1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2020年最新】スマホの選び方を徹底解説|キャリア・用途別おすすめ13機種を紹介

【2020年最新】スマホの選び方を徹底解説|キャリア・用途別おすすめ13機種を紹介

更新日:2020.07.27

スマホの選び方を紹介しています。特徴や性能は機種によって異なるため、利用状況などを考慮してスマホを選ぶことが大切です。iPhoneからシニア向けスマホまで、2020年おすすめしたい機種を紹介しますので、自分にとって最適な1台を見つけましょう。

スマホの特徴は機種によって異なるため、どれを選べばよいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

人によって使い勝手も異なるため、利用状況を考慮しつつ自分にあうスマホを選ぶことが大切です。この記事では、スマホ選びの基礎知識や押さえておきたいポイントを紹介しています。

今おすすめしたい機種も13種類紹介しているので、これから機種変更を検討している人はスマホ選びに役立ててください。

自分にあったスマホの選びの基礎知識

スマホを選ぶときには機種の特徴だけでなく、搭載されているOSや携帯電話会社、料金プランといった様々な視点で検討することが大切です。

ここでは自分にあったスマホ選びの基礎知識を3つ紹介していきます。

iPhoneとAndroidの違い

パソコンにMacやWindowsといった違いがあるように、スマホも機種によって搭載されているOSが異なります。たとえば、Apple社のiPhoneはiOS、XperiaやAQUOSシリーズはAndroidです。

キャッシュレス決済やオンラインショッピングなど、目的に応じて様々なアプリがリリースされているものの、すべてのアプリが双方のOSに対応しているとは限りません。

様々なジャンルの音楽が楽しめるiTunesの場合、iOSを搭載したiPhone限定です。iOSのアプリは審査が厳しいため、Androidの方が数が多い傾向にあります。

キャリアと格安SIMの違い

近年は格安SIMが数多く登場しているため、ユーザーの選択肢が豊富です。大手キャリアよりも月額料金が安いことから、格安SIMに乗り換える人も増えています。

【大手キャリアと代表的な格安SIM】

MNO・MVNO携帯電話会社名
大手キャリアドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル
格安SIMワイモバイル
UQモバイル
OCNモバイルONE
LINEモバイル など

ドコモやソフトバンクといった大手キャリアは、自社の回線でモバイルサービスを運営しているため、MNOと呼ばれています。

その一方でワイモバイルやUQモバイルといった格安SIMは、大手キャリアの回線を借りてモバイルサービスを運営していることからMVNOと呼ばれています。

これまではドコモとau、ソフトバンクといった3社が大手キャリアとして長年君臨してきましたが、2020年4月から楽天モバイルが参入したことで4社になりました。

格安SIMの数は多く、携帯電話会社ごとに利用できる回線やサービス内容が異なります。

端末や料金プランを比較検討する

スマホを選ぶときには、機種だけでなく料金プランを比較検討することが大切です。スマホはガラケーに比べて高性能な機種ほど価格が高くなり、料金プランも高額になる傾向があるからです。

また、MNOやMVNOに関わらず、携帯電話会社によって料金プランの設定やキャンペーンが異なります。特にキャンペーンで受けられる特典の違いは顕著で、高額キャッシュバックや割引など様々です。

そのため、端末代と料金プランをきちんと確認し、自分が支払える許容範囲をよく考えて検討するようにしましょう。

スマホ端末を選ぶポイント

端末代は性能と比例するため、自分が使いたい機能に絞って無駄のないスマホ選びを心がけることが大切です。ここでは、スマホを選ぶときに押さえておきたいポイントを6つ紹介していきます。

写真や動画をたくさん撮るなら「ストレージ」

スマホを使って写真や動画を撮る機会が多い場合は、データの保存容量であるストレージを確認しておくことが大切です。

容量が大きいほどアプリや画像といったデータを多く保存できるからです。

  • 32GB
  • 64GB
  • 128GB

たとえば、データをほとんど保存しないなら32GB、少し余裕を持ちたいなら64GB、容量が多めの動画を撮る機会が多いなら128GBを選ぶとよいでしょう。

写真をきれいに撮りたいなら「カメラ性能」

FacebookやInstagramといったSNSにアップするために写真をきれいに撮りたい場合は、カメラ性能が重要です。

最近のスマホはカメラ性能が高いものも多く、一般的なカメラとほとんど変わらないくらいの写真が撮れます。

ガラケーがメインの頃は画素数を基準に選ぶと画質のよい写真が撮れていましたが、スマホの場合は次のような項目も重視しましょう。

  • 絞り
  • 焦点
  • 感度 など

これらの数値を確認した上でスマホを選ぶと完成度の高い写真を撮影できます。

ゲームや動画を楽しみたいなら「RAM容量」

近年は若年層のテレビ離れが顕著となり、NetflixやHuluといった動画配信サービスへのニーズが高まっています。

動画視聴だけでなくスマホでオンラインゲームなどを快適に楽しみたいなら、RAM容量を確認しておくことが大切です。

RAM容量とは、ストレージ容量を表すROMとは異なりスマホの内蔵メモリを指しています。一般的なスマホは2~4GB程度ですが、動画視聴やオンラインゲームの機会が多いなら6~8GBあるとよいでしょう。

最近では、ゲームを快適にプレイできることを重視して開発されたゲーミングスマホも登場しています。これは、ROMやRAM、CPUともに大容量かつ高性能なため、ゲームをよくする人におすすめです。

アウトドアで使うなら「耐久性能」

登山やキャンプといったアウトドアにスマホを持ち込む機会が多いなら、耐久性能を確認しておくことが大切です。

なぜなら、アウトドアは屋内ではないため、突然の雨や雪といったトラブルに遭遇する可能性があるからです。

そのため、防水性能や防塵性能の有無といった耐久性とともに、万が一の落下に備えて液晶の強度も確認しておくとよいでしょう。

とくに登山やジョギングの機会が多い場合は、充電切れを防ぐためにバッテリー容量もあわせて確認しておきましょう。

日常生活を快適にするなら「スマホ決済」

スマホは今や通話やメールといった連絡手段だけでなく、地図検索や電車の乗り換え検索といった私たちの生活に必要不可欠なツールだといえます。

そのため、スマホを選ぶときには、次のように日常生活を快適にするための機能が搭載されているか確認しましょう。

  • ワンセグ
  • キャッシュレス決済
  • 防水機能 など

スマホで決済できると財布や定期券をバッグから取り出す必要がなくなるため、支払いや交通機関の利用もスムーズになります。

また、スマホでレシピアプリを見ながら料理する場合は、水しぶきがかかっても平気な防水機能があると安心です。

子どもに持たせるなら「フィルタリング機能」

最近は、家族との連絡だけでなく防犯目的で子どもにスマホを持たせる人が増えています。

このような場合は、子どもに持たせても安心な次のような機能の有無を確認しておくことが大切です。

  • フィルタリング
  • GPS
  • 耐久性 など

子どもがインターネットを使う場合、不適切なコンテンツを閲覧しないためにはフィルタリング機能があると安心です。

また、万が一のときに備えて、居場所が確認できるGPS機能や耐久性も確認しておくとよいでしょう。多くの携帯電話会社では、子ども向けの機能制限サービスやキッズスマホを提供しています。

フィルタリングサービスを無料で提供している携帯電話会社もあるため、子どもにスマホを持たせる場合はサービス内容や料金の有無もあわせて確認しておきましょう。

iPhoneシリーズのおすすめ端末

スマホの種類は、主にiPhoneとAndroid、キッズ向けスマホ、シニア向けスマホの4種類です。iPhoneのシェア率は国内外で高く、最新機種の発売日にはApple storeに長蛇の列ができることは珍しくありません。

ここでは、Apple社のiPhoneシリーズのおすすめスマホを2つ紹介していきます。iPhoneファンだけでなく、これまで使ったことがない人も、最新シリーズをチェックしておきましょう。

iPhone SE(第2世代)


出典:ドコモ

  • iPhone史上最安の4万円台
  • iPhone 11 Proと同じ高性能チップ
  • 指紋認証でマスクをしてても楽々

4月20日から予約販売をスタートしたものの、すぐに在庫切れ状態となったことでも話題になりました。

国内外での注目を集め、満を持して発売されたiPhone SE(第2世代)です。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)138.4mm×67.3mm×7.3mm
ディスプレイサイズ4.7インチ
重量148g
アウトカメラ画素数1,200万画素
インカメラ画素数700万画素
CPUA13チップ
内蔵メモリ3GB
ストレージサイズ

64GB
128GB
256GB

バッテリー1,821mAh
防水・防塵IP67
その他機能

Touch ID
デュアルSIM対応

第1世代ではアプリ内やWeb上でしかApple Payが使えませんでしたが、第2世代は店舗に加えてSuicaと連携することによって交通機関の支払いにも対応しています。

また、nano-SIMやeSIMといったデュアルSIMにも対応しているため、サイズの異なるSIMカードでも使えるようになりました。

iPhone SE(第2世代)の詳細はこちらをご一読ください。

iPhone 11


出典:ドコモ

  • ナイトモードで夜景も綺麗に撮れる
  • iPhone初のパープル・グリーン登場

2019年9月20日に発売されたiPhone 11は、カラー展開が6種類のため、3種類のiPhone SE(第2世代)よりも選択肢の幅が広いことが魅力の1つです。

ディスプレイサイズが6.1インチなので、より大きい画面で操作したり動画などを楽しんだりしたい人にはおすすめです。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)150.9mm×75.7mm×8.3mm
ディスプレイサイズ6.1インチ
重量194g
アウトカメラ画素数1,200万画素
インカメラ画素数1,200万画素
CPUA13 Bionic
内蔵メモリ4GB
ストレージサイズ

64GB
128GB
256GB

バッテリー3,110mAh
防水・防塵IP68
その他機能

Face ID
Qi対応

iPhone 11はQiに対応しているため、専用のアクセサリを使えばワイヤレス充電も可能です。

また、アウトカメラとインカメラの画素数が同じ1,200万画素のため、よりきれいな写真や動画が仕上がります。

Androidシリーズのおすすめ端末

街頭広告やテレビCMでも紹介されているように、Androidを搭載したスマホは数多く販売されています。iPhoneと異なり複数のメーカーから販売されているため、特徴や機能も様々です。

ここではAndroidシリーズのおすすめスマホを5つ紹介していくので、メーカーや特徴を比較して自分にあう1台を見つけましょう。

Xperia 10 II


出典:ドコモ

  • 4万円台で買えるコスパスマホ
  • 画面が綺麗な有機ELディスプレイ搭載
  • 指紋認証でマスクありでも使える

Xperia 10 IIは、シリーズ初の有機ELディスプレイとトリプルレンズを搭載していることが特徴です。

ディスプレイは映画とほとんど変わらない21:9の比率なので、臨場感を味わいながら動画の視聴を楽しめます。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約157mm×69mm×8.2mm
ディスプレイサイズ約6.0インチ
重量約151g
アウトカメラ画素数約800~1,200万画素
インカメラ画素数約800万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™665
内蔵メモリ4GB
ストレージサイズ64GB
バッテリー3,600mAh
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
その他機能指紋認証
おサイフケータイ対応

ドコモオンラインショップで7月31日までに購入すると、抽選で3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

当選すれば実質3,000円のキャッシュバックが受けられるため、Xperia 10 IIの購入を検討しているならドコモオンラインショップを利用してみてはいかがでしょうか。

Xperia 5


出典:ドコモ

  • スリムで持ちやすい
  • 映画館と同じ21:9の画面比率
  • 細長いので2画面操作しやすい

Xperia 5は、ガラスとメタルを使ったシームレスなデザインが特徴です。

約6.1インチの大画面ながらハンドフィットしやすいサイズで、背面のトリプルレンズカメラにはSONY社の一眼カメラαの技術が採用されています。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約158mm×68mm×8.2mm
ディスプレイサイズ約6.1インチ
重量約164g
アウトカメラ画素数約1,220万画素
インカメラ画素数約800万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™855
内蔵メモリ6GB
ストレージサイズ64GB
バッテリー3,000mAh
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
その他機能おサイフケータイ
ワンセグ

Xperia 10 IIと同じく21:9のワイドディスプレイで、SNSとオンラインショッピングといった2つのアプリの同時操作も可能です。

AQUOS zero2


出典:ドコモ

  • 世界最軽量ボディ
  • 色鮮やかな10億色の表現力
  • 4倍速でゲームのタッチ操作もスイスイ

定評のあるAQUOSシリーズのzero2は、約6.4インチの大画面に関わらず、約141gの世界最軽量級の重さであることが特徴です。

マスクをしていると顔認証機能が難しいものの、画面内指紋認証にも対応しているので外出先や移動中にロックを解除したいときにも便利です。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約158mm×74mm×8.8mm
ディスプレイサイズ約6.4インチ
重量約141g
アウトカメラ画素数約1,220~2,010万画素
インカメラ画素数約800万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™ 855
内蔵メモリ8GB
ストレージサイズ256GB
バッテリー3,130mAh
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵: IP6X
その他機能からだメイト
グローブモード

4倍速の有機ELディスプレイで残像感を軽減できるため、激しい動きがあるオンラインゲームを楽しむ機会が多い人におすすめです。

Galaxy S20+ 5G


出典:ドコモ

  • 30倍ズームでどれだけ拡大しても綺麗
  • デジカメを超える?カメラ性能
  • 大迫力の有機ELディスプレイ

韓国のサムスン電子社から販売されているGalaxyシリーズはドコモから5G対応機種として発売されました。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約152mm×69mm×7.9mm
ディスプレイサイズ6.2インチ
重量約163g
アウトカメラ画素数約1,200~6,400万画素
インカメラ画素数約1,000万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™ 865 5G Mobile Platform
内蔵メモリ128GB
ストレージサイズ12GB
バッテリー4,000mAh
防水・防塵防水:IPX5/8
防塵:IP6X
その他機能5G対応

旧型に比べるとディスプレイサイズがより大きいため、操作や動画を視聴もしやすいことが魅力です。また、5Gに対応している数少ない機種のため、価格が高めに設定されています。

Google Pixel 4


出典:ソフトバンク

  • 星空も撮れる驚きの夜景モード
  • よく使うアプリに充電を割り当ててくれる

インターネット関連サービスを展開するGoogleからAndroid搭載スマホとしてGoogle Pixel 4を発売しています。

すべての携帯電話会社で購入できるわけではなく、国内ではソフトバンクの限定販売です。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)147.1mm×68.8mm×8.2mm
ディスプレイサイズ5.7インチ
重量162g
アウトカメラ画素数1,220~1,600万画素
インカメラ画素数800万画素
CPUQualcomm® Snapdragon 855™
内蔵メモリ6GB
ストレージサイズ64GB
128GB
バッテリー2,800mAh
防水・防塵防水:IP68
防塵:IPX8
その他機能顔認証
おサイフケータイ対応

これまでは指紋認証に対応していましたが、顔認証に変更されています。背面には望遠カメラが搭載されており、暗がりや夜景もまるでプロのような写真や画像が撮れます。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

キッズ向けのスマホ

子どもに一般的なスマホはまだ早いと感じるなら、キッズ向けの商品がおすすめです。みまもり機能や防犯ブザーなど、キッズ向けスマホならではの機能が搭載されていることが魅力です。

ここではキッズ向けスマホを2つ紹介しているので、子どもの年齢や用途にあう1台を見つけましょう。

ドコモ キッズケータイ SH-03M

SHARP社のキッズケータイ SH-03Mは、大手キャリアのドコモで販売されているキッズ向けスマホです。

この機種には子どもの帰宅を親のスマホに知らせる「おかえり通知」や、見守り範囲から離れると知らせる「みまもりアラート」といった機能が搭載されています。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約101mm×54mm×12.2mm
ディスプレイサイズ3.4インチ
重量約94g
アウトカメラ画素数
インカメラ画素数
CPU
内蔵メモリ1GB
ストレージサイズ8GB
バッテリー1,200mAh
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
その他機能みまもり機能
耐衝撃性対応

防水と防塵機能は申し分なく、雨や埃などで汚れても泡タイプのハンドソープで洗えるので清潔を保てることが魅力です。

ドコモオンラインショップで機種変更

au mamorino5

KYOSERA社のmamorino5は、大手キャリアのauから販売されているキッズ向けスマホです。防犯ブザーを起動すると自動でセコムに通報される「ココセム」に対応しているため、万が一のときも安心です。

居場所を知りたい場合は通知機能で親のスマホから確認できるので、子どもが1人で外出しているときも心配ありません。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約99mm×56mm×15.5mm
ディスプレイサイズ約2.8インチ
重量約105g
アウトカメラ画素数
インカメラ画素数
CPU
内蔵メモリ512MB
ストレージサイズ4GB
バッテリー1,200mAh
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵:IP5X
その他機能ココセコム対応
着信自動応答

また、着信自動応答機能が搭載されているため、子どもが電話に気づかないときもハンズフリーで話しかけられます。

auオンラインショップで機種変更

TONEモバイル TONE e20

格安SIMのTONEモバイルでは、TONE e20を販売しています。キッズ向けスマホではないものの、子どもに持たせて安心な機能が豊富です。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約159mm×76.5mm×8.2mm
ディスプレイサイズ6.26インチ
重量約175g
アウトカメラ画素数200~1,200万画素
インカメラ画素数800万画素
CPUMediatek Helio P22 (MT6762WB)Octa-Core (2.0GHz)
内蔵メモリ4GB
ストレージサイズ64GB
バッテリー3,900mAh
防水・防塵
その他機能GPS
見守り機能

カメラにはAI機能が搭載されており、子どもがSNSなどで不適切な写真をやり取りするのを防ぐために有効です。

また、不適切なWebサイトをブロックするフィルタリングや利用制限など、親には安心の見守り機能が数多くあるスマホです。

【TONEモバイル】最新キャンペーンはこちら

シニア向けのスマホ

実家の両親や祖父母のために、シニア向けのスマホの購入を検討している人も多いのではないでしょうか。大手キャリアでは、シニア向けスマホをいくつか販売しています。

ここではシニア向けスマホを3つ紹介するので、機能や使いやすさなどを参考にしてみましょう。

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01L

大手キャリアのドコモでは、シニア向けスマホとして富士通コネクテッドテクノロジーズ社製のらくらくスマートフォン me F-01Lを販売しています。

画面や文字が大きく見やすいため、ガラケーのボタンを押す感覚でタッチパネルを操作できます。そのため、初めてスマホを持つ人にも安心です。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約143mm×70mm×9.3mm
ディスプレイサイズ約4.7インチ
重量約143g
アウトカメラ画素数約1,310万画素
インカメラ画素数約500万画素
CPU
内蔵メモリ32GB
ストレージサイズ3GB
バッテリー2,100mAh
防水・防塵
その他機能画面や文字が大きく見やすい
らくらくホンセンター

操作や迷惑メールに困ったときは無料で「らくらくセンター」を利用できるため、スマホに変えることに不安があっても安心です。

ドコモオンラインショップで機種変更

au BASIO4

大手キャリアのauでは、シニア向けスマホとしてKYOCERA社製のBASIO4を販売しています。文字や画像がみやすい約5.6インチの大画面で、片手でも持ちやすいデザインです。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約159mm×71mm×8.9mm
ディスプレイサイズ約5.6インチ
重量約151g
アウトカメラ画素数約1,300万画素
インカメラ画素数約500万画素
CPUMT6761 2.0GHz/4
内蔵メモリ3GB
ストレージサイズ32GB
バッテリー3,300mAh
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
その他機能ワンタッチボタン
ダイレクトボタン

ホーム画面にはよく使う家族や友人の連絡先を3つまで登録できるため、アプリを開かなくてもすぐに操作できるので便利です。

また、キャッシュレス決済はダイレクトボタンをタップするだけで起動するため、ショッピングやサービスの利用時にも役立ちます。

auオンラインショップで機種変更

ソフトバンク シンプルスマホ4

大手キャリアのソフトバンクでは、シニア向けスマホとしてSHARP社製のシンプルスマホ4を販売しています。

ホーム画面に配置されるアイコンは大きめで、「楽ともリンク」でよく使う連絡先を登録しておけばすぐに発信できることが魅力です。

スペック詳細
本体サイズ(H×W×D)約143mm×71mm×9.4mm
ディスプレイサイズ約5.0インチ
重量約148g
アウトカメラ画素数約1,310万画素
インカメラ画素数約500万画素
CPUMSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
内蔵メモリ32GB
ストレージサイズ3GB
バッテリー2,800mAh
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵:IP6X
その他機能かんたん操作
楽ともリンク

電話やメール、音声検索といった操作は大きめの専用ボタンで表示されるため、突然の着信時にも操作ミスなどを防げます。

ソフトバンクで機種変更する

利用状況や目的に応じて自分にあうスマホを手に入れよう

スマホは様々なメーカーで開発されており、特徴や性能などは機種によって異なります。FacebookやInstagramといったSNSに画像をアップする機会が多い人は、カメラ性能のよい機種を選ぶとよいでしょう。

また、防犯や安心を得るために子どもやお年寄りにスマホを持たせたい場合は、キッズ向けやシニア向けの機種を選ぶと安心です。

これから機種変更を検討しているなら、利用状況や目的に応じて自分にあうスマホを手に入れましょう。

    SHARE!!

    あわせて読みたい