1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPhoneでSIMカードを入れ替える方法!差し込む向きやLINE・データの引き継ぎ方法についても解説!

iPhoneでSIMカードを入れ替える方法!差し込む向きやLINE・データの引き継ぎ方法についても解説!

更新日:2020.07.16

新しく端末を購入したり、これまでに使用している端末を使ったりして格安SIMを利用する場合、SIMカードはどうやって入れ替えればいいのでしょうか?iPhoneでのSIMカードの入れ替え方を解説するのでぜひ参考にしてください。

iPhoneで格安SIMを運用しようとする場合、SIMカードを差し替えるという作業が発生します。ただ、SIMカードを入れ替える方法やデータの引き継ぎ方がわからないという方もいるでしょう。

そこで今回は、iPhoneでSIMカードを入れ替える方法やデータの引き継ぎ方についてわかりやすく解説します。

iPhoneでSIMカードを入れ替える方法

iPhoneでSIMカードを入れ替える方法について解説していきます。

事前に用意するもの

  • SIMカード
  • SIMカードを挿入する端末
  • SIMピン(新規購入の場合)

新規購入ではなく、これまで使用していた端末にSIMカードを挿入する場合、SIMピンをなくしてしまっているケースがあるかもしれません。

そんな場合は、家電量販店やAmazonなどで汎用品が販売されていますので、準備しておいてください。

SIMカードを入れ替える方法やAPN設定

具体的なSIMカードの入れ替え手順とAPN設定の方法は以下の通りです。

iPhoneのSIMカード入れ替え手順

  1. 端末の電源を切る
  2. 端末側面の穴にSIMピンを挿入し押し込む
  3. SIMスロットを取り出す
  4. 既存のSIMカードをSIMスロットから取り外す
  5. 新しいSIMカードをSIMスロットにはめ込む
  6. 端末に電源を入れプロファイルをダウンロードする
  7. [設定]アプリを開き[プロファイルがダウンロードされました]という部分をタップ
  8. [インストール]を選択してパスワードを入力する
  9. Wi-Fiに接続している場合は切断し、4G回線が利用できていれば完了

SIMカードを挿入しただけではネットに接続することはできません

各SIMカードの指定プロファイルをダウンロードして、端末にインストールするとインターネットへの接続が可能になります。説明書などをよく確認して作業を行ってください。

SIMカードのはめ込み方

SIMスロットに新しいSIMカードをはめ込む場合は、SIMカードの向きに注意しましょう。

SIMカードの角の1つには必ず切り欠け部分があります。SIMスロットも切り欠け部分に合わせてSIMカードが装着できるようになっています。

向きを合わせてSIMカードをはめ込まないと、SIMスロットを端末に挿入できません。また、SIMカード端末を傷つけることにもなりかねませんので、こちらも必ず確認してから作業を行ってください。

iPhoneでSIMカードを入れ替えるときの注意点や事前の確認事項

iPhoneのSIMカードを入れ替えるときには、いくつかの注意点があります。

  1. 端末の電源は必ず切って作業をする
  2. SIMカードの金属端子部分には触れない
  3. LINEはID検索ができなくなる
  4. データの引き継ぎやバックアップを取る

端末の電源は必ず切って作業をする

SIMカードの入れ替えを行うときは、端末の電源を必ず切るようにしてください。

電源が入ったままSIMスロットを取り出したり、SIMカードを取り外したりした場合、端末が故障する可能性がありますので注意してください。

SIMカードのICチップ部分には触れない

新しいSIMカードをSIMスロットに装着するときは、SIMカードの金属端子部分に触れないように注意してください。

この部分に直接触れてしまうと、接触不良などが発生する恐れがあるためです。

できれば、手袋などを着用してSIMカードの交換を行うのがベストです。手袋などがなく、金属端子部分に直接触れてしまった場合は、柔らかい布などで表面を拭いてから端末に挿入してください。

LINEはID検索できなくなる

iPhoneで格安SIMを利用する場合、LINE ID検索は利用できなくなりますので注意しましょう。

LINEは18歳未満のユーザーを保護する目的で年齢認証を実施しています。しかし、格安SIMでは年齢認証を行うための連携がないため、年齢を確認できないからです。

また、端末をそのままでSIMカードのみを変更する場合、メールアドレスに各携帯キャリアのメールアドレスを設定している場合は変更が必要になります。

さらに、端末が新しくなる場合は、旧端末から新端末へLINEデータの引き継ぎを行わなければなりません。

旧端末で[LINE]アプリを開き、電話番号やメールアドレス、パスワードの設定を行ったうえで、設定画面から[アカウント引き継ぎ]を開いて[アカウントを引き継ぐ]ボタンをONに切り替えます。

上記の設定を行ってから36時間以内に、新しい端末での引き継ぎ作業を完了させましょう。

ちなみに、この方法で引き継げるのはLINEのアカウント情報のみです。トーク履歴を引き継ぎたい場合はiCloudやGoogleドライブなどを使ってバックアップを取る必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

データの引き継ぎやバックアップを取る

iPhoneのSIMカードを入れ替える場合は、データの引き継ぎのためにバックアップを取っておいた方がベターです。

これまでに使用しているiPhoneに新しいSIMカードを挿入する場合は、特に引き継ぎを行う必要はありません。ただし、端末が新しくなる場合は、データ移行が必要になります。

iPhoneからiPhoneへとデータ移行する場合は、iCloudを使ってクラウド上にデータを保存し、新しい端末から復元します。

AndroidからiPhoneへとデータ移行する場合は、Appleがリリースしている「Move to iOS」というアプリを使用します。

Android端末でアプリを起動しておき、iPhoneのアクティベートの際にAndroidと接続してデータを移行できます。

また、どちらの場合もデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。「万が一」が起きないとは限りませんので、スムーズにデータ移行するためにもひと手間かけておきましょう。

Move to iOS

Move to iOS
無料
posted withアプリーチ

SIMカードが取り出せない

iPhoneに挿入できるSIMカードのサイズを事前に確認しておかないと、カードが挿入できないケースや、挿入したカードが取り出せなくなってしまうケースがありますので、十分注意してください。

SIMカードのサイズは3種類あります。

  1. nanoSIM(12.mm×8.8mm)
  2. microSIM(15mm×12mm)
  3. 標準SIM(25mm×15mm)

iPhoneの種類によって挿入できるSIMカードのサイズも異なります。

対応しているSIMカードのサイズ

nanoSIMmicroSIM標準SIM
iPhone SE (第 2 世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE (第 1 世代)
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s
iPhone 4
iPhone 3GS
iPhone 3G
iPhone

格安SIMをiPhoneで運用する場合、iPhone4シリーズやiPhone3シリーズを利用することはほぼないと思いますが、念のため確認することをおすすめします。

もし、対応しているSIMカードよりも小さいサイズのSIMカードを挿入してしまうと、場合によっては取り出せなくなることがあります。

修理対応を迫られたり、最悪の場合、端末・SIMカード双方の故障につながったりすることもありますので注意しましょう。

SIMカードのサイズについてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をぜひ参考にしてください。

不安な場合はサポート店へ

SIMカードの入れ替えやデータ移行を自分で行う自信がない場合や、SIMカードが取り出せなくなった場合などは、関連するサービスを提供しているサポート店を利用することをおすすめします。

特におすすめしたいのが、iPhone修理サービスを手掛けている「iCracked(アイクラックト)」です。

iCracked(アイクラックト)

出典:iCraked

iCrackedは全国に店舗を構えるiPhone・iPadの修理店です。総務省が登録修理業者と認定していることから、安心して利用できます。

iCrackedの特徴の1つが、スタッフによる修理が目の前で行なわれるということです。また、スタッフは厳しい試験に合格した「iTech」と呼ばれるスペシャリストばかりですので、確実に修理を行ってくれます。

iPhoneXシリーズの修理は9,800円、iPhone8・7シリーズの修理は7,800円で請け負ってくれますので、いざという場合は利用してみましょう。

iCrackedでiPhoneを修理する

まとめ

今回は、iPhoneでSIMカードを入れ替える方法について解説しました。SIMカードの入れ替えは難しいものではありませんので、自分でチャレンジしてみてもいいでしょう。

どうしても不安なときはサポート店の力を借りましょう!

SHARE!!

あわせて読みたい