1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホよりもiPhone!格安SIMでiPhoneを使用する方法

格安スマホよりもiPhone!格安SIMでiPhoneを使用する方法

更新日:2018.08.29

費用をお得に抑えながらも、iPhoneを使いたい。そう思っている人が多いようです。そんな人におすすめなのが格安SIMでiPhoneを使う方法。ただし格安SIMでiPhoneを使用するには、知識が少し必要です。使用条件や設定方法など、格安スマホよりもiPhoneを使いたい人はぜひ参考にしてみてください。

格安SIMに乗り換えたいけど、端末はiPhoneを使いたいという人は多いと思います。今回は、格安スマホよりもiPhoneを使いたいという人に、格安SIMでiPhoneを使用する方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!


格安スマホよりもiPhoneを使いたい人は多い?

格安スマホで費用を安く抑えたいけど、端末はiPhoneがよいという人は多いと思います。日本でも多くの人がiPhoneを使用しており、大変人気があります。

また、現在iPhoneを使用していて乗り換えたい人も、できればそのままiPhoneを引き継ぎたいという希望はやはり多いと思います。

格安スマホよりもiPhoneが人気?

iPhoneは国内シェアが高く多くの人が使っています。iPhoneはケースが豊富なので、他人と被らずオシャレにこだわりたいという理由でiPhoneを使用している人もいらっしゃるでしょう。

また、スペックの高さもiPhoneが人気の理由の1つでもあります。2016年3月に発売されたiPhone SEが、2018年7月からLINEモバイルで発売になるなど、未だに現役なのもそのスペックの高さがあるから。また、もともとiPhoneを使っていた人にとってはAndroid端末は使いづらいという人も多く、一度iPhoneを使うとAndroidには乗り換えられない、となることも珍しくないようです。

iPhoneに対応している格安SIMはある?

そもそもiPhoneが格安SIMに対応しているかどうかについてですが、基本的にiPhone 5c/5s以降に発売された機種SIMフリーのものであればMVNOによってはiPhone 3GS以降)が利用可能となっています。キャリア版のiPhoneについて、どの機種がどの格安SIMに対応しているかについては【保存版】iPhoneにおすすめの格安SIMをキャリア別に徹底比較!で詳しく解説しているのでこちらも合わせてご覧ください。

格安SIMでiPhoneを使用する方法とは?

さて、ここから本題である格安SIMでのiPhoneの運用方法について説明していきます。まず、前提条件として

  • すでにiPhoneを持っている
  • iPhoneを持っていない

の2つに分けて説明していきます。自分がどちらに当てはまるか確認してから読み進めてください。

すでにキャリアのiPhoneを持っている人が格安SIMに乗り換える方法

ここでは、キャリアで契約したiPhoneを持っている人が格安SIMに乗り換えるために必要な手続きなどを紹介していきます。乗り換え方は、

  • docomoで契約したiPhoneを持っている人
  • auで契約したiPhoneを持っている人
  • Softbankで契約したiPhoneを持っている人

の3つで異なるので、ご自身の契約したキャリアを確認してから読み進めてください。

ただし、キャリアで契約した

  • iPhone 3GS
  • iPhone 4
  • iPhone 4s
  • iPhone 5

を使用している人は、格安SIMに乗り換えた場合、基本的に継続して今のiPhoneを使用することはできませんので注意が必要です。

また、データのバックアップなどの引き継ぎには「iCloud」を使用するので「Apple ID」を用意しておいてください。では、手続きの準備を順番に解説していきます。

SIMロック解除をする

まずは、使用しているiPhoneのSIMロック解除を行います。例えば、auとSoftbankのiPhoneを使用する場合、SIMロック解除せずに利用できる格安SIMの数は少なめで、自分に合った格安SIMの選択肢が少なくなります。現在au版iPhoneをSIMロック解除をせずに使用できるおもな格安SIMは以下です。

au版の利用条件は複雑なため、不安な場合は継続して使いたいiPhoneが対応しているかどうか、またSIMロック解除が必要がどうかをチャットサポートなどで確認しておくことをおすすめします。

また、SoftbankのiPhoneを使っている人は

などがSIMロック解除をせずに利用可能です。

2018年7月現在、SoftBank回線で音声通話に対応しているMVNOはY!mobile(ワイモバイル)、b-mobile、QTmobile、nuromobile(nuroモバイル)、LINEモバイル、スマモバ、H.I.S.モバイル、などと以前より増えてきていますが、MVNOによってはSIMロック解除が必要な場合があります。

一方、docomoのiPhoneを使っている場合、多くの格安SIMがSIMロック解除なしでし使用可能です。ただしし、UQモバイルなどdocomo回線以外の格安SIMを使用したい場合は、SIMロック解除をする必要があります。

肝心のSIMロック解除の方法ですが、各キャリアで申し込み方法が異なります。手続きの詳細についてはSIMロック解除とは?方法やメリット・デメリットをわかりやすく解説をご覧ください。

公式サイト

格安SIMを選択・申し込みをする

SIMロック解除を済ませたら、格安SIMを申し込みましょう。このタイミングで格安SIMを申し込む理由としては、次に解説するMNP予約番号に有効期限が設けられているためです。有効期限内に格安SIMが届かないなんてことにならないようにここで申し込みを済ませておきましょう。iPhoneと一緒に運用するのにおすすめの格安SIMについては、【保存版】iPhoneにおすすめの格安SIMをキャリア別に徹底比較!を参考にしてください。対応機種やキャリアごとにおすすめの格安SIMを紹介しています。

なお、キャンペーンを行っている格安SIMを除き、契約時には基本的に契約事務手数料3,240円、SIMカード発行手数料約300~400円がかかることも頭に入れておきましょう。

MNP予約番号を取得する

現在の電話番号をそのまま継続して使用したい人は、MNP予約番号を取得する必要があります。この手続きはお使いのiPhoneを契約したキャリアによって手続き方法が異なります。それぞれ見ていきましょう。

また、MNP予約番号はどのキャリアも有効期限が15日間に設定されていること、ショップにて手続きの場合は本人確認書類(運転免許証・保険証など)が必要となることに注意しましょう。

docomo(ドコモ)のiPhoneの場合

docomoでMNP予約番号を取得するには、

  • My docomoにアクセスして、「ドコモオンライン手続き」から取得する
    一括請求/一括送付サービスの代表番号、3回線以上でファミリー割引を契約の主回線の人はオンライン手続き不可
  • 電話で取得する:docomo端末「151」に発信/その他電話「0120-800-000」に発信(どちらも午前9時~午後8時)
  • ドコモショップで取得する

の3つの方法があります。

公式サイト:docomo

auのiPhoneの場合

auでMNP予約番号を取得するには、

  • 「0077-75470」に電話をかけて取得する(au携帯電話・一般電話共通)
  • auショップまたはPiPit各店(一部除く)で取得する

の2つの方法があります。

Softbank(ソフトバンク)のiPhoneの場合

SoftbankでMNP予約番号を取得するには、

  • 電話で取得する:ソフトバンク端末「*5533」に発信/もしくはフリーコール「0800-100-5533(無料)」に発信
  • ソフトバンクショップで取得する

の2つの方法があります。

公式サイト:SoftBank

なお、どのキャリアを使用していたとしても、手続きの際にMNP転出手数料2,160~3,240円(一部金額が異なる場合もあります)、契約解除料1万260円(2年契約の更新月では発生しません)などがかかるので注意してください。

また、この手続きは、音声通話を使用しない人や電話番号を新たに取得しようと思っている人には不要の手続きとなります。

iPhone側で申し込んだ格安SIMの初期設定を行う

ここまでくれば、あとは格安SIMが届くのを待ち、iPhone側で初期設定(APN設定)を行うだけです。初期設定の際はデータ通信を行いますが、設定時はSIMが使えない状態のためWiFi環境が必要です。なるべくフリーWiFiなどセキュリティの甘いものではなく、自宅のWiFiなどを使用しましょう。

では肝心の設定方法です。以下の順番で初期設定を行ってください。なお、この手続きは契約した格安SIMに同封されている設定ガイドにも詳しく説明があると思いますので、そちらも参照してください。今回はLINEモバイル(ラインモバイル)を例にとっています。

  1. WiFi環境下で、届いた格安SIMをiPhoneに挿す
  2. Safariを開く
  3. 「契約した格安SIMの名称 iPhone プロファイル」と検索する
    lineモバイル iphone プロファイル
  4. 契約した格安SIMのホームページでAPN構成プロファイルをダウンロード
    LINEモバイルのAPN設定画面
    出典:LINEモバイル 公式サイト
  5. インストールできたら設定完了!

APN構成プロファイルについては、契約した格安SIMや使用するiPhoneの機種によって異なるので注意してください。また、しばらくしてもLTE通信に切り替わらない場合は、iPhoneの設定でデータローミングをONにしてみてください。

以上がiPhoneを格安SIMで運用するために必要な手続きとなります。MNP予約番号の取得のみ各キャリアでやり方が異なりますが、その他はほとんど同じフローをたどることになります。意外と簡単な手続きでiPhoneが使用できてしまうので、ぜひ格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

iPhoneを持っていない人が格安SIMを利用する方法

ここでは、現在キャリアでAndroid端末を使っている人が、格安SIMでiPhoneを使用する場合を想定して、手続き方法を紹介していきます。まずは、iPhoneの入手方法は、

  • SIMフリーの端末を購入する
  • 格安SIMとiPhoneをセットで販売しているMVNOで購入する

の2つに分けられます。以下でそれぞれ解説します。

SIMフリーのiPhoneを購入する場合

SIMフリーのiPhoneを購入する場合は、Apple Storeや家電量販店で新品のiPhoneを購入するか、「白ロム」と呼ばれるSIMカードが入っていないキャリア端末で、かつ分割払いの支払い残債がない中古のiPhoneを購入します。白ロムの場合は、docomoの白ロムを購入すれば、多くの格安SIMを使用することができます。ただし、中古端末を購入する場合は「赤ロム」と呼ばれる使用制限がかかっている端末を購入しないよう注意が必要です。

また、格安SIMで「AppleCare+」を利用するには、Apple Storeで購入する必要があります。故障などが心配な人は、Apple Storeで新品を購入するのが無難といえます。

iPhone購入後は、上記の「すでにキャリアのiPhoneを持っている人が格安SIMに乗り換える方法」の章の「SIMロック解除」の部分を省いた手続きで使用可能となります。

格安SIMとiPhoneをセットで購入する場合

現在、iPhoneと格安SIMをセットで販売しているMVNOは以下のとおりです。(2018年3月現在)

MNP予約番号の取得以外に端末側で行う手続きが必要ないので、簡単にiPhoneに乗り換えることができます。機種にこだわりのない人は、検討してみてはいかがでしょうか。人気のため、容量やカラーによっては在庫がないこともありますので早めにゲットしておきましょう。

格安スマホよりもiPhone派の人はぜひ参考にしてください!

今回は、格安スマホよりもiPhoneを使いたい人向けに、乗り換えの際の手続きなどを解説してきました。SIMロック解除やMNP予約番号など難しい単語が出てきましたが、一度理解してしまえば格安SIMへの乗り換えはスムーズに進みます。正しく手続きを済ませて快適なiPhoneライフを送りましょう。

中古のSIMフリー版iPhoneを購入するのもおすすめ!

SIMフリーのiPhoneを安く手に入れるには、中古品を買うのもおすすめです。
スマホのマーケット(スママ)は中古iPhone購入を考えている方にオススメのフリマサイトで、動作保証サービスを提供しており、万が一初期不良があった場合には返金対応も行っているため、安心して購入することができます。

  • 安心・安全の赤ロム保証
  • 動作保証オプションあり
  • 全国どこでも送料無料

スマホのマーケットで中古のSIMフリーiPhoneをチェック!

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい