1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルの料金プラン【完全版】|本当に安い?「Rakuten UN-LIMIT」

楽天モバイルの料金プラン【完全版】|本当に安い?「Rakuten UN-LIMIT」

更新日:2020.04.23

2019年秋頃の大手キャリアを含むスマホ料金は大きく変わり、人気の高い楽天モバイルの料金も変更されました。ここでは2019年10月現在の楽天モバイルの料金プランを、シチュエーションごとのおすすめ料金プランと合わせて解説します。

楽天モバイルは、自社回線サービスを利用したサービスに切り替わり、新たな料金プランを発表し、さらにユーザーライクに生まれ変わりました。

楽天モバイルの新料金プランと使い方例に合ったおすすめプランの紹介の前に、まずはその特徴を見てみましょう。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは2020年4月より自社回線を利用したキャリアとしてのサービス展開をスタートさせました。

新規契約の予約受付をWebサイトからは2020年3月3日16時より、店舗での予約は3月4日から受付が開始。

ここでは新たなサービスを展開させている楽天モバイルの特徴について見ていきましょう。

楽天スーパーポイントが貯まる・使える

楽天モバイルでは、月々の支払方法を「楽天カード払い」にすると、楽天スーパーポイントが100円につき、1ポイント付与されます。

楽天モバイル調べ(2019年4月)によると、月額料金の平均額は2,146円、毎月約20ポイントがもらえる計算ですので、楽天ユーザーにはメリットとなるでしょう。

付与されたポイントについては、楽天市場でのお買い物、楽天モバイルの料金支払等に利用できます。またそれ以外にも楽天ポイントを利用できるドラッグストア等は増えていますので日常のちょっとしたお買い物を節約することができます。

対象となるのは次の項目です。

  • 月額基本料
  • 通話料(国際電話、国際ローミングサービス含む)
  • 楽天でんわ by 楽天モバイル利用料
  • 留守番電話、キャッチホン、転送電話
  • ユニバーサルサービス料

楽天モバイルを契約する!

通話することが多い人にはお得なプランがある

楽天モバイルは2020年3月3日に「Rakuten UN-LIMIT」という、新しい料金プランを発表しました。基本料金は月額2,980円ですが、同年4月8日から300万人限定で1年間無料で利用できます。

また、Rakuten Linkアプリを経由すれば、国内の通話が無料の「かけ放題」が利用できるので、とくに通話する機会が多い人は検討してみてもよいかもしれません。

ただし、現時点で楽天モバイルがカバーできる基地局は、関東や中部・近畿などの都市部に限定されています。これ以外の地域ではau回線に切り替わり、データ容量は2GBに制限されてしまいますので注意が必要です。

楽天モバイルを契約する!

支払い方法の種類が多い

他のキャリアや格安SIMと比較しても、楽天モバイルは支払い方法の種類が多く、クレジットカードはもちろん、デビットカード・口座振替での支払いが可能です。

このうち、口座振替を選択するとほとんどの金融機関を利用できますが、毎月料金が引き落とされる際に100円の手数料が発生します。

また、デビットカードを利用した場合は料金の1%分の楽天ポイントが付与されますが、利用できるのは「楽天銀行デビットカード」または「スルガ銀行デビットカード」に限定されています。

もしもポイントを貯めたいのであれば契約前に作成しておきましょう。

楽天モバイルを契約する!

Web上だけではなく実店舗もある

楽天といえばインターネットなどのWebサイトをイメージするかもしれませんが、楽天モバイルはWebサイトに限らず、実店舗を全国に多数展開しています。

たとえば、わからないことがあったり困ったことがあり、直接スタッフに相談や質問がしたい、実際にスマホの端末を手にしてみたいという人は、店舗からの利用をおすすめします。

しかし、店舗の場合は時間帯によって混雑している可能性があり、長時間待たされるといったケースもありえます。

このほか、実店舗で契約するとインターネット限定のお得なキャンペーンが受けられないことや、事務手数料が発生するというデメリットもあるので、自分で手続きができる人やお得さを重視するならオンラインからの契約の方がおすすめです。

楽天モバイルを契約する!

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルは、MNO化に伴い新たな新料金プランを発表しました。

ここでは新たに発表された料金プランについて解説します。

プラン名Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)
料金1年目 無料2年目以降 2,980円
利用場所国内海外
エリア楽天回線パートナー66の国と地域
データ通信完全使い放題データ容量2GBデータ容量2GB
  • 通話料金
  • Rakuten Linkアプリ使用時
通話かけ放題
  • 海外→国内通話かけ放題
  • 国内/海外→海外通話(月額980円)
SMS国内・海外使い放題
事務手数料3,000円

月額の基本使用料は2,980円ですが、300万人限定で1年間は基本使用料が無料となります。事実上は2年目以降に料金が発生することになります。

通話料金はRakuten Linkアプリを利用するのが条件ですが、国内は通話料無料、国際電話は月額980円でかけ放題、海外渡航時は日本への通話は無料です。

ただし、パートナーエリア(au接続エリア)では、30秒当たり20円の従量制課金制となります。

SMSは国内・海外ともに楽天回線エリアでは無料の使い放題となりますが、パートナーエリアでは70文字あたり3円、国際SMSは送信のみ対応で70文字で100円の料金がかかります。

このほか、事務手数料として3,000円かかりますが、ポイント還元が適用されるため、実質的には無料となるでしょう。

楽天モバイルのオプション料金

契約する際に気になるのはやはりオプションですよね。

ここでは、万が一故障等してしまったときに必要なサポートを受けるためのおすすめオプション、またその内容や費用等を紹介します。

スマホ交換保証

スマホはもともと高額な商品です。しかし性質上外出するときに持ち歩き、洗面所やトイレに持ち込んで水の中に落としたり、バッグに入れていてもふとした拍子に飛び出してしまうといった危険があります。

スマホ交換保証なら、破損・全損や水没など万が一のトラブルに備える安心を、月額500円で提供します。トラブルにあったとき、機種や購入価格を問わず一律6,000円で交換品である新品同等の同一端末が届き、受け取り次第故障機からデータを移行してすぐにでも使うことができます。

電話やWeb、故障受付対応ショップで受付可能で、交換品の受け取りは自宅以外でもコンビニや宅配ロッカーでも可能です。

当日12時までの受付なら交換品は最短で当日中に届き、そうでない場合でも全国へ翌日には届くとされています。特に東京23区に限り、別途オプション料金3,000円を追加すれば受付後4時間以内に届けることも可能です。ただし、交換できるのは1契約につき年間3回までとされています。

スマホ操作遠隔サポート

スマホ操作遠隔サポートは、月額500円でスマホやアプリ・デジタル機器などに関するトラブルや相談を電話やチャットで素早く解決してくれるサービスです。年中無休で対応しており、電話の場合は通話料無料とされ、専用アプリを使えばスマホの画面を一緒に確認しながら遠隔操作で問題を解決することも可能です。

うれしいのは、楽天モバイルで買った端末以外のスマホやタブレット、パソコン、スマート家電なども、LINEアプリやfacebookアプリなど楽天モバイル以外のアプリについてもサポートの対象としていることです。

サポートの受付時間は9時から18時までで、オプション利用中は何度でも利用できます。

つながる端末保証by楽天モバイル

楽天モバイルはその利用料金の安さから、端末を他で手に入れSIMカードだけを契約することもよくあります。

つながる端末保証by楽天モバイルは月額500円で、そんな楽天モバイルで買ったわけでもない端末を、楽天モバイルのSIMカードを利用して通話・通信しているというだけで自然故障・破損・全損・水没した際に、無償又は低価格で有償交換するサービスです。

保証対象や保証内容は端末ごとにさまざまですが、保証対応できるのは1契約につき年間2回まで、1回目は4,000円、2回目が8,000円で修理・交換が可能です。

楽天モバイルWiFibyエコネクト

楽天モバイルWiFibyエコネクトは、駅や空港・飲食店やホテルなど日本全国最大69,000カ所以上に設置されているBBモバイルポイント、Wi2のWi-Fiスポットを月額362円で利用できるサービスです。Android端末は楽天SIMアプリを、iPhoneはエコネクスト専用アプリを使うのであらかじめダウンロードが必要です。

また、楽天から通知されるWi-FiのIDとパスワードを使えば、WindowsやMacにエコネクスト接続ツールを使って接続することも可能です。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルでは、楽天グループならではのキャンペーンを含めた各種の特典が用意されています。ここではそのうちお得な2つを紹介します。

1年間プラン料金が無料

Webまたは店舗からRakuten UN-LIMITに申し込むと先着300万名限定で、1年間基本料金が無料になるキャンペーンが開催中です。

1年で35,760円(月額2,980円×12ヶ月)お得になる計算です。

複数の回線ではなく初めに申し込んだ1回線目が対象となるのでご注意ください。

キャンペーン対象の方は、下記のいずれかの条件+「楽天会員」の方となります。

  • Rakuten UN-LIMITに新規での申し込み
  • 他社からの乗り換え(MNP)による申し込み
  • 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランからの移行手続きによる申し込み
  • 無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からのプラン変更による申し込み

オンライン申し込みで楽天ポイントプレゼント

2020年3月3日(16:00)~2020年6月30日(23:59)の期間中に、「Rakuten UN-LIMIT」をWebサイトから申し込むと、楽天スーパーポイント3,000ポイントがもらえます。

もちろん、オンラインからの申し込み限定ですので、店舗から申し込みをしてもポイントは付与されません。さらに、以下の条件を全て満たした「楽天会員」が対象となります。

  • Rakuten UN-LIMITに新規申し込み後、2020年7月31日(23:59)までに開通する
  • 他社からの乗り換え(MNP)で申し込み、2020年7月31日(23:59)までに開通する
  • 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランからの移行手続き後、2020年7月31日(23:59)までに開通する
  • Rakuten Linkアプリを利用登録後、2020年8月31日(23:59)までに、SMS認証の完了

また、楽天ポイントの付与は2020年9月下旬を予定していますが有効期限があり、付与された日を含めて6カ月となっていますので、忘れないようにしましょう。

楽天モバイルを契約する!

事務手数料3,300ポイントプレゼント

Webまたは楽天モバイルショップから「Rakuten UN-LIMIT」を契約して、「Rakuten Link」アプリを利用すると楽天スーパーポイントが3,300ポイント付与されます。

ただし、楽天会員限定のほか、以下の要件すべてを満たさなければなりません。

  • Rakuten UN-LIMITにWebまたは楽天モバイルショップから新規申し込み後、開通日の翌月までにRakuten Linkアプリを利用登録し、SMSの認証を完了する
  • 新規または他社からの乗り換え(MNP)の申し込み
  • 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランからの移行手続きによる申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン」のプラン料金が1年間無料の特典対象者

なお、このキャンペーンは「プラン料金が1年間無料」対象者の申し込みが300万名に達した時点で終了します。

楽天モバイルを契約する!

楽天モバイルの契約に必要な料金

最後に、楽天モバイルを利用するにあたり、月額料金・オプション料金以外に発生する料金を解説します。

乗り換えにかかる手数料

楽天モバイルを契約するにあたり、今使っているスマホ契約からMNP(電話番号をそのまま他のキャリアに契約を変更する手続き)をするとMNP転出手数料が必要で、タイミングによっては今の契約の解約手数料(違約金ともいう)がかかります。

MNP転出手数料はドコモ・au・ソフトバンク共に約3,000円、契約更新月以外での転出ならさらに解約手数料9,500円がかかります。節約するなら今の契約の契約更新月に乗り換えたいところです。

ただし、もともと楽天モバイルの通話SIM(au回線・ドコモ回線)を利用されている方が楽天モバイルへ乗り換える際は、契約解除料、MNP転出手数料はかかりません。店頭もしくはwebのメンバーズステーションから手続きが可能です。

契約にかかる事務手数料

事務手数3,000円(税抜)になります。こちらは楽天モバイルに新規で申込みされる方の事務手数料となっており現在開催されているキャンペーンで全額ポイント還元されます。

楽天モバイルを契約する!

楽天モバイルの料金は使い方をしっかり見極めて決めよう

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントで月額料金を支払えたり、楽天が展開する光回線サービスを同時契約すればキャッシュバックは工事費用が無料になるキャンペーンなどお得な特典もあります。

楽天モバイルで想定できる使い方をじっくり検討し、快適なネットライフを満喫しましょう。

楽天モバイルを契約する!

SHARE!!

あわせて読みたい