1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルの料金シミュレーション|3大キャリアや人気格安SIMと比較

楽天モバイルの料金シミュレーション|3大キャリアや人気格安SIMと比較

楽天モバイルでスマホを契約するときの料金のシミュレーションや楽天モバイルの特徴などをまとめています。楽天モバイルと、3大キャリアや人気の格安SIMの料金やサービス内容の比較も併せて解説しますので、楽天モバイルの料金プランが気になっている人必見です。

楽天モバイルの「UN-LIMIT2.0」は、格安SIMとしてのバックグラウンドを活かしたリーズナブルな価格設定で、キャリアとしての安定したデータ通信を提供しているため、コスパがよいと人気を集めています。

今回はそんな楽天モバイルの気になる料金シミュレーションをはじめ、3大キャリアや格安SIMの料金との比較や楽天モバイルならではの特徴などをまとめました。

キャリアとしての楽天モバイルの料金プランが気になる人や、今使っているキャリアまたは格安SIMから楽天モバイルに乗り換えたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルとキャリアの料金をシミュレーション比較

2020年4月から独自の回線を利用してサービスを提供するキャリアとなった楽天モバイルですが、その料金は他の3大キャリアと比べるとどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、楽天モバイルとドコモ、ソフトバンク、auの3大キャリアの料金をシミュレーション比較していきましょう。

キャリア名料金プラン名容量月額料金速度容量超過後の速度
楽天モバイルUN-LIMIT2.0楽天エリア内使い放題
パートナー回線エリア5GB/月
2,980円
300万名限定で1年間無料
公式に記載なし最大1Mbps
ドコモギガホ30GB
キャンペーン利用の場合は60GB
定期契約あり6,980円
定期契約なし7,150円
受信時最大1.7Gbps
送信時最大131.3Mbps
最大1Mbps
ソフトバンクメリハリプラン50GB2GB以上の使用で3,480円
2GB以下の使用で1,980円
72~125Mbps未定
auデータMAX 4GLTEデータ使い放題
テザリングは月30GBまで
7,480円受信最大1,237Mbps送受信最大128kbps

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランは、「UN-LIMIT2.0」の1種類のみとなっており、月額料金は4キャリアの中で最も安い2,980円です。

月額2,980円というリーズナブルな価格設定ながら、楽天回線エリア内であれば追加料金なしでデータが使い放題です。

他のキャリアのデータ使い放題のプランの料金と比べると、UN-LIMIT2.0は非常にリーズナブルなため、お得にデータ通信をたくさん使いたい人におすすめです。

なお、独自の楽天回線エリアだけでなく、パートナー回線エリアでも5GB/月まで高速データ通信が楽しめます。

データ容量を超過した後も最大1Mbpsでデータ通信が使い放題なため、楽天回線エリア外で使うときにも便利です。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

ドコモ

ドコモでは、2019年10月1日よりデータ通信を多くする人向けに「ギガホ」プランを提供しています。

ギガホの月額料金は、2年間の定期契約をすれば毎月6,980円、定期契約なしの場合は毎月7,150円です。

毎月30GBまでの高速データ通信が可能で、データ容量超過後も最大1Mbpsでデータが使えるため、外出先でのデータ通信を頻繁にする人でも満足できるプラン内容となっています。

ギガホは2020年5月1日から実施されている「ギガホ増量キャンペーン」の対象となるため、キャンペーンを利用すれば1カ月あたり60GBまでの高速データ通信が可能です。

ドコモオンラインショップはこちら

ソフトバンク

ソフトバンクでは、毎月のデータ容量が50GBの「メリハリプラン」を、月額3,480円で提供しています。

月額料金は他のキャリアと比べても安めで、なおかつ50GBまでたっぷり使えるため、毎月のデータ通信量が多い人に非常におすすめです。

また、データ通信利用量が2GB以下になった月は、月額料金から1,500円割引してもらえるシステムなので、データ使用量が毎月大きく変動するという人にもぴったりです。

メリハリプランでは対象となる動画SNSのデータ通信量は毎月50GBの中にカウントされないため、ギガ数を気にせずにSNSや動画サイトを楽しめるという他のキャリアにはないメリットがあります。

平均の通信速度は71~125Mbpsとなっており、制御が必要と判断された場合は速度制限がかかります。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

au

auの「データMAX 4GLTE」プランでは、データは毎月使い放題でデザリングも毎月30GBまでプラン内で利用できます。

他のキャリアのプランでは、デザリングの使い放題はオプションとして用意されていることが多いため、デザリングをよく利用する人には特にお得なプランです。

データMAX 4GLTEの月額料金は7,480円と他のキャリアのプランと比べると高めではありますが、送受信最大128kbps、受信最大1,237Mbpsの高速通信スピードを誇っています。

月のデータ消費量が2GB以下の場合、月額料金から1,480円が自動的に割引になるため、データを使わなかった月の料金は6,000円となります。

auオンラインショップはこちら

楽天モバイルと格安SIMの料金をシミュレーション比較

独自回線を利用したキャリアとしては特に安い料金設定をしている楽天モバイルですが、月額料金の安さを売りにしている格安SIMと比べると、どのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、楽天モバイルとUQモバイル、LINEモバイル、ワイモバイル、BIGLOBEモバイルの格安SIMの料金をシミュレーション比較していきます。

会社名料金プラン容量月額料金速度速度制限時の速度
楽天モバイルUN-LIMIT2.0楽天エリア内使い放題
パートナー回線エリア5GB/月
2,980円
300万名限定で1年間無料
公式に記載なし最大1Mbps
UQモバイルデータ無制限プラン

無制限

1,980円送受信最大500Mbps送受信最大500Mbps
LINEモバイル音声通話SIM12GB3,200円150Mbps

最大200kbps
(データフリー対象サービスの速度低下はなし)

ワイモバイルデータベーシックプラン7GB3,696円公式に記載なし送受信最大128kbps
BIGLOBEモバイル30ギガプラン30GB7,450円受信最大1,288Mbps~958Mbps最大200kbps

楽天モバイル

楽天モバイルの「UN-LIMIT2.0」は独自の回線を利用したキャリアのプランでありながら、月額料金は他の格安SIMと比べてもリーズナブルです

楽天回線エリア内であればデータ通信は使い放題なため、自宅や会社、学校などの自分がよく活動する場所が楽天回線エリア内ならば非常にお得にデータ通信を楽しめます。

ほとんどの場合、格安SIMのプランでは毎月の高速データ通信容量が制限されているため、エリア内であればデータ容量を気にせず使えるというのはメリットと言えるでしょう。

速度制限がかかってしまっても、最大1Mbpsでデータ通信を引き続き楽しめるのも、メリットの1つです。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル

UQモバイルでは、月額1,980円という非常にリーズナブルな価格で、データ通信無制限プランを提供しています。最低利用期間は制限されていないため、違約金なしでいつでも解約できるというメリットがあります。

直近3日間に6GB以上のデータ通信量を消費したことを条件に、場合によっては速度制限がかかってしまいます。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

LINEモバイルでは、毎月12GBまでの高速データ通信が可能な「音声通話SIM12GB」プランを提供しています。

音声通話SIM12GBプランは月額3,200円と安めではありますが、高速データ通信量が12GBと他の格安SIMや楽天モバイルと比べると少なめです。

また、データ容量超過後の通信速度は最大200Kbpsまで下がってしまいます。

しかし、LINE利用時のデータ容量がゼロになるLINEデータフリーオプションを無料で追加できるため、連絡手段は主にLINEを使うという人には非常にお得なプランです。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイル

出典:ワイモバイル

ワイモバイルの「データベーシックプランL」は毎月3,696円で、高速データ通信を7GBまで利用できます。

4Gまたは3Gの高速データ通信を使うことができ、3日間で約10GB以上のデータ容量を使った場合には速度制限がかかります。

毎月の高速データ通信容量の制限を超えた場合の最大通信速度は128Kbpsとなっています。

高速データ通信量は7GBまでと他の格安SIMと比べると少なめなので、データ通信をたくさん使いたいという場合には足りないと感じてしまうこともあるかもしれません。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのプランの中でも、特にデータ通信容量が多いのが「30ギガプラン」です。

月額料金は7,450円と他の格安SIMや楽天モバイルと比べると高めとなっていますが、毎月30GBまでの高速データ通信を楽しめます。

通信速度はau回線を利用したタイプAは受信最大958Mbpsで、ドコモ回線を利用したタイプDは受信最大1,288Mbpsです。

なお、データ容量を超過した場合の速度は、最大200Kbpsです。

オプションでシェアSIMを追加すれば、1つのプラン内で複数端末を使えるため、スマホを2台やスマホとタブレットなど、いくつかの端末を利用している人におすすめです。

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルのサービスや料金設定には、他のキャリアや格安SIMにはない特徴がたくさんあります。

ここでは、楽天モバイルの特徴を見ていきましょう。

無制限プランが格安SIM並みの料金で使える

楽天モバイルでは、毎月のデータ容量の制限がない無制限プランが、格安SIM並みのリーズナブルな料金で利用できます。

他のキャリアで唯一無制限プランのあるauの月額料金は7,480円です。しかし、楽天モバイルのUN-LIMIT2.0プランは2,980円なので、約半額でデータ使い放題プランの契約ができます。

格安SIMのUQモバイルの無制限プランと比べると月額料金は1,000円ほど高いものの、格安SIM並みの安さで無制限プランを契約できるのは、楽天モバイルを選ぶ大きなメリットです。

回線速度が安定している

楽天モバイルは格安SIM並みの安い月額料金ではありますが、格安SIMよりも回線速度が安定しているという特徴があります。

格安SIMはキャリアから回線を借りてサービスを提供していますが、楽天モバイルは独自の楽天回線を使ってサービスを行っています。

自社の基地局を建設して、独自の電波を利用しているため、朝の出勤ラッシュの時間帯や夜の時間などの混雑しやすい時間帯でも、安定した速度を維持できる可能性が高いです。

月額2,980円というリーズナブルな価格設定でありながらも、安定した速度でデータ通信を楽しめるのは楽天モバイルならではの特徴と言えるでしょう。

楽天回線エリア内ならデータが使い放題

楽天モバイルの一番の魅力とも言えるのが、楽天回線エリア内であればデータが使い放題であることです。

楽天回線は首都圏エリアをメインにした全国の限られた地域となっています。

しかし、生活圏内に楽天回線エリアがあるのであれば、自宅や会社などで高速データ通信を制限なく使えるので非常におすすめです。

楽天回線エリアは、楽天モバイルのサービスエリアページから確認できます。

アプリで電話もかけ放題になる

楽天モバイルの専用アプリである「Rakuten Link」アプリを利用すれば、国内通話の通話料が無料になります。

Rakuten Linkでの通話は時間無制限で無料なため、誰にどれだけかけても無料です。

通話だけでなく、SMSの送受信もアプリを使えば無料なため、通話のためにオプションを付ける必要などはありません。

Rakuten Link

Rakuten Link
無料
posted withアプリーチ

キャンペーンにより1年間無料で使える

楽天モバイルでは、キャリアとしてのサービス開始を記念して、300万名対象でUN-LIMIT2.0の月額料金が1年間無料になるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの対象になれば、1年間無料で楽天モバイルのサービスを利用できるので、非常にお得に毎月スマホが使えます。

また、オンラインから申し込みをすれば、契約時の手数料3,000円が実質無料になるキャンペーンも行っています。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイルを契約するときの注意点

月額料金が安く安定した回線を利用できる楽天モバイルはメリットが多いですが、契約するときに気を付けておきたい点もいくつかあります。

ここでは、楽天モバイルを契約するときの注意点を見ていきましょう。

完全に無制限ではない

楽天回線エリア内であればデータ通信は無制限となっていますが、通信制限がかかってしまう場合もあります。

1日に10GB以上を使ってしまうと通信制限の対象となり、最大3Mbps程度の速度に低下してしまいます。

動画や音楽を一度に大量にダウンロードしてしまったりすると通信制限の対象となりやすいため、利用する際には注意が必要です。

楽天回線エリア内でも繋がりにくい場所がある

地下やビルの中などの遮蔽物がある場所では、楽天回線のエリア内だったとしてもネットに繋がりにくい可能性があります。

楽天回線にうまく接続できないと、楽天エリア内であっても自動的にパートナー回線に切り替わってしまう場合もあります。

パートナー回線に切り替わったことに気づかずにデータ通信を利用すると、上限の5GBに達してしまい、高速データ通信ができなくなることも考えられます。

そのため、楽天回線エリア内であったとしても、楽天回線でつながっているのかをチェックしておく必要があります。

楽天モバイルなら格安で無制限のデータ通信を楽しめる

楽天モバイルの「UN-LIMIT2.0」は、月額2,980円という格安SIM並みの安さでありながら、対象エリア内であれば安定したデータ通信を無制限で使えるという魅力的なプランです。

格安SIMのリーズナブルな価格設定と、独自の回線を持つキャリアとしての安定したデータ通信の両方のメリットを感じられるのは楽天モバイルならではです。

楽天モバイルの料金やサービス内容に興味がある人や、乗り換えるキャリアか格安SIMを迷っているという人は、格安で無制限のデータ通信を楽しめる楽天モバイルへの乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

SHARE!!

あわせて読みたい