1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIM会社比較~15の業者を徹底比較~

格安SIM会社比較~15の業者を徹底比較~

更新日:2019.06.20

今流行りの格安SIM会社を徹底比較! 格安SIMの会社の数は100社以上あり、どうやって自分だけのプランを選んだらいいか困る人も多いはず。まずは格安SIMの会社の特徴を概観して、きになるMVNOを絞り込みましょう。主要な格安SIMの会社と、独特なサービスで知られるお勧めしたい会社を一挙まとめてご紹介します。

格安SIM会社の比較を、提供しているサービスにフォーカスしてご紹介します!お得な格安SIMにしたいけど、どれがいいかよくわからないと!大手各社が格安SIMプランに参入し、どんどんと新しいプランが出てきているので、余計に混乱してしまうかもしれませんね。各社のサービスを比較して見極める力があれば、自分のニーズに合ったプランを見つけることができます。


格安SIM会社の共通点は?

格安SIMの各社のサービスについて知る前に、まずはサービス内容の見方から押さえましょう。高速データ通信容量や通信速度、SIM枚数や音声通話などの様々なオプションが書かれていて、どこをどう見たらいいかわからなくなるものですね。それぞれの会社の共通ポイントはどこなのでしょうか?

高速通信か低速通信の提供

格安SIMを提供するMVNOでは、高速通信と低速通信のどちらかが提供されています。1MB以上であれば高速通信、1MB以下の500kbpsなどは低速通信となります。また、各プランでは通信できるデータ容量が決まっています。その決められたデータ容量を超えると高速通信から低速通信になってしまうプランもあれば、低速通信からさらに遅い低速通信に速度が落ちてしまうプランもあります。こうした要素を比べて、どのくらいの料金でどのくらいのデータ容量の高速通信(あるいは低速通信)ができるかを比較するのがミソ。

今までは制限付きのプランがほとんどでしたが、月の通信量に制限を設けない無制限プランも出てきています。

キャリアの回線を利用

MVNOはキャリアから回線網を借りて格安で提供するサービスなので、格安SIMの使われている回線はdocomo(ドコモ)、au、Softbank(ソフトバンク)のいずれかになります。MVNOでは圧倒的にdocomoの回線を使っている格安SIMの会社が多く、au回線利用の主なMVNOが数社、そしてソフトバンク回線利用企業の参入により格安SIMの選択肢の幅が広がりました。キャリアの中古の端末を使う場合は、ドコモの端末ならドコモ系MVNO、ソフトバンクならソフトバンク系の回線を利用しているMVNOで基本的にそのまま利用できるので、どの回線を利用する格安SIMの会社なのか、まず確認する必要があります。

端末によってはSIMロック解除が原則として必要なMVNOもあります

格安SIMのどこを比較したらいい?

では格安SIMの数ある会社から自分の必要に応じたプランを選ぶため、MVNOの特徴やメリットデメリットを比較しましょう。しかし、どんなポイントを比較したらよいのでしょうか?ここで、格安SIMの会社のどういったポイントを見るべきか確認しましょう。

データ容量(GB)対金額

上記で述べたように、比較するのに最もポイントとなる点は、使えるデータ容量(GB数)に応じる金額がいくらなのかという点。月ごとでデータ容量が決まっているところもあれば日別になっているプランもあるので、少々計算が必要ですね。

オプション

さらに注目したいのは様々なオプション。音声通話かけ放題、Wi-fiスポット、複数枚SIMでのシェアなどそれぞれ比較してみると、用途や使い方に応じてお得感が変わってきます。オプションの内容も良く調べてから選びましょう。

各オプションの詳細については、サイト内のほかの記事もチェックしてくださいね。

格安SIM会社の特徴まとめ:主要5社を比較

格安SIMの業界でも特に有名なMVNO社、楽天モバイルmineo(マイネオ)OCNモバイルONEIIJmio(みおふぉん)BIGLOBEモバイル(ビッグローブ SIM)の格安SIMを比較してみましょう。この5社は質の整ったサービスで安定感があります。

楽天モバイル

楽天モバイルはMMD研究所の「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」でシェア率NO.1に君臨した、いま最もユーザーが多い格安SIMです。格安で提供されるプランの魅力に加えて、期間限定のキャンペーンによって楽天スーパーポイントが還元されたりすることも多く、楽天のサービスと組み合わせることができるお得感が人気の理由となっています。決められた通信容量を使い切っても最大速度1Mbpsで使い放題(一部300kbpsの時間帯あり)+国内通話10分かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」プランなら、楽天会員であれば月額基本料が2年間540円割引となり、最低利用期間2年または3年で契約することによりさらに540円または1,080円割引になるのもうれしいですね。人気のスマホ端末もセットで購入出来ますし、通話オプションなども豊富なので、質の高いサービスとコストパフォーマンスに優れたMVNOです。

楽天サービスをよく使う人にはオススメです。

2019.7.11 9:59まで
夏先取り!スマホ割キャンペーン
人気の13機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインナップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

mineo(マイネオ)

ケイ・オプティコムによる業界初のau系SIM、mineoは、2015年9月からdocomo回線、2018年9月からSoftBank回線も使えるようになった貴重なトリプルキャリアMVNO。独特なサービスによりコスパ面で非常に優れた会社です。料金だけを見ると他社より割高のようにも見えるのですが、パケット繰り越し、パケットシェア、フリータンクなど、余った通信料を無駄なく使うための様々な便利機能があるのはmineoだけ。家族でデータ容量のシェアが可能だったり、家族割や複数回線割があったりと家族で利用するメリットも多いですね。10分かけ放題オプションもあり、通話面での心配もありません。

繰越パケットを家族でシェアしたい人や、mineoユーザー同士で余ったパケットのやり取りをしたいという方にはオススメです。

2019.7.31まで
6GB・10GBコースがおトクに使える!
デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の6GB・10GBを新規で申し込むと最大3カ月間、月額基本料金から6GBは735円・10GBは1,016円割引に!
さらに今なら「mineoでんわ 10分かけ放題」オプション料金が最大2カ月間無料
詳細をチェック
公式サイトへ

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTの子会社NTTコミュニケーションズが運営するMVNO。格安SIMのシェア数のトップ3に常にランクインしている、通信速度の安定性とブランドの信頼性が売り。月締めのプランだけでなく、日ごとに通信制限をリセットできるプランは使いすぎをストップしたい人にオススメです。「10分かけ放題」や、その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になる「トップ3かけ放題」、この2つがセットになった「かけ放題ダブル」といった通話オプションも独自のサービスとして挙げられます。

同じ番号によくかける人や、日次コースが使いたい人にはオススメです。

2019.8.5まで
2年間オトクがつづく!毎月320円割引キャンペーン
音声対応SIMを新規で申込、または現在契約中の方が音声対応SIMを追加申込すると、2年間月額基本料が毎月320円(税込346円)割引されます!
また、Amazonで音声対応SIMを購入すると最大1万円のAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンも。
★契約容量や加入オプションで金額が異なります 詳細をチェック
公式サイトへ

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioは有名なインターネットプロバイダーのIIJが運営するMVNOで、格安SIMも高い品質のものを提供しています。docomo系SIMでしたが、au回線の契約も始まり、あらゆる選択肢に対応しているMVNO。同一ID契約同士で通話すると、通話料が20%割引になるファミリー通話割引や、SIMカードが最大10枚利用できるファミリーシェアプランといった家族向けのサービスも充実しており、かけ放題オプションもコスパに優れた内容です。

シェアSIMを多く利用したい方には特にオススメです。

2019.9.30まで
4カ月間音声SIM1,080円割引&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
音声通話SIM1,080円×3カ月割引で月額料金が648円から!
SIMチェンジ限定で月額料金割引がプラス1カ月で4カ月間に!
詳細をチェック
公式サイトへ

BIGLOBEモバイル/BIGLOBE SIM

BIGLOBEモバイルは、主要格安SIM会社の中でも名高い実績があるプロバイダーBIGLOBEが運営するMVNO。docomo回線に加えて2017年9月末からau回線も提供され、マルチキャリアMVNOとして更に使いやすくなっています。他社の格安SIMには見られない12GBプランや、動画・音楽関連の対象サービスでのデータ通信量がかからなくなる「エンタメフリー・オプション」、更に6GB以上のプラン契約で使える無料Wi-fiスポットなどのオプションで痒いところにも手が届き、初心者にもやさしい格安SIMです。

YouTube、AbemaTVなどをよく利用する方には特にオススメと言えます。

2019.9.1まで
BIGLOBEモバイルなら\特典総額最大2万1,522円/
月額料金値引きキャンペーン&Gポイントプレゼント&SIMチェンジ限定特典で最大2万1,522円お得!
SIMチェンジ限定の4,000円キャッシュバックを受けるには、クーポンコード「EFC」を申し込み時に入力してください!!
エンタメフリー・オプションに音声通話SIMと同時に申し込むとオプション月額料金最大3カ月間無料のキャンペーンも実施中!
詳細をチェック
公式サイトへ

格安SIM会社の特徴まとめ:新旧11社を比較

人気のある主要格安SIMに加えて、新たな試みを始めた会社や、そこにしかない特別なプランが提供されている格安SIM会社を一挙ご紹介します。

UQモバイル(ユーキューモバイル)

UQモバイル(ユーキューモバイル)では、KDDIの子会社により格安SIMが提供されています。先ほど紹介したmineoとIIJmio、BIGLOBEモバイルに加えて、4つ目のau系SIMで、5分以内通話かけ放題付きの「おしゃべりプラン」、プランに応じた通話無料時間が付く「ぴったりプラン」が主要プランです。お得な端末セット契約も可能で、キャリアメールが使えるMMSオプションもあるので、キャリアに近い感覚で利用できる便利さがあります。高速通信の速度も安定しており、他社と比べてプラン価格が高いですが、それだけメリットがある会社でしょう。ただし、おしゃべり/ぴったりプランでは2年契約前提・14ヵ月以降は1,080円ほど値上がり・26ヵ月経過でデータ通信量、無料通話時間が半減することは注意しておきたいポイントです。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大10,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大10,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)は、大手MVNO日本通信のSIMで、ソフトバンク回線の音声対応SIMも提供を始めたことで注目が集まりました。毎月使っただけ支払う段階式の「おかわりSIM」や、他社よりも安い価格で提供されているお得な大容量プラン「25GB定額」など、ユーザーの使い方に合わせて選べるプランが魅力です。

b-mobile
iPhone/iPadのデータ通信が206円/月〜!
iPhone/iPadのデータ通信が206円/月から、使った分だけ支払う段階制料金の「190Pad SIM」やdocomo/SoftBank回線の音声SIMを1,070円/月から利用できる「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」など、魅力的なプランがたくさん! 詳細をチェック
公式サイトへ

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)は、USENから独立した株式会社U-NEXTによる、格安SIMプランが豊富なMVNO。音楽配信サービスを行うUSENならではの、音楽聞き放題のセットプランがあります。高速通信を無制限で利用できるLTE使い放題が目玉プランで、他にも通信制限が全くかからない25GBプランの「U-mobile MAX 25GB」、段階式のダブルフィックスプランなど、独特なサービスが提供されています。さらに、b-mobileと同じくソフトバンクに対応したSIMがあるのも注目したいポイントですが、こちらはデータ専用SIMに限られます。

使い放題!
LTE使いたい放題プランで快適インターネット!
U-mobileのLTE使い放題プランなら、容量を気にせずインターネットが使い放題 詳細をチェック
公式サイトへ

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク傘下のMNOで他の会社とは違い、独自の回線網を利用しています。そのため、速度の安定性には定評があり、キャリアともMVNOとも違う独特なサービスを提供しています。それぞれに10分以内の国内通話無料がついたS/M/Lの三種類の「スマホプラン」があり、豊富なラインナップの端末もセット契約出来るので、キャリアと同じようなサービスを格安で楽しめます。その代わり、契約期間なしの場合は割高になってしますので他社よりも縛りが強い形になっています。ただ、期間限定キャンペーンでキャッシュバックなども常に開催されているので、おトク感は強いでしょう。

期間:終了日未定
音声SIM限定!最大1万5,552円割引キャンペーン
新規または他社から乗り換えでY!mobileの音声SIMを単体契約すると、基本料からスマホプランS:最大1万368円、スマホプランM/L:最大1万5,552円割引! 詳細をチェック
公式サイトへ

イオンモバイル(イオンスマホ)

イオンが提供するMVNOのイオンモバイル(イオンスマホ)を選べば、全国のイオン店舗で購入・契約・アフターサービスを受けられます。全国のイオンの店舗で格安スマホを購入できる窓口があるので、ネットだけで完結していた格安SIMにとっつきにくさを感じていたユーザーにとってはメリットが多いはず。プラン数も多く用意されていますが、すべてがシンプル。10分かけ放題やIP電話での完全かけ放題の二つのかけ放題オプションがあるので、電話料も安心です。

イオンモバイル
\料金プラン価格改定/
2019年7月1日より30GB以上の料金プランの価格が値引きされました。最大1,966円値引きのプランも!大容量プランとしては大変おトクな価格設定となっています。
★2019年9月2日まで「納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン2019」を開催中!WAONポイントプレゼントなど、お乗り換えのチャンスです!
詳細をチェック
公式サイトへ

LINEモバイル

「LINE」アプリを提供しているLINEによる格安SIM会社のLINEモバイルは、LINEサービスと連携した便利なサービスが揃っています。1GBを540円(データSIMの場合)という最安級価格で利用できる「LINEフリープラン」に加え、「コミュニケーションフリープラン」ではLINEだけでなくFacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNS機能を通信量カウントフリーで使えるので、SNSユーザーやLINEユーザー必見のプランとなっています。通話オプションなど必要なオプションや端末セットももちろん整えられていて、SNSをよく使う層には特に使いやすいMVNOでしょう。

終了日未定
新・月300円キャンペーン!&
キャンペーンコード入力でさらに合計5,400円割引

キャンペーン期間中に音声通話SIMの契約・利用開始で
月額基本利用料3カ月間最大1,502円割引!
月額324円でSNS使い放題!
さらに申し込み時に「1906WA05」入力で
最大5カ月間 月額基本利用料から1,080円割引に! 詳細をチェック
公式サイトへ

DMM mobile(DMMモバイル)

DMM mobile(DMMモバイル)全プランで最安級価格を提供する、安さを前面に出した格安SIMで、1GBから大容量サイズの20GBまで細かくプランが用意されています。高速通信時は速度制限がなく、低速時にスムーズな読み込みを助けてくれるバースト機能、データ残量翌月繰り越しにも対応しており、必要な便利な機能は一通りそろっているのに安い、というお得感が魅力的。

終了日未定
5,000円分ギフト券プレゼント
SIMチェンジ限定で最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!
詳細をチェック
公式サイトへ

NifMo(ニフモ)

Nifmo(ニフモ)はニフティ社による格安SIMで、便利なオプションが魅力的なSIMです。アンケートに回答したり、対象の店舗で買い物・食事をすることで通信費の割引をするという「NifMo バリュープログラム」は、ネットショッパーには必見のサービス。「NifMo半額ダイヤル」アプリや、10分かけ放題オプションなどの通話オプションもそろっています。

NifMo
NifMo独特のユニークな割引サービスでお得!
@nifty光などの接続サービスを利用の場合はNifMoの基本料金から月額216円割引や、@niftyでんきもまとめて契約すると最大月額432円割引に。 また、アプリのダウンロードやネットショッピングをするとNifMoの利用料金が自動的に割引きになるアプリもあります。 詳細をチェック
公式サイトへ

DTI SIM

以前はServersMan SIM LTEという低速格安通信を提供していたDTI SIMですが、現在は高速通信を安く、しかも使い放題プランやYouTubeとTwitterのデータ通信量がカウントフリーになる「DTI見放題SIM」まで用意しており、幅の広いプランを取り揃えています。半年間データSIMの基本料金が0円になる「お試しプラン」が設けられている点も珍しい画期的なサービスですね。

終了日未定
月額2円 お試しプラン実施中!
はじめてDTI SIMをご利用になる方は「半年お試しプラン3GB」のデータプラン/データSMSプランが半年間実質0円/月!
詳細をチェック
公式サイトへ

LIBMO(リブモ)

LIBMOは、静岡県シェアNO.1 のプロバイダの株式会社TOKAIコミュニケーションズによるMVNです。安価なプランや余ったデータ容量を翌月に繰り越せることが特徴です。また、TLC会員になることでWAONやLuLuCaポイント、Amebaの.moneyなど、各種電子マネーなどと交換できるTLCポイントを貯めることができます。

期間:終了日未定
【SIMチェンジ限定】最大2万円キャッシュバック
SIMチェンジからのお申込み限定のお得なキャンペーンです!
音声通話SIMはもちろん、データSIMもキャッシュバック対象! 詳細をチェック
公式サイトへ

格安SIM会社を一挙にチェックして選択肢を絞ろう

一気に格安SIM会社の比較をしてきましたが、いかがだったでしょうか?15社だけをピックアップしましたが、実はMVNOは100社を優に超える数になっています。

数あるMVNOの中から一つを選ぶのは至難の業ですが、このように一挙にチェックすると、格安SIMの全体が概観できたのではないでしょうか?値段の安さだけでなく、オプションや特典で違いが出てくるのがお分かりいただけたかと思います。それぞれの会社に魅力的な格安SIMのメリットがありますね。
気になる格安SIMがあったら、ぜひ公式サイトで詳しい情報をご覧ください。まだ絞り切れないという人は、下記のぜひプラン診断にトライしてみて、自分にピッタリの格安SIMを見つけてくださいね!

公式サイト
楽天モバイル
mineo
OCN モバイル ONE
IIJmio
BIGLOBEモバイル/BIGLOBE SIM
UQモバイル
b-mobile
U-mobile
Y!mobile
イオンモバイル
DMM mobile
LINEモバイル
NifMo
DTI SIM
LIBMO
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい