1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPhoneの分割払いで審査に落ちる理由とは?Appleの分割審査に通る方法・対処法

iPhoneの分割払いで審査に落ちる理由とは?Appleの分割審査に通る方法・対処法

Appleオンラインストアでは、iPhoneのSIMフリー端末を分割払いにて購入することができますが、審査に通過できず分割払いを利用できない場合があります。今回は、iPhoneの分割払いの審査に落ちる原因を解説していきます。

AppleからSIMフリー版のiPhoneを購入して、格安SIMに乗り換えようと考える人は多いのではないでしょうか?実は、AppleではiPhoneを分割で購入することできます。

しかし、同時に分割購入の審査に通過できず、購入できない人がいるのも事実です。今回は、iPhoneの分割払いの審査に落ちてしまう理由について解説していきます。

iPhoneをAppleの分割払いで購入するメリット

iPhoneをAppleのオンラインストアで分割購入するメリットについて解説していきます。

iPhone購入の負担を減らすことができる

iPhoneを分割購入する最大のメリットは、購入の負担を減らすことができるということです。

最新版のiPhoneは2019年9月に発売となったiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの3タイプです。

端末容量価格
iPhone1164GB82,280円
128GB87,780円
256GB99,880円
iPhone11 Pro64GB117,480円
128GB135,080円
256GB159,280円
iPhone11 Pro Max64GB131,780円
256GB149,380円
512GB173,580円

最安価格でも82,280円、最も価格が高いiPhone11 Pro Maxの512GBモデルともなると173,580円という価格設定になっています。このように、iPhoneの端末価格は非常に高額になっているというのが現状です。

高額な端末を一括で購入するとなるとユーザーに掛かる負担は相当のものです。なかには購入できなかったり、購入を諦めてたりするようなことも考えられるでしょう。

そのため、ドコモなど大手携帯キャリアの分割払いを利用している人が多いというの事実です。ただ、Appleの公式サイトからAppleローンを使用することで、同じようにiPhoneを分割で購入できます。

分割購入することでまとまったお金は必要なく、毎月の負担額も減らすことができるので、単純にiPhoneを購入しやすくなるというわけです。

お金は手元に残しておいたほうがいいケースもある

商品を分割払いで購入することに不安を感じたり、違和感を抱いたりするケースもあるでしょう。しかし、まとまったお金はある程度手元に残しておいたほうがいいという場合もあります。

生きている以上、いつどんな理由でまとまったお金が必要になるか誰にも分からないからです。いざという時のためにお金を残しておくには、iPhoneのような比較的高額な商品の購入で分割払いを利用することをおすすめしておきます。

Apple製品を最大24ヶ月間分割金利なしで購入できる

iPhoneを分割購入するメリットとして、Apple公式サイトでは分割金利0%で購入可能なキャンペーンが実施されていることも挙げられます。Appleとオリコが提携しているショッピングローンなら、6回、10回、12回、18回、20回、24回それぞれの分割購入時に金利が0%にできるのです。

実はこのキャンペーン、2018年11月に提供を開始し2018年末までが期限でした。しかし、キャンペーンの延長が繰り返され、現在では2020年1月12日まで延長されています。

これまで何度か期限が延長されていることから、今後もさらにキャンペーンの期限が延ばされるのではないかという期待の声もあります。iPhoneを分割購入しようと考えている人にとって、目が離せない状況でしょう。

学生や教職員でも利用可能

Appleによる最大24回までの分割金利が0%になるキャンペーンは、iPhoneを含めApple製品割引価格で購入できる、「学生・教職員ストア」でも利用可能。そのため、より多くの人が分割払いによってiPhoneを購入できるようになっているのです。

iPhoneの分割払いでAppleの審査に落ちる理由

iPhoneを分割払いで購入しようとした人が、ローンの審査に落ちる原因について解説していきます。

iPhoneを分割払いで購入する場合、誰しもがローン会社の審査を受けなければなりません。しかし、何らかの原因によって審査を通過できず、分割購入を諦めている方がいるという事実があります。

具体的にいえば、購入者の「個人信用情報」をもとに審査が行われることになり、そこに何らかの懸念点があった場合、審査に落ちてしまうことになります。

どのようなことが原因で審査に落ちるのか、詳しく見ていくことにしましょう。

過去に携帯料金を滞納した経験がある場合

これまでに携帯料金を滞納したり、支払いの遅延を起こしたりしたことがある場合、審査に通過できなくなる可能性があります。これは、これまでの携帯料金の支払額に端末本体の分割払い代金が含まれていることが関係しています。

つまり、携帯料金の支払いを滞納・遅延するということは、同時に「端末の分割払いのローンの支払いを怠った」と同じことです。このような場合、個人信用情報に履歴が登録され、履歴が残っている場合は分割払いを円滑に支払う能力が疑問視されるため、審査に落ちるのです。

特に、iPhoneを分割払いで購入しようとしているときに携帯料金を滞納している場合は、審査に通過できない可能性が相当アップしますので注意してください。一方で過去に支払いの遅れがあるものの、その後は滞りなくスムーズに支払っているという場合、履歴が残っていても審査に通過できる可能性もあります。

過去の金融事故を起こしている場合

金融事故とは簡単に言うと、借入の返済が大きく遅れたり返済ができなくなったりした場合の信用情報のことを言います。

金融事故事例

  • 長期延滞:返済期日より2~3ヶ月以上支払いが遅れること
  • 債務整理:返済の負担を減らす目的で合法的に借金を整理すること
  • 代位弁済:利用者に代わって保証会社が返済を行なうこと
  • 強制解約:契約違反や延滞を繰り返した場合に金融業者から一方的に契約を打ち切られてしまうこと
  • 自己破産:返済不能状態となり自ら裁判所に破産を申し立てること

これらの金融事故を起こした場合、個人信用情報に事故の履歴が残されます。金融事故の情報は、長期延滞の一部を除いて最短で5年程度、最長で10年程度は履歴が残され、その間は分割払いなどの新たなローン審査はほぼ通過できなくなります。

自分の信用情報については問い合わせると開示できますので、事故情報の履歴について確認してみることをおすすめします。

クレジットヒストリーがない場合

個人信用情報にクレジットヒストリーがない場合も審査に落ちる可能性が高くなるといわれています。クレジットヒストリーとは、これまでにクレジットカードやローンを利用した履歴のことをいいます。

クレジットヒストリーに履歴がないという場合、信用がないと判断されるケースがあるため、審査に通過できなくなるのです。

また、金融事故を起こしてから時間が経って履歴が抹消された場合も、同じようにクレジットヒストリーがない状態になります。このケースでも、審査通過を敬遠されるケースがあるといわれています。

学生のように若いうちを除いて社会人になってからクレジットヒストリーに履歴がない場合は、審査に大きく影響しますので注意してください。

別のローンが残っている場合

信用に対する与信枠、つまり借り入れられる限度額ギリギリまですでに利用しているという場合は、審査は厳しいものになってしまうでしょう。

購入するiPhoneが高額すぎる場合

購入しようとしているモデルがあまりにも高額な場合、審査に通過できなくなる可能性があるということを覚えておきましょう。分割払いのローン審査の場合、ローン会社によって審査基準は異なりますが、一般的に商品が10万円を超えると審査が厳しくなるといわれています。

融資する金額が高くなるほどローン会社側の貸し倒れのリスク、つまり返済してもらえなかった場合の負担が大きくなるため、審査を慎重に行うようになるというのがその理由です。

そのため、10万円を大きく超えるようなiPhoneの購入を希望している場合、それだけ審査の落ちる可能性が増えるということになるので必ず把握してくようにしましょう。

審査に通過できない場合の対処法

iPhoneの分割払いの審査に通過できない時の対処法について解説していきます。具体的には、以下の2つの対処法があります。

  • 一括払いで購入する
  • 本体代金を下げることで審査に通りやすくする

それぞれでいくつかの方法がありますので、紹介していきましょう。

現金一括払いで購入する

分割払いの審査に通過できない場合は、現金一括払いでの購入を検討しましょう。現金一括払いなら審査は関係ありませんし、その後の支払いを気にする必要もありません。

ただし、モデルによってはかなり高額になることもありますので、よく検討してから判断しましょう。

クレジットカードの一括払いで購入する

クレジットカードの一括払いを利用するのも1つの方法です。クレジット一括払いの場合も審査は行なわれませんし、必要であれば後から分割払いに変更することも可能です。

ただ、クレジットカードの分割払いでは必ず金利が発生しますので、金額をよく確認してください。

審査に通りやすくするために本体価格を下げる

どうしてもiPhoneを分割払いで購入したい場合は、本体価格を下げる方法がおすすめです。本体価格を下げることで分割払いにする総額が安くなり、審査に比較的通りやすくなるためです。

本体価格を下げるには…

  • 旧機種を下取りに出す
  • ポイントや割引キャンペーンを利用する
  • 価格の安い型落ち機種を選択する

ただし、一度分割払いの審査に落ちるとその履歴が個人信用情報に残される場合があります。履歴が残っている場合、3ヶ月程度は審査に通過できない可能性がありますので、自分の信用情報について確認してから判断するようにしましょう。

分割払いを利用できるかどうかしっかり確認を

iPhoneの分軽払いの審査に落ちる原因について解説してきました。今までに支払いを滞納したり、金融事故を起こしたりしたことが原因で分割払いが利用できない可能性がありますので注意が必要です。

不安な場合は、自分の個人信用情報を開示して、分割払いが利用できるかどうか確認してみましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい