1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ワイモバイルのメリットとデメリットを徹底解説|後悔しないためにもチェックしよう

ワイモバイルのメリットとデメリットを徹底解説|後悔しないためにもチェックしよう

更新日:2020.03.24

ワイモバイルのデメリットとは。契約前にデメリットもしっかり理解しておけば安心です。ワイモバイルはMVNOではないため、他の多くの格安SIMとは違うメリットやデメリットがあります。また、デメリットに思える部分もよく見れば実はメリットだったということも。確認してみましょう!

ワイモバイルにはデメリットもある?ふてニャンのCMなどで有名なワイモバイルは、格安SIMの中でも少し変わったサービスが提供されています。そんなワイモバイルならではのメリットもありますが、逆にワイモバイルだから生じるデメリットもいくつか存在します。

なんとなく有名だから、安そうだからという理由で決めて後悔しないよう、この記事では前もって知っておきたいワイモバイルのデメリットについて詳しく説明します。

OCNモバイルONE

デメリットにもメリットにもなるワイモバイルの特徴

ワイモバイルにはメリットもデメリットも、もちろんどちらもあります。他の格安SIMとは違う点などワイモバイルのサービスの特徴を見てみましょう。

ワイモバイルは3大キャリアに似たデメリットがある

実は、ワイモバイルはMVNOではなく、docomoやau、SoftBankと同じ通信キャリアです。

多くの格安SIMはMVNOが提供しています。MVNOは仮想移動体通信事業者のことで、自社で通信設備を所有せずにキャリアから通信を借りて格安SIMのサービスを運営しています。SoftBankが運営するサブブランドであるワイモバイルは自社で回線網を持っているので多くのMVNOによる格安SIMとは違います。

そのため、サービス面でも他の格安SIMとは違うメリット・デメリットが生じるというわけです。

今までキャリアを使っていた方にとっては、キャリアと同じような形で利用できるワイモバイルにメリットを多く感じるかもしれません。せっかく乗り換えるのだからキャリアの不便な部分が引き継がれているのはデメリットだと感じる方もいるでしょう。具体的にどんな点がデメリットになのか、記事の続く部分で見ていきたいと思います。

期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

ワイモバイルのデメリットは?

ワイモバイルは他の格安SIMと比べるとどんなデメリットがあるのでしょうか?ワイモバイルのデメリットになるポイントを確認してみましょう。

ワイモバイルのデメリット1.月額料金がやや高め

料金はお得感に直接つながる重要なポイントですね。ワイモバイルのプランの月額料金は、他の格安SIMより価格設定が高めです。他のキャリアと比べるとお得なのですが、値段だけを他の格安SIMと比べるとデメリットといえるでしょう。料金を見てみましょう。

ワイモバイルの料金プラン

Y!mobile基本月額料金新規割適用
(6カ月間)
おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス」適用高速通信容量SIM枚数
スマホベーシックプランS2,680円-700円-500円4GB/月(2年経過後:3GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランM3,680円12GB/月(2年経過後:9GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランR4,680円17GB/月(2年経過後:14GB/月)最大3枚
「データ増量無料キャンペーン」データ増量オプション(500円/月)が2年間無料となります。2年経過後は、「データ増量オプション」の料金として、500円/月がかかります。

例えば、スマホプランSの3GBプランを、IIJmio(みおふぉん)と比べてみると、IIJmioは1,728円で3GB使えるので少し割高です。

IIJmioの料金プラン

IIJmio タイプDデータ通信専用SIMSMS機能付きSIM音声機能付きSIM高速通信容量SIM枚数
ミニマムスタートプラン900円1,040円1,600円3GB/月最大2枚
ライトスタートプラン1,520円1,660円2,220円6GB/月最大2枚
ファミリーシェアプラン2,560円2,700円3,260円12GB/月最大10枚
2019年10月31日まで音声通話機能付きSIMは3カ月間1,300円割引

金額だけを比べると明らかにワイモバイルが高いという印象ですが、ここで考慮に入れたいのは、ワイモバイルにはかけ放題オプションが含まれているということ。

ワイモバイルはすべての音声通話プランに10分以内かけ放題が無料で付帯するので、通話をよくする方にとってはこの金額でもデメリットにならないでしょう。この点については、後ほどワイモバイルのメリットについて考えるときに詳しく見ていきます。

ワイモバイルのデメリット2.キャンペーン期間後の料金が高くなる

もう1つのワイモバイルのデメリットもやはり料金に関してです。先ほどスマホプランSで利用できる高速データ通信量が3GBだと紹介しましたが、実はこれは「データ増量無料キャンペーン」が適用された際のデータ通信量。キャンペーンは2年間の適用なので、2年後は使えるデータ量は減ってしまいます。

さらに、「ワンキュッパ割」の適用期間の1年間が経過した後は、月額料金そのものも1,080円高くなります。割引が適用されている期間の料金を見て決めるのではなく、1年後や2年後に利用を継続した場合の費用も事前に計算して理解しておくのがポイントです。

ワイモバイルのデメリット3.2年縛りがある

1年後に月額料金が値上がりするなら、その前に他社の格安SIMに乗り換えればいいのでは?と思った方は要注意!ワイモバイルのもう1つのデメリットとして、2年縛りがあるのです。

2年縛り、つまり2年間はワイモバイルの契約を継続しなければならず、その期間中に解約すると契約解除料を払わなければなりません。なお、データ専用の「データプラン」は3年の契約期間です。契約期間のない「ベーシック」プランもありますが、その分月額料金が高くなっています。

契約解除料は1万260円で、契約の際に分割でスマホ端末を購入していた場合は、端末本体の未払い残高も継続して支払わなければなりません。

ワイモバイルの音声通話プランを契約する場合は、2年間継続利用することを念頭に置いて、1年後の月額料金も含めて自分にとってお得なプランといえるかをよく考えてみるといいでしょう。

2年縛りは、2年後の契約解除が可能になる更新月が過ぎると自動的に契約更新となります。解約金なしで解約できるのはさらに次の2年後で、2年縛りが継続されるというわけです。この点も大手キャリア寄りの契約形態となっていますね。

ワイモバイルのデメリット5.SoftBank(ソフトバンク)の端末はSIMロック解除が必要

ワイモバイルはSoftBankの回線を使っているのでSoftBankのSIMロックがかかっている端末でワイモバイルのSIMカードをそのまま使えると考えてしまいがちですが、ワイモバイルではSoftBankのSIMロックがかかった端末は使えません。

ワイモバイルのスマホは格安なうえ、購入の割引サポートもお得なのでスマホセットを契約するほうがメリットがあるかもしれません。

ワイモバイルのメリットは?

ワイモバイルのデメリットを見てきましたが、長所と短所は紙一重。裏を返せばメリットになる部分もあります!ワイモバイルのメリットになる魅力を見ていきましょう。

ワイモバイルのメリット1.回線速度が速い

他の格安SIMと違い、ワイモバイルは自社の回線を利用しています。SoftBankの高速で高品質な回線が利用できるため、他社と比べて通信速度が速く安定していると言われています。

当サイトで見られるスピードチェッカーでは各社の通信速度を時間ごとに見られますが、ワイモバイルはほとんどの時間帯で上位3位内に位置しています。混雑する昼や夜の時間帯でも快適に利用できる速度が保たれています。


出典:格安SIMスピードチェッカー

金額的にやや割高だというデメリットについて触れましたが、大手キャリアより安い料金で安定した速度で通信が可能なのであれば、料金が少し高くても良質な格安SIMとしてメリットがあると言えるでしょう。格安SIMは安くても速度が安定しないことが多く、不満に感じることがしばしばあります。キャリアより安いのに快適な通信速度のワイモバイルは、ユーザーにとってメリットの多いサービスを提供してくれています。

ワイモバイルのメリット2.10分かけ放題が無料

ワイモバイルの音声通話プランでは国内通話10分かけ放題が無料で利用できます。他の格安SIMでは、10分かけ放題はオプションとして800円~900円の追加料金がかかるので、ワイモバイルのプラン金額がやや高めでも、かけ放題オプションを希望するほどよく通話をする方にとってはお得です。

他社とワイモバイルのプランを比較するときには、かけ放題オプションを追加した料金と比べるとワイモバイルのほうがお得と思える場合も多いでしょう。この記事で比較したIIJmioも、3GBのプランだけ純粋に見るとIIJmioのほうが月額料金が安いですが、ワイモバイルと同等のかけ放題オプションを追加すると、月額896円をプラスで払う必要があり、ワイモバイルのほうが安くなります。通話オプションを利用することを考えると、ワイモバイルにはメリットが多いと言えますね。

かけ放題オプションについては、さらにメリットとなる点があります。スマホプランで無料でついてくるかけ放題とは別に、「スーパーだれとでも定額」という完全無制限のかけ放題オプションが提供されています。通話の時間制限や回数制限がない国内通話のかけ放題を、1,080円の月額料金で利用できます。格安SIMのかけ放題は基本的に時間制限のあるものが多いので、この「スーパーだれとでも定額」の完全かけ放題はかなり希少価値の高いサービスです。このように、通話サービスの面での強みがワイモバイルのメリットと言えるでしょう。

ワイモバイルのメリット3.全国に店舗がある

大手キャリアと同じように店舗でのサポートが受けられるのも、ワイモバイルの魅力の1つ。格安SIMはネットでの申し込みとなりアフターケアがあまり充実していないというケースもあるのですが、ワイモバイルのサポートは店舗で受けられるので安心です。このようなキャリアと似たサポートがあるという点ではメリットがありますね。

ワイモバイルのメリット4.キャリアメールが使える

ワイモバイルでは@ymobile.ne.jpのメールアドレスが無料で利用できます。このメールアドレスはキャリアメールと同じ扱いで利用できるので、迷惑メールのフィルタリングに引っかかりにくいというメリットがあります。他の格安SIMでも自社のメールアドレスを提供している場合がありますが、Gmailやyahooなどのフリーメールと同じで携帯メールとして扱われないので、他の携帯電話やスマホでは迷惑メール扱いで受信できない場合があります。

ワイモバイルのメリット5.ワイモバイルにしかないスマホが手に入る

格安スマホが充実しているのもワイモバイルのメリットの1つ。常に最新のOSにアップデートされる最新AndroidスマホAndroid Oneシリーズの機種はワイモバイルでのみセット購入ができます。格安スマホと格安プランが組み合あったワイモバイルの端末セットは魅力的です。

ワイモバイルのデメリットは実はメリットでもある!

ワイモバイルにはデメリットもありますが、それがメリットになる可能性も秘めています!この記事で解説したワイモバイルのデメリットとメリットについてまとめてふりかえりましょう。

ワイモバイルは手ごろな価格でキャリアのサービスが受けられる

ワイモバイルのデメリットは次のとおりでしたね。

  • 月額料金が高い
  • 1年後や2年後のコスパが悪くなる
  • 2年縛りがある
  • 契約が自動更新になる
  • SoftBankの端末はSIMロック解除しなければ使えない

大手キャリアと近いサービスのため、主に料金面と2年縛りの契約がデメリットです。しかし、ワイモバイルは大手キャリアに比べればぐっとプラン価格は低く、サービスは多くの格安SIMよりも充実しています。価格が安いことを強調する他の格安SIMではカバーできない通信速度の安定性やサポートなどがワイモバイルのメリット。キャリアよりは安く、他の格安SIMよりは上質のサービスがあるのがワイモバイルの魅力でしょう。

通信速度が安定しているSIMを探していて通話も利用するという方にはワイモバイルがおすすめです。ワイモバイルのお得な情報をぜひ見逃さないように、キャンペーンをチェックしましょう。

どんな格安SIMが自分にあっているのか迷ったら簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい