1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)徹底解説!速度や評判、他MVNOとの比較も
 

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)に関する記事

201件の記事があります
MVNOとして格安SIMを販売する「BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)」の料金プラン、速度や評判を他の格安SIMと比較し、最新のキャンペーン情報についてなど、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の記事をまとめています。
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)に関する記事の一覧を見る

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMプランのおすすめポイントと注意点

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)はドコモ回線を使った格安SIMです。BIGLOBEの格安SIMには、他社の格安SIMにない6GBプランがあり、月額2,000円以内では、高速通信が最大容量で利用できて、さらに頻繁に行われているキャンペーンを利用すれば、最大3カ月、プランの月額料金が無料で使えます。最大の強みは、BIGLOBE Wi-FiというWi-Fiスポットの利用が可能であるという点で、通常1ライセンス250円(税抜)のところを、ライトSプランと12ギガプランを契約の場合は無料で使うことができます。最大10ライセンスまでお申し込みが可能です。格安SIMの一番の悩みといえば、容量制限があること。速度制限がかかってしまわないように使うのがMVNOとうまく付き合うコツですが、BIGLOBE SIM(ビックローブSIM)はそのお助けマン的存在であるWifiスポットの無料提供をしてくれています。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMプラン

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安プランはとてもシンプルで、高速通信が3GB使える「3ギガプラン」(旧:エントリープラン)、6GB使える「6ギガプラン」(旧:ライトSプラン)、そして12GB使える「12ギガプラン」の3つのプランに加えて大容量プランの「20ギガプラン」・「30ギガプラン」が提供されています。BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)でのオススメは6GBの「ライトSプラン」。他社のプラン設定にはあまり見ない通信容量で、携帯キャリア契約時の最大容量である7GBと同じ程度使えるので、動画でも写真投稿でもなんでもOKです。他の大手MVNOでも同じくらいの価格の格安SIMを出していますが、ライトSプランの6GBに対して、他MVNO社の容量は5GBほどです。例えば、OCN モバイル ONEの5GBのSIMでは1,566円、IIJmio(みおふぉん)の5GBのライトスタートプランでは1,641円です。競争相手の他のMVNOと比較しても、ビックローブの増量のお得感は一歩進んでいるような印象ですね。さらに、BIGLOBE SIMのシェアSIMには最大4枚の子SIMを追加可能。家族や他の端末と容量をシェアすることができます。

※2017年2月6日付で「BIGLOBE LTE・3G」におきまして、以下2点のプラン名称が変更されています。

「ライトSプラン」
「6ギガプラン」
「エントリープラン」
「3ギガプラン」

また、格安SIM初めての方向けには「音声通話スタートプラン」があり、通信容量は1GB/月、月額1,728円で初めて格安SIMを利用する方に適したプランが用意されています。プラン設定がシンプルですので、現在スマホで使っている通信量を考えるだけで選ぶことができます。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMプラン

BIGLOBE SIM
月額料金
データSIM
月額料金
データSIM + SMS
月額料金  
音声通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
音声通話
スタートプラン
--1,512円  1GB/月
受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
1枚
3ギガプラン
(旧:エントリープラン)
972円1,101円1,728円  3GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
1枚
6ギガプラン
(旧:ライトSプラン)
1,566円1,695円2,322円  6GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚
12ギガプラン
2,916円3,045円3,672円  12GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚
20ギガプラン4,860円4,989円5,616円20GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚
30ギガプラン
7,290円7,419円8,046円30GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚

BIGLOBEでんわを利用する方におすすめなオプションとして、「 1,200円分(最大60分)の国内通話」もしくは「3分以内の国内通話が何度でもかけ放題」のどちらかを選べるオプションサービス「選べる通話オプション」(702円/月)があります。特に3分かけ放題は10分以内の通話が何度でも無料なので、音声通話をよく利用する人ほど得するシステムになっています。

もう一つおすすめしたいオプションが「エンタメフリー・オプション」です。このエンタメフリーオプションとは動画・音楽関連の対象サービスでのデータ通信量がかからなくなるサービスです。こちらのオプションを利用できるプランはライトSプランと12ギガプラン(シェアSIM含む)で、「音声通話SIMが+518円/月・SIM1枚」「データSIMが+1,058円/月・SIM1枚」です。対象サービスは以下の通りです。

  • 動画配信サービス:YouTube、AbemaTV(近日対応予定)
  • 音楽配信サービス:Google Play Music、Apple Music

外出時にもWifi環境が整えば、データ量のセーブが可能になります。無料で広範囲のWifiスポットが使えるサービスは、他のSIMと比較するとかなりの強みと言えるでしょう。BIGLOBE Wi-Fiは全国86,000カ所のアクセスポイントが利用可能です。全国のマクドナルドやスターバックスなどのカフェに加え、ファーストフード、コンビニエンスストア、東海道新幹線(東京~新大阪間)のN700系車内、鉄道の主要駅、空港等でも使うことができます。専用アプリ(無料)でBIGLOBE Wi-Fiの利用可能エリアに入ると自動で接続します。BIGLOBE会員の方はBIGLOBE Wi-Fiライセンス申し込みを行い、MACアドレスの登録、接続設定を実施してください。Wi-Fiスポットを利用する場合は、ご利用端末のMACアドレス登録やWi-Fiの接続設定が必要です。BIGLOBE会員でない方は「ベーシック」コースお申し込みを行ってからBIGLOBE Wi-Fiライセンスの申し込み、MACアドレスの登録、接続設定を実施してください。

通話に関しても、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)は強みがあります。まず、音声通話1600円!と打ち出されているように、音声付プランが低価格で提供されているのもうれしいポイント。Wifiは使えるけど基本プランが高いのでは、手を出しにくくなりますが、Wifiも使えて音声通話も使えて格安という最高のバランス感をもつ格安SIMなのです。更に、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の場合は、「BIGLOBEでんわ」というアプリを使えば通話料が半額になります。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)は、人気雑誌が160誌以上も読めるdマガジンや、国内外の映画・ドラマ・アニメ・音楽からBeeTVなど約12万作品を月額500円で見ることができるdTV、アニメの配信サービスで会員数、作品数No.1のアニメ配信サービスのdアニメストア、1,000組以上のアーティストや2,000以上の多彩な音楽プログラムが定額500円で聴き放題のdヒッツも利用可能です。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のおすすめポイント

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のおすすめポイントは多数ありますが、6GB/12GBプランの存在、無料のWiFiスポット「BIGLOBE Wi-Fi」、「オートコネクト」による通信切り替え、IP電話サービス「BIGLOBEでんわ」が特筆して挙げられます。

12ギガプランの存在。複数端末でシェアができる
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)は、格安SIMで唯一の6GBと、12GBのプランを提供しています。各主要キャリアで契約した場合、通信規制に達するデータ通信量の合計は「7GB」なので、12GBはそれを上回る数字です。 家族でBIGLOBEスマホ、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)を利用すると、月々の費用をぐっと節約できます。

「12ギガプラン」か「ライトSプラン」を申し込み後に、「シェアSIM」を追加すると、ご家族でデータ通信量を分け合うことができます。ライトSプランでは最大2枚、12ギガプランでは最大4枚のシェアSIMを追加することができます。シェアSIM(SMS:320円/月)、シェアSIM(音声:900円/月)、シェアSIM(データ:200円/月)の種類があり、用途別に選択できる他、6歳以上の未成年の方もシェアSIMの利用者とすることが可能です。

シェアSIMは1枚追加する毎に、追加手数料が3,000円(税別)かかることを覚えておいてください。また主なSIMがデータSIMの場合はシェアSIM(音声)を追加することが不可能です。シェアSIM(音声)はSIM毎に最低利用期間が存在しており、サービス開始月の翌月を1カ月目と計測して12カ月目までにシェアSIMを削除すると削除したシェアSIM毎に音声通話サービス契約解除料として8,000円(税別)がかかってきます。主SIMとシェアSIMを同時に申し込むとシェアSIM自体は契約者本人の名義になるのでご確認ください。

BIGLOBE Wi-FiでWi-Fiスポットが無料(ライトS、12ギガプラン)
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のライトSプランと12ギガプランでは、BIGLOBE Wi-Fiの利用1ライセンスは無料になり、カフェやコンビニ、主要な駅・空港など全国80,000カ所のWi-Fiスポットが利用できます。
Android向けアプリ「オートコネクト」を使うと、LTEと3G通信とWi-Fi通信を自動で切り替え可能
オートコネクトとは、自宅や外出先などのエリアに応じた通信方法(モバイルデータ通信とWi-Fi通信)を自動で切り替えるアプリです。外出先で利用可能な「BIGLOBE Wi-Fi」の登録、設定が簡単にできます。通信の接続・切断を制御することで、端末のバッテリー消費を抑えることが可能です。
「BIGLOBEでんわ」で国内通話料が従来の半額
「BIGLOBEでんわ」は、スマホからの国内通話料が半額になります。BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の音声通話SIMを利用しているスマートフォンで「BIGLOBEでんわ」専用アプリをダウンロードして、アプリを利用すれば、月額基本料が無料で利用可能です。アプリを使って電話をかけると、国内通話は30秒10円、国際通話は30秒20円になります。
BIGLOBEの既存ユーザーなら月額200円割引
有名プロバイダだけあって、すでに利用しているユーザーも多いのではないでしょうか?すでにユーザーの場合月額200円(税抜)割引になります。もし光やADSLでBIGLOBEと契約済みなら、SIMもこのMVNOで決まりですね。
マカフィー・モバイルセキュリティーが1年無料
音声通話などのプラン関係なく、セキュリティーサービスが最長12カ月無料で利用できます。マカフィーのモバイルセキュリティなので、ウイルスや不正アプリの検出、盗難・紛失・データ消失にも対応してくれて、始めて格安SIMを使う人の不安も解消してくれること間違いなしです。
「あんしんスマホセット」や「おまかせスマホセット」で初心者も安心
端末セットのSIMが用意されているので、初めての方はそのセットを活用するのが安心かつ手軽かもしれません。SIMをどの端末に合わせたらいいか、白ロムはどこに売っているかなど調べる手間が省けます。スマホ端末としても評価は高く、安さもなかなかのもの。格安スマホがすぐに手に入ります。「あんしんスマホセット」や「おまかせセット」には、スマホ故障時に交換してくれる「端末あんしんサービス」やスマホの設定を助けてくれる「BIGLOBEスマホ遠隔サポート」などのサービスも付帯しています。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)で注意したい事

おすすめのBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)ですが、少々注意が必要な点があります。

音声通話スタートプランとエントリープランは帯域制限あり
直近3日間の通信量の合計が制限容量に達すると回線速度が落ちます。1GBのプラン(音声通話スタートプラン)ですと200MBで、3GBのプラン(エントリープラン)だと600MBに到達した場合、通信速度が制限される場合があります。
音声通話機能付きプランは最低利用期間あり
音声通話プランは、最低利用期間としてサービス開始月からサービス開始月の翌月を1カ月目として、12カ月目まで利用する必要があります。最低利用期間内にBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)を解約するか音声通話サービスの利用をやめた場合、音声通話サービス契約解除料がかかります。音声通話サービス契約解除料は8,640円(税込)です。
高速通信と低速通信の切り替え機能がない
高速通信と低速通信の切り替え機能が無く、高速データ通信容量を節約するのがやや難しいです。ただし、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)はWi-Fiスポットを利用できるので、Wi-Fiを利用することで、高速データ通信容量を節約できるメリットがあります。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMプランとその特徴を学んだところで、実効速度の評価・評判や、似たような格安SIMプランを出している他MVNOとの比較を行ってみましょう。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の速度などの評価・評判

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMは一見すると、他MVNOの格安SIMと変わらず利点が少ないように見えてしまいますが、実はWi-Fiスポットが追加料金なし使えるところに人気があります。Wi-Fiスポットがない場合、大きなファイルのダウンロードには時間、契約通信容量を消費してしまいます。家庭に固定インターネットがあれば良いのですが今ではスマホのインターネット環境しか持っていないという方もいます。その場合にWi-Fiスポットを利用する事でダウンロード時間と契約通信容量の節約ができます。
また、iPhone等ではWi-Fi時のみクラウドバックアップをするようになっていたりしますので、Wi-Fiスポットが追加料金なし使えることはバックアップ時にも非常に便利です。そして、格安SIMを使う上で重要なポイントなのですが、格安SIMをスマホで使えるようにする初期設定にもWi-Fiは必ず必要になります。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMなら、家庭にWi-Fiがなくても「BBモバイルポイント」Wi-Fiスポットで初期設定が可能になります。家庭にインターネットがなくても契約後に届く書類に「BBモバイルポイント」で使えるIDとパスワード が記載されているので「BBモバイルポイント」に行けば初期設定できるのです。

もう一つの人気は、他社格安SIMのプラン設定にはない6GBの通信容量。月毎の通信料金が1,566円〜と安いうえに業界内の高速通信で最大容量。携帯キャリア契約時7GBと同じ程度使える容量でも2,000円以内で利用できるところが魅力です。家庭にインターネットがない方、使用容量が多い方に絶対オススメの格安SIMはBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)です。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

BIGLOBE SIMを他MVNOの格安SIMと比較してみると、特筆すべき点が浮かび上がってきます。

格安SIMで唯一の6GBプラン
BIGLOBEにある6GBプランは他社にはなかなか見られないプランです。6GBは動画や画像のアップロードもどんどんできてしまうほどの容量です。さらに3日間の利用容量制限等も無く使えるプランなのです。料金も約1500円と決して高くはありません。6GBに近いところですと、5GBでDMM mobileのプランが月々1,306円で提供しています。IIJmioが5GBで1,641円、OCN モバイル ONEも5GBで1,566円、楽天モバイルも5GBで1,566円、DTI SIMが1,317円になります。U-mobileにいたってはデータ専用 5GBが1,598円、通話プラスについては2,138円になります。
月額2000円以内で高速通信最大容量
格安SIMを契約する場合、「通信費用を月額2000円以内」が多くの人の1つのボーダーラインになっていると思います。月額2,000円以内という枠内ではこのBIGLOBE 6GBプランが全格安SIMの中で一番容量の多いプランになっています。一方、OCNモバイルONEには15GBプランがありますが、OCNモバイルONEの場合は500Kbpsの低速通信になっています。高速通信で2000円以内が予算と考えるとBIGLOBE6GBプランが最大容量になります。
最大2カ月間、料金がお得なキャンペーン
現在BIGLOBE SIMでは6GBプランのキャンペーンを行っています。申し込み後2ヶ月間は6GBのライトSプランが900円〜で使えます。2ヶ月分お得になるので、合計1,210円分お得になります。6GBプランであれば直近3日間の制限もなく使えますのでキャンペーンがあるうちに契約するといいでしょう。他社のキャンペーンでは、6GBに近い5GBなどのキャンペーンはやっていないようです。楽天モバイルが「ZenFone 2 Laser (8GBモデル)+SIMカードを申し込みで、SDメモリーカード(16GB)をプレゼント」であったり、「honor6 Plus+SIMカードを申し込みで、honor6 Plus用 純正レザースマートカバープレゼント」という商品のプレゼントキャンペーンは頻繁に行われているようです。
追加料金なしで使えるWi-Fiスポット
BIGLOBE SIMの一番の目玉はWi-Fiスポットサービスが無料で使えることでしょう。全国のマクドナルドやコーヒーショップ、新幹線でも利用が可能です。Wi-Fiを使うと高速通信ができ、且つ月間通信容量を消費せずに済みます。Wi-Fiではいくらでも通信をしても構いません。動画を見ても大量のファイルをダウンロードしても問題ありません。
スマホではアプリのダウンロードもたくさんの通信を使う場合がありますが、Wi-Fiを活用すれば月間通信容量をかなり節約できます。そのWi-Fiスポットを無料で使えてしまいます。他社格安SIMにはない大きな利点と言えるでしょう。OCN モバイル ONEが「Wi-Fiスポット 期間限定トライアルサービス」を実施していますが、2016年3月31日までが無料トライアル受付期間のようです。
NifMoもBIGLOBE SIMと近い形態でサービスを提供しております。BBモバイルポイントというものがあり、追加料金が無しで使用することが可能です。アプリも用意しており、「NifMoコネクト」を使うと、Wi-Fi使える場所では自動的にWi-Fi接続を行ってくれます。
専用アプリを使って電話をかければ、誰とでも通話料が半額
BIGLOBE SIMには「BIGLOBEでんわ」があります。専用のアプリを使って電話をすると通常20円/30秒の通話料金が10円/30秒と、半額になります。格安SIMにはかけ放題のような通話定額サービスがないため、BIGLOBEでんわを積極的に利用して通信コストを抑えましょう。
上位プランなら直近3日間による通信制限が無い
BIGLOBE SIMでは通信プランが4つほどありますが、上位の6GBプラン、12GBプランには直近3日間の利用容量制限がありません。直近3日間の利用容量制限とは、大手携帯キャリアから引き継がれて格安SIMにも適用されている制限です。それは3日間の通信量が一定の基準に達すると通信速度を制限し200Kbps以下になってしまう制限です。

この直近3日間の利用容量制限を適用する格安SIMも多いのですが、BIGLOBE SIMの中で6GBプラン、12GBプランに対しては直近3日間の利用容量制限を設けておらず、契約通信容量を毎日存分に使うことが可能になっています。
競合の筆頭としては、U-mobileが提供する「LTE使い放題」「LTE使い放題2」は、高速通信を通信量が上限なく利用が可能。ぷららモバイルLTEも「定額無制限プラン」を提供しているが、最大通信速度3MbpsでU-mobileの150Mbpsと比較すると差があります。b-mobileも定額プランを用意しており、「b-mobile SIM 高速定額」は通信のみで月額2,138円(税込)。U-mobileのデータ専用 LTE使い放題が2,678円(税込)なので値段としてはかなりお得感があります。

マカフィー・モバイルセキュリティ for BIGLOBEが1年間無料
Androidユーザーはスマホのセキュリティにも気を使っている方が多いのですが、BIGLOBE SIMではセキュリティソフトを1年間無料提供しています。 プライバシー保護に一番気を遣うスマホにセキュリティの中でも有名なマカフィーセキュリティを無料で使えるのは大きいメリットになります。あらゆるセキュリティソフトがありますが、マカフィーのようなしっかりしたセキュリティソフトを使うようにしましょう。
基本通信容量繰り越しサービス
BIGLOBE SIMでは基本通信容量繰り越しサービスがあります。余ってしまった通信容量を次の月に繰り越して使うことができます。せっかくお金を払って購入した通信容量を無駄にすることなく使えるのです。
容量の追加は100円からのワンコインチャージでお手軽
月間通信容量を使いすぎてしまい残量0になった場合はどうしましょう。残量0になった場合通信速度が最大200Kbps以下になってしまいます。そのままでも使えないことはないのですが、動画は見れません。写真を送ったり、貰ったりもできません。つまり制限した使い方をしないといけなくなります。
しかしBIGLOBE SIMでは残量0になった後も追加で通信容量を購入することが可能になっています。100円からのワンコインチャージが可能で300MB/100円から購入できます。300MBあれば写真のアップロードやダウンロードをしても数日は足りるでしょう。Youtubeを見ても20分くらいは見ることができるでしょう。足りなくなっても1日100円程度の課金であれば大したことはありません。BIGLOBE SIMではリーズナブルに容量追加ができるのです。
最新端末とのセット購入で月々の費用がお得になる
BIGLOBEでは最新の格安スマホをセットで購入することができます。格安スマホはドコモやauなどの携帯キャリアでは取り扱っていないスマホもあります。見慣れないメーカーの物もありますが、実は非常に人気の高いスマホを扱っています。しかも、携帯キャリアで購入するような高額ではなくとても安い価格になっています。格安スマホと格安SIMを合わせればきっとみなさんの財布も納得の価格になるでしょう。
光とセットでさらにお得
BIGLOBE SIMを契約するとBIGLOBEメールが付与されます。これは必ず自動でついてくるサービスなのですが、実は200円課金されています。各プランの料金にすでに含まれています。 しかし、BIGLOBEの固定インターネットを利用すると、この200円が必要なくなります。900円のプランを申し込みしている方であれば毎月200円やすくなります。BIGLOBE SIMを使う場合はBIGLOBE固定インターネットも申し込みしてもっと通信費を安くしましょう。
NTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適にご利用
BIGLOBE SIMはNTT docomoの電波を使っています。なので、全国のNTT docomoのXi FOMAエリアに対応しており、安定した通信、安定した広いエリアでご利用いただけます。
BIGLOBE LTEとOCNモバイルONEとmineoの比較
BIGLOBE LTEは、OCNモバイルONEとよく比較されます。そこに、mineoのデータ高速プラン(3GB)も加えて比較してみました。BIGLOBE LTEとOCNモバイルONEを比較した時にそれぞれの項目で非常に近い数字になっています。ただ、BIGLOBE LTEではボリュームチャージが324円/100MBで、OCNモバイルの方はありません。mineoと比較した時には、BIGLOBE LTEとOCNモバイルONEでは、通信速度を比較すると、mineoが下り最大 75Mbps 上り最大25Mbpsに対して、BIGLOBE LTEとOCNモバイルONEは下り最大262.5Mbps 上り最大50Mbpsと大きく差があります。
BIGLOBE(ビッグローブ)は2017年1月末よりKDDIグループになる
2016年12月8日にKDDIが、BIGLOBE(ビッグローブ)の全株式を買収し、2017年1月末に完全子会社化することを発表しています。BIGLOBE(ビッグローブ)のMVNOサービスはKDDI系列のUQコミュニケーションズの回線を扱っていますが、主に扱っているのはNTTドコモの回線です。BIGLOBE(ビッグローブ)の光回線は、KDDIの「auひかり」も扱っていますが、NTT東西の「フレッツ光」が主力です。今回の買収により、今後KDDI関連の回線が増える可能性はあります。BIGLOBE(ビッグローブ)の固定ISP会員に向け、auスマホとのセット割なども検討しているとのことで、KDDI関連サービスとの連携拡大が考えられるのではないでしょうか。
BIGLOBE(ビッグローブ)のポイントサービス「Gポイント」
格安SIMを含むBIGLOBE(ビッグローブ)の接続サービスをご利用の方には毎月ポイントがたまります。ポイントをためる方法としては、お申し込み後にポイント利用開始の手続きが必要ですが、たまったポイントはBIGLOBE(ビッグローブ)利用料金への支払いや航空マイル・電子マネーへの交換が可能です。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM) SIMプラン比較

サービス名
BIGLOBE SIM
OCNモバイルONE
mineo(シングルタイプ3GBプラン)
料金(税込) 972円/月 972円/月 972円/月
通信速度 下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps 下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps 下り最大 225Mbps/上り最大 au 4G LTE相当25Mbps、ドコモ Xi(クロッシィ)相当50Mbps、ドコモ FOMA相当5.7Mbps
データ通信制限3GB/月110MB/日3GB/月
制限時通信速度200kbps200kbps200kbps
ターボ機能なしありなし
Wi-FiスポットYahoo!BBモバイルポイントが無料利用可トライアル無料期間中なし
ボリュームチャージ324円/100MBなし162円/100MB
SMSオプション あり(120円)あり(120円)付帯
SMS利用料3円/1通(毎月5通まで無料)3円/1通(毎月5通まで無料)3.24~32.4円/1通(税込):受信無料
データ容量の繰り越し翌月まで繰り越し可翌月まで繰り越し可翌月まで繰り越し可
対応SIM標準SIM・マイクロSIM・ナノSIM標準SIM・マイクロSIM・ナノSIM標準SIM・マイクロSIM・ナノSIM

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)でiPhoneを使うなら知っておきたいこと

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)との契約を検討中の方で、iPhoneをお使いの方、もしくはiPhoneを使おうと思っている方は多いのではないでしょうか。BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)であれば、SIMフリー端末はもちろんのこと、docomoで契約したiPhoneなら、そのまま利用できることもメリットとして挙げられます。ここでは、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)でiPhoneを使うときに知っておきたいことを紹介します。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)で契約するためには、どのiPhoneを使うべきか

まずは、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)で契約するためには、どのiPhoneを購入するのが良いのでしょうか。実はBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)ではiPhoneと格安SIMのセット購入ができる数少ないMVNOです。購入できるのはiPhone SEとiPhone 6、iPhone 6 Plusの16GBモデルです。海外版新品またはメーカー整備品ということで日本版新品のiPhoneではないのですが、基本的な利用においてはまったく支障なく使うことができます。また、1月限定特典として216円/月の割引を受けることが可能です。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)で購入できるiPhone一覧
  • iPhone SE(16GB)
  • iPhone 6(16GB)
  • iPhone 6 Plus(16GB)

iPhone SE(16GB)


iPhone SE 16GB
iPhone SEは4インチサイズのiPhoneで、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)では海外版新品またはメーカー整備品のiPhone SE 16GBモデルを取り扱っています。
こちらのスマホはアシストパック利用で2,246円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。なお1月申し込み特典として24か月間200円の割引(値引き後⇒2,030円/月)を受けることができます。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
Apple
端末分割支払金
2,246円
支払期間
24か月
CPU
A9
画面サイズ
4インチ 1136×640

iPhone 6(16GB)


iPhone 6 16GB
iPhone 6は4.7インチサイズのiPhoneで、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)では海外版新品またはメーカー整備品のiPhone 6 16GBモデルを取り扱っています。
こちらのスマホはアシストパック利用で2,916円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。なお1月申し込み特典として24か月間200円の割引(値引き後⇒2,700円/月)を受けることができます。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
Apple
端末分割支払金
2,916円
支払期間
24か月
CPU
A8
画面サイズ
4.7インチ 1334×750

iPhone 6 Plus(16GB)


iPhone 6 Plus 16GB
iPhone 6 Plusは5.5インチサイズのiPhoneで、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)では海外版新品またはメーカー整備品のiPhone 6 Plus 16GBモデルを取り扱っています。
こちらのスマホはアシストパック利用で2,916円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。なお1月申し込み特典として24か月間200円の割引(値引き後⇒2,700円/月)を受けることができます。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
Apple
端末分割支払金
2,916円
支払期間
24か月
CPU
A8
画面サイズ
5.5インチ 1920×1080

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMで利用可能なiPhone一覧

最後にBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の格安SIMで利用できるiPhoneについて見ていきましょう。以下で紹介する機種はBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)が動作確認済み端末としてホームページ上で公式に発表している機種になります。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の動作確認済み端末(iPhoneシリーズ)
  • iPhone 6 Plus(BIGLOBE販売版)
  • iPhone 6(BIGLOBE販売版)
  • iPhone SE(BIGLOBE販売版)
  • iPhone SE(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 7(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 7 Plus(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6s(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6s Plus(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6 Plus(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 6 Plus(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 5s(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 5c(ドコモ販売版・SIMフリー版)
  • iPhone 5(SIMフリー版)
  • iPhone 4s(SIMフリー版)

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)で買えるおすすめの格安スマホ

BIGLOBE SIMとのセットで売られている格安スマホの中から、おすすめの格安スマホを紹介します。

HUAWEI nova


HUAWEI nova
HUAWEI novaは発表されたばかりの新作5.0インチスマホ。3GBメモリとmicro USB type Cを入出力端子に搭載したハイエンドモデルです。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,696円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。またクーポン利用で6か月間500円の割引を受けることが可能です。
※ローズゴールドは2月27日9時より受付開始予定です。
公式サイト:BIGLOBE SIM>

メーカー
HUAWEI
端末分割支払金
1,696円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 625 オクタコア
画面サイズ
約5.0インチ, IPS液晶ディスプレイ

HUAWEI nova lite


HUAWEI nova liteは5.2インチスマホでOSはAndroid™ 7.0を標準搭載、幅広い世代でも扱いやすそうな高コスパモデルです。
こちらのスマホはアシストパック利用で939円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。またクーポン利用で6か月間500円の割引を受けることが可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
HUAWEI
端末分割支払金
939円
支払期間
24か月
CPU
HUAWEI Kirin 655 オクタコア
画面サイズ
約5.2インチ, IPS液晶ディスプレイ

ZenFone 3 Max


ZenFone 3 Max
ZenFone 3 Maxは大容量4,100バッテリーを搭載しリバースチャージにも対応した5.2インチスマホ。クアッドコアCPUなど、前モデルであるZenfone Maxよりもスペックをパワーアップさせています。
こちらのスマホはアシストパック利用で885円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。またクーポン利用で6か月間500円の割引を受けることが可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM>

メーカー
ASUS
端末分割支払金
885円
支払期間
24か月
CPU
MediaTek MT6737M 1.25GHz(クアッドコア)
画面サイズ
約5.2インチ IPS液晶ディスプレイ

ZenFone 3 Laser


ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laserは大容量4GBメモリを搭載した高コスパ5.5インチスマホ。オクタコアCPUも相まって、非常にサクサクした操作感を実現してくれます。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,242円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。またクーポン利用で6か月間500円の割引を受けることが可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
ASUS
端末分割支払金
1,242円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 430 1.4GHz (オクタコア)
画面サイズ
約5.5インチ IPS液晶ディスプレイ

AQUOS SH-M04


AQUOS SH-M04
AQUOS SH-M04は、高画質、長寿命で安心のAQUOSスマホ。防水・防塵にも対応しているあたりは流石の国産スマホ「SHARP」です。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,490円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。またクーポン利用で6か月間500円の割引を受けることが可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
SHARP
端末分割支払金
1,490円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 430 1.4GHz + 1.1GHz(オクタコア)
画面サイズ
約5.0インチ IGZO

ZenFone 3


ZenFone(TM) 3
ZenFone 3は1,600万画素のカメラや指紋認証センサーを搭載した高スペックモデル。デュアルSIMにも対応しているので格安SIMとの相性はかなり良いです。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,782円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
ASUS
端末分割支払金
1,782円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 625 2GHz(オクタコア)
画面サイズ
5.2インチ フルHD (1,920×1,080)

arrows M03


arrows M03
arrows M03は防水・防塵・耐衝撃の国産ハイスペックスマホ、ワンセグやオサイフケータイにも対応しているあたりはさすが富士通といった感じですね。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,609円/月で格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
富士通
端末分割支払金
1,609円
支払期間
24か月
CPU
MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
画面サイズ
約5.0インチHD IPS液晶(720×1,280)

Moto G4 Plus


Moto G4 Plus
Moto G4 Plusは大容量3GBの内蔵メモリを搭載しているため画像やサイトをサクサク表示でき、デュアルSIMデュアルスタンバイにも対応した高性能の5.5インチスマホ。また指紋認証センサーも搭載しているためセキュリティーも安心なハイスペックスマホです。
こちらのスマホはアシストパック利用で1,609円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
公式サイト:BIGLOBE SIM

メーカー
Motorola
端末分割支払金
1,609円
支払期間
24か月
CPU
クアルコム Snapdragon™ 617 1.5GHz(オクタコア)
画面サイズ
約5.5インチ

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のキャンペーン

BIGLOBE SIMでは現在以下のキャンペーンを実施中です。BIGLOBE SIMの格安SIMの契約を検討されている方は、このキャンペーン期間を逃さずに契約することをおすすめします。

対象スマホで使える合計3,000円分値引きクーポン
キャンペーン内容
対象のスマホを3,000円分値引きするクーポンを配布
キャンペーン期間
2017年2月21日~2017年4月2日まで
キャンペーン対象
対象スマホ(ZenFone3 Max、nova、nova lite)を音声通話SIM 6ギガプラン以上のプランで申し込みした方
BIGLOBE SIM 6カ月値引き特典(SIMのみ)
キャンペーン内容
特典期間中に対象プランを新規申し込みで、プラン月額料金から600円/月×6カ月間、値引き。
キャンペーン期間
2017年2月1日~2017年2月28日
キャンペーン対象プラン
音声通話SIMのライトSプラン・12ギガプラン
BIGLOBE SIM セキュリティ対策ソフト同時申し込みで600円合計値引き
キャンペーン内容
セキュリティ対策ソフト「セキュリティセット・プレミアム」同時お申込みで、合計600円値引き。
キャンペーン期間
2017年2月1日~2017年2月28日
キャンペーン対象
「セキュリティセット・プレミアム」同時お申込み

公式サイト:BIGLOBE SIM