1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルのSIMでテザリングできるスマホとできないスマホ

楽天モバイルのSIMでテザリングできるスマホとできないスマホ

更新日:2019.07.16

楽天モバイルでテザリング機能を使うための知識をまとめました!楽天モバイルでテザリングは可能なのでしょうか?楽天モバイルでテザリングできないのはどんなときか、テザリングするならどんな機種がいいのか、テザリング利用の注意点やコツをまとめてご紹介しています。

楽天モバイルでテザリング機能を使うための知識をまとめました!格安SIMと格安スマホでテザリングして動画やアプリを楽しみたいという方は多いと思います。楽天モバイルはテザリング機能を使いたい人におすすめしたいMVNOです。テザリングにおすすめの端末や、使用時の注意点など、楽天モバイルでテザリングをするときに参考になるポイントをご紹介します。

楽天モバイルでテザリング機能を使おう

楽天モバイルでテザリングするための基礎知識をまず押さえておきましょう。まずは楽天モバイルでテザリングが使えるのか、テザリング機能でどんなことができるのかについて説明します。

楽天モバイルでもテザリングは使えるの?

楽天モバイルは、Wi-Fi及びテザリングのいずれもご利用いただけます。
ただし、ご利用される機種によってはテザリング機能がご利用いただけない場合がございます。
NTTドコモ端末ではテザリングはご利用できませんのでご注意ください。

出典:楽天モバイル 公式サイト

楽天モバイルでテザリングは利用可能です。キャリアではテザリングするために別途料金が必要な場合もありますが、格安SIMである楽天モバイルではテザリングは無料で利用することができます。プランも格安なのにテザリングも無料で利用できるわけですから、楽天モバイルは本当にお得感がありますね。

ただし、機種によってはテザリングできない場合もあります。機種の詳細は公式サイトの動作確認端末一覧を見るといいでしょう。特に、10月から提供開始されたau回線ではiPhoneでのテザリングが利用できません。テザリング対応と書かれている機種であっても、au回線についてはテザリングの利用ができないことがありますので注意しましょう。

公式サイト:楽天モバイル 動作確認済み端末

テザリングとは?

テザリングとは、スマホが接続するインターネット通信を他のパソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機などに分けられる機能のことです。

例えば、テザリング対応の格安スマホを持っていれば、この格安スマホを経由してインターネットに接続していないパソコンやタブレットを接続することができます。WiFiルーターや無線LANのような使い方ができるため、外で仕事をしている方などは重宝します。

近年、格安スマホでもテザリング対応機種が増えてきました。以前はWiFiルーターなどに格安SIMを差し込んで使用する例が多かったのですが、WiFiルーターは通信機能しかありません。格安スマホであれば他の機能も使うことができますね。また、持ち運びやすさという点でもルーター代わりに格安スマホを使用するほうがメリットがあり、格安スマホでテザリングを利用したい人が増えています。

ここからはテザリングの3つの接続方法について説明していきます。

WiFiテザリングについて

WiFiテザリングとは無線LANの通信でテザリングする方法です。親機となる格安スマホを近くに置いておけば、ケーブルなどをつなぐ必要がなく簡単に接続できます。無線で簡単に接続ができて速度もそこそこ出ますが、親機のバッテリー消費が大きいというデメリットがあります。

Bluetoothテザリングについて

Bluetoothテザリングとは端末同士をBluetoothでペアリングしてテザリングする方法です。BluetoothはWiFiテザリングと比べるとバッテリーの消費は抑えられますが、速度が遅い、親機との距離がWiFiよりも近い必要があるなどの違いがあります。

USBテザリングについて

USBテザリングとはスマホとUSB端子がある端末をUSBケーブルでつないでテザリングする方法です。つなぎたい端末にUSB端子が必要なことや、USBケーブルが必要なこと、テザリングを行うときにケーブルでつないだ状態である必要があるため邪魔になることがあるものの、安定した速度が出やすいという特徴があります。

楽天モバイルでテザリングできるスマホとできないスマホ

楽天モバイルにはテザリングできるスマホとできないスマホがあります。機種自体がテザリングに対応しているかどうかはもちろんですが、docomo回線とau回線でテザリングの対応や動作確認の状況も違います。ここでは、楽天モバイルでテザリングをするときに注意すべきスマホと格安SIMの回線の組み合わせを紹介します。

楽天モバイルのテザリングはdocomo(ドコモ)のスマホでもできるの?

楽天モバイルのdocomo回線を利用するならば、docomoのスマホはSIMロック解除なしでそのまま使えます。docomoからの乗り換えでdocomoのスマホをそのまま使いたい人も多いでしょう。しかし、この組み合わせではテザリングができない場合があります。
公式サイトにも「NTT docomoの端末でiモード、iモードメール、iアプリ、テザリングなどの機能はご利用頂けません。」と記載があります。機種にテザリング機能が備わっていても、楽天モバイルのdocomo回線でテザリングが使えないdocomo端末が数多くあります。

テザリングが使えるスマホ、使えないスマホの違いは内部のプログラムの設定にあります。スマホからインターネットに接続するためにはAPN設定という接続先の設定が必要です。楽天モバイルの格安SIMを利用する場合は楽天モバイルのAPNを設定します。
docomoの少し古い機種では、テザリングをONにするとこのAPN設定の情報を無視してdocomoへ接続しようとしてしまいます。しかし、契約しているのはdocomoではなく楽天モバイルですので、当然接続はできないというわけ。これは楽天モバイルだけでなく、docomo回線の格安SIMであれば他社でも同様に起こっている問題です。

au回線の格安SIMとdocomoのスマホであればこの問題は起こりませんが、利用するためにスマホのSIMロック解除が必要です。また、通信方式などが対応していないとテザリングだけではなく通信自体ができないことも。そのため、同じ回線でしか動作確認が取られていないことが多いので、docomoのスマホとau回線の組み合わせはあんまりおすすめできません。

ここ3年ほどの間に発売された機種ではdocomoのスマホでもdocomo回線の格安SIMでのテザリングができる機種が増えてきました。楽天モバイルのSIMでテザリングができるかどうかの調査結果は公式サイトで公表されていますので、docomoのスマホでテザリングをしたいなら公式サイトの動作確認済み端末のページを確認しておきましょう。

動作確認済み端末一覧を見ると、右から3列目のテザリングに関しての表記の一部が×になっています。こちらはテザリングできない機種です。逆に「USB/WiFi」や「WiFi」などと記載があれば、その方法でテザリングが出来ることになります。すべての端末が確認されているわけではありませんが主な機種が揃っているので、利用する前にテザリングが利用可能かどうかチェックしておくといいでしょう。

楽天モバイルのテザリングはiPhoneでもできるの?

楽天モバイルではdocomo回線とau回線の格安SIMが提供されていますが、iPhoneでのテザリングができるのはdocomo回線の格安SIMのみです。

au回線の格安SIMでは、たとえauで購入したiPhoneであってもテザリングの利用はできません。iPhoneでテザリングをしたい場合はdocomo回線を契約しましょう。

楽天モバイルとiPhoneでテザリングする方法

楽天モバイルのdocomo回線の格安SIMとiPhoneの組み合わせであればテザリングができます。au回線ではiPhoneでのテザリングを利用できないので注意してください。

では、ここからは楽天モバイルのdocomo回線とiPhoneでテザリングする方法を説明していきます。

方法1.WiFiテザリング

  1. iPhoneの「設定」から「インターネット共有」を開く
  2. 「インターネット共有」をONにする
    WiFiがオフになっている場合はオンにしておきます。
  3. 接続するパソコンやゲーム機などのWiFi設定やネットワーク設定を開く
  4. 接続先としてiPhoneのネットワーク名を選択する
  5. パスワードを入力する
    パスワードはiPhoneの「インターネット共有」画面で確認・変更できます。
  6. iPhoneの画面上に「インターネット共有接続中」のマークが出たら、接続完了

方法2.Bluetoothテザリング

  1. iPhoneの「設定」を開き「Bluetooth」を開く
  2. 「Bluetooth」がONになっているか確認、なっていなければONにする
  3. Bluetooth設定画面で新しい接続を許可する
  4. 接続するパソコンなどの端末のネットワーク設定や周辺機器の設定画面からBluetooth機器を追加する設定を開く
  5. 接続する端末でiPhoneを選択する
  6. 「Bluetoothペアリングの要求」のメッセージiPhoneに表示、接続する端末にも同様にペアリングの画面が表示されるので表示に従って設定する
    3〜5のペアリングの設定は初回の接続時のみ必要な操作です。
  7. iPhoneで「インターネット共有」機能をオンにする
  8. iPhoneの画面上に「インターネット共有接続中」のマークが出たら、接続完了

方法3.USBテザリング

USBテザリングの接続方法は簡単です。iPhoneの設定からインターネット共有をONにし、接続したい端末をUSB-Lightningケーブルで接続、ネットワーク設定などでiPhoneを選択するだけです。

楽天モバイルでテザリングできるおすすめ端末

これから楽天モバイルでスマホを購入したい人向けにテザリングが可能なおすすめスマホをいくつか取り上げてみたいと思います。

テザリングは電池消耗を伴うので、バッテリー容量の大きなものがおすすめ。楽天モバイルでセット端末として購入できる、バッテリー容量の大きめの端末から選んでみました。もちろんテザリングという機能以外でもいろんなシーンで使用できる高性能な端末ばかりです。

おすすめ機種
Reno 10x Zoom
HUAWEI Mate 20 Pro
HTC U12+

2019年7月現在の情報です。記事をご覧になるタイミングによっては、販売終了・価格改定となっている場合がございます。最新端末は公式サイトにてご確認ください。

2019.9.12 9:59まで
LUCKY SUMMER SALE!夏のスマホ割キャンペーン
人気の14機種が今だけの特別価格で販売中!
ラインアップ:AQUOS sense2 SH-M08、ZenFone 5、AX7など
★さらに、au回線を新規契約した方は事務手数料3,679円が無料になるキャンペーンも!(9/30まで)
詳細をチェック
公式サイトへ

Reno 10x Zoom


出典:楽天モバイル

特長
4,065mAhの大容量バッテリー
約4,800万画素の超高解像度カメラ
高速充電システムのVOOC 3.0
バッテリー容量
4,065mAh

まず、紹介するのは格安スマホのOPPOから2019年7月に発売されたReno 10x Zoomです。4,065mAhの大容量バッテリーに加え、高速充電システムVOOC 3.0搭載。また、冷却システムが採用されているので充電しながら使っても熱くなりすぎません。
さらにこの端末ではスマホのカメラとは思えない、常識をを覆す鮮明な写真が撮れるトリプルカメラも大きな魅力です。

クアルコムSnapdragon 855プロセッサ、さらに8GM RAMを搭載で、最新のゲームもブラウジングもサクサクと操作できます。

HUAWEI Mate 20 Pro


出典:楽天モバイル

特長
AI専用プロセッサーとKirin980でいつでも快適操作
4,200mAhバッテリーと超急速充電
フルビューディスプレイと防塵・防水ボディ
バッテリー容量
4,200mAh

格安SIMフリースマホの代表選手「HUAWEI Mate」シリーズの「HUAWEI Mate 20 Pro」には最新の「Kirin980 オクタコアCPU」、メモリ6GB、ストレージ128GB搭載で圧倒的なパフォーマンス・買ったばかりのサクサク感が持続する高性能スマホです。高速処理なのに省電力で、4,200mAhの大容量バッテリーだけでなく、30分の充電で70%まで充電できる独自の超急速充電技術や防水・防塵機能まで備わった頼もしい端末。テザリングには最適な機種ですが、これだけのパフォーマンスにはそれなりのコストが必要となるので、10万円ほどと格安スマホとしては高価格なのがネックかも。

HTC U12+


出典:楽天モバイル

特長
最新のCPU「Snapdragon 845」を搭載
急速充電に対応した3,500mAhの大容量バッテリー
おサイフケータイに対応
バッテリー容量
3,500mAh

最後に紹介するのは、HTC U12+です。最新のハイエンドCPU「Snapdragon 845」を搭載しメモリもストレージも大きいので複数のアプリを起動してもサクサクと動作します。。高性能なパフォーマンスが望め、バッテリー容量も3,500mAhと大容量なのでテザリングにも容易に耐えることができます。急速充電や指紋認証・顔認証・おサイフケータイなどさまざまな機能も搭載されています。

その他のテザリング対応機種

  • AQUOS zero SH-M10はSHARPならではのこだわり機能搭載のスマホでバッテリー容量は3,130mAh!
  • LG Q Stylusはワンセグ搭載で、防水防塵など14項目クリア。専用ペン付きで、細かい操作が苦手な人にもおすすめです。

上に挙げた機種の他、楽天モバイルではテザリングに対応した機種を取りそろえています。ぜひ、おすすめの機種以外にも検討してみてください!

2019年7月の記事です。記事をご覧になるタイミングによっては、販売終了・価格改定となっている場合がございます。最新端末は公式サイトにてご確認ください。

楽天モバイルでテザリングをする際の注意点

最後に、楽天モバイルでテザリングをする際の注意点を紹介します。テザリングは便利な反面、注意点もあります。注意点に気を付けて快適にテザリングを利用しましょう。

注意点1.テザリング対応機種か確認する

ここまでに解説した内容の繰り返しになりますが、テザリングに対応していない端末があります。対応していない機種を購入し契約した場合は、もちろんテザリングをすることができません。必ず、対応機種かどうか確認することをおすすめします。

対応機種の確認方法としては、動作確認端末のページをチェック、もしくは楽天モバイルで販売している端末であれば公式サイトの端末紹介ページを見てみましょう。テザリングができる端末についてはテザリングに関して明記されています。こちらを必ず確認してから購入するといいでしょう。

注意点2.バッテリー容量が大きいスマホを選ぶ

テザリングをしていると気になるのがバッテリーの消費量。テザリングは通信の仲介をする役割を持っているため、普段より格安スマホのバッテリーの消耗量は大きくなります。そのため、テザリングするスマホはバッテリー容量の大きいものをお勧めしています。

もしバッテリー容量が少ない機種でテザリングを行う場合は、モバイルバッテリーなどを持つようにしたり、メイン機種としてではなくテザリング専用のサブ機として使うようにするといいでしょう。

注意点3.データ通信量の大きいプランにする

最後に、データ通信量についての注意点です。テザリングでは気づかないうちにデータ通信を使いすぎてしまうこともあるので、選ぶプランのデータ量には余裕を持ちたいですね。楽天モバイルは大容量の30GBプランがあるのでテザリングにはおすすめのMVNOです。ただし、契約プランの高速通信容量を超えてしまうと通信速度に制限がかかってしまうので要注意。もし、月30GB以上使用するという方は、テザリングよりもWiMAXなど無制限プランがあるモバイルルーターを契約した方がいいでしょう。

通信速度に制限がかかるとかなり遅くなってしまうため、タブレットやパソコンで使用する際に不便に感じるはず。特に動画視聴が多い方はあっという間に高速データ通信の容量を使ってしまって制限がかかってしまう可能性が高いので注意が必要です。

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
高速通信容量SIM枚数
ベーシックプラン567円697円1,350円送受信最大200kbpsで無制限1枚
3.1GBプラン972円1,102円1,728円3.1GB/月1枚
5GBプラン1,566円1,696円2,322円5GB/月1枚
10GBプラン2,441円2,571円3,197円10GB/月1枚
20GBプラン4,374円4,504円5,130円20GB/月1枚
30GBプラン5,886円5,962円6,642円30GB/月1枚

楽天モバイルで快適にテザリング利用しよう!

本記事では楽天モバイルのテザリングについてご紹介してきました。注意点に気を付けて上手にスマホやプランを選べば、楽天モバイルでテザリングを使いこなせるでしょう。外でタブレットやパソコンを利用する人にとってはとても便利な機能なので、ぜひテザリング対応端末の購入を検討してみてください!

楽天モバイルがテザリングにおすすめの理由
10GB~30GBの大容量プランがある
テザリングに対応した機種で大容量バッテリー搭載の端末セットが豊富
動作確認済み端末一覧からテザリング可能か簡単に確認できる

公式サイトではテザリング対応した端末の期間限定セールなどもよく行われているので、お見逃しなく!ぜひお得な情報をチェックしてみてくださいね。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい