1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. どっちがいい?SIMフリーとキャリアのスマホの違いを比較!

どっちがいい?SIMフリーとキャリアのスマホの違いを比較!

更新日:2019.08.05

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討する方が増えています。しかし実際のところ、格安SIMのSIMフリースマホと大手キャリアのスマホはどちらがいいのでしょうか。iPhoneの場合は?大手キャリアから乗り換える場合、それまで使っていたスマホを継続して使うことはできるのでしょうか?比較してみました!

キャリアのスマホとSIMフリースマホの違いを解説!SIMロックの違い、購入場所や契約できるプランの違い、iPhoneを使いたい場合など、さまざまな視点からそれぞれのメリット・デメリットを比較してみました。キャリア版の端末も格安SIMで使える可能性があるので、活用方法も確認しておきましょう!

キャリア版スマホとSIMフリースマホの違い

docomo、au、SoftBankの大手3キャリアで契約できるスマホと、SIMフリーで販売されているスマホには、どんな違いがあるのでしょうか?チェックしておきたい項目は、以下の3つです。

  • 「SIMロックがかかっているか」の違い
  • 「購入方法/場所」の違い
  • 「選べる機種/プラン」の違い

SIMフリー版なら、SIMロック解除は必要なし


キャリア版スマホとSIMフリースマホの違いは、まず「SIMロックがかけられているかどうか」です。docomo、au、SoftBankで販売されているキャリア版端末は一部を除いてSIMロックがかけられているので、他社回線のSIMカードはそのままでは使えません(SIMロック解除手続きを行う必要があります)。

SIMフリースマホであれば基本的にはどの回線のSIMカードへも制限がかけられていないので、そのまま格安SIMで使うことができます。SIMロックによる利用制限がない点が、SIMフリースマホのメリットです。

SIMフリー版なら、スマートフォン単体のみを購入できる


キャリア版のスマートフォンは基本セット購入のみしか受け付けていないので、キャリア版のスマホを買う場合はそのまま大手キャリアの契約プランで使うことになります。大手キャリアはdocomo、au、SoftBankの3つしかないためプランの選択肢が少なく、またキャリアごとに購入可能な機種も限られてきます。

SIMフリースマホも格安SIMとセット販売されていることが多いですが、ほとんどの機種は家電量販店やオンラインショップでスマホだけを買うことができます。「スマートフォンは単体で購入して、格安SIMは自分に合ったサービスを選ぶ」ことができるのが、SIMフリースマホの強みです。

SIMフリー版なら、性能・価格帯の選択肢が多い


キャリア版スマホは比較的高性能な機種が揃っていますが、価格が高い機種が多く、またプランの選択肢も少ないので月額料金は格安SIMと比較して高くなりがちです。

一方SIMフリースマホは、人気が出始めた初期の頃はコストパフォーマンスを重視した機種が多かったのですが、現在は1万円程度の激安モデルからハイスペック(高性能)のスマホまで、さまざまな機種が揃っています。選ぶ機種によってはキャリア端末よりも高性能、もしくは同等程度の快適さで使えることもあるので、選択肢は多いです。

また格安SIMも数え切れないほどのサービスが登場しているので、プランの選択肢が多いのもメリットとなっています。

キャリア版 VS SIMフリー どちらが格安SIMで使いやすい?


大手キャリアで買ったスマホを格安SIMでも利用したいという方は多いでしょう。実は、キャリアのスマホは格安SIMでも利用可能です。ただし格安SIMとの組み合わせによってはSIMロック解除が必要なケースもあるので、どちらが格安SIMで使いやすいかも確認しておきましょう。

SIMフリー版のスマートフォン

docomo回線の格安SIM
SIMロック解除必要なし
au回線の格安SIM
SIMロック解除必要なし
SoftBank回線の格安SIM
SIMロック解除必要なし

SIMフリー」のスマートフォンとは「通信キャリアによる他社回線への利用制限(SIMロック)がかけられていないスマートフォン」のことを指します。はじめからSIMロックがかかっていない状態で販売されているので、各通信サービスのネットワークに対応していれば、基本的にはどの格安SIMでも使えます

SIMフリーのスマートフォンは多くの格安SIMとセット販売されており、時期によってはキャンペーンが適用されてお得に購入できることがあります。またスマートフォン単体はAmazonや楽天市場、その他通販サイトなどのオンラインストアや、取り扱いのある家電量販店などからも買うことができます。SIMフリー版のiPhoneは、Apple Storeで注文が可能です。

スマホ単体を通信契約なしで購入できるので、選べる機種の種類・価格帯が豊富であることが特徴です。

docomo(ドコモ)版のキャリアスマホ

docomo回線の格安SIM
基本的にはそのまま使える
au回線の格安SIM
SIMロック解除が必要
SoftBank回線の格安SIM
SIMロック解除が必要

docomo版のスマホも、格安SIMで使うことができます。ただしdocomoが販売している端末はキャリア版スマートフォンのため、SIMロックがかけられています

docomo回線網の格安SIMならSIMロック解除なしで使えますが、auやSoftBankの回線網を利用した格安SIMで使うには、SIMロック解除が必要です。

au版のキャリアスマホ

docomo回線の格安SIM
SIMロック解除が必要
au回線の格安SIM
SIMロック解除が必要な場合もある
SoftBank回線の格安SIM
SIMロック解除が必要

au版のスマホにも、SIMロックがかかっています。そのためdocomoやSoftBankの格安SIMで使う場合には、SIMロック解除が必要です。

au版のスマホをau回線の格安SIMで使う場合にも、SIMロック解除が必要なことが多い点には注意しておきましょう。

SoftBank(ソフトバンク)版のキャリアスマホ

docomo回線の格安SIM
SIMロック解除が必要
au回線の格安SIM
SIMロック解除が必要
SoftBank回線の格安SIM
SIMロック解除が必要な場合もある

SoftBank版のスマホも一部を除いてほぼすべての機種にSIMロックがかけられています。そのため、docomoやau回線を利用した格安SIMで使うにはSIMロック解除が必要です。

最近はSoftBank回線を活用したSIMプランも登場しているため、それらのSIMカードであればSIMロック解除なしで使えることもあります。Y!mobile(ワイモバイル)に関しては同じSoftBankのエリアで使えますがそれぞれ別のサービスとして提供されているので、Y!mobileで使いたい場合にはSIMロック解除が必要な点に注意しておきましょう。

SIMロック解除とは何ですか?

docomo、au、SoftBankで販売されているスマートフォンは、一部を除いて「SIMロック」がかけられています。他社回線のSIMカードで使えないように制限をかけるロックで、これを解除して他社回線のSIMカードでも使えるようにする手続きが「SIMロック解除」です。

実際に格安SIMで使えるかどうか、確認する方法は?

すでに紹介したSIMロック解除の必要・不要は、あくまで目安です。実際に格安SIMで使えるかどうかは、各社が公開している「動作確認済み端末」などの公式ページをチェックしましょう。

これらのページではSIMロック解除が必要な機種であるかどうか、またインターネット、通話、テザリングなど各機能が使えるかどうかが紹介されています。格安SIMを提供する会社による独自調査なので100%使える保証はありませんが、動作確認がとれている機種であれば安心して使えます。

キャリアのスマホとSIMフリーのスマホ、結局どちらがおすすめ?

キャリアで購入したスマホとSIMフリースマホはどちらがいいのでしょうか?

大手キャリア契約で、月額料金も機種の選択肢にも満足しているなら……


現在docomo、au、SoftBankの大手3キャリアのどれかでスマホを使っていて、月額料金や機種の選択肢・性能などに満足しているなら、そのままキャリア契約を続けるのも1つの方法です。

スマートフォンのブランドによってはSIMフリー版の端末を発売しておらず大手キャリア専売の機種もあったりしますし(例えばサムスン電子のGalaxyシリーズなど)、キャリアメールなども今までどおり使えますし、満足しているものをわざわざ格安SIMやSIMフリースマホへ変更する必要はありません。

大手キャリアで新規契約、MNP、機種変更をする

docomo
公式サイトへ
au
公式サイトへ
SoftBank
公式サイトへ

大手キャリアの機種に満足していないなら……


出典:ASUS
大手キャリア3社が販売しているスマートフォンに満足していない方は、SIMフリースマホを見ておきましょう。

2018年にはHUAWEI Mate 10 Pro、HUAWEI P20、ASUS ZenFone 5Z(ZS620KL)、HTC U12+など、キャリア販売モデルの性能にも劣らないハイスペック機種も登場しました。格安SIMとセットで利用すれば、月額料金も節約できます。

大手キャリアの基本料金に満足していないなら


現在docomo、au、SoftBankを使っていて「月額料金が高い」と感じている方は、格安SIMへの乗り換えを検討しましょう。機種はキャリア版スマホ、SIMフリースマホどちらもおすすめです。

持っているキャリア版スマホをそのまま使う

今まで使っていたキャリア版スマホを格安SIMでもそのまま利用するなら、端末を新たに購入する初期費用を抑えて、さらに安い月額料金で使うこともできるので一石二鳥です。実際に格安SIMで使えるかどうかは、各社の公式サイトからしっかり確認しておきましょう。

SIMフリースマホを買って使う

SIMフリースマホには高性能機種だけでなく、コストパフォーマンスに優れた3万円程度の人気モデルや、激安の機種もあります。もし今使っている端末が古すぎたりする場合は発売当時は高性能でも2018年、2019年には型落ち機種になっていることがあるので、買い換えても良いでしょう。

SIMフリースマホは単体でも購入できますが、格安SIMと一緒に申し込むとキャンペーンで安くなることがあります。格安SIMがセット販売している端末であれば動作確認がとれているので安心ですし、かつキャンペーンで安く購入できればさらにお得です。割引キャンペーンで有名なサービスは楽天モバイルなので、公式サイトを確認してみましょう。

終了日未定
【スーパーホーダイ申込特典】最大1,500円割引
【スーパーホーダイ限定】
楽天会員登録で1年間月額基本料金が1,500円/月割引
さらに、ダイヤモンド会員の場合プラス500円/月割引(1年間)
新しいスーパーホーダイは最低利用期間なし・契約解除料なし!初月は全プラン1,480円です。 詳細をチェック
公式サイトへ

SIMフリー版iPhoneとキャリアのiPhoneならどちらを使うべき?

機種はiPhoneに決めているけれど、SIMフリーにすべきかキャリア版にすべきかを迷っている方もいるでしょう。iPhoneの場合はどちらがいいのかを考えてみましょう。

最新のiPhoneを使うなら


出典:Apple
大手キャリア3社はもれなく最新のiPhoneを取り扱っているので(最新のiPhone XS/XS Maxも発売されました)、大手キャリアで機種変更などを行い、継続利用する方法がまず1つ。

現在はSIMフリー版の最新iPhoneもApple Storeで販売されているので、SIMフリー版をApple Storeで購入して、格安SIMで使うのも良いでしょう。IIJmioなど、格安SIMを提供する各社がiPhone XS/XS Maxの動作確認を行なっています。

iPhone XS/XS Maxどちらかの動作確認がとれている格安SIM

格安SIM申込
IIJmio公式を確認
OCN モバイル ONE公式を確認
mineo公式を確認
楽天モバイル公式を確認
BIGLOBEモバイル公式を確認
LINEモバイル公式を確認
DMM mobile公式を確認
UQモバイル公式を確認
イオンモバイル公式を確認
NifMo公式を確認
Fiimo公式を確認
エキサイトモバイル公式を確認

少し前のiPhoneを使うなら


少し前のiPhoneを使いたい場合は、どちらの選択肢も検討しておきましょう。例えばiPhone 6sは「docomo with」の対象機種になったので、キャリア契約でもそこそこお得に使えるようになりました。

少し前のSIMフリー版iPhoneは、Apple Storeで販売されていないこともあるので注意が必要です(稀に整備済み製品として少し安く販売されることはあります)。ですので、少し前のiPhoneを買いたい場合は、格安SIMとのセット購入も検討しましょう。

例えばY!mobile、UQモバイル、楽天モバイル、BIGLOBEモバイル、Fiimo、QTmobile、LINEモバイル、mineoなどは、格安SIMとセットでiPhoneを販売した実績があります。格安SIMで使えば、毎月スマホにかかる費用を抑えることも可能です。

iPhone販売実績のある格安SIM

格安SIM申込
Y!mobile公式を確認
UQモバイル公式を確認
楽天モバイル公式を確認
BIGLOBEモバイル公式を確認
mineo公式を確認
LINEモバイル公式を確認
Fiimo公式を確認
QTmobile公式を確認

SIMフリー版ではない場合もあります。

キャリア/SIMフリースマホは状況に合わせて選ぼう!

キャリア版のスマホと、SIMフリースマホの違いについて説明しました。SIMフリースマホであればSIMロック解除は必要ないので使える格安SIMが多いものの、docomo、au、SoftBank大手3キャリアの契約にも利点はあるので、一長一短です。

それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで大手キャリアで機種変更や乗り換えをするか、または格安SIMへ乗り換えるか決めましょう!

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!