1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2021年】カメラ性能最強おすすめスマホランキング|画素数・レンズの詳細を解説

【2021年】カメラ性能最強おすすめスマホランキング|画素数・レンズの詳細を解説

最新モデルを含むスマホの中から、高性能カメラを搭載して、きれいな写真が撮れるおすすめスマホを選びました。優れたカメラ機能のスマホを厳選して選びたいときの注目ポイントも詳しく紹介します。徹底的にカメラ重視でスマホを選ぶ人は必見です。

近年スマホのカメラ性能はどんどん向上し、中にはデジタルカメラにも引けを取らないものも出てきました。

複数レンズによる高画質ズームや、AIによる自動調節など、スマホがあれば誰でも自由に写真や動画の撮影を楽しめます。

今回はスマホのカメラ性能に着目して、選ぶときには必ず注目したいポイントを調査しました。

そして最新機種を含むすべてのスマホから、高機能カメラを搭載したスマホを10機種紹介します。低価格帯モデルやSIMフリースマホも取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

カメラ性能が高いスマホを選ぶポイント

スマホのカメラ性能を調べるときに、注目したい主なポイントは次の通りです。

スマホのカメラ機能において、この5つのポイントに注目すれば、どんなことがわかるのかを説明します。

▼カメラ以外のスマホのスペックの見方はこちらにあります。カメラでスマホを選ぶ際に他のスペックも気になる方は、ぜひこちらを参考にしてください。

カメラレンズの数

カメラのレンズは複数搭載されることによって様々な機能がアップし、写真に奥行やオリジナリティを出すことができます。

スマホの機種によって搭載するレンズの性能は異なり、組み合わせも様々ですが、複数レンズがもたらす主な効果は次の通りです。

  • 背景をぼかして被写体を浮き立たせる写真が撮影できる(ポートレート撮影)
  • 質のいいズーム写真が撮影できる
  • 色彩が豊かで深みのある写真が撮れる
  • 夜間でも光を取り込み、鮮明な写真が撮れる

カメラレンズは複数になることによって、デジカメのように焦点を調節することが可能になります。

画質を低下させることなくズームして鮮明な写真を撮ったり、被写体にピントを合わせて引き立たせ、背景はぼかせるポートレート写真なども簡単に撮影ができます。

画素数・解像度

画素数は数値が大きければ大きいほど細かくキレイな写真が撮れ、劣化させずに拡大できます。

一方、画素数が大きいと写真1枚のデータ量が大きくなり、ストレージやmicroSDカードもすぐにいっぱいになってしまうので注意が必要です。

写真をプリントする場合には、900万画素以上あれば、高画質で印刷できます。画質にこだわる人は、最低でも1000万画素以上のカメラを搭載したスマホがおすすめです。

F値(絞り値)

F値とはレンズから取り込む光の量を示す数値です。

F値が小さいとレンズが開いて明るくなり、F値が大きいとレンズが絞られ暗くなります。また、F値が小さいと早いシャッターが切れるので、動きのある被写体でも写真がぶれにくくなります。

夜景の撮影を楽しんだり、子どもや動物など動きのある被写体を撮ることが多い人は、カメラレンズのF値が小さいものを選ぶことがポイントです。

ズーム性能

スマホのズームには「デジタルズーム」と「光学ズーム」があります。遠くの被写体にぐっと近づいた写真を鮮明に撮りたいなら、「光学ズーム」を搭載したスマホカメラがおすすめです。

「デジタルズーム」はレンズを動かすことなく画像の倍率を上げることによって、ズーム効果を出しています。そのため、拡大するほど画像は荒くなってしまいます。

一方「光学ズーム」は物理的にレンズを動かしてフォーカスを合わせるズームです。厚く大きめのレンズが特徴で、画質の劣化を起こさずに被写体を大きくできます。

優れた光学ズームカメラを搭載したスマホは、厚みや重さが増す傾向があります。そのため、光学ズームレンズにデジタルズーム効果を組み合わせたスマホカメラも多数あります。

画角

スマホのカメラで撮影したときに、写る範囲(角度)を数値で表したものを「画角」と呼びます。一般的にフィルムカメラの時代によく使われた35mm判で換算し、「24mm」「28mm」などの数値で表示されます。

この数値は焦点距離のことを示し、小さいほど広い範囲(広角)を写すことが可能です。逆にこの数値が大きいと、望遠の撮影時に遠くのものをキレイに写すことができます。

目安としては16mmを「超広角」、27mmや28mmが「広角」、50mm前後が「標準」で、それより長いものは「望遠」とされています。

その他便利機能

最新のスマホカメラには、基本的な機能だけでなく様々な便利機能が備わっています。ブレの少ない写真に仕上がる「手ぶれ補正」や、夜間の撮影でも美しい写真に仕上がる「ナイトモード」がその一例です。

これらの機能が搭載されることによって、利用用途に合わせた最適な1枚に仕上がるので、カメラを重視したい方はチェックしてみましょう。

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング

2021年の最新モデルを含むスマホの中から、今回は徹底的にカメラ機能に注目しました。美しく鮮明な映像を多彩に表現できる、こだわりのスマホを紹介します。

1位:OPPO Find X3 Pro


出典:au

  • 10億色を再現するクアッドカメラ
  • 最大60倍ズーム!顕微鏡のようなマクロカメラ

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第1位は、「OPPO Find X3 Pro」です。OPPO Find X3 Proのアウトカメラは、広角・超広角・望遠・マクロカメラの4眼構成。

そのうち、広角と超広角カメラは、約5,000万画素のセンサーを搭載しており、10億色の撮影に対応しています。より実物に近い色彩を再現し、クオリティーの高い写真を記録することが可能です。

繊細で美しい写真を撮影できるマクロカメラは、被写体を30倍まで拡大できます。さらに、デジタルズームを組み合わせると最大60倍まで拡大可能。

これにより、まるで顕微鏡を覗いたときのような接写を撮影でき、小さな被写体の輪郭もはっきりと捉えます。

その他、アウトカメラ・インカメラどちらもナイトモードに対応している点や、動いている被写体を瞬時に捉える「フラッシュスナップショット」の搭載など、カメラにとことんこだわったスマホです。

OPPO Find X3 Proは、2021年6月下旬以降に発売予定で、現在予約を受け付けています。優れたカメラ性能をもつ最新スマホを求めている方は、この機会にチェックしてみましょう。

アウトカメラ
レンズ数
4
画素数・広角:約5,000万画素
・超広角:約5,000万画素
・望遠:約1,300万画素
・マクロ:約300万画素
・インカメラ:約3,200万画素
F値アウトカメラ:1.8/2.4/3.0
インカメラ:2.4
ズームハイブリッド5倍光学ズーム
デジタルズーム20倍

【au公式】OPPO Find X3 Proの詳細はこちら

2位:Galaxy S21 Ultra 5G


出典:ドコモ

  • 最大約1億800万画素の高性能4眼カメラ
  • シネマレベルの8K動画

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第2位は、「Galaxy S21 Ultra 5G」です。2021年4月に登場したGalaxy S21 Ultra 5Gは、最大約1億800万画素の4眼カメラを搭載しています。

日差しの強い日中の撮影から夜景撮影などの環境下でも、細部までこだわった鮮明で美しい写真を撮影できます。

カメラアプリ機能「プロモード」を使えば、光を取り込む量やISO感度、シャッタースピードなど、自分好みの設定が可能。スマホ1台で一眼レフ並みの写真に仕上がります。

また、光学10倍の望遠カメラと進化したAI超解像技術により、100倍ズームを実現。さらに、ズームロック機能を搭載しているので、肉眼では確認できない遠くの被写体でも、ブレを抑えた写真を残せます。

動画撮影は、シネマレベルの8K動画に対応している上に、超広角・広角・望遠カメラから映し出される3つのシーンを確認しながらの撮影が可能です。

約4,000万画素のインカメラで自分を映しながら風景を撮影することもできるので、SNS映えする動画も瞬時に作成できるスマホカメラとなっています。

アウトカメラ
レンズ数
4
画素数・広角:約1億800万画素
・超広角:約1,200万画素
・望遠(3倍):約1,000万画素
・望遠(10倍):約1,000万画素
・インカメラ:約4,000万画素
F値アウトカメラ:1.8/2.2/2.4/4.9
インカメラ:2.2
ズーム100倍

【ドコモ公式】Galaxy S21 Ultra 5Gの詳細はこちら

3位:Galaxy S21/S21+ 5G


出典:Galaxy

  • 多彩なカメラ機能
  • 映画のような作品が残せる8Kビデオ

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第3位は、「Galaxy S21 5G」と「Galaxy S21+ 5G」です。2位で紹介した「Galaxy S21 Ultra 5G」と同時期に発売された2機種となっています。

とにかくハイスペックなカメラを求める方は、Galaxy S21 Ultra 5Gの方がおすすめですが、こちらの2機種も負けていません。

価格に差があるので、高性能なカメラを搭載したスマホが欲しいけど、少しでも価格を抑えたいという場合は、Galaxy S21 5GまたはGalaxy S21+ 5Gを選ぶとよいでしょう。

Galaxy S21 5GとGalaxy S21+ 5Gは、機能面に関して大きな違いはありません。どちらも、プロ並みの写真を撮影できる高性能なトリプルカメラを搭載しています。

アウトカメラとインカメラを同時に撮影できる「デュアルレコーディング」や、多機能な8K動画など、スマホカメラにこだわりたい方でも満足できる性能です。

Galaxy S21 5GGalaxy S21+ 5G
アウトカメラ
レンズ数
33
画素数約1,200万画素
約1,200万画素
約6,400万画素
インカメラ:約1,000万画素
約1,200万画素
約1,200万画素
約6,400万画素
インカメラ:約1,000万画素
F値アウトカメラ:2.2/1.8/2.0
インカメラ:2.2
アウトカメラ:2.2/1.8/2.0
インカメラ:2.2
ズームハイブリッド光学ズーム3倍
デジタルズーム30倍
ハイブリッド光学ズーム3倍
デジタルズーム30倍

【au公式】Galaxy S21/S21+ 5Gの詳細はこちら

4位:iPhone 12 Pro/Pro Max


出典:ドコモ

  • ナイトモード対応の3眼カメラ
  • LiDARスキャナ搭載

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第4位にランクインしたのは、iPhoneの最新モデル「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」です。

iPhoneは、カメラの性能において年々進化を遂げていますが、中でもProシリーズはとくに優れたカメラ機能をもつモデルとなっています。

2020年に登場したこちらの2機種は、どちらも超広角・広角・望遠カメラに加えて、LiDARスキャナを搭載しています。LiDARスキャナとは、光を使って奥行きを測る機能のことで、iPhoneでは初の搭載となりました。

LiDARスキャナは、自宅に置く家具のサイズや位置をARでシミュレーションしたり、体をスキャンして健康維持に使用するなど、様々な場面で活躍する機能です。

さらに、iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Maxはすべてのカメラがナイトモードに対応しています。LiDARスキャナにより、ナイトモードを利用したポートレート撮影も可能なので、夜間でも印象的な写真を手軽に撮影できます。

iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
アウトカメラ
レンズ数
33
画素数超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ:約1,200万画素
F値アウトカメラ:2.4/1.6/2.0
インカメラ:2.2
アウトカメラ:2.4/1.6/2.2
インカメラ:2.2
ズーム光学ズーム4倍
デジタルズーム10倍
光学ズーム5倍
デジタルズーム12倍

5位:Xperia 1 III


出典:au

  • 自由な構図を楽しめる望遠カメラ
  • 被写体の表情を捉える瞳AF機能

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第5位は、「Xperia 1 III」です。Xperia 1 IIの後継モデルとして登場したこちらは、ドコモ・auから2021年7月以降に発売する予定となっており、現在予約を受け付けています。

人気のXperiaシリーズの中でも、ハイスペックなモデルのXperia 1 III。超広角・広角・望遠カメラに加えて、3D iToFセンサーを搭載しています。

望遠カメラには、レンズが動くことで2つの焦点距離を実現する可変式望遠カメラを採用しました。これにより、計4つの焦点距離で、様々な構図の写真を楽しめます。

また、人や動物の瞳を自動で検出して正確にピントを合わせる「瞳AF(オートフォーカス)」機能を搭載。さらに、被写体にピントを合わせ続ける「リアルタイムトラッキング」を組み合わせることで、被写体の一瞬の表情も逃しません。

カメラ性能に限らず、前モデルから大きく進化しているので、高性能な最新スマホを求める方は、Xperia 1 IIIを検討してみてはいかがでしょうか。

アウトカメラ
レンズ数
3
画素数・広角:約1,220万画素
・超広角:約1,220万画素
・望遠:約1,220万画素
・インカメラ:約800万画素
F値アウトカメラ:1.7/2.2/2.3・2.8
インカメラ:2.0
ズーム12.5倍

Xperia 1 IIIの詳細はこちら
ドコモ
公式サイト
au
公式サイト

6位:Google Pixel 5


出典:ソフトバンク

  • フラッシュなしで星空くっきり
  • ポートレート撮影に最適なライト搭載

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第6位は、「Google Pixel 5」です。Google Pixel 5はデュアルカメラですが、その実力はトリプルカメラやクアッドカメラを搭載するモデルに匹敵するほど。

中でも注目したいのは、暗い場所での撮影が可能な夜景モードです。この夜景モードは、夜間のポートレート撮影から星空の撮影まで、フラッシュを使わずに細部までしっかりと捉えます

日中の撮影でも、自動的に写真の色を明るく鮮やかに仕上げるので、アウトドアシーンなど様々な場面で活躍する1台です。

また、ポートレート撮影時に影が入り込んでも、Google Pixel 5のライトで被写体を照らして光量をプラスすることが可能。さらに、後から明るさを調整できるので、自分好みの理想的なポートレート写真を記録できます。

アウトカメラ
レンズ数
3
画素数・約1,220万画素
・約1,600万画素
・インカメラ:約800万画素
F値アウトカメラ:1.7/2.2
インカメラ:2.0
ズーム7倍

iPhone 12 Pro/Pro Maxの詳細はこちら
au
公式サイト
ソフトバンク
公式サイト

7位:AQUOS R6


出典:ドコモ

  • 見たままの景色を再現する1インチセンサー
  • 歪みのない本格的な写真撮影

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第7位は、2021年6月中旬以降発売予定の「AQUOS R6」です。ドコモ・ソフトバンクでは、現在予約を受け付けています。

AQUOS R6は、スマホカメラに特化したモデルとなっており、目の前に広がる景色をそのまま切り取ったような写真を撮影できることが特徴です。

圧倒的な集光量を誇る1インチセンサーを搭載したことで、暗い場所でもノイズの少ない鮮やかな写真に仕上がります。明るい被写体は白飛びせず、暗い被写体は黒つぶれのない画像を残すことが可能です。

AQUOS R6のカメラは、一眼レフで有名なライカが監修しているので、スマホで本格的な写真撮影を楽しみたい方に適しています。

アウトカメラ
レンズ数
4
画素数・アウトカメラ:約2,020万画素
・インカメラ:約1,260万画素
F値アウトカメラ:1.9
インカメラ:2.3
ズームデジタルズーム6倍

iPhone 12 Pro/Pro Maxの詳細はこちら
ドコモ
公式サイト
ソフトバンク
公式サイト

8位:Mi 10 Lite 5G


出典:au

  • 3万円以下の4眼カメラスマホ
  • SNS映えする多彩なカメラ効果

カメラ機能に優れたおすすめスマホランキング第8位は、中国に本社を構えるシャオミの5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G」です。

Mi 10 Lite 5Gは、3万円以下のモデルにもかかわらず、4眼カメラを搭載したコストパフォーマンスに優れたスマホとなっています。

低価格帯ですが、大きな建物をダイナミックに写す超広角カメラから、小さな雫まで捉えるマクロカメラまで取り揃えているので、スマホカメラにこだわりたい方にもぴったりです。

また、万華鏡で覗いているような動画を撮影できる「AI魔法万華鏡」や、アウトカメラとインカメラを同時に録画できる「デュアルビデオ」など、SNS映えするような多彩なカメラ効果を搭載しています。

アウトカメラ
レンズ数
4
画素数・広角:約4,800万画素
・超広角:約800万画素
・深度センサー:約200万画素
・マクロ:約200万画素
・インカメラ:約1,600万画素
F値アウトカメラ:1.79/2.2/2.4
ズーム12.5倍

【au公式】Mi 10 Lite 5Gの詳細はこちら

高性能カメラ搭載のSIMフリースマホ

次に、高性能カメラを搭載したSIMフリースマホを2機種紹介します。どちらもスマホカメラを重視したい方にぴったりのモデルなので、ぜひ参考にしてください。

ZenFone 7 Pro


出典:IIJmio

  • インカメラにもなる!トリプルフリップカメラ
  • ブレの少ない美しい写真

1つ目に紹介するのは、ノートパソコンやゲーミングスマホで有名なASUSから登場した「ZenFone 7 Pro」です。

ZenFone 7 Proのカメラは、他のスマホと比べてかなり特徴的アウトカメラとインカメラの両方の機能をもつ、電動駆動式のフリップカメラを搭載しています。

風景などを撮影したいときは本体背面にカメラを動かして、セルフィーを楽しみたいときは前面にカメラを設置するだけで、高画質な写真に仕上がります。

また、カメラの駆動は好きな角度で固定できるので、パノラマ写真なども簡単に撮影可能です。さらに、光学式手ぶれ補正に対応しているため、ブレの少ない美しい写真を残せます。

アウトカメラ
レンズ数
3
画素数・広角:6,400万画素
・超広角:1,200万画素
・望遠:800万画素
・インカメラ:約6,400万画素
F値1.8/2.2
ズーム光学3倍
デジタルズーム4倍

Redmi Note 10 Pro


出典:Xiaomi Japan

  • 最大1億800万画素の超高画質4眼カメラ
  • シャッターを押すだけでプロのような仕上がり

次に紹介するのは、最大1億800万画素の4眼カメラを搭載する「Redmi Note 10 Pro」です。

Redmi Note 10 Proで高画質な写真を撮影するときは、カメラを起動して「プロ」モードの「108」に設定するだけ。面倒な設定をしなくても、細部まではっきり捉えた美しい写真を撮影できます。

超広角カメラによるダイナミックな撮影体験から、深度センサーが作り出す自然なボケで印象的なポートレート撮影も実現。シャッターを押すだけで、本格的な写真に仕上がります。

アウトカメラ
レンズ数
3
画素数・広角:1億800万画素
・超広角:800万画素
・望遠:500万画素
・深度センサー:200万画素
・インカメラ:約1,600万画素
F値アウトカメラ:1.9/2.2/2.4/2.4
インカメラ:2.45
ズームハイブリッドズーム10倍
デジタルズーム50倍

カメラ機能にも妥協しないスマホで最高のフォトライフを送ろう

ここまでカメラ機能にこだわって高画質の写真や映像が撮れる、おすすめのスマホを紹介してきました。

今、最新モデルでカメラにこだわっているスマホは、デュアルレンズ、トリプルレンズが主流になっています。

格安スマホであっても、一眼レフ並みの写真が撮れるような機種もあるので、今回紹介したスマホをぜひチェックしてみてください。

また、写真の色味や撮影時のレスポンスは、実際に触ってみないと分からない部分があります。ネット販売を中心にしていた格安スマホですが、最近は量販店にも店頭展示され始めました。

ぜひ実際にスマホを手にとって、カメラを起動して確認し、妥協せずに、お気に入りのスマホを手に入れてください。

SHARE!!

あわせて読みたい