1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. BIGLOBEモバイルの料金・評判・速度を徹底解説|キャッシュバックキャンペーンも

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金プランや口コミ・評判、通信速度を徹底解説します。格安SIM「BIGLOBEモバイル」のキャッシュバックキャンペーンやiPhoneといった人気端末、速度や口コミ・評判をまとめました。BIGLOBEモバイルを安く契約したい方必見です。

この記事の目次

BIGLOBEモバイルの料金プランや月額費用

BIGLOBEモバイルは元々はdocomo回線のみを使った格安SIMでしたが、2017年10月10日からau回線「タイプA」の提供も開始されました。auユーザーの皆さんにとっては、選択肢が増えてますますうれしい展開ですね!

BIGLOBEモバイルの格安SIMには、他社の格安SIMにない12GBプランがあります。最大の強みは、BIGLOBE Wi-FiというWiFiスポットの利用が可能であるという点で、通常1ライセンス250円のところを、6GB以上のプランを契約の場合は無料で使えます。最大10ライセンスまで申し込みが可能です。

格安SIMの一番の悩みといえば、容量制限があること。速度制限がかからないように使うのがMVNOとうまく付き合うコツですが、BIGLOBEモバイルはそのお助けマン的存在であるWiFiスポットの無料提供をしてくれているのでありがたいですね。

BIGLOBEモバイルの格安SIM料金プラン

BIGLOBEモバイルの格安SIMプランはとてもシンプルで、6種類あります。

  • 試しやすい「1ギガ音声通話スタートプラン」
  • 高速通信が3GB使える「3ギガプラン」
  • 6GB使える「6ギガプラン」
  • 他社にはない「12ギガプラン」
  • 大容量プランの「20ギガプラン」・「30ギガプラン」

BIGLOBEモバイルでのおすすめは「6ギガプラン/1,450円~」。携帯キャリア契約時の最大容量である7GBと同じ程度使えるのに安くなるのでおすすめです。他の大手MVNOでも同じくらいの価格の格安SIMを出していますが、例えばOCN モバイル ONEの6GBのSIMでは1,450円、IIJmioのタイプD、6GBのライトスタートプランでは1,520円です(いずれもデータ専用SIMの場合)。したがって価格としては大体標準程度と言えるでしょう。

また、BIGLOBEモバイルのシェアSIMには最大4枚の子SIMを追加可能。家族や他の端末と容量をシェアできます。

BIGLOBEモバイルのプランについては、2016年2月に「ライトSプラン」から「6ギガプラン」に、「エントリープラン」から「3ギガプラン」に変更になりました。

BIGLOBEモバイルの料金プラン(タイプD)

タイプD
(容量/月)
月額料金
データSIM
月額料金
データSIM + SMS
月額料金
音声通話SIM
通信速度SIM枚数
1ギガ音声通話
スタートプラン
--1,400円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
3ギガプラン
900円1,020円1,600円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
6ギガプラン1,450円1,570円2,150円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
12ギガプラン
2,700円2,820円3,400円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
20ギガプラン4,500円4,620円5,200円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
30ギガプラン6,750円6,870円7,450円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚

タイプAにはデータSIM単体のプランはありません。他のマルチキャリアMVNOだとSMS機能付きSIMはdocomo回線よりも少し安くなっているのですが、BIGLOBEモバイルではタイプDと変わらない価格となっています。

BIGLOBEモバイルの料金プラン(タイプA)

タイプA
(容量/月)
月額料金
データSIM
月額料金
データSIM+SMS
月額料金
音声通話SIM
通信速度SIM枚数
1ギガ
音声通話スタートプラン
--1,400円下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
1枚
3ギガプラン-1,020円1,600円下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
最大5枚
6ギガプラン-1,570円2,150円下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
最大5枚
12ギガプラン
-2,820円3,400円下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
最大5枚
20ギガプラン-4,620円5,200円下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
最大5枚
30ギガプラン-6,870円7,450円下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
最大5枚

BIGLOBEモバイルのオプション料金

BIGLOBEモバイルで提供されている各種オプションの月額料金と内容について紹介します。

BIGLOBEでんわ【無料】
スマホからの国内通話料が30秒20円から30秒10円になるオトクなサービスです。「BIGLOBEでんわ」アプリを無料ダウンロードし、アプリを起動して発信することで通話料が安くなります。
BIGLOBEでんわ 選べる通話オプション【600円または830円/月】
月額600円と830円の2つの料金で4種類の通話オプションを用意しています。600円の料金で1,080円分(最大60分)の国内通話がパックになった通話パック60、もしくは3分以内の国内通話が何度でもかけ放題のどちらかを選べます。もっとたっぷり通話をしたい方には830円の月額料金で1,620円分(最大90分)の国内通話がパックになった通話パック90、もしくは10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になるサービスが2018年4月よりスタートしています。選びやすい4種類のサービスがあるので、通話の頻度や1回の通話の長さにあわせて加入しましょう。
エンタメフリー・オプション【480円~/月】
YouTubeやAbemaTVなど対象のサービスのデータ通信量がカウントフリーになるオプションです。毎月、何らかのコンテンツで通信制限がかかってしまう方におすすめです。契約しているSIMの種類によって月額が変動します。ちなみに、3GB以上のプラン(シェアSIMを含む)でないと申し込みできないので注意しましょう。
スマート留守電【290円/月】
留守電メッセージが文字になるという画期的なサービスです。留守電メッセージのテキストはLINEやメール、Facebookの「Messenger」といったサービスへ転送することができます。
割込通話【200円/月】
通話中に別の電話がかかってきたとき、通話中の電話を保留にして、新たにかかってきた電話を受けることができます。
国際ローミング【無料】
海外へ行った際、電話番号はそのままで、音声通話とSMS送受信が利用できます。データ通信は利用できないので注意が必要です。
BIGLOBEメール【無料】
ブラウザやメールアプリで利用可能なBIGLOBEの無料メールサービスです。
BIGLOBE Wi-Fi【250円/月】
全国に8万3,000カ所あるWiFiスポットの利用が可能になるサービスです。6GB以上のプランを利用している場合、1ライセンス無料で利用できます。
BIGLOBEモバイル アプリ【無料】
今月の高速通信残量、プラン変更やSIMカードの追加、オプションサービスへの接続を行うことができるアプリです。通信量の使いすぎを通知してくれる機能もあります。
オートコネクト【無料】
自宅や外出先などエリアに応じてLTE・3G通信とWiFi通信を自動で切り替えるアプリです。WiFi電波強度による高品質なアクセスポイントの選択、画面消灯時、アプリ通信の接続・切断制御による端末の節電といった、WiFiに関する便利機能が満載のアプリです。
セキュリティセット・プレミアム【380円/月】
ウイルス対策ができるサービスです。最新バージョンに自動更新されるため、ウイルス対策ソフトに疎い方でも問題なく使えます。また、3台までライセンスの追加が可能で、4台目以降は1台当たり100円/月で追加できます。Windows/Mac/Android/iOSに対応しているため、PCも含めた複数端末を持つ方におすすめです。
インターネットサギウォール【300円/月】
インターネット詐欺の疑いのある危険なウェブサイトを発見し、警告してくれるソフトウェアです。フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などへの対策として有効です。「セキュリティセット・プレミアム」とセットで利用すると100円/月で利用できます。
あんしん電話フィルター【300円/月】
未登録番号からの着信の際、600万件以上のデータベースを参照して名前が表示されます。また、しつこいセールスや詐欺電話は警告やブロックしてくれます。「セキュリティセット・プレミアム」とセットで利用すると200円/月で利用できます。
迷惑メールフォルダオプション【150円/月】
迷惑メールを自動的にブロックしてくれるサービスです。
i-フィルター for Android【200円/月】
暴力、薬物、アダルトなどの有害サイトをシャットアウトする子供向けフィルタリングサービスです。Android端末専用となっています。
BIGLOBEモバイル ご自宅訪問設定【出張サービス料無料】
自宅まで訪問員が出張して、BIGLOBEモバイルの申し込みやスマホの初期設定をサポートしてくれるサービスです。離島に関しては、交通費・宿泊費を実費で請求される可能性があります。費用がかかるかどうかは訪問してもらう前に確認しましょう。
BIGLOBE スマホバックアップ【500円/月】
Cloud上に容量無制限にバックアップできるサービスです。AndroidとiOSではバックアップできるデータの種類が異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
BIGLOBE SIM端末保証サービス【500円/月】
BIGLOBEモバイルのSIMで利用している対象のAndroid端末が破損や水没などで通信できなくなった際に、修理・交換費用を保証します。40,000円まで、年2回まで保証されます。なお、端末の交換時はサービス月額料金の他に初回4,000円~の費用がかかります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
BIGLOBE端末あんしんサービス【380円~/月】
BIGLOBEモバイルで購入した対象端末の交換機が届くサービスです。オプションの申し込みはスマホの契約時のみとなる点に注意しましょう。
BIGLOBEアプリパック【360円/月】
三省堂のベストセラー辞典、14万曲から選べる着メロアプリ、覗き見防止や節電ツールなど便利で楽しめるアプリが多数収録されています。Android専用のアプリサービスであることに注意しましょう。

BIGLOBEモバイルにかかる各種費用

基本利用料金のほかにかかってくる費用について紹介します。

初期費用(プラン申込手数料、SIMカード準備料)
手数料3,000円/カード準備394円
SIMカード再発行・種別変更
SIMカード1枚につき手数料3,000円/カード準備394円
MNP転出
1電話番号につき3,000円(2019年10月1日~)
通話料
20円/30秒(BIGLOBEでんわアプリの利用で9円/30秒)
SMS送受信料
受信:0円/通
国内から国内への送信:3円~30円/通
国内から海外への送信:
タイプA:100円/通 タイプD:50~500円/通
データ容量追加
300円/100MB

BIGLOBEモバイルの通信速度

BIGLOBEモバイルの通信速度について紹介していきます。理論値だけでなく、実効速度も測定していますのでぜひ参考にしてみてください。

BIGLOBEモバイルの理論値(ベストエフォート)と実効速度

BIGLOBEモバイルの公式サイトで発表されている理論値は以下のとおりです。

BIGLOBEモバイル 理論値

  • 下り最大 タイプD 988Mbps/タイプA 958Mbps
  • 上り最大 タイプD 75Mbps/タイプA 112.5Mbps
  • 高速通信容量を使い切った場合:上り下り最大200kbps

一方の実効速度はどうなのでしょうか。以下がこれまでの測定結果となります。

BIGLOBEモバイル Dプラン 実効速度

日付1日平均朝8時台昼12時台夕方18時台夜21時台深夜0時台
9月第5週下り:2.35下り:0.68下り:0.22下り:0.63下り:1.33下り:8.87
11月第2週下り:4.73下り:3.81下り:0.73下り:1.24下り:1.00下り:8.00
12月第2週下り:5.82下り:4.4下り:2.09下り:1.48下り:1.14下り:7.95
19年1月第2週下り:5.04下り:4.55下り:1.90下り:1.66下り:4.05下り:8.69
2月第2週下り:5.90下り:4.47下り:1.86下り:1.60下り:1.28下り:11.69
3月第2週下り:5.01下り:4.11下り:1.89下り:1.63下り:1.37下り:9.17
4月第1週下り:5.35下り:4.55下り:1.39下り:1.57下り:1.66下り:10.03
5月第2週下り:5.86下り:5.48下り:2.52下り:2.01下り:2.16下り:9.54
6月第1週下り:4.72下り:3.98下り:1.46下り:1.51下り:1.66下り:7.58
7月第1週下り:5.26下り:4.12下り:1.21下り:1.17下り:1.36下り:8.16

Dプランは、1日の平均速度を見てみると速度が速いとは言えませんね。昼や夕方の速度がやや遅くなっています。ただし、昼に関しては他の格安SIMも速度が出ないといった状況となっているため、昼の速度が遅いのはBIGLOBEモバイルに限った話ではありません。

BIGLOBEモバイル Aプラン 実効速度

日付1日平均朝8時台昼12時台夕方18時台夜21時台深夜0時台
9月第5週下り:4.01下り:4.65下り:0.77下り:2.85下り:5.32下り:6.44
11月第2週下り:7.50下り:6.75下り:3.98下り:5.29下り:6.02下り:9.00
12月第2週下り:7.37下り:6.57下り:3.93下り:5.43下り:4.02下り:7.43
19年1月第2週下り:6.44下り:6.76下り:4.14下り:5.80下り:6.37下り:7.5
2月第2週下り:7.86下り:7.85下り:3.97下り:5.94下り:5.38下り:10.68
3月第2週下り:6.56下り:6.46下り:3.72下り:5.78下り:5.83下り:8.15
4月第1週下り:7.69下り:6.86下り:3.83下り:5.42下り:6.19下り:10.47
5月第2週下り:7.03下り:6.16下り:3.35下り:5.29下り:5.75下り:9.85
6月第1週下り:5.99下り:5.32下り:3.32下り:5下り:5.94下り:7.52
7月第1週下り:7.66下り:6.71下り:3.87下り:5.12下り:5.61下り:10.59

AプランはDプランとは異なり、1日の平均速度はある程度確保されているのがわかります。特に、昼に下り1Mbps以上でているのは利用者としては嬉しいですね。速度だけで選ぶとすれば、DプランよりもAプランのほうがおすすめと言えるでしょう。

BIGLOBEモバイルの通信制限について

BIGLOBEモバイルでは、月の通信量の合計が各プランの高速通信容量を超えた場合、通信速度が最大200kbpsに制限されます。

シェアSIMカード追加オプション、シェアオプションを利用している場合、利用中のすべてのSIMカードの通信量の合計値が各プランの高速通信量を超えると通信制限がかかります。また、制限後の速度は理論値であるため、常に200kbps出るとは限らないため注意しましょう。

BIGLOBEモバイルと他のMVNOの通信速度比較

BIGLOBEモバイルの通信速度は他の格安SIMと比較してどうなのでしょうか。今回は比較対象にdocomo回線とau回線を提供している「IIJmio」と比較してみました。

BIGLOBEモバイル Dプラン IIJmio タイプD 速度比較

測定日時BIGLOBEモバイル Dプラン 下り平均速度IIJmio タイプD 下り平均速度
9月第5週2.353.37
11月第2週4.734.81
12月第2週5.824.86
19年1月第2週5.044.80
2月第2週5.905.08
3月第2週5.015.32
4月第1週5.354.99
5月第2週5.866.39
6月第1週4.724.97
7月第1週5.266.5

docomo回線はIIJmioのほうが速度が出ていますが、その差はあまりなく甲乙つけがたい状態です。

BIGLOBEモバイル Aプラン IIJmio タイプA 速度比較

測定日時BIGLOBEモバイル Aプラン 下り平均速度IIJmio タイプA 下り平均速度
9月第2週4.931.85
9月第5週4.012.68
11月第2週7.503.86
12月第2週7.374.42
19年1月第2週6.444.15
2月第2週7.864.07
3月第2週6.564.15
4月第1週7.693.83
5月第2週7.035.07
6月第1週5.993.53
7月第1週7.665.34

au回線はBIGLOBEモバイルが優勢のようです。ただし、測定日や場所によって速度はまちまちなので、これだけを見て判断するのは少し難しいかもしれません。

【2019年12月】BIGLOBEモバイルの最新キャンペーン

BIGLOBEモバイルの最新キャンペーン情報をまとめました。SIMチェンジ限定のお得なキャンペーンもあるので、ぜひキャンペーンを使って申し込みましょう!

SIMチェンジ限定特典:3,000円相当のGポイントプレゼント

  • 2019年12月2日~2020年1月6日 23:59

SIMチェンジ限定特典!指定のクーポンコード「DGC」を入力して申し込むと、3,000円相当のGポイントプレゼントが受けられます。

キャンペーン対象は、音声通話SIMの3GB~30GBプランを申し込んだ方です。サービス開始月の翌月末までにポイントが進呈されます。

公式サイトのキャンペーン、「初期費用無料」+「オプション最大6カ月無料」と併用できます。大変お得な内容となっていますので、お見逃しなく!

【限定キャンペーン】BIGLOBEモバイルを契約する!

3ヶ月間×料金800円値引き

  • 2019年12月2日~2020年1月6日 23:59

キャンペーン中に音声通話SIMを申し込むと、月額料金800円/月が3ヶ月間値引きされます。このキャンペーンのすごいところは、新規契約だけでなく継続利用しているユーザーも割引を受けられる点です。

音声通話SIM3GB以上を2年以上契約している方も、割引されます。割引を受けるには、「BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク」に電話し、キャンペーンコード「M800」を伝えるだけで大丈夫です。

音声通話SIMを申し込むだけで割引が受けられるので、ぜひ利用したいキャンペーンです。

【限定キャンペーン】BIGLOBEモバイルを契約する!

対象端末最大10,000円相当還元


出典:BIGLOBEモバイル

  • 2019年12月2日~2020年1月6日 23:59

音声通話SIM3GB以上と端末をセット購入すると、最大10,000円相当の割引が受けられます。

端末によって値引き額が異なりますが、最低でも5,000円割引されるのでかなりお得です。対象端末は幅広く、人気のiPhoneからAndroidの最新端末まで対象となっています。

  • HUAWEI P30:10,000Gポイント
  • OPPO Reno A:7,000Gポイント
  • OPPO A5 2020:7,000Gポイント
  • ZenFone 6 (ZS630KL):7,000Gポイント
  • AQUOS sense3 SH-M12:7,000Gポイント
  • iPhone7 (32GB):7,000Gポイント
  • iPhone7 (128GB):7,000Gポイント
  • AQUOS sense2 SH-M08:5,000Gポイント

そろそろスマホを機種変更したいと考えている方は、キャンペーンを使って安くスマホをゲットしましょう!

【限定キャンペーン】BIGLOBEモバイルを契約する!

エンタメフリー・オプション最大6ヶ月無料


出典:BIGLOBEモバイル

  • 2019年12月2日~2020年1月6日 23:59

キャンペーン概要は以下の通りです。

キャンペーン内容
サービス開始月を1カ月目として6カ月目の末日まで、エンタメフリー・オプション月額料金が無料となります。
キャンペーン対象

BIGLOBEモバイル音声通話SIM3ギガ以上のプランを申し込みまたは利用の方で、期間中に『エンタメフリー・オプション』を初めて申し込みした方。
過去に『エンタメフリー・オプション』を申し込みしたことがある方は対象外。

キャンペーンの注意点
音声通話SIMを利用の場合、7カ月目以降は480円/月です。
音声通話スタートプラン、データSIMまたはシェアSIMを申し込み・利用の場合、特典対象外。
特典適用期間中に、BIGLOBEモバイルを解約、BIGLOBEを退会、利用停止、エンタメフリー・オプションを解約、音声通話スタートプランまたはデータSIMに変更手続きした場合、翌月以降は特典適用外となります。

【限定キャンペーン】BIGLOBEモバイルを契約する!

BIGLOBEモバイルのおすすめポイントや注意点、評価・評判

BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット、どんな方におすすめの格安SIMなのかなどを中心にまとめていきます。

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント・メリット

BIGLOBEモバイルのおすすめポイントとしては、対象プランの契約でBIGLOBE WiFiを使えること、アプリ経由で通話すると通話料が半額になることなどさまざまです。以下にまとめてみました。

BIGLOBE Wi-FiでWiFiスポットが無料(6GB以上のプラン)
BIGLOBEモバイルの6GB以上のプランでは、BIGLOBE WiFiの利用1ライセンスが無料になり、カフェやコンビニ、主要な駅・空港など全国8万3,000カ所のWiFiスポットが利用できます。
「BIGLOBEでんわ」で国内通話料が従来の半額
「BIGLOBEでんわ」は、スマホからの国内通話料が半額になります。BIGLOBEモバイルの音声通話SIMを利用しているスマートフォンで「BIGLOBEでんわ」専用アプリをダウンロードして、アプリを利用すれば、月額基本料が無料で利用可能です。アプリを使って電話をかけると、国内通話は30秒10円(不課税)、国際通話は30秒20円(不課税)になります。
高速通信容量の追加(ボリュームチャージ)に利用期限がない
もし当月の通信量を使い切ってしまっても、高速通信容量を100MB単位で追加できます。価格は300円/100MBです。また、他社の場合は追加分の高速通信容量の利用期限は翌月末までとなっていることが多いですが、BIGLOBEモバイルなら利用期限がありません。ただし、ボリュームチャージの容量が残っていると購入できませんので注意しましょう。
BIGLOBEの既存ユーザーなら月額割引あり
有名プロバイダだけあって、すでに利用しているユーザーも多いのではないでしょうか?すでにBIGLOBEの接続サービス(光ファイバー、ADSL、「ベーシック」コースなど)を同一BIGLOBE IDで利用しているユーザーの場合、月額200円割引になります。また、BIGLOBEの光回線(ビッグローブ光、フレッツ光)とBIGLOBEモバイルのタイプDを同一BIGLOBE IDで使う「光☆SIMセット割」なら月額料金が最大300円割引になります。

BIGLOBEモバイルの注意点・デメリット

BIGLOBEモバイルで注意しなければならない点やデメリットは何なのでしょうか。

音声通話機能付きプランは最低利用期間あり
音声通話プランは、最低利用期間としてサービス開始月の翌月を1カ月目として、12カ月目まで利用する必要があります。最低利用期間内にBIGLOBEモバイルを解約するか音声通話サービスの利用をやめた場合、音声通話サービス契約解除料がかかります。音声通話サービス契約解除料は1,000円です。(2019年10月~)
高速通信と低速通信の切り替え機能がない
高速通信と低速通信の切り替え機能が無く、高速データ通信容量を節約するのがやや難しいです。ただし、BIGLOBEモバイルはWiFiスポットを利用できるので、WiFiを利用することで、高速データ通信容量を節約できるメリットがあります。
auで購入した端末でもSIMロック解除が必要になる場合がある
タイプAを契約する際、2017年7月31日以前に販売された端末はSIMロック解除をしなければ契約できません。端末を持ち込んで契約する場合は、持ち込む端末がいつ発売されたかを確認しましょう。
タイプAのSIMカードではテザリングができない
タイプAで契約した場合、テザリングが使えないということを頭にいれておきましょう。

BIGLOBEモバイルの口コミ・評判

50人のBIGLOBEモバイル利用者に5点満点で点数をつけてもらったところ、総合評価の平均点は3.86。同時に9事業者の調査を実施したうち、この点数はmineo(マイネオ)に次ぐ2位という結果でした。

BIGLOBEモバイルが特に評価されているのは月々の料金。また、通信の安定性なども高く評価する人がいました。

BIGLOBEモバイルでiPhoneを使う時の注意点

BIGLOBEモバイルとの契約を検討中の方で、iPhoneをお使いの方、もしくはiPhoneを使おうと思っている方は多いのではないでしょうか。BIGLOBEモバイルであれば、SIMフリー端末はもちろんのこと、docomoで契約したiPhoneや、2017年8月1日以降に発売されたauで契約したiPhoneなら、そのまま利用できることが大きなメリットとして挙げられます。

ここでは、BIGLOBEモバイルでiPhoneを使うときに知っておきたいことを紹介します。

BIGLOBEモバイルで契約するためには、どのiPhoneを使うべきか

BIGLOBEモバイルで契約するためには、どのiPhoneを購入するのが良いのでしょうか。

これからiPhoneを用意するならSIMフリーのiPhone購入がおすすめ

基本的にdocomoやau、Softbankといったキャリアで契約したiPhoneには、そのキャリアのSIMカードでしか利用できないように、SIMロックがかけられています。したがって、そういったキャリアで契約した端末に、BIGLOBEモバイルの格安SIMカードを挿入しても利用できません。

格安SIMでiPhoneを使おうと思ったら、SIMフリーのiPhoneを購入するのがおすすめの方法になります。iPhoneの製造元であるAppleのストアから購入できるほか、Amazonなどのインターネット上のショッピングサイト、また中古端末であれば店頭やオークションサイトなどからも購入可能です。

BIGLOBEモバイルは、docomo(ドコモ)やauのiPhoneでも利用できる

キャリアのiPhoneは格安SIMをそのまま利用できないと説明できましたが、BIGLOBEモバイルの場合は、docomoやauで契約したiPhoneであれば、SIMカードを交換するだけで、そのまま利用が可能になります。これは、BIGLOBEモバイルの大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、auのiPhoneは2017年8月1日以降に発売された端末である必要があります。2017年8月1日より前に発売されたiPhoneを使う場合、SIMロック解除が必要になるという点に注意しましょう。

BIGLOBEモバイルで契約するために、iPhoneのSIMロック解除を行う

キャリアによってかけられたSIMロックは、iPhone 6s以降であればキャリアに頼めば解除することができます。PC申し込みなら無料、ショップに頼むと大体3,000円ほど手数料がかかるので注意しておきましょう。各キャリアのSIMロック解除手続きについては公式ページで詳しく記載されていますので、そちらを確認してみてください。

BIGLOBEモバイルの格安SIMで利用可能なiPhone一覧

BIGLOBEモバイルの格安SIMで利用できるiPhoneについて見ていきましょう。以下で紹介する機種は、BIGLOBEモバイルが動作確認済み端末としてホームページ上で公式に発表している機種になります。

iPhone端末名
(販売元)
OS(iOS)タイプDタイプA
iPhone 11 Pro MaxAppleストア13.1.1
iPhone 11 Pro Maxdocomo13.1.1×
iPhone 11 ProAppleストア13.1.1
iPhone 11 Prodocomo13.1.1×
iPhone 11 Proau13.1.1×
iPhone 11Appleストア13.1.1
iPhone 11docomo13.1.1×
iPhone XRAppleストア
SoftBank
12.3.1
ドコモ×
au×
iPhone XS MaxAppleストア
SoftBank
ドコモ×
au×
iPhone XSAppleストア
SoftBank
ドコモ×
au×
iPhone XAppleストア
ドコモ
SoftBank
au×
iPhone SEAppleストア
ドコモ
SoftBank
au
BIGLOBE
×
iPhone 8
Appleストア
SoftBank
12.3.1
iPhone 8 PlusAppleストア
ドコモ
SoftBank
12.3.2
au×
iPhone 7/
iPhone 7 Plus
Appleストア
ドコモ
SoftBank
12.3.1
au×
iPhone 6s/
iPhone 6s Plus
Appleストア
ドコモ
SoftBank
×
au×
iPhone 6/
iPhone 6 Plus
Appleストア
ドコモ×
iPhone 5sAppleストア
ドコモ
×
iPhone 5cドコモ10.3.3×
iPhone 5SIMロックフリー×
iPhone 4s SIMロックフリー8.0×

BIGLOBEモバイルのおすすめ格安スマホ

BIGLOBEモバイルでは、iPhoneでの利用だけでなく、他のMVNOと同様に、SIMフリースマホと格安SIMのセット購入・利用ができます。おすすめの格安スマホをみてみましょう。

新規申込と同時の端末販売は一時的に停止しています。(11月1日販売再開予定)

moto g7

メーカーオリジナルのMotoアクションが搭載されていて、本体を2回ひねるとカメラが起動、2回振り下ろすとライトが点灯など便利です。

メーカー
Motorola
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 632(SDM632)1.8GHz×8 オクタコアCPU Adreno 506
画面サイズ
6.24インチ、2,270×1,080(フルHD+、403ppi)LTPS液晶

jetfon

基本性能が充実しているにもかかわらず、お手頃価格です。jetfonは専用アプリから利用するエリア・プランを選択するだけで、100以上の国と地域でデータ通信が利用できます。

メーカー
MAYA SYSTEM
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 652 オクタコア(1.8GHz×4+1.4GHz×4)
画面サイズ
約5.5インチ、IPS液晶

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3は2019年2月1日販売の最新スマホ。ノッチのサイズを極限まで小さくしたことで、大迫力の約6.21インチの高精細画面を楽しむことができます。デュアル4G/デュアルVoLTEのため、海外の旅行や出張でも使えるコスパの良い機種です。

メーカー
HUAWEI
CPU
HUAWEI Kirin 710/ オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
画面サイズ
約6.21インチ/TFT/2,340 x 1,080 ドット FHD+

ZenFone Max Pro(M2)

ZenFone Max Pro(M2)は上記のZenFone Max(M2)の上位モデルです。バッテリー容量もより大きく連続待受時間が最大約35日間となっており、CPUもより優れたものを搭載しています。デザイン性と高級感のあるボディがとても魅力的です。

メーカー
ASUS
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 660 オクタコアCPU(1.95GHz)
画面サイズ
約6.3インチ フルHD+ 2280×1080(TFT IPS液晶 Corning® Gorilla®Glass 6)

AQUOS R2 compact SH-M09

手のひらにフィットするコンパクトなボデイながら、AQUOSシリーズには欠かせないIGZOディスプレイを搭載し、高繊細で迫力ある大画面を実現しています。以前のR compactと比べ処理能力は約1.5倍、ROM容量は2倍となり、サクサクと快適に動作するでしょう。メインカメラは2,260万画素、フロントカメラは800万画素と申し分ないカメラ性能です。

メーカー
SHARP
CPU
Qualcomm® Snapdragon™845 / オクタコア 2.6GHz + 1.7GHz
画面サイズ
約5.2インチ/ハイスピードIGZO/2,280×1,080 ドット FHD+

AQUOS sense2 SH-M08

これまでのAQUOSシリーズと同様に高繊細なIGZOディスプレイ、防水・防塵、おサイフケータイ、指紋認証・顔認証、急速充電対応と欲しい機能が揃っています。片手で操作しやすいサイズ感も◎

メーカー
SHARP
CPU
Qualcomm Snapdragon 450
画面サイズ
5.5インチ フルHD+(2,160×1,080)IGZO

ZenFone Live(L1)

ZenFone Live(L1)は購入しやすい価格ながら、満足いく機能が備わっている高コスパな端末です。コンパクトボディに5.5インチの大画面を搭載、バッテリーは3,000mAh、メインカメラは1,300万画素。「簡単モード」や「キッズモード」というも操作モードも用意されており、スマホ初心者にもおすすめです。

メーカー
ASUS
CPU
Qualcomm Snapdragon 430
画面サイズ
5.5インチ TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)

ASUS ZenFone Max(M1)

ZenFone Max(M1)はトリプルスロットを搭載しているので、SIMカード2枚とmicroSDカードを同時に使用することができます。薄型ボディに大容量の4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているコスパのよい格安スマホです。

メーカー
ASUS
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 430 (オクタコアCPU)
画面サイズ
5.5型ワイド(1,440×720ドット) TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)

Black Berry KEY2

Black Bwerry KEY2の一番の特徴はなんと言ってもQWERTY物理キーボードです。操作性、デザイン性だけでなく、128GBの大容量ストレージ、3,500mAhの大容量バッテリー、そして1,200万画素+1,200万画素のメインカメラを搭載しています。他の人とはちょっと違う端末を持ちたい方におすすめです。

メーカー
TCLコミュニケーション
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 660 オクタコア
画面サイズ
約4.5インチ 1,620×1,080ドット

Moto E5

Moto E5は5.7インチの大画面でMax Visionディスプレイを採用し、見える範囲が広いうえに操作中のスクロールが減らせるなど、動画がより見やすくなっています。大容量4,000mAhのバッテリーが搭載され、電池持ちもバツグン。急速充電も可能です。アウトカメラは1,300万画素高速オートフォーカスカメラで、動いている被写体もブレることなくキレイに撮影できます。

メーカー
Motorola
CPU
QualcommR Snapdragon 425(MSM8917)1.4GHz×4 クアッドコアCPU Adreno 308
画面サイズ
5.7インチ、1440×720(HD+、283ppi、IPS液晶)

arrows M04

arrows M04は国産スマホならではの防水防塵設計やワンセグ機能、おサイフケータイなどの機能を備えた高性能スマホです。最大の特徴はハンドソープで洗えていつでも清潔に使えるという点です。また、堅牢度も折り紙付きとなっています。

メーカー
富士通コネクテッドテクノロジーズ
CPU
クアルコム Snapdragon™ 410 クアッドコア(1.2GHz)
画面サイズ
5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

iPhone 7(32GB/128GB)

iPhone 7は4.7インチサイズのiPhoneで、BIGLOBEモバイルでは32GB/128GBモデルを取り扱っています。アシストパック利用で32GB:月額2,538円/128GB:月額3,078円から格安SIMとのセット購入が可能です。

メーカー
Apple
CPU
A10
画面サイズ
4.7インチ 1,334 x 750

BIGLOBEモバイルの申し込み方法、APN設定、解約方法

ここでは、いざ申し込みを行う場合に必要となる手続きや開通作業、解約についてなどをまとめます。

BIGLOBEモバイルの申し込み方法

ここで紹介しているものはWEBでの申し込みになります。まず、BIGLOBEモバイルに申し込む前に、事前に準備するものを紹介します。

  • 本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、健康保険被保険者証+補助書類、特別永住者証明書、旅券(パスポート)、住民基本台帳カード、外国人登録証明書、在留カード、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、特定疾患医療受給証+補助書類、特定疾患医療登録者証+補助書類のうちいずれか1点・1セット)
  • 補助書類は公共料金領収書、住民票、戸籍謄本のいずれか
    運転経歴証明書は交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります。

  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ方のみ)
  • MNP予約番号の取得方法などはこちらを参照

事前に準備するものを用意したら、公式サイトの申し込みフォームに従って申し込みをします。簡単なフローは以下のとおりです

  1. 申し込みタイプ(端末+SIM or SIMのみ)の選択
  2. 端末のを選択後、端末カラーの選択、補償オプションの利用の有無の確認(SIMのみの場合はこのステップはありません。)
  3. SIMカードタイプ(タイプD、タイプA)の選択
  4. SIMカードサイズ、SIM種別(通話SIM、データSIM、SMS付データSIM)の選択(端末+SIMの場合、SIMカードサイズの選択はありません。)
  5. 契約形態(新規、MNP)、料金プラン、オプションの選択
  6. 端末を購入する場合はアクセサリーの選択
  7. 個人情報の入力

BIGLOBEモバイルのAPN設定方法

SIMが手元に届いた後、端末をネットにつなぐために必要なAPN設定について説明します。Android端末とiOS端末で設定方法が異なるのでお手持ちの端末を確認してから設定しましょう。この設定は端末のモバイルネットワーク設定から行います。

Android端末 APN設定

名前任意の名称(ex.BIGLOBEモバイルなど)を入力
APNbiglobe.jp
ユーザー名user
パスワード0000
認証タイプCHAP

iOS端末 APN設定

こちらのページからAPN構成プロファイルをダウンロードしてください。ダウンロード後、インストールを行うことで設定が完了されます。

BIGLOBEモバイルの利用明細の確認とマイページ

BIGLOBEモバイルのマイページについて紹介します。

マイページに接続すると、現在使っている接続サービスや前月の利用料金、今月のLTE通信量がすぐに分かります。利用明細はマイページの上部にある「利用明細」をクリックすることで遷移できます。また、値引きポイント残高の確認の他、通話明細の確認や登録した個人情報の変更などが可能となっています。

シンプルでまとまったマイページであるため、使い勝手が良いです。一目で利用料金や通信量を確認できるのは嬉しいですね。

BIGLOBEモバイルの解約方法

ここではBIGLOBEモバイルの解約について解説します。

音声通話SIMを解約する場合

BIGLOBEモバイルでは電話での解約が可能です。音声通話SIMにはサービス開始日の翌月から12カ月間の最低利用期間があります。最低利用期間内に解約するか音声通話SIM以外に切り替えた場合、1,000円の音声通話サービス契約解除料がかかります。最低利用期間満了後であれば、契約解除料は発生しません。

また、MNPをする場合、MNP転出手数料3,000円がかかります。

シェアSIMオプションを利用している方が解約する場合

解約する前にシェアSIMを削除しなければ回線の解約、MNP転出はできません。シェアSIMオプションの削除は公式サイト「マイページ」の「モバイル契約情報」にて行うことができます。

BIGLOBEモバイルに関する新着記事