1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMでiPhoneを使用する方法|おすすめ事業者や注意点を解説

格安SIMでiPhoneを使用する方法|おすすめ事業者や注意点を解説

更新日:2021.04.19

iPhoneは大手キャリアだけでなく、格安SIMでも使えます。格安SIMは大手キャリアより月額料金が安いため、お得に使いたい人は格安SIMへの乗り換えがおすすめです。この記事では、iPhoneを格安SIMに乗り換える方法を紹介していきます。

国内だけでなく世界的に人気の高いiPhoneを使うためには、必ず大手キャリアと契約しなければならない訳ではありません。

また、大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、月額料金がお得になるメリットがあります。

iPhoneはタイプによって特徴が異なるため、格安SIMに乗り換える前に自身のiPhoneがどのタイプなのか確認しておきましょう。

この記事ではiPhoneのタイプや格安SIMでの使い方、おすすめの格安SIMなどについて紹介していきます。

Apple Music

iPhoneには3タイプある

iPhoneには3つのタイプがあります。

  • キャリア版
  • SIMフリー版
  • SIMロック解除版

タイプによっては選択できる回線に制限があるため、自身のiPhoneがどのタイプなのか確認しておきましょう。

キャリア版のiPhone

キャリア版のiPhoneは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアと契約した際に購入した端末のことです。キャリア版のiPhoneを使うメリットは、次のような点があげられます。

  • 安定したインターネット環境
  • 割引やサポート体制の充実
  • キャリア独自の端末補償サービス

格安SIMと比べると大手キャリアの月額料金は高めですが、その分安定したインターネット環境を実現できます。

また、キャリアごとに各種割引やサポート体制が充実しており、端末補償サービスもあるので安心です。ただし、キャリア版のiPhoneは契約したキャリア回線のSIMしか使えません。

SIMフリー版のiPhone

以前は、Apple StoreやApple公式ストアのみで販売されていたのがSIMフリー版のiPhoneです。

しかし、ヨドバシカメラやビックカメラといった大手家電量販店などの一部店舗でも購入できるようになりました。SIMフリー版のiPhoneを使うメリットは、次の通りです。

  • 大手キャリアよりも月額料金が安い
  • 契約期間に縛られない

キャリア版のiPhoneは契約したキャリア回線のSIMしか使えませんが、SIMフリー版のiPhoneはキャリア回線にこだわることなく使えます。

iPhoneにSIMカードを入れ替えて使う方法と注意点を解説した記事も、合わせてご覧ください。

SIMロックを解除したiPhone

SIMロックを解除したiPhoneは、キャリア版のiPhoneのSIMロックを解除した端末のことです。

総務省によってSIMロック解除が義務づけられたため、2015年5月以降に発売された機種が対象となっています。SIMロック解除の対象機種は、次の通りです。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPh
    one 6s Plus
  • iPhone SE

SIMロックを解除したiPhoneを使うメリットは、キャリア回線にこだわらずに使えることです。ただし、SIMロックを解除するためには一定の条件を満たし、次のような方法で申し込みする必要があります。

ドコモ
  • オンライン
  • 電話
  • 店舗
au
  • オンライン
  • 店舗
ソフトバンク
  • オンライン
  • 店舗

なお、電話や店舗で申し込みする場合は手数料として3,300円(税込)が必要です。

iPhoneを格安SIMで使う方法

iPhoneを格安SIMで使う方法は3種類です。

  • 同じ通信回線対応の格安SIM会社を選ぶ
  • SIMフリー・SIMロック解除は自由に選ぶ
  • 格安SIMとiPhoneをセット購入する

自身のiPhoneのタイプを確認し、格安SIMへの乗り換え方法を押さえておきましょう。

同じ通信回線対応の格安SIM会社を選ぶ

キャリア版のiPhoneの場合、同じ通信回線に対応した格安SIMを選ぶ必要があります。

なぜなら、格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているからです。

そのため、格安SIMの事業者ごとに対応しているキャリア回線は異なります。たとえば、ワイモバイルの場合はソフトバンクの回線にのみ対応しています。

大手キャリアで購入したiPhoneを格安SIMで使う場合は、同じキャリア回線に対応している格安SIMを選ばなければなりません。

SIMフリー・SIMロック解除は自由に選ぶ

SIMフリーやSIMロック解除のiPhoneの場合、キャリアに関係なくどの格安SIMでも自由に選べます。

ただし、iPhoneの機種によってはサービスが利用できない格安SIMもあります。その理由は、通信方式の違いやSIMロックが解除できないことなどです。

サービスが利用できないといった事態を防ぐためには、各事業者が公開している動作確認表であらかじめチェックしておくことが大切です。

格安SIMとiPhoneをセット購入する

iPhoneを格安SIMで使う場合、格安SIMとiPhoneをセット購入するのも手段の1つです。

当初はキャリア版しか発売していませんでしたが、2014年9月に登場したiPhone 6、及びiPhone 6 PlusからはSIMフリー版が登場しました。

これにより、現在に至るまでiPhoneを取り扱う格安SIMも増えています。また、SIMカードとセット購入することで、すぐに使える状態に設定された端末が届く新たなサービスも登場しています。

格安SIMの対応回線一覧

対応しているキャリア回線は、格安SIMによって異なります。対応しているキャリア回線を格安SIMごとにまとめました。

格安SIMソフトバンクauドコモ
ワイモバイル
UQモバイル
BIGLOBEモバイル
J:COMモバイル
U-mobile
IIJmio
OCNモバイルONE
@モバイルくん。
QTモバイル(SIMチェンジ限定用)
LIBMO
ワイモバイル
TONEモバイル
mineo
nuroモバイル
エキサイトモバイル
ロケットモバイル
ヤマダニューモバイル
Fiimo
イオンモバイル
リペアSIM
b-mobile
DTI SIM
インターリンクSIM
LinksMate
Wonderlink
NifMo
スマモバ

この表をみると、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリア全ての回線を利用できる格安SIMもあることがわかります。

複数の回線が利用できる格安SIMは通信回線の縛りがなくなるため、乗り換え時の選択肢が広がります。

iPhoneとセット購入でおすすめ格安SIM

ここでは、iPhoneとセット購入する場合のおすすめ格安SIMを3社紹介します。

紹介する格安SIMは、以下の2点を基準にピックアップしています。

  • 比較的新しいiPhoneをセット購入できる格安SIM
  • 購入できるiPhoneの機種が幅広い

【PR】mineo

出典:mineo

mineoでは国内版SIMフリーのiPhoneを取り扱っています。

mineoの料金プラン

デュアルタイプ(データ通信のみ)
auプランドコモプランソフトバンクプラン
1GB1,298円(税込)
5GB1,518円(税込)
10GB1,958円(税込)
20GB2,178円(税込)

シングルタイプ(データ通信のみ)
auプランドコモプランソフトバンクプラン
1GB880円(税込)
5GB1,265円(税込)
10GB1,705円(税込)
20GB1,925円(税込)

mineoを契約する!

OCNモバイルONE

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、中古のiPhoneも含めてラインナップが豊富であることが魅力の1つです。

OCNモバイルONEでは、Apple認定の整備済みで品質が保証された中古の機種も取り扱っています。

データ容量音声SIM
(SMS対応SIM)
データSIM
1GB770円-
3GB990円858円
6GB1,320円1,188円
10GB1,760円1,628円

OCNモバイルONEを契約する!

Apple Music

iPhoneを使っている人におすすめの格安SIM

「格安SIMの対応回線一覧」で紹介した格安SIMは27社ですが、ここではiPhoneの乗り換えにおすすめの格安SIMを紹介していきます。

キャリアごとに3社ずつ紹介しているため、自身のiPhoneに対応しているキャリアのおすすめ格安SIMを把握しましょう。ここで紹介する格安SIMは、2点を基準にピックアップしています。

  • 使いやすい低価格のプランがある
  • 通信速度の満足度が高い

ドコモのiPhoneにおすすめの格安SIM

ドコモのiPhoneユーザーにおすすめの格安SIMは次の3社です。

エキサイトモバイル

出典:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、ユーザーのニーズに応じた様々なデータ容量のプランが充実しています。

データ容量音声通話付きSIM(税込)データ専用SIM+SMS(税込)
1GB1,507円891円
2GB1,617円1,001円
3GB1,760円1,144円
9GB3,245円2,629円
20GB5,148円4,532円
30GB7,348円6,732円
40GB9,548円8,932円
50GB11,968円11,352円

エキサイトモバイルを契約する!

IIJmio

出典:IIJmio

IIJmioは、用途に合わせたSIM機能とデータ容量を組み合わせできる3つのプランが設けられています。

IIJmioの料金プラン

プラン名音声通話SIMSMS付きデータSIMデータSIM
タイプD・タイプAタイプDタイプAタイプD
1GB1,180円
(タイプAのみ)
-528円-円
3GB1,760円1,114円990円990円
6GB2,442円1,826円1,672円1,672円
12GB3,586円2,970円2,816円2,816円

IIJmioを契約する!

DTI SIM

DTI SIMは、月額902円(税込)で10分以内の国内通話がかけ放題になる「おとくコールサービス」を展開しています。

DTIでは、ユーザーのニーズに合わせて5つの料金プランが設けられています。

データ容量音声通話付きSIM(税込)データ専用SIM+SMS(税込)
1GB1,320円660円
3GB1,639円924円
5GB2,112円1,342円
10GB3,080円2,310円
毎日1.4ギガ使い切り3,190円2,420円

DTI SIMを契約する!

auのiPhoneにおすすめの格安SIM

auのiPhoneユーザーにおすすめの格安SIMは次の3社です。

UQモバイル

出典:UQモバイル

最低利用期間内に解約すると契約解除料が発生する格安SIMが多い中で、UQモバイルは契約解除料がかからないことが魅力の1つです。

UQモバイルでは、ユーザーのニーズに合わせて通話量に応じて通話オプションを選べる仕組みとなっています。

  • 国内通話かけ放題:月額1,870円(税込)
  • 国内通話10分かけ放題:770円(税込)
  • 国内通話最大60分:定額550円(税込)

UQモバイルの料金プラン

プラン名データ容量月額料金
くりこしプランS3GB1,628円
くりこしプランM15GB2,728円
くりこしプランL25GB3,828円
データ無制限プラン無制限1,078円
データ高速プラン3GB2,178円

UQモバイルを契約する!

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、オプションメニューが豊富です。さらに、YouTubeやGoogle Play Musicといったサービスの利用がデータフリーになるエンタメフリーオプションがあります。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

音声通話SIM月額料金(タイプA・タイプD)
1GB1,078円
3GB1,320円
6GB1,870円
12GB3,740円
20GB5,720円
30GB8,195円

データSIMSMS付き(タイプA・タイプD)SMSなし(タイプD)
3GB1,122円990円
6GB1,727円1,595円
12GB3,102円2,970円
20GB5,082円4,950円
30GB7,557円7,425円

BIGLOBEモバイルを契約する!

QTモバイル

出典:QTモバイル

QTモバイルは2種類のかけ放題プランを設けており、利用開始月は無料で利用できます。

  • 10分かけ放題:月額935円(税込)
  • 無制限かけ放題:月額2,750円(税込)

QTモバイルの料金プラン

データSIM(D・A・Sタイプ)〜6ヶ月目7ヶ月目〜
1GB770円880円
3GB880円990円
6GB1,540円1,705円
10GB2,640円2,805円
20GB4,400円4,620円
30GB6,600円6,820円

音声SIMDタイプAタイプSタイプ
1GB979円(~6ヵ月目まで)
1,595円(7ヵ月目以降)
-1,254円(~6ヵ月目まで)
1,870円(7ヵ月目以降)
2GB1,100円--
3GB1,540円1,089円(~6ヵ月目まで)
1,705円(7ヵ月目以降)
1,364円(~6ヵ月目まで)
1,980円(7ヵ月目以降)
6GB1,760円1,859円(~6ヵ月目まで)
2,475円(7ヵ月目以降)
2,134円(~6ヵ月目まで)
2,750円(7ヵ月目以降)
10GB1,980円2,959円(~6ヵ月目まで)
3,575円(7ヵ月目以降)
3,234円(~6ヵ月目まで)
3,850円(7ヵ月目以降)
20GB2,200円5,159円(~6ヵ月目まで)
5,390円(7ヵ月目以降)
5,379円(~6ヵ月目まで)
5,610円(7ヵ月目以降)
30GB3,300円7,359円(~6ヵ月目まで)
7,590円(7ヵ月目以降)
7,579円(~6ヵ月目まで)
7,810円(7ヵ月目以降)

QTモバイルを契約する!

ソフトバンクのiPhoneにおすすめの格安SIM

ソフトバンクのiPhoneユーザーにおすすめの格安SIMは、次の2社です。

ワイモバイル

ymobile出典:ワイモバイル

一部のソフトバンク版iPhoneはSIMロックを解除しなければなりません。

ワイモバイルの料金プラン

プランデータ容量料金制限時速度
シンプルS3GB2,178円最大128kbps
シンプルM15GB3,278円最大1Mbps
シンプルL25GB4,158円最大1Mbps

ワイモバイルを契約する!

b-mobile

出典:b-mobile

b-mobileは使った分だけ支払う仕組みの料金プランで、無駄がないことが魅力の1つです。

b-mobileの料金プラン

合理的かけほプラン2,178円/20GB
990 JUST FIT SIM990円(初期費用)/1GB
以降1GBごとに+200円

b-mobileでは、通話料金がお得になる「b-mobile電話アプリ」を利用できます。

b-mobileを契約する!

SIMフリー・SIMロック解除版でおすすめ格安SIM

SIMフリーやSIMロック解除済みのiPhoneは、対応しているキャリア回線に縛られません。そのため、サービス内容や料金、通信速度の満足度といった様々な点を考慮して格安SIMを選べます。

ここでは、SIMフリーやSIMロック解除済みのiPhoneでおすすめの格安SIMを紹介していきます。

ここで紹介する格安SIMは次の2点を基準にピックアップしています。

  • 平均通信速度が上位
  • 評判のよい格安SIM

ワイモバイル

ワイモバイルは、大手キャリアに負けないくらいの通信速度が評判の格安SIMです。安定したインターネット環境を求める人には、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルの口コミをみると、ワイモバイルは契約期間の縛りがなく、通信速度が大手キャリアと変わらないことがわかります。

ワイモバイルを契約する!

UQモバイル

UQモバイルは他社に比べて月額料金も安く、通信速度への満足度が高い格安SIMです。

UQモバイルの口コミをみると、節約モードで利用しても他社よりも通信速度が速いことがわかります。

UQモバイルを契約する!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、対象サービスの動画や音楽が楽しみ放題の「エンタメフリー」をオプションサービスとして設けています。

BIGLOBEモバイルの口コミをみると、「エンタメフリー」の加入で通信制限を気にせず利用できていることがわかります。

BIGLOBEモバイルを契約する!

iPhoneを格安SIMに変更するときの注意点

iPhoneを格安SIMに変更する場合、機種によってはデザリングができない可能性があります。

iPhoneを格安SIMに変更する際には、次のような点に注意が必要です。

セルラーモデルのApple Watchに注意

iPhoneを格安SIMに変更する際には、セルラーモデルのApple Watchに注意が必要です。

なぜなら、Apple Watchには2つのタイプがあり、格安SIMには対応していないからです。

  • GPSモデル:iPhoneとBluetoothで接続して通信するタイプ
  • GPS+セルラーモデル:Apple Watchだけで通信ができるタイプ

セルラーモデルのApple Watchに対応しているのは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアのみです。

au版iPhoneはau VoLTEに注意

au版iPhoneを格安SIMに変更する際には、auには4G LTEを使用した音声通話サービス「au VoLTE」に注意が必要です。

au版のiPhoneがVoLTE対応の場合、au回線の格安SIMに乗り換える場合でもSIMロック解除が必要なケースがあります。

さらに、VoLTE対応SIMカードを契約する必要があるため、自身のiPhoneのタイプを確認してから乗り換えるようにしましょう。

iPhoneでデザリングができない場合がある

iPhoneを格安SIMに変更する場合、機種によってはデザリングができない可能性があります。

比較的新しいモデルではデザリングに対応しているものの、au回線やソフトバンク回線は古いモデルの場合はデザリングができない格安SIMもあります。

そのため、あらかじめ各格安SIMの公式サイトで公開されている動作確認でチェックしておくようにしましょう。

格安SIMでiPhoneもお得に使おう

大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、月額料金が安くなります。

格安SIMによって対応している回線が異なるため、自身のiPhoneのタイプや利用したい回線をあらかじめ確認しておくことが大切です。

格安SIMによっては端末とのセット購入でお得になるキャンペーンを実施しているため、各格安SIMのキャンペーンをチェックしておきましょう。

そして格安SIMに乗り換えて、お得なiPhoneライフを楽しみましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい