1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルは家族で利用するとお得!申込方法や注意点・キャンペーンを解説

楽天モバイルは家族で利用するとお得!申込方法や注意点・キャンペーンを解説

楽天モバイルを家族で使う方法や注意点をまとめました。この記事を読めば家族で楽天モバイルを使う際にどう契約したらよいのかがわかります。あわせて楽天モバイルの特徴や料金プラン、お得なキャンペーン情報も掲載しています。

楽天モバイルは、通話と通信をどれだけ使っても最大月3,278円(税込)という低料金で収まることから、さまざまなユーザーから大きな人気を集めています。

「それほど安いのだったら、家族全員で楽天モバイルに乗り換えたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、楽天モバイルの概要やキャンペーン情報に加えて、家族で楽天モバイルに申し込む方法や注意点をまとめました。

これから家族ごと楽天モバイルへの乗り換えを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

楽天モバイルは家族で使ってもお得!

最初に、楽天モバイルを家族に使うにあたって押さえておきたい基本事項から紹介しましょう。

1IDで5回線まで契約できる

楽天モバイルは、契約時に「楽天会員」に登録する必要があります(無料)。

そして楽天会員に登録すると、「楽天ID」が発行されます。

この楽天ID1つあたり、契約できる楽天モバイルの回線は5回線までです。

Rakuten Linkで通話も無料に

楽天モバイルは「国内通話かけ放題」を謳っています。

これは、楽天独自の「Rakuten Link」というアプリを使うことによって、国内通話が無料になるというものです(Rakuten Linkを使わずにスマホに標準装備されている通話機能を使って通話すると30秒22円(税込))。

通話だけでなくメッセージも無料になる上、仮に海外からであってもRakuten Linkからの発信であれば日本への通話は無料です。

他のキャリアで通話を使い放題にしたければ、原則として有料の通話オプションをつける必要があります。

しかし楽天モバイルの場合は、Rakuten Linkを使いさえすればかけ放題になるわけです。

通話をする機会が多い人にとっては、とてもお得です。

キャンペーン適用でさらにお得

楽天モバイルは頻繁にキャンペーンを行っています。

そのため、これらのキャンペーンを最大限に活用すれば、ただでさえお得な楽天モバイルをさらにお得に使うことが出来ます。

本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

iPhone超トクのりかえで最大20,000円相当還元

出典:楽天モバイル

現在使用しているスマホそのままで他社からMNP乗り換えをすると、15,000円相当の楽天ポイントがプレゼントされるキャンペーンです。Rakuten UN-LIMIT VI申し込みでもらえる5,000ポイントも合わせると、計20,000ポイントが付与されます。

キャンペーン名iPhone超トクのりかえ
期間2021年4月23日(金)~終了日未定
特典15,000円相当のポイントプレゼント
条件Rakuten UN-LIMIT Ⅵに新規、他社からの乗り換え、旧楽天モバイルから申込

キャンペーンを利用する際は他社からのMNP乗り換えでRakuten UN-LIMIT VIに申し込み、「Rakuten Link」アプリを使う必要があります。10秒以上の通話が条件となるので、確認しておきましょう。

ポイントは、Rakuten UN-LIMIT VIのプラン利用開始およびRakuten Linkの利用が確認された月の翌々月末日頃に付与されます。普段のお買い物にも使えるので、お得にもらえるこの機会を見逃さないようにしてください。

【楽天モバイル】詳細はこちら

他社からの乗り換え限定最大20,000ポイント

  • 期間:2021年6月18日~
  • 特典:楽天ポイント最大20,000ポイント還元

利用中のスマホそのままで楽天モバイルに他社から乗り換え(MNP)申し込みをすると、楽天ポイント最大20,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

こちらは、Rakuten UN-LIMIT VIに申し込んだ際にもらえる特典と併用できるため、乗り換えるだけで最大20,000ポイント受け取れます。特典の適用条件は、以下の通りです。

適用条件

  • Rakuten UN-LIMIT VIへ他社からの乗り換え(MNP)で申し込み
  • 楽天回線対応製品を利用してRakuten UN-LIMIT VIプラン利用開始
  • 楽天回線対応製品を利用してRakuten Linkを利用する

ポイントは、Rakuten UN-LIMIT VIのプラン利用開始およびRakuten Linkの利用が確認された月の翌々月末日ごとに付与されます。付与されるポイントは、付与日を含めて6か月の有効期限があるので注意してください。

楽天モバイルに乗り換え(MNP)申し込みをするだけで普段のお買物にも使える楽天ポイントがもらえるので、乗り換えを検討している方は必見です。

【楽天モバイル】詳細はこちら

スマホを同時購入で最大25,000円相当分ポイント還元

出典:楽天モバイル
  • 期間:2021年1月7日~
  • 特典:楽天ポイント最大25,000ポイント還元

Rakuten UN-LIMIT VIの申し込みと同時に楽天モバイルで販売中の端末を購入すると、楽天ポイントが最大25,000ポイント還元されるキャンペーンです。

こちらも先ほどの紹介したキャンペーン同様、Rakuten UN-LIMIT VIを申し込んだ際に適用されるキャンペーンと併用できます。そのため、購入機種によっては計25,000ポイントがもらえます。

対象機種およびポイント還元額は、以下の通りです。なお、時期によって端末が在庫切れになっている場合があるので、詳しくは楽天モバイル公式サイトを確認してください。

ポイント還元額対象機種
20,000ポイントRakuten BIG
OPPO Reno5 A
OPPO Reno3 A
AQUOS sense4 lite
15,000ポイントGalaxy S10
AQUOS R5G
10,000ポイントOPPO A73

セットで申し込むと人気の機種がお得に購入できるので、機種変更を検討している方はぜひチェックしてみてください。

【楽天モバイル】詳細はこちら

Rakuten UN-LIMITプラン料金3ヵ月間無料キャンペーン

出典:楽天モバイル
  • 2021年4月8日~終了日未定

Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーンでは、新規契約・他社MNP・楽天モバイルからのプラン変更で、月額料金が3ヶ月無料になります。

最大で3,278円(税込)×3ヵ月で9,834円(税込)お得になるチャンスです(※)。なお、2021年4月7日まで行われていた「1年間無料キャンペーン」を利用していた方は適用不可となっているのでご注意ください。

【楽天モバイル】詳細はこちら

月20GB以上利用時の料金。

▼他にも楽天モバイルではたくさんのお得なキャンペーンが実施中です。以下記事で詳しく解説しています!

そもそも基本料金が安い

前述のように、楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅵのワンプランのみです。

そしてRakuten UN-LIMIT Ⅵの月額料金は、その月に使ったデータ量によって料金が変動する段階料金制となっています。

詳細は、以下の通りです。

使用データ量月額料金
~1GB0円
1GB~3GB1,078円(税込)
3GB~20GB2,178円(税込)
20GB~3,278円(税込)

データ使用量が1GBまでであれば、月額料金はなんと0円です。

スマホを使うのはLINEのメッセージのやり取り程度な人や、自宅や会社のWiFi環境以外ではほとんど使わない人は、月のスマホ代を0円に抑えることも夢ではありません。

参考までに、ドコモの「ギガライト」「5Gギガライト」は、1GBまでだと3,465円(税込)です。

楽天モバイルでは、3GBまで使っても1,078円(税込)で済んでしまいます。

こちらもドコモの「ギガライト」「5Gギガライト」だと5,665円(税込)です。

そして20GBなら2,178円(税込)、20GB以上ならどこまで使っても3,278円(税込)、つまり3,278円(税込)で使い放題になります。

こちらはドコモのオンライン専用料金プランのahamoと比較すると、ahamoは20GBで2,970円(税込)です。

つまり少なくともドコモとの比較においては、どのクラスのデータ利用量であっても楽天モバイルの方が安いといえます。

しかも楽天モバイルは、Rakuten Linkを使えば国内通話もかけ放題です。

この料金の安さは楽天モバイルの最大の魅力です。

家族全員がドコモ・au・ソフトバンクといった既存のキャリアから楽天モバイルに乗り換えると、その家全体のスマホ代は大幅に安くなることはほぼ間違いないでしょう。

【楽天モバイル】詳細はこちら

楽天モバイルに家族で申し込む方法

次に、楽天モバイルに家族で申し込む方法について紹介します。

楽天モバイルは、ネットを使った申し込みですべてが完結できるようになっています。

また、全国ある楽天モバイルショップの店頭で申し込みも可能です。

おすすめなのは、24時間いつでも好きな時に申し込み手続きができるオンラインでの申し込みです。

ただし、オンラインでの手続きが不安な人や、わからない点をスタッフに確認しながら進めたい人は楽天モバイルショップで申し込むのもよいでしょう。

楽天モバイルショップでの手続きは、事前に来店予約を取ってから行く必要があります。来店予約は楽天モバイル公式サイトからすることが出来ますので、必ず事前に来店予約を取ってください。

注意点としては、「楽天モバイルショップでは、1回の予約について申し込める回線は1回線のみ」という点があります。家族のうち複数人が同時に楽天モバイルに申し込む場合、申し込む人数と同じ回数の来店予約を取るようにしてください。

楽天モバイルの申し込み時の流れ

楽天モバイルでオンライン申し込みをする時の流れは、以下の通りです。

楽天モバイルオンライン申し込み時の流れ

  1. 事前に「本人確認書類」「楽天ID」「料金の支払いに使うクレジットカードもしくは銀行口座の情報」を用意する(MNP転入の人はMNP予約番号も用意する)「
  2. 楽天モバイル公式サイトから「申し込み」をタップ
  3. スマホも同時に購入する場合は「先に商品を選ぶ」を、回線のみ手続きの人は「プランを選択する」をタップ(以下は「プランを選択する」をタップした流れ)
  4. 希望するオプションやSIMのタイプにチェックを入れ、「この内容で申し込む」をタップ
  5. 楽天IDとパスワードの入力を求められるので、それぞれ入力してログインする
  6. 楽天に登録している氏名や電話番号、住所などが「契約者情報」として表示されるので、間違いがないかを確認した上で「契約者情報が正しいことを確認しました」にチェックを入れる
  7. 本人確認書類の提出方法のうち「書類画像をアップロードで確認」「AIかんたん本人確認(eKYC)」「受け取り時に自宅で確認」のいずれかを選択して「次へ」をタップ
  8. 本人確認の手続きが終わると「電話番号の選択」が表示されるので「他社からの乗り換え(MNP)」「選べる電話番号サービス1,100円」「新規電話番号を取得」のいずれかを選択して「次へ」をタップ
  9. 電話番号の手続きが終わると「お届け先情報」が表示されるので、自宅で受け取り希望の人は「お届け希望日」と「お届け希望時間」を選択、「連絡可能な電話番号」を入力して「次へ進む」をタップ(自宅以外で受け取り希望の場合は所定の項目を選択・入力する)
  10. 「プランのお支払い方法」が表示されるので、クレジットカードか口座振替を選択した上で、それぞれ必要事項を入力、支払いに充当する楽天ポイントを入力し「次へ進む」をタップ
  11. 「重要事項説明・利用規約」が表示されるので、チェックボックスにチェックを入れ、「同意して申し込む」をタップ

多少面倒なのは本人確認書類の提出のところですが、オンライン手続き上最も簡単なのは「受け取り時に自宅で確認」です。ただしこの場合、SIMカードやスマホを宅配便で受け取る際に配達員に写真入り身分証明書を提示する必要があります。

次に簡単なのは「書類画像をアップロード」で、これは本人確認書類そのものを撮影してその画像を送る方法です。

「AIかんたん本人確認(eKYC)」は、本人確認書類と自分の顔を撮影して送る必要があります。本人確認書類は表裏の撮影に加えて、厚みを確認するために傾けて持ったところを撮影したり、顔写真も目を閉じていない画像に加えてまばたきをした画像も撮影されたりするなど、やや面倒です。

こちらの記事では、楽天モバイルの契約方法や申し込み手順を詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてください。

1つの楽天IDを使う場合

前述のように、楽天モバイルは1つの楽天IDに対して5回線の契約を紐づけられます。

しかし、楽天モバイルはあくまでも「契約者=利用者」です。つまり1つの楽天IDに紐づいた回線は、すべて同じ利用者が使う前提になっています。

とはいっても、現実問題として「父親の楽天IDに紐づけられた回線を、家族それぞれが持って使う」というような状況は考えられ、そのようにしたいと思う人もいると思います。

これは不可能ではありませんが、次の項目でお伝えする理由によって、あまりおすすめではありません。

【おすすめ】別々の楽天IDで契約する場合

家族で楽天モバイルを利用するのであれば、家族それぞれが別々の楽天IDを作って契約するのがおすすめです。

理由は「ありとあらゆるキャンペーンの適用条件に『適用されるのは、最初に申し込んだ1回線目のみ』という条件があるから」です。

先に紹介したキャンペーンなどがこれに当てはまります。

加えて、データ使用量1GBまでで月額料金が0円になるのも、最初に申し込んだ1回線目のみです。

そのため、家族それぞれが楽天IDを作った上で、それぞれの名義で1回線目として契約をした方がお得になります。

申し込み時の流れは上記に紹介した通りですが、もしも料金の支払いを契約者と別の名義のクレジットカードで行う場合(子ども名義の契約の料金を父親が支払う場合など)は、クレジットカード情報入力のカ所で「自分名義以外のカードを使う」にチェックを入れて、手続きを進められれば大丈夫です。

【楽天モバイル】詳細はこちら

楽天モバイルを家族で使う際の注意点

最後に、楽天モバイルを家族で使う際の注意点を4つ紹介しておきます。

乗り換えの場合、転出元の契約者の一致が必須

ここでいう「乗り換え」とは、MNP制度を利用した他のキャリアや格安SIMから楽天モバイルへの乗り換えのことです。

MNPは元のキャリアでMNP転出手続きを行って、その際に発行される「MNP予約番号」を持って楽天モバイルへ転入します。

この際、「転出元の回線の名義」と「楽天モバイルでの回線の名義」は一致している必要があります。

もしも契約者を変えたい場合は、元のキャリアでまずは契約者の名義を変えた上でMNP転出手続きをして、楽天モバイルにMNP転入手続きをするようにしてください。

楽天モバイル乗り換えに必要なMNPの転出方法は、こちらの記事で詳しく説明していますのであわせて参考にしてください。

フィルタリングは有料かつ18歳未満は必須

18歳未満の契約者が楽天モバイルを使う場合、「あんしんコントロール by i-フィルター」というフィルタリングサービスの契約が必須です(月額330円(税込))。

フィルタリングサービスとは、未成年者や若年者をインターネット上の違法情報や有害情報との接触から守り、安心してインターネットを使ってもらうためのサービスのことです。

楽天モバイルでは「あんしんコントロール by i-フィルター」を提供しており、このサービスではスマホの利用時間やアクセスできるサイトやアプリなどを保護者が細かくコントールしたり、アプリ内で課金が発生するアプリが起動されると保護者に通知したり、子どもの現在地の位置情報履歴を保護者が確認できたりします。

データシェアはできない

楽天モバイルでは、1つの契約に与えられたデータ容量を、他の契約とシェアするような仕組みはありません。

そのため「親の契約のデータ容量が余るから子どもにシェアする」や、「1つの契約で複数枚のSIMを発行して、それぞれスマホとタブレットでシェアする」のようなことが、楽天モバイルではできません。

家族割引のプランはない

ドコモ・au・ソフトバンクでは、それぞれ家族割引の制度があります。

家族割引とは、家族で同じキャリアを使うと、それぞれの月額料金から一定の金額が割り引かれる仕組みです。

そのため、家族みんなで同じキャリアを使うとお得度が増したりします。

しかし楽天モバイルでは、このような「家族全員で楽天モバイルを使うことによって受けられる割引制度」はありません。

【楽天モバイル】詳細はこちら

家族で楽天モバイルに乗り換えて通信費を大幅節約!

楽天モバイルの概要と家族で使う場合の申し込み方法や注意点を紹介しました。

ここまでの内容をまとめると、以下の通りです。

楽天モバイルを家族で使うには

  • 楽天モバイルは1つの楽天IDで5回線まで紐づけられる(ただし契約者=利用者が原則)
  • 「Rakuten Link」を使えば国内通話はかけ放題、海外から日本へもかけ放題
  • お得なキャンペーンが豊富なので、とてもお得に契約・利用ができる
  • データ使用量が1GB以内なら月額0円、最大でも3,278円(税込)でデータ通信使い放題
  • 家族で楽天モバイルを使うなら、家族ごとに楽天IDを作って契約を別にした方が各種キャンペーンが適用されてお得
  • 乗り換えの場合は乗り換え元と楽天モバイルの契約者名が一致しなくてはならない
  • 18歳未満の契約には月額330円(税込)のフィルタリングサービスの契約が必須
  • データシェアは出来ない
  • 家族割引の仕組みはない

楽天モバイルの魅力は、何といっても「月額料金の安さ」と「通話も通信も使い放題になる」という2点に集約されます。

通話や通信が使い放題になると、月額料金が高くなるのが今までのパターンでした。

しかし楽天モバイルの場合、使い放題にするための追加料金が一切必要ない上、データ通信は1GB以下なら0円です。つまり、使わなければ使わないなりの低料金で済んでしまいます。

そのため、多くの人が楽天モバイルに乗り換えると月々のスマホ代が安くなります。1人でも十分安くなるのですから、家族3人、4人で楽天モバイルに乗り換えるとその節約効果は絶大です。

家族の月々のスマホ代に悩んでいるのなら、ぜひこの機会に家族全員での楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

【楽天モバイル】詳細はこちら

SHARE!!

あわせて読みたい