1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Y!mobile(ワイモバイル)は複数SIMを追加できるシェアプランもある

Y!mobile(ワイモバイル)は複数SIMを追加できるシェアプランもある

更新日:2019.10.18

複数枚のSIMを契約して、通信量を分け合うことができるシェアプラン。 Y!mobile(ワイモバイル)でも、このシェアプランがあるんです!この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプランを使うとどんなメリットがあるのかなどなどを説明します!

複数の端末で同じ回線を使用することができるシェアプラン。キャリアや格安SIMで、幅広く採用されているオプションサービスですよね。Y!mobile(ワイモバイル)でも、同様のサービスを受けることができます

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプランについて説明していきます。

Y!mobile(ワイモバイル)では、シェアプランが用意されている

Y!mobile(ワイモバイル)で利用できるシェアプラン。

シェアプランとは、一つの回線の通信量を、複数の端末でシェアすることができるオプションサービスです。複数の契約を行わず、一つにまとめることで料金が安くなるという点が、最も大きなメリットとなります。

Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプランの内容について、詳しく確認していきましょう。

シェアプランは、スマホプランとデータプランで利用可能

シェアプランは、スマホプランかデータプランで契約したスマートフォン・タブレットを親回線として利用することができます。

多くの方は、スマホプランにシェアプランの2回線目を適用することとなるでしょう。

そしてシェアSIMは、最大三枚まで追加することができます。(親回線と合計で4枚)

4枚あれば、スマホ、タブレット、2台目のスマホ、モバイルルーターというように、たくさんの端末にSIMカードを入れて利用することができますね。

ただし、Y!mobile(ワイモバイル)回線であるということは忘れないようにしましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)のSIMカードは、主にSIMフリー端末で使用することができます。

公式サイトには対応している端末が「接続実績のある他社端末」に記載されていますが、それ以外にも対応している端末はあるようですので、対応バンドを確認してみるとよいでしょう。

※DIGNO DUAL 2 , AQUOS PHONE ef , AQUOS PHONE esは対象外

期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプランはプランごとに、料金が異なる

Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプランの月額料金は、3つのプランでそれぞれ異なっています。

月額料金は、以下の通りです。

プランS
2GB 980円
プランM
6GB 490円(「シェアプランセット割」適用時)
プランR
10GB 490円(「シェアプランセット割」適用時)
プランL
14GB 0円(「シェアプランセット割」適用時)

プランSが最も月額料金が高く、プランLが最も安いということになっていますね。

「シェアプランセット割」は、親回線が「スマホプランM/L」または「データプランL」の場合、シェアプランの基本使用料を割引するというサービスで、終了時期は未定です。

この金額で3枚まで追加できるということで、なかなか魅力的なサービスですよね。

データSIMには限られますが、特にプランLなら3枚ものシェアSIMを無料で利用できますので、使い道は豊富であると考えられるのではないでしょうか。

他社のスマホでも、シェアプランで契約可能

他社のスマホであっても、シェアプランを利用することができます。この点も、Y!mobile(ワイモバイル)独自のポイントですね。

ただし、Y!mobile(ワイモバイル)の周波数に対応しているスマホなどの端末でなければ通信できませんので、その点については注意が必要となるでしょう。

シェアプランをY!mobile(ワイモバイル)において利用するメリット・デメリット

pixta_7786280_M
Y!mobile(ワイモバイル)ではシェアプランを契約することができますが、メリットもデメリットも存在します。他の格安SIMとは仕様が違う部分もありますので、よく確認しておくことをお勧めします。

それでは、メリットとデメリットについて、チェックしていきましょう。

プランLなら無料で追加可能、プランMも魅力的

Y!mobile(ワイモバイル)のプランLは、シェアSIM3枚を無料で追加できます。

この点は、他社と比べてもかなりお得であるということが考えられるのではないでしょうか。

なぜなら、合計4枚を使用することができるためです。

多くの格安SIMでは最大3枚までだったり、4枚目からは追加料金が必要だったりするので、おトクですね!

また、Y!mobile(ワイモバイル)は格安SIMの中でも速度が速く、使い勝手の良い回線です。これをたくさんの端末で利用できるうえに、月額料金が無料になるというのはうれしいですね。

プランMの場合は490円と少し料金が高いですが、それでも6GB利用出来ることも考えると十分安いと思います。

プランSをシェアする必然性は薄い

Y!mobile(ワイモバイル)では、2GBプランのプランSであってもシェアSIMを追加することができますが、月額料金が980円ですのであまりお得とは言いがたいでしょう。

合計金額がプランMとほぼ同じであるうえに、たった2GBをシェアすることになりますので、長い目で見ると使い勝手は悪いといわざるを得ません。

Y!mobile(ワイモバイル)でシェアプランを利用する場合は、プランM以上を選ぶことをおすすめします。

SIMフリータブレットにおすすめ

Y!mobile(ワイモバイル)のシェアSIMは、SIMフリータブレットでの利用に適しています。

14GBプランならば月額料金が無料ですので、家電量販店で購入したSIMフリータブレットと組み合わせれば、月額0円で通信可能なタブレットを持つことができますよね。

この他の用途としては、ポケモンGO用に2台目のスマホを利用したいという方や、スマホでのテザリングはバッテリーを消費するということで、SIMフリーのモバイルルーターでパソコンなどに接続したいという方にもおすすめです。

Y!mobile(ワイモバイル)回線ですので、対応状況はあらかじめ確認しておきましょう。

データSIMに限られるのが欠点

Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプラン最大の欠点は、音声通話SIMが選べないということです。

SMSが利用可能なのでLINEなどの利用は問題ありませんが、家族に持たせる回線としては、音声通話が利用できない関係上向いていませんのでご注意ください。

Y!mobile(ワイモバイル)には、シェアプランも用意されている!のまとめ

Y!mobile(ワイモバイル)には、シェアプランがあります。

プランLなら月額料金0円で3枚ものSIMカードを追加でき、大変便利です。

通信可能な端末が他に必要という方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい