1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【楽天モバイル】iPhoneを使う方法まとめ|APN設定手順!Rakuten UN-LIMIT VIでも使える?

【楽天モバイル】iPhoneを使う方法まとめ|APN設定手順!Rakuten UN-LIMIT VIでも使える?

更新日:2021.04.12

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」でiPhoneは使えるのか紹介します。一部のiPhoneは使うことができますが、使えない機能もあるので要注意です。Rakuten UN-LIMITで使えるiPhoneと機能が一目でわかる一覧表もあります。

楽天モバイルでiPhoneは使えますが、使える機能や機種は限られるので注意が必要です。

また、iPhoneを使えるようにするには事前準備も必要なため、人によっては迷うかもしれません。

この記事では、楽天モバイルで手持ちのiPhoneを使う方法や手順を紹介します。

楽天モバイルを使いたいけどiPhoneだから…」などと諦めていた人は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルでiPhoneは使える?乗り換え前に注意点を確認


出典:TEXT

楽天モバイルでiPhoneは使えますが、乗り換え前に注意点を確認すべきです。

使えない機種や機能があるので、確認せずに契約すると後悔するかもしれません。

  • iPhone8やiPhone7は使えない
  • 楽天モバイルで利用出来ない機能がある
  • 副回線として使う人は使えなくなる可能性があるので注意
  • Rakuten UN-LIMIT VIでもiPhoneは使える?

楽天モバイルではiPhone8やiPhone7は使えない

楽天モバイルに対応しているiPhoneは限られており、iPhone8やiPhone7は利用できません。

古い機種だと通信できない可能性が高いので、乗り換え前に確認をしておきましょう。

つながるiPhoneとつながらないiPhoneを以下の表にまとめたので、確認してみてください。

iPhone XR以前のiPhoneは対応外となっています。

つながるiPhoneつながらないiPhone

iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone SE (第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR

iPhone 7
iPhone 8 など

楽天モバイルで利用できない機能がある|SMS・回線の自動切替

楽天モバイルで販売している機種では標準搭載されているけれど、iPhoneだと使えない機能もあります。

  • SMS(パートナー回線)
  • 海外や国内でAPNに自動接続
  • 回線の自動切替
  • ETWS
  • 110通報や119などの位置情報測位

回線の切り替え|パートナー回線・楽天回線は切り替える?

回線の自動切替とは、パートナー回線から楽天回線へ自動でつながる機能のことです。

楽天回線が普及していない地域では、パートナー回線であるau回線を月5GBまで高速利用できます。

iPhoneだと、楽天モバイルエリア内でも楽天回線に自動で接続できません。つまり、手動で楽天回線に接続変更し忘れると、上限のあるパートナー回線を利用し続けてしまう危険性があります。

そして、5GB超過後は最大1Mbpsでしか通信できなくなるので、注意してください。

ETWS(Jアラート機能)

次にETWSとは「Earthquake and Tsunami Warning System」の略で、地方自治体が出す自身や津波の緊急速報や消防庁の「Jアラート」のことです。つまり、緊急地震速報や津波情報といった緊急性の高い情報を受け取れなくなります。

他にも110番通報でくわしい位置情報が掴めないなど、緊急性の高い機能が利用できません。

このようにiPhoneで楽天モバイルを使う際は、他のスマホに比べて使えない機能があるというデメリットを把握してから、楽天モバイルに乗り換えましょう。

副回線として使う人は使えなくなる可能性があるので注意

楽天モバイルをデュアルSIMに対応しているスマホで副回線として使うと、データ通信できなくなる可能性があります。

以下の条件が揃うと圏外になり、副回線がつながらなくなるので注意しましょう。

  • iPhone12シリーズ(iPhone 12・iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Max・iPhone 12 mini)で iOS14.3を使用
  • 楽天モバイルを副回線として利用

すでにiPhone12シリーズで iOS14.3を利用していて、手順通り設定してもつながらないなら、『副回線としてご利用中のお客様へ』を参考にしてください。

楽天モバイルだけの契約なら心配いらないですが、デュアルSIMを利用して、モバイル通信に設定していないときに起こる不具合です。

iPhone12シリーズで楽天モバイルを副回線として使おうと考えているなら、つながらなくなる可能性があるので注意してください。

Rakuten UN-LIMIT VIでもiPhoneは使える?


出典:楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT VIでもiPhoneが使える可能性は高いです。

楽天モバイルは1月29日に、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を2021年の4月1日から提供することを公開しました。従来のプランは、4月1日をもって自動的に無料で切り替わります。

Rakuten UN-LIMIT ⅤRakuten UN-LIMIT VI
1GBまで月額3,278円(税込)月額0円
1~3GBまで月額3,278円(税込)月額1,078円(税込)
3~20GBまで月額3,278円(税込)月額2,178円(税込)
20GB以降月額3,278円(税込)月額3,278円(税込)

この対象は、「すべてのお客様」となっており、自動でアップグレードされることから対応機種に変更はないと考えられます。

2021年1月現在は、iPhoneX以降(iPhone8は不可)であれば、利用可能です。ただし、公式サイトの更新はなく、発表もされていないことからiPhoneXに近い世代の機種を使っている人は注意しておきましょう。

ちなみに、1年無料キャンペーンも引き継ぎし、満期まで適用されるので安心です。

【楽天モバイル】ご契約はこちら

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の詳細についてはこちらの記事で解説しています。

楽天モバイルの新規契約方法・MNP転入手順

楽天回線につなぐ前に、事前準備をしましょう。

中でも大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でiPhoneを購入した人は、SIMロック解除の準備などが必要です。

  1. キャリアiPhoneはSIMロック解除する
  2. 楽天モバイルを申し込む(電話番号をそのまま使わない)
  3. 楽天モバイルにMNPする(今使っている電話番号を引き継ぐ)

SIMフリーiPhoneを利用している人は、2の「楽天モバイルに申し込む」から確認してください。

キャリアのiPhoneはSIMロック解除する

大手キャリアで購入したiPhoneは、SIMロックを解除しなくてはいけません。

なぜなら、大手キャリアで購入したiPhoneは他社で利用できないようにロックされているからです。

ロック解除の手順は単純で、現在契約しているキャリアでSIMロック解除の申請をすれば解除できます。

各キャリアの解除方法の詳細は、以下で確認可能です。

ちなみにSIMフリーのiPhoneを利用しているなら、SIMロック解除する必要はありません。

楽天モバイル(nanoSIM・eSIM)を申し込み方法

楽天モバイル(nanoSIM・eSIM)を申し込む

SIMロック解除ができたら、楽天モバイル(nanoSIM/eSIM)を申し込みましょう。

  1. プラン|オプションを選択
  2. SIMカードタイプを選択(nanoSIM・eSIM)
  3. 製品を選ぶ(SIMのみならなし)
  4. MNP転入を行う(他社から移行のみ)
  5. SIMカードとスタートガイドが届いたら利用開始

プランやオプションを選択したら、SIMカードタイプからnanoSIMeSIMを選択してください。nanoSIMとは、物理SIMのことです。SIMカードをスマホに差し込む必要があります。

eSIMは、物理SIMではなくデジタルSIMのことです。カードの抜き差しといった細かい作業をしなくても、オンラインで開通できます。ただし、eSIMに対応した機種でないと使えないので、手持ちのiPhoneが対応しているか確認してください。

次に、SIMカードと一緒に楽天モバイルを購入する人は製品を選びましょう。

  • 製品のカラー
  • メモリ
  • 支払い回数
  • 製品保証
  • アクセサリー

すべて入力し終えたら申し込みをしましょう。SIMカードやスタートガイドが届いたら、利用開始となります。

もし、他社からの電話番号を変えずに乗り換えたいなら、次のステップでMNP転入の準備が必要です。

楽天モバイルのMNP転入手順|APN構成プロファイル削除方法

他社からの移行で楽天モバイルを利用するなら、MNP開通手続きAPN構成プロファイルを消さないと使えません。

  1. APN構成プロファイル削除の方法
  2. MNP開通手続きの方法

順を追ってお話していきます。

APN構成プロファイル削除の方法

MNPの開通手続きをする前に、まずはAPN構成プロファイルを消去しましょう。

APN構成プロファイルとは、スマートフォンでデータ通信をおこなうために必要な設定です。iPhoneだと、APNの情報を1種類しか持てません。

つまりドコモのAPN情報が入ったままだと、楽天の新しいAPN構成プロファイルを設定できないため、データ通信が行えないわけです。

なので、楽天モバイル回線を利用するには、元々使っていたキャリアのAPN構成プロファイルを消す必要があります。この作業を忘れるとデータ通信ができないので、他社から楽天モバイルに移行する人は必ず行ってください。

他社のAPN構成プロファイルを削除する手順は以下の6ステップです。

  1. 「設定」アプリ→「一般」をタップ
  2. 「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  3. 消したい通信会社の構成プロファイルを選択
  4. 「プロファイルを削除」をタップ
  5. パスコードを入力する
  6. 消したい通信会社のAPN情報が消去されたか確認

この手順で、乗り換え前に使っていた通信会社のAPN構成プロファイルを消すことができます。

MNP開通手続きの方法

次は、MNPの開通手続きです。

MNP開通手続きをすると、以前使っていた回線は使えなくなります。必ずSIMやスタートガイドが届いてから手続きしてください。

もし新しいSIMやスタートガイドが届く前に開通手続きをしてしまうと、届くまでの間はデータ通信ができなくなってしまいます。

  1. my 楽天モバイルのメニューから「お申し込み履歴」を選択
  2. 申し込み番号をタップ
  3. 「MNP転入する」ボタンをタップ

以上でMNP開通手続きは完了です。

ちなみに、MNP開通手続きは受付時間によって開通完了時間が変わります。

受付時間開通完了時間
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

21時以降は翌朝9時まで開通完了しないので、当日中にすべての設定を終わらせたいなら21時までに手続きをしましょう。

他社から楽天モバイルに乗り換える人は、APNを設定する前にAPN構成プロファイルの消去とMNP開通手続きをしなくてはいけません。

少し難しい手続きのように感じるかもしれませんが、紹介した手順で実施していただければ問題なく完了できるはずです。慌てずに1つずつ手順を実施してみてください。

それぞれの作業を終えたら、次はAPN設定の手順を確認しましょう。

【楽天モバイル】ご契約はこちら

楽天モバイルをiPhoneで使うためのAPN設定の手順

楽天モバイルをiPhoneで使うためのAPN設定の手順

APNをダウンロードして設定をすれば、楽天モバイルでiPhoneを使えるようになります。

nanoSIMとeSIMで設定方法が違うので、自分の申し込んだSIMのAPN設定方法で設定しましょう。

  1. nanoSIMでのAPN設定
  2. eSIMでのAPN設定

しっかり設定して、データ通信できるようにしましょう。

nanoSIMでのAPN設定

nanoSIMでのAPN設定は、以下の手順です。

  1. 届いたSIMを挿入する
  2. 「設定」アプリ→「モバイル通信」→「通信のオプション」をタップ
  3. 「VoLTEオン」もしくは「VoLTE」を選択する
  4. 「VoLTE」がONもしくはチェックが入っていることを確認
  5. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  6. 「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の両方の「APN」欄に「rakuten.jp」を入力
  7. 「インターネット共有」が利用可能になったことを確認する

以上の流れでAPNのダウンロードと設定が完了し、データ通信ができるようになります。

eSIMでのAPN設定

eSIMで設定する前に、他の端末でQRコードを用意します。なぜなら、QRコードをiPhoneで読み込む作業があるからです。

  1. 届いたスタートガイドの裏面にある、STEP2用のQRコードを読み取る(「AIかんたん本人確認(eKYC)」を利用の際は不要)
  2. my 楽天モバイルにログイン
  3. 申込番号の下の「>」を選択し「楽天回線の開通手続きを行う」を選択

上記の手順後、画面上に「SIMの初期設定」のQRコードが出てきたら完了です。

次は、手持ちのiPhoneを回線に接続するための設定をします。

APN設定は以下の手順です。

  1. 「設定」アプリ→「モバイル通信」をタップ
  2. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  3. カメラが起動したら、「SIMの初期設定」のQRコードを読み取る
  4. 「モバイル通信プランを追加」をタップ

ここまで終えたら、読み込み完了するまでしばらく待ちます。

ここから先は、iOS13とiOS14の場合で方法が違います。現在利用中のiOSの手順を確認しましょう。

iOS13の設定

iOS13の設定は以下の通りです。

  1. 「副回線」を選択したら「音声通話とデータ」をタップ
  2. 「音声通話とデータ」をタップ
  3. 「LTE, VoLTEオン」を選択して「OK」をタップ
  4. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  5. 「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の両方の「APN」欄に「rakuten.jp」を入力

以上の手順を実施すると、楽天モバイル回線につながります。

iOS14の設定

iOS14の設定は以下の通りです。

  1. デフォルト設定が変更されたら「通信のオプション」をタップ
  2. 「音声通話とデータ」をタップして「VoLTE」をONにする
  3. 「OK」タップしたら「VoLTE」がONであることを確認して戻る
  4. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  5. 「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」両方の「APN」欄に「rakuten.jp」を入力

以上でデータ通信が可能になります。

もしAPN設定をしてもつながらない場合は、以下の点を確認してみてください。

  • APN構成プロファイルの消し忘れ
  • MNP開通手続きのし忘れ
  • 機内モードにしている

iPhone12シリーズで iOS14.3を利用しているなら、副回線としてご利用中のお客様へを参考に設定しましょう。

次は、今後の楽天モバイルの動きや裏技についてお話しします。

【楽天モバイル】ご契約はこちら

楽天モバイルでiPhoneを使うときの回線確認方法|や今後の動き

楽天モバイルでiPhoneを使うときの裏技や今後の動き

賢く楽天モバイルを使うなら、iPhoneを使うときの裏技や今後の動きを把握することをおすすめします。

  1. 楽天モバイルでiPhoneを使う時の回線確認方法
  2. 購入や機種変更のためにiPhoneを発売するかは未定

順番に見ていきましょう。

楽天モバイルでiPhoneを使う時の回線確認方法

iPhoneだと自動で楽天モバイル回線に接続できないので、今どの回線に接続しているか気になる人も多いと思います。

しかし、Android端末のようにアプリで簡単に判断できません。

どの回線に接続しているか確認するには「フィールドテストモード」を使います。「フィールドテストモード」を使う手順は以下の通りです。

  1. iPhoneの電話アプリで「*3001#12345#*」を打ち込んだら電話をかける
  2. 画面が切り替わったら「LTE」をタップする
  3. 「Serving Cell Info」をタップする
  4. 「freq_band_ind」の値を確認する

「freq_band_ind」の値が「3」だと楽天回線エリアです。「18」ならパートナー回線を使用しています。

今後iPhoneの端末セットが発売するかは未定

楽天モバイルでもiPhone需要が高まっています。

しかし、楽天モバイルでiPhoneの購入や機種変できるようになるかは未定です。今のところ公式な発表はありません。

しばらくの間、iPhoneユーザーはAndroidスマホユーザーよりも、使える機能は少ないままの可能性があるでしょう。

今後、iPhoneを楽天モバイルで販売することがあるなら、現在使えない機能を改善させてから販売解禁することが期待されます。今後の楽天モバイルの動向を見守りましょう。

【楽天モバイル】ご契約はこちら

まとめ

iPhoneでも楽天モバイル回線を利用することは可能です。

ただし、限られた機種しか使えない上に、使える機能が限定されています。

ですので、iPhoneを使っている人はデメリットを把握した上で、楽天モバイルに移行してください。

ここで紹介した接続手順を参考に、iPhoneでも楽天モバイルを使いましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい