1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. UQモバイルからの乗り換え・MNP転出方法!解約手数料・おすすめ格安SIM解説

UQモバイルからの乗り換え・MNP転出方法!解約手数料・おすすめ格安SIM解説

UQモバイルの乗り換えでMNP転出する方法や乗り換えにかかる手数料などを紹介します。また、乗り換える際におすすめの格安SIM5社の徹底解説もします。UQモバイルからスムーズに乗り換えて、ほかの格安SIMを利用してみましょう。

UQモバイルから乗り換えたいけれど、MNP転出する方法がわからない、解約にかかる手数料を知りたい、という人もいるでしょう。

UQモバイルからのMNP転出手続きの流れや乗り換えにかかる費用、乗り換えの注意点などを徹底解説します。

MNP転出手続きの流れ

UQモバイルからMNP転出する方法は、電話対応のみです。オンラインや郵送といったほかの方法ではMNP転出できません。

UQモバイルのMNP転出手続きの流れをみてみましょう。

UQモバイルでMNP予約番号を発行

MNP転出の手続きを行うことで、乗り換え先でも同じ電話番号が使えます。

UQモバイルからMNP転出するときは、UQお客様センターへ連絡してMNP予約番号の発行を依頼します。

UQお客様センターに電話をしたら、ガイダンスに従って2番と5番を選択してください。

乗り換えではなく解約を行う場合も同じ番号になります。

また、UQお客様センターでは手続き時に本人確認を行っています。契約者番号や暗証番号を準備してから、必ずMNP予約番号を発行したい本人が電話をかけましょう。

UQお客様センターの受付時間は9時~21時です。

転出先との契約

MNP予約番号を発行したら、転出先となるキャリアでの手続きに移ります。UQモバイルで取得したMNP予約番号には15日間の有効期限が設けられているので、その期間内に手続きをする必要があります。

また、キャリアによっては「MNP予約番号発行から〇日以内」や「MNP予約番号の有効期限〇日以上」といった制限が設けられている場合が多く、この期間を過ぎてしまうとMNP転出の手続きが行えません。

UQモバイルでMNP予約番号を取得したら、速やかに転出先への手続きを開始しましょう。

転出先のキャリアと契約ができ、SIMカードが手元に届いたら回線切り替え手続きを行います。

回線の切り替えが無事完了したら、UQモバイル解約になります。ただし、回線が切り替えるまではUQモバイルのSIMカードが使用可能です。

MNP転出での契約方法はキャリアにより異なります。詳しい契約方法は転出先となるキャリアで確認してください。

UQモバイルからの乗り換えるにかかる費用

UQモバイルの乗り換えは無契約解除料やMNP転出料など、各種費用がかかります。

UQモバイルからの乗り換えにかかる費用についてみてみましょう。

分割払いで支払っている端末の残金

UQモバイルから乗り換えるとき、端末を分割払いにしている場合は残金を支払う必要があります。特に端末の分割支払金が割り引かれるマンスリー割が適用されている人は、解約前に残金の確認をしておきましょう。

端末の残金は分割払いもしくは一括払いの選択が可能で、UQお客様センターに申し出ない限りは引き続き分割払いになります。そのため、急いで一括払いのためのお金の準備をしなくても大丈夫です。

ただし、UQモバイルを解約するとマンスリー割は適用外となるため、分割払いを選択すると乗り換え後の端末の月々の支払いにUQモバイルの端末分の支払いがプラスされます。

月々の支払いが大きく増えてしまう可能性もあるため、できるだけ一括清算することをおすすめします。

契約解除料

UQモバイルから乗り換える際、契約解除料がかかる場合と契約解除料がかからない場合があります。この2つの違いは、契約しているプランによるものです。

UQモバイルを解約する前に、自分がどの契約になっているか確認しましょう。

契約解除料がかかる場合

契約解除料がかかるプランは「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の4種類です。

「データ高速+音声通話プラン」や「データ無制限+音声通話プラン」の場合は、契約から365日以内の解約に解除料がかかります。「おしゃべりプラン」や「ぴったりプラン」の場合には、更新月以外の解約に解除料がかかります。

いずれのプランでも契約解除料は9,500円です。「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の更新月は、課金が開始された月から26ヶ月目の1ヶ月間です。

契約解除料がかからない場合

契約解除料がかからないプランは「スマホプラン」「データ高速プラン」「データ無制限プラン」の3種類です。

また、「データ高速+音声通話プラン」や「データ無制限+音声通話プラン」も契約から365日以上の解約であれば解除料はかかりません。

「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」も、更新月に乗り換えや解約を申し出れば解除料はかかりません。

MNP転出料

UQモバイルのMNP転出料は、転出を行う時期により異なります。契約して課金開始月より6ヶ月以内の転出は6,000円、7ヶ月目以降の転出は3,000円です。

一律3,000円が一般的ですが、UQモバイルでは2018年9月15日にMNP転出料の改定を行っています。

そのため、「データ高速+音声通話プラン」で契約から6ヶ月以内にMNP転出手続きを行うと、契約解除料の9500円とMNP転出料の6,000円を合算した15,500円もかかります。

UQモバイルから乗り換える場合の注意点

UQモバイルから乗り換える場合、契約解除料や時期により異なるMNP転出料などの費用以外にも注意すべき点があります。

UQモバイルから乗り換える場合の注意点をみてみましょう。

UQモバイルは即時に解約になる

UQモバイルは即時解約となるため、月の途中で解約した場合は日割り計算された金額が請求されます。ただし、解約することをUQお客様センターに伝えただけでは解約にはなりません。

回線が切り替わったり、解約手続きが完了したりしてから解約になります。そのため、MNP転出手続きや解約手続きはできるだけ早く行ったほうが請求金額は安くなります。

また、解約した月の料金の請求は1~2ヶ月ほど遅れてくるため、解約した翌月は通常通りの満額請求です。

SIMカードの返却は不要

キャリアによっては解約や乗り換え後は、SIMカードの返却が求められます。しかし、UQモバイルでは解約や乗り換え後のSIMカードの返却は不要です。

SIMカードの中には個人情報が詰まっていますので、自分で処分する際はそのままゴミ箱に入れずにハサミで切ってから捨てましょう。

そのまま捨ててしまうと個人情報を盗まれて悪用される恐れもあるので、確実に安全だと思われる方法で処分してください。

UQモバイルのメールアドレスは使えなくなる

解約するとUQモバイルのキャリアメールが使えなくなります。UQモバイルは格安SIMの中では珍しくキャリアメールが使えるため、キャリアメールが必要だから解約できないという人もいます。

通常、格安SIMにはキャリアメールがないためLINEやGoogleなどを使ってメールをする場合が多いです。

キャリアメールへのこだわりがない場合は、UQモバイル解約前にLINEやGoogleなどのアカウントを取得しておきましょう。

MNP予約番号には期限がある

MNP予約番号には15日の有効期限があります。

MNP予約番号発効後にMNP転出を忘れていたりスムーズに次の契約が進められていなかったりすると、有効期限が過ぎてしまいMNP転出ができません。

有効期限が過ぎてしまったときは、MNP予約番号の再発行を依頼しましょう。MNP予約番号の再発行は無料です。

UQモバイル端末は他社格安SIMでは使えるとは限らない

格安SIMといっても、キャリアにより使用している回線や使える端末は異なります。乗り換え先でUQモバイルの端末を使う場合は、事前に乗り換え先の端末の動作確認一覧を確認しておきましょう。

また、乗り換え先の回線がドコモやソフトバンクの場合は事前にSIMロック解除を行う必要があります。

UQモバイルで使用している回線はauなので、乗り換え先で使用している回線もauならSIMロックを解除せずに使える可能性があります。乗り換え前に確認しておきましょう。

UQモバイルから乗り換えにおすすめの格安SIMを紹介

UQモバイルから乗り換えたいけれど、どのキャリアにしようか迷っている人におすすめの格安SIMを紹介します。

各社の料金プランや実施されているキャンペーンなどを見て、乗り換えの参考にしてください。

ワイモバイル

出典:ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドです。

ワイモバイルの料金プランにはスマホベーシックプランS 2,680円/月・スマホベーシックプランM 3,680円/月・スマホベーシックプランR 4,680円/月があります。

スマホベーシックプランは通話もネットも含めた縛りなしプランなので、別にデータ通信プランの契約をする必要がありません。

ワイモバイルでは、契約後6ヶ月間は基本料金が700円割引になる新規割や契約後1年間データ増量オプション無料で利用できるデータ増量無料キャンペーン2を実施しています。

例えば、スマホベーシックプランS 2,680円/月を契約した場合、契約後6ヶ月間の基本料金は1,980円になります。さらに、データ増量無料キャンペーン2も利用してデータ容量を増やしてみるのもおすすめです。

データ増量無料キャンペーン2は、契約後1年を過ぎるとオプション利用料500円/月がかかります。自動で更新されるため、不要な場合はオプションの解除を行う必要があります。

ワイモバイルを契約する!

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、大手プロバイダのBIGLOBEが運営している格安SIMです。

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMには、3ギガプラン 1,600円/月・6ギガプラン 2,150円/月・12ギガプラン 3,400円/月があります。

BIGLOBEモバイルでは、音声通話SIM限定で6ヶ月間YouTubeやLINE MUSICなどが0円で楽しめるキャンペーンを実施しています。

0円になるのは3ギガプランのみで、6ギガプラン以降は1,600円引きです。さらに、初期費用3,733円分のポイントキャッシュバックも実施しており、初期費用が実質無料にできます。

ただし、毎⽉のユニバーサルサービス料やSMS送信料、通話料は別途かかります。

BIGLOBEモバイルを契約する!

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEとソフトバンクが合併して運営している格安SIMです。

LINEモバイルの音声通話SIMベーシックプランには、500MB 1,100円/月・3GB 1,480円/月・6GB 2,200円/月・12GB 3,200円/月があります。

LINEモバイルでは、最大2ヶ月間0円で利用できるSNS使い放題キャンペーンを実施しています。対象となるSNSはLINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICです。

また、キャンペーンの適用条件は「音声通話SIM」「3GB以上」「SNSデータフリーまたはSNS音楽データフリー」の契約です。データフリーのオプションをつけると、データ容量を使い切っても通信速度が落ちません。

例えば、音声通話SIMベーシックプラン3GBにSNSデータフリーをつけて契約をすれば、2ヶ月目まで月額基本料金0円で利用できます。

LINEモバイルを契約する!

mineo

出典:mineo

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクに対応している格安SIMです。

mineoのデュアルタイプ(音声通話+データ通信)のAプランには500MB 1,310円/月・3GB 1,510円/月・6GB 2,190円/月・10GB 3,130円/月・20GB 4,590円/月・30GB 6,510円/月があります。

mineoは契約期間の縛りがないので、継続して同じ安い料金で利用できます。さらに、試しに使ってみて1ヶ月後に解約しても手数料は無料です。

3回線に対応しているmineoでは500種類以上の端末の利用が可能なので、手持ちの端末を使いたい人にもおすすめです。

mineoを契約する!

OCNモバイルONE

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営している格安SIMです。

MM総研が2020年2月に行ったMVNOネットワーク品質調査で、ドコモ回線の通信品質総合1位を受賞しています。

OCNモバイルONEの音声対応SIMカードプランには1GB 1,180円/月・3GB 1,480円/月・6GB 1,980円/月・10GB 2,880円/月・20GB 4,400円/月・30GB 5,980円/月があります。

OCNモバイルONEでは、SIMカード追加手数料無料キャンペーンを実施中です。1契約あたり最大4枚まで追加できます。

さらに、「OCN 光サービス」と一緒に申し込むと月額料金が200円割引になります。OCNモバイルONEは最低利用期間や契約期間の縛りがないので、試しに利用したい人にもおすすめです。

OCNモバイルONEを契約する!

MNP転出は電話でのみ手続き可能

UQモバイルのMNP転出手続きは電話のみの対応のため、時間に余裕がない人には難しい可能性があります。ただし、電話受付は年中無休なので、MNP転出を考えているときは時間が空き次第、忘れずに電話しましょう。

また、電話をする際は本人確認のため契約者番号と暗証番号を準備しておき、スムーズな手続きができるようにしておきましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい