGB数を翌月に繰り越せる点です。

月ごとに利用するデータ容量に幅がある方にはぴったりです。

普段はGB数を使い切ることが少ない方でも、万が一の際には安心。急にGB数を多く消費してしまいそうなときには有効活用できる内容となっています。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

mineo


出典:mineo

mineoはdocomo回線・au回線・ソフトバンク回線から好みの回線を選んで契約することのできる格安SIM会社です。

mineoは業界でも最安値の料金プラン設定になっているといわれており、その安さは20GBでも2,000円台となっているほど。

また、通話が不要な場合には通信契約のみのSIMを契約できるなど、自身の求めるスタイルに合わせて契約できるのが特徴となっています。

【mineo】最新キャンペーンはこちら

格安SIMの料金プラン詳細

格安SIMは多くの会社が提供をしており、紹介したものはその中の一部にすぎません。

ここからは格安SIMのメリットやデメリットについて解説をしていきますので、自身に格安SIMの利用は向いているのかどうかをしっかりと判断しましょう。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIM選びをする際には、しっかりとメリットとデメリットを理解し、比較することが大切です。

この部分を理解していないと、料金以外の面での失敗をしたり後悔をする場面が出てくるでしょう。

料金だけでなく、格安SIMの内容が自分に合っているのかを見極めてください。

格安SIMのメリット

まずは当然ながら、大手キャリアと比較した際に利用料金が安いことが最大のメリットといえるでしょう。格安SIMに変更をした場合、そのほとんどが料金の節約につながります。

これは端末代にも当てはまり、端末を安く手に入れたい方にもおすすめ。

またプランの選択肢も豊富なため、自身に合ったプラン選択ができるというのもメリットになるでしょう。

  • 利用料金が安い
  • 端末代が安いことが多い
  • プランの選択肢が豊富

格安SIMのデメリット

まず覚えておきたいのは、ほとんどの格安SIM会社のサポートはオンラインのみとなっています。

Y!mobileやUQモバイルのように店舗を構えている場合でも、店舗数がそこまで多くないため、オンラインサポートがメインとなることを覚えておきましょう。

また最新端末の取り扱いはほとんどなく、必要な場合にはSIMフリー版を自身で用意する必要が出てきます。

あわせて、格安SIM会社はかけ放題の提供がないことがほとんどです。通話を主に使うという方は注意してください。

  • サポートはオンラインのみ
  • 最新機種の取り扱いは少ない
  • かけ放題の提供がないところが多い

▼本記事でご紹介している以外にも、多くの格安SIM(MVNO)が存在します。以下記事ではおすすめの格安SIMを比較しご紹介しているのでぜひご一読ください。

大手キャリアが提供している料金プランの概要

大手キャリアが提供しているプランは大きく分けて2つに分かれます。

それぞれに特徴がありますので、まずは違いをしっかりと確認していきましょう。

大容量プランの携帯料金

docomoauソフトバンク楽天モバイル
プラン名ギガホ プレミア使い放題MAXメリハリ無制限Rakuten
UN-LIMIT VI
月額料金5,555~7,205円7,238円7,238円0~3,278円
通話料金
通話オプション
22円/30秒

5分通話無料オプション
770円

かけ放題オプション
1,870円
22円/30秒

通話定額ライト2
880円

通話定額2
1,980円
22円/30秒

準定額オプション+
880円

定額オプション+
1,980円
22円/30秒
各種割引情報みんなドコモ割
・2回線時▲550円
・3回線以上時▲1,100円

ドコモ光セット割
▲1,100円

dカードお支払い割
▲187円
家族割プラス
・2回線時▲550円
・3回線以上時▲1,100円

auスマートバリュー
▲1,100円

au PAY カードお支払い割
▲110円
新みんな家族割
・2回線時▲660円
・3回線以上時▲1,210円

おうち割 光セット
▲1,100円
割引適用後の料金3,168~4,818円4,480円4,928円0~3,278円
備考3GBまでは安い価格で使用可能
60GB超過で
128kbpsに速度制限
3GB未満の月は上記金額から1,650円割引3GB未満の月は上記金額から1,650円割引GB利用無制限

インターネットを多く使用する場合には、大手キャリアで提供されている大容量プランを使用するのがおすすめです。

docomoを除く3キャリアは、使用量無制限のプランを提供しており、それだけ使っても速度制限がかかることはありません。

また、使用量が3GBを下回る月には通常の料金よりも安くなることが多いため、万が一使用量が少なくなった月には、金額が抑えられるのもメリットといえるでしょう。

月3GB程度利用の場合の携帯料金(低容量プラン)

docomoauソフトバンク楽天モバイル
プラン名ギガライトピタットプランミニフィットプラン+Rakuten
UN-LIMIT VI
月額料金3,465~6,765円3,150~6,150円3,278~5,478円0~3,278円
通話料金
通話オプション
22円/30秒

5分通話無料オプション
770円

かけ放題オプション1,870円
22円/30秒

通話定額ライト2
880円

通話定額2
1,980円
22円/30秒

準定額オプション+
880円

定額オプション+
1,980円
22円/30秒
各種割引情報みんなドコモ割
・2回線時▲550円
・3回線以上時▲1,100円

ドコモ光セット割
・1~5GB利用時
▲550円
・5GB以上利用時
▲1,100円

dカードお支払い割
▲187円
家族割プラス
・2回線時▲550円
・3回線以上時▲1,100円

auスマートバリュー
1GB以上利用時
▲550円

2年契約N適用時
▲187円
おうち割 光セット
▲1,100円
割引適用後の料金2,178~4,378円2,178~4,928円2,178~4,378円0~3,278円
備考7GB超過時
128kbpsに速度制限
7GB超過時
128kbpsに速度制限
3GB超過時
128kbpsに速度制限
GB利用無制限

月3GB程度利用の場合には、どのキャリアも段階制のプランを使用するのがおすすめです。

このプランの場合使用量に応じて携帯料金が変動するため、インターネットの使用が少なかった月は金額が安く済むのが特徴。

利用状況に合わせて金額が変動するのは、安心できるポイントですね。

ですが、docomoとauに関しては7GB、ソフトバンクは3GBが利用可能なGB数となっており、超過した場合には速度制限がかかりますので注意しましょう。

また、現状大手キャリアで低容量プランを契約するメリットはあまりありません。

例外として、家族割引などを増やしたい場合や、大手キャリアの回線を利用したい場合には低容量プランを利用するのがいいですが、そうでない場合には格安SIMや新プランのほうが条件が良くなることを覚えておきましょう。

大手キャリアのメリットとデメリット

大手キャリアで提供しているプランは楽天モバイルを除き、上記で紹介をした2種類に分かれます。

では大手キャリアを利用するメリットやデメリットはなにがあり、どのような人におすすめなのでしょうか。

大手キャリアのメリット

大手キャリアの通話・通信品質は他と比べて高いのが特徴。

これは自社での通信網を保有していることからきており、接続の良さや安定性を実現しています。

接続面でストレスを感じたくない場合には大手キャリアがおすすめです。

また格安SIMと違い多くの店舗を構えているため、対面でのサポートを受けられるのもメリットといえます。

通話のプランも3つあり、

  • 使用分の支払いが発生するプラン
  • 5分までは通話料金がかからず、超過分を支払うプラン
  • かけ放題のプラン

上記の中から利用状況に合わせたプラン選択ができるというのはメリットといえるでしょう。

  • 通話・通信品質が高い
  • 店舗サポートが受けられる
  • 通話プランが豊富

大手キャリアのデメリット

大手キャリアのプランは、格安SIMなどと比較しても料金が高くなる傾向にあります。

大手キャリアは家族複数台や光回線とのセット割を前提としたつくりになっていることが多く、これらの割引を受けられない場合には高くついてしまうと考えておいたほうがいいでしょう。

また大手キャリアの料金プランは、プランの選択肢が少ないこともデメリットになる可能性もあります。

自身の利用状況に合わせたプランにしたいという場合には、ちょうどよいプランにならない可能性もありますので、この点は覚えておきましょう。

  • 格安SIMと比較して料金は高くなりやすい
  • プランの選択肢は少ない

低容量プランと大容量の料金プランの主な違い

低容量プラン大容量プラン
使用可能GB数7GB上限
ソフトバンクのみ3GB上限
無制限
docomoのみ60GB上限
割引金額1,000円前後2,000円前後
制限時の速度128kbps基本なし
docomoのみ制限時3Mbps

低容量プランと大容量プランの違いについて、代表的なものを上記の表にまとめました。

キャリアごとに比較をした際には細かな違いが出てきますが、まずは大きな違いをしっかりと理解し、目的に合わせたプラン選びをしていきましょう。

【タイプ別】おすすめの料金プラン

ここまで大手キャリアの携帯料金・格安SIMの携帯料金・新プランの携帯料金や特徴について解説をしてきました。

それぞれのメリットやデメリットも含め、使用するうえでのポイントなどが理解出来てきたのではないかと思います。

ここからはタイプ別におすすめの料金プランや携帯会社について紹介していきますので、料金比較の参考にしてみてください。

家族でまとめるのにおすすめのプラン

家族でまとめるのにおすすめのプランは、Y!mobileの料金プランです。

Y!mobileは家族で契約した際、2回線目以降が1,188円割引となるため、非常にお得といえます。

他のキャリアでも家族での割引はありますが、料金プランの条件や、2回線だと割引率が下がるということもあるため、家族で複数台契約する際にはY!mobileがおすすめです。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

学生におすすめのプラン

学生が使用するのにおすすめのプランは、UQモバイルの料金プランです。

UQモバイルは、GBが余った時に繰り越しをすることのできるプランを提供しており、使用しなかったデータを翌月利用することができます。

そのため、万が一の時にも安心できるプランといえるでしょう。

ギガが時折足りなくなるなどでお困りの場合には、UQモバイルを検討してみてください。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

カップルで使用するのにおすすめのプラン

カップルで使用するのにおすすめのプランは、ソフトバンクの料金プランとなっています。

通常、カップルでキャリアを統一したとしても家族割に該当するサービスを適用することはできません。

ですが、ソフトバンクの提供する「新みんな家族割」では、同棲中のカップルでも割引を適用することができます。

そのため、2人でキャリアを統一するメリットがあるといえるでしょう。

また、大容量プランを使用する場合には大手キャリアがおすすめですので、カップルで大容量プランを使用している場合にはソフトバンクが非常に向いているといえます。

ソフトバンクを契約する

一人で複数端末を持っている人におすすめのプラン

一人で複数端末を持っている場合には、おすすめの組み合わせが2つあります。

  1. 大手キャリアと格安SIMを組み合わせる方法
  2. 格安SIMを2台組み合わせる方法

大手キャリアと格安SIMを組み合わせる

1つ目は大手キャリアと格安SIMを組み合わせて持つ方法。

この契約方法は、通話を頻繁に使用する人に非常におすすめ。

格安SIMではかけ放題を提供していないことが多く、通話メインの場合には不便なことも。

この場合には通話を大手キャリア、データ通信を格安SIMで契約することで、1台持ちよりもお得に契約できる可能性が高まります。

格安SIMを2台組み合わせる

2つ目は格安SIMを2台組み合わせる方法です。

この契約方法のポイントは、通話用とデータ通信用それぞれとして使い分ける契約をすること。

ただし、格安SIMを2台持つ際には回線選びが非常に重要です。

同じ回線の場合には割引が入りお得になるメリットがありますが、通信障害時にはどちらも使用できなくなる恐れもあります。

反対に別回線を使用する場合、金額は高くなりますがリスク回避という意味では、万が一の時にも安心といえるでしょう。

どの持ち方にもメリットがありますので、自身の利用方法や求めることに合う方法での契約を検討しましょう。

まとめ

今回は大手キャリア・格安SIM・新プランの携帯料金や概要について徹底比較しました。

料金だけでなく、それぞれのプランにメリットやデメリットがありますので、契約の前にはしっかりと比較検討を行い、納得できるプランで契約しましょう。


SHARE!!