1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2017年5月】nuromobile(nuroモバイル)徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も
 

nuromobile(nuroモバイル)に関する記事

34件の記事があります

MVNOとして格安SIMを販売する「nuromobile(nuroモバイル)」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、nuromobile(nuroモバイル)の記事をまとめています。

nuromobile(nuroモバイル)に関する記事の一覧を見る

nuromobile(nuroモバイル)の格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

2016年10月1日よりSo-net モバイル LTE(ソネット)ならびにPLAY SIMがサービス提供を終了し、低容量のSIMプランに特化した新しいMVNOである「nuromobile(nuroモバイル)」に統合されました。格安スマホとのセットにおいても人気機種を取り揃えていて今後注目すべきMVNOであることは間違いなさそうです。ちなみにnuromobileの読み方は「ニューロモバイル」です。

ここではそんなnuromobile(nuroモバイル)の格安SIMの料金プランや口コミ、評判、他社との比較をご紹介していきます。

公式サイト:nuroモバイル

nuromobile(nuroモバイル)の格安SIMプラン

nuromobile(nuroモバイル)のSIMプランはシンプルで2GB~10GBまでの9プランを展開しており、各プランのデータ通信容量の1GB刻みで設定されています。データ通信容量を1GB分上げても月額料金の違いはたったの216円/月しか変わりませんし、SMS機能(+151円/月)や音声通話(+756円/月)もオプションとして全ての容量に対して追加できます。他のMVNOと比較してもコストパフォーマンスが良いのが2GB・3GBなどの低容量プラン。nuromobile(nuroモバイル)は大容量プランを利用する人よりもデータ通信量が少ない人におすすめです。

nuromobile(nuroモバイル)がプラン改定!(2017年2月1日から)

nuromobile(nuroモバイル)でも2月1日から大きな動きが見られます。特に注目が集まるのは、「5時間プラン(2700円/月)」の登場です。この5時間プランは、1日のうち合計5時間だけ高速データ通信を使えるプランです。通信容量ではなく通信時間を制約している点が特徴で、テキストベースでのメールのやりとりは、上手く使えば高速通信の残り時間を減らさずに使えることもあるそうです。また、瞬間的に大量のデータ通信を必要とする動画視聴やアプリのダウンロードが多い方にとっても、大容量プランよりも通信料を抑えることができるのでおすすめです。

高速通信時は下り最大:375Mbpsでインターネットが利用でき、高速通信を使わない場合は最大200Kbpsの低速通信に切り替わります。今までの格安SIMでは高速通信と低速通信の切り替えは手動(各MVNOのアプリ等)で行うのが一般的でしたが、こちらは自動で切り替わる仕組みです。そのため、切り替えは自動でnuroモバイル側が自動判断する点には注意しましょう。また、高速通信の規定時間を超えた際にも、こちらのプランは自動的に200kbpsの低速通信に切り替えられる仕組みになっています。

また、nuromobile(nuroモバイル)もアプリ「nuroモバイルでんわ」における音声通話5分かけ放題オプション(864円/月)の提供を開始しました。また、契約者間でパケットを分け合える「パケットギフト」や初速バーストへの対応、新端末の発売など、プラン改定によりnuromobile(nuroモバイル)の利便性はぐっと向上してきたように感じますね。

nuromobile(nuroモバイル) プラン表

nuromobileデータSIMデータSIM SMS付き音声SIM高速通信容量通信速度SIM枚数
5時間プラン2,700円2,862円3,456円5時間/月 無制限下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GB756円918円1,512円2GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GB972円
1,134円1,728円
3GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
4GB1,188円1,350円1,944円
4GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GB1,404円1,566円2,160円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
6GB1,620円
1,782円2,376円6GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GB1,836円1,998円2,592円7GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GB2,052円2,214円2,808円
8GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
9GB2,268円2,430円3,024円9GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GB2,484円2,646円3,240円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚

なお、nuromobile(nuroモバイル)の手数料についてですが、登録事務手数料として3,240円かかるほかに、音声通話プランについては最低利用期間内解約金として最大12,960円(サービス開始月から12ヶ月後まで、毎月1,000円ずつ減額)が発生することもあります。基本的にはnuromobile(nuroモバイル)で発生する手数料は他MVNOとそう変わらない価格で設定されていますが、契約を検討されている方はよく覚えておきましょう。

公式サイト:nuroモバイル

nuromobile(nuroモバイル)のおすすめポイント

nuromobile(nuroモバイル)のおすすめポイントはやはり1GB刻みで柔軟性のあるプランです。データ通信容量を1GB分上げても月額料金は216円しか変わりませんし、プラン変更が無料なのでコストパフォーマンスを常に高く保つことができそうです。

とにかくシンプルで選びやすいプランが魅力
1GB刻みプランぴったりの容量を探せるので、自分に合ったプラン・料金を選びやすいですね。
データ容量の変更が無料
容量が余ったら場合は翌月繰り越しも可能なのでプランの見直しがしやすいです。
ZenFone 3などの人気スマホを取り扱っている
ZenFone 3やarrows M03など人気スマホを取り揃えています。
簡単プラン診断でおすすめのプラン・スマホの組み合わせが分かる
スマホ代の理想料金からプランの組み合わせを提案してくれます。

公式サイト:nuroモバイル

nuromobile(nuroモバイル)で注意したいこと

同様にnuromobile(nuroモバイル)で注意したいことも挙げていきます。プラン容量の変更が無料なnuromobile(nuroモバイル)ですが、月の途中でデータ容量の追加についてのコストパフォーマンスは非常に悪いです。データ容量を追加するよりもデータ通信容量を上げたプランに変更させたほうが圧倒的にお得なので気を付けてください。

データ容量の追加には要注意!
データ容量を追加で購入すると100MB:361円・1GB:1,000円と出費になりますので、データ容量追加よりもプラン変更がおすすめです。
音声通話SIMには最低利用期間が1年間ある
契約月が長くなるほど解約の際の違約金が減額されていくので(-1,080円/月)、短期間で解約しないようにしましょう。なおデータ通信のみのプランには最低利用期間がありません。

公式サイト:nuroモバイル

nuromobile(nuroモバイル)の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

nuromobile(nuroモバイル)の格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

nuromobile(nuroモバイル)の速度などの評価・評判

docomo系のMVNOであるnuromobile(nuroモバイル)は通信速度も下り(受信):最大375Mbps / 上り(送信):最大50Mbpsとなかなかの速度を謡っています。実効速度としても日常生活に支障がない程度の速度は観測されているようです。しかし前身となるPlay SIMや0SIMなどでは実用的な速度があまり出てこなかったこともあるので、nuromobile(nuroモバイル)の実効速度については今後も注意が必要かもしれませんね。

また、nuromobile(nuroモバイル)の通信制限についてですが、契約しているデータ通信容量を超えた場合(通信制限)と短期間に大容量の高速データ通信を行った場合(帯域制限)に通信速度を制限されます。また、新たに登場した「5時間プラン」の場合は、通信時間が累計5時間/日を超えると速度を制限されます。楽天モバイルは2017年3月より帯域制限を撤廃しましたので、nuromobile(nuroモバイル)についても期待したいところです。もっとも1GB刻みでプランが提供され、プラン変更できるのがnuromobile(nuroモバイル)の強みでもあるので、プラン変更をうまく活用することで通信制限を抑えることもできます。

公式サイト:nuroモバイル

nuromobile(nuroモバイル)の特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

nuromobile(nuroモバイル)の強みである低容量プランを他MVNOと比較してみましょう。例えば3GB容量で比較すると人気MVNOであるmineoやBIGLOBE SIMと同価格ですが月額容量の変更が無料で、プラン変更後も月額料金の変化が216円/月しかないことを考えると、nuromobile(nuroモバイル)には単なる料金以外での利便性も感じます。

ちなみに業界最安を競っているDTI SIMでも3GBプランで907円~/月、DMM mobile(DMMモバイル)が3GBプランで918円~/月ですので、nuromobile(nuroモバイル)のコストパフォーマンスは概ね良いのではないでしょうか。

公式サイト:nuroモバイル

nuromobile(nuroモバイル)で買えるおすすめの格安スマホ

nuromobile(nuroモバイル)では、他のMVNOと同様に、SIMフリースマホと格安SIMのセット購入・利用ができます。おすすめの格安スマホをみてみましょう。

VAIO Phone A

VAIO Phone A
VAIO Phone Aはアルミニウムと強化ガラスで包まれた美しく、堅牢性のあるボディが特徴。「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」に対応しており、デザリングにも対応しているのでWi-Fiルーター代わりにも利用できます。
nuromobile(nuroモバイル)では1,080円から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:nuroモバイル

メーカー
VAIO
端末分割支払金
1,080円/月~
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコアCPU
画面サイズ
約5.5インチ フルHD(1,920×1,080ドット) IPS液晶

ZenFone 3

ZenFone 3
ASUSのZenFone 3は5.2インチサイズの高スペックスマホ。1,600万画素の高画質カメラや高感度の指紋認証センサー、オクタコアCPUなど、まさに最新鋭のスマホと言っても過言ではないスペックです。
nuromobile(nuroモバイル)では1,620円から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:nuroモバイル

メーカー
ASUS
端末分割支払金
1,620円
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm Snapdragon 625
画面サイズ
5.2インチSuper IPS+液晶ディスプレイ(1920 x 1080)

ZenFone 3 Max(ZC520TL)

ZenFone 3 Max(ZC520TL)
ZenFone 3 Max(ZC520TL)は5.2インチのエントリ―モデル。4100mAhの大容量バッテリー搭載型ながら2万円台で購入できるためコスパに優れます。
nuromobile(nuroモバイル)では端末分割支払金864円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:nuroモバイル

メーカー
ASUS
端末分割支払金
864円
支払期間
24か月
CPU
MediaTek MT6737M (クアッドコア)
画面サイズ
5.2インチ 1,280×720ドット (HD)

AQUOS ケータイ SH-N01

AQUOS ケータイ SH-N01
AQUOS ケータイ SH-N01は折り畳みタイプのガラホ。テザリングに対応していたりとガラホに見合わぬスペックが魅力的です。
nuromobile(nuroモバイル)では端末分割支払金1,188円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:nuroモバイル

メーカー
SHARP
端末分割支払金
1,188円
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 210 Processor 1.1GHz(クアッドコア)
画面サイズ
約3.4インチ QHD/TFT

arows M03

arrows M03
arrows M03は富士通が手掛けた大人気のスマホ。国産スマホならではの操作性の良さに加えて防水・防塵・耐衝撃に優れワンセグやおサイフケータイにも対応した優れもの。
nuromobile(nuroモバイル)では1,404円から格安SIMとのセット購入が可能です。

公式サイト:nuroモバイル

メーカー
富士通
端末分割支払金
1,404円
支払期間
24か月
CPU
MSM8916 1.2GHz Quad Core
画面サイズ
5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

nuromobile(nuroモバイル)のキャンペーン

nuromobile(nuroモバイル)で現在実施しているキャンペーンはありません。

公式サイト:nuroモバイル