1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wonderlink(ワンダーリンク)徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も
 

Wonderlink(ワンダーリンク)に関する記事

4件の記事があります
MVNOとして格安SIMを販売する「Wonderlink(ワンダーリンク)」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、Wonderlink(ワンダーリンク)の記事をまとめています。
Wonderlink(ワンダーリンク)に関する記事の一覧を見る

Wonderlink(ワンダーリンク)の格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

Wonderlink(ワンダーリンク)はパナソニックがMVNOとなって展開する格安SIMです。通信容量を超えた後も最大700Kbpsで通信が可能なLTE Fシリーズのプランがあり、音楽の聴き放題サービスを利用するユーザーにオススメのSIMカードです。

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

Wonderlink(ワンダーリンク)の格安SIMプラン

パナソニックのWonderlink(ワンダーリンク)はデータ通信専用の格安SIMのみとなっていて、SMS機能や音声通話機能はありません。プラン全体の価格が安いので、タブレットとの2台持ちやデュアルSIM端末ユーザーにもオススメのMVNOです。

Wonderlink
月額料金
データ通信専用
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
LTE F-使い放題7001,706円
(初月無料)
1GB/月
(超過後も受信最大700Kbps)
下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
LTE F-7G2,678円
(初月無料)
7GB/月
(超過後も受信最大700Kbps)
下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
LTE I-3Gシングル961円3GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
LTE I-5Gシングル1,576円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
LTE I-7Gシングル2,019円
7GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
Wonderlink(ワンダーリンク)の速度制限
LTE Fプラン
直近24時間の通信量が1GBを超過した場合、ネットワークの状況により速度制限をする場合がある(月間のデータ容量超過有無に関わらず)
LTE Iプラン
月間上限容量超過後、直近3日後の通信量が366MBを超過する場合、速度制限をする場合がある

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

Wonderlink(ワンダーリンク)のおすすめポイント

Wonderlink(ワンダーリンク)のメインのおすすめポイントはやはり、速度制限後も最大700Kbpsで通信することができるLTE Fプランの存在でしょう。最大700Kbps出れば、万が一速度制限がかかってしまっても、そこまでのストレスを感じること無く、通信を行うことが出来ます。

通信容量を使い切った後も最大700Kbpsで通信が可能なLTE Fプラン
LTE Fプランでは、契約していた通信容量を超えてしまっても比較的安定した速度でデータ通信することが可能です。
3GB/5GB/7GBと全体的に月額料金が安いLTE Iプラン
月額容量もベーシックで使いやすく、かつコストパフォーマンスも優れていて<、Iプランは最低利用期間もありません。/dd>

提供がPanasonicという大企業の安心感
WonderlinkはPanasonicが運営しているので、大企業ならではの安心感がありますね。

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

Wonderlink(ワンダーリンク)で注意したいこと

Wonderlink(ワンダーリンク)で注意しなければならないことは、まず音声・SMS付きのプランがないということ。また、集中利用規制として、直近24時間の通信料により速度制限がかかる場合がある、という点が挙げられます。

音声・SMS機能付きプランがない
通話とSMSのついたSIMプランはないので、これらをよく利用したい方には不向きですね。
使い放題にも、通信制限が一応ある
上に記載したように、プランごとに通信量無制限にも条件が設けられています。使い過ぎには注意しましょう。

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

Wonderlink(ワンダーリンク)の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

Wonderlink(ワンダーリンク)の格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

Wonderlink(ワンダーリンク)の速度などの評価・評判

速度は安定しています。ユーザーレビューでは特に700Kbpsプランの速度がしっかり出ているようです。他社MVNOのデータ無制限サービスでは時間帯によって速度が1Mbps以下になることも多いですし月額料金もそれなりに高いですが、こちらなら安心です。9月の速度調査では、LTE Fプランの速度が好調のよう。

その点パナソニックのWonderlink LTEなら、安定した速度で最大700Kbpsの中速通信が楽しめるので、音楽ストリーミングサービスを利用したい方にオススメのMVNOです。

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

Wonderlink(ワンダーリンク)の特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

パナソニックのWonderlink LTEで注目すべきは「F-使い放題700」プランです。高速通信容量を超過後も最大速度は700Kbpsなので、LINE MUSICやApple Music・AWAなどの音楽ストリーミングサービスなら、難なく再生が出来るでしょう。

他社MVNOと比較すると、OCN モバイル ONEの500kbps・15GB/月のプランが1,800円なので、1,580円・700KbpsのWonderlink LTEの方が月額料金・速度ともにお得です。1日1GBのデータ通信量を超えると速度制限がかかる場合があるので、音楽ストリーミングサービス用に利用する場合はオフライン再生機能も活用すべきです。

I-シングルの3GB/5GB/7GBに関しても全体的に月額料金が安いです。どのプランも、業界最安値を更新し続けるDMM mobile(DMMモバイル)に追随する勢いですね。

SMS機能や音声通話機能はないので、2台目としての利用シーンがメインになりそうです。格安SIM上級者はデュアルSIM端末用に活用するのも良いでしょう。

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

Wonderlink(ワンダーリンク)で買えるおすすめのスマホ

Wonderlink(ワンダーリンク)で購入できるスマホをチェックしてみましょう。

HUAWEI P8lite


HUAWEI P8lite
HUAWEI P8liteはテザリングにも対応した高機能格安スマホで、端末料金は30,888円です。他社が展開している格安スマホのセットとは違い、こちらは月々の分割支払いではなく一括で購入するみたいです。
公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

メーカー
HUAWEI
端末料金
30,888円
OS
Android™ 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.1
画面サイズ
5インチ, 1,280×720ドット(HD), IPS液晶

LUMIX CM10

LUMIX CM10
LUMIX CM10は非常にレアなLTE対応のデジカメです。LTE通信SIMとのセット販売がされていて、セットで5,799円/月から利用することができます。

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン

メーカー
HUAWEI
端末料金
30,888円
OS
Android 5.0 Lollipop
有効画素数
2010万画素
画面サイズ
4.7型 フルHD(約622万ドット) TFTモニター 静電容量方式タッチパネル

Wonderlink(ワンダーリンク)のキャンペーン

Wonderlink(ワンダーリンク)で実施されているキャンペーンは現在ありません。

公式サイト:Wonderlink LTE FプランWonderlink LTE Iプラン