1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. IIJmio(みおふぉん)徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も
 

IIJmio(みおふぉん)に関する記事

159件の記事があります
MVNOとして格安SIMを販売する「IIJmio(みおふぉん)」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、IIJmio(みおふぉん)の記事をまとめています。
IIJmio(みおふぉん)に関する記事の一覧を見る

IIJmio(みおふぉん)の格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

格安SIM業界でシェア1位2位を争い続けるIIJmio(みおふぉん)格安SIMアワード2015でも総合満足度最優秀賞を得ました。これはお客様からの信頼と評価を得たと言えるでしょう。その人気の秘密は第一に価格の安さ、扱いやすい3GBプランの提供、そして、なんと言っても回線品質の高さでしょう。回線品質には非常にこだわりを持っており、常に設備投資を続けお客様が満足する回線品質を提供し続けています。また、通信容量を減らさないために通信速度の切替機能や低速度時に高速で使えるバースト転送、基本通信容量の繰り越しサービスや容量の追加対応、ファミリープランといった幅広いオプションを設けています。専用アプリを使って電話をかければ誰とでも半額の通話料で通話を行う事ができます。その他、最新端末とのセット購入やmio光とのセット割で家庭通信の費用まで下げる事ができます。

IIJmioの特徴
 
月額料金972円~
回線ドコモ
音声通話プラン有り
テザリング
通信速度切替機能

公式サイト:IIJmio

IIJmio(みおふぉん)の格安SIMプラン

IIJmioのデータ通信プランには3つありミニマムスタートプラン(3GB)、ライトスタートプラン(5GB)、ファミリーシェアプラン(10GB)が用意されています。ミニマムスタートプラン(3GB)は初めて格安SIMを使う方が利用しやすい1000円以下のプランとなっており、料金を安くしたい方にはうってつけのプランとなっています。多くの人は月間2GB程度で通信が足りていると通信量調査で結果が出ています。そのためミニマムスタートプラン(3GB)であれば多くの方の要求に答える事ができるでしょう。

ライトスタートプランはスマホを使う上で充分な通信量をリーズナブルな月額1520円で提供しており、動画やSNS、ゲームにまで幅広く使えます。

ファミリーシェアプランはその名の通り家族で通信量を分け合えるプランとなっています。SIMカード3枚を家族で使い10GBを共有します。家族3人で使っても2560円と大変安くなっています。

IIJmio
月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,123円1,728円3GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ライトスタートプラン1,641円1,792円2,376円6GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ファミリーシェアプラン2,764円2,916円~3,520円10GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
最大10枚

IIJmioには「みおふぉんダイアル」があります。音声通話アプリ「みおふぉんダイアル」はIIJmio音声通話SIMを契約した方ならどなたでも使用可能で、みおふぉんダイアルから電話をすると通話料が半額になり、国内電話料金が通常20円/30秒の料金を10円/30秒にすることが可能になります。
みおふぉんダイアルは電話回線を使った090、080から電話をかけることができ、IP電話のような音声遅延、途切れ、ノイズがなく、通常の電話と同じクリアな通話が可能です。その上で料金を半額にすることが可能ですので、利用者からは高い評価を受けています。

公式サイト:IIJmio

IIJmio(みおふぉん)のおすすめポイント

IIJmioのおすすめポイントとしては、以下が挙げられます。やはり、回線品質の高さとかゆいところに手が届く各種機能が最もおすすめのポイントです。

格安SIM業界で常にシェアNO,1、2位を争っている
格安SIMのシェア1,2位を争うIIJmioは、他のシェア上位の格安SIMと比べても速い通信速度を保っています。ちなみにIIJmioのmio(ミオ)は「私の」「私のもの」という意味のイタリア語です。
格安SIMアワード2015 総合満足度最優秀
インターネットイニシアティブが提供する「IIJmio」は「総合満足度」で最優秀を獲得。「IIJmio」は「ブランドイメージ」「利用サポート」においても最優秀を獲得しています。
インターネット創世記から永く培われた技術
IIJは「インターネットイニシアティブ」の略で日本で初めてインターネットプロバイダを開始した老舗です。
常に設備投資を心掛け回線品質の高さに定評を持つ
通信量を節約できる通信速度切り替え機能や、低速になってからもデータ読み込みの最初だけ最大速度が出せる『初速バースト』といった高い技術が可能にした機能もあります。
基本通信容量繰り越しサービス
IIJmioは翌月繰り越しが可能です。バンドルクーポンをその月に使い切らなかった場合も、無駄なく使うことができます。100MBから容量の追加も可能です。
専用アプリ「みおふぉんダイアル」を使って電話をかければ、誰とでも通話料が半額
国内通話のみではなく、海外への通話も32ヵ国一律10円/30秒(非課税)で提供しています。手順はアプリから「国番号+相手先電話番号」を入力するだけです。
セット購入でリーズナブルな最新端末が手に入る
HUAWEI GR5、富士通 arrows M02、ASUS ZenFone 2 Laser、ASUS ZenFone 2 Laser、HUAWEIP 8liteなどがセット購入可能。モバイルオプションと組み合わせて使えば、セキュリティ対策もできます。
mio光とセットでお得
IIJmioのSIMを一緒にご利用いただくことで、毎月の通信費を節約できます。
NTTドコモのLTEに対応。広いエリアに対応し高速通信も
NTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適にご利用可能です。
MNPにも対応
おうちでナンバーポータビリティ、を提供しております。HPから申し込むと住所にSIMが届きます。その後、開通センターに電話をかけると届いたSIMで電話が使えるようになります。

公式サイト:IIJmio

IIJmio(みおふぉん)で注意したいこと

IIJmioで注意したい点は、みおふぉんの最低利用期間と速度制限が主に挙げられます。

音声通話プランは最低利用期間が1年
12ヵ月以内に解除する場合は(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,080円(税込)が発生しますのでご注意ください。
契約通信量をオーバーすると通信速度を最大200Kbpsに制限される
規制対象のプランとしては、ミニマムスタートプランやライトスタートプラン、ファミリーシェアプランです。
低速通信のまま3日で366MB使用すると速度制限を適用される
3日あたりの通信量が366MBの制限は、クーポンがない、クーポンをOFFにしている状態(最大200kbps)で通信しているときのみが、制限の提供対象です。

公式サイト:IIJmio

IIJmio(みおふぉん)の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

IIJmioの格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

IIJmio(みおふぉん)の速度などの評価・評判

料金が安くて安定した通信を使いたい方はIIJmioがオススメ。OCN モバイル ONEと常に1位を争う顧客満足度を維持しておりとにかく人気が高いと評判です。評判の理由はやはり次の3つ。

  • 使いやすい【 3GBプラン 】
  • 圧倒的に安定した【 通信品質 】
  • 他社と比べ最安に近い【 低価格 】

人気のプランは3GBです。その理由には携帯キャリア契約時の月間通信容量を一番安い2GB程度で契約して使っていた方が多く2GBで足りる人が多いからです。そのためIIJmioの3GBプランでほとんどの人が問題なく通信を行えています。

IIJmioは他社格安SIMと比べて安定した通信ができます。通信速度も10M前後の速度ですので遅くは感じない通信速度です。格安SIMはユーザーが増えてくると回線品質の低下が気になりますが、IIJmioでは常に設備の増強に気を配っています。その他にも他社格安SIMからも一目置かれる技術の高さを持っています。通信速度も安定している口コミをよく見かけます。実際に使用されている方のレビューを色々と拝見しても安定して5MB前後の速度が出ているようです。

SIMチェンジでも、SIMレビュー!IIJmioを1ヶ月使ってみた、感想や速度は?としてIIJmioの速度のレビューを行っています。

格安SIMを検討する最大の理由はやはり毎月の料金を安くしたいと言うことでしょう。3GBプランで現在最安はhi-hoです。hi-hoのプランと比較するとIIJmioの方が70円ほど高くなりますが、速度切替、バースト転送機能を考えるとIIJmioの方が便利でしょう。そしてスマホは日々使うものです。安定した通信品質は必須です。圧倒的に安定した【 通信品質 】が手に入るなら70円はたいした差ではなくなります。

格安SIMを考える方は、まず、IIJmioを検討すると良いでしょう。格安SIMを詳しく知る多くの人もまず、このIIJmioを基準にして格安SIMを選んでいます。IIJmioよりも安いか?機能は充実しているか通信速度は安定しているか?と、みなさん悩みますが、安くて機能が充実し、決して遅いとは感じない安定した通信速度を満たしているのはIIJmioだけと言う事に気がつきます。携帯キャリアを辞めて初めて格安SIMを使うんだという人IIJmioを選んでおくと間違いないでしょう。オススメです!

公式サイト:IIJmio

IIJmioの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

これまで紹介したとおり、IIJmioには他の格安SIMを上回る様々な特徴があります。1つずつ、詳細を見ていきましょう。

人気の3GBプラン
IIJmioのプランには3GBプランが用意されています。スマホを使う多くの方が月間2GB程度の通信容量で足りるため、3GB月額972円は無駄な料金を省き、経済的で人気が高いプランとなっています。同じ3GBプランでもhi-hoという格安SIMが830円からありますが、70円しか差がなく安定した通信ができるIIJmioに軍配が上がっています。
格安SIM業界で常にシェアNO.1、2を争う
IIJmioは業界シェアNO1、2位に常に位置する人気の格安SIMです。IIJmioの人気の秘密はスタッフの通信技術の高さからもたらされる安定した通信品質と、新しいスマホに対する柔軟性です。スタッフはその技術力をIIJmioの通信品質に注ぎこみながら、新しい技術の開発にも取り組んでいます。ユーザーに広くその技術を伝える「IIJmio Meeting」ではたくさんの一般の方やマスコミ、同業者の方も出席し、IIJmioの現在の技術と課題や今後の展開を公開しています。このIIJmio Meetingはたくさんのお客様に親しまれており、格安SIMが初めての方から、格安SIMのプロの方まで幅広く支持されています。ユーザーからの要望もその場で聞き入れ、その要望に応えるべく新しい技術を開発しサービス展開しています。
IIJmioはお客様満足度でもNO.1を獲得
IIJmioはお客様満足度でもNO.1を獲得しています。ユーザーの顧客満足度を調査するMMD総研では格安SIM満足度1位、MVNOオリコンランキングでも1位を獲得。山手線通信速度でも1位を獲得しています。現場のスタッフがIIJmioミーティングを通してユーザーの声を聞き入れ技術に反映し、ユーザーのためのMVNO作りに力を注いでいる姿勢が伺えます。
インターネット創世記から永く培われた技術
IIJmioは日本で最初にインターネットの商用サービスを開始したインターネットプロバイダです。1990年代にインターネットが普及して行く中で国内の主要都市間を接続するネットワークを構築。そして2008年にドコモMVNOを開始しました。インターネット創世記から培って来た技術がモバイル分野でも大きく生かされ格安SIM界でも技術最先端の会社として一目置かれています。
常に設備投資を心掛けるIIJmioは回線品質の高さに定評を持つ
IIJmioのスタッフは回線速度、繋がりやすさを特に考えて設備を整えており、回線品質にはどの格安SIMも追随を許さないほどの高品質な通信を維持しています。NTT docomoの通信品質とIIJmioの通信品質が折り重なって高い品質にこだわりを持っています。
通信量を節約できる通信速度切り替え機能
本来通信は高速回線で使うのが当たり前でした。しかし、高速通信が必要なくても高速で通信して通信量がどんどん消費されていく状況はお客様に優しいとは言えないとIIJmioスタッフは考え、お客様の判断で自由に高速回線と低速回線を切り替えることができる「みおふぉんスイッチ」を開発しました。
このみおふぉんスイッチを使うとメールやtwitterなどの簡単な通信時には低速回線で、動画を見たり早く通信したい場合は高速回線で通信できるようにお客様が自分で判断し気の帰る事ができます。
すると低速回線時には契約した通信容量を消費せずに使う事ができます。高速回線時は最大255Mbpsの速度で通信、低速回線時には200Kbpsで通信します。
通信量を減らさず高速通信 バースト転送
毎月スマホを使って通信をしますが、月によっては通信容量が余ってしまう事もあります。IIJmioでは余った通信容量は次の月に繰り越せる基本通信容量繰り越しサービスを取り入れています。
通信容量を節約すれば次の月は余った分も通信ができるようになるのです。だいたいの方は月間2GB程度しか通信を使わないそうです。最低プランの3GBを契約しても毎月1GB程度余ってしまいます。その余った分次の月に多めに動画を見たりゲームをすることが可能になるのです。
100MBから容量の追加対応
スマホを使って行くうちに使いすぎてしまい高速通信容量が足らなくなってしまう事もあります。IIJmioでは随時通信量を購入して使うことができるようになっています。追加購入は200円/100MBから可能になっており足らなくなってもすぐにリーズナブルな価格で追加することが可能になっています。
大容量の通信量を分けあえるファミリープラン
IIJmioにはファミリープランが用意されており、家族3人で10GBの通信容量を共有できます。そのため月額2560円10GBの通信量を3人で使うため一人約3.3GBを使う事が可能になり、一人一人が3GBを契約すると2,700円ですが、それよりも安く使えるようになっています。
セット購入でリーズナブルな最新端末が手に入る
IIJmioでは格安スマートフォンとのセットでも契約できます。スマホを持っていなくてもスマホを始める事ができます。docomoやauやソフトバンク等の携帯キャリアでスマホを購入すると50,000円以上の金額が必要になりますが、IIJmioでは25,000円~30,000円とリーズナブルな価格でスマホを購入できます。また、分割購入も可能で、月額3000円程度からスマホを始める事が可能になります。
mio光とセットでお得
IIJmioでは光インターネットサービスも取り扱っています。IIJmio契約者がmio光インターネットサービスに申し込むと毎月600円の割引が受けられます。mio光インターネットサービスにも申し込むとその他の申し込み等は必要なく割引が自動で適用されるようになります。スマホと光インターネットをセットで使うと格安SIMがさらに格安になります。
NTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適にご利用
IIJmioはNTTdocomoの回線を使い広いエリアでの通信を可能にしています。NTTdocomoの3G回線であるFOMAエリア、LTE回線であるXiエリアに対応し、都会でも地方でも日本中で通信が可能です。
MNPにも対応
音声通話も扱うIIJmioの格安SIMは090、080の番号を引き継ぐ乗り換えにも対応します。現在の電話番号を変更することなく格安SIMに乗り換えることが可能になっています。

公式サイト:IIJmio

IIJmio(みおふぉん)で買えるおすすめの格安スマホ

IIJmioでは他のMVNOと同様に、SIMフリースマホと格安SIMのセット購入ができます。おすすめの格安スマホをみてみましょう。

arrows M03


arrows M03
arrows M03は防水・防塵・耐衝撃に優れた高スペックスマホです。お財布ケータイやワンセグに対応しているのは流石国産スマホといった感じでしょうか。カメラも1,310万画素と高画質。
こちらのスマホは端末料金35,424円、端末分割支払金は1,490円/月で格安SIMとのセット購入ができます。

公式サイト:IIJmio

メーカー
富士通
端末料金
35,424円
端末分割支払金
1,490円
支払期間
24か月
OS
Andoroid™ 6.0
画面サイズ
約5.0インチ IPS液晶

HUAWEI P9 lite


arrows M03
HUAWEI P9 liteは低価格ながらパフォーマンスに優れたスマホです。147gの軽量ボディ13,00万画素の高画質カメラ、指紋センサーなど使いやすさは抜群です!
端末料金は30,024円、端末分割料金は1,296円/月で格安SIMとのセット購入ができます。

公式サイト:IIJmio

メーカー
HUAWEI
端末料金
30,024円
端末分割支払金
1,296円
支払期間
24か月
OS
AndroidTM 6.0 Mashmallow / Emotion UI 4.1
画面サイズ
約5.2インチ FHD(1920×1080ドット)IPS(in-cell)

http://simchange.jp/j-com-mobile-lg-x-screen/

ZenFone Go


ZenFone Go
ZenFone Goは5.5インチで使いやすさが追求された高コスパスマホ。なかでも対応するアルファベットを画面になぞるだけで対応アプリが開くZenMotionは特におすすめの機能です。
こちらのスマホは端末料金21,384円、端末分割料金は918円/月で格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:IIJmio

メーカー
ASUS
端末料金
21,384円
端末分割支払金
918円
支払期間
24か月
OS
AndroidTM5.1.1
画面サイズ
5.5インチ、1,280 × 720ドット (HD) 、IPS液晶

ZenFone Max


ZenFone Max
ZenFone Maxはとにかくバッテリー容量がすごいスマホ。その容量は5,000mAhでスマホをモバイルバッテリーとしても利用できます。
こちらのスマホは端末料金30,024円、端末分割支払金1,350円/月で格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:IIJmio

メーカー
ASUS
端末料金
30,024円
端末分割支払金
1,350円
支払期間
24か月
OS
AndroidTM 5.0.2
画面サイズ
5.5型ワイド、1,280×720 (HD)、IPS液晶(LEDバックライト)、ゴリラガラス4、アンチフィンガープリント

HUAWEI GR5

HUAWEI GR5
HUAWEIの提供するHUAWEI GR5は、高級感あふれるスリムなデザインでゴールド、シルバー、グレーと豊富なカラーバリュエーションをご用意しております。
HUAWEI GR5では、販売価格35,424円、端末分割支払金1,476円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:IIJmio

メーカー
HUAWEI
端末料金
35,424円
端末分割支払金
1,476円
支払期間
24か月
OS
AndroidTM 5.1 Lollipop / Emotion UI 3.1
画面サイズ
5.5インチ、FHD(1920×1080ドット)

arrows 02

富士通 arrows M02
富士通の提供するarrows 02は、モバイルSuicaやおサイフケータイ®にも対応しています。日々の歩数や活動量などを記録できるMy Trackerや、米国国防総省の調達基準14項目の厳しい試験をクリアしており、太陽光照射、塩水、高温などにも耐える耐久性があります。

arrows 02では、販売価格32,184円、端末分割支払金1,341円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:IIJmio

メーカー
富士通
端末料金
32,184円
端末分割支払金
1,341円
支払期間
24か月
OS
AndroidTM 5.1Lollipop
画面サイズ
約5.0インチ有機ELディスプレイ(HD)1280×720

ZenFone 2 Laser

ASUS ZenFone 2 Laser
ASUSの提供するZenFone 2 Laserは、被写体までの距離を測定し、瞬時に焦点を合わせるレーザーオートフォーカス機能や、周囲の明るさに合わせて発光度合を自動調整するデュアルカラーLEDフラッシュ機能を搭載。IIJでしか買えないプレミアムカラーの機種です。

ZenFone 2 Laserでは、販売価格34,758円、端末分割支払金1,448円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:IIJmio

メーカー
ASUS
端末料金
34,758円
端末分割支払金
1,448円
支払期間
24か月
OS
AndroidTM 5.0.2(64bitOS)
画面サイズ
5型 ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS液晶ディスプレイ・ゴリラガラス4+アンチフィンガープリント

P8lite

HUAWEI P8lite
HUAWEIの提供するP8liteは、厚さ7.7ミリの薄型ボディに5インチの大型ディスプレイに加えて、8コアCPUを搭載。高性能モバイルスピーカーも備えています。

HUAWEI P8liteでは、販売価格30,888円、端末分割支払金1,287円/月として、格安SIMとのセット販売が行われています。

公式サイト:IIJmio

メーカー
ASUS
端末料金
30,888円
端末分割支払金
1,287円
支払期間
24か月
OS
AndroidTM 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.1
画面サイズ
約5.0inch HD(720×1280ドット)IPS(GFFフルラミネーション)

IIJmio(みおふぉん)のキャンペーン

IIJmio(みおふぉん)では現在、「お友達紹介特典」「端末補償オプション」と幅広く提供しております。

お友達紹介特典
キャンペーン内容
IIJmioをお友達に紹介すると景品をプレゼント
キャンペーン対象
IIJmioのSIMを契約中の方が発行した専用URLや紹介コードより、新規の方にお申し込みいただくと、お申し込みいただいた方と契約中の方には月額の割引、新規の方にはデータ増量をプレゼントします。
キャンペーン期間
期間なし
端末補償オプション
キャンペーン内容
端末補償オプションが最大2ヵ月無料
キャンペーン対象
IIJmioサプライサービスをお申し込みの際に、端末補償オプションを申し込むと月額380円が最大2ヶ月無料で利用が可能。
キャンペーン期間
期間なし

公式サイト:IIJmio