1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. au回線の格安SIM・MVNO、全4社を徹底比較!
 

au回線の格安SIM・MVNO、全4社を徹底比較!

au回線の格安SIM・MVNO比較

現在、格安SIM会社はたくさんありますが、その多くがdocomo(ドコモ)回線を利用した格安SIMです。携帯電話会社はdocomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)と3つありますが、docomo(ドコモ)回線の格安SIMが多いという現状は、他キャリアのユーザーにとってはちょっと不便な状態です。しかし、その中でもauの回線を扱う貴重なMVNOがあるんです!それが、mineo(マイネオ)、UQ mobile(UQモバイル)、Fiimo(フィーモ)、IIJmio(みおふぉん)の4社です。今回はau回線のMVNO・格安SIMを徹底比較し、auユーザーにおすすめの格安SIMを紹介します。これらのMVNOなら、SIMロック解除をしなくても、auで購入した端末で格安SIMを使えますよ!

mineo(マイネオ)

まず一番に紹介したいのがmineo(マイネオ)です。mineo(マイネオ)の料金プランは、多くのMVNOの格安SIMプランと同様に、月の上限高速通信容量によって料金が選べるタイプのプランを採用しており、500MBから10GBまでの5段階あります。それぞれの段階に、データ通信専用のシングルタイプ、音声通話対応のデュアルタイプがあり、値段が決まってきます。500MBや1GBという高速通信容量が少ないタイプのプランも存在するので、今使っているauの携帯であまり通信量がないユーザーには、特におすすめしたい格安SIMです。

通信速度も実用に耐える速度が保持できますので、極端に使いづらいようなことはありません。通話に対してもLaLacallというIP電話サービスが利用できたり、通話定額オプションもあるので通話料金を節約することもできます。

また、mineo(マイネオ)の特徴として挙げられるのが、ユーザー同士でサポートしあう独自の仕組みが充実しているという点です。「パケットギフト」で家族や友人に余ったパケットをシェアし合えるだけでなく、「フリータンク」や「チップ」といった制度で、ユーザー同士のパケットのシェアが出来るようになっています。「マイネ王」というコミュニティでは、mineo(マイネオ)やスマホに関するお役立ち情報やQ&Aが頻繁に投稿されるなど、初心者でも安心できる制度も整っています。

以前はmineo(マイネオ)とiPhoneの相性が良くなかったのですが、最近では今まで使えなかったiPhoneも使えるようになったので、iPhoneユーザーでも安心して使用できます。公式サイトで動作確認端末の一覧を公表しているので、購入前に必ずチェックするようにしましょう。

公式サイト:mineo

mineo(マイネオ)のau回線プラン「Aプラン」
mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
500MB756円1,414円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
1GB864円1,522円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
3GB972円1,630円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
5GB1,706円2,365円5GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
10GB2,721円3,380円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
mineo(マイネオ)のdocomo(ドコモ)回線プラン「Dプラン」
以前はau回線のみ提供をしていたmineo(マイネオ)ですが、2015年9月からdocomo回線のプランも提供を始めました。auユーザーだけでなく、docomoユーザーも安心して使える格安SIMになっています。
mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
500MB756円1,512円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
1GB864円1,620円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
3GB972円1,728円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
5GB1,706円2,462円5GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
10GB2,721円3,477円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚

mineo(マイネオ)のおすすめポイント

  • au回線を利用しているので、auで購入した端末でも格安SIMが使える
  • 500MB~5GBまでのプランが揃っているので、通信量があまりないユーザーにもおすすめ
  • パケットをシェアしたり、Q&Aを投稿しあうなど、ユーザー同士のサポートの仕組みが充実している
公式サイト
公式サイト:mineo

UQ mobile(UQモバイル)

次に紹介するのが、auの親会社KDDIが創設する格安SIM会社であるUQ mobile(UQモバイル)です。UQ mobile(UQモバイル)の格安SIMプランは、3GB/月の高速通信容量の制限つきのプランと、高速通信容量の制限がない無制限のプランの2種類があり、それぞれデータ通信専用SIMと音声通話SIMの2種類に対応し、計4つのプランになっています。

UQ mobile(UQモバイル)の強みは、なんといっても通信速度の安定力と速さです。docomo回線の格安SIMを含めた、数ある格安SIMの中でも群を抜いて通信速度の安定力と早さに定評があり、人気が高い格安SIMです。

現在はぴったりプランが登場しており、iPhone5sや人気のArrows M03も利用でき、テザリングキャリアメールにも対応しています。

通信速度の安定力と早さを重視するなら、UQ mobile(UQモバイル)を選ぶと良いでしょう。ただし、mineo(マイネオ)のように複数容量のプランが用意されているわけではないので、携帯会社のようなプランで使いたい方はmineo(マイネオ)の方がおすすめです。

2016年10月からはUQ mobileで購入したスマホ以外でもキャリアEメールが使えるようになりました。キャリアEメールを使いたい方はUQ mobileを選ぶといいでしょう。

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEではテザリングも使えるようになりました。

UQ mobileには格安SIM唯一のキャリアメールサービスがあり、UQ mobileで購入したスマホを使うとキャリアメールが利用できるようになります。どうしてもキャリアメールを手放せない方はUQ mobileがおすすめです。

UQ mobile(UQモバイル)では、現在下記のキャンペーンを実施中ですので、要チェックです!こちらのキャッシュバックキャンペーンは終了日未定につき、詳細は公式ホームページよりご確認ください。

UQ mobile キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン内容
期間内の購入者限定で商品券を最大で13,000円分プレゼント
対象プラン
「データ高速+音声プラン」:JCBギフトカード5,000円分
「ぴったりプラン」:JCBギフトカード10,000円分
「たっぷりプラン」:JCBギフトカード13,000円分
キャンペーン期間
2016年11月1日~終了日未定

公式サイト:UQ mobile

UQ mobile
月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
データ高速プラン1,058円1,814円3GB/月受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン2,138円2,894円無制限受信最大500kbps1枚
プラン
ぴったりプラン
ぴったりプラン+たっぷりオプション
月額料金3,980円4,980円
スマトク割り適用時(MNP)2,980円3,980円
月間データ容量1GB3GB
国内無料通話1,200円2,400円
利用期間2年2年

UQ mobile(UQモバイル)のおすすめポイント

  • au回線を利用しているので、auで購入した端末でも格安SIMが使える
  • 安定した高速通信速度で大人気の格安SIM
  • 高速通信容量の制限がない500Kbpsプランでたくさんの通信を行う人にもおすすめ
  • ドコモ、au、ソフトバンクで購入したSIMロック解除できるスマホでもキャリアEメールが使える
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEでテザリングが使える

格安SIM「UQmobile(UQモバイル)」iPhoneでもテザリングとEメールに対応

公式サイト
公式サイト:UQ mobile

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)では2016年10月1日からau回線の取り扱いを始めました。IIJmio(みおふぉん)では「誰とでも3分&家族と10分」と「誰とでも5分&家族と30分」の通話オプションが使えます。電話料金を安くするオプションが揃っているau回線の格安SIMは現在IIJmio(みおふぉん)だけです。また、au回線の格安SIMは3日間に一定量の通信を行うと通信制限の対象になりますが、IIJmio(みおふぉん)の場合は3日間6GBまでは制限対象になりません。通信速度も最大370Mbpsですから、他のau回線の格安SIMの中で一番充実した格安SIMと言えます。しかし、auのスマホを利用する場合はSIMロック解除ができるスマホを利用しなければなりません。

IIJmio(みおふぉん)のau回線プラン「タイプA」
IIJmio
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,728円3GB/月下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ライトスタートプラン1,641円2,376円6GB/月下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ファミリーシェアプラン2,764円~3,520円10GB/月下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
最大10枚

IIJmio(みおふぉん)のおすすめポイント

  • ファミリーシェアプランで家族間で通信量を一まとめできて安く使える
  • 安定した高速通信速度で大人気の格安SIM
  • かけ放題オプションでしっかり通話料金を節約できる
公式サイト
公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

Fiimo(フィーモ)

3つ目のau回線を使うMVNOとして、2016年2月に登場したのが、Fiimo(フィーモ)です。Fiimo(フィーモ)の格安SIMプランは、mineo(マイネオ)と同様、月の上限高速通信容量によって料金が選べるプランを採用しており、3GB、5GB、10GBの3段階が用意されています。それぞれの段階に、データ通信専用のSIM、音声通話対応のSIMがあります。

同じ体系のプランを採用するmineo(マイネオ)と比較すると、mineo(マイネオ)の方が安く、さらに「フリータンク」機能でパケットを無料で貰える機能など、便利な機能がそろっています。そのため現時点では、Fiimo(フィーモ)と契約するなら、mineo(マイネオ)を契約することをおすすめします。Fiimo(フィーモ)にはこれからを期待をしたいところです。

Fiimo
月額料金
データ通信タイプ
月額料金
データ通信(SMS機能付き)タイプ
月額料金
音声&データ通信タイプ
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
3GB972円1,134円1,728円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
5GB1,728円1,890円2,484円5GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
10GB2,862円3,024円3,618円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚

MVNO・格安SIMを25タイプ別に徹底比較!

月額料金がお得なSIM、LTEなどの高速通信量が多いSIM、音声通話機能付きのSIM、支払い方法が多様なSIMなど、世の中には様々な格安SIMがあります。SIMチェンジでは、MVNOが出す格安SIMカードプランについて、多様な比較軸で掲載しています。

SIMチェンジとは

格安SIM比較サイト「SIMチェンジ」では、このように複雑多岐にわたるMVNOの格安SIMカードの中から、皆さんに最適なSIMプランを選んでもらうために設立されました。

「SIMチェンジ」は、以下の4つのジャンルの記事を通して、SIMをお得にする方法を皆さまに発信しています。

また、各MVNOが出す格安SIMを様々な側面から比較したり、各MVNOの格安SIM情報や評判一覧もまとめております。

おすすめ格安SIM診断を試そう!

SIMチェンジのおすすめ格安SIM診断は、簡単な6つの質問に答えるだけで通信料金のシミュレーションを行い、あなた自身にぴったりなSIMプランをご案内いたします。もちろん、無料でご利用いただけます。

格安SIM診断を試そう
おすすめ格安SIM診断