1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. BB.excite(BBエキサイト)エキサイトモバイル徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も
 

BB.excite(BBエキサイト)エキサイトモバイルに関する記事

9件の記事があります
MVNOとして格安SIMを販売する「エキサイトモバイル」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、エキサイトモバイルの記事をまとめています。旧プランである「BB.exciteモバイルLTE」についても紹介。
BB.excite(BBエキサイト)エキサイトモバイルに関する記事の一覧を見る

BB.excite(BBエキサイト)エキサイトモバイルの格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

BB.excite(BBエキサイト)は、格安SIM「エキサイトモバイル」を提供するMVNOです。エキサイトモバイルでは、複数枚のSIMをシェアが出来るほか、音声通話に対応し、毎月使った分だけ支払う「最適料金プラン」と毎月一定額を支払う「定額プラン」を提供しています。

なお、2016年6月に受付を終了しましたが、過去には格安SIM「BB.exciteモバイルLTE」を提供していました。BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)のSIMにはバースト機能などIIJ系の便利な機能が充実しており、便利でなおかつ安定性のある通信を見込めるMVNOとして、高い評価を得ていました。複数枚のSIMカードを追加利用できるのが特徴で、複数の端末や家族で容量のシェアを望んでいる人にはぴったりの格安SIMで、この特徴は新しい「エキサイトモバイル」にも引き継がれています。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの格安SIMプラン

エキサイトモバイルは「最適料金プラン」と「定額プラン」の2種類のプランがあります。プランは2つともSIMカードの複数枚利用に対応しており、1枚コースと3枚コースがあります。3枚コースの場合はさらに2枚までSIM枚数を追加できるので(421円/枚・月)家族での利用におすすめのMVNOです。

それではプランをみていきましょう。最適料金プランは利用したデータ通信量に応じて料金を支払う、いわば段階定額のプランです。段階定額のプランは使ったぶんだけ料金がかかるので、余分な出費を抑えたい人に向いたプランです。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイル 最適料金プラン

エキサイトモバイル
最適料金プラン
1枚コース(データSIM)
1枚コース SMS付き
1枚コース 音声SIM(SMS付き)
3枚コース (データSIM)
通信速度
SIM枚数
低速通信のみ540円

691円1,296円-最大200Kbps1枚または3枚
~100MB
--
-
1,134円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~500MB
680円
831円1,436円
1,188円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~1GB712円
863円1,468円1,274円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~2GB831円
982円1,587円1,447円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~3GB950円1,101円1,706円1,674円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~4GB1,242円1,393円1,998円1,922円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~5GB1,566円
1,717円2,322円2,041円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~6GB1,728円1,879円2,484円2,106円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~7GB2,052円2,203円2,808円2,268円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~8GB
2,289円2,472円3,045円2,365円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~9GB2,376円
2,566円3,132円2,570円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~10GB
2,570円2,775円3,326円2,743円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚または3枚
~11GB---3,056円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚
~12GB---3,348円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚
~13GB---3,726円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚
~14GB---4,093円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚
~15GB---4,298円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚

もう一つのSIMプランは定額プランです。定額プランは他MVNO同様に、一か月に利用するデータ通信量を決めるプランです。1GBから20GBまでと比較的広くプランが展開されているので、
シンプルに手を出しやすいプランですね。こちらもSIMカードの複数枚利用ができますし、使い切れなかったデータ通信量は翌月に繰り越して利用できます。なお定額プランの3枚コースに更にSIMカードを追加できるのは9GBからになります。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイル 定額プラン

エキサイトモバイル
定額プラン
1枚コース データSIM
3枚コース データSIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
1GB723円1,360円1GB/月下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚
2GB831円1,566円2GB/月下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚
3GB972円1,814円3GB/月下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚
9GB2,430円2,656円9GB/月下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚(最大5枚)
20GB5,130円5,594円20GB/月下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚(最大5枚)

各プランは151円/月でSMS機能を、756円で音声通話(SMS付き)をオプションとして追加できます。なお、3枚コースの場合はSIMカードをさらに追加することもできます。

SMS
151円/SIM1枚・1か月
音声機能(SMS付き)
756円/SIM1枚・1か月
SIM枚数の追加(3枚コースの場合最大2枚までSIMを追加可能)
421円/SIM1枚・1か月

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルのおすすめポイント

エキサイトモバイルのおすすめポイントとしては、やはり段階料金制のプランである最適料金プランがあり、日常的にデータ通信をしない人にとっては無駄を徹底的に省ける点ですね。またSIM複数枚対応に強いところも魅力です。複数枚利用していてもSIMカード単位で高速通信の切り替えやオプションの追加ができるので、端末ごとに用途を分けて利用できます。

IIJmio系の通信速度・品質
通信はIIJmioと同じ設備なので、安定した通信速度・品質です。
最適料金プランは段階料金制のプラン
段階料金制(従量料金制)かつ1GBごとに細かく料金が設定されているので、常に無駄な出費を抑えられます。
SIMカードの複数枚利用に対応している
SIM複数枚利用ができるので、個人で複数端末を利用する場合はもちろん、家族での利用にも向いています。
高速通信のON/OFFができる
マイページにアクセスして高速通信と低速通信を切り替えることができます。
バースト機能がある
速度制限をされていても、はじめの一定データ量は高速通信してくれます。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルで注意したいこと

同様にエキサイトモバイルで注意しておきたいことも挙げてみます。例えばエキサイトモバイルの定額プランは5GB、7GBなどオーソドックスな通信量のプランがなくミドルレンジユーザーは最適料金プラン一択になるかもしれません。勿論、最適料金プランは文字通り最適な料金になるので悪いことではありませんが、多くの方は最適料金プランしか選択肢がない、といったことも考えられますね。

プランの選択肢が少ない
最適料金プラン・定額プランの2種類ありますが、定額プランを選ぶメリットに欠けます。
最適料金プランも使いすぎには注意
定額プランとは異なり速度制限が発生しないので、無自覚に大量のデータ通信をしてしまうかもしれません。
オプションで音声通話機能を付けると最低利用期間が(1年)が発生する。
データ通信専用SIMのプランは最低利用期間がありませんが、音声通話SIMの場合は最低利用期間が発生します。期間内の解約は事務手数料として回線ごとに10,260円かかります。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

エキサイトモバイルの格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

エキサイトモバイルの速度などの評価・評判

エキサイトモバイルはBB.exciteの時からIIJ系の通信設備を利用しているdocomo系のMVNOです。そのためエキサイトモバイルに生まれ変わりましたが通信速度・通信品質は引き続き良好です。エキサイトモバイルでは高速通信で下り最大300Mbps、上り最大50Mbpsの速度が出ます。高速通信と低速通信を切り替えることも可能なので、通信料金の節約を考えながら利用できる格安SIMだと思います。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

エキサイトモバイルの特徴はやはり最適料金プランです。1GB単位での段階料金制なので、高速通信のデータ使用量が不規則な人や、定額プランでは常に容量が余ってしまう人におすすめのプランです。段階料金制のプランがあるMVNOはエキサイトモバイルのほかにFREETEL(フリーテル)U-mobile(ユーモバイル)が挙げられますが、これらのプランよりも無駄がないのエキサイトモバイルの最適料金プランです。この最適料金プランは最大の15GBまで(1枚コースは10GBまで)1GB間隔で料金が設定されていますが、FREETELなどは2GBごと、データ容量が大きいものだと5GB間隔で料金が変わります。FREETEL「使った分だけ安心プラン」で6GB分データ通信を利用すると料金は8GB分の料金と同じくかかります。データ容量の無駄を節約できることが段階定額制の長所なので、価格設定がより細かいエキサイトモバイルのほうが節約に向いています。

定額プランは価格面で突出した長所はありませんが、バースト機能や高速通信のオンオフ、データ容量の繰り越しやなど、抑えたいポイントをしっかり抑えたプランです。特にSIMの複数枚利用はオプションをSIM1枚単位で選択できるのが強みです。

知名度が高いMVNOではありませんが他のMVNOにはない魅力が数多くあるので、エキサイトモバイルはおすすめです。

公式サイト:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルで買えるおすすめの格安スマホ

エキサイトモバイルでは、格安スマホのセットを取り扱っていません。

エキサイトモバイルのキャンペーン

最後にエキサイトモバイルのキャンペーンをチェックしておきましょう。現在エキサイトモバイルはオープン記念のキャンペーンを実施中です。期間中はキャンペーン限定の特別容量プラン(30GB・40GB・50GB)もあるので要注目です。特別容量プランではなくても、最適料金プランなら1,500円、定額プランは2,000円キャッシュバックされます。

公式サイト:エキサイトモバイル

特別容量プラン
データSIM
データSIM SMS付き
音声SIM
SMS付き
通信速度
SIM枚数
キャッシュバック金額
30GB(1枚コース)7,538円7,689円8,294円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚6,000円
30GB(3枚コース)8,078円8,532円10,364円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚6,000円
40GB(1枚コース)10,778円10,929円11,534円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚12,000円
40GB(3枚コース)11,102円11,566円133,70円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚12,000円
50GB(1枚コース)14,904円15,055円15,660円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
1枚25,000円
50GB(3枚コース)15,314円15,768円17,582円下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
3枚25,000円
その他 定額プラン---下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
-2,000円
最適料金プラン-
--下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
-1,500円
オープン記念 キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン内容
エキサイトモバイルのSIMを契約するとキャッシュバックがもらえる(最大25,000円分)
キャンペーン期間
2016年7月15日~8月1日11:59まで
キャンペーン対象
公式ホームページからエキサイトモバイルのSIMを購入した方

公式サイト:エキサイトモバイル

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

2016年6月に受付を終了しましたが、旧「BB.exciteモバイルLTE」の格安SIMプランのおすすめポイントと注意点も紹介します。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の格安SIMプラン

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の格安SIMプランは全部で8つ。プランが多いように見えますが、非常にシンプルでわかりやすいプラン設定になっています。SIM1枚コースとSIM3枚コースがあり、それぞれ低速通信できるプラン、高速できるプランが用意されています。高速プランでは1~4GBまで選択できます。少ない容量でも容量シェアができるのが魅力ですね。

BB.excite モバイルLTE
月額料金
SMSなし
月額料金
SMS付き
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
0MB
(SIM1枚コース)
723円874円0MB200Kbps(低速時)1枚
1GB
(SIM1枚コース)
777円928円1GB下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GB
(SIM1枚コース)
831円982円2GB下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
4GB
(SIM1枚コース)
1,263円1,414円4GB下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
0MB
(SIM3枚コース)
1,188円1,339円100MB下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
3枚
1GB
(SIM3枚コース)
1,382円1,533円1GB下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
3枚
2GB
(SIM3枚コース)
1,641円1,792円2GB下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
3枚
4GB
(SIM3枚コース)
2,138円2,289円4GB下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
3枚

プラン表の上から半分は、シェアができないコースで、下半分はシェアできるコースとなっています。それぞれのコースにつき、0~4GBと容量が変化しているだけ。この中でもおすすめしたいプランと活用法について、一つずつこれからチェックしてみたいと思います。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の0MBプランについて

まず始めに「?」と疑問に感じるのは、「0MB」というコースではないでしょうか。0MBコースには、高速クーポンが付与されていません。そのかわり1ヶ月ずっと低速データで利用することができます。低速時は最高で200Kbpsとなっています。
つまり0MBコースは、ワイヤレスゲートなどの低速通信の無制限SIMと同じプラン内容というワケですね。
さらに、0MBのSIM3枚コースでは100MB分の高速クーポンが付いてくるのでとてもお得です。
1, 2, 4GBプランには、高速クーポンがそれぞれコース名の通り付与されていて、それを使いきったら低速データ通信に切り替わるようになります。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の3枚SIMのシェアプランについて

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)で最も注目されているプランは、やはり容量を別々の端末機器でシェアできる「3枚SIM」のプランでしょう。3枚付きのコースは4つありますが、先ほど紹介した0MB3枚SIMコースは、他のMVNOで探すことができないような唯一無二の内容のSIMとなっています。
0MBを3枚で割ると、一枚につき366円(税込なら396円)という驚きの価格。ServersMan SIM LTEワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEなどの超低価格と言われているワンコインプランよりも安くなります。
ServersManやワイヤレスゲートのような低速で使い放題というサービスに、さらに他の端末で共有できるSIMが付け加えられ、高速クーポンも毎月100MBサービスされるのですから、確かに評判がいいのも頷けますね。低速無制限SIMを考えている人は、BBエキサイトの0MB 3枚コースを考えてみるのもいいかもしれません。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)2GB・4GBプランについて

さらにSIM1枚プランにも注目したいプランが満載です。他のMVNOと比較しても魅力的なのは2GBプラン。近年相次ぐ増量で多くのMVNOが3GBの容量を設定しているのに対し、もう少し少量で安価な2GBコースを持つBBエキサイトのこのプランが好都合な人も多いハズ。
他社の3GB・2GBコースと比較してみるとこんなカンジになります。

MVNO
BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)
DMM mobile
IIJmio
楽天モバイル
OCN モバイル ONE
高速通信容量2GB2GB3GB3.1GB3GB
データSIM
月額料金(税込)
831円831円972円972円1,188円

3GBでは多すぎる、でも1GBじゃ心もとないという人にピッタリのBB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の2GBプランは、DMM mobile(DMMモバイル)と共に業界最安値となっています。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)のおすすめポイント

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)のおすすめポイントとしては、IIJ系のMVNOなので速度の安定性やバースト機能などの便利な機能が充実していること、複数枚対応のプランの容量のバリエーションが豊かなことなどが挙げられます。

IIJ系のMVNOで信頼のおける格安SIM
hi-hoと同様にIIJ系のMVNOです。IIJの設備を利用しているので、通信の速度や質は折り紙付きといっていいでしょう。
100MBや1GBなど他MVNOにはない通信量の少ないプランが揃っている
中~大容量のプランを用意しているMVNOは多いですが、BB.exiteモバイルLTEでは100MBなど小さい容量のプランも用意されています。

容量の少ないプランでも複数枚のSIMを持てる
SIMカードの複数持ちプランが豊富なのがBB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の最大の特徴でしょう。特に1枚367円で利用できる0MB3枚コースが格安です。
バースト機能などが使える
オプション機能もがっちり押さえてあるので、非常に使いやすいSIMプランになっています。バースト機能とは、読み込みを始めて数秒間は高速の通信を行う機能です。IIJmioのMVNOではこの機能があるため、高速クーポンを使いきって低速通信になってしまっても使えるという良い評判が聞かれます。0GBコースにおいても、バースト機能のおかげで他社の低速プランよりも体感速度が速いようです。
高速通信ON/OFFの切り替えが可能
さらに高速通信と低速通信の切り替えも可能です。BBエキサイトには公式アプリがないので、サイト上の会員ページにログインして切り替えるようになっています。他のMVNOに比べて切り替え方に手間がかかるのが残念ですが、切り替えによってかなりデータ量を節約できるのは間違いないでしょう。
通信データ量の繰り越しが可能
繰り越しの有無は、あったらいいなと思うオプションNO.1かもしれません。翌月に残った高速通信量を繰り越せるかどうかは、使い勝手にかなり影響しますね。IIJ系のMVNOはこの繰り越しを可能にしているのですが、BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)も例にもれず翌月に残量を持ちこせるようになっています。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)で注意したいこと

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)でまず注意したいのが、音声通話が可能なプランが無いという点です。音声通話必須の方にはおすすめできない格安SIMです。

音声通話がない
上に述べたようにBB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)には音声通話対応のSIMプランはありません。
最低利用期間が2カ月ある
解約にかかる料金は無料ですが最低利用期間は2か月間となっており、その期間中は解約することができません。
専用アプリはないので高速通信ON/OFFなどは会員ページに行く必要がある
高速通信ON/OFFは可能ですが毎回会員ページにアクセスする必要があり面倒です。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の速度などの評価・評判

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)のSIMは回線元がIIJとなっています。IIJ系の格安SIMはどれも評判が良く、使い勝手のいいサービスがひとそろい。このBB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)も速度面やサービス面で好評です。

容量シェアを考えている方、少ない容量を使いたいと思っている方には最適なSIMになることでしょう。他のMVNOにはないプラン、特にシェアが安価な値段で手に入るプランが人気のBB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)をぜひチェックしてみてください。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)のSIMを3枚追加できるコースは非常に魅力的です。少ない容量でも複数枚のSIMを使えるというプランは他MVNOにはなく、BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)だけです。

特に0MBコースの低速プランは、一枚367円で利用できる最安クラスの格安SIMとなっています。0MBコースは基本的に低速通信プランですが、3枚シェアコースにすると100MBの高速通信がプレゼントされます。全くの低速通信ではなく高速通信もいざという時に使うことができるのが高ポイント。1GBのコースももちろん容量のシェアが可能なので、一枚400円強で利用することができます。古いスマホにBB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)のSIMを挿して、LINEやSkypeなどの無料電話を設定すれば、367円で使えるりっぱなスマホになります。子どもに持たせるのにもピッタリなプランかも。

またSIMカード1枚コースにも他MVNOにはめずらしいイチオシプランがあります。2GBのプランは他のMVNOではあまり用意されていないので希少価値が高いプラン。BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)の2GBプランは、最安値価格を打ち出すDMM mobileと並ぶ安さなので、この容量を選択したい人にはオススメです。DMM mobileとの違いは、音声通話がBB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)はできないことと、SIMを追加して容量シェアが可能という点。

BB.exciteモバイルLTE(BBエキサイト)には便利な機能がついているので、コスパも優れた格安SIMと言えるでしょう。例えば、0MBプランだとほとんど低速通信で利用することになりますが、「バースト機能」が付いているのは大きな強み。バースト機能があると読み込みが速くなるので、サイト閲覧時もストレスなくブラウジングできます。高速通信のON/OFF機能や残量翌月繰り越しなどの機能も、節約の助けになって便利です。ただ1GB以上のプランはDMM mobileなど他MVNOと大きな差がないので、基本的に少ないデータ容量をたくさんシェアしたい方に向いている格安SIMですね。

おすすめの使い方
複数の端末を持っている人・家族で分け合いたい人は「SIM3枚」のコースの中から選べる4つの容量
低速使い放題プランをシェアしたい人は「0MB(SIM3枚)」なら一枚につき366円
2GBや4GBでちょうど良いと思う人は「2GB(SIM1枚)」や「4GB(SIM1枚)」プラン