1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2017年9月】BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)に関する記事

247件の記事があります

MVNOとして格安SIMを販売する「BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の記事をまとめています。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)に関する記事の一覧を見る

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIM料金プランのおすすめポイントと注意点

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)はドコモ回線を使った格安SIMです。BIGLOBEの格安SIMには、他社の格安SIMにない12GBプランがあります。最大の強みは、BIGLOBE Wi-FiというWi-Fiスポットの利用が可能であるという点で、通常1ライセンス270円のところを、6GB以上のプランを契約の場合は無料で使うことができます。最大10ライセンスまで申し込みが可能です。格安SIMの一番の悩みといえば、容量制限があること。速度制限がかかってしまわないように使うのがMVNOとうまく付き合うコツですが、BIGLOBE SIM(ビックローブSIM)はそのお助けマン的存在であるWi-Fiスポットの無料提供をしてくれているのでありがたいですね。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIM料金プラン

BIGLOBE SIMの格安プランはとてもシンプルで、高速通信が3GB使える「3ギガプラン」(旧:エントリープラン)、6GB使える「6ギガプラン」(旧:ライトSプラン)、そして他社にはない「12ギガプラン」の3つのプランに加えて、大容量プランの「20ギガプラン」・「30ギガプラン」が提供されています。BIGLOBE SIMでのオススメは「6ギガプラン」。携帯キャリア契約時の最大容量である7GBと同じ程度使えるのに安くなるのでオススメです。他の大手MVNOでも同じくらいの価格の格安SIMを出していますが、例えばOCN モバイル ONEの6GBのSIMでは1,566円、IIJmio(みおふぉん)の6GBのライトスタートプランでは1,641円です(いずれもデータ専用SIMの場合)。したがって価格としては大体標準程度と言えるでしょう。ただし先ほど触れたWi-Fiサービスがついている分、お得感は一歩進んでいるような印象ですね。OCN モバイル ONEにもWi-Fiサービスはありますが、公式サイト情報を見るとBIGLOBE SIMの方が1,000箇所ほど接続スポットは多いようです。さらに、BIGLOBE SIMのシェアSIMには最大4枚の子SIMを追加可能。家族や他の端末と容量をシェアすることができます。

※2017年2月6日付で「BIGLOBE LTE・3G」におきまして、以下2点のプラン名称が変更されています。

「ライトSプラン」
「6ギガプラン」
「エントリープラン」
「3ギガプラン」

プラン設定自体もシンプルですので、現在使っている通信量をチェックして同程度のものを選ぶだけでプラン決定ができます。また、格安SIM初めての方向けには「音声通話スタートプラン」があり、通信容量は1GB/月、月額1,512円で利用可能。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIM料金プラン

BIGLOBE SIM月額料金
データSIM
月額料金
データSIM + SMS
月額料金
音声通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
音声通話
スタートプラン
--1,512円1GB/月
受信時最大682Mbps
送信時最大50Mbps
1枚
3ギガプラン
(旧:エントリープラン)
972円1,101円1,728円3GB/月受信時最大682Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚
6ギガプラン
(旧:ライトSプラン)
1,566円1,695円2,322円6GB/月受信時最大682Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚
12ギガプラン
2,916円3,045円3,672円12GB/月受信時最大682Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚
20ギガプラン4,860円4,989円5,616円20GB/月受信時最大682Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚
30ギガプラン
7,290円7,419円8,046円30GB/月受信時最大682Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚

通話に関しても、BIGLOBE SIMは強みがあります。まずは番号そのままでスマホからの国内通話料が半額の30秒10円(不課税)となる「BIGLOBEでんわ」というアプリ。さらに「BIGLOBEでんわ」を利用する方におすすめなオプションとして、 1,200円分(最大60分)の国内通話が無料となる「通話パック60」、もしくは3分以内の国内通話が何度でもかけ放題の「3分かけ放題」のどちらかが選べるオプションサービス「選べる通話オプション」(650円/月)があります。特に3分かけ放題は3分以内の通話が何度でも無料なので、短い通話をよく利用する人ほど得するシステムになっています。

もう一つおすすめしたいオプションが「エンタメフリー・オプション」です。このエンタメフリーオプションとは動画・音楽関連の対象サービスでのデータ通信量がかからなくなるサービスです。こちらのオプションを利用できるプランは3GB以上のプラン(シェアSIM含む)で、音声通話SIMの場合、「518円/月・SIM1枚」データSIMの場合「1,058円/月・SIM1枚」です。対象サービスは以下の通りです。

  • 動画配信サービス:YouTube、AbemaTV、U-NEXT
  • 音楽配信サービス:Google Play Music、Apple Music、AWA、spotify、Amazon Music
  • ラジオ配信サービス:radiko.jp

さて、先述したBIGLOBE Wi-Fiについて、もう少し詳しく解説しましょう。外出時にもWi-Fi環境が整えば、データ使用量を抑えることが可能になります。無料で広範囲のWi-Fiスポットが使えるサービスは、他のSIMと比較するとかなりの強みと言えるでしょう。BIGLOBE Wi-Fiは1ライセンスにつき270円/月のところ、6ギガプラン(旧ライトSプラン)以上を契約すれば1ライセンス無料で利用でき、全国83,000カ所のアクセスポイントに接続可能です。全国のセブンイレブンやローソン、スターバックスに加え、ファーストフード、デパート、鉄道の主要駅、空港などでも使うことができます。専用アプリ(無料)でBIGLOBE Wi-Fiの利用可能エリアに入ると自動で接続します。BIGLOBE Wi-Fiライセンス申し込みを行い、ご利用端末のMACアドレスの登録、Wi-Fiの接続設定を実施してください。

BIGLOBE SIMは、人気雑誌が160誌以上も読めるdマガジン(月額432円)や、国内外の映画・ドラマ・アニメ・音楽やBeeTVなど約12万作品を見ることができるdTV(月額540円)、5,000以上の音楽プログラムに加え、話題のドラマ主題歌や人気アーティストの新曲も随時追加されるdヒッツ(月額540円)も利用可能です。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のおすすめポイント

BIGLOBE SIMのおすすめポイントは多数ありますが、12GBプランの存在、無料のWi-Fiスポット「BIGLOBE Wi-Fi」、「オートコネクト」によるモバイルデータ通信とWi-Fi通信の自動切り替え、通話料金半額サービス「BIGLOBEでんわ」が特筆して挙げられます。

珍しい12ギガプランの存在。複数端末でシェアができる
BIGLOBE SIMは、格安SIMでは珍しい12GBプランを提供しています。各主要キャリアで契約した場合、通信規制に達するデータ通信量の合計は「7GB」なので、12GBはそれを上回る数字です。 12GBプラン以上なら、大容量なので家族でBIGLOBE SIMのシェアSIMを利用して月々の費用をぐっと節約することもできますね。
「シェアSIM」を追加すると、ご家族でデータ通信量を分け合うことができます。BIGLOBE SIMのシェアSIMは3GB以上のプランから、最大4枚SIMを追加することができます。SMS付きSIM:345円/月、音声SIM:972円/月、データSIM:216円/月の種類があり、用途別に選択できる他、6歳以上の未成年の方もシェアSIMの利用者とすることが可能です。

シェアSIMは1枚追加するごとに、追加手数料3,240円とSIMカード準備料425円がかかることを覚えておいてください。また主SIMがデータSIMの場合、シェアSIM(音声)を追加することはできません。シェアSIM(音声)を追加する場合、主SIMは音声通話SIMを契約しておきましょう。また、シェアSIM(音声)はSIMごとに最低利用期間が存在しており、サービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目までにシェアSIMを削除すると、削除したシェアSIMごとに契約解除料として8,640円がかかってきます。

もう1点、主SIMとシェアSIMを同時に申し込むとシェアSIM自体は契約者本人の名義になってしまいます。家族の名義でシェアSIMの申し込みを希望される方は、まず先に主SIMのみを申し込み、あとからシェアSIMの追加を申し込むようにしましょう。

BIGLOBE Wi-FiでWi-Fiスポットが無料(6GB以上のプラン)
BIGLOBE SIMの6GB以上のプランでは、BIGLOBE Wi-Fiの利用1ライセンスが無料になり、カフェやコンビニ、主要な駅・空港など全国83,000カ所のWi-Fiスポットが利用できます。
Android向けアプリ「オートコネクト」を使うと、LTEと3G通信とWi-Fi通信を自動で切り替え可能
オートコネクトとは、自宅や外出先などのエリアに応じた通信方法(モバイルデータ通信とWi-Fi通信)を自動で切り替えるアプリです。外出先で利用可能な「BIGLOBE Wi-Fi」の登録、設定が簡単にできます。通信の接続・切断を制御することで、端末のバッテリー消費を抑えることも可能です。
「BIGLOBEでんわ」で国内通話料が従来の半額
「BIGLOBEでんわ」は、スマホからの国内通話料が半額になります。BIGLOBE SIMの音声通話SIMを利用しているスマートフォンで「BIGLOBEでんわ」専用アプリをダウンロードして、アプリを利用すれば、月額基本料が無料で利用可能です。アプリを使って電話をかけると、国内通話は30秒10円、国際通話は30秒20円になります。
高速通信容量の追加(ボリュームチャージ)に利用期限がない
もし当月の通信量を使い切ってしまっても、高速通信容量を100MB単位で、100MB~1GBまで追加できます。価格は324円/100MB。他社の場合は追加分の高速通信容量の利用期限は翌月末までとなっていることが多いものですが、BIGLOBE SIMならなんと利用期限がありません。ただし、ボリュームチャージの容量が残っていると購入できませんので注意。
BIGLOBEの既存ユーザーなら月額216円割引
有名プロバイダだけあって、すでに利用しているユーザーも多いのではないでしょうか?すでにユーザーの場合月額216円割引になります。もし光やADSLでBIGLOBEと契約済みなら、SIMもこのMVNOで決まりですね。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)で注意したい事

おすすめのBIGLOBE SIMですが、少々注意が必要な点もあります。

音声通話機能付きプランは最低利用期間あり
音声通話プランは、最低利用期間としてサービス開始月からサービス開始月の翌月を1カ月目として、12カ月目まで利用する必要があります。最低利用期間内にBIGLOBE SIMを解約するか音声通話サービスの利用をやめた場合、音声通話サービス契約解除料がかかります。音声通話サービス契約解除料は8,640円です。
高速通信と低速通信の切り替え機能がない
高速通信と低速通信の切り替え機能が無く、高速データ通信容量を節約するのがやや難しいです。ただし、BIGLOBE SIMはWi-Fiスポットを利用できるので、Wi-Fiを利用することで、高速データ通信容量を節約できるメリットがあります。
【完売】iPhoneのセット販売は終了
BIGLOBE SIMはiPhoneと格安SIMのセット購入ができる数少ないMVNOでしたが、完売で販売終了となっています。以前はiPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plusの16GBモデルが用意されていました。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

BIGLOBE SIMの格安SIM料金プランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIM料金プランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の速度などの評価・評判

BIGLOBE SIMの格安SIMは一見すると、他MVNOの格安SIMと変わらず利点が少ないように見えてしまいますが、6GB以上のプランならWi-Fiスポットが1ライセンス無料で使えるところに人気があります。Wi-Fiスポットがない場合、大きなファイルのダウンロードには時間、契約通信容量を消費してしまいます。家庭に固定インターネットがあれば良いのですが、今ではスマホのインターネット環境しか持っていないという方もいます。その場合にWi-Fiスポットを利用する事でダウンロード時間と契約通信容量の節約ができます。

また、iPhoneではWi-Fi接続時にクラウドバックアップをとれるようになっていたりもしますので、Wi-Fiスポットが使えることはバックアップ時にも非常に便利です。そして、格安SIMを使う上で重要なポイントなのですが、格安SIMをスマホで使えるようにする初期設定にも、Wi-Fiは必要になります。

実効速度としては標準的ですが、やはり老舗プロバイダというだけあって通信自体は安定しており、混雑時でも通信が途切れることはあまりないようです。また、高速通信時の3日間速度制限が撤廃されたのもうれしいポイント。前月余った分を翌月の月初に一気に使い切ることも可能です。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

BIGLOBE SIMを他MVNOの格安SIMと比較してみると、特筆すべき点が浮かび上がってきます。

格安SIMでは珍しい12GBプラン
BIGLOBEにある12GBプランは他社にはなかなか見られないプランです。12GBは動画や画像のアップロードもどんどんできてしまうほどの容量ですし、家族やタブレットなどの端末とシェアするにもちょうどいい容量ですよね。3日間の利用容量制限もなく使えます。料金もデータ専用SIMなら2,916円と、容量の割に高くはありません。12GBに近いところですと、DMM mobile(DMMモバイル)の10GBプランが月々2,365円、IIJmio(みおふぉん)がファミリーシェアプラン(タイプD)が10GBで2,764円、OCN モバイル ONE(OCN SIM)が10GBで2,484円、楽天モバイルが10GBで2,440円、DTI SIMが10GBで2,268円になります。
直近のデータ量は気にするな!全てのプランで3日間の通信制限無し
BIGLOBE LTE・3Gで適用される直近3日間(72時間)の通信制限は、全てのプランでありません。BIGLOBE SIMでは、3日間で一定の通信量を超えると、6ギガプラン、12ギガプラン以外のプランでは速度が規制されていましたが、2016年9月13日より通信制限が廃止されたからです。この3日間の利用容量制限を適用する格安SIMも多い中、契約通信容量を毎日存分に使用できる点は非常にありがたい印象です。
競合の筆頭としては、U-mobileの「LTE使い放題」「LTE使い放題2」では高速通信を通信量上限なく利用可能。また、「b-mobile SIM 25GB定額」でも定額プランとして25GBまで使い放題となります。「b-mobile SIM 25GB定額」は通信のみで月額2,570円、U-mobileのデータ専用「LTE使い放題」は通信のみで2,678円。
月額2,000円以内で高速通信最大容量
格安SIMを契約する場合、「通信費用を月額2,000円以内にしたい」が多くの人の1つのボーダーラインになっていると思います。データ通信SIMの場合、楽天モバイルが同じ1,566円でも5GBプラン、IIJmioが6GBプランで1,641円になっていることを考えると、BIGLOBE SIM 6GBプランはやはりおトクと言えるでしょう。高速通信で2,000円以内が予算と考えると、BIGLOBE 6GBプランは十分優れたサービスです。
追加料金なしで使えるWi-Fiスポット
BIGLOBE SIMの一番の目玉は、Wi-Fiスポットサービスが無料で使えることでしょう。全国のスターバックスやローソン、空港などで利用が可能です。Wi-Fiを使うと高速通信ができ、かつ月間通信容量を消費せずに済みますのでいくらでも通信できます。専用アプリ(無料)でBIGLOBE Wi-Fiの利用可能エリアに入ると自動で接続するのもうれしいところ。
スマホではアプリのダウンロードもたくさんの通信を使う場合がありますが、Wi-Fiを活用すれば月間通信容量をかなり節約できます。そのWi-Fiスポットを無料で使えてしまうというのは、他社格安SIMにはない大きな利点と言えるでしょう。
専用アプリを使って電話をかければ、誰とでも通話料が半額
BIGLOBE SIMには「BIGLOBEでんわ」というアプリがあります。専用のアプリを使って電話をすると、通常20円/30秒の国内通話料金が10円/30秒と、半額になります。格安SIMにはかけ放題のような通話定額サービスがないため、BIGLOBEでんわを積極的に利用して通信コストを抑えましょう。
基本通信容量繰り越しサービス
BIGLOBE SIMでは通信容量繰り越しサービスがあり、余った通信容量を次の月に繰り越して使うことができます。せっかくお金を払って購入した通信容量を無駄にすることなく使えるので安心ですね。
容量の追加は324円/100MBからでお手軽
月間通信容量を使いすぎてしまい、残量が0になった場合は通信速度が最大200Kbps以下になってしまいます。そのままでも使えないことはないのですが、やはり動画を見たりゲームをするには耐えられず、画像の送受信もかなり時間がかかることになるため、制限した使い方をしなくてはいけなくなります。
しかしBIGLOBE SIMでは「ボリュームチャージ」といって、残量0になった後も追加で通信容量を購入できます。100MB単位で324円からチャージ可能です。100MBあれば写真のアップロードやダウンロードをしても1日は持つはずです。購入後の利用期限もありません。月末に高速データ通信容量を使い切ってしまった場合は、利用を検討しましょう。
最新端末とのセット購入で月々の費用がお得になる
BIGLOBEでは最新の格安スマホをセットで購入することができ、キャリアでは取り扱っていないものもあります。見慣れないメーカーの物もありますが、実は非常に人気の高いスマホを扱っています。しかもキャリアで購入するような高額ではなく、とても安い価格になっています。格安スマホと格安SIMをセットで購入すれば、きっとみなさんの財布も納得の価格になるでしょう。
光とセットでさらにお得
BIGLOBEの接続サービス(光ファイバー接続など)を利用していれば、216円割引となります。これは元々各プランの料金に「ベーシック」コースの利用料金が追加されており、もし光などのサービスを契約している場合は重複するためその料金を割り引いてくれるというものです。BIGLOBE固定インターネット回線を利用している方は、セットにすればおトクと言えますね。
NTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適に利用可能
BIGLOBE SIMはドコモ回線を使っているので、全国のドコモのXi・FOMAエリアに対応しており、安定した通信を幅広いエリアで利用できます。
BIGLOBE(ビッグローブ)は2017年1月末よりKDDIグループになる
2016年12月8日にKDDIが、BIGLOBEを買収し、2017年1月末に完全子会社化することを発表しました。現状、BIGLOBEのMVNOサービスはKDDI系列のUQコミュニケーションズの回線も扱っていますが、MVNOとしてユーザーに提供しているのはNTTドコモの回線ですし、BIGLOBEの光回線ではKDDIの「auひかり」も扱っていますが、NTT東西の「フレッツ光」が主力です。BIGLOBE光とauのスマートフォン/タブレット/ケータイなどを同時利用することでBIGLOBE光の月額料金が割引になるサービスも既に開始されており、今回の買収により、今後KDDI関連の回線が増えたりKDDI関連サービスとの連携拡大が考えられるのではないでしょうか。
BIGLOBE(ビッグローブ)連携のポイントサービス「Gポイント」
格安SIMを含むBIGLOBEの接続サービスを利用すると毎月ポイントがたまります。申し込み後にポイント利用開始の手続きが必要ですが、たまったポイントはBIGLOBE利用料金への支払いや航空マイル・電子マネーへの交換が可能です。
BIGLOBE SIMとOCNモバイルONEとmineoの比較
BIGLOBE SIMは、同じく老舗プロバイダのOCNモバイルONEとよく比較されます。そこに、比較的新しくて純粋な格安SIMサービスであるmineoのデータ高速プラン(3GB)も加えて、同じ価格の際にどのようなサービス内容になっているか下記の表で比較してみました。OCNモバイルONEは110MB/日なので、30日と考えると約3.3GBということになります。BIGLOBE SIMとOCNモバイルONEはそれぞれの項目で非常に近い数字になっていますが、通信容量チャージではOCNモバイルONEが日次コースのため当日しか使えないというのがややネックでしょうか。mineoは同じ100MBで半額近い価格になっているので、月末によく足りなくなる人にはこちらの方がおトクですね。
通信速度をドコモ回線で比較すると、mineoとOCNモバイルONEが同程度の速度なのに対し、BIGLOBE LTEは下り最大682Mbps 上り最大50Mbpsと大きく差があります。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM) SIM料金プラン比較

サービス名BIGLOBE SIM
(データSIM 3ギガプラン)
OCN モバイル ONE
(データSIM 110MB/日コース)
mineo
(シングルタイプ 3GBプラン)
料金(税込)972円/月972円/月972円/月
通信速度下り最大682Mbps/上り最大50Mbps下り最大262.5Mbps/上り最大50MbpsAプラン:下り最大 225Mbps/上り最大 25Mbps(au 4G LTE相当)
Dプラン:下り最大225Mbps/上り最大50Mbps( Xi相当)、下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps(FOMA相当)
データ通信容量3GB/月110MB/日3GB/月
制限時通信速度200kbps200kbps200kbps
高速/低速通信切り替えなしありあり
Wi-Fiスポット6GBプラン以上から、1ライセンス無料で利用可追加料金不要で利用可なし
通信容量追加チャージ324円/100MB申し込み当日に限り、540円で無制限(使い放題)
162円/100MB
SMSオプションあり(129円)あり(129円)Aプラン:無料
Dプラン:129円
SMS送信料国内:3.24~32.4円/回
海外:50~500円(不課税)/回
国内:3.24円/通(毎月5通まで無料)
海外:50円(不課税)/通
国内:3.24~32.4円/回
海外:
Aプラン 100円/通(免税)(日本で送受信する場合で相手がmineo Aプランの場合は3.24~32.4円)
Dプラン 50〜500円/通(免税)、海外へのSMS送受信は不可
データ容量の繰り越し翌月まで繰り越し可翌月まで繰り越し可翌月まで繰り越し可
対応SIM標準SIM・マイクロSIM・ナノSIM標準SIM・マイクロSIM・ナノSIM標準SIM・マイクロSIM・ナノSIM

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)でiPhoneを使うなら知っておきたいこと

BIGLOBE SIMとの契約を検討中の方で、iPhoneをお使いの方、もしくはiPhoneを使おうと思っている方は多いのではないでしょうか。BIGLOBE SIMであれば、SIMフリー端末はもちろんのこと、docomoで契約したiPhoneなら、そのまま利用できることもメリットとして挙げられます。ここでは、BIGLOBE SIMでiPhoneを使うときに知っておきたいことを紹介します。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMで利用可能なiPhone一覧

最後にBIGLOBE SIMの格安SIMで利用できるiPhoneについて見ていきましょう。以下で紹介する機種はBIGLOBE SIMが動作確認済み端末としてホームページ上で公式に発表している機種になります。

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の動作確認済み端末(iPhoneシリーズ)
  • iPhone 7(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 7 Plus(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone SE(BIGLOBE販売版・ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6s(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6s Plus(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6(BIGLOBE販売版・ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6 Plus(BIGLOBE販売版・ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 5s(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 5c(ドコモ販売版)
  • iPhone 5(SIMフリー版)
  • iPhone 4s(SIMフリー版)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)で買えるおすすめの格安スマホ

BIGLOBE SIMとのセットで売られている格安スマホを紹介します。

arrows M04

arrows M04
arrows M04は国産スマホならではの防水防塵設計やワンセグ機能、おサイフケータイなどの機能を備えた高性能スマホです。最大の特徴はハンドソープで洗えていつでも清潔に使えるという点です。また、堅牢度も折り紙付きとなっています。
BIGLOBE SIMではアシストパック利用で1,609円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
富士通コネクテッドテクノロジーズ
端末分割支払金
1,609円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 410 クアッドコア(1.2GHz)
画面サイズ
5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

AQUOS SH-M04

AQUOS SH-M04
AQUOS SH-M04は、高画質、省エネ設計の長寿命で安心のAQUOSスマホ。防水・防塵にも対応しているあたりは流石SHARPの国産スマホです。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,242円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
SHARP
端末分割支払金
1,242円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 430 1.4GHz + 1.1GHz(オクタコア)
画面サイズ
約5.0インチ IGZO(720×1280)

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03
AQUOS mini SH-M03は、狭額縁デザインを採用し、持ちやすいコンパクトサイズを実現した国産スマホ。防水・防塵・おサイフケータイ・ワンセグなどにも対応しているのがうれしいですね。こちらのスマホはアシストパック利用で1,490円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
SHARP
端末分割支払金
1,490円
支払期間
24か月
CPU
クアルコムSnapdragon™ 808 1.8GHz + 1.4GHz(ヘキサコア)
画面サイズ
約4.7インチ IGZO(1920×1080)

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 liteはHUAWEIから発売された格安スマホ。liteシリーズに初めて「ナックルセンステクノロジー」を搭載。割り当てられたジェスチャーをすることで快適にスクリーンショットなどができるようになりました。また、カメラも1200万画素と高性能。高速フォーカスなども搭載しているから素早くきれいな写真を撮れます。価格も抑えながら高性能な点がHUAWEI P10 liteのおすすめできるところです。
BIGLOBE SIMではアシストパック利用で1,339円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
HUAWEI
端末分割支払金
1,339円
支払期間
24か月
CPU
HUAWEI Kirin 658 オクタコア
(2.1GHz×4+1.7GHz×4)
画面サイズ
約5.2インチ IPS(1920×1080)

HUAWEI P10

HUAWEI P10
HUAWEI P10はHUAWEIから発売された格安スマホ。前回のHUAWEI P9からブラッシュアップを加え、ますます使いやすいスマホになりました。注目点は美しいフォルム、LEICAを採用した背面のダブルレンズカメラ、超高速Kirin 960プロセッサです。
BIGLOBE SIMではアシストパック利用で2,916円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
HUAWEI
端末分割支払金
2,916円
支払期間
24か月
CPU
HUAWEI Kirin 960 オクタコア (2.4GHz×4+1.8GHz×4)
画面サイズ
約5.1インチ, IPS(1920×1080)

HUAWEI nova lite

HUAWEI nova liteは5.2インチスマホ。OSはAndroid™ 7.0、3,000mAhの大容量バッテリー搭載で、幅広い世代で扱いやすい高コスパモデルです。
こちらのスマホはアシストパック利用で939円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
HUAWEI
端末分割支払金
939円
支払期間
24か月
CPU
HUAWEI Kirin 655 オクタコア(2.1GHz×4+1.7GHz×4)
画面サイズ
約5.2インチ, IPS(1920×1080)

ZenFone Live(ZB501KL)

ZenFone Live(ZB501KL)
ZenFone Liveは文庫本並の軽さとコンパクトなボディが特徴の高性能スマホです。更に「美人エフェクトLive」を世界で初めて搭載したモデルであり、インカメラで肌を補正しながらSNSのライブ配信が可能なため、女性向けのスマホと言えるでしょう。ATOK搭載で日本語入力も使いやすくなっています。
BIGLOBE SIMではアシストパック利用で885円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
ASUS
端末分割支払金
885円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 400 クアッドコア(1.4GHz)
画面サイズ
5.0インチ IPS(1280×720)

ZenFone 3 Max(ZC553KL)

ZenFone 3 Max(ZC553KL)
2017年4月15日に発売されたZenFone 3 Max(ZC553KL)は2017年1月に発売されたZenFone 3 Maxの5.5インチモデルバージョンです。5.2インチ版Zenfone 3 Maxのポイントだった大容量バッテリーやリバースチャージ機能はそのまま、カメラ画質、メモリ、ストレージなどの機能を強化し、さらに大画面になってパワーアップ。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,242円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
ASUS
端末分割支払金
1,242円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 430 オクタコア (1.4GHz)
画面サイズ
約5.5インチ, IPS(1920×1080)

ZenFone 3(ZE520KL)

ZenFone 3(ZE520KL)
ZenFone 3(ZE520KL)は1,600万画素のカメラや指紋認証センサーを搭載した高スペックモデル。デュアルSIMデュアルスタンバイにも対応しているので、格安SIMとの相性はかなり良いです。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,490円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
ASUS
端末分割支払金
1,490円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 625,2GHz(オクタコア)
画面サイズ
5.2インチ Super IPS(1920×1080)

VAIO Phone A

VAIO Phone A
VAIO Phone AはPC同様のアルミ削りだしボディで高品質と堅牢性を両立。アルミニウムの高級感は2万円台とは思えないほど。また、デュアルSIM・デュアルスタンバイ対応でビジネスにも使えます。デザリングにも対応しているので、モバイルルーターとしての使い方もできます。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,123円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。またクーポン利用で6か月間500円の割引を受けることが可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
VAIO
端末分割支払金
1,123円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 617 オクタコア
(1.5GHz×4+1.2GHz×4)
画面サイズ
約5.5インチ(1920×1080)

Moto G5

Moto G5
Moto G5は2017年3月31日に発売されたスマートフォンです。大きいサイズのスマホが増えている中、5インチのコンパクトスマホなので、胸ポケットに入れることもできます。カメラ画質は、アウトカメラ1,300万画素、インカメラ500万画素の広角レンズが搭載されているので、簡単に美しい写真を撮ることができます。端末の動きによって、操作ができる、MOTOROLAならではの「Motoアクション」も新しくなり、より便利に。また、2017年夏以降に実施されるアップデートで3Gと4G LTEのデュアルスタンバイに対応予定のため、高いコストパフォーマンスを実現。OSはAndroid 7.0を搭載。
こちらのスマホはアシストパック利用で886円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
MOTOROLA(モトローラ)
端末分割支払金
886円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 430 オクタコア(1.4GHz)
画面サイズ
約5.0インチ(1920×1080)

Moto G5 Plus

Moto G5 Plus
Moto G5 Plusは前作のMoto G4 Plusの5.5インチよりも小さい5.2インチディスプレイを搭載したことにより、より持ちやすいサイズに。さらに、プロセッサーやメモリが強化され、より高速で、快適な操作が可能に。また、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応しています。バッテリーは3,000mAhと大容量。Moto G5同様に「Motoアクション」が搭載されていたり、最新のAndroid 7.0搭載に加えて次のAndroid OSバージョンへのアップデート対応も決まっているので、長く使える一台といえるでしょう。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,609円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
MOTOROLA(モトローラ)
端末分割支払金
1,609円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 625 オクタコア(2.0GHz)
画面サイズ
約5.2インチ

Alcatel PIXI 4

Alcatel PIXI 4
Alcatel PIXI 4はフランス発のスマートフォンブランド「Alcatel」からの発売ということだけあって、1万円台と格安ながらも、フィルター、コラージュ、ポラロイド写真編集ツールなどを取り揃えています。求めやすい価格なので、格安SIMを通話用などとして、2台持ちで利用する方にもおすすめできます。
こちらのスマホはアシストパック利用で453円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

メーカー
Alcatel
端末分割支払金
453円
支払期間
24か月
CPU
MediaTek MTK6735M クアッドコア(1.0GHz)
画面サイズ
約5.0インチ FWVGA(854×480)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のキャンペーン

BIGLOBE SIMでは現在以下のキャンペーンを実施中です。BIGLOBE SIMの格安SIMの契約を検討されている方は、このキャンペーン期間を逃さずに契約することをおすすめします。

スマホセットお申し込み特典 最大15,600円キャッシュバックキャンペーン


出典:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

キャンペーン内容
BIGLOBE SIMで3GB以上のプランを申し込みの上、所定期間を継続利用の方に音声通話SIM:15,600円/データSIM:12,000円をキャッシュバック!
キャンペーン対象
  • BIGLOBE SIM(音声通話SIM、データSIM)で3GB以上のプランを申し込んだ方
  • 対象期間中に公式サイトから申し込み、2018年1月31日までに本サービスを開始された方
  • サービス開始の翌月を1カ月目として、12カ月継続して利用できる方
キャンペーン期間
2017年9月4日〜2017年12月3日 23:59
BIGLOBE SIM 最大12,000円キャッシュバック特典(SIMのみ)


出典:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

キャンペーン内容
BIGLOBE SIMで3GB以上のプランを申し込みの上、所定期間を継続利用の方に音声通話SIM:12,000円/データSIM:3,600円をキャッシュバック!
キャンペーン対象
  • BIGLOBE SIM(音声通話SIM、データSIM)で3GB以上のプランを申し込んだ方
  • 対象期間中に公式サイトから申し込み、2018年1月31日までに本サービスを開始された方
  • サービス開始の翌月を1カ月目として、12カ月継続して利用できる方
キャンペーン期間
2017年9月4日〜2017年12月3日 23:59
友達紹介プログラム
キャンペーン内容
紹介する側・される側共にBIGLOBE SIM(音声通話SIM)プラン月額料金が1カ月分無料に!また、紹介する側は紹介人数分だけ、無料期間延長
キャンペーン期間
2017年7月3日~2018年4月1日
iPhone/iPadをご購入でBIGLOBEの月額利用料金に使えるGポイントを進呈!
キャンペーン内容
BIGLOBEの月額利用料金に使えるGポイントを最大9,300G進呈
詳しくは対象ページをご覧ください。
キャンペーン対象
対象ページ経由でiPhone/iPadの購入とBIGLOBE SIMの申し込みをした方
契約プランや購入端末によって進呈されるGポイントが異なります。詳しくは対象ページをご覧ください。
キャンペーン期間
2017年8月1日~2017年11月30日

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)