1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイル徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も
 

楽天モバイルに関する記事

313件の記事があります
MVNOとして格安SIMを販売する「楽天モバイル」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、楽天モバイルの記事をまとめています。
楽天モバイルに関する記事の一覧を見る

楽天モバイルの格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

楽天モバイルは、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズによるMVNOです。格安スマホの代名詞とも言える高質なスマホセット・音声通話付SIMプランを提供しています。

楽天モバイルは、楽天グループならではの特典も満載で、楽天スーパーポイントのポイントバックなどがあります。月額料金100円につき1ポイント、楽天市場の買物で付与されるポイントが2倍になるなど、楽天市場で買い物をする方には特におすすめです。楽天モバイルの格安SIMプランはシンプルでわかりやすく、それでいて必要なものはそろっている初心者にもおすすめできる格安SIMです。通信速度を抑える安さ重視のプラン、一カ月10GBデータ容量のプランなどプランが豊富に揃っています。

さらに、楽天モバイルでiPhoneを使う際に知っておきたいこと、最近話題になっていた楽天モバイルの実効速度についても紹介します!

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルの格安SIMプラン

楽天モバイルが用意しているプランは4つで、それぞれ音声通話SIMに対応しています。いずれのプランでも余ったデータ通信量は翌月に繰り越しが可能です。また全プラン初月無料なのも特徴です。各プランは3日あたり「3.1GBプラン:540MB」、「5GBプラン:1GB」、「10GBプラン:1.7GB」の通信速度制限があるのでご注意ください。

一方で、この通信速度制限を気にすることなく大量にデータ通信をすることができるのが2016年11月4日より開始された大容量プランの「20GBプラン」と「30GBプラン」になります。 2017年1月からは高速通信容量の前月繰越分を「楽天モバイル」の利用者間で分け合えるデータシェアサービスも開始されるようです。。同一名義のSIMカード間や家族間でなくとも、「楽天モバイル」の利用者であれば誰とでも設定できるサービスのようです。一般的なシェアSIMやmineo(マイネオ)の「マイネ王」のように通信容量を無駄なく使えるサービスとして期待したいところです。

なお、楽天モバイルで提供していたSMS付きのデータプランはは新しく「050データSIM」として生まれ変わっています。「050データSIM」はこちらはViberアプリと提携していて、名前の通り050から始まる番号を無料でもらえます。最大通話時間は10分、回数無制限でIP電話を利用することができ、かつこの050データSIM自体に追加料金はかかりません。なお通話料の代わりにデータ通信が行われるので注意してくださいね。

※楽天モバイルのプランについては、2015年10月6日に「ベーシック」から「ベーシックプラン」に、「3.1GBパック」から「3.1GBプラン」に、「5GBパック」から「5GBプラン」に、「10GBパック」から「10GBプラン」に変更になりました。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイル
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
ベーシックプラン567円696円1,350円-200Kbps1枚
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚

楽天モバイルに必要な費用としては、お申込時に事務手数料3,000円、月額料金(初月無料)、端末費用(一括払い、もしくは分割払い1回目)が必要です。以降は対象ご契約タイプの月額料金と、分割払いの方のみ端末費用、対象ご契約タイプの通話料の支払いが必要です。

楽天モバイルのおすすめポイント

楽天モバイルのおすすめポイントとしては、大手キャリアに引けをとらないハイスペックな機種が手に入る、8GBと32GBの機種を最安値クラスで購入が可能、月額料金が初月無料、などさまざまなメリットがあります。他にも楽天カフェでは楽天モバイルの端末を試してみたり、プランの相談も可能です。

コストパフォーマンスに優れたプラン設定
楽天モバイルをご契約のお客さまは、月額基本料は850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」をお申し込みいただけます。
楽天でんわアプリを提供しており、番号そのままで通話料を半額になるというサービスです。さらに通話料100円につき楽天ポイントが1ポイントもらえます。
楽天カフェで楽天モバイルの端末を試してみたり、プランの相談もできる
SIMカード、端末を当日お受け渡しが可能ですし、MNPの手続きも当日に完了できます。
サポートについても、電話やメールだけでなく、チャットによるサポートデスクも完備しており、サービスについて詳しく聞くことができます。
実際に端末を触って試せるのも魅力です。
楽天モバイルは、月額料金が初月無料
データSIM、通話SIMともに初月は月額料金が無料です。
注意していただきたいのは、初月はデータプランの変更ができませんので、ご注意ください。
楽天モバイルは、格安の「ベーシックプラン」
楽天モバイルの料金ブランには、データ通信量別に「ベーシック」「3.1GBパック」「5GBパック」「10GBパック」の4種類がラインナップされています。そのなかでも、ベーシックプランはおすすめのプランです。最大通信速度は200kbpsに抑えられていますが、その分月額料金(月額料金 データSIM SMSなし:567円、月額料金 データSIM SMS付き:696円、月額料金 通話SIM:1,350円)がとても安くなっています。
「楽天でんわ」の5分以内国内通話が何度でもかけ放題になる
5分かけ放題オプションが月額850円で利用できます。
5分を超過した場合は、別途30秒10円の通話料がかかります。
新しく購入したスマホにデータを移行してくれるサービスがある
新端末へのアドレス帳・写真データの移行を請け負ってくれるサービスを提供しています。
「一時お預かりプラン」:データ移行元端末を発送している間にデータ移行をするプランです。
「出張設定プラン」:データ移行はお願いしたいが、データを預けるのは不安の方におすすめです。15分程度でアプリのダウンロード方法や、端末の基本的な操作もお教えいたします。
楽天モバイルは、ドコモの回線を利用している
楽天モバイルはNTTドコモのXiR(LTE)/FOMAR(3G)サービスエリアでご利用いただけます。
注意点としては、NTTドコモの端末ではテザリングをご利用いただけません。
楽天モバイルは、お申込み時に配送日時の指定が可能
通話SIMをお申し込みの場合は、楽天モバイルのお申し込みを、本人確認書類アップロードの前に行っていただく必要があります。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルで注意したいこと

楽天モバイルで覚えておきたい注意点としては、SIM枚数を追加できないので容量シェアはできない、最低利用期間が12カ月間は必要、3G専用端末では使えない、などがあります。特に覚えていただきたいのは、3日あたりの速度制限があることです。またファイル交換(P2P)ソフトの利用はできません。

3日あたりの速度制限がある

楽天モバイルが用意している4つのプラン、それぞれで3日あたりの制限される通信量は異なりますのでご確認ください。

ベーシックプラン
速度制限なし
3.1GBプラン
540MB
5GBプラン
1GB
10GBプラン
1.7GB
SIM枚数を追加できないので容量シェアはできない
格安SIMカードを複数のスマートフォンやタブレットに挿して通信したい方は、メインの回線と容量をシェアできるSIMカードがあると便利です。しかし、楽天モバイルは対応していません。
通話SIMの場合、最低利用期間が12カ月間は必要
開通月を1カ月目として12カ月目まで利用する必要があります。12カ月目以内の解約ですと、違約金10,584円発生します。
但し、データSIMの場合は最低利用期間もなく、解約時の違約金も発生しません。
3G専用端末では使えない
2015年10月6日以降にお申し込みのSIMカードは、3G専用端末で利用を行うことができません。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

楽天モバイルの格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

楽天モバイルの速度などの評価・評判

速度が速いと評判です。実測の口コミを見ても、混雑する時間帯でも上り17~20Mbps・下り8~18Mbpsなどの測定結果が示されています。時にはNTTドコモの速度よりも早い速度結果が出ることもある、という報告もありました。また、1カ月間の合計通信量が「高速通信容量」を超えると通信速度が200kbpsに制限されます。

MVNOの速度面は利用者の増大によって激しく変化するので、良い評判も変動することがありますが、楽天モバイルの速度については多少遅くなったり不安定になったりすることがあっても、問題なく利用でき不満の声が聞こえてくることもないようです。安心して利用できる格安SIMの一つでしょう。定期的に通信設備や通信帯域の増強を行ない、通信速度は向上しているとのことです。

特に、2016年4月あたりから速度が遅くなったという声が多く上がっていましたが、7月現在その声もあまり聞かなくなっています。

他の強みとしては、楽天ポイントがたくさんもらえるという点があります。楽天市場、楽天安心支払いサービスが導入されているサイトを使う場合はおすすめの格安SIMです。また、楽天モバイルでもiPhoneを使うことができます。

また、楽天では楽天モバイルユーザー専用に@rakuten.jpで使える楽天メールサービスを新たに始めました。GmailやYahooメールと同じタイプのメールサービスですが、楽天モバイルHPでは「ドコモ、au、SoftBankのメールアドレスをご利用の方と、メールのやりとりができます。」とあります。楽天メールは専用アプリが用意されており、メールアプリではデコレーションメール(デコメ)や絵文字も使うことができます。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

音声通話のベーシックプランは注目すべきプラン。音声通話ができて1,250円というこの安さは他のSIMではあまり見かけません。200Kbpsの低速プランではありますが、とにかく090・080から始まる電話番号がほしい人にはおすすめです。

また楽天でんわは、5分間の通話が無料になります。サービス利用料金として月850円が必要となります。月に短い通話が多く総計で43分以上ある場合には楽天でんわを使った方が安くなります。ドコモやauなどでも同じく5分以内の通話は無料となるプランがあります。しかし、比べると楽天でんわの方が大幅に安くなります。

また全プランともに、他のSIMと比べて楽天モバイルのコスパが勝っている印象。IIJmio(みおふぉん)OCN モバイル ONEなど他の格安SIMでは同じ料金で3GBのプランですが、楽天モバイルのSIMは0.1GBつまり100MBのおまけがついています。特に10GBプランでは、業界最低価格を謳っているDMMとの僅差の低価格を提供していて、非常に魅力的なプラン設定と言えるでしょう。

さらに、楽天モバイルにしかない特典もあります。月額利用料に応じて楽天スーパーポイントが貯まるしくみは、楽天グループならでは。ポイントバックキャンペーンも多く開催されており、楽天でお買い物ポイントが二倍になったり、友達紹介やアンケートに応えるだけでポイントが付与されるという特典もあります。楽天系のサービスを利用している人にはもってこいのMVNOですね。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルでiPhoneを使うなら知っておきたいこと

楽天モバイルとの契約を検討中の方で、iPhoneをお使いの方、もしくはiPhoneを使おうと思っている方は多いのではないでしょうか。
楽天モバイルであれば、SIMフリー端末はもちろんのこと、docomoで契約したiPhoneなら、そのまま利用できることが大きなメリットとして挙げられます。
ここでは、楽天モバイルでiPhoneを使うときに知っておきたいことを紹介します。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルで契約するためには、どのiPhoneを使うべきか

まずは、楽天モバイルで契約するためには、どのiPhoneを購入するのが良いのでしょうか。

楽天モバイルで契約するなら、SIMフリーのiPhone購入がおすすめ

基本的にdocomoやau、softbankといったキャリアで契約したiPhoneには、そのキャリアのSIMカードでしか利用できないように、SIMロックがかけられています。したがって、そういったキャリアで契約した機体に、楽天モバイルの格安SIMカードを挿入したところで利用はできないのです。
格安SIMでiPhoneを使おうと思ったら、SIMフリーのiPhoneを購入するのがおすすめの方法になります。iPhoneの製造元であるAppleのストアから購入できるほか、Amazonなどのインターネット上のショッピングサイト、また中古端末であれば店頭やオークションサイトなどからも購入可能です。

楽天モバイルは、docomo(ドコモ)のiPhoneでも利用できる

キャリアのiPhoneは格安SIMをそのまま利用できないと説明できましたが、楽天モバイルの場合は、docomo(ドコモ)で契約したiPhoneであれば、SIMカードを交換するだけで、そのまま利用が可能になります。これは、楽天モバイルの大きなメリットと言えるでしょう。

楽天モバイルで契約するために、iPhoneのSIMロック解除を行う

他の方法として、キャリアによってかけられたSIMロックを解除するという方法もあります。SIMロック解除の方法はいくつかのやり方が存在しますが、中には一部のキャリアや機種にしか対応していないものもあります。
現在、唯一すべてのiPhoneで対応可能と言われているSIMロック解除方法が、ファクトリーアンロックという方法です。これは、仲介業社に頼んで、端末の製造元に直接働きかけて、SIMロックを解除してもらうという方法で、メーカーによる推奨はないものの、違法行為ではありません。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルの格安SIMで利用可能なiPhone一覧

次に、楽天モバイルの格安SIMで利用できるiPhoneについて見ていきましょう。以下で紹介する機種は、楽天モバイルが動作確認済み端末としてホームページ上で公式に発表している機種になります。

iPhone SE
2016年3月に発売された、iPhone SE。4インチ型のiPhoneでは最新版になります。楽天モバイルではSIMフリー版、docomo版の両方で動作確認済みです。
iPhone 6s / iPhone 6s Plus
4インチ型以外では、一番新しい機種になります。SIMフリー版とdocomo版の両方で動作確認済みです。
iPhone 6 / iPhone 6 Plus
こちらも上記同様、SIMフリー版とdocomo版の両方で動作確認済みです。
iPhone 5s
一世代前のiPhoneですね。SIMフリー版とdocomo版の両方で動作確認済みです。
iPhone 5c
カラフルな筐体と価格の安さで人気の機種。SIMフリー版とdocomo版の両方で動作確認済みです。
iPhone 5
こちらだけはSIMフリー版でのみ動作確認済みなので、注意が必要ですね。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルで買えるおすすめの格安スマホ

楽天モバイルでは、iPhoneでの利用だけでなく、他のMVNOと同様に、SIMフリースマホと格安SIMのセット購入・利用ができます。おすすめの格安スマホをみてみましょう。

honor 8


honor 8
honor 8はHUAWEIから新発売された高スペックスマホ。HUAWEI P9同様にデュアルカメラを搭載、そして大容量4GBのメモリとオクタコアCPUによりパワーとスタミナに優れたスマホです。
honor 8は楽天モバイルでのみセット購入でき、端末料金は46,224円です。発売を記念してweb・期間限定で38,664円で購入できますので、ネットからの予約購入がお勧めです。
(キャンペーン期限:2016年12月1日9:59まで)

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
HUAWEI
端末料金
46,224円(webサイト限定・期間限定価格:38,664円)
端末分割支払金
1,926円(webサイト限定・期間限定価格:1,611円)
支払期間
24か月
OS
Android™6.0
画面サイズ
約5.2型 /1920 x 1080ドット(IPS)

ZenFone 3


ZenFone 3
2016年10月7日に発売するZenFone 3は1,600万画素のカメラや指紋認証センサーを搭載した高スペックモデル。デュアルSIMにも対応しているので格安SIMとの相性はかなり良いです。楽天モバイルでは端末料金42,984円、端末分割支払金は1,934円/月で格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
ASUS
端末料金
42,984円
端末分割支払金
1,934円/月
支払期間
24か月
OS
Android™6.0.1
画面サイズ
5.2インチ フルHD (1,920×1,080)

arrows M03

arrows M03
arrows M03はとにかく耐久性に優れた高スペックスマホ。防水・防塵仕様でキズにも強いです。カメラは1310万画素広角カメラで場所や時間帯を問わずキレイに撮ることが可能です。さらにワンセグやオサイフケータイなど国産スマホならではの機能も。
楽天モバイルでは販売価格32,184円、端末分割支払金は1,476円として格安SIMとセット販売されています。
※現在arrows M03はキャンペーン中で3,300円割引を受けることが可能です。(キャンペーン期間:2016年12月20日まで)

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
FUJITSU
端末料金
35,424円
端末分割支払金
1,476円
支払期間
24か月
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
約5.0インチ HD(1,280×720ドット) IPS液晶

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03
AQUOS mini SH-M03は4.7インチのコンパクトボディながら防水防塵に対応した非常に使いやすいスマホです。ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ搭載のため、長時間の動画撮影にも強いです。メインカメラは1,310万画素なのでカメラ性能も安定していますね。
端末料金は53,784円、端末分割支払金は2,241円で格安SIMとセット購入することができます。

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
SHARP
端末料金
54,784円
端末分割支払金
2,241円
支払期間
24か月
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
約4.7インチ, FHD (1920×1080ドット), IGZO

ZTE BLADE E01

ZTE BLADE E01
ZTE BLADE E01は7.8mmのスリムでフラットなボディが特徴のスマホ。一万円代で買えるスマホとしてはかなりのコストパフォーマンスですね。カメラは800万画素ですがズーム機能搭載なので使うシーンを選びません。
楽天モバイルでは、販売価格13,824円、端末分割支払金576円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。
※現在ZTE BLADE E01はキャンペーン中で3,300円割引を受けることが可能です。(キャンペーン期間:2016年12月20日まで)

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
ZTE
端末料金
13,824円
端末分割支払金
576円
支払期間
24か月
OS
Android™ 5.1
画面サイズ
5.0インチ, HD (1,280×720ドット), IPS液晶

HUAWEI P9

HuaWei P9
HUAWEI P9は1,200万画素のダブルレンズ搭載の高スペックスマホ。CPUは最新のKirin955を搭載しているのでパワー・スタミナを両立し、ヘビーユースでも安心の処理能力かつバッテリーも長持ちです。指紋センサーはロック解除だけではなく着信応答やカメラのシャッターなど様々な用途で使えます。
楽天モバイルでは、販売価格64,584円、端末分割支払金2,691円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
HUAWEI
端末料金
64,584円
端末分割支払金
2,691円
支払期間
24か月
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
5.2インチ, FHD (1080×1920ドット), IPS液晶

HUAWEI P9 lite

HuaWei P9 lite
HUAWEI P9liteはコストパフォーマンスに優れたスマホ。p9と比べて約半分の値段で購入することができます。
3000mAhの大容量バッテリーで電池持ちもよいのでミドルレンジやライトユーザーにおすすめです。カメラは1,300万画素でカメラモードも充実しているので自撮りや食べ物の写真など広く使えます。
楽天モバイルでは、販売価格32,379円、端末分割支払金1,349円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。
※現在P9liteはキャンペーン中で3,000円割引を受けることが可能です。(キャンペーン期間:2016年12月20日まで)

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
HUAWEI
端末料金
32,379円
端末分割支払金
1,349円
支払期間
24か月
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
5.2インチ, FHD (1080×1920ドット), IPS液晶

ZenFone Go

ZenFone Go
Zenfone Goは5.5インチの大型ディスプレイを使用しており、IPS液晶搭載。大画面で高画質な液晶は、Webサイトやメールも見やすく、動画もゲームも楽しむことができます。また800万画素の高画質カメラと、どんな場面でも鮮明に美しく撮ることができる撮影モードを搭載!バッテリー容量は3,010mAh!更に注目するべきなのは、お子様向けに機能や時間制限ができる「キッズモード」や、スマートフォンが初めての方でも簡単に使える「簡単モード」がご用意されています!
楽天モバイルでは、販売価格21,384円、端末分割支払金891円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
ASUS
端末料金
21,384円
端末分割支払金
891円
支払期間
24か月
OS
Android™ 5.1.1
画面サイズ
5.5インチ(HD)

arrows RM02

arrows RM02
arrows M02/RM02は防水対応もしており、MIL規格(米国国防総省の調達基準)に準拠しており、優れた耐傷性を持っています。キズや衝撃からディスプレイを保護してくれ、5インチ有機ELディスプレイも搭載。富士通が提供する「ヒューマンセントリックエンジン」も備えています。「ヒューマンセントリックエンジン」とは、富士通の高い技術を活用して、使う人を中心にした豊かで快適な生活をサポートするシステムの総称のことをさします。
楽天モバイルでは、販売価格37,584円、端末分割支払金1,566円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
富士通
端末料金
32,184円
端末分割支払金
1,341円
支払期間
24か月
OS
Andoroid™ 5.1
画面サイズ
約5インチHD 有機EL/720×1,280ドット

VAIO Phone Biz

VAIO Phone Biz
最新のOS「Windows 10 Mobile」を採用しており、最新情報や写真などのコンテンツをアプリを起動しなくてもタイルに表示して見ることができる機能「ライブタイル」も搭載。話し言葉でいろいろな命令ができる「Cortana(コルタナ)」などの最新技術も備えています。アルミニウムと強化ガラスで作成されたボディが高級感を漂わせます。
楽天モバイルでは、販売価格59,184円、端末分割支払金2,466円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
VAIO
端末料金
59,184円
端末分割支払金
2,466円
支払期間
24か月
OS
Windows 10 Mobile
画面サイズ
約5.5インチTFT(1080 x 1920ドット FHD)

ZenFone 2 Laser

ZenFone™ 2 Laser
スマートフォンやタッチ操作に不慣れな方にも迷わず操作ができる簡単モードを搭載している他、お子さんに安心して使えるよう、アプリへのアクセスや使用時間を制限できる、キッズモード、手の小さ目な方にも5インチ画面を楽しんでいただけるよう片手モードも提供しています。ASUS独自のPixelMaster技術で背面1,300万画素、前面500万画素のカメラが、薄暗闇や逆光などの難しい場面も最適なモードで撮影できます。
楽天モバイルでは、8GBモデルは販売価格24,624円、端末分割支払金1,026円/月、16GBは販売価格30,024円、端末分割支払金1,251円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:楽天モバイル

メーカー
ASUS
端末料金
8GB:24,624円、16GB:30,024円
端末分割支払金
8GB:1,026円、16GB:1,251円
支払期間
24か月
OS
Android™ 5.0.2
画面サイズ
約5インチ

楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルでは、お申し込み特典としてSIMカードの月額料金が1カ月無料になるキャンペーンを常時実施しています。

WEB限定「honor 8」発売記念キャンペーン
キャンペーン内容
端末代金がweb限定で7,000円割引き+「自撮り棒」「USBTypeCコネクタ」「microUSBケーブル」「マイク付きイヤホン」の4つがセットになったHONOR GIFT BOXを購入特典としてプレゼント
キャンペーン対象
お申し込み受付期間中にhonor 8のお申し込みをされた方。
キャンペーン期間
2016年9月21日14:00~12月1日9:59まで
楽天モバイル SIMカード 月額料金が1カ月無料
キャンペーン内容
月額料金が1カ月無料になります。無料期間終了後の月額料金は無料期間終了の翌月より通常料金での請求で、ユニバーサルサービス料、通話料、オプション、SMSの料金は特典対象外となります。
キャンペーン対象
お申し込み受付期間中に楽天モバイルを”SIMカード”、もしくは”端末+SIMカード”でお申し込みをされた方。
対象サービス
『楽天モバイル 通話SIM 全プラン』、『楽天モバイル データSIM 全プラン』。
楽天モバイル オプション最大2か月無料
キャンペーン内容
月額料金が1カ月無料になります。無料期間終了後の月額料金は無料期間終了の翌月より通常料金での請求で、ユニバーサルサービス料、通話料、オプション、SMSの料金は特典対象外となります。
キャンペーン対象
初めて楽天モバイルのSIMを購入し、同時にオプションに申し込んだ方(対象オプションが初めてであればすでに楽天モバイルを利用中の人も対象です。)
対象サービス
端末保証・あんしんリモートサポート・楽天モバイルWIFI by エコネクトなど

公式サイト:楽天モバイル