1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルの「料金シミュレーション」で料金プランを調べてみよう!

楽天モバイルの「料金シミュレーション」で料金プランを調べてみよう!

更新日:2020.05.15

楽天モバイルの「料金シミュレーション」を使えば、格安SIMへ乗り換えたときの月額料金の目安を簡単にチェックできます!複雑に思えるプランも1つずつ選んで診断すれば分かりやすいので「格安SIMにしたいけど、選び方がわからない…」という方はぜひトライしてみましょう!

楽天モバイルでは「料金シミュレーション(プラン診断)」を試すことができます。

各項目1つずつ該当するものを選択していくだけで月額料金の目安が簡単にチェックできるので、これから格安SIMへ乗り換えてスマホ代を安く済ませたい方は、ぜひトライしてみましょう!

※楽天モバイルは2020年4月8日から携帯キャリアサービス(MNO化)を開始しています。本記事は格安SIM(MVNO)サービスについての説明になるため、順次修正を進めています。

楽天モバイルの料金シミュレーションってなに?


出典:楽天モバイル

楽天モバイルでは、利用したいプランの月額料金がどれくらいになるかを確認できる「料金シミュレーション」を公式サイトで提供しています。

1つずつ選んでいくだけで「格安SIMへ乗り換えるとどれだけ安く使えるか?」が簡単に見られて便利なので、ぜひ活用してみましょう。

楽天モバイルの料金シュミレーションを行う!

楽天モバイルの料金シミュレーション・プラン診断の使い方は?

それでは、楽天モバイルの料金シミュレーション・プラン診断の使い方を紹介していきます。手順は以下の通りです。

  1. 端末+SIMセット or SIMのみ を選ぶ
  2. 購入する端末を選ぶ(※端末セットの場合のみ)
  3. 保証・補償を選ぶ
  4. SIMタイプを選ぶ
  5. 料金プランを選ぶ

端末セット or SIMのみ


出典:楽天モバイル

公式サイトから料金シミュレーションのページにを開いたら、まずは「端末+SIMセット」か「SIMのみ」を選びましょう

「端末+SIMセット」は、取り扱っているスマートフォン・ケータイ・タブレット・ルータなどの機種を、SIMカードと一緒に購入するときに選択します。楽天モバイルでは取り扱っている端末が多いですし、割引キャンペーンも多いので確認しておくとよいでしょう。

「SIMのみ」は、単純にSIMカードだけを申し込むときに選択します。例えばすでに使いたいSIMフリースマホを自分で購入している場合や、docomoで利用していたドコモ版のiPhoneなどをそのまま楽天モバイルで利用したいときに選びます。

スマートフォンを選ぶ(端末セットのみ)


出典:楽天モバイル

先ほどの項目で「端末+SIMセット」を選択した場合は、購入可能なスマートフォン・ケータイ・タブレット・ルータの選択肢が表示されます。モデル名と価格が表示されるので、お気に入りの機種を選択しましょう。

保証/補償サービスを選ぶ


出典:楽天モバイル

次に保証/補償サービスを選択します。楽天モバイルでは取り扱い端末用の補償サービス「端末補償」と、持ち込み端末向けの保証サービス「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の2つを提供しています。

端末補償(500円/月)
「楽天モバイルで取り扱っている端末セットを申し込んだときに加入できる」補償サービス。端末セットの購入申し込み時のみ、加入可能です。自損や水濡れもカバーします。年2回まで、スマートフォンなら機種によって4,000~7,000円の負担金で交換対応。
つながる端末保証 by 楽天モバイル(500円/月)
SIMのみ申し込みをしたときに「自分で用意した端末用に加入ができる」保証サービス。対応機種は要確認ですが、iPhoneやキャリア版のスマートフォンもカバーしており、自損や水濡れにも対応可能です。毎年1回目は4,000円、2回目は8,000円で交換が可能(修理の場合はなし)。修理上限金額は5万円(不課税)まで。

もちろんこれらを選択せず保証/補償なしも可能ですが、どちらも新規の申し込みをしたときしか加入できないので検討しておきましょう。

SIMタイプ(データSIM(SMSなし)/データSIM(SMSあり)/通話SIM)


出典:楽天モバイル

通話SIM
音声通話機能、SMS機能、データ通信が使えるSIMカード。
データSIM(SMSあり)
SMS機能、データ通信が使えるSIMカード。
データSIM(SMSなし)
データ通信のみが使えるSIMカード。

次は「通話SIM」「データSIM(SMSあり)」「データSIM(SMSなし)」のどれかを選択します。

「通話SIM」は、データ通信機能、SMS機能に加えて、電話番号を利用した音声通話にも対応したSIMカードです。利用中の電話番号をそのまま楽天モバイルへ乗り換えるときは、こちらを選びます。

「データSIM(SMSあり)」はデータ通信機能とSMS機能に対応したプランです。緊急通報、070・080・090から始まる番号での電話はできませんが、LINEやViberアプリから通話ができます(一部発信できない番号があります。LINE・Viberアプリでの発着信、通話にはデータ通信が発生します)。

「データSIM(SMSなし)」はデータ通信機能のみが使えるSIMカードなので、インターネット専用プランです。例えば2台目の予備スマホとして使うので通話機能が必要ない場合や、SIMフリータブレットで音声通話機能が使えない機種などにも活用可能です。

料金プラン(スーパーホーダイ/組み合わせプラン)


出典:楽天モバイル

SIMタイプを決めたら、次は実際のプランと高速データ通信容量コースを選択しましょう。楽天モバイルでは「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2種類を用意しています。

楽天モバイル スーパーホーダイ料金表

「スーパーホーダイ」は、通話SIMのみで選べるプランです。5分以内国内通話かけ放題がセットになっているのが特徴で、高速データ通信容量は2GB/月、6GB/月、14GB/月の3種類が選択可能です。

高速データ通信容量を使い切ったあとも「通信が混み合う時間帯以外は最大1Mbpsで使い放題」となっているので、少ない容量のプランSでも昼と夕方以外なら快適にウェブサイトの閲覧などを楽しめます。

通信が混み合う時間帯 = 12:00~13:00と18:00~19:00は最大300kbps
楽天会員/楽天ダイヤモンド会員なら1年目は割引があり安く使えるのもメリット。かけ放題込みで容量は3種類とシンプルなプランなので、簡単にプラン選びができる点もおすすめポイントです。

スーパーホーダイのココがおすすめ
国内通話5分以内かけ放題がコミコミ!
プランS/M/Lのシンプルな容量コース!
楽天会員/楽天ダイヤモンド会員ならさらにお得!

楽天モバイル 組み合わせプラン料金表

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
SIM枚数
ベーシックプラン525円645円1,250円1枚
3.1GBプラン900円1,020円1,600円1枚
5GBプラン1,450円1,570円2,150円1枚
10GBプラン2,260円2,380円2,960円1枚
20GBプラン4,050円4,170円4,750円1枚
30GBプラン5,450円5,520円6,150円1枚
ベーシックプラン高速通信容量は送受信最大200kbpsで無制限

「組み合わせプラン」は通話SIMだけでなく、データSIM(SMSあり)やデータSIM(SMSなし)でも選べるプランです。

高速データ通信の容量コースは高速通信なしのベーシックプラン~大容量の30GBプランまで全6種類と幅広く用意しており、オプションで「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル(850円/月)」も追加OK。スーパーホーダイと比較すると、自分に合わせて柔軟にプランを組めるのがメリットです。

組み合わせプランのココがおすすめ
6種類の豊富なデータ容量コース!
5分かけ放題を付けるか選べる!(通話SIMのみ)

シミュレーション結果を確認しよう!

プランが選び終わったら、あとは表示されている「シミュレーション結果」を確認しましょう。例えば「SIMのみ/保証なし/通話SIM/組み合わせプラン 3.1GBプラン」で診断してみると、月額料金は以下のようになりました。

通話SIM 3.1GBプランの診断結果

1,600円/月の基本料金で音声通話機能と3.1GBの高速通信が使えます。実際にシミュレーションをすることで、乗り換えてどれだけ安くなるか簡単にチェックできるのが良いところですね。

もし「端末+セット」を選んだ場合は、スマートフォンの代金も表示されます。

端末+SIMセットを選んだときの診断例


出典:楽天モバイル

シミュレーション結果の端末代金は一括価格で表示されますが、楽天モバイルの支払い方法をクレジットカードにしていれば全24回の分割払いで申し込みも可能です。

キャンペーンは要チェック!

シミュレーション結果では通常のキャンペーン割引金額が適用された端末代金で表示されますが、例えば専用URLからの申し込みのみで適用されるキャンペーンなどは、シミュレーション結果に反映されない可能性があります。楽天モバイルでは不定期でお得なキャンペーンが開催されていることが多いので、申し込み前に公式サイトから確認しておきましょう。

終了日未定
【Rakuten UN-LIMIT申込特典】最大20,800円相当還元
【Rakuten UN-LIMIT・オンライン限定】
オンラインからRakuten UN-LIMIT契約で3,000ポイント
さらに、事務手数料3,300円分がポイント還元
対象端末購入で最大14,500ポイント還元 詳細をチェック
公式サイトへ

オプション・サービス

料金シミュレーションで選択できるオプションは保証/補償サービスのみですが、楽天モバイルでは他にもたくさんのオプション・サービスを提供しています。必要に応じて追加することで格安SIMをもっと便利に使えるので確認しておきましょう。

楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル(850円/月)
通話SIM(組み合わせプラン)で追加できる、かけ放題オプション。指定の方法で発信すると、5分以内の国内通話は回数無制限でかけ放題。
あんしんリモートサポート(500円/月)
アドバイザーによる電話/チャットサポートが使えるオプション。
端末補償・あんしんリモートサポートパック(800円/月)
「端末補償」と「あんしんリモートサポート」がセットでお得に使えるオプション。
楽天モバイルWiFi by エコネクト(362円/月)
全国に約69,000以上あるBBモバイルポイント、Wi2 300のWiFiスポットが使えるようになるオプション。
データ復旧サービス(300円/月)
加入していると、データ復旧サービスが一律5,000円で利用できるオプション。
マカフィー モバイル セキュリティ Android版(300円/月)
Android OS端末向けのセキュリティアプリが使えるオプション。
データ復旧サービス・マカフィー® マルチ アクセスパック(500円/月)
「データ復旧サービス」と「マカフィー マルチ アクセス(マルチデバイス利用可能)」がセットになったオプション。
i-フィルター for マルチデバイス(300円/月)
有害サイトのフィルタリングや利用状況レポート、利用制限などが使えるオプション。
Rakuten パ・リーグ Special by 楽天モバイル(639円/月)
パ・リーグ公式戦全試合のLIVE配信、見逃したシーンは録画再生(見逃し配信)で見放題になるオプション。
アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン(1万1,000円/回)
専門スタッフが自宅まで訪問し、設定してくれるオプション。回数ごと料金。
楽天メール(無料)
@rakuten.jpのメールアドレスが使えるオプション。
通話関連のオプション
  • スマート留守電(290円/月・初月無料)
  • 留守番電話サービス(300円/月)
  • キャッチホンサービス(200円/月)
  • 転送電話サービス(無料)
データシェア(100円/月)
当月余った高速データ通信容量を、翌月繰り越して最大5人の楽天モバイルユーザーでシェアできるオプション。

オプションによっては、キャンペーンなどで無料期間が付いている場合もあります。

楽天モバイルの料金シュミレーションを行う!

楽天モバイルの料金シミュレーション・プラン診断を利用してみよう!

楽天モバイルの料金シミュレーション・プラン診断についてご紹介しました。順番に選択していくだけで乗り換えたあとどれくらいの月額料金になるかを簡単にチェックできるので、格安SIMへ乗り換えを検討中の方はトライしてみましょう!

楽天モバイルの料金シュミレーションを行う!

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい