1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. おすすめの格安SIMをかんたん比較、1分で無料診断!

ご利用状況とご希望の条件に答えて、
あなたにおすすめの格安SIMを診断!

おすすめ格安SIM比較診断

SIMチェンジの格安SIM診断は、お答えいただいたスマートフォンの使用状況をもとに、あなたに最適な格安SIMを無料で診断。
見つけたSIMカードは、すぐに申し込むことができます。

利用する携帯電話について

ご利用する端末は?
ご契約中の携帯電話会社
音声通話を利用していますか?
SoftBank回線で「音声通話」が利用可能なプランがありません。
  • 050 を利用するメリット 050の電話番号 (IP電話) を利用することで、通話料金を抑えることができます。

現在の端末の使い方について

SMS(ショートメッセージ)
の利用 アプリでの通話を行ったり、LINEなどSMS認証があるサービスを利用する場合に必要です。
090/080/070から始まる番号を利用する場合、SMSは付帯になるため、「利用する」しか選べません。
SoftBank回線で「SMS」が利用可能なプランがありません
必要な通信量 (一ヶ月あたり)

SIMカードに必要な条件について

希望する特徴やオプションはありますか?( ※複数選択可 )
追加条件の詳細を確認する
もっと見る
見つかったSIMカード {{resultCount}}件
診断結果を見る
SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断を利用する場合、「SIMチェンジ」利用規約に同意したものとみなします。
同意いただけない場合、格安SIM診断を利用することはできません。

格安SIMカードとは?
メリット・デメリットやおすすめの比較方法

格安SIMカードとは?

そもそも「SIMカード」とは、スマートフォン(スマホ)や携帯電話を使って通信を行うために必要なカードのことです。みなさんが普段お使いの端末には、このSIMカードが装着されています。このカードが装着されていなければ、通話やデータ通信が不可能となってしまいます。

「格安SIMカード」とは、LINEモバイルや楽天モバイルなどのMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる通信業者が提供するSIMカードのことです。ドコモ(docomo)やau、SoftBank(ソフトバンク)といった大手通信キャリアより利用料金が安い通信サービスを受けることができます。MVNOは自社で通信設備を所持していないのが大きな特徴で、大手キャリアから通信回線を借りて私たちに通信サービスを提供しています。設備の運営コストなどの諸費用が掛からない分、私たちユーザーに格安で通信サービスを提供できるというわけですね。

「格安SIM」と「格安スマホ」の違い

simカードと格安スマホ よく混同されている「格安SIM」と「格安スマホ」という表現。格安SIMは上記で説明した通りMVNOが提供しているSIMカードのことです。では、肝心の格安スマホとは何なのか。格安スマホとは、一言でいえば「格安SIMを装着したSIMフリースマホ」のことです。つまり、「端末の本体価格」が格安であるということではなく、「端末の利用料金」が格安であるという意味で格安スマホという表現がなされています(MVNOが提供する端末と格安SIMを同時契約した場合も含む)。

格安SIMカードのメリット・デメリット

格安料金でスマホを使うことができる格安SIMカードですが、メリット・デメリットの両方があります。長所・短所を知ってあなたにあったサービス・プランを選びましょう。

格安SIMカードの2つのメリット

格安SIMカードのメリットが2つありますので紹介します。

スマホの利用料金が安くなる

格安SIMを利用して得られる最大のメリットが、とにかくスマホの利用料金が安くなるという点です。格安SIMの中には、月額500円以下でスマホを利用することができるプランもあります。今のスマホ料金に不満がある方は、チェックしてみる価値ありです。

プランの選択肢が多く、自分の使い方に合ったものを選ぶことができる

たくさんのMVNOが提供する格安SIMの中から、自分の使い方に最もマッチしたものを選ぶことができるのもメリットの一つです。また、選択を誤ったとしても、データ通信専用SIMであれば大手キャリアと異なり「2年縛り」などがないので、気軽に試してみることができます。

格安SIMカードの2つのデメリット

格安SIMカードのデメリットが2つありますので紹介します。

通信環境が不安定になることがある

MVNOは基本的に自社で通信設備をもっていません。そのため、場合によっては通信速度が遅くなったり、つながりにくくなったりすることがあります。

キャリアのような手厚いサービス・サポートが受けられない

格安SIMを利用すると、キャリアのメールアドレス(@docomo.ne.jp,@ezweb.ne.jp,@softbank.ne.jp)が利用できなくなります。これが利用できないと一部のサービスが利用できなかったり、ガラケーの人にメールが届かなくなってしまうことがあります。また、実店舗をもつMVNOが少ないため、端末が故障した際や困ったことがあったりした場合、大手キャリアのような十分なサポートが受けられない場合があります。

おすすめの格安SIMの選び方

では、実際にどのようにして格安SIMを選べばよいのでしょうか。SIMチェンジが提供する「おすすめ格安SIM比較診断」の診断フォームに沿って、おすすめの格安SIMの選び方を説明していきます。

利用したい端末を選ぶ

まずは利用したい端末を選択します。

利用する端末を選ぶ

現在の端末を継続して使う

今使っている端末をそのまま利用し、SIMのみ格安SIMに変更したい方は「現在の端末を継続して使う」を選択してください。

新しく購入する

端末もSIMも一新したいという方は「新しく購入する」を選択してください。新しい端末を購入し、格安SIMを利用する際は、基本的にSIMフリースマホを購入して利用することになります。SIMフリースマホとは、SIMカードを自由に入れ替えできる状態の端末のことを指し、大手キャリアのSIMはもちろんMVNOが提供する格安SIMも利用することができます。

現在契約中の携帯電話会社を選択する

ここでは、現在使っている端末を契約したキャリアを選択します。

ご契約中の携帯電話会社

ドコモ(docomo)

「docomo」を選択すると、ドコモ(docomo)の通信回線を借りているMVNOの格安SIMが表示されます。大半のMVNOがドコモ(docomo)回線を利用しているため、選択肢の幅は広くなっています。

au

「au」を選択すると、auの通信回線を借りているMVNOの格安SIMが表示されます。診断結果には、mineo(マイネオ)、UQ mobile(ユーキューモバイル)、IIJmio(みおふぉん)のいずれかの格安SIMが表示されます。

SoftBank(ソフトバンク)

「SoftBank」を選択すると、SoftBank(ソフトバンク)の通信回線を借りているMVNOの格安SIMが表示されます。診断結果にはb-mobile(ビーモバイル) S、U-mobile(ユーモバイル) Sの2社の格安SIMが表示されます。ただし、各社ともデータ通信のみの提供です。音声通話、SMSを利用するには端末をSIMロック解除し、ドコモ(docomo)回線、au回線で契約する必要があります。

SIMフリー

現在SIMフリースマホを使っている方は、こちらを選択してください。各MVNOの格安SIMが表示されます。選択して頂いたご使用の回線を元に、原則SIMロック解除不要で利用できる格安SIMの診断結果を提供します。 この作業は、「ご利用する端末は?」のフローで「現在の端末を継続して使う」を選択した方のみ対象となります。

SIMロック解除について

格安SIMに乗り換えるときに、SIMロック解除をしないと利用できないと思っている方のために、SIMロック解除とは何かを説明します。

まず「SIMロック」とは、端末を販売した携帯電話会社とSIMカードを発行した携帯電話会社が一致しなければ使えるようにはならないという仕組みのことをいいます。SIMロック解除とは、この「通信回線」と「端末」の関係を切り離すことを言います。SIMロック解除をすれば、利用端末がドコモ(docomo)で購入したものであっても、auの回線を利用できるというわけです。つまり、SIMロック解除は現在契約しているキャリアとは別の回線を使う場合に必要なものとなっています。

音声通話の利用の有無を選択する

ここでは、音声通話(いわゆる電話)を利用するかどうかを選択します。

音声電話の利用の有無を選択

利用している

以下に該当する方はこのフローで「利用している」を選択してください。

  • 現在音声通話を利用していて引き続き利用したい方
  • 現在データ通信のみを利用しているが、この機会に音声通話を利用したいという方

利用していない(データ通信のみ)

以下に該当する方は、「利用していない(データ通信のみ)」を選択してください。

  • 現在データ通信のみを利用していて引き続き利用したい方
  • 現在データ音声通話を利用しているが、データ通信のみの利用を考えている方

電話番号の変更の有無を選択する

ここは、現在使っている電話番号をそのまま利用するか、番号を刷新するかを選択するフローとなっています。

電話番号の変更の有無を選択する

電話番号を継続して利用する

現在使っている電話番号を変えたくないという方は「電話番号を継続して利用する」を選択してください。電話番号を継続使用するためにはMNPの手続きを済ませる必要があります。詳しくは下記「電話番号を変更せず格安SIMに乗り換える方法とは」で説明します。

新しい番号を取得する

現在使っている電話番号を変える方は「新しい番号を取得する」を選択してください。

新しい番号を取得する
090/080/070の番号を使いたい
新しい番号に変更する際、090/080/070から始まる番号を利用したいと考えている方は「090/080/070の番号を使いたい」を選択してください。090/080/070から始まる番号は皆さんがおなじみの携帯電話の番号です。私たちが利用しているインターネットの回線とは別の回線を利用しているので、音声品質が高いのが特徴です。
050の番号を使いたい
新しい番号に変更する際、050から始まる番号(IP電話)を利用したいと考えている方は「050の番号を使いたい」を選択してください。050始まりの番号(IP電話)とはインターネットの通信回線を用いて通話ができるものです。LINE(ライン)の「LINE Out」やmineo(マイネオ)の「LaLa Call(ララコール)」などがこれにあたります。通話料を抑えられますが、090/080/070始まりの番号より若干音声品質が落ちてしまいます。
番号は指定しない
番号は変更したいけれど、特にどんな番号になっても構わないという方は「番号は指定しない」を選択してください。

電話番号を変更するには現在契約中のキャリアとの契約を解約しなければなりません。解約するためには基本的に10,260円の契約解除料がかかります。ただ、各キャリアとも2年契約を利用している場合は、更新月(契約期間終了後二ヶ月間)に解約すれば違約金が0円となります。他にも様々なプランを各社と契約している場合には、それぞれ違約金がかかる場合がありますので、各社のサービスをよく確認しておく必要があります。

この作業は、「音声通話を利用していますか?」のフローで「利用している」を選択した方のみ対象となります。

電話番号を変更せず格安SIMに乗り換える方法とは

電話番号を継続利用してMVNOに乗り換える場合、MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号を用意する必要があります。キャリアごとに手続きが異なるので、それぞれ説明します。

ドコモ(docomo)の場合
ドコモ(docomo)でMNP予約番号を取得する方法は、
  • ネット受付(My Docomo)
  • 電話受付
  • ドコモショップでの受付

の3つとなっています。また、手続きの際にMNP転出手数料2,160円、契約解除料10,260円(2年契約が終了するタイミングだと発生しません)、契約事務手数料3,240円(新しい携帯電話会社と契約するときに発生します)がかかります。

auの場合
auでMNP予約番号を取得する方法は、
  • 電話受付
  • auショップでの受付
  • auケータイ EZweb ※フィーチャーフォンのみ

の3つとなっています。また、手続きの際にMNP転出手数料3,240円、契約解除料10,260円(2年契約が終了するタイミングだと発生しません)、契約事務手数料3,240円(新しい携帯電話会社と契約するときに発生します)がかかります。

ソフトバンク(SoftBank)の場合
ソフトバンク(SoftBank)でMNP予約番号を取得する方法は、
  • 電話受付
  • ソフトバンクショップでの受付
  • My SoftBank ※3Gケータイのみ

の3つとなっています。また、手続きの際にMNP転出手数料3,240円、契約解除料10,260円(2年契約が終了するタイミングだと発生しません)、契約事務手数料3,240円(新しい携帯電話会社と契約するときに発生します)がかかります。

また、各キャリアともMNP予約番号には15日間の有効期限があるため、発行する際は格安SIMへ乗り換える準備が整ったタイミングで発行することをおすすめします。

SMS(ショートメッセージ)の利用の有無を選択する

ここでは、SMS(Short Message Service)を利用するかどうかを選択します。SMSとは、携帯電話の電話番号だけでメッセージを送受信できるサービスです。090/080/070始まりの番号であれば、自動的に付随されているサービスとなります。LINEなどSMS認証があるサービスを利用する場合に必要です。

SMS(ショートメッセージ)の利用の有無

利用している

以下に該当する方は、「利用している」を選択してください。なお、現在090/080/070の番号を利用している方、新規に090/080/070の番号を取得する方は、自動的にSMSが付帯されます。

  • 現在SMSを利用していて引き続き利用したい方
  • 現在SMSを利用していないが、この機会にSMSを利用したいという方

利用していない

以下に該当する方は、「利用していない」を選択してください。ただし、090/080/070の番号を使用している、または使用予定である方は選択することはできませんので注意してください。

  • 現在SMSを利用しているが利用をやめたい方
  • 現在SMSを利用しておらず、今後も使う予定がない方

一ヶ月に必要な通信量(データ容量)を選択する

ここでは、ご自身の利用状況に合わせて一ヶ月の通信量を選択します。自分が一ヶ月にどれだけのデータ通信量を使っているかの確認方法は契約中のキャリアによって異なるので以下を参考にチェックしてみてください。

ドコモ(docomo)の場合

下記以外にMy docomoアプリからも確認することができます。

  1. dメニューから「My docomo(お客様サポート)」にアクセス、ログイン
  2. 「よく使われるメニュー」から「ご利用データ量確認(当月分)」を選択
  3. 「当月・前月のご利用データ通信量」で利用状況をチェック

auの場合

下記以外にMy auアプリから確認することができます。

  1. 「My au」にアクセス、ログイン
  2. 「前日までの通話料、データ通信量」で利用状況をチェック

Softbank(ソフトバンク)の場合

下記以外にMy SoftBankトップにある「データ量」を選択しても確認できます。

  1. 「My SoftBank」へアクセス、ログイン
  2. 「人気のメニュー」から「ご利用のデータ通信量を確認する」を選択
  3. 「ご利用状況の確認」の「確認する」を選択し、利用状況をチェック

以上の方法でデータ使用量を確認することができます。以下では、どのサービスをどれくらい利用すると何GBのデータ容量が必要になるのかを解説し、おすすめのデータ容量を紹介します。

おすすめの格安SIMデータ容量の選び方

では、実際にどのようにして自分に合ったデータ容量を選べばよいのでしょうか。まずは1GBでできることを紹介します。

データ容量

データ通信量1GBで利用可能なサービス

利用するサービス1か月に利用できる回数・時間1日当たりに利用できる回数・時間
メールの送受信約2,000通約70通
LINEのトーク(メッセージ・スタンプ)約50万回約16,600回
Twitter,Instagram,FacebookなどのSNS約7時間約14分
ニュースサイトなどの閲覧約6,600ページ約220ページ
YouTubeなどのネット動画の閲覧約4時間約8分
音楽のダウンロード約200曲約7曲

この表はあくまでも目安です。高画質動画の閲覧や画像の多いサイトの閲覧などによって、この表よりも利用できる回数・時間が少なくなってしまうことがあるので注意が必要です。

上記を踏まえ、生活スタイルに合わせたおすすめのデータ容量を紹介していきます。ちなみに、日本人の平均データ使用量は4.22GBとなっています(2016年12月MM総研調べ)。

1GB未満

LINEやメールの利用がほとんどで、Webページや動画の閲覧はたまにしかしない、とにかくスマホの利用料金を節約したいという方は1GB未満のデータ容量がおすすめです。

1GB以上

LINEやメールの利用に加えて、TwitterやInstagramインスタグラムなどのSNSもそこそこ利用したいという方は1GBのデータ容量がおすすめです。

3GB以上

Twitter、インスタグラムなどのSNSヘビーユーザーで、画像の投稿もよく行うという方は3GB以上のデータ容量がおすすめです。

5GB以上

SNSの利用に加え、YouTubeやニコニコ動画、オンライン動画配信サービスをよく利用する方は5GB以上のデータ容量があると安心です。

7GB以上

SNS、動画サービスの利用に加えて、テザリングの利用を考えている方は7GB以上のデータ容量がおすすめです。

10GB以上

快適な通信速度でSNS、動画、テザリングを利用したいスマホヘビーユーザーの方は10GB以上のデータ容量があると安心です。

データ容量無制限

イライラする通信制限とおさらばしたい、細かいことを気にしないでガシガシスマホを使いたいという方はデータ容量無制限のプランがぴったりです。ただ、無制限プランは通信速度が制限されていることがほとんどなので、サクサク利用には向いていないので注意が必要です。

希望する特徴やオプションを選択する

ここでは音声通話やデータ容量の他に、お好みのサービスや条件を選ぶことができます。それぞれどういうニーズにマッチしたオプションなのか紹介していきます。

オプション機能

最低利用期間・解約金なし

お試しで格安SIMを使ってみて、合わなかったらすぐ他の格安SIMに乗り換えたい、長く使う自信がないという方は、最低利用期間や解約金がかからない格安SIMがおすすめです。大手キャリアのような「2年縛り」などによって、乗り換えたくても乗り換えられないといった事態に陥ることがなくなります。

複数のSIMカードが使える

スマホを複数台所持している方や、家族でデータ容量をシェアして利用したいという方は、複数枚のSIMカードが使える格安SIMがおすすめです。

余ったデータを繰り越せる

普段は5GBのデータ容量を使い切っているから5GBで契約したけど、今月は3GBしか使わなくて2GB分損した。ということにならないのがデータ繰り越しのオプションがついている格安SIMです。このオプションがあれば余った2GB分繰り越して、次の月に7GBの利用ができるようになります。

使ったぶんだけ支払い

毎月利用するデータ量がバラバラで、データ使用量が多い時に合わせると値段が高くなってしまうという方は、使った分だけ支払いができる格安SIMがおすすめです。あまり使用しなかった月は料金を安く抑えられ、多く使った月でも通信制限にかかることなく快適に利用することができます。

電話かけ放題オプションがある

データ通信よりも音声通話の方をよく使う、電話料金を安く抑えたいという方は電話かけ放題オプション付きの格安SIMがおすすめです。1回の通話時間に1~10分などの制限はあるものの、制限時間内の電話であれば何度かけても追加料金がかからないオプションとなっています(サービスによっては回数制限もあり)。また、これを選択すると通話定額プランがある格安SIMも表示されます。

電話専用アプリがある

電話専用アプリから電話をかけると、通常の通話料金の半額で音声通話が利用できます。電話かけ放題までは必要ないけれど、電話料金はなるべく安く抑えたいという方におすすめのオプションです。

ポイントがたまる

ただ利用料金を払うだけよりは、ポイントが付いた方がうれしいですよね。これを選択すれば、利用するたびにポイントが貯まる格安SIMが表示されます。

容量を追加購入できる

契約しているデータ容量を超えたために通信制限が始まりイライラ…なんてときにデータが追加購入できれば快適な速度でスマホを利用できます。うっかり使いすぎてしまった時に通信制限にかかりたくない方には、あると便利なオプションといえます。

銀行振込が可能

ほとんどの格安SIMがクレジットカードでの支払いが条件となっていますが、クレジットカードを持っていない方でも契約が可能な格安SIMもあります。これを選択すれば、銀行振込またはデビットカードで支払える格安SIMが表示されます。

プランを変更したい

3GBのデータ容量で契約したけど、毎月1GBしか使わないから安いプランに変更したい。逆にいつもデータの追加購入をしてしまって料金が高くついてしまう。そんな方でも安心できるのが、契約途中のプラン変更が可能な格安SIMです。柔軟な使い方がしたい方はプラン変更ができる格安SIMがおすすめです。

高速通信のオンオフができる

高速通信のオンオフ切り替えができる格安SIMでは、使い方次第でデータ通信量の節約が可能になります。例えば、LINEやメールなどの通信速度をあまり必要としないサービスを利用するときには高速通信をオフにして通信量を節約し、動画の視聴やSNSへの投稿などを行うときには高速通信をオンにしてサクサク快適に利用する、といった使い方が可能になります。

無料Wi-Fiスポットがある

カフェなどのフリーWi-Fiスポットを使ってデータ通信量を抑えたいという方はこちらのオプション付きの格安SIMがおすすめです。

カウントフリー

普段よく使うアプリやサービスはデータ通信量を気にせず使いたいですよね。カウントフリーのオプション付きの格安SIMは特定のアプリのデータ通信が使い放題になります。中にはLINEやTwitterがカウントフリーの対象になることもあるので要チェックのオプションであるといえます。

格安SIMを比較するおすすめの方法

おすすめの格安SIMの選び方が分かったら、「おすすめ格安SIM比較診断」で出てきた格安SIMを比較してみましょう。

格安SIMを料金で比較する

SIMチェンジが提供する「おすすめ格安SIM比較診断」の診断結果は、選んだ選択肢に合わせておすすめの格安SIMが月額料金の安い順に表示されます。なので料金で比較する場合は、上から順に見ていくだけでOKです。また、下の表はデータ通信専用SIMの平均月額料金を示したものです。なお、SMSを利用する場合は約140円、音声通話を利用する場合は約760円こちらの料金に上乗せされます。必ずしもこの値段に落ち着くということではないので、参考程度に確認してみてください。

データ通信専用SIM 平均価格

データ容量平均月額料金
1GB909円
3GB1,298円
5GB1,602円
7GB2,404円
10GB2,764円
20GB4,687円
30GB6,670円
40GB8,975円
50GB11,544円

格安SIMを速度で比較する

診断結果の速度を比較するのもひとつの手です。各MVNOは大手キャリア(ドコモ(docomo)、au、SoftBank(ソフトバンク))から通信回線を借りてサービスを提供しています。MVNOは相互接続点(POI)と呼ばれるポイントで電波を借りており、回線が混雑し始めると通信速度も遅くなります。そのため、快適な通信速度を提供する格安SIMを選ぶことが重要です。

通信速度は理論値(ベストエフォート)と実効速度(実測値)を比較する方法があります。

理論値(ベストエフォート)

全ての環境が完全に整っている場合に期待される値のことで「最大◯Mbs」という表され方をします。理論上出すことができる通信速度として各社発表していますが、実際には様々な理由でロスが発生し、理論値ほどの通信速度が出ることはありません。SIMチェンジの診断結果は理論値(ベストエフォート)を採用しているため、参考程度に見ておくと良いでしょう。

実効速度(実測値)

スマートフォンで測られる実際の通信速度のことです。利用が集中する時間帯や、電波の届きにくい場所では実効速度が低下します。快適にインターネットができるかどうかは実効速度によって左右されます。

下り速度と上り速度の違い!

通信速度はさらに下り速度と上り速度の2種類に分けることができます。一般的にコンテンツの閲覧に時間を消費するため、下り速度の方が重要な指標となります。

下り速度(受信)
ダウンロード速度のことです。インターネットの情報をパソコンで見る時の速度で、Webサイトの閲覧、アプリのダウンロード速度にあたります。
上り速度(送信)
アップロード速度のことです。LINEのメッセージ送信やInstagramへの投稿などの速度にあたります。

格安SIMをキャンペーンで比較する

診断結果に表示される格安SIMの中には、キャンペーンを実施中のものがあります。キャンペーン期間中に申し込むことでいろいろな特典を受けることができます。

キャッシュバック
契約完了でキャッシュバックされたり、ギフト券がもらえます。
月額基本料金割引
月額基本料金の割引を受けることができます。
SIMカード、新規手数料無料
SIMカード発行手数料(425円)や事務契約手数料(3,240円)が無料になります。
格安スマホ(端末)料金割引
端末セットで契約した時の端末料金が割引になります。
データ増量
データ容量がプレゼントされ、契約プランよりも多くのデータ通信が可能になります。

上記のようなキャンペーンを実施しているので、料金比較で迷ったらキャンペーン内容で比較するのもおすすめです。

格安SIMを特徴(オプション)で比較する

「希望する特徴やオプションを選択する」の箇所で見てきたように、格安SIMの特徴で比較してみても良いでしょう。

たとえば、「家族で大容量プランをシェアしたい」のであれば「複数のSIMカードが使える」、「YouTubeやNetflixなどの動画視聴や、FacebookやTwitterなどのSNSを無制限に利用したい」のであれば「カウントフリー」など用途に応じた魅力的なオプションが用意されています。

診断結果画面の「詳細を見る」から具体的な内容を確認できますので、気になる方は提供されるサービスを見てみましょう。