1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIM・MVNO徹底比較!
 

SoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIM・MVNO徹底比較!

ss76_SIMmaster14172245_TP_V

MVNOの通信網として良く使われているのは、docomo(ドコモ)の回線です。docomo、auに続き、SoftBank(ソフトバンク)回線のMVNOも存在するのでしょうか?SoftBank(ソフトバンク)の回線を使った格安SIM・MVNOについて紹介します。

SoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIM・MVNOを徹底比較!

MVNOの通信網として良く使われているのは、docomo(ドコモ)の回線です。docomo、auに続き、SoftBank(ソフトバンク)回線のMVNOも存在するのでしょうか?SoftBank(ソフトバンク)ユーザー待望の、SoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIM・MVNOについて調べて行きましょう。

b-mobile(ビーモバイル) S 開幕SIM

bmobile-s-ついに開幕 出典:b-mobile(ビーモバイル)

日本通信が提供するb-mobile(ビーモバイル)は、SoftBank(ソフトバンク)のiPhone・iPadで利用できる「b-mobile S 開幕SIM」を2017年3月22日より提供開始しました。参入が噂されていたSoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIM・MVNOがついに実現した形です。

今回参入を発表した「b-mobile S 開幕SIM」の画期的な点は主に2点あります。

SoftBank(ソフトバンク)のiPhone、iPadをSIMロック解除せず利用可能
「b-mobile S 開幕SIM」は、SoftBank(ソフトバンク)のiPhone、iPadをSIMロック解除せず利用できる初の格安SIMです。SIMロック解除の制約(端末購入後181日以上経過する必要がある)を避けることができます。
SoftBank(ソフトバンク)回線を利用可能
「b-mobile S 開幕SIM」は、SoftBank(ソフトバンク)のLTE回線を利用できる初の格安SIMです。docomo(ドコモ)、auの回線が主に利用されるMVNOの現状を変える可能性を秘めています。

データ通信量に応じて選べる4つのプラン

月額データ量は4種類から選べます 出典:b-mobile(ビーモバイル)

「b-mobile S 開幕SIM」には、データ通信量に応じて「1GB」「3GB」「7GB」「30GB」の4つのプランが用意されています。ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広くターゲットとしているようです。

今回は、20GB、30GBの大容量プランのある「DMM mobile(DMMモバイル)」「楽天モバイル」「OCN モバイル ONE」の3つのMVNO事業者をピックアップし、プランごとに料金を比較してみました。それぞれ、音声通話なしの格安SIMを選んでいます。

プラン
b-mobile S 開幕SIM
DMM mobile
楽天モバイル
OCN モバイル ONE
1GB950円518円--
3GB1,706円918円972円1,188円
5GB-1,306円1,566円-
7GB3,218円2,008円--
20GB-4,298円4,374円4,482円
30GB5,378円-5,886円6,534円

表を見ると、「b-mobile S 開幕SIM」の小容量プランは比較的料金が高い印象です。特に、1GB、3GBプランは、「DMM mobile」「楽天モバイル」の2倍近い値段が付いていることがお分かりいただけるでしょう。

一方、30GBの大容量プランは各社の中で最も安いです。業界断トツの安さを誇っていた楽天モバイルの30GBプランに対し、真正面から勝負を挑んだ形です。非常に攻めてます。

利用前の3つの注意点

画期的な「b-mobile S 開幕SIM」ですが、利用する上の注意点が3つあります。それぞれ見ていきましょう。
テザリング不可
テザリングができません。パソコンやタブレットをテザリング利用していた場合、WiMAX(ワイマックス)の契約やWi-Fi環境下での利用などの手段を講じる必要があります。
音声通話不可
音声通話未対応のデータSIMのため、音声回線を利用するショートメッセージ(SMS)、MNPも利用できません。ただし、「日本通信b-mobile」のTwitter公式アカウントによれば、今後の音声通話対応も見据えているようです。
ターボチャージ未対応
ターボチャージ未対応のためデータ通信量の節約ができません。b-mobileには高速通信と低速通信に対応したターボチャージがありON/OFFを切り替えることでデータ通信量を節約できますが、「b-mobile S 開幕SIM」は未対応です。

今回の提供は、旧機種でもSIMロック解除なくソフトバンク回線が利用可能になるb-mobileとソフトバンクによる2017年2月1日のMVNO協議で予定されていました。接続申請や総務省への申し立てなど参入の噂が、ついに実現した形です。

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

SoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIM・MVNOに関連する記事
待望の格安SIM!SoftBank(ソフトバンク)もMVNO参入か?(2015年7月)
SoftBank(ソフトバンク)のMVNO参入をLTEバンド事情から紐解いてみる。(2015年7月)
「日本通信」b-mobileがSoftBank(ソフトバンク)格安SIMを取り扱い?(2015年8月)
日本通信b-mobileはソフトバンク使いの救世主となれるのか?(2016年3月)

U-mobile(ユーモバイル) S

出典:U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)はSoftBank(ソフトバンク)のiPhone・iPadで利用できる「U-mobile S」を2017年3月22日より提供開始しました。U-mobile(ユーモバイル)もb-mobile(ビーモバイル)と同様にSoftBank(ソフトバンク)のiPhone、iPadをSIMロック解除せず利用でき、SoftBank(ソフトバンク)回線を利用可能です。

データ通信量に応じて選べる4つのプラン

出典:U-mobile(ユーモバイル)

「U-mobile S」も、b-mobile(ビーモバイル)と同様にデータ通信量に応じて「1GB」「3GB」「7GB」「30GB」の4つのプランが用意されています。

U-mobile(ユーモバイル)もb-mobile(ビーモバイル)と同様にデザリング不可音声通話、SMSサービスの利用不可ターボチャージ未対応となっています。

U-mobile(ユーモバイル)のおすすめポイント

U-mobile(ユーモバイル)では期間限定で「U-mobile S」リリース記念キャンペーンを行なっています。となっていますので、SoftBank系MVNOを利用しようと考えている方はこの機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。

キャンペーン内容
ご契約者様の中から抽選で10名様にiTunesカード10,000円分プレゼント
キャンペーン対象
2017年3月22日~4月30日に申し込み且つ、6月1日時点でご利用継続中の方
公式サイト
U-mobile(ユーモバイル)

スマモバ

出典:スマモバ

スマモバは使い放題プランをはじめ、様々なプランを取り扱っており、自分に合わせた使い方ができる格安SIMです。 そんなスマモバでもSoftBank(ソフトバンク)系の回線を利用することができます。残念ながら、2017年3月28日現在では店頭での申し込みのみとなっています。

対応している端末は、他のMVNOと同じく、iPhone、iPadのみとなっています。ソフトバンクで発売されてきたiPhone 5以降のiPhone、iPadをSIMロック解除せずに使うことができます。

公式サイト:スマモバ

Y!mobile(ワイモバイル)

SoftBank(ソフトバンク)系のMVNOだと混同されることが多いY!mobile(ワイモバイル)ですが、実はY!mobileはMVNOではありません。ソフトバンクモバイルに吸収されたため、SoftBank(ソフトバンク)系の会社であることは間違いないのですが、通信業者であるキャリアから通信網を借りてユーザーに提供するのがMVNOに対して、Y!mobile(ワイモバイル)は自社で回線を持っている「MNO」となっています。また、通信網的にも、Y!mobile(ワイモバイル)の通信網はソフトバンクエリアで利用可能となっていますが、Y!mobile(ワイモバイル)の旧サービスであるイーモバイルやWILLCOMの通信網なども利用されていて、完全なソフトバンク系通信網とはいえないサービスになっています。

さらに、Y!mobile(ワイモバイル)ではSoftBank(ソフトバンク)の中古携帯は利用できません。Y!mobile(ワイモバイル)のSIMカードを利用するには、SIMフリー携帯を持ち込むか、端末セットを購入することが必要です。

Y!mobile(ワイモバイル)の端末セットはキャッシュバックキャンペーンなどもあり、とてもお得なスマホセットになっているので、現在SoftBank(ソフトバンク)の携帯を使っているユーザーでも、チェックする価値があるサービスでしょう。

Y!mobile
月額料金
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
スマホプランS3,218円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホベーシックプランS
(最低契約期間なし)
5,918円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホプランM4,298円3GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホベーシックプランM
(最低契約期間なし)
6,998円3GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホプランL6,458円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホベーシックプランL
(最低契約期間なし)
9,158円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データプランS
2,138円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データベーシックプランS
(最低契約期間なし)
4,298円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データプランL
3,991円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データベーシックプランL
(最低契約期間なし)
6,151円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚

Y!mobile(ワイモバイル)のおすすめポイント

  • 通話無料サービスがあるからガラケーの料金でスマホが通話し放題
  • キャンペーンが豊富で、Nexus5などのスマホセット割引がおトク
  • Yahoo!Japanとの連携サービスがある
出典:Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)では現在、スマホプラン(S/M/L)の申し込みで最大20,000円キャッシュバックするキャンペーンを実施しています。格安SIMではキャッシュバックやスマホ代金を割引きするキャンペーンが頻繁に実施されていますので、見逃さないようにしたいですね。人気のSIMフリースマホとセットで契約してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン期間
終了日未定
キャンペーン対象
スマホプランS:10,000円キャッシュバック
スマホプランM・L:20,000円キャッシュバック
公式サイト
Y!mobile(ワイモバイル)

SoftBank(ソフトバンク)ユーザーが格安SIM・MVNOを使う方法

「b-mobile S 開幕SIM」がSoftBank(ソフトバンク)回線の格安SIM・MVNOに参入した現段階では、SoftBank(ソフトバンク)ユーザーが格安SIM・MVNOを使う方法は、以下の4つです。

  • SoftBank(ソフトバンク)対応のiPhone、iPadを 「b-mobile S 開幕SIM」または「U-mobile S」に変更する
  • SIMロック解除アダプタを使って、SIMロック解除をする
  • 諦めて他の格安スマホ・SIMフリースマホを購入する
  • SIMロック解除が出来るスマホに機種変更して、SIMロック解除と2年縛りが無くなるのを待つ

これら4つの方法については、SoftBank(ソフトバンク)ユーザーが格安SIMを使うためには?で詳しく解説しています。

MVNO・格安SIMを25タイプ別に徹底比較!

月額料金がお得なSIM、LTEなどの高速通信量が多いSIM、音声通話機能付きのSIM、支払い方法が多様なSIMなど、世の中には様々な格安SIMがあります。SIMチェンジでは、MVNOが出す格安SIMカードプランについて、多様な比較軸で掲載しています。

SIMチェンジとは

格安SIM比較サイト「SIMチェンジ」では、このように複雑多岐にわたるMVNOの格安SIMカードの中から、皆さんに最適なSIMプランを選んでもらうために設立されました。

「SIMチェンジ」は、以下の4つのジャンルの記事を通して、SIMをお得にする方法を皆さまに発信しています。

また、各MVNOが出す格安SIMを様々な側面から比較したり、各MVNOの格安SIM情報や評判一覧もまとめております。

おすすめ格安SIM比較診断を試そう!

SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断は、簡単な6つの質問に答えるだけで通信料金のシミュレーションを行い、あなた自身にぴったりなSIMプランをご案内いたします。もちろん、無料でご利用いただけます。

格安SIM診断比較を試そう
おすすめ格安SIM比較診断