1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルを比較|おすすめの新料金プランは?

ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルを比較|おすすめの新料金プランは?

更新日:2021.06.22

2021年3月に相次いで発表されたドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの新料金プラン。結論、新料金プランは自分の目的に合わせたものを利用するのがベスト。今回は4大キャリアの新料金プランに関して、容量や通話料、キャンペーン内容まで徹底比較。さらに、選ぶ際に失敗しないポイントまで解説。

2021年3月に相次いで発表されたドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの新料金プラン。

キャリア別のプラン概要が分からず、決めきれないという方もいらっしゃるでしょう。

結論、新料金プランは自分の目的に合わせたものを利用するのがベスト

今回は4大キャリアの新料金プランに関して、通信容量や通話料、キャンペーン内容まで徹底比較。

さらに、選ぶ際に失敗しないポイントまで解説しているので、どれを選んだらいいかわからない人はぜひ参考にしてください。

▼そもそもキャリアの大容量プラン・新料金プラン・格安SIMのどれを選べばいいかを知りたい方は、携帯料金の比較を行っている以下記事をご一読ください。

ahamo/povo/LINEMO/楽天モバイルはどれがおすすめ?

最初に見るべきポイントは現在、契約中のキャリアと「利用したいデータ量」です。

  • ドコモを契約中の方:ahamoがおすすめ
  • auを契約中の方:povoがおすすめ
  • ソフトバンクを契約中の方:LINEMOがおすすめ
  • 月々のデータの利用量に幅がある方:楽天モバイルがおすすめ

契約や機種変更といった事務手数料が無料になるのでお得に乗り換えることができるほか、家族が同じキャリアの場合は家族割引の対象としてカウントされます。

いずれもデータ利用量が月20GB、契約はオンラインのみで店舗での対応はしていません。

(参考)20GBのデータ容量はどれくらいか・何ができるか

しかし、3社はプラン別に独自の特典が用意されています。

ahamoでは、1回5分まで通話し放題なのがメリット。ただし、月額料金は他のプランと比較して若干高くなっています。

povoでは、利用者に合わせたプランにトッピングが可能。1回220円で24時間データが使い放題になる「データ使い放題24時間」など、多様なオプションが用意されています。

LINEMOでは、LINEを利用する際のデータ通信がカウントフリーに。また、LINEのクリエイターズスタンプが実質無料で利用できます。

また、第4のキャリアとなった「楽天モバイル」では毎月使ったデータ量だけ料金を払うため、スマホをあまり使わなかった月は基本料金を抑えられます。また、20GBを超えてデータ無制限で利用可能です

それぞれの料金プランの違いについて、詳しくまとめました。以下から気になるサービス名をタップしてみてください。

ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルの料金プランを比較

ahamopovoLINEMO楽天モバイル
月額料金2,970円2,728円2,728円3,278円
各種割引・ファミリー割引
・みんなドコモ割
・ドコモ光セット割
・家族割プラス
※2021年夏までに契約した場合は早期申し込み特典でカウント対象
割引適用外なし
データ容量20GB/月20GB/月20GB/月1GB~無制限/月(楽天回線)
ネットワーク4G/5G4G/5G4G/5G4G/5G
かけ放題オプション・通話料1回5分まで通話し放題(30秒:22円)
・かけ放題1,100円
30秒:22円
・最初の5分無料550円
・かけ放題1,650円
30秒:22円
・最初の5分無料550円
・かけ放題1,650円
無料
※楽天モバイル公式アプリ「Rakuten link」使用時
キャリアメール・SMSなしなしなしなし
契約事務手数料無料無料無料無料
申し込み方法オンライン限定オンライン限定オンライン限定オンライン・店頭

月額料金


出典:povo

月額2,728円の「povo」と「LINEMO」に比べると、「ahamo」と「楽天モバイル」はやや割高。

しかし「ahamo」は通話5分無料が最初から組み込まれています。「povo」や「LINEMO」で同様に通話5分無料にするためにはオプションでプラス550円が必要になります。

「楽天モバイル」は使用したデータ量に応じて料金が変化。データ使用量が1GB以下の場合は0円(同一名義で1回線目のみ適応)、月に20GB以上使っても月額3,278円となり、楽天回線エリア内ではデータが使い放題となります

かけ放題オプション・通話料

通話料については「ahamo」「povo」「LINEMO」いずれも30秒で22円。

先述した通り「ahamo」のみ最初の5分間は通話し放題になっています。

かけ放題オプションは「ahamo」が1,100円「povo」と「LINEMO」は1,650円と後者の方が割高のため、通話をよく利用するユーザーは「ahamo」がおすすめです。

一方、通話よりLINEの利用の方が多いという方は「LINEMO」の方がおすすめでしょう。

「楽天モバイル」は“Rakuten link”という楽天モバイル公式アプリをインストールし、アプリを通して通話すれば国内通話かけ放題になります。

ただ、すべてのスマホに対応しているわけではないため、手持ちのスマホがアプリに対応しているかは要チェック。

もしくは、楽天モバイルから販売されているスマホを購入するのがいいでしょう。

各種割引

ahamo
出典:ahamo公式サイト

次に各キャリアの割引について。

ahamo」は、ファミリー割引・みんなドコモ割・ドコモ光セット割が適用されます。

いずれも割引対象に条件があり、ファミリー割引は申込可能ですが割引特典は対象外。

みんなドコモ割はカウントのみ対象、ドコモ光セット割はペア設定のみ対象となっています。

そのほかdカードボーナスパケット・dカード GOLD 利用額10%還元が適用されます。

povo」は、2021年夏までに契約した場合に早期申し込み特典で、家族割プラスのカウント対象に。

auスマートバリューやスマイルハート割引は対象外となっています。

LINEMO」と「楽天モバイル」は各種割引がないため、家族が同キャリアを契約している場合は「ahamo」や「povo」を選ぶのがおすすめです。

ネットワーク

4Gに続く次世代の通信移動システム「5G」。すでに各キャリアから対応機種が出ていますが、「ahamo」「LINEMO」「楽天モバイル」は4G/5G対応になっています。

「povo」は2021年夏以降に5G対応がスタートし、今後も対応エリアの拡大を予定していると発表されました。

キャリアメール・SMS・留守番電話

ネットバンクやビジネスなどで使用することもあるキャリアメールについては、4社共に提供がありません。

しかし、キャリアメールとは別で用意されている”+メッセージ”には「ahamo」と「povo」が対応しています。

また「楽天モバイル」は2021年夏頃にキャリアメールの提供を予定している、と発表がありました。

留守番電話については、楽天モバイルのみ利用可能となっています。ahamo・povo・LINEMOでは利用できないので注意しましょう。

契約事務手数料

次に気になるのが、契約時の事務手数料。「ahamo」「povo」「LINEMO」「楽天モバイル」いずれも無料となっています。

ドコモの新料金プラン「ahamo」の概要・メリット

月額料金2,970円
データ容量20GB/月
容量追加:1GB550円

ドコモの「ahamo」は、プラン料金に最初から“1回5分まで通話し放題”が含まれていることが特徴。

5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

電話をよく利用するユーザーに最適です。

月のデータ容量は20GBで、超過しても最大速度1Mbpsで利用することができます。

さらに、海外ローミングは20GBまで可能。安定感もばつぐん。

海外82ヶ国の地域でデータ通信を利用できるので、渡航先でも快適に使えるのがメリットと言えるでしょう。

15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。

また、ドコモユーザーが「ahamo」に以降する場合はプラン変更扱いとなります。

他キャリアからの変更であっても事務手数料が無料なのも嬉しいですね。

ahamoの詳細はこちら

▼より詳しく知りたい方はahamoのメリット・デメリットを解説している以下記事をご一読ください。

ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoで実施中のキャンペーン

現在ahamoでは先行エントリーキャンペーンを実施中

2021年3月26日~2021年6月30日までに、キャンペーンサイトから先行エントリー(電話番号とメールアドレスの登録)をすると、dポイントが3,000ptプレゼント(期間・用途限定)されます。

ahamo先行エントリーキャンペーン


出典:ahamo

  • 期間: ~2021年6月30日

ahamoに対する口コミ

では実際に「ahamo」を契約したユーザーの感想はどうでしょうか、メリット・デメリットをご紹介していきます。

ahamoのいい評判

オンラインでの受付が可能のため、自宅にいながら契約ができる手軽さが魅力のようです。

そのほか、月のデータ使用量を超越してもサクサク通信できる、ドコモ回線ならではの安定感も「ahamo」が選ばれるポイントになっているようですね。

ahamoの詳細はこちら

ahamoの悪い評判・デメリット

一方、手続き画面の見にくさや、場合によっては店頭に行かなければならないといった意見も。

契約前にもう一度手続き方法をチェックしておくのがいいでしょう。また、「ahamo」には留守番電話サービスがありません。

ビジネスなどで通話機能をよく使う場合は伝言メモ機能のあるスマホを用意する必要がありそうです。

ahamoとドコモの他プランを比較

次に、ドコモの従来のプランと「ahamo」ではどのような違いがあるのか、まとめました。

プラン名月額料金データ容量
ahamo2,700円20GB/月
5Gギガホプレミア6,650円無制限
ギガホプレミア6,550円60GB/月

他プランと比べると「ahamo」は各段にリーズナブルなことがわかります。

そこまでデータ量が必要ないユーザーにとっては、まさにちょうどいいプラン。

オンラインのみ対応のため手続きも簡単で、手早く安く乗り換えたい方にピッタリです。

ahamoの詳細はこちら

ahamoの対応端末やおすすめスマホを以下記事で紹介しています。契約をご検討中の方はこちらもあわせてお読みください。

auの新料金プランpovoの概要・メリット

月額料金税込2,728円
データ容量20GB/月 容量追加:1GB550円

続いては「povo」。

一番の魅力は、使い方に応じて自分に合ったサービスをトッピングできるという点です。

トッピング内容は、5分以内の通話かけ放題(550円)、電話かけ放題(1,650円)、1GB追加(550円)など。

ほかにも、220円で24時間データ使い放題といったものもあります。

今月は電話する用事が多いから電話かけ放題をトッピングしよう、デザリングでデータを多く使うから今日だけデータ使い放題をつけよう…など、自由にカスタムできるのが魅力。

さらに“あんしんフィルター for au”が無料で利用できます。

有害情報のブロックや、スマホを触れる時間の設定、居場所の確認もできるのでお子様に持たせるスマホとしても最適です。

povoの詳細はこちら

povoでのキャンペーンはエントリー終了

現在、povoでのキャンペーンはエントリーは2021年2月1日〜2021年3月22日までで、終了しています。

povoのキャンペーンの適用条件は以下の通り。

  • 期間中に事前申し込みページでエントリー
  • 2021年5月31日までにpovoの契約を終わらせる
  • 登録したメールアドレスまたは携帯電話番号にauから連絡
  • 受け取り方法に従い、auPayで所定の手続きを行う

エントリーが終了しても、povoではと他キャリアとの違いは、その多彩なトッピングにあります。

以下より概要について解説します。

povoはトッピング機能でプラン内容を組み合わせられる


出典:https://simchange.jp/redirect?url=https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100oom400edcwsupport/app/

  • 期間:終了日未定

povoのトッピング機能は自分のニーズに即してプランをトッピングすることができます。

とくに、24時間データ使い放題のトッピングは「たまに容量を超えることはあるけど、そのためだけに割高のプランを契約するのは…」という方にピッタリ。

毎月の使用状況に合わせて組み合わせを変えられるのは魅力的ですね。

povoに対する口コミ

では次に、実際の「povo」ユーザーの声をご紹介します。

povoのいい評判

「povo」もオンラインのみの受付となっていますが、わかりやすくシンプルな申込画面になっていて安心。

とくにauユーザーであれば手持ちのau IDを使って簡単に以降できるのが魅力ですね。

低速化しても問題なく動画を視聴できる、というのも嬉しいポイントです。

povoの詳細はこちら

povoの悪い評判・デメリット

オンライン申請できるという手軽さは「povo」のメリットですが、一方で手続き方法がわからない・請求など契約面に疑問が残る…といった場合、店頭でフォローが受けられないデメリットも。

そんな時はチャットサポートの利用をおすすめします。

また、「povo」にも留守番電話サービスは実装されていません。

着信転送サービスには対応しているのでそちらを活用するといいでしょう。

povoとauの他プランを比較

シンプルかつリーズナブルなプランが魅力の「povo」ですが、auの既存プランとの違いを比べてみました。

プラン名月額料金データ容量
povo2,728円20GB/月
データMAX 5G8,480円無制限
使い放題MAX 5G5,580円無制限

使用データが増えるほど料金が上がるのはもちろんですが、他にも従来プランと比べて「povo」は柔軟なカスタム性が特徴となっています。

povoの詳細はこちら

▼以下記事ではauのサブブランドであるUQモバイルとpovoを比較しどちらがおすすめかを解説しています。

ソフトバンクの新プランLINEMOの概要・メリット

月額料金税込2,728円
データ容量20GB/月 容量追加:1GB550円

次に「LINEMO」ですが、こちらはLINEをよく使う方におすすめ。

月のデータ容量は25GBですが「LINEMO」は”LINEギガフリー”というサービスに対応しています。

LINEを利用することで使ったギガがカウントされません

LINEアプリのトークや通話、ビデオ通話でデータ容量を使用しない、という点が特徴です。

もし月のデータ通信料を超えても、通信速度を気にせずLINEを使えるのは魅力ですね。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOの対応端末やおすすめスマホを以下記事で紹介しています。契約をご検討中の方はこちらもあわせてお読みください。

LINEMOで実施中のキャンペーン

現在「LINEMO」では各種キャンペーンを実施中。

期間内に契約すれば、通話オプション割引やLINEスタンプのポイントバックが受けられます。

「LINEMOでたモンキャンペーン」の概要


出典:https://www.linemo.jp/campaign/linemo_detamon_202103/

  • 期間:終了日未定

受付期間内に新規または他社から乗り換え、ソフトバンクまたはワイモバイルからの番号移行で契約すると、国内5分以内で通話し放題、月550円の”通話準定額”オプションが無料になります。

適応期間は契約月から13ヶ月

受付期間は2021年3月17日~終了日未定です。

他にも、700万種類以上のスタンプや絵文字が使い放題の”LINEスタンプ プレミアム”に加入している場合、今「LINEMO」と契約すればLINEポイント240ポイントをプレゼント。

こちらの受付期間も2021年3月17日~終了日未定です。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOに対する口コミ

では次に「LINEMO」を使いはじめたユーザーの口コミをご紹介します。

LINEMOのいい評判

月20GBのデータ使用量で月額料金2,728円というリーズナブルさが「LINEMO」の魅力。

スマホにかかるコストを下げながらも快適に使用できる、お財布に優しいプランになっています。

LINEMOの悪い評判・デメリット

ですが、人混みなどでは通信がやや不安定になる様子。

SIMロック解除といった手順についても、契約前に事前に調べておくのがいいかもしれませんね。

LINEMOとソフトバンクの他プランを比較

プラン名月額料金データ容量
LINEMO2,728円20GB/月
メリハリプラン8,480円50GB/月
メリハリ無制限6,580円無制限

連絡手段はLINEがほとんどという方は「LINEMO」がお得。

今までLINEで消費していたギガがカウントされず、多すぎず少なすぎない月20GBでコストダウンが叶います。

LINEMOの詳細はこちら

▼以下記事ではソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルとLINEMOを比較しどちらがおすすめかを解説しています。

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル)の概要・メリット

月額料金~1GB未満:0円
1GB~3GB未満:1,078円
3GB~20GB未満:2,178円
20GB~:3,278円
データ使用量無制限(1GB以下なら0円~使用量によって変動)

最後に「楽天モバイル」について。これまでの3社がいずれも月20GBであったのに対し、こちらは月のデータ使用量に応じて料金が変化します。

つまり、月間の使用量が少ないほどスマホ料金が安くなるのです。

たとえば、1GB以下の場合は月額料金が0円(同名義で1回線目のみ適用)、1~3GBの場合は1,078円。

20GBを超過しても無制限に使えて月額料金は3,278円、という料金体系が特徴です。

ただし、これは楽天回線エリア内にいる時に限ります

エリア外にいる場合は、月5GBの制限がかかり超過すると通信速度が最大で1Mbpsまで低下。

エリア内に戻れば低速化はしないので、楽天回線エリア内に住んでいる方におすすめです。

また、契約時のスマホ本体料金や、契約後のスマホ使用料金の支払いに、楽天ポイントが使えるというのも魅力。

「楽天モバイル」の毎月の支払い100円につき1ポイントが貯まるので、楽天ポイントカードをお持ちの方にもピッタリです。

▼楽天モバイルの契約を考えているのであれば、楽天系のその他のサービスも併用してポイントをお得に貯められる「楽天経済圏」に入るのがおすすめ。

以下記事では楽天経済圏の始め方やお得な順番をご紹介しているので、ぜひご一読ください。

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル)で実施中のキャンペーン

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル)でもさまざまなキャンペーンを実施中。

プラン利用開始日から3カ月間無料の特典などが付与されます。

手順は以下の通り。

  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」にお申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に他社からの乗り換え(MNP)でお申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後、お申し込み

※上記すべて楽天会員登録必要

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル)キャンペーン


出典:https://corp.mobile.rakuten.co.jp/news/media/2021/0408_01/

  • 期間: 終了日未定

「楽天モバイル」では、プラン料金が3ヶ月分無料になるキャンペーンを実施中。

新規契約・他社からの乗り換え・楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後の申込、いずれかに当てはまる楽天会員が対象となります。

期間は2021年4月8日~終了日未定

楽天回線エリアも、2021年夏までに人口カバー96%へとの発表があるので、気になる方は今のうちにキャンペーンに申し込んでみてはどうでしょうか。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

▼契約の際、端末の買い替えも考えている方は楽天モバイルのおすすめ機種・人気スマホをご紹介している以下記事もご一読ください。

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル)に対する口コミ

では、実際の「楽天モバイル」の使用感についてユーザーの口コミを集めました。

Rakuten UN-LIMIT VIのいい評判

使った分だけ料金を払うというのが「楽天モバイル」最大の魅力。

スマホをあまり使わない人はスマホ使用量をかなり抑えられますね。

さらに楽天ポイントも貯められるので、楽天ポイントカードを持っているユーザーは非常にお得。

Rakuten UN-LIMIT VIの悪い評判・デメリット

しかし、中には回線が不安定という声も。

楽天回線エリアは順次拡大が予定されているので、自分の住んでいるエリアが対象区域に入っているかは要チェックです。

4大キャリア新プランに関するQ&A

最後に、どんなユーザーにどのプランがおすすめなのか?をご説明します。

家族で申し込みたい場合は?

家族で乗り換える場合は、ファミリー割引・みんなドコモ割・ドコモ光セット割のいずれかが適用される「ahamo」がおすすめ。

もしくは、早期申込で家族割プラスにカウントされる「povo」もいいでしょう。

ネットをあまり使わない場合は?

月々のデータ使用量が20GB以下という方は「楽天モバイル」を。

ネットを使わないぶんだけ料金が安くなるので、賢くお得にスマホを持つことができます。

電話をよく利用する場合は?

LINEなどのアプリで音声通話・テレビ通話をする機会が多い場合は「LINEMO」が最適。

LINEの利用ギガがカウントされないので、データ使用量を気にせず通話ができます。

他にも、オプションなしで”5分以内なら通話し放題”がプランに組み込まれている「ahamo」も、電話をよく利用するユーザーにぴったりです。

まとめ

今回は「ahamo」「povo」「LINEMO」「楽天モバイル」それぞれの魅力についてご紹介しました。

ライフスタイルによって、スマホの使い方はさまざまです。

今よりもお得に、今よりも快適にスマホを使いたいとお考えの方は、この機会にぜひ、契約を検討してみてはいかがでしょうか。


SHARE!!