1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ソフトバンクとワイモバイルの違いは?プラン料金を比較!乗り換え手順・お得なキャンペーンを紹介

ソフトバンクとワイモバイルの違いは?プラン料金を比較!乗り換え手順・お得なキャンペーンを紹介

更新日:2021.08.30

ソフトバンクとワイモバイル、2社にはどのような違いがあるのでしょうか。より自分に合ったお得なサービスが選べるように、料金やサービス、サポート内容などを比較・解説しています。最適なサービスを選んでスマホ料金の見直しの際の参考にして下さい。

ソフトバンクを利用していると、同じソフトバンクのグループであるワイモバイルの安さに興味をもつ人は多いでしょう。

ソフトバンクとワイモバイルではどのような違いがあるのでしょうか。本記事では、ソフトバンクとワイモバイルを料金面やサービス面などから比較しています。

どちらが自分に合ったサービスを提供しているかを知り、自分に合ったサービスを選んでお得にスマホを利用しましょう。

ソフトバンクとワイモバイルの違いを比較

まずは、ソフトバンクとワイモバイルの違いを比較してみます。ワイモバイルはソフトバンクよりも月額料金が安いという印象ですが、他にも違いはあるのでしょうか。

1.料金プランを比較

ソフトバンクの料金プランには、データ容量使い放題の「メリハリ無制限」と使った分だけ支払う従量制の「ミニフィットプラン+」があります。

一方ワイモバイルの料金プランは、データ容量に応じて3つのプランが用意されている「シンプルS/M/L」のみです。それぞれの月額料金を比較してみましょう。

月額料金(税込)
比較
ワイモバイルソフトバンク
1GB3,278円
(ミニフィットプラン+)
2GB4,378円
(ミニフィットプラン+)
3GB2,178円
(シンプルS)
5,478円
(ミニフィットプラン+)
15GB3,278円
(シンプルM)
25GB4,158円
(シンプルL)
無制限7,238円
(メリハリ無制限)

このように比較すると、ワイモバイルの方が圧倒的に安い料金設定になっていることがわかります。

ソフトバンクは中容量プランがないため、月のデータ使用量が3GBを超える場合はデータ使い放題のメリハリ無制限のみ選択可能です。そのためデータ使用量が10GB・20GB程度という方にとっては、料金が高く感じるかもしれません。

その点ワイモバイルは25GB以上の大容量・使い放題プランがないものの、3GB・15GB・25GBのデータ容量から選択できるので自分の使い方に合ったプランを利用できます。

なお、上記は割引サービスなどが適用されていない場合の料金です。それぞれ条件を満たすと家族割引や光回線とのセット割引が適用されるので、上記よりも安く利用できる場合があります。

ただし割引が適用された場合でも基本的にはワイモバイルの方がお得なので、安さを求めるならワイモバイルへの乗り換えを検討しましょう。

ソフトバンクの割引サービス

  • 新みんな家族割
    →2回線:660円(税込)/月割引、3回線以上1,210円(税込)/月割引
  • おうち割光セット
    →ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約+指定オプション加入で1,100円(税込)/月割引

ワイモバイルの割引サービス

  • 家族割引サービス
    →2回線目以降1,188円(税込)/月割引
  • おうち割光セット(A)
    →ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約+指定オプション加入で1,100円(税込)/月割引

2.通話料・オプションを比較

次は、それぞれの通話料金や通話オプションを見ていきましょう。

通話料・通話オプション
比較
ワイモバイルソフトバンク
通話料(税込)22円/30秒22円/30秒
時間制限あり
通話オプション(税込)
770円/月
(だれとでも定額)
1回10分以内の国内通話が無料
880円
(準定額オプション+)
1回5分以内の国内通話が無料
かけ放題
通話オプション(税込)
1,870円
(スーパーだれとでも定額(S))
1,980円
(定額オプション+)

ソフトバンクとワイモバイルの通話料金は、どちらも30秒ごとに22円(税込)です。この点は同じですが、通話オプションの内容および月額料金が異なります。

比較するとワイモバイルの方がお得な料金設定なので、通話をたくさんする方はワイモバイルの通話オプションがおすすめです。

時間制限ありの通話オプションも、ソフトバンクが1回5分以内であることに対しワイモバイルは1回10分以内なので、短い通話をよくする方にも適しています。

3.通信速度を比較

ワイモバイルはソフトバンクの高品質な通信回線を利用しているため、他の格安SIMと比較しても通信速度が安定していることが特徴です。ソフトバンクと比べても、通信品質がほぼ変わらないと言われています。

そこで今回は、それぞれの通信速度実測を比較してみました。以下は、直近3か月に計測された測定結果から平均値を計算したものです。通信速度は時間帯や場所によって異なるので、あくまでも目安として考えてください。

時間帯別の平均速度
(※2021年8月時点)
ワイモバイルソフトバンク
下り上り下り上り
70.21Mbps15.65Mbps108.73Mbps18.41Mbps
49.22Mbps13.25Mbps75.27Mbps15.08Mbps
夕方61.84Mbps12.71Mbps115.0Mbps18.97Mbps
35.15Mbps10.82Mbps63.2Mbps13.6Mbps
深夜55.92Mbps16.58Mbps80.5Mbps12.85Mbps

引用:みんなのネット回線速度

ソフトバンクとワイモバイルの平均速度を見てみると、ダウンロード時の速度を表す下り速度はやや差があります。しかし、ワイモバイルも全時間帯の平均下り速度が57.95Mbpsなので問題なく快適に通信できます。

どうしてもキャリアの高速通信を利用したいという方はソフトバンク、お得な料金でキャリアと同等の回線を利用したい方はワイモバイルを選びましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ソフトバンクとワイモバイルの料金シミュレーション

前章で、ワイモバイルはソフトバンクよりも月額料金が安いということがわかりました。ここでは、ソフトバンクとワイモバイルを実際に利用した場合の料金をシミュレーションしてみましょう。

データ容量を3GB使う場合

まずは、1人でデータ容量を3GB程度使う場合の料金を見ていきます。ソフトバンクは「ミニフィットプラン+」、ワイモバイルは「シンプルS」の月額料金です。

データ容量3GB/月ソフトバンク
(ミニフィットプラン+)
ワイモバイル
(シンプルS)
月額料金(税込)5,478円2,178円
2年間利用した場合の総額(税込)131,472円52,272円

このように比較してみると月々3,300円(税込)、2年間継続利用した場合の総額はなんと79,200円(税込)の差があることがわかりました。

データ容量をあまり消費しない方は、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるだけでスマホ代を半額以下に抑えられます

それぞれ、ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約をした場合でもワイモバイルの方がお得な料金になるので、とにかく安く利用したいという方はワイモバイルへの乗り換えがおすすめです。

データ容量を20GB以上使う場合

次は、1人でデータ容量を20GB以上使う場合の料金です。ソフトバンクは「メリハリ無制限」、ワイモバイルは「シンプルL」の月額料金となっています。

データ容量20GB以上/月ソフトバンク
(メリハリ無制限)
ワイモバイル
(シンプルL)
月額料金(税込)7,238円4,158円
2年間利用した場合の総額(税込)173,712円99,792円

この場合もワイモバイルに乗り換えることで月々3,080円(税込)、2年間で73,920円(税込)の差があります。

どちらのプランも家族割引・光回線とのセット割引が適用されるので、割引条件を満たしている場合でもワイモバイルの方がお得です。

また、ソフトバンクはデータ使用量3GB以上を超えるとプランの選択肢がデータ使い放題の「メリハリ無制限」のみです。一方ワイモバイルは、利用用途に合わせたプランを選択できることも魅力の1つといえます。

家族4人で契約する場合

最後は、家族4人でソフトバンクまたはワイモバイルを契約した場合の料金です。ここでは2人が月に3GB程度、2人が20GB程度使う場合の月額料金を見ていきましょう。

家族4人で契約する場合ソフトバンクワイモバイル
月額料金(税込)5,478円×2+7,238円×2
=25,432円
2,178円×2+4,158円×2
=12,672円
家族割引(税込)/月1,210円×2
=2,420円
1,188円×3
=3,564円
2年間利用した場合の総額(税込)552,288円218,592円

家族で一緒に契約すると、どちらも月額料金から割引されるサービスが適用されます。ただし、ソフトバンクの新みんな家族割はミニフィットプラン+に適用されないので、対象の回線はメリハリ無制限を契約している2回線のみです。

また、ワイモバイルの家族割引サービスは2回線目以降に適用されるため、割引対象の回線は3回線となっています。

それぞれ2年間継続利用した場合の総額を比べると、333,696円(税込)もの差がありました。現在の月額料金が高いと感じている方は、固定費を節約するためにもワイモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか

【ワイモバイル】詳細はこちら

ソフトバンクとワイモバイルを比較してわかったこと

ソフトバンクとワイモバイルの月額料金やサービス内容を比較してみてわかったことをまとめました。自分がどちらに適しているか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ワイモバイルがおすすめな人

ワイモバイルはこんな人におすすめ

  • ソフトバンクの料金が高いと感じている人
  • スマホを使うのは主にWiFi環境下という人
  • 家族で乗り換えを検討している人

ワイモバイルはソフトバンクよりも圧倒的に月額料金が安いので、とにかくスマホ代を安く抑えたいという方におすすめです。

他社の格安SIMよりも通信速度が安定しており店舗数も多いので、キャリアから初めて格安SIMに乗り換えるという方でも安心して申し込めます。

またデータ容量が25GB以上の大容量・無制限プランはありませんが、小容量・中容量プランを取り揃えています。そのため、3GB程度の小容量プランや20GB前後の中容量プランを利用したい方はぜひ検討してみてください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ソフトバンクがおすすめな人

ソフトバンクはこんな人におすすめ

  • 月のデータ使用量が25GB以上の人
  • キャリアの手厚いサポートを受けたい人

ソフトバンクのメリットとして、キャリアの手厚いサポートが受けられることが挙げられます。ワイモバイルもサポートが充実していますが、ソフトバンクのサポート体制はキャリアならではの安心感があります。

また、回線の品質は大きく変わらないものの通信速度はやはりソフトバンクの方が速いので、どの時間帯でもストレスなく通信したい方はソフトバンクの方が適しているでしょう。

ソフトバンクにはデータ容量が使い放題のプランがありますが、ワイモバイルは25GB以上のプランがありません。外出先でもデータ容量を気にせずにスマホを使いたい方や、テザリング機能を利用したい方はソフトバンクがおすすめです。

【ソフトバンク】詳細はこちら

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると、いくつかメリットがあります。ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えを検討している方は、事前にチェックしておきましょう。

メリット1.月額料金が安くなる

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える最大のメリットは、月額料金が安くなることです。

契約するプランによっては半額以下に抑えられるので、とにかくスマホ代を節約したいと考えている方はワイモバイルに乗り換えてみましょう。

自分に合ったプランがわからない場合は、簡単な質問に答えるだけで適したプランがわかる「かんたん料金シミュレーション」や「スマホのプラン診断」を試してみましょう。これらは、ワイモバイルの公式サイトから無料で利用できます。

メリット2.通信速度・通話品質はほぼ変わらない

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドという位置付けの格安SIMです。そのため、通信速度および通話品質がソフトバンクと大きく変わりません。

多くの格安SIMはランチタイムや通勤・通学時間帯に回線が混雑し、通信速度が遅くなったりつながりにくくなることがあります。

しかしワイモバイルはソフトバンクの高品質な通信回線を利用しているので、これまでソフトバンクを使っていた方でも満足できる通信速度を実現しています。

メリット3.家族割引サービスを利用できる

ワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」では、家族割引サービスを利用できます。どのプランでも家族で契約すると2回線目以降1,188円(税込)/月割引されるので、家族で乗り換えを検討している方は必見です。

家族割引サービスが適用されると、データ容量3GBのシンプルSは990円(税込)/月で利用できます。25GBまで使えるシンプルLも2,970円(税込)/月と3,000円以下で利用できるので、家族でスマホ代を節約できることがメリットです。

ただし、ワイモバイルの家族割引サービスは、1回線目に割引が適用されないので注意してください。

メリット4.店舗が多く充実したサポート

キャリアと比較して月額料金が安いことで注目を集める多くの格安SIMは、実店舗を持たないことでその安さを実現しています。しかし、ワイモバイルは全国各地に店舗を構えているので、申し込み方法がわからない方でも安心です。

端末の故障時や契約情報の変更など、緊急時も店舗スタッフがすぐに対応してくれます。最近では、ソフトバンクとワイモバイルの窓口が併設されているデュアル店舗が増えているので、ぜひ近くのワイモバイルショップを検索してみてください。

なお、店舗で申し込む場合は事前にワイモバイル公式サイトから事前予約をしておきましょう。予約をせずに行くと、場合によっては長時間待つこともあるので注意してください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える方法

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際は、店舗またはWebサイトから受け付けています。必要なものや手順を事前に確認しておくとスムーズに手続きができるので、以下を参考にしてください。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える流れ

  1. ソフトバンクでMNP予約番号を取得する
  2. 端末のSIMロック解除を行う
  3. ワイモバイルに申し込む
  4. 回線切り替え・初期設定をする

それぞれの手順を詳しく見ていきましょう。

確認.乗り換えるタイミング・かかる手数料

2019年9月以前に提供されていたソフトバンクの旧プランは、2年ごとに契約更新期間が設けられています。この契約更新期間以外に乗り換えると解約金として10,450円(税込)が発生するので注意しましょう。

なお、2019年10月以降に提供を開始したソフトバンクの新料金プランは契約期間の条件がないので、どのタイミングで解約しても解約違約金が発生しません

そのため、旧プランを契約している方で乗り換え時の費用を抑えたい場合は、契約更新期間に乗り換えるか新料金プランに変更してから乗り換えましょう。

その他にかかる費用は、ワイモバイルの契約事務手数料や分割払いした端末の残債です。ただし、ワイモバイルはオンラインショップから申し込むと契約事務手数料が無料なのでお得に乗り換えできます。

ソフトバンクで端末を分割払いしている場合は、乗り換える前に残債がないか確認しましょう。残債は引き続き分割払いもできますが、ワイモバイルで機種変更を検討している方は一括精算することをおすすめします。

手順1.ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

現在使用中の電話番号をそのまま継続して利用する場合は、はじめにソフトバンクでMNP予約番号の取得を行います。MNP予約番号は以下の方法で取得できます。

電話
  • ソフトバンク携帯から:*5533
  • フリーコール:0800-100-5533
  • 9時から20時まで受付
ショップ
  • 本人確認書類が必要
  • 店舗の営業時間内
My SoftBank9時から20時まで受付

上記の方法でMNP予約番号が取得できたら、ワイモバイルの契約を行います。ワイモバイルの契約はWebでもワイモバイル店舗でもできます。

ワイモバイルと契約すると、自動的にソフトバンクの携帯の契約は解除されます。なお、MNP予約番号には15日間の有効期限があるので、取得後は速やかにワイモバイルの契約手続きを行いましょう。

手順2.端末のSIMロック解除を行う

ソフトバンクで使っていたスマホをそのままワイモバイルでも使用する場合は、端末のSIMロック解除手続きが必要です。

SIMロックがかかったままワイモバイルのSIMを入れると通信できないので、必ず乗り換え前に済ませておきましょう。

SIMロック解除は、店舗・Web・電話で受け付けています。詳しい手順や条件は、ソフトバンクのSIMロック解除方法を解説している以下の記事を参考にしてください。

手順3.ワイモバイルに申し込む

ここまで準備できたらワイモバイルに申し込みます。乗り換えの申し込みは店舗・Webで受け付けており、いずれの場合でも以下のものが必要です。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード or 口座情報

ワイモバイルは口座振替に対応している格安SIMなので、クレジットカードを持っていなくても契約できます。口座振替を希望する場合は、事前に口座情報を控えておきましょう。

また、店舗で乗り換え手続きを行う場合は、事前に必要なものを用意して来店予約を行います。ワイモバイルのオンラインストアから申し込む方は、手順を詳しく解説している以下の記事をあわせてご一読ください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

手順4.回線切り替え・初期設定をする

オンラインストアで乗り換え手続きをした場合、数日後にSIMカードが届きます。商品に同梱されている案内書に従って、回線の切り替え作業・初期設定を行ってください。

なお、到着から6日以内に切り替え作業を行わないと自動で切り替わるため、到着後は早めに初期設定を行いましょう。また、SIMカードと端末をセット購入した場合は商品が到着した日の翌日に自動で切り替え手続きが行われます。

SIMのみを契約した場合は、ワイモバイルのAPN設定方法を解説しているこちらの記事を参考に設定してください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えで使えるキャンペーン

最後に、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで使えるお得なキャンペーンを紹介します。

ソフトバンク→ワイモバイルのりかえ特典

  • 期間:2021年3月17日~
  • 特典:契約解除料・新規契約事務手数料が無料
  • 条件:キャンペーン期間中にソフトバンク回線からワイモバイルへの番号移行が完了すること

こちらのは、キャンペーンの受付期間中にソフトバンク回線からワイモバイルへの番号移行が完了した方が対象の特典です。

条件を満たすと、ソフトバンクからワイモバイルへの番号移行時に発生する契約解除料および新規契約事務手数料が無料になるのでお得に乗り換えができます。

初期費用を安く抑えられるので、乗り換えを検討している方はこちらの特典を利用してみてください。

【ワイモバイル】キャンペーン詳細はこちら

新どこでももらえる特典


出典:ワイモバイル

  • 期間:2021年6月1日~
  • 特典:最大3,000円相当のPayPayボーナスプレゼント

ワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」に新規・乗り換え(MNP)・番号移行・指定プランからの変更で申し込むと、最大3,000円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンです。

付与されるPayPayボーナスの金額は、契約するプランによって異なります。シンプルSが500円相当、シンプルM/Lが3,000円相当です。特典がもらえるまでの流れは、以下を参考にしてください。

特典がもらえるまでの流れ

  1. キャンペーンページからエントリーをする
  2. エントリー日の翌月末までに店舗またはWebからシンプルS/M/Lを契約する
  3. 申込日の翌月末までにエントリーしたYahoo!JAPAN IDでワイモバイルサービスの初期登録を完了する

PayPayボーナスの付与時期は、申込日の翌々月末を予定しています。付与時期までに、エントリーしたYahoo!JAPAN IDとPayPayアカウントの連携をしてください。

ワイモバイルに乗り換えるだけで3,000円相当のPayPayボーナスがもらえるチャンスなので、この機会を見逃さないようにしましょう。

【ワイモバイル】キャンペーン詳細はこちら

ソフトバンクの料金を見直してワイモバイルに乗り換えよう

スマホを快適に利用するには、自分の使用状況に合ったプランを選ぶことが重要です。高速データ容量が足りなくて、低速になるとストレスを感じることがあるでしょう。

また、必要のない大きなデータ容量のプランを契約していて、毎月、データ容量が余っているようでは月額料金を無駄にしている可能性があります。

スマホの利用状況は、生活の変化でも変わることがあります。そのため、定期的に利用状況を見直して最適なプランを選びお得にスマホを利用しましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

SHARE!!

あわせて読みたい