1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. おすすめの格安SIMをかんたん比較、1分で無料診断!

ご利用状況とご希望の条件に答えて、
あなたにおすすめの格安SIMを診断!

おすすめ格安SIM比較診断

SIMチェンジの格安SIM診断は、お答えいただいたスマートフォンの使用状況をもとに、あなたに最適な格安SIMを無料で診断。
見つけたSIMカードは、すぐに申し込むことができます。

利用する携帯電話について

ご利用する端末は?
ご契約中の携帯電話会社
音声通話を利用していますか?
SoftBank回線で「音声通話」が利用可能なプランがありません。
  • 050 を利用するメリット 050の電話番号 (IP電話) を利用することで、通話料金を抑えることができます。

現在の端末の使い方について

SMS(ショートメッセージ)
の利用 アプリでの通話を行ったり、LINEなどSMS認証があるサービスを利用する場合に必要です。
090/080/070から始まる番号を利用する場合、SMSは付帯になるため、「利用する」しか選べません。
SoftBank回線で「SMS」が利用可能なプランがありません
必要な通信量 (一ヶ月あたり)

SIMカードに必要な条件について

希望する特徴やオプションはありますか?( ※複数選択可 )
追加条件の詳細を確認する
もっと見る
見つかったSIMカード {{resultCount}}件
診断結果を見る
SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断を利用する場合、「SIMチェンジ」利用規約に同意したものとみなします。
同意いただけない場合、格安SIM診断を利用することはできません。

格安SIMカードとは?
メリット・デメリットやおすすめの選び方

格安SIMカードとは?

そもそも「SIMカード」とは、スマートフォン(スマホ)や携帯電話を使って通信を行うために必要なカードのことです。みなさんが普段お使いの端末には、このSIMカードが装着されています。このカードが装着されていなければ、通話やデータ通信が不可能となってしまいます。 「格安SIMカード」とは、LINEモバイルや楽天モバイルなどのMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる通信業者が提供するSIMカードのことです。ドコモ(docomo)やau、SoftBank(ソフトバンク)といった大手通信キャリアより利用料金が安い通信サービスを受けることができます。MVNOは自社で通信設備を所持していないのが大きな特徴で、大手キャリアから通信回線を借りて私たちに通信サービスを提供しています。設備の運営コストなどの諸費用が掛からない分、私たちユーザーに格安で通信サービスを提供できるというわけですね。

「格安SIM」と「格安スマホ」の違い

simカードと格安スマホ

よく混同されている「格安SIM」と「格安スマホ」という表現。格安SIMは上記で説明した通りMVNOが提供しているSIMカードのことです。では、肝心の格安スマホとは何なのか。格安スマホとは、一言でいえば「格安SIMを装着したSIMフリースマホ」のことです。つまり、「端末の本体価格」が格安であるということではなく、「端末の利用料金」が格安であるという意味で格安スマホという表現がなされています(MVNOが提供する端末と格安SIMを同時契約した場合も含む)。

格安SIMの選び方

では、実際にどのようにして格安SIMを選べばよいのでしょうか。SIMチェンジが提供する「おすすめ格安SIM比較診断」の診断フォームに沿って説明していきます。

利用する端末を選ぶ

まずは利用したい端末を選択します。

利用する端末を選ぶ

現在の端末を継続して使う

今使っている端末をそのまま利用し、SIMのみ格安SIMに変更したい方は「現在の端末を継続して使う」を選択してください。

新しく購入する

端末もSIMも一新したいという方は「新しく購入する」を選択してください。新しい端末を購入し、格安SIMを利用する際は、基本的にSIMフリースマホを購入して利用することになります。SIMフリースマホとは、SIMカードを自由に入れ替えできる状態の端末のことを指し、大手キャリアのSIMはもちろんMVNOが提供する格安SIMも利用することができます。

現在契約中の携帯電話会社を選択する

ここでは、現在使っている端末を契約したキャリアを選択します。

ご契約中の携帯電話会社
docomo
「docomo」を選択すると、ドコモ(docomo)の通信回線を借りているMVNOの格安SIMが表示されます。大半のMVNOがドコモ(docomo)回線を利用しているため、選択肢の幅は広くなっています。
au
「au」を選択すると、auの通信回線を借りているMVNOの格安SIMが表示されます。診断結果には、mineo(マイネオ)、UQ mobile(ユーキューモバイル)、IIJmio(みおふぉん)のいずれかの格安SIMが表示されます。
SoftBank
「SoftBank」を選択すると、SoftBank(ソフトバンク)の通信回線を借りているMVNOの格安SIMが表示されます。診断結果にはb-mobile(ビーモバイル) S、U-mobile(ユーモバイル) Sの2社の格安SIMが表示されます。ただし、各社ともデータ通信のみの提供です。音声通話、SMSを利用するには端末をSIMロック解除し、ドコモ(docomo)回線、au回線で契約する必要があります。
SIMフリー
現在SIMフリースマホを使っている方は、こちらを選択してください。各MVNOの格安SIMが表示されます。

選択して頂いたご使用の回線を元に、原則SIMロック解除不要で利用できる格安SIMの診断結果を提供します。この作業は、「ご利用する端末は?」のフローで「現在の端末を継続して使う」を選択した方のみ対象となります。

SIMロック解除について

格安SIMに乗り換えるときに、SIMロック解除をしないと利用できないと思っている方のために、SIMロック解除とは何かを説明します。

まず「SIMロック」とは、端末を販売した携帯電話会社とSIMカードを発行した携帯電話会社が一致しなければ使えるようにはならないという仕組みのことをいいます。SIMロック解除とは、この「通信回線」と「端末」の関係を切り離すことを言います。SIMロック解除をすれば、利用端末がドコモ(docomo)で購入したものであっても、auの回線を利用できるというわけです。つまり、SIMロック解除は現在契約しているキャリアとは別の回線を使う場合に必要なものとなっています。

音声通話の利用の有無を選択する

ここでは、音声通話(いわゆる電話)を利用するかどうかを選択します。

音声電話の利用の有無を選択

利用している

  • 現在音声通話を利用していて引き続き利用したい方
  • 現在データ通信のみを利用しているが、この機会に音声通話を利用したいという方

これらに該当する方はこのフローで「利用している」を選択してください。

利用していない(データ通信のみ)

  • 現在データ通信のみを利用していて引き続き利用したい方
  • 現在データ音声通話を利用しているが、データ通信のみの利用を考えている方

これらに該当する方は、「利用していない(データ通信のみ)」を選択してください。

電話番号の変更の有無を選択する

ここは、現在使っている電話番号をそのまま利用するか、番号を刷新するかを選択するフローとなっています。

電話番号の変更の有無を選択する

電話番号を継続して利用する

現在使っている電話番号を変えたくないという方は「電話番号を継続して利用する」を選択してください。

新しい番号を取得する

現在使っている電話番号を変える方は「新しい番号を取得する」を選択してください。

新しい番号を取得する
090/080/070の番号を使いたい
新しい番号に変更する際、090/080/070から始まる番号を利用したいと考えている方は「090/080/070の番号を使いたい」を選択してください。090/080/070から始まる番号は皆さんがおなじみの携帯電話の番号です。私たちが利用しているインターネットの回線とは別の回線を利用しているので、音声品質が高いのが特徴です。
050の番号を使いたい
新しい番号に変更する際、050から始まる番号(IP電話)を利用したいと考えている方は「050の番号を使いたい」を選択してください。050始まりの番号(IP電話)とはインターネットの通信回線を用いて通話ができるものです。LINE(ライン)の「LINE Out」やmineo(マイネオ)の「LaLa Call(ララコール)」などがこれにあたります。通話料を抑えられますが、090/080/070始まりの番号より若干音声品質が落ちてしまいます。
番号は指定しない
番号は変更したいけれど、特にどんな番号になっても構わないという方は「番号は指定しない」を選択してください。

ただし、電話番号を変更するには現在契約中のキャリアとの契約を解約しなければなりません。解約するためには基本的に10,260円の契約解除料がかかります。ただ、各キャリアとも2年契約を利用している場合は、更新月(契約期間終了後2か月間)に解約すれば違約金が0円となります。他にも様々なプランを各社と契約している場合には、それぞれ違約金がかかる場合がありますので、各社のサービスをよく確認しておく必要があります。 この作業は、「音声通話を利用していますか?」のフローで「利用している」を選択した方のみ対象となります。

SMS(ショートメッセージ)の利用の有無を選択する

SMS(ショートメッセージ)の利用の有無

ここでは、SMS(Short Message Service)を利用するかどうかを選択します。SMSとは、携帯電話の電話番号だけでメッセージを送受信できるサービスです。090/080/070始まりの番号であれば、自動的に付随されているサービスとなります。LINEなどSMS認証があるサービスを利用する場合に必要です。

利用している

  • 現在SMSを利用していて引き続き利用したい方
  • 現在SMSを利用していないが、この機会にSMSを利用したいという方

これらに該当する方は、「利用している」を選択してください。なお、現在090/080/070の番号を利用している方、新規に090/080/070の番号を取得する方は、自動的にSMSが付帯されます。

利用していない

  • 現在SMSを利用しているが利用をやめたい方
  • 現在SMSを利用しておらず、今後も使う予定がない方

これらに該当する方は、「利用していない」を選択してください。ただし、090/080/070の番号を使用している、または使用予定である方は選択することはできませんので注意してください。

電話番号を変更せず格安SIMに乗り換える方法とは

電話番号を継続利用してMVNOに乗り換える場合、MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号を用意する必要があります。キャリアごとに手続きが異なるので、それぞれ説明します。

ドコモ(docomo)の場合
ドコモ(docomo)でMNP予約番号を取得する方法は、
  • ネット受付(My Docomo)
  • 電話受付
  • ドコモショップでの受付

の3つとなっています。また、手続きの際にMNP転出手数料2,160円、契約解除料10,260円(2年契約が終了するタイミングだと発生しません)、契約事務手数料3,240円(新しい携帯電話会社と契約するときに発生します)がかかります。

auの場合
auでMNP予約番号を取得する方法は、
  • 電話受付
  • auショップでの受付
  • auケータイ EZweb ※フィーチャーフォンのみ

の3つとなっています。また、手続きの際にMNP転出手数料3,240円、契約解除料10,260円(2年契約が終了するタイミングだと発生しません)、契約事務手数料3,240円(新しい携帯電話会社と契約するときに発生します)がかかります。

ソフトバンク(SoftBank)の場合
ソフトバンク(SoftBank)でMNP予約番号を取得する方法は、
  • 電話受付
  • ソフトバンクショップでの受付
  • My SoftBank ※3Gケータイのみ

の3つとなっています。また、手続きの際にMNP転出手数料3,240円、契約解除料10,260円(2年契約が終了するタイミングだと発生しません)、契約事務手数料3,240円(新しい携帯電話会社と契約するときに発生します)がかかります。

また、各キャリアともMNP予約番号には15日間の有効期限があるため、発行する際は格安SIMへ乗り換える準備が整ったタイミングで発行することをおすすめします。

格安SIMカードのメリット・デメリット

格安料金でスマホを使うことができる格安SIMカードですが、メリット・デメリットの両方があります。

格安SIMカードのメリット

格安SIMカードを利用することで、受けられる一番のメリットはスマホ代が安くなるということです。数ある格安SIMカードの中には、月額500円以下の料金でスマホを利用することができるプランもあります。その他にも、たくさんの種類のプランが存在するため、使い方にあったぴったりの格安SIMカードが見つけられるメリットや、キャリアのように2年縛りがなく、最低利用期間や解約金がないプランが多いといったメリットもあります。

格安SIMカードのデメリット

一方で、格安SIMカードのデメリットとしてあげられるのは、通信速度が遅かったり、不安定だったりする場合があるということです。また、大手キャリアのような手厚いサポートを受けることができなかったり、通話料金が高くなってしまう、というデメリットもあげられますが、最近では実店舗をもつMVNOが増えてきたり、かけ放題のオプションを提供するMVNOも増えてきたりと、対応が進んでいます。

これらのメリット・デメリットを踏まえてあなたにあったサービス・プランを選びましょう。