1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルのポケットWiFiルーターの評判は?|料金やメリットを紹介

楽天モバイルのポケットWiFiルーターの評判は?|料金やメリットを紹介

更新日:2020.05.15

楽天モバイルのWiFIルーターを賢く使う方法をまとめました。格安スマホを使用する方の中でWiFiルーター(ポケットWiFi)を使おうと考えている人もいるでしょう。楽天モバイルで販売中のWiFiルーター、かかる費用、おすすめの使い方を紹介します。

外出先での通信容量が気になる、安定した回線でつなぎたい、と思っている方はWiFiルーター(ポケットWiFi)がおすすめです。

今回は楽天モバイルのWiFiルーターを賢く使う方法をまとめてみました!楽天モバイルの格安スマホとWiFiルーターを賢く使う方法を知って快適に使いましょう!

楽天モバイルでWiFiルーターは使える!

WiFiルーター(ポケットWiFi)とは、WiFi環境を外に持ち運べる機器のことを指します。

WiFiルーターがあれば、外出中でもスマホを始めパソコンなどをネットにつなぐことができます。もちろん自宅でも使えます。

また、WiFiルーターは安定した高速通信ができるため、あらゆる場面で活躍するでしょう。

楽天モバイルでは、格安スマホのほかにWiFiルーターも販売しており、楽天モバイルのWiFiルーターとSIMカードと同時に契約すれば、すぐにWiFiルーターが使えます。まずは、楽天モバイルのWiFiルーターがどのようなものか確認していきましょう!

終了日未定
【Rakuten UN-LIMIT申込特典】最大20,800円相当還元
【Rakuten UN-LIMIT・オンライン限定】
オンラインからRakuten UN-LIMIT契約で3,000ポイント
さらに、事務手数料3,300円分がポイント還元
対象端末購入で最大14,500ポイント還元 詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルで使えるWiFiルーターとは?

楽天モバイルでは、「Aterm MR05LN」と「Aterm MP01LN」の2機種のWiFiルーターを販売しています。今回は特におすすめのAterm MR05LNについてご紹介します!

楽天モバイルのAterm MR05LNの特徴とは?


出典:Aterm MR05LN 製品ページ

外部インターフェース
USBポート:microB USBコネクタ×1(USB2.0推奨)
SIM:nanoSIM×2
連続通信時間
WiFiテザリング時:約14時間
Bluetoothテザリング時:約30時間
連続待受時間
休止状態時:約500時間
リモート起動不使用の休止状態:約1,250時間
ウェイティング時:約40時間
充電時間
約3時間 ※ACアダプタ使用時
ヒューマンインターフェース
2.4インチLCDタッチパネル
外形寸法
高さ115mm×幅63mm×厚さ11mm
電池
2,500 mAh
質量
約115g(本体のみ)

楽天モバイルから提供されているAterm MR05LNは前作と比べて大幅に進化しました。モバイルルーターを利用している際に気になるバッテリーは2,300mAhから2,500mAhへと増量!連続動作時間(WiFi)が約12時間から約14時間に増えました。

前作のいい部分も引き継いでいるバランスのとれたAterm MR05LN。プライベートとビジネスで使い分けられるデュアルSIMや、スタイリッシュでシームレスなデザインは前作から変わらない良さを醸し出しています。

楽天モバイルのAterm MP01LNの特徴とは?


出典:Aterm MP01LN 製品ページ

外部インターフェース
USBポート:micro USB×1、電源DC+5V入力兼用
SIM:nano×1
連続通信時間
WiFiテザリング時:約10時間
連続待受時間
休止状態時:約900時間
充電時間
約2.5時間 ※ACアダプタ使用時
ヒューマンインターフェース
0.77インチ 有機EL 電源・MENUボタン
外形寸法
高さ91mm×幅50mm×厚さ12mm
電池
1,670 mAh
質量
約71g(充電池パック装着時)

Aterm MP01LNは、クレジットカードより小さく持ち歩きに便利です。LTEオート接続機能で自分でAPN設定をしなくてもSIMカードをいれて電源をいれると自動で接続先を選択します。それだけでなく無料アプリの「Aterm らくらくQRスタート」を使えば、スマホやタブレットとも簡単に接続できます。


  1. サイズもコンパクトだし、自動設定はあるしで女子に向いてるわね♪

楽天モバイルでWiFiルーターを使う際の費用とは?

かかる費用は端末代金と毎月のプラン料金です。

楽天モバイルWiFiルーターの費用

楽天モバイルのWifiルーターには、端末代金が発生します。分割払いと一括払いが選べます。

Aterm MR05LNの場合

ルータ単体
分割払い:985円×24回+分割手数料
(楽天カード支払いの場合、分割手数料0円)
初回のみ997円
一括払い:2万3,652円
クレードル(別売り)
一括:2,916円

Aterm MR05LN専用クレードルは別売りで販売しており、端末購入時に合わせて購入できます。自宅で使うときなどにあると便利でしょう。

Aterm MP01LNの場合

ルータ単体
分割払い:486円×24回+分割手数料
(楽天カード支払いの場合、分割手数料0円)
一括払い:1万1,664円

楽天モバイルおすすめのプラン

楽天モバイルがMNOサービスを2020年4月にスタートしました。そして提供される料金プランは、Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)の1種類のみです。

プラン名Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)
料金1年目 無料2年目以降 2,980円
利用場所国内海外
エリア楽天回線パートナー66の国と地域
データ通信完全使い放題データ容量2GBデータ容量2GB
  • 通話料金
  • Rakuten Linkアプリ使用時
通話かけ放題
  • 海外→国内通話かけ放題
  • 国内/海外→海外通話(月額980円)
SMS国内・海外使い放題
事務手数料3,000円

  • 月額料金2,980円(初年度無料)
  • 事務手数料は100%ポイント還元
  • 国内通話し放題・海外月額980円で通話し放題

楽天モバイルのWiFiルーターのおすすめの使い方

楽天モバイルのWiFiルーターはさまざまな使い方に適しています。最後に楽天モバイルのWiFiルーターの利用例をまとめてみました。

格安スマホと併用して使う

現在、楽天モバイルまたはそのほかの格安スマホを契約している方はWiFiルーターと併用して使う方法をおすすめします。格安スマホはデータ量が限られていますが、WiFiルーターをうまく使うことでデータ量を節約できます。

格安スマホをWiFiで使う

格安スマホが自宅にあるけれどSIMフリーではない場合などはWiFiルーターを経由して使うことをおすすめします。この方法を使えば、格安スマホにSIMカードを指していなくても使えます

自宅でWiFiルーターとして使う

WiFiルーターは外出以外でも活躍します。データ量の大きいプランを選べば自宅の回線としても使えます。高速通信が可能なのでストレス無くインターネットを楽しめるでしょう。

楽天モバイルのWiFiルーターは使いやすい!

楽天モバイルのWiFiルーターは現在2機種しか取り扱っていませんが、とても使いやすいのでおすすめです。

プランの自由が利くので楽天モバイルとWiFiルーターの相性は抜群です!ぜひ、この機会に契約を考えてみてはいかがでしょうか?

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい