1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルを海外で使うには?海外SIMと国際ローミングについて

楽天モバイルを海外で使うには?海外SIMと国際ローミングについて

更新日:2019.07.08

海外にいるときに日本で使っているスマートフォンが使えるかご存じですか?実は、楽天モバイルの格安SIMなら国際ローミングを使って海外でも使えるのです!また、楽天モバイルでは海外SIMのサービスがあり、簡単な手続きと設定で海外でも使えるようになります。この記事では楽天モバイルを海外で利用する方法を紹介します。

仕事や旅行で海外に行ったとき、日本で使っているスマートフォンがそのまま使えると便利ですよね。楽天モバイルの格安SIMなら、海外SIMや国際ローミングを使って海外でもそのまま利用が可能です。この記事では楽天モバイルを海外でも安心して使える方法をご紹介していきます。


【2019年6月追記】2019年1月31日(木)をもって楽天モバイル海外SIMサービスは終了しています。本記事で現在利用可能なのは国際ローミングのみとなります。

残念ながら、2018年11月30日(金)をもって、楽天モバイル海外SIMカードの新規販売、地域別パック、クレジット、日本番号、渡航先番号の販売が終了、2019年1月31日(木)をもって、楽天モバイル海外SIMサービスは終了しています。

楽天モバイルは海外でも使えるの?

楽天モバイルが海外でも使えるのか心配な方もいるでしょう。楽天モバイルは海外でも使えるので安心してください。

楽天モバイルを海外で使うには2つの方法があります。

  • 海外SIMを使う
  • 国際ローミングを使う

楽天モバイルを海外で使うにはこの2つのどちらかを選びましょう。ではここからはそれぞれ使い方や料金などを説明していきます。

楽天モバイルには海外SIMが用意されている

楽天モバイルでは海外で使える海外SIMが用意されています。海外SIMとは海外で使う専用のSIMカードのことです。普段から使っている楽天モバイルのSIMカードを海外SIMのカードに差し替えるだけなので、使い方もとても簡単です。

楽天モバイルの海外SIMの料金

楽天モバイルの海外SIMは3,240円でSIMカードを購入できます。SIMカードを購入したあとに地域別パックかクレジットを購入することで利用が可能になります。

楽天モバイル 海外SIMの地域別パックデータ通信の料金

楽天モバイル 海外SIMデータ通信50MB200MB500MB
ヨーロッパパック820円1,930円3,850円
北アメリカパック880円2,040円4,240円
アジアパック1,040円2,310円4,950円

楽天モバイル 海外SIMの地域別パック通話+SMSの料金

楽天モバイル 海外SIM通話+SMS通話 100分 SMS 100通通話 300分 SMS 300通
ヨーロッパパック3,190円7,150円
北アメリカパック4,290円9,680円
アジアパック4,070円9,020円

楽天モバイルの海外SIMの地域別パックは免税となっています。

楽天モバイル 地域別パックの対象国

ヨーロッパパックアイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ラトビア、リトアニア、ルーマニア
北アメリカパックアメリカ合衆国(ハワイ※、アラスカ・サイパン・グアムを除く)、カナダ
アジアパックインド、インドネシア、オーストラリア、大韓民国、カンボジア、シンガポール、タイ、台湾、中国、ニュージーランド、香港、マレーシア

地域別パックの料金はこのようになっています。地域別パックに含まれていない国で使いたいという場合やもっと少量だけ使いたいという場合はクレジット購入を行いましょう。

クレジット購入の場合はZoneと使用用途によって値段が変わってくるので下記を確認してください。またクレジットは1,000円/3,000円/5,000円/1万円単位での購入となります。

楽天モバイル クレジットの利用料金

楽天モバイルデータ
(1MBあたり)
SMS
(1通あたり)
通話
受信(1分あたり)
通話
発信(1分あたり)発信先:Zone1-6
通話
発信(1分あたり)発信先:Zone7
Zone122円10円12円45円60円
Zone231円33円31円56円71円
Zone318円21円17円43円58円
Zone455円40円40円75円90円
Zone547円21円26円43円58円
Zone6242円33円22円50円65円
Zone7743円59円186円297円312円

楽天モバイル クレジットのZone表

Zone1アルバニア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、ガンジー島、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、マン島、イタリア、ジャージー島、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、スロバキア共和国、スロベニア共和国、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ共和国、イギリス、バチカン
Zone2香港、台湾、日本、ブラジル、インドネシア、エクアドル、チリ、アルゼンチン、ペルー、メキシコ、エルサルバドル共和国、ウルグアイ、コスタリカ、ベネズエラ、マレーシア、シンガポール、中国、カナダ、タイ、大韓民国、南アフリカ、エジプト、インド、スリランカ
Zone3オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ合衆国(ハワイ※、アラスカ・サイパン・グアムを除く)
Zone4アラブ首長国連邦、カタール、サウジアラビア、クウェート、イスラエル、ロシア、コロンビア
Zone5フィリピン、カンボジア
Zone6ベトナム
Zone7アゼルバイジャン共和国、アフガニスタン、アルジェリア、アルバ、アルメニア、アングィラ、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イエメン、英領ヴァージン諸島、イラク、イラン、ウガンダ、ウクライナ、ウズベキスタン、エチオピア、オマーン、ガーナ、ガイアナ、カザフスタン、ガボン、カーボベルデ、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、キューバ、キュラソー(オランダ領アンティル諸島)、グアテマラ、グアドループ、グアム、クック諸島、グリーンランド、グレナダ、英領ケイマン諸島、ケニア、コートジボワール、コモロ、コンゴ民主共和国、ザンビア、シエラレオネ、ジブチ、ジャマイカ、ジョージア、ヨルダン、シリア、ジンバブエ、スーダン、スリナム、スワジランド、赤道ギニア、セイシェル、セネガル、セルビア、セントキッツ・ネイビス、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、マルチニーク(フランス領西インド諸島)、サンマルタン(フランス領西インド諸島)、セントルシア、ソロモン諸島、タークス及びカイコス諸島、タジキスタン、タンザニア、チャド、中央アフリカ共和国、チュニジア、トーゴ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、トルクメニスタン、トンガ、ナイジェリア、ナウル、ナミビア、ニカラグア、ニジェール、ニューカレドニア、ネパール、バーレーン、ハイチ、パキスタン、パナマ、バヌアツ、バハマ、パプアニューギニア、バミューダ諸島、パラグアイ、バルバドス、パレスチナ、バングラデシュ、ブータン、フィジー、フォークランド諸島、フランス領ポリネシア、ブルキナファソ、ブルネイ、ベナン、ベラルーシ、ベリーズ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボナール島、ボツワナ、ボリビア、ホンジュラス、マカオ、マダガスカル、マヨット、マラウイ、マリ、ミクロネシア連邦、ミャンマー、モーリシャス、モーリタニア、モザンビーク、モルジブ、モルドバ、モロッコ、モンゴル、モンテネグロ、モントセラト、ラオス、リビア、リベリア、レソト、レバノン、レユニオン、北マリアナ諸島(サイパン含む)、東ティモール

楽天モバイルの海外SIMの電話番号について

楽天モバイルの海外SIMでは海外で日本の電話番号が使えるサービスがあります。日本番号を購入することで日本からかかってきた電話が格安で受信できます。また今使っている電話から転送設定を行うと日本で使っている番号のままで電話を受けられます。日本番号は1カ月1,272円で購入が可能です。

長期滞在の場合は渡航先番号を購入することをおすすめします。渡航先番号をは1カ月1,272円で購入できて現地の方にこの番号を渡すことで現地の方が現地の値段であなたに発信できるようになります。

楽天モバイル 渡航先番号の購入可能国

購入可能国アルゼンチン、アメリカ合衆国(ハワイ※、アラスカ・サイパン・グアムを除く)、イギリス、イスラエル、エストニア、エルサルバドル共和国、オーストラリア、オーストリア、カナダ、キプロス、ギリシャ、コロンビア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チリ、ドミニカ共和国、ニュージーランド、バーレーン、パナマ、フィンランド、プエルトリコ、ブラジル、ブルガリア、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マレーシア、メキシコ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、南アフリカ、日本

楽天モバイルの海外SIMを使う流れ

楽天モバイルの海外SIMを使う流れはとても簡単な4ステップです。

  1. SIMを購入
  2. 楽天会員IDと連携する
  3. APN設定をする
  4. 地域別パック/クレジットを購入して利用開始

では1つ1つ見ていきましょう。

ステップ1・SIMを購入

楽天モバイルの海外SIMはショップでの取り扱いは終了したのでネットでの購入となります。楽天モバイル楽天市場店で海外SIMを購入すると2~3日程度でSIMが届きます。

ステップ2・アクティベーション(SIM番号の登録)

楽天モバイルの海外SIMが届いたらSIM番号の登録をしていきましょう。楽天モバイルの専用アプリから海外SIMポータルサイトにログインして、届いたSIMカードに記載されている番号を入力するだけです。

このとき最初のデータ通信またはSMS通信を国内で行うと電波法違反となるため、データ通信やSMS通信は渡航後に行いましょう。

ステップ3・初期設定

海外で使う予定のスマホにSIMカードを挿入してAPN設定を行いましょう。
渡航先でも現在使っている電話番号で電話を受けたい場合は、海外SIMで利用する日本国内番号を購入して現在の電話番号から転送設定をしておきましょう。
国内番号の購入をしなくても転送電話の受信はできますが、その場合は今使っている番号から国際電話をかけた扱いで通話料が高額になるので要注意です。

APN設定の方法はAndroidの場合とiPhoneの場合で変わってくるのでそれぞれ説明していきます。

Androidの場合

Androidの場合はSIMカードを挿入し「設定」をタップしましょう。設定内の「その他の設定」をタップし「モバイルネットワーク」を選びます。

モバイルネットワーク内にある「モバイルデータ通信」と「データローミング」をONにして「アクセスポイント名」を選びます。画面の右上に表示される「+」マークをタップしてください。

「APN」の部分に「rmgs.jp」を入力しましょう。入力をしたあとは右上のメニューをタップし保存してください。保存したあとに楽天モバイルrmgs.jpをタップすると完了です。

iPhoneの場合

iPhoneの場合もSIMカードを挿入し「設定」をタップしましょう。設定内の「モバイルデータ通信」を選び「モバイルデータ通信」と「データローミング」をONにして「音声通話およびデータ」をタップして2Gまたは3Gを選んでください。

下にスクロールをしていって「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップし「APN」の部分に「rmgs.jp」を入力すると完了です。

ステップ4・地域別パック/クレジットを購入して利用開始

地域別パック、クレジットのチャージは専用アプリまたはマイページからできます。

地域別パックやクレジットには有効期限があるので注意してください。またご利用開始後から12カ月のうちに1度も地域別パックやクレジットが購入されない場合は海外SIMは無効となり利用できなくなるので注意しましょう。再度SIMカードを有効にするにはカスタマーサポートセンターへの問い合わせが必要となります。

楽天モバイルの海外SIMの対応端末について

楽天モバイルの海外SIMを利用するときは対応端末かどうか確認しましょう。確認する点は3つあります。

  • 端末の状態(端末がSIMフリーまたはSIMロック解除済みか)
  • 端末の通信規格(W-CDMAの通信規格に対応しているか)

もしもSIMロック解除を行っていない場合はSIMロック解除の手続きを行いましょう。2つめの端末の通信規格については楽天モバイルの取り扱い端末Aterm MR04LN、Aterm MR03LNではご利用いただけません。キャリアから販売された端末については各キャリアの公式サイトで確認しましょう。

また、端末が対応していても楽天モバイルの海外SIMが使えない国では通信できません。最後に渡航先が楽天モバイル海外SIMの対象国かも確認しておきましょう。

楽天モバイルを海外で使うための国際ローミングとは?

楽天モバイルで利用する国際ローミングを説明する前に、まずは、国際ローミングとは何かという基本的なところを紹介したいと思います。

現地の通信業者の回線を利用するサービス

国際ローミングとは、海外において現地の通信会社の回線を使って通信を行うサービスのことです。

日本であれば、docomoやau、SoftBankといった通信会社が電話回線やインターネット回線を使ったサービスを提供していますが、海外でも同様に、数社の通信会社がサービスを提供しています。それらの通信会社が提供するサービスを利用できるのが、国際ローミングと呼ばれるサービスになります。

海外旅行や海外出張で大活躍

国際ローミングが役立つのは、海外旅行や海外出張などで日本国外に行って、スマートフォンを使いたいときです。1カ月以上滞在するのであれば現地で携帯端末を調達したほうがいいかもしれませんが、1週間以内など短い期間のために慣れない現地で契約を結ぶのは面倒です。

そんなときに、日本国内で使っている端末をそのまま海外でも使うことのできる国際ローミングは非常に役に立ちます。基本的に大手キャリアは国際ローミングサービスを提供していますが、格安SIMのサービスを提供するMVNOにおいては、サービスの提供はまちまち。楽天モバイルは、MVNOのなかでも国際ローミングが利用可能な貴重な会社となっています。

楽天モバイルで国際ローミングのサービスを海外で利用するには

それでは、具体的に楽天モバイルの格安SIMで国際ローミングのサービスを利用するには、どのようなことが必要かを紹介したいと思います。

申し込みは簡単

楽天モバイルで国際ローミングサービスを利用する場合、新規申し込み時に同時に申し込むか、「メンバーズステーション」の音声付加サービスの項目からいつでも申し込みが可能です。

月額料金は不要

楽天モバイルで国際ローミングサービスを利用する場合、月額料金は不要です。多くのオプションサービスにおいて、事前申し込みや月額料金が必要なことを考えると、これはありがたいことですね。

サービスエリアや利用料金などは、docomo(ドコモ)のWORLD WINGに準拠

楽天モバイルは、docomoの回線を利用する格安SIMですので、国際ローミングサービスを利用できる国やエリア、さらに利用料金などについては、docomoの提供する国際ローミングサービスであるWORLD WINGに準拠します。

ちなみに、楽天モバイルの提供する国際ローミングサービスは、docomoのWORLD WINGで利用可能な内容をすべて保障するものではないとされているので、注意は必要です。

楽天モバイルの国際ローミングサービスを海外で利用したときの料金

続いて、楽天モバイルの国際ローミングサービスを利用して、海外で通話を行ったときの料金について紹介します。

利用料金は国ごとに異なる

詳しい通話料金・通信料金を紹介したいところですが、利用する国ごとに料金は異なります。国ごとに滞在国内向け料金・日本向け料金・その他の国向け料金・着信通話料の4つの通話料が設定されています。

渡航先で滞在国内の電話番号に発信した場合、は滞在国内向けの料金で計算されます。渡航先から日本へ電話した場合は、滞在国内の料金よりも高い日本向けの料金が適用されます。

着信した場合も通話料がかかる

国際ローミングサービスを用いて海外の渡航先でスマートフォンを使う場合に注意すべきことは、着信した電話でも料金がかかるということです。

海外へ渡航していることを知らせていない日本にいる友人から電話がかかってきてその電話に出て長話をしたとすると、その間着信通話料がかかります。日本にいる友人は通常の国内向けの通話料だけで済みますが、その分海外にいる人の通話料が高くなるので注意しましょう。

楽天モバイルで国際ローミングサービスを海外で使うときの注意点

楽天モバイルで国際ローミングサービスを使うときに気をつけなくてはいけない点がいくつかありますので確認していきましょう。

国際ローミングが使えるのは、通話SIMだけ

楽天モバイルが提供している格安SIMには、データ通信も音声通話も両方できる通話SIMと、インターネットのデータ通信のみが行えるデータSIMの2種類があります。国際ローミングサービスが利用できるのは、通話SIMのみになります。

また、国際ローミングを使って利用できるのは音声通話とSMSだけで、インターネットによるデータ通信は利用できません。

海外でも音声通話やデータ通信を使うと事前にわかっている場合は、国際ローミングサービスを利用するよりも、楽天モバイルで海外SIMを購入するほうがオススメです。

楽天モバイルを海外で使う方法は2種類

楽天モバイルを海外で使うには海外SIMを購入するか国際ローミングサービスを利用します。

月額料金なしで、そのままのSIMカード・スマホが海外でも使える楽天モバイルの国際ローミングサービスですが、利用できるのは音声通話とSMSのみですので注意しましょう。購入の手間はかかりますが、データ通信が必要な場合には楽天モバイルの海外SIMが必要です。滞在期間や用途にあわせて使いわけて、海外でも快適にスマホを使いましょう!

2019.7.11 9:59まで
夏先取り!スマホ割キャンペーン
人気の13機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインナップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい