1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MNP予約番号の取得方法|各キャリアごとにご紹介!お得な乗り換え手順とは?

MNP予約番号の取得方法|各キャリアごとにご紹介!お得な乗り換え手順とは?

更新日:2020.05.15

MNP転出に関する情報をまとめました。この記事を読めばMNP転出にベストなタイミング、キャリアの違約金についての考え方や注意点、MNP転出手数料、ネットを使ったMNP予約番号の取得方法がわかります。キャッシュバックキャンペーンの情報もあります。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)は携帯電話の番号を変えることなく、キャリア、格安SIMなどの携帯電話会社へ乗り換えられる制度です。契約している携帯電話会社に不満があるなら、MNPを活用して他のキャリアや格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

この記事では高額のキャッシュバックをもらって他のキャリアへMNPする方法や、MNP転出時に必要な様々な費用や料金、MNP転出にベストなタイミングの考え方、ネットを使ったMNP予約番号の取得方法について解説しています。

MNP転出の手順や方法|予約番号はネットでも申し込める

MNP転出をする場合、今使っている携帯電話会社から「MNP予約番号」を発行してもらい、MNP予約番号を持って新しい携帯電話会社でMNP転入手続きをする必要があります。

各キャリア共に、MNP転出の手続きは「電話」「ネット」「ショップ」でできます。ここではネットでの手続きに絞って説明します。

電話やショップでのMNP転出手続きについては、こちらの記事を参照してください。

ドコモの場合

ドコモの公式サイト内にある「My docomo」の「ドコモオンライン手続き」というサイトへアクセスしてください。

パソコンからもアクセスできますが、「dアカウント」が必要になります(スマホなどでドコモ回線以外の回線からアクセスする場合も同じ)。dアカウントは無料で簡単に発行できますので、必要な人は発行してから手続きを進めてください。

スマホなどでドコモ回線経由でアクセスする場合、dアカウントは不要です。

受付時間

  • 9時~21時半

auの場合

auの公式サイト内の「My au」にログインする必要があります。My auへのログインには「au ID」が必要なため、持っていない人は取得してください。

受付時間

  • 9時~20時

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの公式サイト内の「My SoftBank」にログインする必要があります。My SoftBankへのログインには「SoftBank ID」が必要なため、持っていない人は取得してください。

受付時間

  • 9時~20時

MNP転出|乗り換えキャッシュバックキャンペーン

MNPを利用して、今使っている携帯電話会社から新しい携帯電話会社への乗り換えを考えている場合、強くお勧めしたいのが「乗り換えキャンペーンを利用したMNP転入」です。

ドコモauソフトバンクといったキャリアや販売代理店は、他社からMNP転入による契約者の獲得のため、様々なキャンペーンを用意して勧誘を行っています。どうせ同じ乗り換えであれば、キャンペーンを利用したほうがお得です。

各キャリアや販売代理店が行っているキャンペーン

ショップキャンペーン内容
ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com最大2万円のキャッシュバック or 月額料金値引き
(キャリアの公式キャンペーンとの併用可能)
ソフトバンク光もしくはAirとソフトバンクでんきの申し込みで最大5万円のキャッシュバック
スマホ 乗り換え.com最大2万円のキャッシュバック or 機種代金からの割引
(キャリアの公式キャンペーンとの併用可能)
Yahoo!クーポンのPayPayボーナスライト1万円相当プレゼント
おとくケータイ.net最大2万円のキャッシュバック
(キャリアの公式キャンペーンとの併用可能)
Yahoo!クーポンのPayPayボーナスライト1万円相当プレゼント
ドコモオンラインショップはじめてスマホ購入サポート
はじめてスマホ割
端末購入割引
スマホおかえしプログラム
下取りプログラム
オンラインショップ限定割引
auオンラインショップauでおトクにスマホデビュー
かえトクプログラム
au家族でんき割
Netflixでタブレット割
下取りプログラム(乗りかえ)
オンラインショップ限定割引
ソフトバンクオンラインショップ1年おトク割
下取りプログラム(のりかえ)
下取りプログラム(タブレット)
トクするサポート
おうち割
おうち割 光セット
オンラインショップ限定割引

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com」と「スマホ 乗り換え.com」「おとくケータイ.net」の3つは、いずれもソフトバンクの代理店で、「乗り換え専門ショップ」と呼ばれるものです。

キャリアの中で、ソフトバンクのみ「オンラインの代理店」を認めており、オンラインショップを中心に低コストな運営する代わりに、MNP転入に対して高額なキャッシュバックを行っています(来店可能なショップもあり)。ソフトバンクへのMNP転入は乗り換え専門ショップを活用するのがベストです。

ドコモ、au、ソフトバンクのキャンペーンは基本的にショップでも行われているものがほとんどで、オンライン限定のものはスマホのオンラインショップ限定割引程度しかありません。また、キャリアが公式に行っているキャンペーンは、原則として代理店で独自に行われているキャンペーンと併用可能です(スマホのオンラインショップ限定割引は除く)。

それでは、各ショップのキャンペーンの詳細を説明していきます。

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com出典:ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com

東京都内を中心に、名古屋、大阪、京都、福岡などに乗り換え専門ショップとしては最大規模の10カ所の店舗も構えていますので、対面で手続きをしたい人でも安心です。

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comでソフトバンクにMNP転入をすると、最大で2万円のキャッシュバックを受け取れます。ショップに来店して手続きをするとその場で現金をもらえます

また、ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comは、ソフトバンクの光回線「ソフトバンク光」、コンセントに挿すだけですぐに使える自宅用WiFiルーターの「ソフトバンクエアー」、新電力サービスの「ソフトバンクでんき」の代理店も行っており、これらの申し込みでは最大5万円のキャッシュバックを受けられます。

例えば自宅を新築、改築して、自宅のインターネット回線や電気料金を改めて見直す、といった機会に併せてスマホも乗り換えれば、最大7万円のキャッシュバックを受け取ることも夢ではありません。

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comで機種変更

スマホ 乗り換え.com

スマホ乗り換え.com出典:スマホ乗り換え.com

ソフトバンクへのMNP転入で受け取れるキャッシュバックは最大で2万円ですが、これはスマホ代金と相殺も可能です。分割でスマホを購入する場合は、月々の携帯電話料金が安く済むようになります。

大きなお金を一度にまとめて受け取るよりも、月々の負担が軽くなるほうが良いという人には嬉しい仕組みです。なお、キャッシュバックは来店であればその場で、オンラインでの手続きの場合は7営業日以内に指定口座に振り込まれます。

また、現在Yahoo!JAPANの「Yahoo!JAPAN携帯ショップ」が行っている「ソフトバンク契約でPayPayボーナスライト10,000円相当プレゼント」キャンペーンが、スマホ乗り換え.comでも適用されます。

これはYahoo!携帯ショップのサイトから無料で発行されるクーポンを取得して、スマホ乗り換え.comでの手続き時に提示するだけです。すると、ソフトバンク契約日の翌々月20日~末日の間に、クーポンを取得したYahoo!JAPAN IDに対してPayPayボーナスライト1万円分が付与されます。

スマホ 乗り換え.comで機種変更

おとくケータイ.net

おとくケータイ.net出典:おとくケータイ.net

おとくケータイ.netのキャンペーンの内容は、最大で2万円のキャッシュバックと、クーポンの取得、提示でPayPayボーナスライト1万円分の付与があります。これはスマホ乗り換え.comと同じです。

キャッシュバックを受け取れるタイミングは、ソフトバンクとの契約完了日によって変わります。1日~15日までに契約完了した場合は当月末日、16日~31日に契約完了した場合は翌月15日です。

おとくケータイ.netは、iPhone 11シリーズの品揃えの良さに定評があり、全バージョン、全カラーを在庫として保有しているようです。ソフトバンクへの乗り換えをきっかけに、iPhone 11シリーズの購入を考えている人におすすめです。

おとくケータイ.netで機種変更

ドコモオンラインショップ

ここからはキャリアのオンラインショップのキャンペーンの紹介です。

はじめてスマホ購入サポート

「はじめてスマホ購入サポート」は、FOMAからXiへの変更、他社3G回線からXiへの乗り換えをすると、dポイントが付与されるキャンペーンです。付与されるポイント数は、購入するスマホの機種によって異なります。

2020年2月現在は、iPhone 11シリーズなどの購入で最大22,000ポイントが付与されますのでかなりお得でしょう。最近dポイントは街中で使えるお店がどんどん増えていますので、1ポイント1円換算で実質的に現金と同等に使えます。

はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」は、フィーチャーフォン(ガラケー)からスマホへの変更(MNP含む)を対象に、月額料金を割引くキャンペーンです。

割引額は月1,100円で、初回適用月から最大12カ月間割り引かれます。合計最大13,200円の割引なので、こちらもかなり大きいです。

端末購入割引

「端末購入割引」は、新規契約またはMNP、一部機種のFOMAからXiへの契約変更に対してdポイントが付与されるキャンペーンです(一部機種は購入価格からの割引)。

付与されるポイント数は、購入するスマホの機種によって異なります。2020年2月現在、最もお得なのがiPhone XS(512GB)とiPhone 8(64GB)で22,000ポイントが付与されます。

なお、端末購入割引ははじめてスマホ購入サポートと併用はできません

スマホおかえしプログラム

「スマホおかえしプログラム」は、36回分割払いで購入した対象機種をドコモに返却した場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いが不要になります。次にドコモのスマホに機種変更する必要はありません。

例えば、iPhone 11 Pro MAX(64GB)を36回分割払いで購入すると3,850円の36回払いで総額138,600円です。これを24カ月目にスマホおかえしプログラムを利用すると、25カ月目以降の3,850円×12回=46,200円の支払いが不要になり、支払い総額は92,400円になるというわけです。

下取りプログラム

「下取りプログラム」は、今持っているスマホ、タブレット、フィーチャーフォンなどの下取りと引き換えにdポイントが付与されるプログラムです。ドコモに限らず、auやソフトバンクで購入したスマホなども対象にはなりますが、下取り可能な対象機種は約1カ月単位で変わりますので、必ずしも下取り対象にならない場合もあります。

付与されるdポイントは、下取りに出す機種によって異なります。2020年2月現在、auかソフトバンクで購入したiPhone XS Max(512GB)であれば、良品で63,000円、画面割れ品で18,900円、機能不良品で6,000円です。

オンラインショップ限定割引

ドコモでは、オンラインショップ限定で特定の端末が割引価格で販売されることがあります。

ドコモショップや量販店で購入するのに比べるとかなり割安になることが多いので、ドコモへの乗り換えを考えている人は、定期的にドコモオンラインショップの限定割引をチェックすることをおすすめします。

ドコモオンラインショップで機種変更

auオンラインショップ

「auオンラインショップ」を紹介します。

ケータイ→auスマホ割プラス

「ケータイ→auスマホ割プラス」は、auケータイ(3G)や他社ケータイからauスマホ(4G LTE)に変更、乗り換えをすると、「auピタットプランN(スーパーカケホ/s)を1年間月々980円から利用できるというものです。

ここでいう「他社ケータイ」は、フィーチャーフォンを指します。割引金額は契約翌月から1年間は月2,000円、2年目以降は永年月1,000円です。

「1年間月々980円から」というのは、auピタットプランN(スーパーカケホ/s)の「~1GB」の料金3,650円から諸々の割引を引いた結果です。ここに2年単位の契約で基本料金が170円割引となる「2年契約N」と、auひかりや対象固定通信サービス、または「auスマートポート」とのセット利用でauの基本料金が500円割引となる「auスマートバリュー」を合わせると月2,980円になります。

最後にケータイ→auスマホ割プラスの初年度2,000円の割引を合わせると、月980円になるわけです。

かえトクプログラム

「かえトクプログラム」は、24回分割払いで購入する対象機種の2年後の買取価格を最終回支払分として設定することで、23回目までの支払い金額を低く抑え、最終回支払い時はauで新しいスマホへ買い替えることを条件に、使っていたスマホをauが回収するプログラムです。

例えば、iPhone 11 Pro MAX(64GB)をかえトクプログラムを利用して24回分割払いで購入すると、2年後の買取金額は59,785円に設定されています。

初回から23回目までは3,505円を払い、24回目は59,785円を払う形で、24回目はauで新しいスマホに買い替えると同時に24回目の59,785円と相殺され支払いは0円になるのです。そのため、実質的な負担金は3,505円×23回=80,615円となります。

au家族でんき割

「au家族でんき割」は、新電力サービスの「auでんき」に加入している場合にいくつかの条件を満たすと最大で2,000円が12カ月間割引になります。

au家族でんき割の条件

  1. auでんきに加入+「家族割プラス」対象料金プランに加入のau回線で「auでんきポイントで割引」に申し込んでいる
  2. 「auスマートバリュー」に加入+同一のauスマートバリューグループで「家族割プラス」対象料金プランに家族2人以上で加入している
  3. 「2」のauスマートバリューグループに「1」のau回線が含まれている
  4. 「家族割プラス」対象料金プランに加入のau回線がスマホの場合、「au PAY」の利用規約に同意している
  5. 期間内にauスマートバリューグループ内の「家族割プラス」対象料金プランに加入のいずれか1回線が本キャンペーンにエントリーしている

※「家族割プラス」とは、auで同一住所に住んでいる家族が割引対象の料金プランに加入している場合に月500~1,000円を永年割引するサービス

一見ややこしそうですが、同居家族で2回線以上auを契約していて、なおかつ自宅の電気がauでんきであれば、後はau PAYのアプリをダウンロードして利用規約に同意してエントリーするだけです。

Netflixでタブレット割

「Netflixでタブレット割」は、対象のauタブレット(4G LTE)の購入時に適用条件を満たせば、機種代金から5,500円が割引かれます。

Netflixでタブレット割適用条件

  1. 対象のauタブレット(4G LTE)を新規・機種変更(6カ月目以上利用)で購入した月末時点で、同一名義で使用のauスマホを「auフラットプラン25 Netflixパック」または「auフラットプラン25 NetflixパックN」「auデータMAXプラン Netflixパック」で契約している
  2. 対象のタブレットを新規・機種変更(6カ月目以上利用)購入時に「ビデオパス見放題プラン」または「ブックパス読み放題プラン」を契約

Netflixをお得に利用できる料金プランでauを契約して、auでタブレットを買うと5,500円割引されるというわけです。

下取りプログラム(乗りかえ)

「下取りプログラム(乗りかえ)」は、今持っているスマホ、タブレット、フィーチャーフォンなどの下取りと引き換えに最大67,100円が機種代金から還元されるプログラムです。

下取り対象機種や下取り金額は、時期によって変動します。例えばiPhone XS Max(512GB)であれば、通常品で最大67,100円、画面割れ品で最大19,800円です。

オンラインショップ限定割引

auオンラインショップでも、ドコモ同様にオンラインショップ限定で特定の端末が割引価格で販売されることがあります。

auオンラインショップで機種変更

ソフトバンクオンラインショップ

「ソフトバンクオンラインショップ」を紹介します。

1年おトク割

「1年おトク割」とは、新規契約(MNP含む)や機種変更時に対象の料金プランを契約すると基本料金から月1,000円を12カ月間割引されます。

下取りプログラム(のりかえ)

「下取りプログラム(のりかえ)」は、今持っているスマホ、タブレット、フィーチャーフォンなどの下取りと引き換えに、最大40,800円分のPayPayボーナスがもらえるプログラムです。

下取り対象機種やPayPayボーナスの額は、時期によって変動します。例えばiPhone XS Maxであれば、正常品で40,800円相当、破損品で12,240円相当です。

下取りプログラム(タブレット)

「下取りプログラム(タブレット)」は、対象のタブレットを購入する際にそれまで使っていたタブレットを下取りに出すと、最大21,600円相当のPayPayボーナスがもらえるプログラムです。

例えばiPad Pro(第2世代・12.9インチ)であれば、WiFiモデル、セルラーモデル問わず、正常品で21,600円相当、破損品で6,480円相当です。

トクするサポート

「トクするサポート」は、対象機種を48回分割払いで購入した場合において25カ月目以降にソフトバンクで新しいスマホへ機種変更をし、なおかつそれまで使っていてスマホをソフトバンクへ回収に出せば、残りの分割支払いが全て不要になるプログラムです。

2020年2月現在、iPhone 11 Pro MAX(64GB)をトクするサポートを利用して48回分割払いで購入すると、月々2,970円×48回で支払い総額は142,560円となります。25カ月目以降は、機種変更の際にiPhone 11 Pro MAXを回収に出せば残債の支払いが不要になるので、最大で残りの2,970円×24回=71,280円が支払い不要です。

25カ月目には最大71,280円で下取りしてもらえることになります。ただし、このトクするサポートを利用するには月390円のプログラム利用料を支払う必要があります

iPhone 11 Pro MAXを25カ月目に機種変更する場合、2,970円×24回=71,280円に加えて、390円×24回=9,360円の合計80,640円が実質的な負担額です。

おうち割

「おうち割」は、ソフトバンクのスマホをソフトバンクの光回線「ソフトバンク光」や、ソフトバンクの新電力サービス「ソフトバンクでんき」などとセットで契約するとお得になります。

ソフトバンクのスマホとソフトバンク光の組み合わせの「おうち割 光セット」は、料金プランによって1回線あたり500円~1,000円が割引かれます。

ソフトバンクのスマホとソフトバンクでんきの組み合わせの「おうち割 でんきセット」は、ソフトバンクやソフトバンクでんきの料金が50円~300円割引かれます。

オンラインショップ限定割引

ソフトバンクオンラインショップでも、ドコモやau同様にオンラインショップ限定で特定の端末が割引価格で販売されることがあります。

ソフトバンクで機種変更する

MNP転出|MNP予約番号発行のタイミングや料金は?

各キャリアをMNP転出する際にかかる料金について説明します。

違約金(解約金)とは

MNP転出をする際に、まず最初に調べる必要があるのが「違約金」(解約金)です。

キャリアの料金プランには、いわゆる「2年縛り」があります。2年縛りは「月々の基本料金を多少割安にする代わりに2年間使ってください」というルールで、2年間が過ぎるのを待たずに解約すると違約金が発生します。

各キャリアの違約金(旧プラン)

ブランド名契約期間旧プランの違約金
ドコモ2年9,500円
au
ソフトバンク

しかし、2019年10月に法律と総務省令が改正され、高額な違約金が是正されました。今ではドコモが1,000円、auとソフトバンクは0円になっています。

各キャリアの違約金(新プラン)

ブランド名契約期間新プランの違約金
ドコモ2年1,000円
au0円
ソフトバンク

「なんだ、1,000円程度なら払ってもいいや」「0円だったら関係ないじゃん」と思う人も多いと思いますが、少し待ってください。0円、または1,000円の解除料で済むのは各キャリアの新料金プランのみです。

旧料金プランを契約している人は、契約時に定められたとおりの解除料を払う必要があります

「じゃあ新料金プランに契約変更してからMNPすればいいんじゃないの?」と思ったと思います。しかし、どのキャリアも「旧料金プランから新料金への契約変更」は可能ですが、違約金についてはキャリアごとに対応が分かれています。

各キャリア 旧→新プランへの契約変更時時の違約金の扱い

ブランド名旧→新への契約変更時時の違約金の扱い
ドコモ新プランに移行しても旧プランの契約期間満了までは9,500円の違約金
au新プランに移行した翌月から0円
ソフトバンク新プランに移行してすぐ0円

1番厳しい対応なのがドコモで、1番寛容なのがソフトバンクです。ソフトバンクは違約金がかからない新料金プランに契約変更してからMNP転出すればOK、auは契約変更の翌月にMNP転出すればOKです。

しかし、ドコモの場合は2年間の契約期間満了までドコモを使い続けるか、9,500円の違約金を払ってより安い格安SIMなどに乗り換えるか、少し計算をする必要があります。

なお、各キャリア共に、定期契約で解除料がかからずに解約できる期間(更新月)は「24カ月目(契約期間満了月)、25カ月目、26カ月目」の3カ月間で、これは旧料金プランも新料金プランも同じです。

残りの端末代金とは

違約金の他に、もう1つ注意が必要なのが「残りの端末代金」(=残債)です。最近のスマホは高額なので、多くの人がスマホ本体を分割払いで購入しているのではないでしょうか?

分割払いがまだ終了していなくてもMNP転出は可能ですが、MNP転出をしても残債が消えるわけではないので、端末代金の支払いは続くことになります。そのため、購入時に端末購入代金のサポートや月々の料金が割引されるサービスを受けている場合、残債が思いもかけず高額になってしまうことがあります。

例えば、ドコモの「月々サポート」は購入機種に応じた「月々サポート割引額」が毎月の料金から割引されます。月々サポートがあるおかげでスマホの分割払いの代金が実質的に無料になったり、低額になったりする仕組みです。

MNP転出をしてドコモを解約すれば当然この月々サポートも打ち切られるので、突然本来支払うべき分割払いの代金を払わなければいけなくなります。分割払いの残債がまだ残っている人は、MNP転出後の支払いがどうなるのか確認をしておくことをおすすめします。

MNP転出手数料とは

MNP転出手数料は、MNP転出をする際に携帯電話会社に支払う必要のある手数料です。

各キャリアのMNP転出手数料

ブランド名MNP転出手数料
ドコモ2,000円
au3,000円
ソフトバンク

SIMロック解除料とは

「SIMロック」とは、キャリアで販売されたスマホにかけられた「そのキャリアのSIMカードしか使えない」というロックを解除することを指します。

ドコモのスマホは、ドコモかドコモから回線を借りている格安SIMでしか使えません。auやソフトバンクのスマホも考え方は同じです。

そのため、ドコモを使っていた人が、今までと同じスマホをソフトバンクにMNP転入してからも使いたい場合は、ドコモで使っていたスマホのSIMロックを解除する必要があります。これが「SIMロック解除」です。

しかし、どんなスマホでもSIMロック解除できるわけではありません

Androidスマホは2015年5月以降に販売されたスマホはSIMロック解除可能ですが、それ以前に発売されたものの中にはSIMロック解除できないものもあります。iPhoneはiPhone 6S以降はSIMロック解除可能ですが、それ以前のものはSIMロック解除できません。

SIMロック解除は各キャリアともショップ、ネットの両方でできます。

SIMロック解除手数料

  • ショップ:3,000円
  • ネット:無料

「ドコモ→ドコモの格安SIM」のように、「スマホの販売元」と「SIMカード(回線)の提供元」が一致していればSIMロック解除の必要はありません

MNPはキャッシュバックを受けて乗り換えるのがお得!

今契約している携帯電話会社の料金に悩んでいるのであれば、積極的にMNPを利用した他のキャリアや格安SIMへの乗り換えを検討しましょう。

MNPを利用すれば電話番号は変わらずそのまま引き継げます。メールアドレスは変わってしまいますが、LINE全盛の今の時代にはそれほど大きな障害にならないでしょう。

キャリアから格安SIMへの乗り換えであれば、月々の携帯電話料金は半分程度にまで抑えることができます。

「格安SIMはちょっと不安…」という人には、乗り換え専門ショップを利用したソフトバンクへのMNPがおすすめです。高額なキャッシュバックやPayPayボーナスが受け取れるのでとてもお得です。

下記の記事では、auからドコモへ乗り換える時の流れの紹介や料金シミュレーションを行っています。auへの乗り換えを考えている人は必見です。

auが行っているキャンペーン情報についてはこの記事が参考になります。お得なMNPのためにはキャンペーンの把握が必須です。

auからソフトバンクへの乗り換えについてまとめた記事です。ソフトバンクへの乗り換えは何と言っても高額キャッシュバックの存在が魅力的です。キャッシュバックを受け取るには「乗り換え専門ショップ」で乗り換える必要があります。

ドコモからソフトバンクへの乗り換えについてまとめています。高額キャッシュバックを受けるためには「乗り換え専門ショップ」をよく比較することが大事です。

SHARE!!

あわせて読みたい