1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリーiPhoneを安く買う方法と注意点|最安iPhoneはどこで買うべき?

SIMフリーiPhoneを安く買う方法と注意点|最安iPhoneはどこで買うべき?

更新日:2019.10.31

iPhoneのSIMフリー版を安く買う方法を解説!最新のiPhoneはApple Storeでも購入できますが、価格が高いのがデメリットです。中古端末や格安SIMセットを活用して、お得にSIMフリー版を手に入れましょう!おすすめのサービスも紹介するので、格安SIMとセット購入を考えている人は参考にしてください。

Apple Storeで購入できるSIMフリー版のiPhoneですが、直接ストアで買うのは安心ですが、価格が高いのは気になるところです。

そこで、この記事では中古端末や格安SIMとのセット販売を利用してSIMフリーのiPhoneをなるべく安く買う方法を解説していきます。

SIMフリーiPhoneとは?

SIMフリーiPhoneを安く買う方法をご紹介する前に、簡単にSIMフリーiPhoneについてご説明します。

iPhoneに限らず、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホには「SIMロック」というものがかかっています。SIMロックとは、特定のキャリアでしか通信できないようにするためのロックです。

例えば、ドコモのSIMロックがかかったiPhoneはドコモでしか、auのSIMロックがかかったものはauでしか使えません。SIMロックは手続きを踏めば解除することができ、SIMロックが解除されたものをSIMフリー端末と呼びます。

また、Appleストアのように元々SIMロックがかかっていない状態で販売されているものも、SIMフリーと呼ばれます。まとめると、SIMフリーiPhoneには以下の2つがあるということです。

  • SIMロックを解除したiPhone
  • 元々SIMロックがかかっていないiPhone
  • リスト

SIMフリーiPhoneをApple Storeで安く買う方法

SIMフリー版のiPhoneを購入する方法はたくさんありますが、どの方法で買うと一番安いのでしょうか?まずはiPhoneを開発している大元のApple公式サイト「Apple Store」から手に入れる方法を確認してみましょう。

Apple Storeで新品のSIMフリー版iPhoneを買う


出典:Apple

  • メリット:公式ストアからの購入なので一番信頼できる
  • デメリット:公式ストアのため正規価格となる

Apple StoreはAppleが展開する公式ストアで、こちらでSIMフリーのiPhoneが正規販売されています。日本では主要都市にいくつか実店舗があり、公式ウェブサイトやアプリからでもApple製品やアクセサリー類を購入できます。

Apple Storeは正規ストアとなるため、最も信頼できる購入方法です。ただし正規価格なので、キャンペーンや値下げがない限り、当然価格は高い傾向にあります。

新品iPhoneの販売は少し古い機種だと終了している場合もあるので、Apple StoreでiPhoneを購入するメリットとしては「比較的新しめのSIMフリー版iPhoneを買う」ときや「発売直後に最新のiPhoneを買う」ときなどに向いています。価格面でのメリットはほとんどありません。

Apple Storeで「Apple認定整備済製品」を買う(海外のみ)


出典:Apple

  • メリット:完全な新品よりも少し安く買える
  • デメリット:日本のApple Storeで取り扱いがない

同じくApple Storeから購入する方法ですが、その中でも「整備済製品」というカテゴリーが存在します。公式サイトではAppleの厳しい整備プロセスを経た「Apple認定整備済製品」として、稀に公式サイトで販売されていることがあります。

Apple認定整備済製品は新品ではありませんが、不具合のあったコンポーネントは純正のAppleコンポーネントに交換され、厳しい品質基準をクリア済。

マニュアルや新しい箱などを含め再梱包もされ、完全に機能する製品です。またAppleの1年間のハードウェア保証の対象となっているので、安心して使えるのも特長です。

たとえば、米国ストアではiPhone 7やiPhone 7 PlusをRefurbished(整備済)製品として販売開始しているのですが、現時点では残念ながら日本のApple Storeでは整備済みiPhoneの取り扱いはありません

ただしiPadやMacは日本でも取り扱いがあるので、iPhoneに限らずApple製品を安く買いたいならチェックしておくといいでしょう。

iPhoneを値下げ前に買ってしまったときの裏ワザ

製品を受け取った日から14日以内にAppleが自社ブランドの製品価格の減額を行った場合、支払った金額と値下げ後の販売価格との差額の返金を求めることができます(ただし特別販売イベントなどの期間限定の値下げは対象外)。

購入直後に予期せぬ値引きがあったときには、差額分の返金について覚えておくと便利です。

SIMフリーiPhoneを中古店で安く買う方法

  • メリット:中古のため価格が安い
  • デメリット:製品状態やネットワーク利用制限などを自分で見極める必要がある

iPhoneのSIMフリー版を安く買うには中古のiPhoneを購入する方法もあります。価格は販売されている中古端末の状態によりけりですが、Apple Storeの新品価格よりは安いことがほとんどです。

安く買える反面、中古製品なので製品の状態には気をつけておきましょう。中には未開封の新品同様品や、開封のみの未使用品など良い状態のものもありますが、逆に状態が悪く、安値が付いている商品もみかけます。

またdocomoやauなどのキャリアで販売された製品の場合、状態が良くても「ネットワーク利用制限」が「▲」や「×」のいわゆる赤ロムになっている可能性もあるので、それらの情報を店頭やウェブサイト上で確認し、自分で判断して買わなければいけません。

ネットワーク利用制限の状態は、販売されたキャリアの公式サイトで製造番号(IMEI)から調べられます。▲となる場合も問題なく利用はできますが、まだ分割支払いが終わっていない端末。

もし、元の利用者の支払いが途中で滞ると▲から×に変わる場合があります。元の購入者による機種代金の未払いがあったり、盗難や紛失として登録されている端末は×となり、利用できません。

中古端末の販売ストアによっては赤ロム保証(ネットワーク利用制限の対象となった場合に販売ストア側で何らかの対応をしてくれる)などを行っているお店も多いので、販売店もよく比較しておくべきです。

ここからは、SIMフリーiPhoneを安く買うのにおすすめの中古点をご紹介していきます。

イオシス


出典:イオシス

SIMフリーiPhoneの品揃えが豊富な中古買取・販売店です。販売されているiPhoneの多くが中古品ですが、価格が下がった未使用品も豊富にあり、安くて綺麗なSIMフリーiPhoneが購入できます。

商品の状態ランクがパッと見でわかり、細かな条件指定ができるので、欲しいSIMフリーiPhoneの容量や色の指定が可能です。

もちろん、最新のiPhone 11シリーズも取り扱っているので、SIMフリーiPhoneを安く手に入れたい方はぜひチェックしてみましょう!

イオシスでSIMフリーiPhoneを購入する

パソコン工房


出典:パソコン工房

名前の通り、iPhoneのみならずPCやPC周辺機器も扱う中古買取・販売店です。実際の商品写真が掲載されているので、本体の状態を確認して選ぶことができます。

また、毎月5のつく日と土日祝日は「中古の日」となっており、SIMフリーiPhoneがさらに値下げされます。少しでも安くSIMフリーiPhoneを購入したい方は、中古の日を狙って探してみてはいかがでしょうか。

パソコン工房でSIMフリーiPhoneを購入する

ムスビー


出典:ムスビー

中古スマホの買取で有名なムスビーは、SIMフリーiPhoneの販売も行っています。

iPhoneのモデルごとに最安値が掲載されているので、値段を見ながら機種を決めたい方にとっては便利です。モデルごとに容量や重さ、カラー比較表も載っているため、モデルごとの違いも一目瞭然です。

取り扱い端末の種類も幅広く、初期のiPhone 3Gから最新のiPhone 11シリーズまで購入することができます。

ムスビーでSIMフリーiPhoneを購入する

格安SIMとセットでSIMフリーiPhoneを安く買う

SIMフリーのiPhoneを格安SIMとセット申し込みして、安い月額料金で使う」という方法もあります。最近は格安SIMでも端末と格安SIMをセット販売しているサービスが多いので、これらを活用するというわけです。

格安SIMのセット販売を利用するメリットは、割引が適用される可能性があったり、SIMカードの月額料金が安いので毎月の通信費用を抑えて運用できる点です。ただし発売直後の最新iPhoneは取り扱っていることが少ないので、機種の選択肢は限定されてきます。

では、簡単にiPhoneを販売している格安SIMも紹介します。SIMロックありで販売されていることもあるので、端末の状態もしっかりチェックしておきましょう。

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンク回線網を利用した格安SIMで、iPhone 6sとiPhone SEを取り扱っています。また、2018年12月20日からはiPhone 7の取り扱いも開始され、それぞれ一括購入だけでなく分割払いでも申し込めます。

注意しておきたいのは、ワイモバイルでセット販売されているiPhoneはSIMフリー版ではないこと。購入後、ワイモバイル以外のSIMカードで使いたい場合は、ワイモバイルショップやMy Y!mobileからSIMロック解除手続きが必要です。

ワイモバイルでは、対象端末をセット購入して条件を満たすと「月額割引」が最大24カ月間適用されます。選択するプランや機種、容量によって割引金額は異なるのですが、iPhone 6sとiPhone SEはどちらも月額割引の対象となっているので安く使えます。

スマホ向けのスマホプランS/M/Rは、国内通話10分かけ放題が付属したお得なプランです。オプションで「スーパーだれとでも定額(月額1,080円)」を追加すれば時間も無制限で国内通話がかけられ、格安SIMでは珍しい回数・時間無制限のかけ放題が使えるサービスでもあります。

1年目の月額料金はスマホプランSで2,139円/月からとなっていますが、「家族割引サービス」や「おうち割 光セット(A)」を適用すればさらに安く使うこともできます。

2年契約なしのスマホベーシックプランも申し込めますが、その場合は月額料金が高く格安SIMとして使う意味があまりないのでおすすめしません。安く使いたいなら、契約期間のあるスマホプランS/M/Rを選びましょう。

ワイモバイルを契約する!

期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

UQモバイル

UQモバイルはau回線網を利用した通信サービスで、iPhone 6sやiPhone SEを取り扱っています。UQモバイルのiPhoneはワイモバイル同様にSIMロックがかかった状態で販売されているので、他社のSIMカードで使う際にはSIMロック解除手続きが必要です。

UQモバイルでも、おしゃべり/ぴったりプランで端末をセット購入して条件を満たすと「マンスリー割」が最大2年間適用されるので、対象となっているiPhone 6sやiPhone SEの実質価格は安くなります

おしゃべりプランの月額料金はワイモバイルとほぼ同じで、「UQ家族割」を適用すれば2回線目以降が540円割引となる点も同じです。国内通話かけ放題対象となる時間は、おしゃべりプランで5分以内とY!mobileの10分よりも短いので、5分を超える通話が多いならワイモバイルの方がおすすめです。

なお、おしゃべり/ぴったりプランは約2年ごとの自動更新契約です。データ高速+音声通話プランとデータ無制限+音声通話プランには、利用開始日から12カ月間の最低利用期間があります。

UQモバイルを契約する!

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!5,000円分キャッシュバック!
【SIMチェンジ限定】10/1から新登場の「スマホプラン」の申し込みで、3,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでもiPhone 6sやiPhone SEを取り扱っています。ただし、セットで申し込めるのは現状タイプA(au回線プラン)のみです。

BIGLOBEモバイルで取り扱っているiPhoneは日本モデルですが、どちらもSIMロックがかかっています。SIMロック解除には対応しているので、他社でBIGLOBEモバイル版のiPhoneを使いたい場合はSIMロック解除を行ってSIMフリー化しましょう。

「スマホまる得プラン」では、最大90分の国内通話ができる「通話パック90」か、10分以内の国内通話なら何度でもかけ放題の「10分かけ放題」のどちらか好きなほうを選べるようになっています。

BIGLOBEモバイルを契約する!

2019.10.31まで
【SIMチェンジ限定】BIGLOBEモバイル Gポイントプレゼント
初期費用無料キャンペーン&SIMチェンジ限定特典で4,394円お得!
SIMチェンジ限定Gポイント(1,000円相当)プレゼントを受けるには、クーポンコード「DGC」を申し込み時に入力してください!!
音声通話SIMと同時に申し込むとエンタメフリー・オプションとセキュリティセット・プレミアムのオプション月額料金最大6カ月間無料のキャンペーンも実施中!
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天モバイルでは「iPhone(海外販売モデル)」と「メーカー認定整備済 iPhone」がセット販売されています。取り扱っているのはiPhone SEとiPhone 6s Plus。

iPhone(海外販売モデル)は、文字通り海外で販売されたiPhoneです。検品作業のため箱を開封していますがスマートフォン本体やアクセサリー類はすべて新品。SIMカードを挿入して通信開始後の1年間は、Apple Inc.のハードウェア保証の対象となっています。

メーカー認定整備済 iPhoneは、すでに記事前半で説明した厳格なプロセスで再整備を受け、厳しい品質基準を満たしたApple認定の整備済みiPhoneです(楽天モバイルでは海外で販売されているメーカー整備品を取り扱っています)。こちらもApple Inc.の1年間のハードウェア保証の対象です。

楽天モバイルで販売されているiPhone(海外販売モデル)やメーカー認定整備済 iPhoneはすべてSIMフリー版なので、他社のSIMカードで利用する際にSIMロック解除を行う必要はありません。

月額プランは「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の2つです。

「組み合わせプラン」はデータSIM、050データSIM(SMS付き)、通話SIMの3種類から選ぶことができます。通話プランは「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル(月額918円)」のかけ放題オプションをつけるか組み合わせて選べるのが特長です。

楽天モバイル 組み合わせプラン料金表(docomo回線/au回線)

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
SIM枚数
ベーシックプラン525円645円1,250円1枚
3.1GBプラン900円1,020円1,600円1枚
5GBプラン1,450円1,570円2,150円1枚
10GBプラン2,260円2,380円2,960円1枚
20GBプラン4,050円4,170円4,750円1枚
30GBプラン5,450円5,520円6,150円1枚
ベーシックプラン高速通信容量は送受信最大200kbpsで無制限

「スーパーホーダイ」は国内10分かけ放題が基本料金に含まれたセットプランです。

最低利用期間の長さと楽天会員ランクに応じて月額料金が安くなる仕組みを採用していて、最安1,059円/月とかけ放題込みのセットプランとしては破格の月額料金で使える点がメリットです。

楽天モバイルを契約する!

終了日未定
【スーパーホーダイ申込特典】最大1,500円割引
【スーパーホーダイ限定】
楽天会員登録で1年間月額基本料金が1,500円/月割引
さらに、ダイヤモンド会員の場合プラス500円/月割引(1年間)
新しいスーパーホーダイは最低利用期間なし・契約解除料なし!初月は全プラン1,480円です。 詳細をチェック
公式サイトへ

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

LINEモバイルではiPhone SEのオンライン販売を行なっています。SIMロックがかかった状態での販売で、申し込めるのはソフトバンク回線プランのみです(購入後に条件を満たせばSIMロック解除可能)。

LINEモバイルの格安SIMには「データフリー」機能があるので、SNSを中心としたサービスは高速データ通信容量を消費することなく使えるのがメリットです。

例えばLINEのヘビーユーザーであれば、トークでの画像・動画送受信や、無料の音声通話・ビデオ通話でデータ容量を減らさずに安くiPhoneを使うことができます。

LINEモバイルを契約する!

LINEモバイル プラン表

LINEモバイル月額料金 データSIMプラン SMSなし月額料金 データSIMプラン SMSあり月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
SIM枚数
LINEフリープラン 1GB500円620円1,200円1GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
3GB
-1,110円1,690円3GB/月1枚
MUSIC+プラン
3GB
-1,810円2,390円3GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
5GB
-1,640円2,220円5GB/月1枚
MUSIC+プラン
5GB
-2,140円2,720円5GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
7GB
-2,300円2,880円7GB/月1枚
MUSIC+プラン
7GB
-2,700円3,280円7GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
10GB
-2,640円3,220円10GB/月1枚
MUSIC+プラン
10GB
-2,940円3,520円10GB/月1枚
au回線はLINEフリープランのデータSIMプランの提供がありません。

終了日未定
スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン
キャンペーンコード入力で5,000LINEポイントプレゼント

キャンペーン期間中にコミュニケーションフリーまたはMUSIC+プランの音声通話SIMの契約・利用開始で月額基本利用料5カ月間半額!初月はどの容量でも600円!
さらに申し込み時に「1908WA05」入力でLINEポイント5,000ポイントプレゼント 詳細をチェック
公式サイトへ

mineo

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線3つの格安SIMを提供するマルチキャリアのmineoでは、海外版・国内版のSIMフリーiPhoneがセット販売されています。

海外版SIMフリー(CPO)は海外で販売されたSIMフリーiPhoneの整備済品、国内版SIMフリーiPhoneは過去在庫があったものに関しては新品で販売されていました。Web限定販売かつ在庫限りなので売り切れているモデルもありますが、過去にはiPhone 6s/7/7 Plusの取り扱い実績があります。

選べる回線が3種類と多いので、それだけ選べるプランや使える機種の選択肢も豊富であることがmineoの特長です。

mineoを契約する!

mineo Aプラン(auプラン)

mineo
auプラン(Aプラン)
シングルタイプ
データ通信専用SIM
シングルタイプ
データ+
SMS
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB700円700円1,310円500MB/月1枚
3GB900円900円1,510円3GB/月1枚
6GB1,580円1,580円2,190円6GB/月1枚
10GB2,520円2,520円3,130円10GB/月1枚
20GB3,980円3,980円4,590円20GB/月1枚
30GB5,900円5,900円6,510円30GB/月1枚
プランAの場合、シングルタイプ データ+SMSにSMS付帯料はかかりません

mineo Dプラン(docomoプラン)

mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB700円820円1,400円500MB/月1枚
3GB900円1,020円1,600円3GB/月1枚
6GB1,580円1700円2,280円6GB/月1枚
10GB2,520円2,640円3,220円10GB/月1枚
20GB3,980円4,100円4,680円20GB/月1枚
30GB5,900円6,020円6,600円30GB/月1枚

mineo Sプラン(SoftBankプラン)

mineo
ソフトバンクプラン(Sプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB790円‭970‬円1,750円500MB/月1枚
3GB990円‭1,170‬円1,950円3GB/月1枚
6GB1,670円‭1,850‬円2,630円6GB/月1枚
10GB2,610円‭2,790‬円3,570円10GB/月1枚
20GB4,070円‭4,250‬円5,030円20GB/月1枚
30GB5,990円‭6,170‬円6,950円30GB/月1枚

mineo
mineo独自のサービス満載!
コミュニティサイト「マイネ王」やmineoユーザーなら誰でもパケットの出し入れが可能な「フリータンク」など独自のサービスが充実しています。
対象のオプションサービスを契約すると、毎月パケットがもらえる「パケ増し」もあり。
詳しくは公式サイトをご覧ください。詳細をチェック
公式サイトへ

OCN モバイル ONE

出典:OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEの格安SIMを取り扱うgooSimsellerでは、海外版のメーカー認定整備済iPhoneや中古iPhoneを「らくらくセット」で販売しています。

中古のiPhoneはキャリア版やSIMフリー版、国内版や海外版など様々な機種が揃っています。公式ページから製品の写真や情報をチェックできるので、購入する場合はモデルや製品の状態をみておきましょう。

OCN モバイル ONEは、110MB/日コースや170MB/日コースなど、日ごとに高速データ通信容量が設定されているプランも選べるのが特長です。それに加え、通常の月ごとデータ容量コースも選べるので選択肢は豊富です。

OCNモバイルONEを契約する!

OCN モバイル ONE プラン表

コースデータ通信専用SIM
SMS対応SIM
音声対応SIM高速通信容量通信速度SIM枚数
110MB/日900円1,020円1,600円110MB/日下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
170MB/日1,380円1,500円2,080円170MB/日下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
3GB/月1,100円1,220円1,800円3GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
6GB/月1,450円1,570円2,150円6GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
10GB/月2,300円2,420円3,000円10GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
20GB/月4,150円4,270円4,850円20GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
30GB/月6,050円6,170円6,750円30GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
※データ通信専用SIM、SMS対応SIMにはオプションで050 plus(月額150円)をつければIP電話で通話ができます。

キャリア版iPhoneをSIMフリー化して、買わずに安く使う

すでにキャリア版のiPhoneを持っているなら、条件を満たせばSIMフリー化することができます。この方法を使えば新しいiPhoneは買わずにSIMフリー状態のiPhoneを手に入れることができるので、方法を確認しておきましょう。

SIMロック解除手続きをしてSIMフリー化する

docomo、au、SoftBankで購入したいわゆる「キャリア版」のiPhoneは、対象機種かつ条件を満たしていれば「SIMロック解除」の手続きを行えます。

SIMロック解除を行うと、他の通信キャリアSIMカードへの利用制限がなくなるので、ほぼSIMフリー版iPhoneと同じような状態で使えます。元々持っていたiPhoneをSIMフリー化する方法であれば、新たにSIMフリー版の端末を買う必要はないので、費用を安く抑えることができる点がメリットです。

iPhoneのSIMフリー版を安く買おう!

iPhoneのSIMフリー版を安く買う方法をいくつか紹介しました。

SIMフリーのiPhoneは新品・最新モデルならApple Storeから手に入れる方法が手っ取り早いですが、「より安く買う」ということであれば、中古や格安SIMセットも検討しておきましょう!

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい