1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【保存版】iPhoneにおすすめの格安SIMをキャリア別に徹底比較!

【保存版】iPhoneにおすすめの格安SIMをキャリア別に徹底比較!

iPhoneにおすすめの格安SIM・MVNOをキャリア別に徹底比較しています。契約しているdocomo、au、SoftBankの回線を元に、iPhoneでも使えるおすすめ格安SIMを紹介します。App Storeでのアプリダウンロードや、アプリ検索にかかるデータ通信量が無料になるプランも!

iPhoneでも格安SIMは利用可能

iphone

格安SIMと聞くと、何となくandroid端末を利用するというイメージを持つ方が多いかと思います。でも、安心してください。iPhoneも格安SIMで運用して月々の利用料金を抑えることができるんです。詳しい利用方法や、乗り換えの手続き等は、格安スマホよりもiPhone!格安SIMでiPhoneを使用する方法をご覧ください。

この記事では、現在iPhoneを持っている方と機種変更でiPhoneにしたい方に分けて説明していきます。iPhoneをすでに持っている方には契約したキャリアごとにおすすめの格安SIMを紹介します。持っていない方にはSIMフリーのiPhoneを購入するか、格安SIMとセットで購入するかに分けて紹介していきます。

iPhone(アイフォン)をすでに持っている方におすすめの格安SIM比較

ここからは、iPhoneを契約したキャリア(docomo、au、Softbank)ごとにおすすめの格安SIMを紹介していきます。

ただし、現在iPhone 5c、5sよりも前に発売されたキャリアのiPhoneをお使いの方は、対応する格安SIMがありませんので、新しくSIMフリーのiPhoneを購入する必要があります。

docomo(ドコモ)のiPhoneを使っている方におすすめの格安SIM

まずはdocomoで契約したiPhoneを使っている方が利用できる格安SIMを提供しているMVNOを、機種ごとにまとめます。利用できるのはiPhone 5c、5s以降の機種となっています。

まずはiPhone 5c/5s以降に発売されたすべての機種(iPhone 7/7 Plusまで)に対応しているMVNOの紹介です。該当する主要なMVNOは、

となっています。

また、以下は一部使えない機種があるMVNOをまとめた表になります。△はテザリングが利用できないということを示しています。

MVNO名称/機種名エキサイトモバイルIIJmio(Dタイプ)J:COM MOBILEイオンモバイルDMM mobileb-mobileU-mobile
iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s××
iPhone 6s Plus××
iPhone SE×××
iPhone 7××××××
iPhone 7 Plus××××××

ご覧の通り、docomoのiPhoneを使っている方は、実にたくさんの格安SIMを選ぶことができます。この選択肢の中から、iPhoneでの利用にぴったりの格安SIMを3つ紹介します。

LINEモバイル


まずはLINEモバイルです。LINEモバイルは3つのシンプルなプランから選ぶことができ、カウントフリーなどのサービスも充実しています。もちろん最新のiPhone 7/7 Plusにも対応しています。LINEモバイルのプランと料金は以下の通りです。

LINEモバイル月額料金 データSIMプラン SMSなし月額料金 データSIMプラン SMSあり月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
通信速度
LINEフリープラン540円669円1,296円1GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
コミュニケーションフリープラン
3GB
-1,198円1,825円3GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
MUSIC+プラン
3GB
-1,954円2,581円3GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
コミュニケーションフリープラン
5GB
-1,771円2,397円5GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
MUSIC+プラン
5GB
-2,311円2,937円5GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
コミュニケーションフリープラン
7GB
-2,484円3,110円7GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
MUSIC+プラン
7GB
-2,916円3,542円7GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
コミュニケーションフリープラン
10GB
-2,851円3,477円10GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps
MUSIC+プラン
10GB
-3,175円3,801円10GB/月受信最大375Mbps
送信最大50Mbps

LINEモバイルのおすすめポイントとしては、

  • LINEをはじめ、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSがカウントフリーで利用可能
  • 月額950円プラスすれば、10分以内の国内通話が何度かけても無料に
  • LINEの年齢認証機能・ID検索が可能

などが挙げられます。何といっても、カウントフリー対象になるアプリの多さが魅力です。LINEだけの利用であれば、月額540円からiPhoneを利用することができます。また、コミュニケーションフリープランであれば、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリーで利用可能なので、SNSヘビーユーザーの方や若者にぴったりの格安SIMであるといえます。

楽天モバイル


楽天モバイルもdocomoのiPhoneにおすすめの格安SIMです。プランの数が少なく、選ぶときに迷いにくくなっています。楽天モバイルのプランと料金は以下の通りです。

楽天モバイル月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度
ベーシックプラン567円696円1,350円-最大200Kbps
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月受信最大262.5Mbps
送信最大50Mbps
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月受信最大262.5Mbps
送信最大50Mbps
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月受信最大262.5Mbps
送信最大50Mbps
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月受信最大262.5Mbps
送信最大50Mbps
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月受信最大262.5Mbps
送信最大50Mbps

楽天モバイルのおすすめポイントとしては、

  • 月額918円プラスで5分以内の国内通話が、2,570円プラスで時間も回数も無制限で国内通話が無料に
  • 大容量プランが充実
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・使える

などが挙げられます。電話の利用が多い方には、通話かけ放題のオプションはうれしいですね。また、月々の支払で楽天スーパーポイントが貯まり、通話SIMであれば楽天市場でのポイントが2倍になるなど、ポイントサービスも充実しています。もちろんたまったポイントを月々の支払い分に充てることも可能です。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)


BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)は、エンタメ好きのiPhoneユーザーにぴったりの格安SIMです。SNS利用に定評のあるLINEモバイルと比較検討してみてください。BIGLOBE SIMのプランと料金は以下の通りです。

BIGLOBE SIM月額料金
データSIM
月額料金
データSIM + SMS
月額料金
音声通話SIM
高速通信容量通信速度
音声通話
スタートプラン
--1,512円1GB/月
受信最大682Mbps
送信最大50Mbps
3ギガプラン
(旧:エントリープラン)
972円1,101円1,728円3GB/月受信最大682Mbps
送信最大50Mbps
6ギガプラン
(旧:ライトSプラン)
1,566円1,695円2,322円6GB/月受信最大682Mbps
送信最大50Mbps
12ギガプラン
2,916円3,045円3,672円12GB/月受信最大682Mbps
送信最大50Mbps
20ギガプラン4,860円4,989円5,616円20GB/月受信最大682Mbps
送信最大50Mbps
30ギガプラン
7,290円7,419円8,046円30GB/月受信最大682Mbps
送信最大50Mbps

BIGLOBE SIMのおすすめポイントとしては、

  • フリーWiFiスポットが無料で利用可能(6GB以上のプラン)
  • オプション追加でYouTubeやAbemaTVなどのエンタメ系アプリがカウントフリー
  • シェアSIMの利用でプランの通信容量を分けあえる

などが挙げられます。特に魅力的なのが、YouTubeなどの動画アプリやAWAなどの音楽ストリーミングサービスがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」です。SNSなどがカウントフリーになることは多いですが、エンタメ系のサービスが対象になるのは珍しいので要チェックです。こちらのオプションは、音声通話SIMであれば月額518円、データSIMであれば月額1,058円で利用できます。また、フリーWiFiを無料で利用可能なのも便利です。

おすすめ3社の格安SIM比較

では、最後にどのような使い方の人が上記おすすめ3社に該当するのか、紹介します。

SNSの利用が多く、連絡手段はLINEで十分という方
LINEモバイル
音声通話の利用が多い方
楽天モバイル
動画や音楽をiPhoneでよく視聴する方
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

docomoのiPhoneにおすすめの格安SIMをチェック!

auのiPhoneを使っている方におすすめの格安SIM

auで契約したiPhoneを使っている方は、SIMロック解除をすることを強くおすすめします。なぜなら、現在SIMロック解除をせずにauのiPhoneで利用できる格安SIMを提供しているMVNOは

の2社のみであり、au回線を利用してのテザリングが利用できないという状況にあります(UQモバイルを除く)。テザリングの利用と選択肢を広げることを考えれば、SIMロック解除をした方がよいのは明らかです。SIMロック解除の方法や詳しい説明は、SIMロック解除とは?方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説を参照してください。

以下の表は、SIMロック解除をしたauのiPhoneに対応しているMVNOをまとめたものになります。○はデータ通信・テザリングともに利用可能であること、△はテザリングが利用できないことを表しています。

MVNO名称/機種名UQ mobileFREETELmineo(Dプラン)mineo(Aプラン)IIJmio(Aタイプ)LINEモバイル
iPhone 5c×××××
iPhone 5s××××
iPhone 6××××
iPhone 6 Plus××××
iPhone 6s
iPhone 6s Plus×
iPhone SE××
iPhone 7×××
iPhone 7 Plus×××

SIMロック解除をすれば、6社のMVNOから格安SIMを選ぶことができます。以下では、この中からおすすめの格安SIMを紹介します。

UQモバイル(ユーキューモバイル)


まずは、SIMロック解除をしなくても利用することができるUQモバイル(ユーキューモバイル)の紹介です。UQモバイルは、数少ないau回線を利用した格安SIMを提供しています。UQモバイルのプランと料金は以下の通りです。

UQ mobile月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量通信速度
データ高速プラン1,058円1,814円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
データ無制限プラン2,138円2,894円無制限送受信最大500kbps
おしゃべりプランS/
ぴったりプランS
-2,138円
(14ヵ月以降は3,218円)
2GB
(26ヵ月以降は1GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
おしゃべりプランM/
ぴったりプランM
-3,218円
(14ヵ月以降は4,298円)
6GB
(26ヵ月以降は3GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
おしゃべりプランL/
ぴったりプランL
-5,378円
(14ヵ月以降は6,458円)
14GB
(26ヵ月以降は7GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps

iPhoneでもすべてのプランが選択可能です。UQモバイルのおすすめポイントとしては、

  • 高い通信品質
  • データ容量の翌月繰り越しが可能
  • MNP移行が即日で完了

などが挙げられます。キャリアと変わらない速度でiPhoneを楽しみたい方にはもってこいといえます。またauのiPhone5s、6、6 Plusを利用している方は他に選択肢がほぼないので、UQモバイルを選びましょう。

FREETEL(フリーテル)


FREETEL(フリーテル)もauのiPhoneを使っている方におすすめの格安SIMを提供するMVNOです。FREETELのプランと料金は以下の通りです。

FREETEL SIM月額料金
データ専用
月額料金
データ専用+SMS
月額料金
音声通話付き
高速通信容量通信速度
使った分だけ安心プラン322円474円1,078円~100MB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
538円690円1,294円~1GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
972円1,123円1,728円~3GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1,641円1,792円2,397円~5GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
2,311円2,462円3,067円~8GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
2,667円2,818円3,423円~10GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
3,974円4,125円4,730円~15GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
5,259円5,410円6,015円~20GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(1GB)538円690円1,294円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(3GB)972円1,123円1,728円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(5GB)1,641円1,792円2,397円5GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(8GB)2,311円2,462円3,067円8GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(10GB)2,667円2,818円3,423円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(15GB)3,974円4,125円4,730円15GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(20GB)5,259円5,410円6,015円20GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(30GB)7,538円7,689円8,294円30GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(40GB)10,152円10,303円10,908円40GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
定額プラン(50GB)12,744円12,895円13,500円50GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps

プランの多さが特徴的ですね。FREETELのおすすめポイントとしては、

  • 使ったデータ通信量の分だけ支払う料金システムがある
  • 最低利用期間の縛り・解約金がない
  • LINEのデータ通信料が無料(一部制限あり)

などが挙げられます。最安で300円台から始められ、最低利用期間や解約金がかからないので、気軽に格安SIMに乗り換えられます。また、最新のiPhone 7/7 Plusも利用できるのでぜひ検討してみてください。

mineo(マイネオ)(Dプラン)


mineo(マイネオ)のDプランは、ドコモ回線を利用したものではありますがauのiPhoneで使うのに適した格安SIMです。プランと料金は以下の通りです。

mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量通信速度
500MB756円1,512円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1GB864円1,620円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
3GB972円1,728円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
6GB1,706円2,462円6GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
10GB2,721円3,477円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
20GB4,298円5,054円20GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
30GB6,372円7,128円30GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps

データ容量の選択肢が多くてうれしいですね。mineo(マイネオ)のおすすめポイントとしては、

  • 大容量データ通信が低価格で利用可能
  • メールアドレス「@mineo.jp」が無料で利用可能
  • 家族割、パケットシェアがある

などが挙げられます。大容量プランが格安料金で利用できるので、動画やSNSをたくさん利用する方におすすめです。また、データ容量が余っても、翌月に繰り越して家族とパケットシェアできるのもうれしいですね。

おすすめ3社の格安SIM比較

では、最後にiPhoneの使い方によってどの格安SIMと相性がいいか、比較します。

WebページやSNSをキャリアと変わらない通信速度でサクサク見たい方
UQモバイル
データ使用量が月によってバラつきがある方
FREETEL
大容量のデータ通信量を使い、家族とシェアもしたい方
mineo

auのiPhoneにおすすめの格安SIMをチェック!

Softbank(ソフトバンク)のiPhoneを使っている方におすすめの格安SIM

Softbankで契約したiPhoneを使っている方も、au同様SIMロック解除が絶対におすすめです。SoftbankのiPhoneでは、

の2社の格安SIMがSIMロック解除をしなくても利用できますが、テザリングの利用ができません。また、音声通話に対応しているのはb-mobileの「b-mobile S スマホ電話SIM」のみで選択肢に乏しいため、SIMロック解除は必須であるといっても過言ではないでしょう。

以下の表は、SIMロック解除をしたSoftbankのiPhoneに対応しているMVNO一覧です。○はデータ通信・テザリングが利用可能、△はテザリングが利用不可であることを示しています。

MVNO名称/機種名FREETELmineo(Dプラン)UQ mobileb-mobileU-mobilemineo(Aプラン)Y!mobileLINEモバイル
iPhone 5×××××××
iPhone 5c××××××
iPhone 5s××××××
iPhone 6××××××
iPhone 6 Plus××××××
iPhone 6s
iPhone 6s Plus×
iPhone SE××
iPhone 7×××
iPhone 7 Plus×××

Softbank回線を利用しているMVNOであっても、テザリングが利用できるとは限らないので注意が必要です。また、テザリングを使うにはiPhone 6s以降の機種を利用する必要があります。

iPhone 6s以前に発売された機種を継続して利用したいという方は、テザリングの利用はあきらめなければなりませんが、b-mobileとU-mobileのどちらかの格安SIMを利用することで、継続利用が可能です。

では、上記8社からおすすめの格安SIMを紹介します。

FREETEL(フリーテル)

まず、SoftbankのiPhoneにおすすめの格安SIMとして、FREETEL(フリーテル)が挙げられます。プランと料金については、上記auのiPhoneにおすすめの格安SIMで紹介したFREETELの章をご覧ください。

FREETELは定額プランの他に、データ通信量を使った分だけ支払うことができるプランが用意されているのが魅力的です。「使った分だけ安心プラン」であれば、あまり使わない月は安く、ついつい使いすぎてしまった月でも定額制のような通信制限にかかる心配なくiPhoneを利用することができます。

また、「節約モード」が搭載されており、高速通信と低速通信の切り替えが可能なので、月々の利用料金をコントロールすることもできます。

mineo(マイネオ)(Dプラン)

docomo回線を利用しているmineo(マイネオ)のDプランも、SoftbankのiPhoneと相性のいい格安SIMです。プランと料金については、上記auのiPhoneにおすすめの格安SIMで紹介したmineo(マイネオ)(Dプラン)の章をご覧ください。

mineoは大容量プランが格安で利用できるのが魅力です。もし大容量で契約してデータ容量が余ってしまっても翌月に繰り越すことができ、さらにその繰り越したデータを家族とシェアすることもできるんです。

また、「@mineo.jp」のメールアドレスが無料で発行されるので、メール認証が必要なサービスの利用もできます。

おすすめ2社の格安SIM比較

では、iPhoneを使うシーンごとに、どちらが相性のいい格安SIMであるか比較します。

1人で利用し、月々のデータ使用量が少ないまたはムラがある方
FREETEL
家族で利用し、それぞれ使う容量に差がある方
mineo

SoftbankのiPhoneにおすすめの格安SIMをチェック!

iPhone(アイフォン)に乗り換えようと思っている方におすすめの格安SIM比較

ここでは、現在iPhoneを持っていない方で、これからiPhoneを利用したいと考えている方にiPhoneの購入方法別におすすめの格安SIMを紹介していきます。

iPhoneを新しく購入して格安SIMを運用する方法ですが、

  • 格安SIMとiPhoneをセットで販売しているMVNOを利用する
  • SIMフリーのiPhoneをApple Storeなどで購入し、格安SIMを選ぶ

の2つから選ぶことができます。以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

格安SIMとiPhoneをセットで購入(レンタル)する方におすすめの格安SIM

格安SIMとiPhoneをセット販売しているMVNOは、

の2社となります。また、LIBMO(リブモ)では、「かりスマ」というプランでiPhone 6をレンタルすることが可能です。

現在docomoとauユーザーの方はY!mobileSoftbankユーザーの方はUQモバイルがおすすめの格安SIMになります。以下でそれぞれ詳しく説明します。

Y!mobile(ワイモバイル)


Y!mobile(ワイモバイル)でも、iPhone SE(32/128GB)が格安SIMとセットで購入可能です。しかし、現Softbankユーザーの方にはY!mobileでiPhoneを購入するのはあまりおすすめできません。なぜならY!mobileでは、Softbankからの番号移行、ディズニー・オン・ソフトバンクモバイルからのMNPの方は、月額割引の額が少なくなってしまうためです。そのためこの場合Softbankユーザーの方は、UQモバイルを利用した方がお得といえるでしょう。

Y!mobileでは「スマホプラン」でiPhoneをセット購入できます。詳しい料金プランについては以下の通りです。なお、この月額料金には24回分割払いの端末料金が含まれています。

 スマホプランS(2GB)※スマホプランM(6GB)※スマホプランL(14GB)※
iPhone SE(32GB)
(契約翌月起算の1- 12ヶ月)
3,218円/月3,758円/月5,918円/月
iPhone SE(32GB)
(13ヶ月-24ヶ月)
4,298円/月4,838円/月6,998円/月
iPhone SE(128GB)
(契約翌月起算の1- 12ヶ月)
3,542円/月4,082円/月6,242円/月
iPhone SE(128GB)
(13ヶ月-24ヶ月)
4,622円/月5,162円/月7,322円/月

※スマホプランS/M/Lプランは25ヶ月目からはそれぞれ1GB、3GB、7GBのデータ通信量となります。

「スマホプラン」は、どのデータ容量を選んでも、10分以内の国内通話が何度でも無料になります。また、Yahoo!プレミアムの特典(Yahoo!かんたんバックアップが通常30GBのところ50GB利用可能など)が受けられるのに加え、Yahoo! JAPANのサービスを使えば使うほどマイルが貯まり、貯まったマイルのランクに応じて高速で使えるデータ容量の追加料金が無料になるサービスも標準装備です。

UQモバイル(ユーキューモバイル)


UQモバイル(ユーキューモバイル)ではiPhone SE(32/128GB)が格安SIMとセットで購入可能です。セットで申し込める格安SIMのプランは「おしゃべりプラン」または「ぴったりプラン」です。詳しい料金プランについては以下の通りです。なお、この月額料金には24回分割払いの端末料金が含まれています。

 おしゃべりプラン/ぴったりプランS(2GB)※おしゃべりプラン/ぴったりプランM(6GB)※おしゃべりプラン/ぴったりプランL(14GB)※
iPhone SE(32GB)
(契約翌月起算の1- 13ヶ月)
3,218円/月
(初回のみ3,326円/月)
3,758円/月
(初回のみ3,866円/月)
5,918円/月
(初回のみ6,026円/月)
iPhone SE(32GB)
(14ヶ月-24ヶ月)
4,298円/月4,838円/月6,998円/月
iPhone SE(128GB)
(契約翌月起算の1- 13ヶ月)
3,542円/月
(初回のみ3,650円/月)
4,082円/月
(初回のみ4,190円/月)
6,242円/月
(初回のみ6,350円/月)
iPhone SE(128GB)
(14ヶ月-24ヶ月)
4,622円/月5,162円/月7,322円/月

※おしゃべりプラン・ぴったりプランS/M/Lは26ヶ月目からはそれぞれ1GB、3GB、7GBのデータ通信量となります。

「おしゃべりプラン」では、5分以内の国内通話であれば何回かけても無料になり、「ぴったりプラン」では、1か月の国内通話がSプランでは60分、Mプランでは120分、Lプランでは180分無料となります。また、両プランともデータの翌月繰り越しが可能となります。

LIBMO(リブモ)


LIBMO(リブモ)では上記2つと異なり、iPhone 6(16GB)を購入ではなくレンタルすることが可能です。料金プランについては以下の通りです。

iPhone 6(16GB)レンタルライトプラン(最大通信速度200Kbps)3GBプラン6GBプラン10GBプラン
データ専用SIM950円/月
(7ヶ月目から2,138円/月)
1,382円/月
(7ヶ月目から2,570円/月)
2,030円/月
(7ヶ月目3,218円から/月)
2,894円/月
(7ヶ月目から4,082円/月)
データ専用
+SMS対応SIM
1,101円/月
(7ヶ月目から2,289円/月)
1,533円/月
(7ヶ月目から2,721円/月)
2,181円/月
(7ヶ月目から3,369円/月)
3,045円/月
(7ヶ月目から4,233円/月)
音声通話付きSIM1,706円/月
(7ヶ月目から2,894円/月)
2,138円/月
(7ヶ月目から3,326円/月)
2,786円/月
(7ヶ月目から3,974円/月)
3,650円/月
(7ヶ月目から4,838円/月)

現在「かりスマデビューキャンペーン」(2017年8月31日まで)を実施しているため、6ヶ月間は格安でiPhone 6をレンタルすることが可能です。しかし、キャンペーンを適用するには、12ヶ月間の最低利用期間が発生するので注意が必要です。

LIBMOは他の2社とは異なり、データ通信専用SIMでも利用できるのが特徴です。また、キャンペーンを利用しなければ最短6ヶ月で契約を終了することができるので、気軽にiPhoneを利用したい方におすすめです。ですが、端末が手元に残らないことや、iPhone 6という古い機種であるというデメリットもあるので、長期的に見るとレンタルよりもセット購入の方がおすすめです。

iPhoneのセット購入におすすめの格安SIMをチェック!

SIMフリーのiPhoneを購入して利用する

Apple Storeや家電量販店などで、SIMフリーのiPhoneを購入すれば、ほとんどすべての格安SIMを利用することができます。しかしテザリングに関しては、au回線、Softbank回線を利用している格安SIMでは利用できない場合があるので、docomoの回線の格安SIMを選ぶ方が無難です。

iPhone(アイフォン)を格安SIMで運用して利用料金を節約しよう

ここまで、iPhoneを所持しているかどうかに分けておすすめの格安SIMを紹介してきました。特記すべきこととしては、auとSoftbankのiPhoneを利用している方は、SIMロック解除をしないとテザリングが利用できないということでしょう。この注意点を踏まえて、自分にぴったりの格安SIMを見つけてみてください。そしてこの記事が、iPhoneを格安SIMで運用する際の参考になれたら幸いです。


MVNO・格安SIMを25タイプ別に徹底比較!

月額料金がお得なSIM、LTEなどの高速通信量が多いSIM、音声通話機能付きのSIM、支払い方法が多様なSIMなど、世の中には様々な格安SIMがあります。SIMチェンジでは、MVNOが出す格安SIMカードプランについて、多様な比較軸で掲載しています。


SIMチェンジとは

格安SIM比較サイト「SIMチェンジ」では、このように複雑多岐にわたるMVNOの格安SIMカードの中から、皆さんに最適なSIMプランを選んでもらうために設立されました。

「SIMチェンジ」は、以下の4つのジャンルの記事を通して、SIMをお得にする方法を皆さまに発信しています。

また、各MVNOが出す格安SIMを様々な側面から比較したり、各MVNOの格安SIM情報や評判一覧もまとめております。


おすすめ格安SIM比較診断を試そう!

SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断は、簡単な6つの質問に答えるだけで通信料金のシミュレーションを行い、あなた自身にぴったりなSIMプランをご案内いたします。もちろん、無料でご利用いただけます。

格安SIM診断比較を試そう
おすすめ格安SIM比較診断