50人に1人1万円分のギフト券プレゼント!! SIMCHANGE限定 特別キャンペーン実施中!
終了まであと
14
  1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリーのスマホでdocomo(ドコモ)メールを使う方法を分かりやすくご紹介

SIMフリーのスマホでdocomo(ドコモ)メールを使う方法を分かりやすくご紹介

更新日:2018.07.06

これまでキャリアのスマホを使っていた方にとってキャリアメールの存在は大きいでしょう。乗り換え先のSIMフリースマホでもキャリアメールを利用したい方は多いはず。そこで今回は、SIMフリースマホでdocomo(ドコモ)メールを使う方法を紹介。簡単なステップでキャリアメールが利用できます。

現在docomoを利用している方は、SIMフリースマホに乗り換えてもdocomoメールを使えたらいいですよね。格安スマホに乗り換えると原則キャリアメールを使えなくなりますが、実はdocomoメールならSIMフリースマホでも利用できます。今回は、SIMフリースマホでdocomo(ドコモ)メールを利用する方法を紹介します。


SIMフリースマホでdocomo(ドコモ)メールを使う方法はある?

大手キャリアを利用している方のほとんどはキャリアメールを使っているでしょう。ほかのメールサービスに比べてキャリアメールは信用度が高いので、メール以外にもさまざまな場面で必要になる機会があります。そんなキャリアメールの中でも、docomoメールはSIMフリースマホで使う方法があるのをご存知ですか?

  • spモードに加入済みのdocomo回線
  • docomoメールに対応したスマホ
  • SIMフリースマホ

SIMフリースマホでdocomoメールを利用する場合、上記の3つを用意すればメールが利用できるようになります。本記事では、必要なものを用意する手順も紹介していくので、現在まだ揃えていない方は読み進めながら用意しましょう。

docomoメールに対応したスマホに関しては、キャリアを契約していた方と契約していない方で手順が分かれます。すでに、キャリアを契約していた方は、AndroidのバージョンがAndroid4.0以上であることを確認してください。docomoを契約せずにキャリアメールが使いたい方はAndroid4.0以上のdocomoスマホを中古スマホ店やオークションなどで手に入れてください。

docomo(ドコモ)メールが外部から使える理由

docomoメールは、IMAPまたはPOPアクセスを利用して格安スマホからアクセスできます。どちらもパソコンやスマホでメールを受け取る際の手順で、スマホでdocomoメールを使うなら必要な設定です。

  • IMAP:「Internet Message Access Protocol(インターネット・メッセージ・アクセス・プロトコル)」
  • POP:「Post Office Protocol(ポスト・オフィス・プロトコル)」

IMAPは、メールを受信した際にサーバーにもメールを残してくれる設定です。一方POPは、受け取ったメールをスマホに取り込むと、サーバー自体からメールが消えます。こうした受信手順をスマホのメールアカウント側(Gmailなど)で設定することで、スマホでも問題なくキャリアメールが使えるのです。

SIMフリースマホでdocomo(ドコモ)メールを使うための手順を紹介!

それでは、具体的にSIMフリースマホでdocomoメールを使うにはどうすればいいのか確認していきましょう。簡単な3つの手順でdocomoメールを使えるようになります。メール設定のために情報を入力しなければいけないので、間違って情報を入力していないかよく確認することをおすすめします。

1.spモードを契約しよう

SIMフリースマホでdocomoメールを使うためには、docomo回線を契約します。ただし、SIMフリースマホと2台持ちすることが前提なので、ここではもっとも維持費の安いプランを契約します。

docomoをメールのみで運用するなら「FOMAバリュープラン」がおすすめです。各種割引に加入することで月額802円という価格が実現します。この価格にspモード代金の月額324円が加わるので、合計1,126円でキャリアメールが利用できます。

また、利用する前にdocomoメールアプリを起動するために必要なスペックを充したAndroid 4.0以上のdocomo端末を用意してください。中古店のスマホやオークションで購入したdocomo端末でも構いません。また、以前からdocomoを契約している方はそのまま手元に用意しておきましょう。

2.アカウント設定をしよう

  1. dアカウントを取得
  2. docomoメールアプリを起動
  3. 「メール設定」から「ドコモメール設定サイト」に進む
  4. 4桁のspモードパスワードを入力
  5. 「メール設定確認」の項目から「dアカウント利用設定の確認/変更」を選択
  6. 「dアカウントでドコモメールを利用」の「利用する」を選択

続いて、docomoメールを他社の端末で使うために必要な設定を行います。まずは、dアカウントを取得しましょう。無料で簡単にアカウントが作れます。

その後、spモードを契約したdocomoのSIMをdocomo端末に差し込んで、docomoメールアプリを起動します。あとは、手順のとおり「メール設定」から「ドコモメール設定サイト」に進み、4桁のspモードパスワード(初期は0000)を入力。「メール設定確認」の項目から「dアカウント利用設定の確認/変更」を選択、「dアカウントでドコモメールを利用」の「利用する」を選択すればアカウント設定が完了します。

3.メールアプリに設定しよう

docomoの端末でdocomoメールの設定を行っても、SIMフリースマホにはdocomoメールアプリは搭載されていません。そのため、ほかのメールアプリを使ってdocomoメールを設定する必要があります。用意したSIMフリースマホのOSによっては、メールアプリがうまく動作しないことがあるため、適宜ほかのメールアプリを利用してください。

  • Gmail
  • Yahoo!メール
  • Outlook

SIMフリースマホにインストールするなら、上記のアプリがおすすめです。どれも利用者の多い有名なアプリでどのバージョンのOSでも動作しやすいです。アプリをインストールした後に起動すると、メールの種類を選ぶことになります。その際に、「その他」や「other」を選んでdocomoのメールアドレスとdアカウントのパスワードを入力しましょう。アカウント入力後に細かくメール設定を行います。

メール設定の入力項目

設定項目名入力内容
メールサーバ利用するdocomoのアドレス
受信サーバー(IMAP)imap.spmode.ne.jp
送信サーバ(SMTP)smtp.spmode.ne.jp
ユーザIDdアカウント名
パスワードdアカウントパスワード
認証方式LOGINまたはAUTHENTICATE(LOGIN)
SMTP認証行う
認証方式AUTH-PLAINまたはAUTH LOGIN
受信サーバ(IMAP)993
送信サーバ(SMTP)465
受信サーバ(IMAP)SSL(over SSL3.0)
送信サーバ(SMTP)SSL(over SSL3.0)

最後にメール設定を行いましょう。ここでは、入力する項目が非常に多くなっているので、ひとつひとつ確認してから入力してください。また、あらかじめ入力されている部分を直さないといけないこともあるため、うまく設定ができないというときは丁寧に見直しましょう。

SIMフリースマホでdocomo(ドコモ)メールを使う際の料金と注意点

最後に、SIMフリースマホでdocomoメールを使う際の料金を紹介します。実際にスマホと2台持ちするときの料金を把握しておけば、認識のズレがなくなり安心です。あわせて、docomoメールを利用するときの注意点も紹介するので参考にしてください。

docomo(ドコモ)メール利用時の料金

1台目:docomo回線(メールセットアップ用)
spモード契約:月額 1,126円
2台目:SIMフリースマホ(メインの利用)
本体代金 HUAWEI nova lite 2:月額 1,026円
タイプD ミニマムスタートプラン 月額 1,728円
合計
月額 3,880円

ここでは、docomoのメール用回線とSIMフリースマホを2台持ちする場合の料金を紹介します。docomo回線はメール用で月額1,126円。もし、中古のdocomo端末をメールのセットアップ用に購入する場合は、その代金がプラスされます。

続いて、docomoメールを利用するメイン機をIIJmio(みおふぉん)で契約する場合の料金をまとめました。契約した端末はコスパに優れたHUAWEI nova lite 2。さらに、IIJmioではdocomoとauの2つの回線からプランが選べるので、docomo回線のタイプD、プランは3GB利用できるミニマムスタートプランです。

これらの料金をすべて合わせると月額3,880円でdocomoメールが利用できます。ちなみに、SIMフリースマホを中古で購入したり、すでに用意してある方は本体代金が発生しません。この場合は、月額2,854円とより安く2台持ちで利用できます。

期間:2018年7月31日まで
【SIMチェンジ限定】12カ月間1GB増量!
キャンペーンサイトから申し込みで12カ月間1GB増量!
さらに初期費用3,240円→1円&音声SIM申込で12カ月間324円割引&12カ月間3GB増量の「史上最強 3つのお得なキャンペーン」も適用OK! 詳細を確認

docomo(ドコモ)メール利用時の注意点

spモードによるパケット料金発生に注意しよう
spモードを契約した回線では、通信ができるようになります。メール用のアカウントはパケット定額に加入しないので、純粋なパケット料金が発生します。用意した端末によってはアプリがバッググラウンドで起動したり、意図しない通信が発生したりすることがあります。パケット料金の発生には十分に注意して設定を行いましょう。
docomoメールアプリがインストールできる端末を用意しよう
メール設定用にdocomo端末を用意する場合、docomoメールアプリがインストールできるかOSのバージョンをよく確認してください。docomoメールアプリが利用できるOSは、Android 4.0以上なので注意しましょう。
利用料金が気になる方はフリーメールを検討しよう
どうしてもdocomoメールの月額料金が気になる方は、フリーメールの利用がおすすめです。GoogleやYahoo!では、無料で取得できるフリーメールを提供しています。ほかにも、メールサービスを用意しているMVNOもあるので、キャリアメールにこだわりがないなら、こうした代替サービスを利用しましょう。

SIMフリースマホでdocomo(ドコモ)メールを利用しよう!

SIMフリースマホでdocomo(ドコモ)メールを利用する方法を紹介しました。初めての方は、用意するものや必要な手順などに不安を感じるかもしれませんが、本記事を読みながら実践すればつまずくことなく設定が完了します。

また、SIMフリースマホとメール用の回線のスマホを2台持ちした場合の料金を紹介したので、これからdocomoメールを使う方は予算内に収まっているか確認しましょう。フリーメールに比べるとdocomoメールをはじめとしたキャリアメールは、信用度の高いメールアドレスです。本記事を参考にSIMフリースマホでもdocomoメールを利用してはいかがでしょうか。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)

SHARE!!

あわせて読みたい