1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ワイモバイルは2台持ちがおすすめ!0円で使えるサービスも

ワイモバイルは2台持ちがおすすめ!0円で使えるサービスも

更新日:2020.03.03

人気のY!mobile(ワイモバイル)で2台持ちしませんか?複数回線の契約がお得になるサービスがY!mobile(ワイモバイル)には豊富にあります。2台持ちにぴったりなY!mobile(ワイモバイル)のサービスやプランを紹介します。それぞれのサービスにどんなメリットがあるのか確認してみましょう。

ワイモバイルで2台持ちをするのがおすすめなのはなぜ?ワイモバイルは通話やデータ通信の品質も良いため人気の格安SIMです。それだけでなく、ワイモバイルには2台持ちをしたい人にちょうどいいプランが用意されています。

自分のスマホに加えてタブレット端末用にもSIMがほしい場合や、家族で2台目3台目を使う場合にも利用できるプランです。ワイモバイルで2台目を使うとどのようにお得になるか詳しく紹介していきます。

2台持ちにおすすめしたいワイモバイルの「家族割引サービス」

ワイモバイルの家族割引サービスは家族で使うときだけでなく、ひとりで2台持ちなどの複数回線を使うときにも活用したいサービスです。2台持ちに家族割引サービスがどのように適用できるか、見ていきましょう。

ワイモバイルの家族割引サービスとは

ワイモバイルの家族割引サービスでは

  • 2回線目以降の各基本使用料が毎月500円割引
  • 9回線まで割引が適用

されます。

家族に適用する場合は親等数の制限もなく、別住所でも割引となります。家族・親族でなくても、住所が同じで生計を同じとしている人にも適用されます。

そして家族割引という名前からすると個人の複数回線には適用されないのかと思ってしまいますが、自分自身が使う複数回線つまり2台持ちの人にも適用されるのがうれしいですね。

スマホとケータイ、スマホとタブレットなどの2台持ちをする人にとって、とてもお得なサービスです。スマホプランSでワンキュッパ割が適用された場合、2台目以降の副回線は月額料金1,480円となります。


  1. 通常プランを2個契約するより安いですね。

ワイモバイルのスマホプラン・データプラン料金表

Y!mobile基本月額料金新規割適用
(6カ月間)
おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス」適用高速通信容量SIM枚数
スマホベーシックプランS2,680円-700円-500円4GB/月(2年経過後:3GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランM3,680円12GB/月(2年経過後:9GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランR4,680円17GB/月(2年経過後:14GB/月)最大3枚
「データ増量無料キャンペーン」データ増量オプション(500円/月)が2年間無料となります。2年経過後は、「データ増量オプション」の料金として、500円/月がかかります。

ワイモバイルの家族割引で2台持ちをするメリット

家族割引の特典は、基本料金が副回線で500円の割引が受けられるほかにもメリットがあります。副回線として契約するプランによって特典が異なります。

副回線特典
・スマホプラン
・データプラン L
・Pocket WiFi プラン 2
・Pocket WiFi プラン 2 ライト
・料金プラン基本使用料 最大540円割引
・ユニバーサルサービス料無料
・新ウィルコム定額プラン G
・新ウィルコム定額プラン GS
・ウィルコムプラン D
・ウィルコムプラン D+
・ウィルコムプラン Lite
・4G-S プラン
・ケータイプラン
・パス専用料金プラン
・新ウィルコム定額プラン S
・料金プラン基本使用料無料
・ユニバーサルサービス料無料
・契約解除料免除

見逃せないメリットの1つとして紹介したいのは、ウィルコムプラン・ケータイプランを副回線として家族割引に加入すると副回線の基本使用料が無料となるという点です。

ウィルコムプラン・ケータイプランはすでに加入や変更受付を終了しているプランですが、現在契約をしている回線を家族割引にすることは可能です。これらのプランを利用している人や家族に利用している人がいる場合は家族割引にすることをおすすめします。

また、家族割引ではWiFiプランも対象となるので、2台持ちだけでなくスマホと自宅WiFiルーターで2回線利用する場合も安くなります。


  1. 通信回線はワイモバイルでまとめてたほうがお得になりますね。
期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

ワイモバイルの家族割引サービスで2台持ちするときの注意点

家族割引サービスの特典を受けるためには、指定されたプランを契約する必要があります。また、意図せず家族割引サービスの適用が終了してしまうこともありえるので、家族割引サービスの適用条件の注意点を知っておきましょう。

家族割引のサービスの適用条件

ワイモバイルで家族割引サービスを受けるためには3つの条件を満たさないといけません。

  1. ワイモバイルの指定窓口で申し込む
  2. 個人の場合のみ(法人は不可)
  3. 主回線で対象料金プランを利用する

3つ目の条件の対象料金プランとは、どのプランなのでしょうか?

主回線に指定された対象プラン

スマートフォン
スマホプラン
4G-S プラン
ウィルコムプラン Lite/D/D+
新ウィルコム定額プラン G/GS
PHS
ケータイプラン
新ウィルコム定額プラン S
ウィルコムプラン W
モバイル WiFi ルーター
Pocket WiFi プラン 2/2 ライト
Pocket WiFi プランSS/S/L
Pocket WiFi プラン SS、Pocket WiFi プラン L
Pocket WiFi プラン/+
タブレット・その他
データプラン L

さらに副回線では以下のプランを選ぶ必要があります。

スマートフォン
スマホプラン
新ウィルコム定額プラン G/GS
ウィルコムプラン D/D+
ウィルコムプラン Lite
4G-S プラン
PHS
ケータイプラン
新ウィルコム定額プラン S
パス専用料金プラン
モバイル WiFi ルーター
Pocket WiFi プラン 2/2 ライト
タブレット・その他
データプラン L

家族割引の適用が終了になる条件

ワイモバイルの2台持ちで受けられる家族割引サービスの特典は、途中で終了する可能性があります。家族割引サービスが意図せずに途中で終わってしまったということのないように、あらかじめ家族割引サービスの条件を知っておきましょう。

家族割引サービスの適用終了条件

  • 主回線の解約
  • 主回線か副回線の料金プランを指定されたプラン以外に変更
  • 主回線か副回線の料金プランの契約変更(4G-Sプランからスマホプランタイプ1への変更は除く)
  • 個人→法人名義への変更
  • 適用条件を満たさなくなった場合

併用が不可のサービス

ワイモバイルのほかのサービスと一緒には使えないものもあるので、そちらも確認しておきたいですね。

家族割引サービスと併用不可のもの

  • Wi-Fiセット割
  • ワイモバ学割(おうち割 光セット(A)を重複してお申し込みの場合)
  • 光おトク割
  • おうち割 光セット(A)
  • おうち割光セット(A)申込特典
  • もう1台無料キャンペーン
  • イー・モバイルセット割
  • タブレット割引(スタートキャンペーン向け)

2台持ちにおすすめしたいワイモバイルの「子回線専用プラン(シェアプラン)」

ワイモバイルで2台持ちをするのに知っておきたいもう1つのサービスがあります。それは通信量を分け合う子回線専用プラン(シェアプラン)です。詳しくサービス内容を確認しましょう。

ワイモバイルのシェアプランとは

ワイモバイルのシェアプランも2台持ちをするのに最適です。シェアプランでは、親回線1台につき子回線3台までデータ量をシェアできるサービスです。


出典:ワイモバイル

家族割引サービスとの大きな違いは、子回線はデータ専用プランに限るという点でしょう。

親回線は

  • スマホプランS・M・L
  • データプランS・L

を選べますが、子回線はデータ専用SIMを3枚まで追加できます。


  1. SIMフリーでワイモバイルに対応しているものであれば利用できるので、スマホ・タブレットだけでなく、WiFiルーターなどにも使えますね。

シェアプランの料金設定

親回線基本使用料通信量
(親回線との合算)
スマホプランS980円2GB
スマホプランM490円※6GB
スマホプランR10GB
スマホプランL0円※14GB
データプランS980円1GB
データプランL0円※7GB

※「シェアプランセット割」適用時の料金です。親回線が「スマホプランM」なら490円/月、「スマホプランL」「データプランL」なら980円/月割引されます。

データ量が大きいプランを選べば選ぶほど安くなるのが興味深いですね。プランLではなんと無料!ワイモバイルなら無料で大容量のプランを複数回線で利用できます。

ワイモバイルのシェアプランのメリット

最大のメリットはやはりLプランなら4枚までSIMカードを無料で追加できるという点でしょう。他のMVNOでも複数回線のシェアプランが用意されていますが、3枚目からは追加料金がかかることもあるのでコスパ抜群と言えますね。

また、SIMカードが追加できるだけで、端末は指定されていないのもメリットになるでしょう。SIMフリーの端末さえあればワイモバイルの端末ではなくても利用できるわけですから、2台持ちの人にとっては使い勝手がよいサービスです。

ワイモバイルのシェアプランの注意点

大きなデメリットや注意点となる点はありませんが、以下の点には留意しましょう。

  • シェアするSIMでは音声通話が使えない
  • 利用できるデータ量は加入月はどのプランも3GB
  • 親回線を解約した場合や対象外のプランに変更した場合は子回線は解約となる

3枚追加できるとしてもすべてデータ専用SIMなので、2台とも通話が使えるスマホを持ちたいという場合はおすすめできません。また親回線が解約やプラン変更になると子回線も解約となるので気を付けましょう。

ワイモバイルのサービスを活用して2台持ちしよう

ワイモバイルの2台持ちにおすすめしたいサービスの活用方法をまとめました。最後にワイモバイルの家族割引・シェアプランのサービスを見比べて、どのように活用できるか考えましょう。

あなたの2台持ちには家族割引サービス?それともシェアプラン?

どのサービスが自分の使い方に合っているのか、それぞれのプランをどのように活用できるか考えてみましょう。各サービスの特長をふりかえってみます。

家族割引
9回線まで適用され、副回線は500円引きになる
ケータイプランでは月額基本料金が無料になる
シェアプラン
プランLは0円で利用できる
1台につき3台までシェアできる
合計4枚のSIMカードが利用できる
子回線では音声通話SIMは利用できない

家族割引サービスの大きなメリットは、ケータイプランなどで2回線目から無料で利用できる点でした。ウィルコムのPHSを現在利用している家族がいるのであれば、この家族割引を活用したいですね。また2台持ちでそれぞれ違う電話番号を使いたい場合や、音声通話を利用したい家族がいる場合も家族割引がよいでしょう。

一方、シェアプランのプランLも無料で14GBを共有できるサービス。Sプランでは月額1,000円以上するのであまりコスパがよくありませんが、大容量データ通信を2台持ちで使いたければ、シェアプランのプランLがおすすめです。スマホプランLとWiFiルーターに入れるSIMを追加するというような活用方法もあるでしょう。

ワイモバイルのサービスを活用すれば2台持ちや複数回線をお得に使う可能性が広がりますね。ワイモバイルのキャンペーンはとても豊富なので、公式サイトでよくチェックして、これらのサービスと合わせてさらにお得に利用してくださいね。

より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい