1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPhoneのSIMカードを入れ替える時に知っておきたいこと!

iPhoneのSIMカードを入れ替える時に知っておきたいこと!

更新日:2018.07.06

スマホに挿すSIMカードを入れ替えるだけで使え、それでいて料金が安くなる格安SIMは魅力的です。そこで、iPhoneのSIMカードを入れ替える方法、SIMカードの入れ替えの際に知っておくと便利なことを紹介します。うまく反応しない場合の対策もお伝えします。

iPhoneのSIMカードを何らかの理由で入れ替える際に知っておいたほうがよいことがあります。今回はiPhoneのSIMカードの入れ替え方、入れ替えるときにに知っておくと便利なことをまとめました!どうやってSIMカードを入れ替えするのか?データはどうなるのか?すぐに入れ替えていいのか?さまざまな疑問を解決しましょう。


iPhone SIMカードの入れ替え方

格安SIMに乗り換えた多くの方がまずはじめに不安を感じるSIMカードの入れ替え。こちらをポイントを押さえながら解説しましょう。

SIMカードのもぎ取り

SIMカードはSIMカード台紙にくっついています。プラモデルのパーツのような形で2つの点で支えられているので、まずはそれを切り離します。指でクルクルと回して折っても構いませんし、ハサミやカッター、ニッパーなどで切り取っても構いません。切り取った後、「バリ」という切り残しが残りますが、SIMトレイに収まるのであれば気にする必要はありません。気になるようでしたらハサミやカッターで形を整えましょう。

切り取るとこのようになります。

SIMトレイの準備

iPhoneのSIMカードをセットするための受け皿を「SIMトレイ」と呼びます。どのiPhoneでも側面に小さい穴が空いていますので、そこにiPhone付属のピンを差し込みます。ちなみにiPhoneに付属しているピンを「SIMピン」と呼んでいます。SIMピンはiPhoneの化粧箱の中にあります。

SIMピンを無くしてしまった、またはiPhoneの化粧箱は捨ててしまったという場合は、ゼムクリップで代用することもできます。ただし、色のついたゼムクリップは少し太いので穴に入らないことがあります。銀の保護膜が付いていないクリップを使いましょう。クリップくらいの太さで硬く長さのあるものであれば代用できます。

SIMピンをiPhone側面の穴に強く差し込むとSIMトレイが飛び出してきます。このトレイにSIMカードを乗せます。

SIMトレイをiPhoneに戻す

SIMカードはSIMトレイに乗せてiPhoneに戻します。SIMカードには裏表があるので、間違えてはいけません。SIMトレイの形は決まっていて、必ず欠片の部分があります。SIMトレイにも欠片の形があります。その欠片の部分を揃えるとスポッとはまるようになっています。SIMカードの形、大きさは規格が決まっているので、うまくハマらないということはありません。下記の写真のようにセットしてください。

SIMカードがSIMトレイに納まったら落とさないようにiPhoneに戻します。SIMトレイはiPhone本体に対して裏表があります。そーっと差し込んで引っかかるようでしたらトレイの差し込みが裏表逆になっています。SIMトレイはSIM側が上、iPhoneも液晶画面が上になった状態で差し込んでください。SIMトレイとiPhoneの穴の位置を確認して穴を合わせてもよいでしょう。

SIMカード認識の確認

SIMトレイをiPhoneに戻したら、iPhoneの電源をONにして電波の受信状況を見てください。「圏外」になって5分以上変わらないのであればSIMカードがうまく読み取り端子に接触できていません。再度SIMトレイをiPhoneから出してSIMカードが正しく乗っているか確認してください。電波状況のアンテナが表示され、docomoやau、SoftBank、UQモバイル(ユーキューモバイル)Y!mobile(ワイモバイル)になっていればSIMカードは正しくiPhoneにセットされています。

プロファイルの設定をする

次にiPhoneにプロファイルの設定をします。よくAPNと呼ばれている格安SIM特有の設定です。iPhoneにこのSIMカードはどこの会社のものですよ、この会社の電波で通信してくださいと教えるためのプログラムです。

契約した格安SIMのプロファイルをダウンロードする

ここでは例としてLINEモバイル(ラインモバイル)のAPNを設定しています。みなさんは契約した格安SIMに合わせてプロファイルの設定をしてください。契約書やSIMカード同封の書類に説明があります。

LINEモバイル APN

上記のリンクを押すとAPNのインストールがすぐに開始されます。これはWiFiは設定が終わっているものとしています。WiFiの設定が完了してからプロファイルの設定をしてください。

プロファイルをインストールするため「許可」をタップします。

インストールの確認が出ますのでタップします。

インストールが終わったあと完了をタップしてください。

これで完了です。

iPhoneのSIMカードを入れ替える場面は増えている?


出典:iPhone 公式サイト

多くのMVNOが登場している昨今。用途によって格安SIMを使い分けている方も多いと思いますし、使い分けを検討中の方もいると思います。何の予備知識もなくiPhoneのSIMカードを入れ替えてしまうとトラブルにつながる可能性があるので、iPhoneのSIMカードを入れ替える際の注意点を説明します。

iPhoneのSIMカードのサイズを確認

nano SIM
iPhone X、Phone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus、iPhone SE、iPhone 5/5s/5c
micro SIM
iPhone 4/4s
標準SIM
iPhone 3GS、iPhone 3G、初代iPhone

iPhoneのSIMカードには端末によってサイズが異なります。入れ替えて使う場合はサイズを必ず確認しましょう。上記にiPhoneの世代別のSIMカードサイズをまとめました。

こちらのまとめを参考にiPhoneのSIMカードのサイズを把握してからMVNOと契約するようにしましょう。SIMカードのサイズの変更は手数料がかかる場合があるので、間違いは避けたいですね。

iPhoneのSIMカードを入れ替えるとどうなる?

iPhoneのSIMカードを入れ替えると何が起こるのか知っておくと、万が一トラブルが起こっても対処できます。データや通信状況などSIMカードを入れ替えると何が起きるのか確認しておきましょう。

データはどうなるのか?

iPhoneのSIMカードを入れ替えるとデータが消えてしまうのではないかと、多くの方が思っています。実はiPhoneのSIMカード自体にデータは保存されていません。

iPhoneのSIMカードに保存されているのは回線の情報のみです。そのため入れ替えても問題はありませんが、電話番号などSIMカードに記録されている情報は変わってしまうので注意しましょう。データ通信専用SIMでは特に問題はありません。

通信はどうなるのか?

iPhoneのSIMカードを入れ替えると通信は入れ替えたSIMカードの契約内容に変わります。そのため、契約しているSIMカードのプランやオプションの内容が反映されることになります。

音声SIMの場合は電話番号も反映されるので注意しましょう。また、一部機能やアプリが使用できなくなる場合があるので特殊な状況を除いて頻繁に入れ替えることはやめましょう。

iPhoneのSIMカードを入れ替えても反応しない場合

iPhoneのSIMカードを入れ替えても反応しない場合は、そのiPhoneが契約したMVNOに対応していない可能性があります。必ずMVNOの動作確認端末を見たうえで、動作が確認されているMVNOのSIMカードを契約しましょう。

また、キャリアの白ロムの場合は回線によって反応しない場合があるのでこちらも調べてから利用するようにしましょう。

SIMカードの入れ替えは実に簡単

iPhoneのSIMカードの入れ替えに関してご紹介しました。SIMカードの入れ替え自体は非常に簡単です。ただ、SIMトレイが歪んでいたり、SIMカードに傷が入ったりしてしまうと正常に動作しなくなりますので、手順通りに入れ替えたのに動かないというケースが起こります。その場合、歪み、傷の確認をして格安SIMのお客様カスタマーセンターに連絡をしましょう。また、万が一トラブルがあった場合に知っておくと便利な対処方法やSIMカードを手に入れるために知っておくべきことも紹介していますのでiPhoneのSIMカードを入れ替えるときはぜひ参考にしてみてください。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい